猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(51)
(33)
(15)
(9)
(1)
以前の記事
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
RGBではメモ書きするた..
by w at 08:58
猫町さんの連投にコメント..
by YAS at 21:07
猫町さんこんにちは。 ..
by あるけみ at 13:29
こんばんは。 半年程度..
by YAS at 19:53
こんにちは。 文具に興..
by YAS at 18:54
こんにちは。 デスクブ..
by YAS at 18:33
猫町さん、コメントを読ん..
by あむ at 16:09
今日、ラミー青山の路面店..
by あむ at 14:18
ISOT行きましたが、今..
by マッキー at 17:29
こん○は。 消しゴムは..
by YAS at 23:56
【追記】 寝ぼけていた..
by 輪音 at 19:34
ペトロールのボールペンを..
by 輪音 at 01:22
ちょくちょく拝見させて頂..
by 妃南 at 21:30
はじめまして! 使用中..
by kamiyumi at 17:51
統計という数字が欲しかっ..
by ニャル子 at 23:47
自分の場合、学生の頃のル..
by YAS at 22:41
こんにちは。 手帳シー..
by YAS at 22:28
私のページに、フミヲさん..
by MAGNET at 18:59
こんばんは。神奈川のバッ..
by 神奈川のバッタ at 22:15
娘用にぽちっとしてしまい..
by ゆずな at 10:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

秋の手紙と文房具・その1(サラサクリップ ビンテージカラー)。

いよいよ9月の記事も終わり。
やればできるじゃないか、と鼻歌でも歌いたい気分でいたら、世間はもう11月。
来月の今頃この借金だと相当焦るなあ。

ということで、最近ぽつぽつと手紙を書いています。
手紙というよりも葉書ですね。
葉書が一番気楽に書けるので、つい葉書に手が伸びてしまいます。
f0220714_6431649.jpg

文房具というのは眺めているだけでも楽しく、いろいろ思うことがあるのですが、使ってみるとその何倍も楽しく、言いたいことも二乗三乗に増えていくような気がします。

今回は久しぶりの葉書だったので、なじみのあるゲルインクボールペンで書きました。
秋なので、先日記事にしたZEBRAのサラサクリップ ビンテージカラーを使用。

ポストカードというのは紙質の見極めが難しく、普通の紙ならきれいに書けるペンもなかなかその能力を発揮できなかったりします。
今回は発色と乾きの面で失敗。

ブラウングレーはいつも以上に薄くなり、秋らしいけれど元気のない色の仕上がりに。
そして、地に色がついているのがかわいいと思って選んだポストカードは見た目以上につるつるで、ゲルインクがなかなか乾かず。
一行書くたびに吸取紙で押さえて、少し休憩して、それでもこすってしまって、ふうー(怒りを鎮める深呼吸)…

こんなに文房具文房具と言っている割に、まだそのあたりの見極めが完璧ではないんですね。
それがおもしろいのですが。

それでも一時期に比べたら右手のしびれもなく、普通にペンが握れるし、限られた面積の中でメッセージを完結させるスリルも楽しく、手紙っていいなとあらためて思いました。
せっかくの秋、少しずつ書いていきたいと思います(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-30 23:59 | 手紙 | Comments(2)

大阪短時間文具旅~紀伊國屋書店グランフロント大阪店~

大阪短時間文具旅も今回で最終回。
これまでのものはこちら。
短時間の割には結構行っているというか、いや、いちいち書き起こすと毎回こんな感じかな。

大阪短時間文具旅~itoya topdrawer梅田三番街店~
大阪短時間文具旅~NAGASAWA梅田茶屋町店~
大阪短時間文具旅~STANDARD BOOK STORE 茶屋町店~
大阪短時間文具旅~HuG by compass~
大阪短時間文具旅~梅田ロフト&大丸ハンズ~

ということで、旅の終着点はグランフロント大阪の紀伊國屋書店。
グランフロントには好きな雑貨屋がいくつかあり、できるだけチェックすることにしています。

さて、いよいよ疲れもMAXの猫町。
もはや文房具を見る気力がない中、せっかく都会に来たのだから話題の文具本でもチェックしておこうと思いました。

すると渡りに船。
文具本を集めたコーナーができているではないですか。
それも文房具関係の本を集めた安易なコーナーではないですよ。
文房具が登場すると思しき小説やマンガなども並んでいて、興味を惹かれました。

