猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>あるけみさん 自分も..
by mukei_font at 23:33
>あるけみさん このジ..
by mukei_font at 23:32
>慎之介さん 自分は最..
by mukei_font at 23:32
>ゆずなさん なるほど..
by mukei_font at 23:31
>YASさん 偵察あり..
by mukei_font at 23:29
>パソ活さん ギャザリ..
by mukei_font at 23:29
>芦原英幸さん はじめ..
by mukei_font at 23:27
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:27
>あるけみさん 帆布は..
by mukei_font at 23:26
>ともこさん ともこさ..
by mukei_font at 23:24
>YASさん 自分は「..
by mukei_font at 23:23
>YASさん 文房具も..
by mukei_font at 23:23
>焼き魚さん 猫町の記..
by mukei_font at 23:17
>たまみさん S20…..
by mukei_font at 23:16
>YASさん 連用日記..
by mukei_font at 23:15
>YASさん ジュース..
by mukei_font at 23:14
>YASさん いろいろ..
by mukei_font at 23:13
>あむさん その節はあ..
by mukei_font at 23:13
>Kさん アンケート!..
by mukei_font at 23:11
>T君 半年以上前のコ..
by mukei_font at 23:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧

間違いをいつ指摘するか~誤解されたPILOTの話~

文紙MESSEにはうさむしと行ったり、文具店員時代の同僚と行ったりするのですが、今年は文具店員時代の同僚と行きました。

いつも文具のフリーペーパーの「Bun2」をかわいい手紙やカードと一緒に送ってくれるやさしい人で、年に一度真夏の暑い時期に会えるのがとても楽しみなのです。

さて、この元同僚と会うことが自分にもたらす効果というものについて考えた時、もっとも有意義なことの一つは、文具店員時代のあれこれをリアルに思い出せる、ということだと思いました。

普段田舎でぼんやりと文具店員時代を回想していると、たいていいいことしか思い出さないのですが、元同僚と話をしていると、文具店員時代にあった大変なことやしんどかったことがざらざらとした現実味をともなって思い出され、いろいろあったなあとしみじみとするのです。

思い出の美化に歯止めをかける役割、といってもいいのかもしれません。

いろんな文房具に囲まれ、新製品の情報を入手でき、時にはお客さんとの楽しいやりとりなどもあったのですが、注文品のトラブル、ご機嫌斜めすぎるお客さんからの訳の分からないクレーム、メーカーとお客さんの板挟みになり双方からの舌打ちや嫌味などなど、いろいろあったなあと苦い気持ちになるのです。

これがいいなと思いました。
ときどきは記憶を修正しないとなと思うわけです。

さて、元同僚とよもやま話をしていて思い出したことがありました。
それは「PILOT」を「ピロット」だと思い込んでいるお客さんについてです。
いつも電話で注文があるのですが「ピロットの@@」とぶっきらぼうにおっしゃるのです。

最初は「?」と思っていましたが、それがPILOTであることが分かったものの、強面のお客さんだったことや、以前ホテルの接客について書かれたものの中に「お客さまの間違いを訂正してはならない」という言葉(例えば「萩の間」を「『おぎのま』どこ?」とたずねるお客さまに対しては「『はぎのま』はこちらです」とは言わず、「そちらはこちらになります」と言うべきという話)があった気がして、訂正などせずそのままになっていました。

あのお客さんは今でもPILOTをピロットと言っているのであろうか。

と同僚と懐かしく話したのですが、どうなんでしょうか。
ホテルの方がおっしゃるように、お客さんの間違いを訂正する、というのは失礼なことかもしれませんが、本人ははたしていつどのタイミングで学習するのでしょうね。

かくいう猫町は無粋な人間なので、「『レミー』の替芯ある?」とおっしゃるお客さんに「『ラミー』ですか」と言ってしまったこともある気がします。
間接的に間違いを指摘することになるのは生意気には違いありませんが、「モンブラン」を「モントブランク」と思い込んだまま高級筆記具を胸に挿して生きていくのもつらいなあと思ったりするのです。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-30 23:59 | 文房具与太話 | Comments(2)

PILOT・透明カクノ。

先日文紙MESSEに行った際、大阪で購入したPILOTの透明カクノを最近使っています。

カクノの透明軸は、これまでのF(細字)やM(中字)に加えてEF(極細字)のペン先が出たのが新しかったようですが、PILOTのFでも自分には十分細いということが分かっているのでEFにはつられませんでした。

さて、意外にもカクノを使うのは初めてで(以前プレゼントされたことがあるのですが、もったいなくて使っていない)、コンバータのことを失念していましたが、手持ちのCON-50を入れて使っています。

インクはいつぞやセーラーのインク工房で作ってもらったオリジナルインク。
ずいぶん前のことになるのでインクの寿命みたいなものがあればそろそろやばいのかな。
そんなことを言っていると、あのインクもこのインクも…となるので、そこは結果オーライの自己責任で。

