猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(51)
(33)
(15)
(9)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
消しゴムまで温度で変化す..
by ともこ at 12:08
ペン爆発とは恐ろしい…。..
by ともこ at 12:04
マッキー様、横から失礼い..
by ともこ at 10:03
久々の書き込みお邪魔しま..
by ともこ at 09:57
こんにちは!消しカス記事..
by 梅屋敷 at 16:46
RGBではメモ書きするた..
by w at 08:58
猫町さんの連投にコメント..
by YAS at 21:07
猫町さんこんにちは。 ..
by あるけみ at 13:29
こんばんは。 半年程度..
by YAS at 19:53
こんにちは。 文具に興..
by YAS at 18:54
こんにちは。 デスクブ..
by YAS at 18:33
猫町さん、コメントを読ん..
by あむ at 16:09
今日、ラミー青山の路面店..
by あむ at 14:18
ISOT行きましたが、今..
by マッキー at 17:29
こん○は。 消しゴムは..
by YAS at 23:56
【追記】 寝ぼけていた..
by 輪音 at 19:34
ペトロールのボールペンを..
by 輪音 at 01:22
ちょくちょく拝見させて頂..
by 妃南 at 21:30
はじめまして! 使用中..
by kamiyumi at 17:51
統計という数字が欲しかっ..
by ニャル子 at 23:47
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 03月 ( 31 )   > この月の画像一覧

猫町、女児にプレゼントをリクエストする(妄想)。

姪のメイちゃん(仮名)のプレゼントを準備しながら、そうだ、今度は逆にメイちゃんにプレゼントを選ぶ楽しさを教えてあげよう、と思いついたのが前回の話。

上から目線の生意気な考え方のようですが、自分が8歳の頃のことを思い出してみると、毎日誰かに手紙を書きたくてしかたがなかったり、誰かにプレゼントをあげたくてしかたがなかったことしか思い出せないのです。

しかし、子どもというのは無力なもの。
手紙を書く相手やプレゼントを贈る相手がまずいないのと、仮にいたとしても切手代やプレゼント代を自分のおこづかいだけでやり繰りするのはなかなか困難なことなのです。

もちろんメイちゃんがそういう類の子どもでない可能性も十分にあります。
が、ちょっとした探偵ごっこだと思って、遠く離れた町に住むよく分からない親戚の欲しいものを探してみるのも悪くないのではと思うのですよ。

ということで、こんな感じのものをリクエストしてみようと思うのですがどうでしょう。

・鉛筆(3本ほど)
・濃さはB
・丸いのより六角形のものが好き
・好きな色は青
・ディズニーのキャラクター、マリオ、ポケモンなどがついていないもの

どうでしょう?
これだけの手がかりでメイちゃんがどこでどんなものを探して来るか楽しみではないでしょうか。

あ、でも都会に住んでいるメイちゃんが大きな文房具屋に行くと、この条件に当てはまるのはステッドラーのマルスルモグラフではないか?
あれはやたらと高いし、Bなんかだと全然薄いだろうしなあ…

・ステッドラーのものはダメ

なんて書けないしなあ。

予想では三菱のナノダイヤえんぴつあたりになりそうに思うのですが、ギョッとする鉛筆を選ぶ可能性もあり、ちょっとわくわくしますよね。

と、ここまで考えて、兄や義姉に普通に困った顔をされそうな気がして、たぶん言い出せずに終わりそうです。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-31 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

猫町、女児にプレゼントを選ぶ。

姪のメイちゃん(仮名)の誕生日が近いので、プレゼントを買いに行きました。
メイちゃんについてはいつぞや記事にしたことがありますね。

筆箱拝見!~メイちゃん(7歳)篇・上~
筆箱拝見!~メイちゃん(7歳)篇・下~

プレゼントのリクエストはロボニャンの貯金箱。
ですが、もちろんそれだけではさみしいので、余計なものを買い足すことにしたのでした。

メイちゃんは今のところ女の子らしい女の子なので、本当はかわいい服やおしゃれな小物がうれしいはず。
が、無骨な猫町にそんなものを選ぶセンスがあるわけがありません。

ということで、行きつけのギンギンしたファンシーショップに出かけました。
行きつけのファンシーショップは、一見気おくれするほどのファンシーさであふれていますが、よくよく商品を見ていくと、案外猫町のような者にも使えそうな気の利いたレターセットがあったりするのでしばしば足を運びます。

