猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(18)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>Kさん、情報をありがと..
by 輪音 at 02:00
トンボがヨーロッパタイプ..
by K at 21:52
ご回答ありがとうございま..
by ともこ at 22:21
>ともこさん クレーム..
by mukei_font at 15:33
ご無沙汰しております。 ..
by ともこ at 13:54
あくまでもユーザーが替イ..
by alchemie0629_a20 at 13:52
なるほど・・・OHTOの..
by K at 12:01
今年もよろしくお願いしま..
by 慎之介 at 11:51
Twitterの文房具好..
by alchemie0629_a20 at 00:26
猫町さんの生徒に男の子も..
by horenso39 at 22:42
>口金付近を開閉する通常..
by GB at 22:29
付録のものが実際それなの..
by alchemie0629_a20 at 22:51
>Kさん もしかして、..
by mukei_font at 11:53
これについてたカートリッ..
by K at 10:51
はいはい、私の出番です。..
by あむ at 21:14
モンブランのリーゼンミー..
by 輪音 at 23:52
今年も年末までお疲れ様で..
by なぎねこ at 22:07
みなさまこんばんは。 ..
by YAS at 19:54
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 19:26
>YASさん 来年の手..
by mukei_font at 19:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

猫町と中学生39(手癖とキャップ)。

中学生との勉強にフリクションライトを使っている、という話を以前書きましたが、あれはかなり定着しました。

間違えた問題の番号をマーキングし、再び間違えたら色を塗り替えるということをしているのですが、なかなかいいです。
最近のワークブックはカラフルなので目立つ色をうまく選ぶ必要がありますが、あとはシンプルなやり方で進められます。

そのフリクションライトを気に入っている理由にラバー部分のやさしさをあげたことがあります(前述の記事)。
ペンのお尻で教科書や問題集をコツコツとやってもあまり威圧的な音がしないのがいいなと思ったのです。

今その記事を読みなおしてみても、なるほどと思います。
自分がやられて嫌なことはしない。
ただでさえ嫌な勉強をさらに不愉快にさせる行動はしない。

入試直前という修羅場においても、自分はそういう威圧的な行為はさほどしてはいないはず。
よしGJだ。
GJだぞ猫町。

が、最近気づいたのですが、自分が愛用している鉛筆のキャップがばきばきに割れていました。
おそらく無意識にやっているのでしょうが、鉛筆のキャップを片手で開けたり閉めたり、ということをいらいらしながらかなり繰り返したようです。

音はしませんが、これはかなりBADな手癖…
心の狭さが見て取れますね。

ちなみにその鉛筆キャップは、最初から削られた状態で売られている鉛筆に付いている透明のキャップでした。
き、きっとああいうのは割れやすいんだ。
自分がいらいらしてばきばきにしたわけじゃないんだ。

と思うことにしつつ、今後は十分に気をつけていきたいと思います。
でも鉛筆をへし折ったりするよりはましですよね。
気持ち的にはそういう時もありますが。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-17 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(0)

携帯電話(フィーチャーフォン)版ブログサービス終了…

携帯電話(フィーチャーフォン、いわゆるガラケー)からブログが見られないことに最近気づきました。
いつの間にかサービスが終わっていたのですね。

携帯電話(フィーチャーフォン)版ブログサービス終了のお知らせ

パソコンを立ち上げるのが面倒なので携帯(フィーチャーフォン)から見ています、という方が何人かおられたように思いますが、戸惑われたかもしれません。
事前にこちらで告知できずに申し訳ありませんでした。

なお、「携帯電話(フィーチャーフォン)」とあるように、スマートフォンからのアクセスは問題ないようです。
時代はスマホなんですね…

携帯からのブログのアクセスは自分自身が時々やっていました。
木琴堂はネット環境がないので、携帯からブログをのぞいたりしていたのです。
先日もそれで気づきました。

まだ携帯からの記事の投稿はできるみたいですね。
遠出の最中に投稿ができるので、この機能は残ればいいなと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-16 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

