猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(51)
(33)
(15)
(9)
以前の記事
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
統計という数字が欲しかっ..
by ニャル子 at 23:47
自分の場合、学生の頃のル..
by YAS at 22:41
こんにちは。 手帳シー..
by YAS at 22:28
私のページに、フミヲさん..
by MAGNET at 18:59
こんばんは。神奈川のバッ..
by 神奈川のバッタ at 22:15
娘用にぽちっとしてしまい..
by ゆずな at 10:10
お返事ありがとうございま..
by とに at 22:18
>とにさん 分かりにく..
by mukei_font at 11:21
お久しぶりです。ツイスト..
by とに at 10:55
あああ~~~、これは全色..
by りお at 16:20
よばれました~~~~!!..
by りお at 16:16
イオンの店舗ごとで扱う商..
by あるけみ at 21:55
最近ルーズリーフ (A4..
by K at 21:45
学生時代はノート持ち歩く..
by あるけみ at 15:11
ツァイトベクターのジョッ..
by あるけみ at 14:30
ゲルインク愛好者のぼくと..
by 慎之介 at 09:11
お久しぶりです。 私は..
by ゆずな at 10:51
こんにちは。 なんと今..
by YAS at 17:45
こんばんは。最初に猫町さ..
by パソ活 at 23:22
はじめまして。 私は、..
by 芦原英幸 at 14:47
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2016年 11月 ( 30 )   > この月の画像一覧

年の瀬に作るノート。

いよいよ年末が迫り、気忙しくなってきました。
そんな時に新しくノートを作っている場合ではないのですが、かねてより必要かなと思っていたので踏み切りました。
その名も「家のことノート」です。

家を建ててからの年数や家族の老い、自身の記憶力、時の流れる速さなどが絡まり合い、家の中のことであれこれトラブルが起きるようになりました。
トラブルといっても小さなトラブルですよ。
電球が切れたとかカーテンが破れたとか。

でも、たまに起こることというのは、その前の記憶がほとんどなかったり、役に立たなかったりするものです。
また、たまに起こることなので誰も詳しくなかったり、案外お金がかかることだったりもするんですよね。
例えば電球ならマニアックな形をしていたり、カーテンなら既製品にないサイズのものだったり。

その記憶をたどる過程でたいてい家族がもめて喧嘩になるので(ありがち)、争いごとを好まない猫町はそれらをすべて記録しておくことにしました。

ノートはさほど厚いものでなくてもいいでしょう。
できたら薄いほうがいいくらい。
こういう時は罫線があったほうがいいのでA5サイズの横罫のツバメノートにしました。

とりあえず、後継品を探すのに苦労した電球や緊張しながらオーダーしたカーテンについて書くことから始めます。
家族が元気なうちに大事なことを整理しておかなくては、といつも思うのですが、これがその第一歩になればと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2016-11-30 23:59 | ノート | Comments(0)

MIND WAVE・MINI JOINT STAMP(おすもうさんズ)。

スタンプの話になったので記事にしておきますが、先日ファンシーショップでお相撲さんのかわいいスタンプを見つけました。

MIND WAVEのMINI JOINT STAMPというシリーズで「おすもうさんズ」。
小ささといい、便利そうな感じといい、なんともそそりますね。

パッケージの見本は手帳に押したものになっていますが、自分はたぶんそんなことできないだろうな。
じゃあ何に押す?

思いつくのは中学生のノートで、赤ボールペンの使い比べと一緒にお相撲さんのスタンプも押してみようかしら。
もう何でもありです。

中学校の先生が使っている筆記具だけでなく、ときどきノートに押してあるスタンプや貼ってあるシールにも注目しているのですが、そのあたりは結構ゆるいというか自由な感じですね。
もっとも、中学生はほぼそれらに無反応ですが…
もしかしたら先生もご自身の楽しみのために選んでおられるのかも。

とりあえず、年賀状を無事に書き終えたらそのごほうびとしてこのJOINT STAMPを買いに走ります。
鼻先のニンジンにはこういうチープなものが案外向くような気がするのです。
[PR]
by mukei_font | 2016-11-29 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

夢みたものは……アレンジ力。

前回の記事で、年賀状について「凝ったはんこの押し方などを模索してしまい」などと書きましたが、まさにそれこそが今年猫町が一番追求したかったテーマでした。
でした。
すでに過去形です。

うさむしのかわいいはんこをたくさん持っていながら、どうして使い方が通り一遍なのか。
どうしてうまく使いこなせないのか。
うまい人は何がどうなっているんだろう。

そんなことをずっと考えているうちに、デコるって何だろう、アレンジって何だろう、というテーマに行きつきました。
マスキングテープやデコラッシュ、シールやマーカーやスタンプ。
デコろうよ☆楽しもうよ☆と世の中はあおるけれど、それってめちゃくちゃ難しいテーマじゃないでしょうか。