そこで購入したのがこちら。
ピンク色(しかもパープルに近い夢見がちなピンク)を基調としたガーリーなものを汗をかきながら選んでみました。
眉間のしわがさらに深くなったような気がします。
f0220714_9203052.jpg

自分的なメインは鉛筆の補助軸。
メイちゃんの鉛筆たちが短くなった後どうなっているのかが気になっていました。
こういうタイプの補助軸が使いやすいのかどうかは分かりませんが、おそらくまだ持っていないだろうと判断しました。

鉛筆はダースで買うかどうか迷いましたが、自身のはるか昔の記憶をたどると、たくさん鉛筆があるとなんとなく飽きてしまい、1本1本を大切にしなくなる感じがしたので3本入りにしました。
まあ、メイちゃんはまっとうな子どもでそんな心配をしなくてもいい子かもしれませんが…

レターセットはたっぷり量が入っていて惜しげなく使える&柄も数種類入っていて飽きないタイプのものにしました。
メイちゃんからの手紙はとても楽しいので、これで書いて送ってくれたらなあという気持ちも込めて。

小学生というのはそういうものかもしれませんが、どこで覚えて来たのかよく分からないフレーズの文章で綴られた手紙はなかなか楽しいのです。
普通は「お元気ですか?」と書くところ、「今でも幸せに暮らしていますか?」と書いてあったりして、ギョッとしたり。

さて、大人になりきれない猫町はメイちゃんに自分の誕生日プレゼントをリクエストすることを思いつきました。
そうさ、もらってあたりまえ、なんて人間になってはいけないぜメイちゃん。
プレゼントはもらう楽しみもあるけれど、あげる楽しみもあるんだよ。
それをこの猫町が教えてやるぜ(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-30 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

青の誘惑~トンボ・プレイカラーK~

ああ…
今ちょっと心が揺れています。

トンボのプレイカラーKという水性マーキングペンの新製品について知ってしまったのですが、青色の展開に非常にそそられます。
こんなの知りたくなかったよーーー

いや、冷静になるんだ。
水性マーキングペンなんていつ使うんだ。
実際青色につられて呉竹のZIGクリーンカラーなども買ってみたが、使っていないじゃないか。
それにお前は水性顔料派だろう。
目を覚ませ(往復ビンタ)。

でも、細芯も太芯も線幅が細くなってる…
細芯のほうで手紙なんて書いたら素敵じゃないかしら。

いいや。
いくら細字でもサインペンではいつのも字が書けないことを忘れたのか。
それにああいうのはずらっと展開されているからそそられるだけで、その中の1本を買って来ても案外むなしいのだ。
どうせターコイズブルーあたりが欲しいのであろうが、せいぜいつるにはまるまるむしおじさんを書いて終わりだろうよ。

フハハ!
青系にそそられていると見せかけて、実はストロベリーレッドという美味しそうな色に惹かれているのだ!
「丸付け」に使うというそれらしい理由もあるぞ!

何を言うか。
実は小心者で丸付けが苦手なのを知っているぞ。
サラサの赤色もまだまだインクがあるじゃないか。
目を覚ますんだ(往復ビンタ)。

ぎゃふん…

猫町のブドウ糖は今夜も激しく消費されていきます。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-29 23:59 | 青色筆記具研究所 | Comments(2)

惜しいファイル(続報)。

先日の惜しいファイルの続きです。

コメント欄でdawneさんにヒントをいただいた「システム手帳のA5リフィルの真ん中の2穴」には残念ながら入りませんでした。
本当に罪作りなファイルです。

ということで、シレットさんに教えていただいたLaurelのファイルファスナーが良いのではないかと思います。
ありがとうございました。

38greenさんのやり方も素朴でいいなと思ったのですが、せめて公文式のプリントを1枚でもつけてくれていたらそれを台紙にできたのに…と悔やまれます。

実はこちらの記事の緑色のファイルも公文式のファイルで、同じ方にいただいたものでした。
こちらは通常のリングファイルだったので、中学生との勉強に利用しています。

どちらのファイルも複数冊いただいてしまったのですが、公文式って結構最初にファイルを用意させられるものなんですかね…
あっという間に挫折してしまった小学生の代わりに、頑張って使っていきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-28 23:59 | ファイル系 | Comments(2)

