猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(54)
(33)
(16)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いろいろお疲れさまです。..
by もとい at 22:26
猫町さん、大変な悲しい時..
by み at 17:50
猫町さん、こんばんは。 ..
by kero at 21:34
あぁ…。15年も一緒にい..
by テトラ at 00:13
!!! 「激しく同意」..
by み at 12:18
はじめまして。いつも楽し..
by kssk at 01:32
なんだかアレですね、徒然..
by horenso39 at 00:52
そういえばイオンでもここ..
by あるけみ at 20:56
あのごつい木製ボールペン..
by あるけみ at 21:25
勤務先にも無事に展開され..
by あるけみ at 23:18
あ、同じ感想を持ちました..
by りお at 10:29
こんにちは。 いつも楽..
by 舞雪 at 15:17
万年筆で筆記体書くのは気..
by YAS at 17:59
こん○は kakuno..
by YAS at 17:53
この記事を読んで自分もジ..
by YAS at 17:46
80年代のマンガ雑誌、な..
by あるけみ at 13:56
包装紙を開くのって、性格..
by みる at 23:43
ボールペンを使い切る時の..
by narkejp at 05:51
猫町さんはじめまして。 ..
by masati at 13:38
猫町さんの筆記体の読みや..
by cheery_box at 13:57
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧

おまけの一日。

今年はうるう年でした。
この貴重な1日、皆さんはどう過ごされましたか。

猫町は家族の確定申告の手伝いに振り回され…
いや、猫町が無知なのがいけないのですが、本当に1日がそれで終わってしまいました。

こういう時の3年日記だ!昨年はどうやったんだ?と3年日記を見ると、「パソコンでできた。来年はもっと簡単にできるはず」…

嘘やん!
今年は今年で大変やったわ!

毎日毎日、なんて時が過ぎるのは速いんだ、と忌々しく思っていましたが、時が過ぎるのが速いのなら記憶も鮮明なままかというと、そこはしっかり365日たっているらしく、見事にリセットされているんですね。

昨年パソコンでやった確定申告のデータをどこに保存したのかをまず見つけられなかったのですが(今年の分を保存する時に見つけるというグダグダ)、ダウンロードフォルダはお相撲さんの画像であふれ、なんだこの肌色の大群は!みたいな…

ええ、懲りてちゃんとフォルダを作りましたよ。
具体的なフローチャートも作ったし、来年こそは。

さて、うるう年ということで、前回のうるう年は何をやっていたんだろうかとふと気になりました。
2012年ならもうこのブログを書いていたはず。

ありました。
こちらの記事です。

夕方のひとこと。

文具店員時代、しかも休憩時間に投稿していますね。
貴重!
しかもコメント欄、レイさんもお若い!

この記事で触れている「キャンパスノートのキャンペーン」のその後についてはこちらですよね。
これまたなつかしい。

コクヨ・ネームキャンパスキャンペーン大団円。

この時はTwitterのやり方も分からず、友人が応募してくれたのでした。
このノート、まだ何冊かあるんですよね。
いずれは英語日記に、と思っています。

次のうるう年にはどんな自分になっているでしょうか。
その頃には確定申告に慣れていますように…
[PR]
by mukei_font | 2016-02-29 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

筆箱拝見!~シレットさん篇~

木琴堂にお客さん、といえば年末に来られたお客さんについて書いておきたいと思います。
やって来られたのはシレットさん。

なんと赤穂出身の方でした。
今は東京にお住まいですが、所用があり帰省されている時に立ち寄ってくださいました。

都会の方にとっては赤穂なんて遠すぎるし、わざわざ行くなんてありえない木琴堂ですが、もしかしてもしかしてご実家に近いとか、出張先に近いとか、そういうラッキーもあるのでは?とずっと思っていただけに、シレットさんのご来店はとてもうれしいものでした。

年齢も近く、通った小学校も同じでしたが、お互いにまったく記憶になく…
まあ学年が違えばそんなものですよね。
自分もよほど怖い人(?)しか覚えていません。

というわけで、シレットさんとはいろいろな世間話で楽しく盛り上がりました。
文房具だけではなく、古いものもお好きな方で、あっという間に時間がたってしまいました。
同世代というのは恐ろしいもので、何を見ても話がはずんでしまうのです。

ということで、シレットさんの筆箱はこちら。
f0220714_1063118.jpg

一目見て、あ、キティさん好きなのかな、とか、赤やピンク系の色がお好きなのかな、という印象を受けます。
こういう、自分とは全然違う筆箱の中身を見るのが好きなのです。

