猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>YASさん 一般人に..
by mukei_font at 22:38
>YASさん 持ち運べ..
by mukei_font at 22:37
>あむさん インクも素..
by mukei_font at 22:37
>あむさん 暗い色味は..
by mukei_font at 22:36
>マッキーさん ISO..
by mukei_font at 22:35
>YASさん W AI..
by mukei_font at 22:34
>輪音さん 確かに素敵..
by mukei_font at 22:32
>妃南さん はじめまし..
by mukei_font at 22:31
>kamiyumiさん ..
by mukei_font at 22:30
>ニャル子さん なるほ..
by mukei_font at 22:29
>YASさん 手汗も最..
by mukei_font at 22:29
>YASさん 叩き売ら..
by mukei_font at 22:28
>MAGNETさん 今..
by mukei_font at 22:26
>バッタさん その節は..
by mukei_font at 22:24
>ゆずなさん お嬢さん..
by mukei_font at 22:22
>とにさん 生涯の愛を..
by mukei_font at 22:22
>りおさん 結局全色買..
by mukei_font at 22:21
>りおさん シグノの新..
by mukei_font at 22:20
>あるけみさん 田舎な..
by mukei_font at 22:19
>Kさん 紙の中ではA..
by mukei_font at 22:19
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

労役文具。

労役文具。
もちろん猫町の造語です。

諸々の理由で文字を書くという作業は任せられないが、まだインクもあり、仕事ができるので単純作業にまわってもらおうという文房具を労役文具と呼んでいます。
これについては、以前こんな記事を書いています。

文房具に役割を与える。

さて、具体的な労役の内容は無罫のノートに2本の縦線を引くという単純作業。
無罫派ですが、勉強ノートにはどうしても2本の縦線が欲しいので、この作業は欠かせません。
できたら青い線がよく、青芯ばかりを詰め込んだトンボのリポータースマートでこの作業をしているという記事を書いたこともありますね。

というわけで、現在の労役文具たちはこちら。
f0220714_952528.jpg

こちらはスタビロのカルトピュア。
油性ボールペンには油性ボールペンの良さがあり、さらに青色の油性ボールペンには独特の魅力があるものですが、現段階では線引きを頑張ってもらっています。
f0220714_9534988.jpg

見た目も含めてなかなか気に入っています。
特に暑い季節に眺めるとさわやか。
写真を撮り忘れましたが、グリップがプラスチックなのに少しくぼんでいて、自分の持ち方にはフィットします。
f0220714_954012.jpg

一方こちらはZEBRAのアルベスピールト
アルベスピールトには苦い思い出があって、それは買った日が東日本大震災だったということ。

帰ってテレビをつけるまでまったく何が起こったかも知らず、自分がバックヤードではしゃいでいた時に大変なことが起こっていたんだなと戦慄しました。
このペンを見ると、あの時の信じられないような映像の数々がよみがえるのです。
f0220714_9531763.jpg

それにしてもZEBRAのアルベスも「ピールト」の次の「イーオー」で終わってしまったんですね。
あの時は「うちもこれからはデザインですよ!」とZEBRAの人も鼻息荒かったのに…
デザインはいいけど単価は安く、というのが難しかったのかな。
f0220714_9533046.jpg

油性ボールペンのインクは3年が使用の目安とされていますが、それよりもずっと長持ちする場合が多いですよね。
アルベスピールトも問題なく使えて、無罫のルーズリーフに美しい青線を引くのに役立っています。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-31 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

コメントくださった方へ。

いつもたくさんのコメントをありがとうございます。

先日、一気にレスをするつもりでコメントレス用のパソコン(MacBook)をさわっていたのですが、なんだか調子がおかしいのです。

ドラッグしたいだけなのにがーっとそのあたりが全部選択されたり、勝手にさーーーーーっとスクロールしたり、目にも止まらぬ速さでカーソルが動いたり、入力した文字がささっと移動したり。
おそらくトラックパッドの異常ですよね。

コメントをためこんだ罰だ…と思うと同時に、写真の編集はそちらのパソコンでしていることもあり、不安です。
なんとかしなければ。

ということで、コメントのレスはもう少しお待ちください。
別の方法を考えながらやりますので…
本当に申し訳ありません。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-30 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