今思うとせめて書名をメモしておくんだったと悔やまれますが、書店でメモを取り出すと誤解を招くと思い我慢してしまいました。
小説はライトノベル、マンガは漫画家が主人公のマンガだった(と思う)のですが、文房具が好きな人が書いたんだろうなとうれしくなりました。

それに比べて普通の文具本はピンときませんでしたね。
いろんなメディアで活躍を目にする有名な文具評論家などの著書もあったのですが、写真がきれいなあ、とか本が出たんだなあ、という感想以上のものはありませんでした。

苛々するかな、と思いながら読んでもみたのですが、何も印象に残らず。
ちなみに「苛々する」というのはほめ言葉で、思い出すのは書店員時代に休憩室にあった「広告批評」の故・野田凪氏の特集を見て「なんやこれ、苛々すんな!」とうさむしが放った一言。

その時自分は初めて尊敬や憧れや嫉妬や羨望や焦燥感の入り混じったもやもやした感情に名前が付いたと思ったし、それがうさむしを多くの同僚の中から認識し始めるきっかけにもなりました。
それ以来うさむしとは事あるごとに「野田凪やな」「野田凪」と言い合ったものですが、そういう野田凪的なものは手に取った文具本にはありませんでした。

もちろん本というのは読者層も広く、どうしても当たり障りのない内容になってしまうものなのでしょう。
こうしたブログのように好き勝手に書けるはずもなく、いや、実はこのブログでさえ書きたいことを100%書けているわけではないのですから。

きっといろいろ大変なんだろう。
知らんけど。

そう思いながらそっと売り場をあとにしました。
自分は自分の帰りを待ちわびる文房具たちといかに楽しく過ごすかだけを考えていよう。
そしてくんずほぐれつしながら、勉強したり、日記を書いたり、手紙を書いたりしていよう。
そんな風に思った文具旅でした。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-29 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

大阪短時間文具旅~梅田ロフト&大丸ハンズ~

大阪短時間文具旅の続きです。
なんだかんだと結構書くことがありますね。

さて、うさむしと別れた後は妹と落ち合い、HEP HALLで開催されていた「毒毒毒毒毒毒毒毒毒展(もうどく展)」などを楽しんだわけですが、妹とも文房具売り場をうろつくことができました。
大丸の中にある東急ハンズ梅田店です。

すでに梅田ロフトで見たマークスのEDiTに心は傾いていたし、もうダイアリーはお腹いっぱいのはずなのに、どうしてハンズはハンズで楽しいのでしょうか。
午前中に見て回った梅田ロフトと夕方に見て回った大丸ハンズ、それぞれに店内のレイアウトや品ぞろえに違いがあり、相当疲れていたのに楽しめました。

見やすかったのはハンズの売り場。
自分が今眺めているのがどんなダイアリーなのかを教えてくれる表示(メーカー名やダイアリーの種類の表示)が親切で、分かりやすかったです。

ロフトは漫然とした感じで、ぐるぐる見て回るのは楽しいのですが、さっき見たものをもう一度見たい時にどこにあったのかが分からなくなってしまうようなところがありました。
表示もあったかどうか記憶になく…いや、あったかもしれません。
自分がぼんやりしていただけかも。

でも、まだ元気だった時間帯に行ったロフトと、疲れて足取りも重くなった頃に行ったハンズとを比べてハンズの方が見やすいと感じたのだから、相当見やすかったのだと思います。
ハンズはダイアリーの周辺グッズもダイアリーの近くにぎゅっとまとまっていて、こちらもよかったです。
いろいろおもしろいアイテムもあって、試したいものもたくさんあるんですよね。

ロフトでよかったのは、ダイアリーの種類をまとめた大きなパネルと、種類ごとの売れ筋ランキング。
バーチカル、デイリー、レフト、ガントチャート、セパレート、ブロック、マンスリー、Wマンスリー…
どれも頭では分かっていても、親切なパネルにされるとより分かりやすく、思わずメモしてしまいました。

売れ筋ランキングはノーマークだった商品を知るきっかけにもなり、へえ、実物を見てみたい、という気分に。
それだけに、売り場の表示がもう少し親切だったらなあ…

こんな感じでロフトもハンズもそれぞれに楽しく、ロフトではうさむしと、ハンズでは妹と、ああでもないこうでもないと言いながらわがままにダイアリーを見て歩くのは本当に楽しかったです。
どちらの売り場にもたくさんの人が群がっていましたが、みんなあんなに真剣に選んで買って使ってえらいなあ。