こういう問いかけに対して返ってくる答えはいつも同じです。
センス。
この一言で終わりです。

センスがあれば使いこなせる、センスがなければなんだかいまいち。
なるほど、納得はできます。

ではそのセンスとは身につけることができるものなのでしょうか。
もしそうであればいったいどういう学習が必要なのでしょうか。

…みたいなことを真剣に春頃考えていました。
既製品の「素敵なもの」をしげしげと眺め、何がどう素敵なのかについてあれこれ分析したりもしました。

実際にやってみようと、自分には必要ないと決めてかかっていたデコラッシュをいくつも購入することさえしたのです。
マスキングテープやシールもいろいろ買いました。
f0220714_11274551.jpg

が、いつのまにか夏が過ぎ、秋になり、年賀状の季節に。
何もつかめないまま今年も年賀はんこと格闘し、敗北感を感じつつ今に至ります。

唯一の進歩ははんこ関係の書籍を入手し、その通りにインクパッドを買ってみたことくらい。
本当に深いテーマだと思います。
一番自分が苦手な分野だからかもしれませんが。

自分は文房具のちょっとした調査が好きで、シャープペンの芯を使い比べたり、青ボールペンのインクの色味を比べたり、いろいろやってきました。
が、こと「センスのおもむくままにアレンジ」みたいなテーマになると、直線的に努力すればいいわけではない、あまりにもぼんやりとしたテーマに足がすくむのです。

おそらく今後もずっと遠いテーマかもしれませんが、来年もあきらめずに意識していこうと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2016-11-28 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(2)

年賀状2017あれこれ~挑戦と実験あるいはやけくそ~

ようやく大量の年賀はがきに年賀はんこを押し終え、さて今からものすごい量の手書きをしなければなりません。

今年は例年よりも取り掛かるのが遅くなったうえ、凝ったはんこの押し方などを模索してしまい、本当に投函までこぎつけることができるのか非常に不安です。

大量の年賀はがきを前にどんどん気が滅入ってくるので、かくなる上は文房具で楽しむしかありません。
できるだけいつもはしないようなことをあれこれ試してみるつもりです。
筆記具も気の向くままにあれこれ使ってみるかもしれません。

失礼のないようにだけはしたいと思いますが、なんか変なのが届いても(疲れていたんだな)とお許しいただければと思います。
今年も無事に書き終えることができますように。
[PR]
by mukei_font | 2016-11-27 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

猫町と3年日記・その16(2本目の3年日記専用ボールペン)。

今年は元日から「3年日記専用ボールペン」を使い始め、そのインクの減り方を楽しんできました。

1本目のインクがなくなったのが7月8日
今は2本目の替芯を使っているのですが、再びインクの残りが少なくなってきました。

が、前回の感じからすると、インクが残り少なくなったなと思ってからも結構使えるんですよね。
今年中には使い終わらないだろうな。

さて、もう来年のことを考えても鬼に怒られない時期になってきましたが(むしろ考えろ)、来年はどうしようかなと思っています。
来年は3年日記の3年目なので、全体の統一感を考えてもやはりシグノRT1の替芯であるUMR-83で書くべきでしょう。

問題は「3年日記専用ボールペン」の替芯を切り替えるタイミングです。
だいたい1本で半年使えると分かったし、実験はもういいか。
ボールペンも今年の続きを使おうかしら。

あるいは新たな実験をしてみましょうか。
例えば字を小さめにして文字数を多くし、2016年とインクの減るスピードを比較する実験とか?
わざと漢字ばかりの日記を書いてみるのもいいかも?

チョトマテクダサイ!

ごくごく普通の3年日記もかなりヒイヒイ言いながらなんとかかんとか続いているレベルなのです。
そういうのは3年日記が呼吸と同じレベルで生活の一部になった頃にしてみます。
永遠にそんな瞬間は来ないような気がしますが…
[PR]
by mukei_font | 2016-11-26 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(0)

赤ボールペンを求めて・その3(単色ボールペンの喜び)。

ということで、現在のジュース(0.38・赤)です。
前回書いたようにやはり透明軸じゃないと盛り上がりに欠け、一番最初にジュースを買った時の黒軸に入れてみました。
f0220714_0521825.jpg

かなり違和感がありますが、かっこいいと言えなくもない…はず。
f0220714_0523662.jpg

で、早速使ってみているわけですが、やはり丸付けに0.38は細すぎました。
丸付けの動作は自分が思っている以上に勢いがあり、ペン先に相当負担がかかっている感じです。
が、字を書くにはやはり0.38がベストなので、丸付け用は0.5、書き込み用は0.38という風に使い分けるのがいいのかもしれません。

