猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(11)
(9)
以前の記事
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
最近のマイブームはJK-..
by K at 20:20
僕はセーラーのフェアライ..
by horenso39 at 23:08
先日は楽しい時間をありが..
by 松 at 11:47
ゼブラsk0.4とjsb..
by 細雪 at 21:24
1番使ってるペンはキャッ..
by なぎねこ at 15:48
三菱のSNP-10ですね..
by narkejp at 20:31
好みの替芯(リフィル..
by 輪音 at 14:59
自分はパイロットG-3(..
by あるけみ at 19:05
初めてのコメント失礼しま..
by エイジ at 20:00
今更なコメントだと思うの..
by haru5214 at 02:20
試験を受けなければいけな..
by K at 13:32
>慎之介さん 最初は「..
by mukei_font at 11:41
猫町さん、こんにちは!(..
by 慎之介 at 10:51
>なおさん ニューバー..
by mukei_font at 09:21
>あるけみさん コピー..
by mukei_font at 09:11
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 09:07
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 09:00
>なぎねこさん Ins..
by mukei_font at 08:59
>りおさん ゴムは汚れ..
by mukei_font at 08:55
>優煌海さん そうなん..
by mukei_font at 08:55
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧

2Bの夏、日本の夏。

今年の夏は2Bの鉛筆が楽しかったです。
f0220714_5162976.jpg

普段はB派の猫町ですが、なぜかBだと物足りず、あまり得意じゃなかったはずの2Bを手にするとめちゃくちゃしっくりときて、これだ!と思いました。

ずっと長いままだった鉛筆もどんどん短くなり、なんだか貫録まで出てきました。
鉛筆って短くなればなるほど傷だらけになるんですよね。
それだけ使っている、ということなんだと思います。
補助軸に入れたり出したりしているといよいよ傷まみれになり、いいなと思うんですよ。
f0220714_5164696.jpg

で、なぜ突然2Bがいいなと思ったのかについて考えてみたのですが、1つには季節の問題があるのではないかと思います。

以前三菱鉛筆の展示会で、気温や湿度とシャープ芯の濃さの関係について教えてもらったことがあるのですが、「気温の高い県では濃いシャープ芯が売れる」とのことでした。
気温が高く、湿度の高い県は紙に湿気を含んでしまう、そうするとHBやBの芯では薄いので、一番売れているのが2Bの芯である、といった話だったと思います。

シャープ芯の硬度の話になるとたいてい「今の人は筆圧が低くて」といった話になることが多いのですが、温度や湿度による地域差も関係あるんだなと興味深く思ったので記憶に残っています。

さて、兵庫県南西部の夏ははたして高温多湿なのでしょうか。
もちろんもっと高温多湿の県もあるでしょうが、日本の夏はたいてい高温多湿ですよね。

前回2Bの鉛筆を多用していたのは真冬のことでした。
使っているノートは同じダイソーの無罫ノートなのでノートの条件は同じ。
ということで、急に2Bが気持ちよくなったのは季節が夏だからかなと思ったしだいです。

紙が湿気を多く含むこの季節だけ2Bの鉛筆がとても気持ち良くなる。
そんな季節の感じ方があってもいいのかなと思います。

そう考えてみると、いろんなノートや鉛筆を持って日本のあちこちや世界のあちこちを旅してみたくなりますね。
さらさらとした高原の夏、あるいは湿気の多い冬はどうだろう。
乾燥した国々では、硬度の高い芯でも濃く書けたりするのかしら。

さて旅にはどんなノートと鉛筆を持っていくべきか…
しばし想像の荷造りを楽しんでみました。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-31 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

ガム付箋。

愛猫が苦しんでいる時にブログの更新なんて、と思ってしまうのですが、頼むからちょっとは別のことを考えろ、と猫に言われそうな気がして(一日中猫の観察とエサの配合の実験ばかりを繰り返している)、頑張って書いてみます。
猫自身の生命力も信じてあげなければ。

ということで、これまでに撮った文房具の写真を眺めていたのですが、どうやら付箋について書きたかったようです。
こちらなんですが…
f0220714_22143686.jpg