シャープペンシルの呼び方。

前にも書きましたが、このブログはどんな「検索キーワード」でたどり着いたのかが分かるようになっています。

多いのはジェットストリームやエナージェル等のボールペンの名前で、(皆さんの欲しい情報は手に入ったのだろうか)と思ったりするのですが、自分がもっとも不思議に思うのは「シャーペン」というキーワードです。

というのも、自分は「シャーペン」とは絶対に書かないから。
「シャープペン」と書きます。

試みにこれまでの記事を「シャーペン」で検索してみると、ヒットするのは誰かの言葉を引用した部分のみ。
自分の言葉ではないのです。

おそらく「シャーペン」というキーワードで検索しても、ちゃんと「シャープペン」の記事がヒットするのでしょうね。
今さらながら検索の精度に驚かされます。

それにしても自分は「シャーペン」とは言いませんね。
言わないし、書きません。
昔から「シャープペン」(しゃあぷぺん、という関西風イントネーション)です。

なんというか、苦手なんですよね。
「一般教養」を「パンキョー」と言ったりするのも嫌で口にしませんでしたが、なんだかそういうのが苦手なのです。

なので、きちっとした記事の中で「シャーペン」という文字を見るとちょっとギョッとします。
「シャーペン」て、と思ってしまいます。

もっとも、正しくは「シャープペンシル」であり、「シャープペン」(しゃあぷぺん)なんて言ってんじゃねえよ、という話なのですが。
あ、でも「シャープ」とか「ペンシル」とか言う人もいますね。
何でもいいですね。

もちろん、どれがいいとか悪いとかいう話ではないですよ。
ただ、自分の好きな人が「シャープペン」と言ったり書いたりしているのを見ると、(仲間…)とひそかにほっとしてしまうというのはあります。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-29 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)

世界にひとつのねこ柄ペンプレゼントキャンペーン。

前回記事にしたぺんてるのノック式エナージェル限定ネコ柄ですが、その発売を記念してこんなキャンペーンをやっているようです。

詳細を読んで思ったことを以下につらつら書くと…

・Instagramとかしたくない(というかできない?)
・なんで単色軸じゃないんだ(単色軸だから価値があるのに)
・でもサンプルの軸はかなりいい
・うちの猫だとグレーの濃淡と瞳の緑色がこんな感じになるのだろうか
・めっっっちゃ欲しいやん
・でもInstagramとかしたくない(というかできない?)
(以下繰り返し)

ああ、何だよもうこのキャンペーンは。
誰でもスマートフォン持ってると思うなや。
ねこペンキャンペーン事務局め…(名前かわいい)

この感じはあれを思い出しますね。
コクヨのネームキャンパスキャンペーン

あの時はTwitterでの応募が条件だったんですよね。
今度はInstagramとか…
懲りないというか何というか、逆に飛脚(佐川急便のことではなく)に写真を運ばせるとかにしろ。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-28 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ネコ柄エナージェル。

猫の話が出たので、こちらの商品を取り上げないわけにはいかなくなりました。

すでにご存じの方も多いと思いますが、ぺんてるのノック式エナージェル限定ネコ柄です。
「ネコ柄」といっても安易に猫がプリントされているわけではなく、猫をイメージした幾何学模様でしかも青系がある。
これを買わない猫町ではありません。

ということでこちらの2本をゲット。
先日の文紙MESSEでその存在を知り、その後すぐに鼻息荒く買い求めました。
f0220714_9172560.jpg

横から見たところ。
上がシャム軸の0.3、下がハチワレ軸の0.5。
グリップの色も好みでいいわあ。
特にシャム軸のグリップの色や、軸の藍色部分の青味が猫町好みの青でうれしい。
f0220714_9173827.jpg

以前書いたことがあると思いますが、自分はバーコードシールをはがさない派です。
が、この軸に限ってははがしたくなりますね。
明らかに邪魔です。
使い始めたらはがそうっと。
f0220714_9175052.jpg

しかし猫町の関心はこれらの軸のみにあるのでした。
中の芯は家族が使っているペンの中にでもこっそり入れておこう。
このペンを見た瞬間から中にはシグノRT1の芯であるUMR-83を入れようと思っていました。

ボールペンを見た時、猫町の頭の中でそれらは瞬時に軸と芯とに分かれます。
すでに自分の手に合うと分かっている芯を中心に考えると、関心があるのは軸のみ。
着せ替え感覚で軸探しをするのもまた一興なのであります。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-27 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(6)

