猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧

猫町、東京へ行く。

私事ですが、ちょっくら東京に行って来ます。
東京に行くのは十数年ぶり。
大阪に行くだけで体調を崩すヤワな体ですが、山で鍛えているから大丈夫と信じて…

目的は文具旅ではなく、とある重要なイベントに行くためと、友人に会うためです。
しかし、文房具をはずすことはできないと思うので、きっと財布からは諭吉たちが旅立っていくことでしょう。

猫町はスマートフォンを所持していないため、2日ほどパソコンメールの返信ができません。
Twitterも見られませんので、どうかお許しください。
ただ、ケータイからブログが更新できたはずなので、ぽちぽちと旅日記をつけられればと思っています。

事前に読者の皆さんから東京の情報を得ようかとも思ったのですが、友人といろいろ話したいこともあるし、まあ流れに身をまかせてみようかと思います。
東京でやりたいこと、見たいこと、を書き出してみると、姫路あたりで解決しそうなことばかりでしたが、はてさてどんな旅になるのやら。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-21 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

ぺんてる・オレンズ限定マニッシュライン。

意外と早く出会えたといえば、ぺんてるのオレンズ限定マニッシュライン
あ、この記事の日付は信用しないでくださいね。
出会ったのは6月の中旬ごろだったと思います。

トンボのプレイカラーKもそうでしたが、案外素早く入荷する新商品もあって、田舎のイオンもあなどれません。
いったいどういう基準なのかな。
やはり女子中高生中心ということになるのかな。

さて、件のオレンズ限定マニッシュラインですが、Twitterでも入手した方の熱いコメントを見かけます。
確かにいい感じの軸色ですよね。
4本並んでいるのがかわいい感じなので、この中から1本選ぶのは難しそう。

とりあえずスカイブルー軸かな、とも思いますが、イチゴチョコレートが好きなのでピンク軸にも惹かれます。
むしろピンク軸かしらん。
この軸が4人の主役な気もします。

しかし、上記のHPはじっくり読むと結構すごいことが書かれていますね。

「勉強という孤独な時間を、自分らしくオシャレに乗り切りたい」、「“カフェ勉”のシーンにもぴったり」…

筋肉少女帯というバンドに「パンクでポン」という曲(?)があるのですが、あの曲において絶叫している大槻ケンヂのような心境になりました。
勉強は確かに孤独なものですが、同時に泥臭いものだとも思っているので。

でもまあオシャレな雰囲気につられてシャープペンを手に取り、少しでも勉強する気になるのなら素晴らしいことですよね。
猫町と一緒に勉強している中学生は0.2と0.3のオレンズを持っているのですが、両方ともスタンダードなピンクなんですよ。
マニッシュラインを見かけたらまた欲しくなるんじゃないかな。

ただし、使いこなせていないことを知っているので積極的にはすすめていません。
0.2の後に0.3を買ったのもバキバキ折るからなのです。
先ほどのHPにあった「勉強を頑張る女の子は、ステーショナリーの見た目はもちろん、機能性も大切にしています」というフレーズに沿って考えると、見た目はいいけどこの機能は自分に合わないな、と見切りをつけることもまた大事なことのように思うのですが…

まあ何はともあれ、見た目というのは大事ですよね。
大人になるとシャープペンなんて使わない、という人も、何これかわいい!と思わず買ってしまうということも大いにあるでしょう。
そういうのが楽しいんですよね。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-20 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)

青の難しさ(ジェットストリームスタンダード)。

先日記事にしたジェットストリームスタンダード

こんな田舎でお目にかかれるのはいつのことかと思っていたら、なんと近所のホームセンターのチラシに載っているではないですか。
やった!本物が見られる。
どんな青?どんなネイビー?

特売の洗剤を買いに来た人たちに混じって、開店と同時に店内へ。
大股で文具売り場に近付き、ジェットストリームスタンダードを発見。
ホームセンターなので、1本1本が吊り下げ式のパックに入ったジェットストリームでした。

で、肝心のネイビーですが…
分かりにくいです。
雪福猫さんがコメントされているように、本当に分かりにくかったです。

何しろパックに入っているのでクリップの色を見るしかなかったのですが、ネイビーでも結構紫がかっているように見えました。
紫がかっている青はちょっと苦手なので、とりあえず購入は保留。
パックに入っていない商品を見る機会があればもっとよく見てみます。

じゃあどんな青だったらよかったの?と言われそうですが、例えばトンボのピーフィット。
今はラインナップにないようですが、こちらのHPの「デコレーションして自分だけの一本に!」の写真の左から3本目の青がかなり理想の青です。

最近店頭で見かけた他の商品では、PLUSのフィットカットカーブ ツイッギーのブラックとペアになっている青とかもいいですね。
ハサミなんて特に必要ないのに、何度も手に取ってしまいました。