はい、付箋ではありませんね。
ガム(ボトルに入ったガム)に付いているいわゆる「捨て紙」というやつです。
が、これを付箋がわりに使ってみたら少し気づいたことがありました。

結論としては、ロッテのキシリトールガムの捨て紙(緑色)のほうが付箋感があります。
クロレッツの捨て紙(白色)は粘着部分が強く、糊残りが見られました。

まあ付箋じゃないので別にいいのですが、小さくてかわいらしく、ついつい付箋代わりに使いたくなるサイズなので気になりますよね。

中学生と勉強するようになってからいくぶん付箋を使いこなせるようになった猫町ですが(こちらの記事参照)、今なお付箋は贅沢品でどきどきします。

あの娘ぼくがキシリトールガム付箋を使う時さえカットして使うことがあると言ったらどんな顔するだろう。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-30 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

100均ノートの書き味~ピン篇~

ピンからキリまで、ということで100均ノートの書き味の「ピン篇」を書きたいと思います。

100均ノートの中で最高の書き味のもの。
言うまでもありませんね。
何度も書いていますがこちらのノートです。
f0220714_22415752.jpg

詳しくは下記の記事をどうぞ。

キングオブノート(2017年現在)。

というわけであらためて書くこともないのですが、こと「書き味」に限定していろいろ考えているうちに似たものを思いつきました。

ダイソーのこの無罫ノートはホテルのベッドに似ています。
びしっときれいにベッドメイクされたベッド。

部屋に入ってまずベッドにぽむ、と座った時の安堵感や、清潔なベッドの上で一人になれた感じ、疲れを癒しつつもこれからの旅程に思いをはせながらわくわくが広がっていく感じ。
心地よくて清潔で自由な感じはまさにこのノートの書き心地に似ています。

豊富な紙数の上で字を書く贅沢な感覚が特にそう感じさせるのでしょうか。
毎日のようにこのノートに字を書いているのに、書くたびに感動があり、そのたびにきれいにベッドメイクされたホテルのベッドを思い浮かべるのです。

ピンピンに張りつめすぎることなくほどよくなめらかで、適度なふかふか感もあって。
白色度のやや高い中紙はどうしてもシーツを連想させるなあ。

ホテルなんてこれまで数えるほどしか泊まったことがないし、しかも安いビジネスホテルばかりなのですが、あのびしっとしたベッドはなんだかいいものだと思います。

実際は枕はいらないのでとりあえず床に放り出すし、掛け布団感のないぺらぺらのシーツの間に入って寝るのもしっくりこないし、スプリングだって自分の腰には合わないのですが、たぶん自分が気に入っているのは座り心地ととりあえずごろごろと寝っころがった時の感触でしょう。

本当に安眠するためのベストなベッドや布団という意味ではなく、とりあえず腰かけてごろごろするのに最適、というのはいかにもダイソーの無罫ノートにぴったりのイメージです。
どこにもありそうなのに案外日常の中にはない、さりげない非日常な存在がホテルのベッドに似ているような気がするのです。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-29 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

100均ノートの書き味~キリ篇~

100均ノートの書き味について書いておきたいとずっと思っていたので書きます。

もちろん100均ノートといってもいろいろあるのですが、今回取り上げるのはダイソーのA5ダブルリングクラフト表紙ノート(80枚)。
こちらの写真の小さい方です。
f0220714_544632.jpg

100均アイテムはどんどん仕様が変更になるので現在は枚数も少なくなっているかもしれませんが、自分が今使っているのはこちら。
f0220714_5443551.jpg

このノートは英語日記の下書き用に使っており、直前に使っていたのがマルマンのニーモシネだったこともあって、ノートの質の差というものをはっきりと感じることになりました。

猫町、ニーモシネを使い切る。

ノートの質の差、というのは主に書き味のことで、うわあニーモシネっていいノートだったんだなあとしみじみと悟ったしだいです。
紙厚にしろ紙面のなめらかさにしろ、やはり全然違うわけです。