1つ1つのアイテムのかっこよさや貴重さみたいなことよりも、あ、これは自分の筆箱じゃないぞ、自分とは違う誰かにかわいがられている筆箱だな、というのが好きなのです。

シレットさんによると、これは本気の(?)筆箱ではない、とのことですが(そのニュアンスもよく分かります)、その本気じゃない感じがまたリアルで興味深いのです。
本気を出して全筆記具を持って来られても、それはそれで違うような気もしますしね。

パーツが取れていてもかわいがられているキティさん。
ようこそ赤穂へ。
f0220714_1064852.jpg

ちなみに、シレットさんにまんまと激写された散らかり放題の猫町オフィスの写真はシレットさんのTwitterで見ることができます。
ちょうど年賀状を書いている時期で、この何十倍も散らかっていたのですが、Twitterには載せられておらずホッ。

見られるかな?
猫町文具店(仮)でお買い上げいただいたものの写真も見られます。

こちら。

いやはや、またお会いしたいもの。
今度来られる時はぜひ事前にご連絡を…前回のようにお待たせしてしまっては申し訳ないので。
もう少し部屋を片付けてお待ちいたしております。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-28 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(2)

ようこそ男子中学生。

木琴堂は何もないところにぽつんと建っている古雑貨カフェですが、時々おもしろいお客さんが来られます。

もちろん、このブログや木琴堂のブログをご覧になって来られる方もおられますが、本当に通りすがり的に来られる方がなかなか興味深いのです。

先日は市内の中学生の男の子が来ました。
「赤穂 文房具」でネット検索をして、たどり着いてくれたようで…

でもたぶんイメージと違いましたよね。
たぶんこういう趣味的な空間を求めてはおらず、赤穂では見ることのできない文房具をたくさん見てみたい年頃だろうなと思います。

それでも少し話すことができたので、好きなシャープペンについて聞いてみると、木軸のシャープペンが好きとのこと。
PILOTのS20の名前が飛び出しました。

なんという偶然!

以前来た市内の別の中学生の男子も木軸のシャープペン好きだったんですよ。
中学校は別々とはいえ、こんな小さな町で文房具好きの少年が二人とも木軸(S20)好きとは…
BGMはもちろんTM NETWORKの「Human System」で。

出会えればいいのに!
むしろ出会うべき!!

と、内心熱くなってしまいました。
きっと出会えていないだけで、案外近くに楽しい仲間が潜んでいるんでしょうね。

それにしても学生さんが木軸に惹かれるのはどうしてなんでしょうか。
見た目の問題かな。
軸を自分で育てることができる部分が魅力なのかな。

大人の男性が木軸に惹かれるのは分かるのですが、まだ少年なのに…と思ってしまうんですよね。
でも聞けば、「え…なんとなく。かっこいいから」みたいな答えしか返ってこないんですけど。

中学生で木軸。
製図用シャープ方面に行くんじゃなくて木軸。
彼らはその後、どんな筆記具を手に取る大人になるのでしょうか。
非常に興味深いです。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-27 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

猫町と中学生21(フリクションライト学習法)。

意外や意外、最近フリクションを愛用しています。
といっても蛍光ペンのフリクションライトですが。

使うのは中学生と勉強する時で、間違えた問題番号に引きまくります。
マーカーを引いた問題は何度も繰り返し、マスターできたらこすって消す、不安なら残す、さらに間違えたら違う色を引くというやり方です。
最初は本人が引いていたのですが、ペンを持ち替えたりしてややこしそうなので、猫町がフリクションライトを握りしめ、ごしごしと引いています。

フリクションボールペンにはあまり興味がない自分も、フリクションライトは非常に気に入っています。
ボールペンが消せなくて困ったことはありませんが、蛍光ペンが消せずに困ったことならあるので。
選びに選んで買った参考書(「ターゲット1900」)を毒々しい色にしてしまった絶望…
今でもはっきりと覚えています。

さて、フリクションライトの素敵なところはもう1つあって、それはラバー部分がやさしいところ(他のフリクションシリーズもか)。
やさしいというのは、ペンのお尻で教科書や問題集をコツコツとやっても、あまり威圧的な音がしないことを意味します。
これは100均の鉛筆キャップと同じ理屈です。

教えるという行為はとかくえらそうになりがちなので、そういうソフトな部分は案外重要かもと思っています。
だって、硬いペンでコツコツされたらイラッとしますよね。

しかし実際に使ってみると、フリクションライトも紙質で違った顔を見せますね。
インクの乾きの速さ、消し心地、消し具合…
いろいろ楽しませてもらっています。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-26 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(2)