猫町とEDiT・その6(貼ることを楽しむ)。

買った時はどうなることかと不安でしたが、案外普通にEDiTと仲良くできています。
仲良くするといっても基本的にToDoを箇条書きしているだけなのですが、それでもそれがちゃんと日々の記録になっていくので便利です。

猫町とEDiT・その1(ブリリアント・ブルー)。
猫町とEDiT・その2(日曜始まりにカスタマイズ)。
猫町とEDiT・その3(2週間ほど使った感想)。
猫町とEDiT・その4(使用筆記具)。
猫町とEDiT・その5(ページ下の欄の使い方)。

さて、そもそも自分が1日1ページ式のダイアリーに心惹かれたのは、そこに小さな新聞記事を貼れるのではないか、そしてそれが日記の代わりになるのではないか、と考えたからでした。

ほぼ日手帳(妄想)と兵馬俑。

が、実際に使い始めてみると案外そういう余白がないんですよね。
いろいろ箇条書きしているだけでページが埋まっていくというか。
サイズがB6というのもあるのかもしれません。

しかしついに最近貼ることを始めました。
手始めは木嶋佳苗被告の手書き文字の写真。
朝日新聞の記者あてに届いた手紙の写真が朝日新聞に載っていたのですが、素晴らしく美しい手書き文字で、これはもう切り抜くしかないなと思いました。

あるいは著名人の訃報記事など。
訃報記事はサイズも小さく、B6サイズでも貼れるのがありがたいです。
最近だとイラストレーターの原田治さんの記事。

1日1ページ式のダイアリーを使う前から想像していた通り、こうしたスクラップ作業はとても有意義です。

まず、小さな記事のために新聞のページを置いておかなくてもいいこと。
次に、記事の日付とダイアリーの日付を一致させることにより、記事に日付を書き込む手間や時系列に並べる手間が省けること。

もちろん小さなサイズの記事ばかりではないので限界がありますが、このインタビュー記事のこのフレーズだけいいなと思った、と割り切ってコラムの一部を切り取るなどすれば、もう少し貼るものも増えるのではないかと思います。

こうしたダイアリーは人に見せるものではありません。
心のままにいろいろなものを貼り、自分を強く惹きつけたものたちを記録していくのも楽しそうです。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-15 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

受験生の方たちへ。

毎年2月ってあっという間だなと思うのですが、受験生と過ごす今年は特にそう思います。
本当に1日1日入試に近づいている感じがして(実際に近づいているのですが)、持っていないのに巨大な日めくりカレンダーをはがしていくイメージが脳裏に浮かびます。

さて、そんな受験生の方々から時々コメントをいただき、とてもうれしく思っています。
勉強時間の合間に息抜きがしたい時や、不安が高まってわーーーっと叫びたくなるような時はコメント欄でご自由にどうぞ(例によってレスは遅いですがしっかり読ませていただいています)。

そして受験が終わったあかつきには、これで入試を乗り切ったよ!という「勝負文具」の話などをお聞かせいただけたらと思っています。
とりあえず筆記具と消しゴムの話は絶対にお願いしますよ。

もし今猫町が受験生なら…

シャープペンはぺんてるのP200のネイビー、消しゴムはPLUSのAIR-INにすると思いますね。
どんな試験かにもよりますが、シャープペンなら余計なことをしていないシンプルなこのシャープペンで戦いたいと思います。
f0220714_2355062.jpg

とにかく@@にだけは気をつけてくださいよ。
猫町も猫町なりに頑張ってみます。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-14 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

逃避促進文具(仮)。

前回も書いたようにかなり追い詰められている猫町ですが、ここは文房具の力を借りて逃避したいものです。

ということで、少し前から猫町の机の回りにはこういう文房具が散らばっています。
プレゼントにもらったり、自分で買ったりした見た目重視なアイテムたち。
f0220714_23543227.jpg