文房具に涼を求める。

今年の夏は本当に暑く、文房具を手に取ろうという気さえなくなる日々でした。

で、タイトルの「文房具に涼を求める」ですが、何を思いつくでしょうか。
万年筆の青インクを筆頭に、青色系の文房具が思い浮かんだ方もおられるかもしれません。

が、もっと直接的な涼をうちの猫から学びました。
金属です。

ひんやりとした感触がうれしいのか、今年の夏はしょっちゅうハサミの上で寝ています。
なぜそんなところにハサミがあるのかというのは置いておいて、ふと見ると、猫の下にハサミの取っ手がのぞいているということを繰り返しています。

金属のひんやり感。

ここですぐに思いつくのは無印良品のアルミ系ステーショナリーです。
特にバインダー。
冬には近づきたくもない、見るだけで寒々しいあの銀色のシリーズが、夏にはひんやりと涼を提供してくれるのではないか?

現に猫の暑さ対策グッズにアルミの板みたいなのがあった気がします。
買ったのにまったく上にのってくれなかったのですが…

うーむ、アルミバインダーか。
冬の冷たさ以上に、あの独特のカクカクしい感じもちょっと苦手なのですが、猛暑にそなえて今後は少し気にしてみることにします。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-26 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

ダイソーのスケッチブック、少しスリムに。

最近のダイソーでの発見です。

これまで何度か記事にしたダイソーのスケッチブック(という名のクロッキー帳)ですが、先日店頭で手に取ると、ページ数が減っていました。

B5サイズのものはかなり前から100枚から70枚に減っていましたが、小さいサイズのものも180枚から150枚に減ったようです。
とはいえ、まだまだ分厚くてお得ですけどね。

それに、こうしてページ数を減らしてまで売られ続けるというのは、この先もしばらくこの商品が廃番にならない気がしてうれしかったりします。
1冊を使い切るのに時間がかかるので、たまに店頭をチェックし、まだある?まだある?とどきどきするのは同じなのですが。

で、この分厚いスケッチブックをToDoに使えているのだから、1日1ページ手帳も使えるのではないかと妄想したのが先日の記事なんですね。

ほぼ日手帳をはじめとする1日1ページ手帳は日々の思い出を書き綴るイメージですが、そうした作品系ではなく、単に日々のToDoで埋めていっても立派な記録になるように思ったのです。
それなら自分もできるかなと。

が、先日の大阪文具旅でダイアリー売り場をチェックしたものの、1日1ページ手帳の本気さに圧倒されてしまいました。
当然ごついし、価格も高いし、わざわざこんなんいるかなあ…と。

でも結局ダイソーのスケッチブックも持ち歩けている生活だし、重さ的にはクリアできるかも。
まあ、急いで考える必要もないし、来年のNOLTY U365はまだ手に取っていないし、ゆっくり考えよう。

ちなみに今店頭に残っているNOLTY U365(4月始まり)を手に取った限りでは、先日のコメント欄で梅屋敷さんがおっしゃっていたとおりでした。
あと、ドット罫もイメージよりも濃く、むちゃくちゃ嫌ではないものの、あーサイトの写真だけを信じるのはあかんなあと普通なことを思いました。

次都会に行くのはいつだろう。
もう少しダイアリーについての考えを固めてから、あれこれ見てみようと思います。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-25 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

けしごむーず8(夏バテとオペの巻)。

消しゴムたちが何かを話しています。

「ぐだーっとして、夏バテかいな」
「それもあるけど、ちゃうねん、立てへんのや」
「?」
「最初からスリーブがぶかぶかで…空気スリーブでシャキッと立ちたいのに!スリムなボディで魅せたいのに!」
「……」
f0220714_925087.jpg

「今、これくらいになってるんやけど、立たれへん。俺もアーチちゃんやリサーレプレミアムちゃんみたいにぎりぎりになるまで空気スリーブしたかった…」
「うーん…俺は最初から手作りのぺらぺらスリーブやったから散髪が当たり前やったけど…空気スリーブなあ…」
f0220714_9251745.jpg

「はあ…」
「あれ、新しいアーチちゃんも夏バテ?」
「ついに手術(オペ)の日が決まったんや」
「「オペ!?」」
「旦那があんたらの形をえらい気に入って、フォーム系でこのサイズの消しゴムがあれば…て言うてたやん。ついに作る気になったらしい」
「へえ…」
「ご愁傷様というかなんというか…でも手作りのぺらぺらスリーブもなかなかええよ」
「はあ…」
f0220714_9253297.jpg