嗅覚文具~PILOT・ジュースな香り~

忙しい日常に立ち止まるために嗅覚を、と思っていたらこんなものが。

ジュース香り付「ジュースな香り」

うーむ…
これはまた直接的なアイテムですなあ…

「ジュース」という名前のペンなので違和感はありませんが、「香り付きのゲルインクボールペン」というと、しょっちゅう限定ものを出すZEBRAのサラサクリップをどうしても思い浮かべてしまいます。
いずれ我が社も…と思っていたのかしら。

でも真似したいほど香り付きって人気があるのかな。
あらためてその商品を知ってもらう機会になるのがいいのかな。
軸もかわいくなるし?(今回のジュースは飴ちゃんの袋みたいだ)

上記のHPを見ると、「筆跡が香ります」とはっきり書いてあって気になります。
筆跡が香るかどうかは以前試してみたことがあるのですが(謎文具:香り付きボールペン。参照)、やはり今回も短時間なんでしょうかね。
文香計画は無理でしょうか。

というより、手紙を書くのに使えそうな色のインクもないか…
何に使うんだろう?
色紙への寄せ書きとかかな?

いや、そんなことより!
気になるのは「ミルクをまぜると…」のくだりですよね!

香りがイチゴミルクや抹茶オレ、カフェラテになることよりも、書かれた字がどんな感じになるのかが気になります。
水性顔料インクだから重ね塗りができるとしても、それでは白が勝ってしまうのでは…
香りのためだけに色を重ねる遊びでしょうか?

ボール径も0.7だし、自分ではまず使わないので、もし試された方がいたらご報告をお待ちいたしております。
これを読んでいるお父さまお母さまたちは、娘さんにねだられたら買う方向でお願いいたします(他人事)。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-25 19:42 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

猫町の近況(タイムマシン故障)。

知らない!と叫びながら、傘もささずに雨の中へと駆け出したい心境の猫町です。
なんですかこの借金は…

いやはや、今年の目標が神様のお気に召さなかったのでしょうか。
お気に召さないどころか、逆鱗に触れたのでしょうか。
日常をなめるな!と言わんばかりの猛烈な時の速さを見せつけられるばかりです。

さて、そんな余裕のない毎日だからこそ文房具ですよね。
…と言いたいところですが、実際のところはどうでしょう。

日常が加速し、本気を出し始めると、書かれる側の文房具はやや弱いところがあるように思います。
かまう時間がなくなってしまうのです。
忙しければ忙しいほどダイアリーが真っ白になっていくのがそれです。

一方、書く側の文房具はそうでもありません。
忙しいなりに筆記具を手にしない日というのはなく、慌ただしい日々を伴走してくれています(もちろん筆記具を使っている時点で、書かれる側の文房具も何かは使っています)。
が、そのことにも気づけないくらい余裕のない日々、というのがまさしく日常そのものでもあるわけですよね。

というわけで、自分の場合は嗅覚を意識することで日常に立ち止まる努力をしています。
例えば鉛筆を削った時のにおいや、万年筆のインクのにおい。
どちらもほんの数秒のことですが、ハッとするんですよね。

とはいえ、何をそんなに忙しくしているんだという突っ込みは耳に痛く、単に要領が悪く、考え事に時間を使っているだけなのでした。
要領がいい人ってどうやって考え事をするんだろう…

借金も年度をまたぎたくないですよねえ。
でも、「365日ルール」(=日付がずれようが、とにかく1日1記事を書いていこうという猫町の無意味な努力を表すもの)を撤廃すると急にブログ自体を書かなくなりそうな気がして…

寛政の改革の「旗本・御家人の借金の帳消し」という言葉がやけに輝いて見える猫町でした。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-24 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

青色筆記具研究所:PILOT・ジュース・0.38青&ブルーブラック

ZEBRAのゲルの青インクがあまり好きじゃない、という話から、久しぶりに青色筆記具の話をしてみたいと思います。

勉強の際は、特に鉛筆や消しゴムと戯れることが多いのですが、ここに割って入る筆記具としてはPILOTのジュースの青とブルーブラックがあります。

以前、「青色筆記具研究」なるものをした時、自分の大好きな青をいくつか見つけたのですが(印象的な青たち。参照)、ジュースの青とブルーブラックは猫町のあるツボをぐりぐりと刺激する青でした。
何のツボかというと、「知的」というツボです。
f0220714_11133352.jpg