プラスチックで表現できる青に限りがあることは分かるのですが、なんとなくこういう青を想像していたので少し残念ではありました。
三菱鉛筆のHPの写真はちょっと期待させる青だったので…

でも、パックに入っていたからかも、とまだまだ未練たっぷり。
汎用性の高い軸をとても愛しているので、直に手に取れる店でもう一度吟味したいと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-19 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(2)

今年のダイアリーの反省・その1(月曜始まり)。

びゅんびゅん日が過ぎていく中、これでもあれこれ文房具について考えています。
最近はダイアリーについて考えることが多く、今の気持ちを一言で言うと、

やはり日曜始まりにするんだった…

今年は月曜始まりのマンスリーを3冊、日曜始まりのマンスリーを1冊使っているのですが、半年たとうとしているのに月曜始まりに慣れません。
使っているうちに慣れるかなと思ったのですが…

もちろん土日がくっついているメリットも分かります。
日曜日は赤色で印刷してあることが多いので、「赤色が右端」と冷静に考えることもできます。

が、全体をパッと見た時や、実際に書き込む時に戸惑います。
まだまだ声に出して「月火水木…」と言ってみる場面が多いです。
適応力に問題があるのでしょうか。

ちなみに2月にも似たようなことを書いていました。
成長のない猫町…

日曜始まり*月曜始まり。

とにかく、来年は日曜始まりに戻します。
たとえパッとしないデザインのものであっても、使いやすさ重視でいきましょう。
複数のマンスリーを使うことについてはまた稿を改めて。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-18 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)

猫町と中学生23(アイプラス誕生の瞬間)。

中学生との勉強は大変ですが、使っている文房具を眺めることができるのは大いなる喜びです。
先日は目の前でアイプラスが生まれるのを見ていました。

熱弁する猫町に、うんうん、とうなずきながら、手が筆箱の中を探り、まずリフィルの袋が出てきます。
(アイプラスのリフィルか)と思いながら、説明を続けていると、今度は軸が。
軸も新品らしく、(確かに今までアイプラスは持っていなかったな)と思いながらも説明を続けていると、ボールペンの芯が1本、2本と装着されていきます。

で、字を書いている手元をふと見ると、いつの間にかシャープペンリフィルまで入っていて、字が薄い。
(0.3でシュタインか)と眺めつつ説明を続けながら、(これまでのグラファイトと違うだろうなあ…そのうち芯を入れ替えるかな)とどうしても考えてしまう猫町。

それにしても、まるで使用中の筆記具の芯を入れ替える気軽さで、新しいカスタマイズペンが誕生するものですね。
自分なら新品の時はちょっとドキドキしながら、1本入れるたびにおお…みたいに感動してしまいそう。
特にアイプラスは独特の「カチッ」とした感触が楽しいし。

すでにスタイルフィットの多色ホルダーと単色ホルダーを持っていて、なおかつアイプラスか。
アイプラスのどこに惹かれたのか聞いてみたいな。
細字派だからニードルチップに惹かれたのかも。
じゃあどうしてコレトはダメだったんだろう…

猫町の頭は常にこんなことでいっぱいです。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-17 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(2)

今年こそ暑中見舞いを成功させる!(ギャザリー掲載)

このたび、暑中見舞いについてまとめ記事を書きました。

早めの準備が吉!今年こそ暑中見舞いを成功させよう
f0220714_9145054.jpg

前回に引き続き、手紙関係のまとめ記事になってしまいましたが、「早めの準備が吉!」という内容なので、つんのめって書かざるを得なくなりました。
本当は5月中旬あたりにアップできればよかったのですが、夏のグリーティング切手の発売を待っているうちにこんなタイミングになってしまいました。

暑中見舞いなんて興味ない、という方も多いと思いますが、結局最後は青色筆記具の話になっているあたりににやにやしていただけると思うので、ちらとのぞいていただければと思います。

今回の個人的なクライマックスは「切手にひと工夫」の写真にPILOTのジュースを持って来たところでしょうか。
トロピカルな切手だからこそブルーハワイみたいなジュースがいいのではないかと…
ブルーハワイ色じゃないけど。

実は今ジュースに夢中です。
以前も書きましたが、お行儀のいい青色とブルーブラックが実に魅力的で、自分もこんな風に頭のいいきちっとした人だったらよかったなあとうらやましくなってしまうのです。

本来記事中に登場させる筆記具はぺんてるのハイブリッドテクニカに決めていた自分ですが(ゴリ押し)、前回あたりからちょいちょいジュースが登場しています。
暑中見舞い用の葉書を探しに行くついでに、ぜひジュースも試筆してみてください。

あ、色あせないうちにこの記事のこぼれ話も書かなきゃいけませんね。
手紙に関するあれこれについてまた書いてみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-16 23:59 | 手紙 | Comments(2)