実際はこういうアイテムよりも地味な文房具のほうがずっと優秀で使い勝手がいいというのはよくある話です。
が、それでもこうしたかわいらしさにちょっとほっとしたい気持ちというのもあるのではないでしょうか。

さて、こんな文房具を表現するのに最適な言葉はなんだろうか、と実は昨年からずっと考えているのです。
使っていて楽しいよ、だってかわいいじゃない、ということをシンプルに表現する気の利いた言い回しがあるのではないかと考えているのです。

世間でありふれているのは「気分が上がる」という表現ですよね。
が、個人的にこの表現はいけません。

単に好みの問題ですが、今こうして人の言葉としてタイピングしているだけで心理的抵抗が生じてしまいます(本当は伏字にしたいですがそうするとまったく意味の分からない記事になるので我慢しています)。
さらに「上がる」の部分が「アガる」になっているものなどを見るといよいよぞわあっとしてしまうのです。

もともと自分は流行の言葉をあまり使えないタイプの人間なのではないかと思います。
もちろん使う場合もあるのですが、自分の中でよしと判断した場合のみに限られるというか。

その年の流行語、みたいなものは割と許せても、むしろ大衆が作り上げた妙な文法や言い回しのようなものに強い抵抗があります。
使っている人を悪く思うことはありませんが、自分の口や文章から発されることはないなというものがたくさんあります。

以前「若者語」について取り上げられた新聞記事を読んだのですが、若者語とされるもので自分が多用しているものは「~的」というぼかし表現のみでした(「パイセン」も使いますが、厳密にはあれは消しゴムがしゃべっているだけなので)。
結構ふざけた表現をしている自覚がありましたが、いわゆる若者語とは違うんだなと思った記憶があります。

さて、件の「気分が上がる」がきちんとした日本語なのかどうかは分かりません。
少なくとも昔はなかったような、あるいは昔からあったけれども誰も使っていなかった表現なのかもしれません。

なぜこんなに長々書いているのかというと、悔しいことにそれ以外に表現する方法がないのではないかという結論に達しつつあるからなのです。

「気分が上がる文房具」

嫌ですよ。
もっと他に表現があるはずですよね。

例えば自分が中高生の頃には「気分が上がる」などという表現はなかったはずですが、当時の文具店員は上の写真にあるような文房具に何というキャッチフレーズをつけたのでしょうか。

「かわいい文房具」?
「やる気が出る文房具」?

忘れているだけで当時は当時の若い感じの表現があったのでしょうか。
「ナウい」に代表されるような表現が…

というわけで、ついに猫町はこうしたテーマ(=実用性よりも見た目を重視したかわいい文房具の有用性について)でまとめ記事を書けませんでした。
何しろタイトルが決まらないのですから。

どうしてもどうしてもあのぞわぞわした表現がダメで、でもその代わりがないんですよね。
何が「気分が上がる」だよまったく!
でも何て言うんだよ!

ということでこの記事のタイトルさえ決まらない感じなので、仮に「逃避促進文具」と名付けておくことにしましょう。
「実用性よりも見た目を重視しつつ現実からいくばくかの逃避をはかるも本来の目的からは大きく逸脱することのない文房具」ということなのですが。

「神聖モテモテ王国」が「キムタク」や「モモ王」という愛称になってしまうような雑さでなんかキャッチーなフレーズが降ってくればなあと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-13 23:59 | 文房具与太話 | Comments(4)

猫町と中学生38(無罫力)。

ある文房具とのかかわりにより、それまでにはなかった能力が開花したり、持っていた能力がさらに成長したり、ということがあるのではないかと思います。
例えば万年筆を使っているうちに字がきれいになった、とかそういう話。