何しろとても頭の良さそうな、お行儀のいい青であり、ブルーブラックなのです。
普段使っているのがシグノRT1の華やかな青であったり、緑がかったブルーブラックだったりすることもあるのでしょうが、ジュースの正統派な青やブルーブラックは自分にはとても新鮮に感じられました。

それらはあたかも、頭がよくて物静かでしかも美人な生徒会長と副会長といった風情で(そんな静かな人たちに生徒会が運営できるのだろうか)、品のあるひかえめで美しい青と、さらにそこに深みが加わったブルーブラックのコンビが素晴らしいのです。

自分はゲルインクは水性顔料インクでなければならない、と強いこだわりを持っている人間なので、水性染料インクが主であったPILOTのゲルインクボールペンとはあまりなじみがありませんでした(チューズは水性顔料でしたが)。

なので、PILOTが水性顔料インクのジュースを出した後も、(今さらいいや)と近寄らなかったのですが、今考えれば愚かこの上ないことでした。
発売されるや否やこの青とブルーブラックの二人を手に入れるべきだったのです。

青色筆記具研究の機会がなければいまだに出会えていなかったかもしれません。
青い旅人さんには本当に感謝しています。

それにしてもこの青たちの何がいいのかと使いながらあれこれ考えてみたのですが、青もブルーブラックもなんとなく万年筆のインクのイメージに近いところでしょうか。

実際に万年筆のインクと比べてみると全然違う青色なんですが、書いている最中はいわゆるスタンダードな「青」や「ブルーブラック」のインクで書いている気持ちになるのです。
「月夜」や「紺碧」のような変則的な青ではなく。

でもまあそれもこれも、これは猫町が青好きだからでしょう。
青なんてどうでもいい人にはまったくどうでもいい話でした。
好きだからほんのちょっとした色の違いにときめくし、力を分けてもらえるような気がするのです。

誓って「青ペン学習法」の話ではありませんよ。
勉強なんて好きな色のインクですべきだと思っています。
緑色好きは緑インクで書き殴り、茶色好きは茶色のインクで書き殴って、ああいう自己啓発書を読んで愛もないのに青色筆記具に手をのばすような輩を蹴散らしたらいいと思っています。

まあなんにせよ、たったの100円でこんなに素敵な青色と戯れることができるなんて、とんでもない世の中になったものです。
インク色だけじゃなく、ノックボタンの色まで真面目なジュースの青&ブルーブラックが大好きです。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-23 23:59 | 青色筆記具研究所 | Comments(0)

サラサドライに会いたくて。

少し前からTwitterで見かけるようになった、ZEBRAのサラサドライに心惹かれています。

インクの乾きの遅さという、ゲルインクボールペンのやや残念な点に目をつけた新商品とのこと。
まあ、ぺんてるのエナージェルもそうでしたけどね。
でもまずは見てみたいし、手に取ってみたいじゃないですか。

ということで、近所の文房具屋をチェックしてみましたが、入荷はまだの様子。
うーむ。
でもサラサだし、そのうち会えるでしょう。

こうした新商品が出た時は買う前からいろいろ楽しめるように思います。

1:本体を購入するか、その場合はボール径やインク色、軸色をどうするか
2:替芯だけを購入するか、その場合はボール径やインク色をどうするか
3:替芯だけを購入する場合、どの軸に入れて使うか

こんな感じのことをぐるぐる考えて、にやにや楽しむというのが、実際に新商品を買うこと以上に楽しかったりします。
なかなか新商品に出会えない環境なので、こういう妄想タイムにも慣れてしまいました。

どうしようかなあ。
細さは0.4で色は黒、だろうなあ。

軸から買ってみたいけど、黒の軸はどうもピンとこないんだよなあ。
でも、青の軸も特にそそられないというか。
ZEBRAの青インクはあまり好きじゃないし、軸のために青色の芯が手に入ってしまうのも…

しばらくはぐるぐるしていたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-22 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(4)

まちかど文具・その251〜その260。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その251。
イオンの中のキャンドゥへ行く。
文房具コーナーを見ると、なんと三菱鉛筆の立派な什器が。
楽ノックとクリフターとシグノとプロパスウィンドウとプロッキーとポスカとピュアカラーがぎゅっと並んだ充実の什器。
こういうのが並ぶともう怪しげな筆記具たちは退場するしかない。

まちかど文具その252。
ついでに店員の筆記具をチェックすると、ジェットストリームとシグノRTだった。
確かに先ほどの什器にはキャップ式のシグノもノック式のRTも並んでいた。
今売られているRTの芯ってRT1に入っている芯と同じかしら。
それならこっちの軸が使いたい人もいるかもしれない。