[PR]
by mukei_font | 2016-07-24 23:59 | 〈けしごむーず〉 | Comments(0)

猫町と中学生26(レックスグリップの罠)。

2016年の猫町の夏は、まさに中学生のために「のみ」存在していました。
この爆発的な暑さの中、一応勉強に取り組んでくれたことに感謝しています。

さて、ある日のことです。
中学生の机の上に見慣れないレックスグリップがずらりと並んでいるのに気づきました。

最初に思ったのは誰かにもらったのかな、ということ。
レックスグリップは名入れの軸に選ばれやすいからです。
が、見るとどれにも名前らしきものは入っていません。

中学生を見ると、黙々と赤色を使っています。
うーむ、もしかしてこれは…

中学生「(猫町の視線に気づいて)…これな、間違えたんや」
猫町「もしかして…」
中学生「色ペンやと思ったのに」

ああ。
レックスグリップの罠にまんまと引っかかってしまいました。
カラフルな軸にもかかわらず、中身は普通の黒の油性ボールペンという罠。

もちろん、こういうパタンは他のボールペンのラインナップでも見られます。
軸はカラーなのに黒ボールペンというパタンは珍しいものではありません。

が、レックスグリップの軸色展開の豊富さ、しかもあのはっきりと色を主張してくる軸に騙される方もまた多いように思います。
買うところまでいかなくても、試筆してびっくりされる方は少なくないはず。

机の上に転がっているレックスグリップを見ると、バイオレットやピンク、オレンジが…
黒ボールペン、使ってもらえないだろうな。
BSRF-6F、かわいそうに。

しかし、考えるといろいろ面白いですね。
まず自分が思ったのは、カラーペンと間違えたとしても、油性ボールペンでよかったんだということです。

今はカラーの油性ボールペンも、ジェットストリームのカラーやアクロボールのカラーなどがあり、発色も昔よりはよくなっていますが、やはりゲルインクボールペンにはかなわないように思います。
サラサやジュースなら値段も同じ100円だし。
それだけレックスグリップの軸が気に入ったのかな。

でも、余計なことは言わないようにします。
発色が、とか、なめらかさが、とか入れ知恵するのは無粋かと。
自分で気づいてあれこれ探っていくことこそ文房具の楽しみであり、これから先の長い人生を豊かにしてくれるものに違いないからです。
[PR]
by mukei_font | 2016-07-23 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(0)

ふみの日切手2016。

今年のふみの日の切手は素晴らしかったですね。

「ふみの日にちなむ郵便切手」の発行

えー手紙なんて書かないし、切手とかどうでもいいと思われた方も上の記事をクリックするとハッツとなると思います。
なんでしょうかこのけしからん感じは。

これは、「ふみの日の切手買った?」ではなく、「ふみの日の切手何枚買った?」の世界でしょう。
買わないという選択肢はなく、52円のシートを何枚買い、82円のシートを何枚買うべきかの世界。
猫町もさんざん考え、かなりまとまった額の出費となりました。

さて、「けしらかん」といえば、最近発売される切手はどれも猫町の好みのツボをぐりぐりと押してくるものばかりになっているような気がしています。

例えば、

「グリーティング(ライフ・伝統色)」の発行

では、青のグラデーションで攻めてきたり。
自分としては52円切手の右下の「濃藍色」の切手が10枚でもよかったのですが、まあこれもまんまと買ってしまいました。

さらにこれから発売予定のこちらも素晴らしい。

「グリーティング(ライフ・花)」の発行
「秋のグリーティング」の発行

切手ばかり買って全然使っていないじゃないか、と言われるとぐうの音も出ませんが、いやいや、使う時も来ますって。
でも、夏用の切手は夏バテも考慮して買いすぎないようにしないといけないかな…

結局この夏も夏の切手をあまり使いこなせずに終わった気がします。
猫町の暑中見舞いに関するまとめ記事に「暑中見舞い、3人の敵」という項目がありますが、この中の「暑さ」というのは本当に最強の敵だと思うし、ここについてだけ何千字か書き足してもいいくらいです。

とにかく、今年も猫町は「暑中見舞い最大の敵」に打ち負かされたと書いておきましょう。
来年こそ…
[PR]
by mukei_font | 2016-07-22 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(2)