猫町はこの数年で無罫力が上がりました。
無罫力というのは造語ですが、無罫ノートを使う力とでも定義しましょうか。

それまでは無罫ノートには文字しか書いてこなかった猫町が、ひょんなことから無罫ノートに数学や理科の問題を解くようになったのです。

その結果、単に真っ直ぐに書くだけではなく、余白を楽しみながらまるで新聞を作るように自由に割り付けることを覚えました。
今頃覚えたんかい、と言われそうですが、まあそんなところです。

というのも、猫町にとっての無罫ノートは多くの人にとっての横罫ノートとあまり変わりがないからです。
確かに罫線は好きではありませんが、真っ直ぐに書くのが嫌だとは言っていないわけで、要するに罫線のないノートをそこに罫線があるかのように(エア横罫)使うのが自分のやり方でした。

これについてはいつか無罫派を細分化してみたいという欲望があり、無罫派かつ真っ直ぐ派とか無罫派かつ書き殴り派とかいろいろあるんじゃないかと考えたりします。

で、猫町の無罫力ですが、ちょっと自信が出てきたのは表とグラフです。
特に表。

無罫は自由にアイデアを出したりするのにむくとされる一方で(この紋切り型も好きじゃないけど)、表やグラフを書く時は横罫や方眼にはかなわないと思われがちです。
実際その通りでしょう。

が、セブンセンシズから今やエイトセンシズに目覚めようとしている猫町は気の利いた表をさくさくと作れるようになってきました。

まず約1センチの幅で横線を何本も引いていきます。
もちろんフリーハンドです。
多少よれても気にしません。
縦線は少し慎重に、しかし途中で止めずに一気に引ききります。

なぜこの能力が高まったかというと、中学生の成績をノートに写させてもらう機会が多いためでした。
5教科の得点と偏差値と順位、3教科の得点と偏差値と順位、各教科の得点と偏差値と順位を見やすく表にする必要があり、自然と表を作る能力が高まりました。

手書きで完璧に作った表に数字を入れていく時の快楽。
線も含めて自分のフォントなのでしっくり感がすごいのです。
何も言わずに猫町の表を眺めている中学生も内心驚いているにちがいない(そうだろうか)。

グラフも結構いい感じで、あたかもそこに方眼があるかのように書いていくエア方眼グラフがまた楽しいのです。
もともと関数の問題が好きで、直線と放物線が交わるグラフの問題などはわくわくするのですが、ばしっときれいにグラフが決まった時は小躍りしたくなりますね。
まあこの場合も中学生は無言なわけですが…

というか、受験生である中学生はもう相当疲れているわけです。
猫町が美グラフを書こうがどうでもいいほどに疲れているわけです。

そしてそれ以上に猫町も疲れているのでした。
もう自分で自分をほめるしかないほどに、自分の書いた表やグラフに酔いしれるしかないほどに疲れているのでした。

早くすべてが終わればいいのに…
無罫力と引き換えに猫町が捧げたものの大きさを思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-12 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(1)

身の回りの小物を替えた時にありがちなこと。

ここでかわいらしい失敗談を1つよろしいでしょうか。

デルデを家に忘れてきたデ。

臥牙丸のしゃべり方を意識してみました。
臥牙丸というジョージア出身のでっかい力士がいるんですよ(力士はみんなでっかいか)。

割と感情が表に出るタイプの力士で、負けたら泣きそうなくらいにがっかりし、勝ったらうきうきする力士なのですが、横綱の日馬富士に勝って金星をあげた時の止まらないインタビューは語り草。
そしてその中の「金星は一生残りますデ」「また頑張りますデ」という名言。
それを意識したしだいです。

とか言ってる場合じゃない。
恐る恐る使い始めたデルデを見事に家に忘れてきてしまった昨日という一日でした。

これは身の回りの小物を替えるとしばしばやってしまうミスでもあります。
コートを替えるとたいてい鍵が行方不明になり、鞄を替えるとたいてい何かを失くします。
時間に余裕をもって行動しなくては…