猫町と3年日記・その13(3年日記専用ボールペンのその後)。

久しぶりに3年日記について書きたいと思います。

今年は3年日記に関してある実験をしているのですが、覚えておられるでしょうか。
そうです。
3年日記専用ボールペンを用意し、元日から使っているのです。

猫町と3年日記・その12(来年への準備)。

詳しくは上記の記事をお読みいただければと思いますが、まっさらの替芯を元日におろし、3年日記にだけ使うように徹底して5ヶ月半がたちました(これを書いているのは6月16日)。

現在の替芯の状態。
f0220714_16481280.jpg

ここからまだかなり書けるのですが、5ヶ月半でこんな感じです。
あと半月もてば、1本の替芯でちょうど半年使えることになるのかな。
f0220714_16482048.jpg

ちなみに日記帳はこんな感じ。
文字数については以前も書きましたが、だいたい140字前後。
1日分の面積は5.5センチ×5.5センチ。
このように必ず最後の行まで埋めるようにして書いています。
f0220714_16483022.jpg

もちろん漢字が多い日の日記のほうが、平仮名や片仮名が多い日の日記に比べてインクをよく使うだろうとは思うのですが、まあ平均してこんな感じと分かるのは楽しいですよね。

この3年日記用のボールペンは、まさに3年日記にしか使わないペンなだけに、こうしてインクが減っていくのを見ていると感慨深いです。
これが細い芯の中につまっていたインクか…と自分が書いた文字をゆっくりとなでてみました。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-15 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

ジェットストリームスタンダードにそわそわ。

三菱鉛筆の6月3日のプレスリリースにおいて紹介されていた、「ジェットストリーム スタンダード/3色ボールペン」にそわそわしています。

ジェットストリームなんてもういいじゃないか、まして限定カラーなんて何番煎じだよ、と思われる方もおられると思います。
この記事をよく読まない自分がまさにそうでした。

が、色の展開に「ネイビー」があるではないですか…
どんなネイビー?
猫町が好きなネイビー?
猫町が好きなネイビーって何?

ぬおおお…
見てみたい…
好きなネイビーなら絶対に買おう。

なぜなら猫町はジェットストリームの軸を愛しているから。
詳しくはこちらの記事をどうぞ。

やっぱり軸が好き(ジェットストリームの)。

一時期は愛用したものの今は中の芯(SXR)を使うことはほとんどなくなりました。
理由は何度も書いていますが、書いた文字が経年劣化するからです。
書いた時はよくても数年後には裏のページにインクがにじんで抜けてくるのです。

もちろんこれらの短所を承知したうえで愛用していたのですが、今は昔とは違い使い捨てにする注文書を書くこともなくなったので。
書いたものを保存したい時は手にしてはならないペン、というのが自分のジェットストリームの認識です。

が、軸は別。
かつて愛用しまくったせいなのか、あの軸が非常に手に合うようになってしまい、今ではあの軸にあらゆる芯を詰め込んで使っています。

出たばかりの頃はあの軸が嫌でたまらなかったのですが、手も学習するんですね。
あの軸が落ち着くんです。
サラサクリップの軸もかなり優秀で大好きですが、ジェットストリームの軸の視覚的触覚的安心感がすごい。

以前つるんとしたジェットストリーム(ジェットストリームSXN-159)が発売されましたが、「お前じゃねーよ」感がすごかったです。
やっぱりジェットストリームはスタンダードな単色軸が好きです。

さて、どんなネイビーかな。
紫がかっていたら無理だけど、いい感じのネイビーなら…
うまく出会えるといいな。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-14 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(4)

にちゃにちゃの思い出。

まとめ記事を1つ書くと、書ききれなかった余談が頭の中に押し寄せ、これはぜひ記事にしなければ…と思うのですが、すぐに流されてしまいます。
今また新しいまとめ記事を書いたのですが、まずは前回のまとめ記事の余談を書いておきましょう。

前回のまとめ記事は「100均レター」についてでしたが、以前も少しアピールしたように、個人的なクライマックスは記事の中ほどの「パック商品との上手なつきあい方」のところです。
これは何も100均レターに限ったことではないのですが、特にレター用品で痛い思いをしたことがあるので、この機会に書いておかなければと思ったのでした。

そうです。
何度も痛い思いをしました。

あの粘着テープのついたOPP袋は便利ですが、非常に厄介でもあります。
中のものがクリアに見えるし、何度も開閉できるという理由でつい便利に使ってしまうのですが、油断すると中のものがペタッとくっついてしまうんですよね…

粘着が弱かったり、くっつかれた方の紙質がわりとつるつるしたものだと上手くはがすこともできるのですが、和紙系のものは即アウト。
最初からここにマスキングテープを貼っておくんだった…と何度も後悔したものです。