つるんとしつつハリとコシがあるニーモシネの紙に対してダイソーのリングノートは薄っぺらくざらざらとしています。
鉛筆で書いてみると、ニーモシネはなめらかにかつコクっと書ける感じで、ダイソーのリングノートはしゃかしゃかと芯を削りながら書く感じです。

紙厚は書き味だけではなくページをめくる時の感触にも大いに影響していて、紙の薄いダイソーのリングノートはニーモシネに比べて余裕のない感じがします。
もっともこれはニーモシネとダイソーのリングノートとではリングの径が違うため、両者のページ捌きを同列に論じることはできません(ニーモシネのリングの方が大きく、ゆったりとページをめくることができる)。

しかしダイソーのリングノートも楽しいのです。
粗悪、という言葉が思わず浮かんでしまうほどの質感なのですが、英語日記の下書きにはぴったりであり、そのへんに転がしていてもまったく気にならない気軽さもうれしく、もしかしてニーモシネを使っている時よりも心は軽いのです。

何度も書いていますが、自分はニーモシネのページが切り取れるようになっているマイクロミシンカットを許しておりませんので…

それに不思議なことにダイソーのリングノートは紙厚もなく、いかにも頼りない紙質にもかかわらず、なぜか万年筆がにじまないのでした。
裏抜けはします。
が、にじまないのです。

以前こちらの記事の中に載せた写真ですが、これはダイソーのリングノートに万年筆で書いたものです。
にじんでいませんよね(インクはプラチナのブルーブラック。セーラーの創作インク系もにじまず)。
ちなみに自分の中のにじむの定義は文字にヒゲがはえてしまうことをさします。
ヒゲははえていません。
f0220714_1642475.jpg

ダイソーのノートよりもまともな顔をして店先に並んでいるノートでも、万年筆をまったく受け付けないノートというのは数多く存在します。
そう考えると、この品質でなかなか頑張っているなと思うのです。

そういうこともあり、自分はダイソーのリングノートに万年筆で英語日記を下書きしているわけですが、インクが裏抜けするのでページを片面使いすることに罪悪感を感じずにすみ、また紙質の粗悪さがあたかも外国製のノートを使っているかのような錯覚をプレゼントしてくれたりして、なんだか非日常を味わえたりもするのです。

ピンからキリまで、という言葉にしたがって今回は「キリ篇」としましたが、キリでもなんの、楽しもうと思えば何だって楽しめるのです。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-28 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)

猫町の近況(取り込み中)。

しめった空気の中に金木犀の香りを感じた朝です。
記事は真夏の日付ですが秋分も過ぎ、日に日に秋が深まっていくのを感じます。

さて、まさにわたくしごとですが、現在相棒のロドリゲス(猫・仮名)が不調で朝から晩まで猫のことで頭がいっぱいです。

書きたい記事もいろいろありますが、今まで以上にぼちぼちの更新になると思います。
しばらくは書きかけていた記事を中心にアップしていきたいと思います。

十何年間も猫町がパソコンに向かってにやにやと雑文を書き綴る姿をそばで見てきた猫です。
猫の視界の中にいられるうちに頑張りたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-27 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

ユニボール シグノ 極細0.38mmの新色を購入。

いつぞや記事にしたユニボール シグノ 極細0.38mmの新色追加ですが、猫町もきっちり購入しました。

EDiTの文具メモによると購入したのは6月25日。
見つけてすぐに購入しています。

さんざん試筆をして購入したのはこちら。
f0220714_66287.jpg

プルシアンブルーとブラウンです。
f0220714_664547.jpg

青好きとしてはプルシアンブルーは試し書きとは関係なく買うつもりでしたが、他の色がどれも魅力的で迷いました。

どれも使い慣れた0.38というボール径なので、即座に使える気がするのがうれしいのです。
紙質に対する書き心地も予想できるので、より具体的な用途が頭に浮かぶというか…