幸いだったのは、行った先が店だったということ。
木琴堂の猫町オフィス(今やただの散らかった部屋ですが)には文房具がたくさん。
書いたり消したり切ったり貼ったりするのにはまず困らないほどの文房具があるのですが、そこにいるのはどうしても2軍の選手やOBということになってしまいます。

1軍の選手は持ち歩いているか、せめて自宅に置いているので、週に数回しか行かない猫町オフィスはこれまでお世話になった文房具やコレクションの置き場になってしまうのでした。
いや、2軍やOBならまだいいほうで、結構な割合を占めているのが故障者のたぐいです。

安いボールペンであるからこそ部品を奪われた人たち、実験の犠牲になった人たちが多く眠るのも木琴堂の猫町オフィス。
これがまた捨てられないんですよね。

というわけで、昨日は普段は手にしない筆記具たちと戯れてきました。
クルトガとかシードの消しゴムとか水性染料系のゲルインクボールペン(PILOTのG-3やぺんてるのエナージェル)とか。

少し使うとこれらも楽しくて、へえ、家に連れて帰ろうかなと思ったりもするのですが、今後の楽しみのためにとっておきました。
自分が持っている文房具の中からあらたな発見をしたりするのがまた楽しいので。

そう考えると、もう買い足さなくても今あるもので十分楽しいんだ、と思ってわくわくします。
それでも買い足してしまうのですが。

いつも行き先が店というわけじゃないので、デルデには慣れていかないと。
どんな状況であれペンケースを忘れた一日はいつもとても心細く、情けない気持ちになるものです。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-11 23:59 | その他文房具 | Comments(2)

恐る恐るデルデデビュー。

前々回の記事を書いた直後からネコ柄デルデを使い始めました。

ペンケースは家と店の往復の際に使っているのですが、慎重に中に入れる数本を選びます。
君はこっち。
君はお留守番。
慣れてくると無造作になるこうした作業も、はじめのうちはなんだか新鮮です。

迷ったのは鉛筆でした。
いくら長さが短くなるデルデでも、短い鉛筆は埋もれてしまいます。
鉛筆はスタンド式のペンケースには向かないなあと思いつつ猫町がとった行動は、鉛筆専用ペンケースごと入れるというもの。

スリムだし、やわらかい布製なので少し頭を折り曲げると入ります。
2つだった筆箱が1つにまとまっただけですが、一緒に持ち運べるのならいいや。

短くなった鉛筆や小さくなった消しゴムはやはり別扱いにしてあげないと不便だなと思います。
鉛筆専用ペンケースをインナーペンケースにすれば万事解決。
デルデの中にも小さなポケットはあるのですが、とりあえずこのスタイルで使ってみます。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-10 23:59 | その他文房具 | Comments(2)

トラベラーズノートオリーブエディション。

世の中に絶えてTwitterのなかりせば猫町の心はのどけからまし…

この歌を書くのは2回目だと思うのですが、書いていないだけで心かき乱されることの多いTwitterです。
今回はこれ。

トラベラーズノートオリーブエディション

あーあ。
こんな素敵なものを作ってくれちゃって。

どうするどうするどうする君ならどうする?
電子戦隊デンジマンにまかせちゃう?

あーーーーー
なんていい色なんだーーーーー

猫町は青色が好きですが、同時にくすんだ色も大好きです。
秋になる時に店先にならぶような洋服の色。
アースカラーというのでしょうか。

前回のブルーエディションは断腸の思いであきらめたので、今回こそは…と思うのですが、どうでしょう。

いや、それよりも猫町の心をかき乱すものがあります。
ブラスプロダクトのブラスペンシルです。

その存在は以前から知っていましたが、これまでは「専用のリフィルが必要な高級補助軸」という認識でした。
が、説明をよく読むと「一般的な太さの鉛筆であれば、短くなったものをセットすることもできます」とあるではないですか。

一般的な太さの鉛筆…
三菱やトンボもOKと信じていいのね?