記事中で紹介した開け方は、職場の先輩に教わったものでした。
その先輩は金封の筆耕を担当されていたのですが、金封を開ける時は必ずOPP袋のベロの部分にペーパーナイフを入れてシュッと切っていました。
確かに値の張る金封の一部が粘着テープにくっついたら大変です。
以来、自分も真似をさせてもらっているというわけでした。

そういうこともあり、自分は文房具屋の店頭で勝手に商品を開けるお客さんを非常に警戒していました。
勝手に開けること自体が問題ですが、粘着テープ付きのOPP袋は前述のようにろくなことにならない可能性が大いにあるからです。
そして事実悲劇はしばしば起こったのでした。

紙製品などは特に、中を開けて紙の厚みを確認してみたい方が多いのですが、商品を開けなくてもいいよう紙の見本をちゃんと用意している文房具屋も多いので、勝手な開閉は絶対にダメです。
うまく開けられそうでもダメですよ。
必ず店員に声をかけましょう。

そして店員にすごむなどして無理やり開けさせるのもやめましょう。
猫町は明らかにうまく開けられなさそうな商品を無理やり開けさせられ、当然うまく開けられず、なのにそのお客さんは逆ギレするだけで買わず、結局店でその商品を使うことになったということがありました。
いくら店のルールに不満でも、ルールには従ってくださいね。

閑話休題。
一方、こうしたOPP袋を商品として扱うのもまた文具店員の仕事です。
すべてを置いているわけではなかったのでカタログをめくりながら商品を特定し、取り寄せることが多かったのですが、その際粘着テープの位置がどこになるか、という部分をめぐって注文に苦労したことをよく思い出します。

OPP袋に不慣れな方だったので、粘着テープの位置の違いがあまりお分かりいただけず、「こっちはベロがにちゃにちゃ」「こっちはベロが触れる部分がにちゃにちゃ」と説明したのですが、サイズが変わるたびにお互いごっちゃになり、「こっちがにちゃにちゃなのがこっち」「にちゃにちゃがこっちなのがこっち」とお互いに「にちゃにちゃ」を100回近く連呼。
われわれはきわめて真面目だったのですが、周りからは何をしているんだろうみたいに見られ…

ということで、パック商品を開封する時は今でも「にちゃにちゃ」を連呼しながらシモジマのカタログをめくったことを思い出すのです。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-13 23:59 | その他文房具 | Comments(2)

大人キャンパスに無罫登場!

少し前にTwitterで知りましたが、コクヨの大人キャンパスシリーズについに無罫が登場とか!
素晴らしい!

あ、公式HPの表記は「無地」ですが、ここは「無罫フォント」なので「無罫」と書きますね。
「無罫」のほうが断然かっこいいのと、「無地」は無印良品の「MUJI」と同音なのでややこしいなと思ってしまうのです(自分だけ?)。

さてさてそんなことより無罫ですよ。
ラインナップを確認すると、無線綴じがA5サイズ80枚、セミB5サイズ40枚の2種類。
40枚なんてすぐに使い切りそうだから80枚がいいなあ。
むっしりしていてかっこいいだろうなあ。

ツインリングノートもあってときめいたのですが、マイクロミシンの文字にしょんぼり。
ページがはがれる系は残念の一言。
画竜点睛を欠くとはまさにこのことか。
A5サイズ80枚、セミB5サイズ50枚、A4サイズ40枚の3種類で、マイクロミシンさえなければリングノート好きの自分はむしろこっちを使ってみたかった…

いや、それでも天下のキャンパスが無罫ノートを作ってくれたのは素晴らしい。
もちろん今までも無罫は一応あったけれど、「大人キャンパス」なるシリーズに加えてくれたことは喜ばしい。

大昔、文具店員の頃、コクヨの本社でのミーティング的なもの(?)に参加したことがあるのですが、当時からもちろん自分は無罫ノートの必要性を熱弁しました。
ちょうどシステミックが出た頃で、サブノートに無罫を使いたい人もいるだろうから、と。

でもまあそんな意見を取り入れてくれるはずなどなく、こちらも(大きい会社だし無理だよなあ)とあきらめていたわけですが、数年後にこうして本当に商品になったのを見ると、おお!と思いますよね。
もちろん猫町の意見など無関係なはずですが。

しかし、サイトの紹介動画を見ると、まだまだ無罫というのはマインドマップや落書きのためのものという認識なんだなあと思いますね。
それだけじゃないんだけどなあ。
横罫のノートを使うみたいに普通に字を書くのも楽しいんだけどなあ。
むしろそれが楽しいのに。

いやいや、せっかくのお祝いムードに水を差してはいけませんね。
あっという間に廃番にならないように、見つけたら必ず買おうと思っています。
田舎にもやって来るかな?
[PR]
by mukei_font | 2016-05-12 23:59 | ノート | Comments(0)