まちかど文具その253。
帰りにイオンの文具売り場もチェック。
デルガードに0.3と0.7が出て、まさにぶいぶい言わせていた(死語)。
気になったのはシャープ芯。
デルガード替芯とかいつの間に…ドラフィックスよりラインナップ充実してるやん。
というか、今までが不親切すぎたんや。

まちかど文具その254。
イオンの文具売り場では、すでに新入生用のコーナーが出来ていた。
鉛筆も見てみたが、セブン&アイの鉛筆(トンボのippo!かきかたえんぴつ)みたいなかわいいやつはなく、似てはいるが「そうじゃない」的な色展開のものだった。
色って難しいなと思う。

まちかど文具その255。
かかりつけの歯医者の受付には一本ざしのペンスタンド(結構重そうでいいやつ)に鉛筆が突き刺してある。
おそらくボールペンは行方不明なのだろう。
鉛筆は三菱のエコ鉛筆。
名前を記入するノートも環境にやさしそうなノート。
ざらっとしていて鉛筆と好相性。

まちかど文具その256。
その歯医者では診察券の裏の予約の日時の記入もすべて鉛筆。
欄がいっぱいになると受付の女性が消しゴムでごしごし消すのだが、これは消しゴムを研究できそうな職場だ。
いろいろな消しゴムが転がっているが、消しクズがまとまる系が主流の様子。

まちかど文具その257。
昨夜はお相撲さんの番組があったらしい。
稀勢の里まで出ていたとか…
その時間、自分はシャープペンの芯をバキバキ折る中学生を見ていた。
0.3のクルトガを使っていた。
聞けば0.3に慣れてしまい、0.5は嫌らしい。
デルガードの0.3が頭をかすめる。
しばらく見守ろう。

まちかど文具その258。
文房具売り場はぶらりと歩いているだけでエネルギーが充填できる素敵な場所だ。
キャンパスノートのコーナーがすごい。
限定やらコラボやら。
よく見るとドット罫の限定柄が増殖している。
指を鳴らせばノートの罫線をすべて消せる力が自分にあれば(まずは指を鳴らす練習から)…

まちかど文具その259。
なんとなく「受験対策」番組を見てしまった。
もちろん筆記具ばかりが気になるが、案外多機能のシャープ部分で書いている子が多い。
自分ならあんな不安なものは使いたくないが、それだけ使い慣れているのだろう。
レックスグリップを使っている子とかもいてちょっとほっとした。

まちかど文具その260。
ついに無罫ノートで勉強している学生を見る。
自分も使っているダイソーの無地(コンプリート・B5)。
「こ、これ無地やけど、大丈夫なん?」
「え?はい。ガッと書きたいし」…
確かに自分とは違い、かなり自由に大胆にぐりぐりと使っていた。
どうかそのまま大人になるんだぞ。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-21 23:59 | まちかど文具 | Comments(4)

USED文具(インデックスカード)。

前回はUSED文具について書きましたが、今回はUSED文具から生まれたものについて書きたいと思います。

以前、ファイルのインデックスが店に大量に入って来たことがありました。
もちろん全部使われています。
おそらくどこかの事務所から引き上げられて来たものに混じっていたのでしょう。

これこそ正真正銘のゴミというか、その日のうちに燃やされてもいいようなものだったのですが、なんとなく捨てられず、置いていたものが最近役に立ち始めました。

よぼよぼになっているインデックスの部分以外はしゃきっとした紙なので、B5サイズからA5サイズを切り出し、見よう見まねでインデックスも作ってみました。
f0220714_116216.jpg

インデックス用紙はあらためて似たものを用意しようとすると、厚みや紙質が特殊でなかなかその辺にない紙です。
が、横着をして付箋ですませようとするとやはり弱いんですよね。
結局はこうしたインデックスカードがもっとも便利で確実なんです。
f0220714_1154318.jpg

これは中学生のために猫町が自作しているドリルのバインダー。
市販のドリルを分解して2穴パンチで穴を開けてバインダーに綴じ、インデックスカードで分類しています。
実はこのバインダーもあるお客さんに「いらなかったら捨てて」ともらったものですが、見た目や使い勝手はかなりいい感じです。

このバインダーにそんな経緯があることはもちろん中学生に言っていませんが、とっくに灰になっていたであろうものが活躍しているのを見ることはなかなかうれしいことです。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-20 23:59 | ファイル系 | Comments(2)