もっとも自分こそが一番真剣な顔で手に取っていたのかもしれないのですが(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-28 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

大阪短時間文具旅~HuG by compass~

大阪短時間文具旅の続きです。

前回記事にしたSTANDARD BOOK STOREが入っている「NU茶屋町プラス」はなかなか素敵なところで、STANDARD BOOK STOREの斜め向かいにも文房具屋がありました。

HuG by compassというその店は明るく開放感があり、文房具につられてふらふらと入るにふさわしい店。
うさむしとあれこれ話しながら立ち寄ったのでざっと眺めただけになりましたが、先日の消しゴムモニターの際に出会った二トムズの消しゴムを発見。
店に並んでいるのを見たのは初めてでした(この消しゴムの感想はまた後ほど)。
f0220714_5475235.jpg

上記にリンクしたサイトには「女性バイヤーがセレクトしてきた『こだわりアイテム』が勢揃い。 『カワイイ・たのしい・うれしい』をキーワードに、働く女性のステーショナリーライフを提案」とありますが、まさにそんな感じの店でした。
かわいいものがたくさんあるし、ふむふむと眺めていると楽しいのです。

一番心惹かれたのは店内中央にある筆記具の什器でした。
楕円形をしていて、周囲をぐるりと回るのが楽しく、色鉛筆がとても素敵に並べられていました。
説明が難しいのですが、什器に立っているのではなく、横にした状態でぐるりと半円を描くように並べられており、斬新でよかったです。

猫町は次の予定が迫って来ており、うさむしとはここまでとなりましたが、いかにも都会に来た時に立ち寄る店という感じで満足感がありました。
NU茶屋町プラスは今後もチェックしていこうと思います(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-27 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

大阪短時間文具旅~STANDARD BOOK STORE 茶屋町店~

話があちこちに飛びますが、先日の大阪短時間文具旅の記事を書ききってしまいましょう。
これまでのものはこちら。

大阪短時間文具旅~itoya topdrawer梅田三番街店~
大阪短時間文具旅~NAGASAWA梅田茶屋町店~

ナガサワ文具センターを後にし、開店直後の梅田ロフトへ。
ハイエナのようにダイアリーを物色しながらうさむしを待ち、落ち合った後は少し売り場を流してから食事。
何しろお互い人気者ぶって午前と午後とで違う用事を入れていたので、時間がなかったのです。

食事の後は茶屋町周辺をサクサク。
NU茶屋町プラスという建物で素敵な雑貨屋を見つけました。
STANDARD BOOK STOREです。

店内は本屋と雑貨屋とコーヒーショップが一体になったような感じで、東京に行った時にもKITTEの中に似たような店がありました。
うだうだ世間話をしながらひやかすのにうってつけの店で、ちょこちょこと楽しい雑貨の発見もあり、理想的な消費者である猫町はここでも散財。

活字ブックマーカーなるものを買ってしまいました。
ちょうど「猫」という字があったので。
f0220714_924977.jpg

実際に取り出してみるとこんな感じ。
本当は萩原朔太郎の「猫町」から飛び出してきたみたいな写真を撮りたかったのですが、本というのは開きがよくないものでありまして、写真を撮るのはなかなかに難しい。
ということで、先日購入したEDiTとともに。
f0220714_9242614.jpg

恐れ多くもペンネームに使用しておりますが、「猫」という字が非常に好きです。
少し猫背のけものへんに対して、直線的な「苗」の部分が妙に印象的で。

いずれにしても活字が飛び出してきたようなこの栞は迫力に満ちています。
繊細な作りなので使うのが少し怖い気がしますが、せっかくなので何かにはさんであげたいなと思います(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-26 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

マッキー文具。

ZEBRAのHPを見ていて知ったのですが、「ハイマッキー」が発売40周年なんですね。

1976年生まれということは、元阪神タイガースの赤星氏と同い年。
結構中年というか、しっかり歴史があるんですね。

ということで、楽しいグッズが発売になるようです。
さて、赤穂で手に入るかな。

ハイマッキー発売40周年記念!
今しか買えないレアなアイテム『マッキー文具』


パッと見た感じ、まず欲しいのは「マッキーサラサクリップ0.5」。
これは見かけたら買うと思います。
言うまでもなく軸目当て。
いろんな芯が入りますからね。

「マッキー定規」、「マッキーゼムクリップ」もいいですね。
ちょっとしたプレゼントに使えそうな気がします。
「マッキーノート」は無罫じゃないだろうからパス。

しかしこういう記念グッズがちゃんとした形で発売されるのはいいですね。
ノベルティとかだともっと手に入りにくいし、抽選で何名様みたいなのだと指をくわえて見ているしかないですから。