ということで、葉書を書くのが楽しくなりそうなブラウンも買ってしまいました。
が、思わぬところに落とし穴が。

なんだか書き心地がよくないのです。
カサカサしていてインクがついてこないというか、以前はそんな風に感じなかったのですが…

購入直後にうさむしに宛てて書いた葉書はひどい出来になり、まだボールにインクが回り切っていないからだろうと何度も文字を書いたり、ペンを下向きに立ててみたりして機嫌を取ってみたのですが…
それでも窮屈な書き味。

ハズレの個体に当たったのか?
それともエッジレスチップのシグノRT1のペン先に慣れすぎたせい?
確かシグノの極細シリーズはエッジレスチップではなかったはずだし…

慣れというのは怖いですね。
以前はゲルインクボールペンはキャップ式に限ると思っていて、ノック式のゲルインクボールペンのペン先のぺくぺくした感じ(スプリングチップ)を許しがたく思っていたのですが、ノック式のゲルインクボールペンのペン先が改良され、それに慣れてしまうと、以前愛用していたものがひどくかさついたものに感じられました。

いやいや、それもこれもまだまだかわいがっていないからにちがいない。
とりあえず軽く落とし穴にはまりましたが、ひそかにグレーも買い足すつもりなので勝負(?)の行方はまだ分かりません。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-26 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(4)

PILOT・ジュースアップ(軸)。

ジュースアップの芯をジュースの軸に入れて万事解決…という記事を前回書きましたが、このままだとあまりにもジュースアップがせつないので少しフォローしたいと思います。

ジュースアップのちょっといいとこ見てみたい!!(一気コールか)
ということで、今回は軸について取り上げます。

ジュースアップの書き味があまりにも自分に合わない気がしたので、つい軸ごと敬遠してしまっていた猫町(ほぼ1年間)。
が、好きになる方法はいくらでもあって、大好きなジュースの芯を入れてやればいいのです。

ということで、使い終わったジュースの青(0.38)を入れてみました。
f0220714_5433014.jpg

この瞬間初めて気づいたのですが、ラバーグリップの部分、透けているんですね。
なんて綺麗なんだ…
f0220714_5434312.jpg

中に入れた芯はこちらなんですが、ほら。
透けて見えているでしょう?
f0220714_546014.jpg

新しいジュースアップを眺めていた時は、その部分にはインクがつまった芯が見えていたのでまったく気がつきませんでしたが、減っていくとこんな感じになるんだなあ。

いいな!

ちなみにブルーブラックも透けているのですが中の芯はやや見えにくく、黒はまったく透けていないことが分かりました。

ジュースアップ…
なんだか好きになれそうな気がしてきたぞ。

なお、書き味については後日フォローします。
1年間寝かせてしまったものの、最近はほぼ使いこなせている自信があるのでまともな記事が書けると思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-25 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

猫町、ジュースを使い切る(後篇)。

すぐに続けて記事を書くつもりが少々時間がたってしまい、ジュースを使い切ってから悩みまくっている人みたいになっていますが、そんなことはありません。
あっさり次の日に結論を出しています。

前回の記事はこちら。

猫町、ジュースを使い切る(前篇)。

ジュースの青(0.38)を使い切り、さて、ジュースアップの青(0.4)を使うか、それともジュースのブルーブラック(0.38)を使うかさんざん迷いました。

色に統一感を持たせるとジュースアップの青。
しかし自分にはどうもジュースアップの書き心地が合わず、線幅が急に太くなるのも許せない。
書き心地優先で途中からブルーブラックにしてやろうかしらん。

とジュースのブルーブラック(0.38)に心が決まりかけていたのですが、ちょっと待った。
そうやって敬遠し続けていると、ジュースアップを使う機会は永遠に訪れないのではないだろうか。

EDiT用という大役を与えてやればインクだって自然に減っていくし、そのうちジュースアップのことも好きになるかも?
でもジュースアップの見た目でもう手と心がノーサンキューな感じになっているんだよなあ…

そこで猫町が下した結論はこちら。
f0220714_5442065.jpg

使い慣れたジュースの軸にジュースアップの芯を入れてしまえばいいのです。
ジュースアップの芯がジュースの軸に入るのは買った時から把握済み。
f0220714_5482227.jpg