大阪文具旅(強行軍)2:カキモリのオーダーノートを作る

さてさて、書きたいことはいろいろありますが、このへんで先日の大阪文具旅の続きについて書いておきましょう。

「あじわい筆記具~阪急文具の博覧会2016春~」みたいなイベントに行ったことは前回も書きましたが、そこでついに念願のカキモリのオーダーノートを作りました。
f0220714_950306.jpg

じゃーん。
こちらです。
B6のタテで作ってもらいました。
f0220714_9505784.jpg

表紙がぼんやりして見えるのはPPとセットになっている表紙にしたから。
丈夫だし、いざという時セロハンテープでメモが貼れるPP素材が好きです。
f0220714_9511273.jpg

表紙は選択肢がありすぎて迷いましたが、やはり青系のものに。
ふわっとした青色と黄色がとてもいい感じです。
f0220714_9512580.jpg

中紙は当然無罫。
トモエリバー30枚を3パック購入し、90枚のノートにしました。

リングの色や、リングが上下に分かれている「上下留め」なども選べるのですが、通常のリングノートを使い慣れていることもあり、迷わず銀色の通常リングにしました。
f0220714_9514076.jpg

下敷の厚紙も付いています。
f0220714_9515257.jpg

こちらは裏表紙。
裏表紙の選択肢もいろいろあったのですが、どれが表紙に合うかなど考えれば考えるほど分からなくなり、無難な感じにしました。
表紙と裏表紙だけを見つめているとピンときませんが、仕上がってしまうとだいたい受け入れられるものではないかと思ったりもします。

あとは留め具などもいろいろあったのですが、普段のノート使いにおいて留め具の必要性を感じることがほとんどなく、何も付けませんでした。
f0220714_1021866.jpg

本当は少し使ってみてから記事に…と思っていたのですが、にやにやしながら眺めているだけでどんどん時間がたってしまい、ひとまず記事にしておこうと思い立ちました。

ノートにしてはなかなかのお値段かもしれませんが、プレゼントなどにはちょうどいい気もします。
相手が好きな罫線の種類さえおさえておけば(そしてリングノートが大の苦手な相手でさえなければ)、どんな表紙になるか、どんなリングになるか、どんな留め具になるかはお楽しみということで、とりあえずノートは使ってもらえそうな気がします。

あと、交換し合うのも楽しそう。
「無罫だよね」「方眼だよね」というところだけを押さえておいて、あとはドヤァ!みたいな感じで。
オプションをつけても金額はそう変わらないし、お、こうきたか!みたいなところが楽しいんじゃないかと思います。

もしかして一生縁がないかなと思っていたカキモリのオーダーノートを作ることができ、もう何も思い残すことのない猫町です。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-27 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(4)

猫町文具店(仮)からのお知らせ(ロールペンケース)。

猫町文具店(仮)より、猫町ロールペンケースのお知らせです。

すでに木琴堂のブログやTwitterでご紹介していますが、こちらだけをご覧になっている方もおられるのでお知らせします。
詳細はこちらをどうぞ。
f0220714_653170.jpg

今回はキノコ好きさん、ネコ好きさんにうれしい柄となっています。
キノコ柄には文房具好きの心をくすぐるアイテムも散らばっており(布の切り方によっては入ったり入らなかったりですが)、わくわくします。
f0220714_662961.jpg

こちらは和風猫柄。
f0220714_664582.jpg

こちらは花と猫柄。
f0220714_6706.jpg

中身については上記のリンク記事をご覧いただければと思いますが、前回からポケットを10センチから11.5センチにしています。
万年筆を入れた感じの写真も載せていますのでご覧ください。

また、ポケットをもう少し深くしてほしい、浅くしてほしいなどのリクエストにもお応えできる範囲でお応えしたいと思っております。
ポケットは最大13センチまで深くなります。
リンク先に写真があります。

なお、これまでのものは在庫表でご確認ください。
在庫が1となっていても、それで終わりというわけではありません。
最後の1つになると「最後の1個です」と明記し、布が残り少ないものには*を付けています。

また、ロールペンケースの楽しい使い方についても、先ほどの記事の最後に書いています。
とにかくあらかじめ用意されたベロに関係なく、自分自身のペンの長さに合わせてベロを深く折り、しっかりと巻けばペンがこぼれる心配はありません。