0.38の赤というと、スタイルフィットのシグノリフィルの0.38をぺんてるのアイプラスに入れて使っているのですが、同じ0.38でも今回のジュースと全然違いますね。
ジュースのほうが圧倒的にいいです。

これはジュースとシグノの問題ではなく、単に単色軸と多色軸の違いです。
より正確な比較をしようとすると、シグノの単色軸(シグノRT1)とスタイルフィットのシグノリフィルを比較すべきですが、まあ一般的に単色軸のほうが書きやすいと思っています。

何と言っても多色軸は芯が斜めに出てくる難しさがあるし、リフィル自体もインク量の多い単色リフィルのほうが安定感があるはず。
なので、仮に単色ホルダーに入れたスタイルフィットシグノとシグノRT1を比べても、その書き味はイコールにはならないと思っています。

常日頃、ダイアリーのためにしかたなくスタイルフィットを使っていますが(ホルダーはアイプラスやプレフィール)、自分は本当に多色のゲルインクボールペンとは相性が悪く、上向き筆記などは絶対にしていないのに、どうも筆記線が薄かったり、書き味がカサカサしていたりして使っていて全然楽しくありません。

そんないまいちの体験しかしてこなかったので、単色軸の赤色ゲルインクボールペンの素晴らしさには目を見張るものがありました。
これまでのせこい書き味とは違い、いつまでも書いていたくなるような頼もしさがあります。

考えてみれば黒や青は単色軸を使っていたのだから、赤だって単色軸さえ使えば快適だったのです。
ただ、使用頻度的に赤色の単色軸を買うのに抵抗があっただけなのです。

単色…万歳!
理想の赤ボールペンの第一条件はまず単色であること。
これはもう決定といっていいでしょう。
[PR]
by mukei_font | 2016-11-25 23:59 | その他筆記具 | Comments(0)

赤ボールペンを求めて・その2(先ずジュースより始めよ)。

さて、赤ボールペンの探究をそろりとスタートさせた猫町です。
前回もちらと書きましたが、まずはジュースの0.38の替芯を入手することから始めました。

赤穂にジュースの替芯が売っているのか非常に不安でしたが、イオンの替芯コーナーで発見。
ちゃんと定番商品扱いされているのは素晴らしい。
f0220714_01634100.jpg

この替芯がまたいいんですよ。
見てください。
「顔料」と書いてあります。
猫町の大好きな水性顔料インクです。
うれしいなあ。
顔料、ってこんなにアピールしてあってうれしい。
もうきゃあきゃあ叫び出したいほどうれしくて、ああ、ここにうさむしがいればたとえ反応が薄くてもこの興奮を言葉にできたのに!と思いました。
確実にスルーされるのですが…
f0220714_0165557.jpg

さて、替芯を握りしめ、レジに向かおうとした猫町に脳内のフミヲが話しかけてきます。

フミヲ「ほんまに芯だけ買うて大丈夫?PILOTの芯はシグノみたいに何にでも入らんで。ちゃんと入れる軸ある?」
猫町「ド素人ちゃうちゅうねん。LG2RFが入ってた名入れ軸が何本かあったやろ。Gノックみたいなやつ」
フミヲ「透明軸がえんちゃうん」
猫町「一番最初にジュース買うた時の軸もあるで」
フミヲ「でもあれ店(木琴堂)やろ」
猫町「あー…」

というわけで、最初はとりあえずこちらの軸に入れることに。
そのうち使い終わったジュースの軸に入れることにしましょう。
インクが見える透明軸がやはり一番好きなので。
f0220714_0171981.jpg

[PR]
by mukei_font | 2016-11-24 23:59 | その他筆記具 | Comments(2)

ZEBRA・マッキーサラサクリップ0.5。

普段は限定ものなどにあまり心惹かれることはないのですが、これはちょっと欲しいなと思っていたZEBRAのマッキーサラサ
先日OKBの握手会でお世話になった京都のTAG文具店で入手いたしました。
f0220714_23322937.jpg

細軸だけど「マッキー極細」ではなく、あくまでも「ハイマッキー」なのがポイント。
f0220714_23324775.jpg

両面にちゃんとロゴが入っているのもうれしい。
TAG文具店ではこれが最後の1本で、握手会の疲れも吹き飛びました。
f0220714_2333171.jpg

さて、この軸には何の芯を入れて使いましょうか。
相変わらず軸しか見ていない猫町ですが、いろんな芯が入る当たり障りのないサラサクリップの軸を実は結構愛しているのです。