ちなみにこの軸はスカイブルーの軸で、青とブルーブラックを見分けやすいように青の芯をスカイブルーの軸に入れています。

自分で言うのもなんですが、これはこれまで行ってきたカスタマイズ(というレベルでもないですが)の中でも最高にイカした部類のカスタマイズだと思っています。

見分けたいからといって青以外の色の軸(例えば赤色など)に入れるのは違和感がありすぎるし、青の範疇で解決できたことが大きいと自画自賛。

安いペンに安い工夫。
f0220714_5501353.jpg

ここまでお膳立てすると軸にも手が伸びやすく、書き心地や線幅に違和感はあるもののEDiT用にしたのも正解で、なんとかかんとか仲良くなることができました。

それにしてもジュースアップの軸にジュースの芯を入れて少しでも見た目を素敵に、という人は多いでしょうが、その逆というのは少数派でしょうね。
自分はどうにもこうにもこうした透明の安い感じの軸のボールペンが好きなようです。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-24 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

猫町、ジュースを使い切る(前篇)。

ずいぶん前にこっそりと「使い切る」タグを作りました。
これまでの記事を完全に分類しているわけではないので、あまり文房具を使い切っていない人みたいになっていますが、そこそこ使い切っています。

というわけで、PILOTのジュース(青・0.38)を使い切りました。
EDiTによると7月17日頃に限界を迎えているようで、かなり薄くなっています(殴り書きの画像ですみません)。
f0220714_5512433.jpg

1本のペンを使い切るというのはなかなか興奮するシチュエーションで、空っぽになった替芯を眺めて感慨にふけったり、次に使うペンに思いをはせたり、使い切った人にしか分からない充実感を味わえる瞬間だと思います。

猫町はジュースの青(0.38)をEDiTの記入に使っていたので、さてこれからどうしよう、ということを考えました。

ジュースの青(0.38)は青の色味も素晴らしく、もちろんリピートしたい気持ちはありましたが、ジュースアップの青やブルーブラック(0.4)も持っているし、ジュースのブルーブラック(0.38)もまだ使い切っていません。

EDiTの統一感を考えると、引き続き青色で記入するほうがよさそうですよね。
が、ジュースアップはあまり好きになれず、買ってからほぼ1年間放置。

0.38と0.4の線幅はかなり違うので、いくら「青」でそろえても違和感があるし、そもそもジュースとジュースアップの青色は違うような…
でもいきなりブルーブラックにするよりはましか…

むむう…(続く
[PR]
by mukei_font | 2017-07-23 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

秋カクノ。

ブログに載せている写真の大半は木琴堂で撮っています。
写真には自然光がいいというし、木琴堂の広い机が一番きれいに撮れる気がするからです。

夏の間は店を全休していましたが、最近ようやく店に行き始めたのでせっせと写真を撮っています。
スマートフォンを持っていないので、デジカメで撮った写真をパソコンに取り込み、編集し、名前を付けて保存して…とかなり時間がかかりますが、ぼちぼち写真付きの記事も増えてくるのではないかと思います。

ということで、こちらはこの夏大阪で買ってきたPILOTの透明カクノ
f0220714_1947575.jpg

さんざん画像も出回っていて、もっともっときれいな写真はいっぱいあるのですが、一応このブログでは初めてということで。

一番最初はセーラーのインク工房で作ってもらったブルーグレー系のオリジナルインクを入れたのですが、見事に使い切り、洗浄後、秋色のインクを入れました。
f0220714_19481060.jpg

これまたずいぶん前に購入した東急ハンズ心斎橋店オリジナルインク・凛
2010年に買っているようなのでかなり古いインクですが、まあなんとかなるでしょう(というか、なっています)。
f0220714_1948188.jpg

普段は相性の良くないPILOTの万年筆なのにこの透明カクノだけは大当たり。
もともと安い筆記具が好きなので、いかにもプラスチックな見た目とすぐに開けられるキャップは本当にありがたく、ちょっと調子に乗ってもう1本欲しいかも…などと考えています。
[PR]
by mukei_font | 2017-07-22 23:59 | 筆記具・万年筆 | Comments(2)