木琴堂が遠い方には通販もいたします。
定形外郵便での発送になりますので、送料は1つお買い上げの場合で120円、2つお買い上げの場合で140円です。
非公開コメントもしくはメールでご連絡ください。

メールやコメント欄への書き込みは、

・お名前(最初はハンドルネームでも大丈夫です)
・購入希望の商品
・個数
(非公開コメントの方は)メールアドレス

といった簡潔なもので結構です。
折り返しこちらからメールを送信いたします。

猫町ロールペンケースは「猫町」と名前にはありますが、木琴堂全員で作っている思い入れのあるペンケースです(むしろ猫町が一番何もしていないかも)。
どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-26 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(2)

ブログ写真秘話。

これまでおそらく一度も記事にしていないと思うのですが、このブログに掲載している写真について書いておきます。

自分だけが気にしていたらいいのですが、時々不安になるのです。
ここのブログの管理人は、文房具を床に置いて写真を撮っているのではないか、と思われていたらどうしよう、ということについて。

例えばこの記事の下の記事をずっとスクロールしていくと、木目を背景にした写真ばかりが出てきますよね。
あれ、床じゃないです。
机です。

ここです。
この上で撮っています。
f0220714_2332420.jpg

ちなみにここは木琴堂の店内で、2つあるテーブルのうちの1つです。
自然光のみで写真を撮っているので、日当たりがいいこの場所で写真を撮ることが多いのです。
f0220714_23315035.jpg

撮影するものによってはこの上に紙を敷くこともあります。
木目が結構激しいので、それに負けてしまいそうな時は紙を敷くようにしています。

本当はずっと前から記事にしたかったのですが、機会がありませんでした。
が、プレゼントされたものまで床の上に置いて写真を撮っていると思われていたらどうしよう、といてもたってもいられなくなりました。

しかし冷静になると、筆箱拝見の記事などでもしょっちゅうこのテーブルは出てきますよね。
目の前にお客さんがいるのに、床の上に物を並べていたら怖いですしね。

はー…
自分だけがわたわたしていたのならいいけど。

それにしても、この写真のテーブルに今まで本当にたくさんの方々がやって来てくださいました。
記事にできていないままの「筆箱拝見!」も頑張らないとなあ。
特に学生さんたち、待っててね。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-25 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

ファンシー相撲グッズ再び。

先日のファイルの記事に早速のアドバイス、ありがとうございます。
やはり分からないことは聞いてみるものですね。

というか、ここを読んでくださっている皆さんのやさしさにあらためて感謝です。
読んでくださっているだけでありがたいのに何という贅沢。
本当にありがとうございました。

さて、アドバイスをくださった中のお一人、シレットさんに先日いただいた素敵なプレゼントについて書きたいと思います。

かつてサンリオが作っていたかわいい相撲文具について以前記事にしたことがありますが、あのキャラクターの別のグッズを入手したシレットさんが、なんと猫町にプレゼントしてくださったのです。

プレゼントは開けるのももったいないような感じで包装されており、とにかく記念撮影から。
f0220714_9291290.jpg

猫のカードがかわいいー
こっちを見てるよー
f0220714_9292958.jpg

ガチャガチャのポストも一緒にどうぞとのこと。
ちゃんと開くようになっているかわいいポスト。
こんなガチャガチャがあったことも知らなかったです。
貴重なものをありがとうございます。
f0220714_9294498.jpg

さて、例のファンシー相撲グッズはこの中に…
包装紙とリボンがあまりにも素敵でしばらく開けられませんでした。
この年になってもリボンがうまく結べない絶望的な人間なので。
f0220714_9324557.jpg

じゃーん。
こちらが件のファンシー相撲グッズ。
f0220714_9325982.jpg

なんと一筆箋のようです。
表も裏もかわいい!
こんなのもったいなくて使えないぞ!
f0220714_9332591.jpg

さらにはシールまで付いています。
素敵な紺色…
これは猫町のためにあるグッズか?
f0220714_9331385.jpg

というわけで、貴重なファンシー相撲グッズをありがとうございました。
キャラクターというより、「かわいい筆致で描いたお相撲さん」というだけのこのシリーズ、相当いいと思うのですが、サンリオも復刻してくれたらいいのに。
変にいじらずこのままでいいから。

もともと前回ご紹介したこのシリーズのノートは、大学生の時にサンリオのイベントでアルバイトをした時にもらったものでした。
アルバイトの最終日にサンリオグッズの詰め合わせみたいなものをもらった中の一つだったと記憶しています。