ならむしろこっちがほしいぞ。
トラベラーズノートよりもまずブラスペンシル。

鉛筆を好んで使うようになってから丸2年がたとうとしているのですが、手広く試しているので減りが遅いとはいえ、1本1本がかなり短くなってきました。
このあたりでおもしろい補助軸も投入してみたいなあ、とか。

補助軸についての落とし穴は経験済みなので、相当短いものを用意しておかなければならないのはブラスペンシルも同じでしょう。

それでもその時を待つちびっこ鉛筆が結構増えて来たんですよね。
都会に行った時に実物を見てから考えることにしましょうか。

トラベラーズノートオリーブエディションにもそのうち会えたらいいなと思いますが、こんなぼんやりした態度ではきっとまた出会えずに終わるのでしょう。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-09 23:59 | ノート | Comments(2)

愛用のペンケースとペンケースの素材。

前回記事にしたように、現在猫町の机の上にはネコ柄デルデが鎮座しています。
中にペンは入っておらず、完全なオブジェです。

新しいから使うのに抵抗がある、ということの他に猫町をためらわせているのがその素材です。
サンスターのHPによると材質は綿、ポリエステルということですが、帆布の目の粗さがなんともいい感じに汚れそうなんですよね。

ひとたび汚れはじめるともう気にならないと思うのですが、今はぴかぴかのまま眺めていたい気持ち。
使い始めるきっかけを何にしよう。

ペンケースをデルデに替える理由としてはもっともらしいものがあります。
それは、現在猫町が使っているペンケースが古くなってきたこと。

こちらが猫町愛用のペンケース。
とにかくたくさんのペンが入る優秀なペンケースで、ファスナーが閉まらないほど詰め込むこともざら。
今は撮影用にスリムにしてあります。
f0220714_614389.jpg

このペンケースは文具店員時代に同僚からもらったものでしたが、長い間使いすぎたせいか中がぼろぼろになってしまいました。
下の写真のように、内側に貼られた合皮が割れてはがれ、白い粉が中に入れているペンのラバーグリップについて厄介なことになってきたのです。
f0220714_615059.jpg

いったい何年このペンケースを使っているんだろう、と調べてみると、もらったのは2010年の誕生日でした。
もらった瞬間から使い始めたので、もう6年以上使っていることになります。

黒猫ペンケース。

こんなに長持ちしたのはビニールコーティングされた素材のおかげではないかと思います。
中は相当汚れましたが、外見はあまり変わっていません。
ペンケースの素材、重要ですよね。

前回コクヨのネオクリッツについて少しふれましたが、あのさらっとしたポリエステル素材も汚れ対策に一役買っているのかも、と思います。
ちょっと薄手な気がするので耐久性がよく分かりませんが。

いいや。
そんなことを言っていると、布製の、特に帆布製の製品が使いづらくなります。
汚れ上等。
汚れた時はまた新しいのを買う楽しみもあると思って潔く使っていきましょう。

あと、色にもよりますよね。
今回購入したネコ柄デルデは猫の白い部分や鮮やかな黄色の部分が少し気になるのですが、それも最初だけでしょう。

ちなみに猫町のペンケースはこれに猫町ロールペンケースと、鉛筆専用ペンケースが加わって全員集合となります。

猫町ロールペンケースは万年筆用、鉛筆専用ペンケースはその名の通り鉛筆用なので、ボールペンその他の文具をすべて引き受けるのが大容量のペンケースというわけです。

中がぼろぼろになってきたとはいえ黒猫ペンケースもまだまだ使えそうだし、デルデも使ってみたいし、乗り換えの瞬間はたいそう悩ましく、楽しいものです。
[PR]
by mukei_font | 2017-02-08 23:59 | その他文房具 | Comments(2)