年内に都会に行く用事はないこともないのですが、文房具屋をひやかす余裕があるかどうか。
その場合は得意技である「すっぱい葡萄」が炸裂します。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-25 23:59 | おもしろ文具 | Comments(0)

今後の予定。

相変わらず遅延ブログを続けている猫町ですが、恐ろしいことに10月が終わろうとしています。

例年10月といえば、金木犀の香りがして、水の冷たさが気持ち良くて、一年で一番過ごしやすい季節…のはずですが、今年は暑かったり、金木犀の香りがすぐにしなくなったり、なんだかよく分からないまま過ぎていきました。
幸い金木犀は2度目のピークがあって楽しめましたが…

さて、以下は今後の予定です。
自分に言い聞かせるために書いているので、その通りになるかどうかは分かりません。

〈ダイアリーについて〉
今年のダイアリーの反省
来年のダイアリーの紹介

〈消しゴムモニターについて〉
消しゴムの感想
モニター調査の感想

〈その他〉
文具屋めぐり記事
筆箱拝見記事
中学生関係
猫町文具店(仮)関係

ああ、自分が何人かいればなあ。
一人はずっと勉強、一人はずっと片づけ、一人はずっとブログみたいにできるのに。
現実は一人がずっと考え事だもんなあ。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-24 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

ダイソー妄想。

田舎に住んでいるので、ちょっくら文房具屋でもひやかしてみるか、という時、それが純粋な文房具屋であることはほとんどありません。
イオンの文具売り場か、100円ショップ、あるいはドラッグストアやホームセンター。
もちろんたまには文房具屋にも行くのですが。

ということで、先日ぶらりとダイソーに立ち寄ったところ、いつもチェックすることにしているノート売り場で目が飛び出そうになりました。
今年の誕生日にわざわざ注文して取り寄せたツバメノート風のB5無罫ノートが、10冊ずつ2列に並んでいたからです。

これは…

すぐに思ったのは、猫町の注文分を早く入荷させるため、本来必要なかったはずの店頭分のノートも抱き合わせで注文したのではないかということでした。
というのも注文する際、ある程度の金額の注文がたまらないと時間がかかると言われていたからです。

もちろん猫町は急かしたりなどはしませんでした。
ノートの買い置きは実際にまだあり、時間はゆっくりでも、むしろ遅いほうがいいと言ったのです。

が、その後店内で、

「きー!誰がこの客注受けたん?」
「…私です」
「あのシリーズ、なかなか動かんのに店頭で注文するもんとかないし!金額絶対たまらんやん」
「すみません」
「はー(ため息)…せっかく売り切ったけど、もっかいあの無地のノートも入れる?(キレ気味に)」

みたいなやり取りがあったんじゃないかとドキドキ。
妄想がやけにリアルなのは文具店員時代に似たケースがあったからです。
ある一定の金額を注文しないと送料をとられるケースがあり、普段から店頭の注文分をためたりして大変だったので…

まあ、ダイソーのケースは妄想なんですけどね。
注文の時からサクッとしていたし、結構ゆるいルールで成り立っていると思いたい。
ノート売り場のスペース的にも余裕があったし、歓迎されないノートのために棚替えをした感じでもなかったし。

それにしてもフェイドアウトした商品をもう一度定番に戻すのは嫌だっただろうな…
いわゆる普通の文房具屋では、たとえ売れ行きが悪くてもある程度の罫種のノートを棚に並べておくのは基本的なサービスかなと思うのです。
が、100円ショップは弱肉強食かつ諸行無常の場。

安いだけで素晴らしいのに、さらに多くを求めてはいけないと普段から自分をいましめているのですが、なんだか迷惑をかけてしまったような雰囲気を勝手に感じ、あのノートの束を使い切ったら必ず買いに来るからね、それまで元気でいるんだよ、と心に誓いました。

それとも実はもっとハッピーなケースで、

「え?あのノート客注になったん?何冊?1ロット全部?何その人?」
「毎回店頭をチェックしていたけど入ってこないから注文する、とのことでした。これまでは大阪で買っていたそうです」
「へえ…人気あんのかなあ?もっかい置いてみよか。最悪その人がまた買ってくれるかも」