使い心地としてはFなのに細い線が書け、ボールペンのように使いやすいといった感じです。
ボールペンのように、というのはペン先の細さや筆記線の安定感もそうですが、インクの出方が絶妙でだばだばせず、インクの乾きをさほど気にしなくてもよい点が特にそう感じさせます。

ひそかに感動したのは、PILOTの万年筆なのに無調整で結構書ける、ということでした。
これはPILOTの万年筆にいちゃもんをつけているわけではなく、PILOTの万年筆はとにかく自分の持ち方とは合わないのです。

高い万年筆はのちにペンドクターに調整してもらうはめになりましたし、プレラさえもメーカーに調整を依頼したのです。
なので(今回も書けないかもしれないぞ)とおっかなびっくりのデビューだったのですが、幸いにも普通に使えています。

大阪まで出かけて行ったごほうびかしら。
ネットで買っていたら苦戦していたかも。

透明カクノは今のところ英語日記の下書きに使っています。
英語日記にもずいぶん慣れ、細かい言い回しのあれこれをチェックするのには時間がかかっても、ざっくりとした骨組は一気に書けるようになりました。

万年筆で英語の筆記体をすらすら…
かつてお医者さんがドイツ語でカルテを書いておられた時のようなかっこよさをひそかに感じつつ(しかし英語はピコ太郎レベル)、これならペン先が太くても楽しいのではないか、とかつてペン先が太めゆえに疎遠になったいろんな万年筆の顔がちらつく今日この頃です。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-29 23:59 | 筆記具・万年筆 | Comments(1)

猫町の近況(夏の終わりに)。

24時間テレビも終わり、いよいよ夏休みも終わりですね。

今年ほど「夏休み」というものを実感したことはなかったというか、とにかく早くいつもの日常に戻りたいの一言に尽きます。
世の中のお母さま方の気持ちが分かったというか、いやもう本当に学校よ早く始まれ…

文房具とは相変わらず戯れ続けており、100均のノートの書き味にふむふむと思ったり、万年筆で英語日記の下書きをしてみたり、鉛筆や消しゴムをいろんな組み合わせで使ってみたり。

涼しくなったらしたいことが山のようにあり、今はそれをリストアップしているところです。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-28 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

ジョッター@MUJIカフェ、ビフォーアフター。

大阪での用事を過不足なくこなし、電車に揺られている猫町です。

前回大阪に来た時も、(もう文房具はいい。すでにいっぱい持っているし、それをいかに使うかを考えよう)と思ったのですが、誰かの喜ぶ顔が見えるようなレター用品はついつい買ってしまうんですよね。

今から死ぬまでずっと手紙書いてろ、と猫町の中の天使は怒っていますが、涼しくなったらきっと書きますから…(まずは残暑見舞いだろ)

今日はうさむしに会うというのも重要なイベントだったのですが、難波のMUJIカフェでうだうだ話しながら、そういえばジョッターを使い始めた頃ここで写真を撮ったことがあったなあと懐かしく思い出しました(下は5年前の写真)。
f0220714_20211288.jpg


今もあまり使いこなせていないですが、お出かけにはもってこいのアイテムだと思っています。
本日のToDoは終了しました。
f0220714_1858492.jpg

[PR]
by mukei_font | 2017-06-27 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

@祝祭広場。

いつもとは逆の順序で回ることにして、阪急百貨店にやって来ました。

開店直後の百貨店は空気がまだよどんでおらず、例の広場の階段はひんやりとして気持ちがいいです。

早速たくさん買い物をしてしまい、途方に暮れているところです。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-26 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

こりずに大阪へ。

おはようございます。
今月2回目の大阪に向かっている猫町です。

大阪でこなすべき用事の大半は前回すませたので、今日は筋肉痛にならない程度にぶらぶらできればと思っています。

文紙MESSEの感想もいずれ書きたいですが、今回はいろいろ考えて疲れてしまい、自分の中で「感想」が落ち着くのを待っている段階です。

ところで行きの電車の中で介助犬を見ました。
立派に役割をこなしながらも物静かでやさしくかわいらしい雰囲気に、朝っぱらから思わず落涙するところでした。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-25 23:59 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

キャラクターものボールペンたちいらっしゃい!

妹が帰省しておりました。

替芯を見てほしい、と言われて見せられたのがこちらのボールペン。
普段はほとんど妹の役に立たない「でくの坊」なのでホイホイ拝見。
f0220714_9154711.jpg

どんなんかな~
名前のない白い人(芯)ならいいな…
あれに合う芯もひそかに持ってるしね…ぐふ!