でも待てよ。
これって、こすれるとはがれる系のプリントかなあ。
こんなに黒と白がきれいのにもしはがれたら残念どころじゃない。

使う前提で買ったのにちょっと怖くなってきました。
鑑賞用と使う用に2本買わないといけない感じだった?
限定ものめ…
[PR]
by mukei_font | 2016-11-23 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ゼイタクブング再び。

今年はらしくなくあちこちで文具旅をした一年でした。
東京、大阪、京都…

東京!
今考えてもよく行ったなと思います。
でもまた行きたいと思っています。

さて、そんな文具旅の最中、視界には入ってくるけれども(贅沢だよなー)と見て見ぬふりをした文房具について書いておきます。
それらはずばりルーズリーフに関する文房具。

コクヨのキャンパスルーズリーフケースと、マルマンのルーズリーフパッド&ホルダーです。

贅沢ですよねー
本当に贅沢だと思います。

もちろん当方ルーズリーフユーザーなので、ルーズリーフケースの重要性は分かります。
あの袋のにちゃにちゃも嫌いだし、かさ張るバインダーではなく中身だけを持ち歩きたい気持ちも分かりすぎるほどに分かります。

でも…
今までそれで何とかやってきたんだよなーと思うわけです。
クリアホルダーとカッティングマットの合わせ技でなんとかかんとかやってこられたのです。

だから(いいなー)とは思うものの、天から降ってくるのを待とう、例えば福袋なんかに入っているとうれしい、などとごまかしているわけです。
ちなみに福袋を買う予定はありません(なんやそれ)。

なお、クリアホルダーとカッティングマットを組み合わせるくらいなら、キングジムのスーパーハードホルダーがあります。
あれだとクリアホルダーが鞄の中でくったりしてしまうのを確実に防げます。

が、実はあれには結構苦しめられまして、自分は苦手です。
もしかして改良されていたらいいのですが、上記にリンクしたページの「機能3下敷き機能」の裏面のペーパーストッパー。
あれが邪魔すぎるのです。

いろんなものをいろんな順番に鞄に入れるので、スーパーハードホルダーを先に入れた鞄に本やノートを突っ込むと、あのストッパー部分に本やノートが引っかかってぐちゃっとなることがあるんですよね。
もちろん丁寧に出し入れすればいいのは分かっていますが、たいていあのストッパーのお陰でおもしろくないことになるのです。

でも、学習してあのスーパークリアホルダーを鞄の一番奥に入れるようにすれば万事解決。
というわけで、ルーズリーフケースやルーズリーフホルダーはいらないよな、と思いつつ、いつも(いいなー贅沢だよなーこれー)と未練がましく手に取ってしまうのでした。

ちなみに前回のゼイタクブングはこちら
あれから少し大人になった猫町は散髪せずに付箋を使えるようになりました。
が、この記事の写真にある付箋はほとんど減っていません。
[PR]
by mukei_font | 2016-11-22 23:59 | ノート | Comments(0)

年賀状2017あれこれ~腰痛と年貢とカウントダウン~

中腰で年賀はんこを押し続け、腰が限界を迎えました。

先日のOKBの握手会以来、すっかり腰が弱くなってしまった気がします。
昔はこんなことくらい何でもなかったのに、これぞ加齢というやつですね。
ばりばり本屋で働いていた頃とは同じになりません。

さて、討ち入りも終わり、年賀状の受け付けが始まりました。
12月15日にいきなり投函できる人にいつかなってみたいです。

ちょっと違いますが、大学の試験などで、早々と答案用紙を提出して去っていく人たちのことを今思い出しました。
試験開始後何分かたったら提出して帰ってもいい、みたいなやつで、何分かたつと本当にガタッと立ち上がって提出して颯爽と教室を出ていく人たちがいたものです。

あれ、1回もやったことなかったなあ。
自分は時間いっぱいまで答案用紙に書き続けるタイプのどんくさい学生だった。
なので年賀状もぎりぎりまで真面目に書きます…

さて、Yahoo!の「年賀状特集2017」という素敵なページを見つけました。
年賀状作りのルールとマナーがまとめられており、すでに知っていることも多いですが参考になります。

が、「年賀状のお作法」の中の「入院中の方への年賀状、どうするべき?」のところ、葉書の中の文言が「年貢の挨拶」になっていますよね…
そういうのがあるのか、と思わず調べてしまいましたが…

まあそんな揚げ足取りはさておき、上記のサイトの「元旦に届けたいなら残り@日」のカウントダウンが恐ろしい。
ただでさえやることの多い12月、いろいろ試されている気がします。
[PR]
by mukei_font | 2016-11-21 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)