みたいな流れだったらいいな。
いずれにしても猫町が必ず迎えに行きます。
あのノート、本当にものすごくいいので。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-23 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

猫町とEDiT・その2(日曜始まりにカスタマイズ)。

このたび初めて1日1ページ式のダイアリーであるマークスのEDiTを購入した猫町です。
色もきれいし、新しい学生鞄に似たにおいもうれしく、しばらくすんすんしていましたが、買ったからには使いこなさなければ意味がありません。

さて、EDiTを購入する時から分かっていた不満点としては、マンスリーが月曜始まりであるという点があげられます。
猫町はどうしても日曜始まりが使いやすく、今年は月曜始まりで頑張ってみたものの、どうしても使いづらいので来年からは再び日曜始まりに戻すつもりでした。

が、EDiTに日曜始まりを求めるのはさすがにわがままというもの。
これはもう無視するしかありません。
巻頭のマンスリーはないものとして使用せず、100均の日曜始まりのマンスリーを併用するつもりでいたのです。

こちらが件のマンスリー。
月曜始まりなのがうらめしい。
が、待てよ。
思わせぶりな欄が左端にあるではないですか。
f0220714_929868.jpg

ということで、勝手にここを日曜日にすることに。
f0220714_9293216.jpg

わーい。
違和感ないよ。
自分が使うから気にしない。
小さい字だから気にしない。
f0220714_9294985.jpg

原始的な方法ですが、これでなんとかEDiTを100%使い倒すことができそうです。
来年の1月までマンスリーページでペンとの相性などを探ってみます。
[PR]
by mukei_font | 2016-09-22 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)

猫町とEDiT・その1(ブリリアント・ブルー)。

話があちこちに飛びますが、先日購入したEDiTについて書いてみます。

今日初めて写真を撮ってみたのですが…
やはり実物の青色を再現するのはなかなか難しいですね。
f0220714_17182787.jpg

ブリリアント」というシリーズのブルーです。
「スモーキーできれいな色合いが魅力的」とマークスのHPにもありますが、確かにスモーキー。
猫町のとても好きな色味です。

EDiTを買おうかな、とぼんやりと思い始めたのは8月に大阪に行った時でした。
NOLTY U365にも心惹かれていたのですが、EDiTを手に取ってみると意外と開きもよく、うーむそんなに悪くないかも?と思い始めたのです。

が、あくまでもぼんやりと思っただけで、いやいや自分にあんなごっついダイアリーを使いこなせるはずがない、とまだ本気ではありませんでした。

で、先日の大阪短時間文具旅。
都会に行くこと自体がなかなかないので、1日1ページ式のダイアリーであるNOLTY U365とEDiT、そしてほぼ日手帳の実物を見られるおそらく最後の機会。
必死で見比べました。

NOLTY U365はロイヤルネイビーが素敵で、大きさもいいなと思ったのですが、ドット罫がどうしても無理でした。
使えないことはないなと思ったのですが、やっぱり苦手なんですよね。
開きがあまりよくない点も気になりましたが、これは今使っている博文館の3年日記の開きもけっしてよくないので、我慢できるかなと思いました。

で、EDiTはまず開きのよさに心惹かれたのと、ドット罫に比べると横罫がまだましな気がしたのです。
罫幅も狭く、自分の字の大きさに合っている気がしたし、おそらくToDoを書くだろうから案外普通に使えるんじゃないかと思って。

ほぼ日はもう本当に方眼が駄目でした。
頑張れば克服できるかも、と何度も開いたり閉じたりしたのですが、ただでさえハードルの高い1日1ページダイアリーに「克服」とか言ってる時点でアウトやん、と思い、冷静になりました。

で、もうEDiTにしてしまおう、と決めてからもさんざん迷いました。
どのEDiTにしたらいいか分からないのです。

ゴムバンドが付いたものもあるし、リフィルだけでも販売されています。
初心者はリフィルにしておくべき?
確かにリフィルは他よりも少し安く、気が楽です。
が、リフィルの青はあまり好きな青色ではなく、どうも愛着がわきません。

ぬおお…
決められん…
ゴムバンドはもともとあまり重視していないから、これかなあ?と思ったのが、割とスタンダードな感じのブリリアント。
結局後日これを購入しました。

大きさはB6。
今使っている3年日記との比較。
3年日記はミントという水色なので、こうして並べてみると青の濃淡を楽しめます。

頑張れるかな。
頑張れるかな自分。
f0220714_17525861.jpg

[PR]
by mukei_font | 2016-09-21 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)