当時からすでにパッとせずに終わった微妙なグッズ的な雰囲気をかもしていましたが、いいや、かわいい!と思って大切にしていたのです。
そんなグッズに20年近くたってこうして再会できるというのはすごいことですよね。

シレットさん、本当にありがとうございました。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-24 23:59 | おもしろ文具 | Comments(2)

無罫リーフ天国。

最近の猫町を取り巻く文房具は、鉛筆と消しゴムと無罫のルーズリーフの3つと言ってしまっていいと思います。
とにかくこの3つに夢中です。

それぞれが五感を刺激するアイテムなので、日々新しい発見があり、飽きるということがありません。
もちろんボールペンや蛍光マーカーなども使っているのですが、鉛筆や消しゴムの素朴さというのは独特のものがあるように思います。

中でも熱いのは無罫のルーズリーフです。
以前も書きましたが、ただの紙切れというところが素晴らしい。
けっしてノートにはなれない弱い立場でありながら、ノートができないことをさらりとやってのけるフットワークの軽さを持ち合わせています。

もちろん横罫のリーフも方眼のリーフもフットワークという点では同じです。
が、無罫のリーフというのはただの紙切れです。
パックから出した途端、穴の感じや紙質以外に何の手がかりもなくなってしまう、どこの誰かも分からなくなる心細い紙切れなんです。

それを使いこなす楽しさ。
そしてそれに応えてくれるけなげな無罫リーフ。
これが夢中になれずにいられようかという話ですよ。

というわけで、こちらが猫町を熱くさせている無罫リーフたち。
左上から時計回りに、エトランジェ・ディ・コスタリカ、コクヨ、ダイソー、ナカバヤシ。
f0220714_19575757.jpg

ナカバヤシのはコメント欄で龍さんに教えていただいた「ロジカル・エアー ルーズリーフ」の無罫。
「無罫」で「ロジカル」とか、もはや当初の意味がなくなっていますが、以前妄想していたくらいなのでこれはうれしいアイテム!

前回記事にした時にはもう商品になっていたんですね。
ナカバヤシさん、ありがとう。

それぞれのリーフの使い心地についてはまたあらためて。
紙製品は季節によってまた違う顔を見せるので、慎重に味わっていきたいと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-23 23:59 | ノート | Comments(0)

猫町と英語日記・その17(2冊目のノート終了)。

記事にするのが遅くなりましたが、よたよたと続けている猫町の英語日記もようやく2冊目のノートが終わりました。
パチパチパチパチ。

チューバッカよ、さようなら。
C-3PO、こんにちは。
f0220714_5535161.jpg

と、文字にするとなんか軽いですが、心情的にはこんなものではありません。
うおおおおお2冊目終わったあああああ頑張ったあああああ祭りじゃあああああ祭りじゃあああああ…

何しろノートを使い切るという行為のうち、もっとも濃厚で重いのがこの英語日記です。
ページの裏表をびっしりと稚拙な英語で埋めていきながら最後のページまでこぎつけるこのノートの重さに比べると、問題集を解いていればなんとなくすぐに1冊が終わっていくノートの何と軽いことか。

問題集用のノートを使い切るのが「着替え」くらいの重みとすると、英語日記用のノートを使い切るのは「遷都」くらいの重みがあります。
実際にやってみるとこの表現が大げさすぎないことが分かるでしょう(英語の得意な人はそうでもないかも)。

とはいえ、毎日こつこつ数行を書き続けてきたわけではないのです。
2冊目の日記に関して言えば、11月の初旬から12月末までの中断があり、今年になってから一念発起して2月末でゴールにたどり着いた感じです。

毎日続けようと思うと、どうしてもこういう「フリー日記」タイプはだめですね。
連用日記のように日々の欄をお膳立てしてくれているほうが断然いいと思います。

いつかは連用日記にさらさらと英語を書いてみたいですが、英語日記以外に用途のない横罫ノートたちが目をぎらつかせて相当数スタンバイしているので、連用日記に手を出す頃には還暦を過ぎているかもしれません。

最後に、遷都の祝いにかまけて再び英語日記が中断していることを正直に告白しておきます(ビシ!←ハリセンの音)。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-22 23:59 | 〈猫町と英語日記〉 | Comments(0)