興奮しながら取り出してみると、ぱっと見ただけでPILOTのBSRFと分かってしまいました。
もう1本も同じです。
とほー

いや待て。
案外突起の部分の形状が違ってBSRFとはバネの相性が悪いなんていう落とし穴付きの熱い案件だったりするのでは…

そんなこともなかったです。
すーん…

その後、イオンに替芯を買いに行った妹が替芯を見つけられず、別の店で「これやで」と示してあげる、くらいの活躍しかできませんでしたが、まあ替芯が見つかったのはよかったです。

それにしても芯を入れ替えてまで使ってもらえるキャラクターものボールペンたちの幸せなこと。

一時期キティさんグッズを集めていた妹も、今は少しずつ厳選しているようですが、これらは今後も手元に残っていくんだなあと思うとなんだか特別なボールペンに思えてくるから不思議です。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-24 23:59 | 替芯 | Comments(0)

猫町と中学生49(消しゴムの勢力図)。

高校野球、盛り上がっていますよね。

プロ野球と違ってテンポよく進むので見始めると最後まで見てしまい、ああ、彼らがこんなに頑張っている間に自分はいったい何をしていたんだろう…と試合終了のサイレンで我に返るところまでが「ザ・高校野球」という感じがします。

さて、野球には「流れ」があるとしばしば言われます。
好守備をした次の回の攻撃で急に打線がつながりだすとか、集中力を欠いた緩慢なプレーがのちの大量失点につながっていくとか。

猫町と勉強している中学生の間にもそういう「流れ」があるようで、最近消しゴムの勢力図が変わってきました。

以前、トンボのモノエアタッチの消しカスに苦悩している話を書きましたが、件の中学生は空気を読んでPILOTのフォームを使い始めました。
ここまではいいのです。

最近、ある中学生にサクラクレパスのアーチをプレゼントしました(例のポイントカードの景品)。
これまでぺんてるのAin Black派だったその子は非常に気に入り、せっせと使ってくれています。

さらにトンボのMONOブラックを使っていた子が最近サクラクレパスのフォームイレーザーWを使い始めました。

彼らに接触の機会はなく、まったくの偶然なのですが、なんだか急にフォーム派の勢力が高まってきた気がします。
まあデータ数は数えるほどなんですけどね。

これらのことから勝手に「流れ」を感じて楽しくなっているわけですが、消しカスの掃除がかなり楽になったことは書いておきたいと思います。
フォーム系の消しゴムは、消しカスの数は多くても一つ一つが粉っぽくないのがありがたいのです。

中学生たちがどういう基準で消しゴムを選んでいるのかまでは聞き出せていませんが、こういうのは知恵がつく前の段階のデータが非常に貴重なので、しばらくは観察を楽しみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-23 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(1)

けしごむーず20(夏男の巻)。

消しゴムたちが何かを話しています。

「あっついなあ…」
「ほんま去年より絶対暑いわ…」
f0220714_1063390.jpg

「なあ、今年は稲川淳二見いひんのん?」
「あれ?ドイツは?」
「ドイツはおらんで。あいつ後輩が『夏男』て分かって以来旦那に重宝されてんねん」

「「「おっととっと夏だぜ!」」」

「へえ…去年は気づかれんと普通にここでフウフウ言うてたのにな」
「旦那の目は常に節穴やからな」
「でもドイツおらんかったらホラー見られへんな」
「フッフッフ…実はこないだレーダー師匠に古いビデオもろてん」
「え、レーダー師匠?いつ?ええなあ…」
「じゃーん!『あなたの知らない世界』!」
「なんや古そうやな」
「ビデオ、いうだけで怖いやん。期待できるわあ」

「「「おっととっと夏だぜ!」」」

「なあ、さっきからなんか聞こえるな」
「俺も気になってた」
「ビデオ見る前からもう怪奇現象!?!?」
「落ち着け。俺らいつの間にか二階建てになってるって知ってた?」
f0220714_1055990.jpg

「まじか」
「下の階のやつらの声か」
「連中なかなか旦那に使われんですねてるかと思いきや、結構エンジョイしてるな」
「そうそう。ごろごろして楽しそうやねん」

「アノ…」
「ん?」
「サッキカラココニイマス…ペラ井サンノ真後ロニ…夏男デスケド帰省中デ…」

「「「「「ギャーーーーーッ!」」」」」
[PR]
by mukei_font | 2017-06-22 23:59 | 〈けしごむーず〉 | Comments(1)

猫町の近況(夏至と見せかけて晩夏)。

おはようございます。
ブログの日付は夏至ですが、今や立秋も過ぎて晩夏であります。

さて、大都会から帰ってきた猫町の筋肉痛もようやく癒えてまいりました(まだちょっと痛い)。
こんなにも長く筋肉痛が続いたのは初めてのことで、それもこれも田舎暮らしと加齢のダブルパンチということになるのでしょう。

文紙MESSEの感想や大阪文具旅の感想もぼちぼち書いていきたいですが、今回はなんだかいろいろと考えさせられました。

新しいものをたくさん見、いろいろな方のお話を聞き、刺激をたくさん受け取ったのは事実なのですが、その反面、情報的にも物質的にも日々十分満たされていることをあらためて確認するに至ったというか、なんだか冷静になってしまいました。

もう多くを求めなくてもいいのではないか。
今手の中にあるものを十分にいつくしみ、味わっていくことに残りの人生をかけてもまだ足りないくらいなのではないか。

こんなことをこの数日間考えていました。
[PR]
by mukei_font | 2017-06-21 23:59 | わたくしごと | Comments(0)