猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(55)
(33)
(17)
(10)
(9)
以前の記事
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
>あるけみさん 自分も..
by mukei_font at 23:33
>あるけみさん このジ..
by mukei_font at 23:32
>慎之介さん 自分は最..
by mukei_font at 23:32
>ゆずなさん なるほど..
by mukei_font at 23:31
>YASさん 偵察あり..
by mukei_font at 23:29
>パソ活さん ギャザリ..
by mukei_font at 23:29
>芦原英幸さん はじめ..
by mukei_font at 23:27
>cheery_boxさ..
by mukei_font at 23:27
>あるけみさん 帆布は..
by mukei_font at 23:26
>ともこさん ともこさ..
by mukei_font at 23:24
>YASさん 自分は「..
by mukei_font at 23:23
>YASさん 文房具も..
by mukei_font at 23:23
>焼き魚さん 猫町の記..
by mukei_font at 23:17
>たまみさん S20…..
by mukei_font at 23:16
>YASさん 連用日記..
by mukei_font at 23:15
>YASさん ジュース..
by mukei_font at 23:14
>YASさん いろいろ..
by mukei_font at 23:13
>あむさん その節はあ..
by mukei_font at 23:13
>Kさん アンケート!..
by mukei_font at 23:11
>T君 半年以上前のコ..
by mukei_font at 23:10
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2017年 10月 ( 22 )   > この月の画像一覧

黙々と手紙整理。

まだまだエネルギー不足の猫町は、黙々とできることに日々励んでいます。

黙々とできること。
ひたすら集中し、やっている間は何も考えなくてもいいようなこと。
すなわち単純作業です。

猫町が新聞整理と並行して着手したのは手紙の整理でした。

手紙の整理については数年前にベストな方法を発見しています。
すなわちいただいた手紙を広げてB5サイズのクリアブックに入れていくというもの。

このやり方があまりにもシンプルかつベストなので(いつでもできる)と油断し、手紙類をため込みまくって3年ほどが経過してしまいました。

手紙というのは案外かさ張ります。
葉書はまだいいのですが、封書の場合は大きさがそろわず、厚みもあるため積み上げることもままなりません。

その結果、輪ゴムでとめたり、その輪ゴムが干からびたり、大きめの封筒や紙袋、箱等にしまい込んでそのままになったりしてしまうことが多いです。

よし。
この機会にすべての手紙を時系列順に並べ、完璧にファイリングしていくぞ。

これもまたいつかやらなければと思っていたことの1つでした。
心を無にして、下着泥棒が盗んだ下着を体育館みたいなところになぜか色順に並べていく警察(?)のように、いただいた手紙を順番に並べていこう。

が、先ほども書いたように手紙の類というのは「とりあえず」の形で紙袋や箱に収まっていることが多く、その場合は時系列はたいていめちゃくちゃになっています。
今さら時系列順に並べることなどできるのでしょうか。

一応手がかりはあります。
記録することの好きな猫町は誰からいつ手紙が届いたということを手帳に記録してあるのです。
これさえあれば…

ということで、3年分の手帳を広げ、終わることのないパズルを解くがごとく目を皿のようにして数時間集中し続け、3年分の手紙を整理し終えました。

ファイルはケチってダイソーの40ポケットのクリアブックを使っているのですが、オブラートなのか?というほどポケットが薄く、これ知らない間に底が抜けていたらいやだなあ。
あるいは溶着部分がはがれてきたりとかも困る。

でもコクヨやリヒトやキングジムのクリアブックだと破産してしまう…
なぜならすでに8冊のクリアブックがいっぱいになってしまったから…

今のところ2012年のクリアブックは問題ないですが、この先もちょこちょこチェックしていくことにします。
やばいとなったらその時はお金をかけることにしましょう。

というわけで、いただいた手紙を完璧にファイリングすることに成功しました。
だからといって部屋が片付いたわけではまったくありませんが、びしっとクリアブックが整列しているのを見るのは楽しく、気持ちのいい疲労感を味わいました。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-21 23:59 | 手紙 | Comments(0)

新聞整理の際に必要なこと(補足)。

前回の続きです。

お気に入りの新聞記事を整理する際、いきなりチョキチョキ目当ての記事を切り抜いてしまわず、まずは必要な記事の載っているページを破り取ることの大切さについては前回書きました。

そして、必要なページを破り取る際のアドバイスもコラムに書いています。
すなわち「新聞をざっと読み、興味のある記事のあるページを軽くメモする」というもの。

繰り返しになりますが以前書いたコラムを貼っておきます。

古雑貨カフェ「木琴堂」シリーズ
スクラップブックの作り方と活用のコツ -新聞の切り抜きを楽しく整理してみよう-


このやり方にはしかし問題があります。
「興味のある記事のあるページを軽くメモ」することでどのページをはぎ取ればいいのかは分かるのですが、はぎ取った後でなぜこのページをはぎ取ったのかが分からなくなってしまうことがあるのです。

もちろん記憶が新しいうちにさっさとスクラップまですませてしまえば問題ありません。
が、自分のように数年単位でため込んでしまった場合は本当に訳が分からなくなります。

前回は新聞整理は無心でできると書きましたし、実際無心でできるのですが、数多くの「?」にぶつかりむちゃくちゃ頭も使います。
過去の自分の訳の分からない好奇心に振り回され、くたくたになります。

たとえば地味な三面記事のページが1枚あり、隅々まで読んでもいったいどの記事にピンと来たのかがまったく分からないのです。
裏面も読み、下段の広告などを全部読んでも分からないのです。

これはミスだな、関係ないページが混じったんだ、とあきらめかけた頃、とある事件の1つが「相棒」というドラマでやっていた事件に似ていることに気づきました。

このためだったのか…

という時の疲労がものすごいので、ページをはぎ取る際ははぎ取るページの上部に「@@」とキーワードを書くか、蛍光色鉛筆あたりで記事を大きめにぐるっと囲んでおくといいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-20 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

黙々と新聞整理。

まだ内省的な文章を書ける心境ではないので日記などはすべて中断し、黙々とできることに励んでいます。

黙々とできること。
ひたすら集中し、やっている間は何も考えなくてもいいようなこと。
すなわち単純作業です。

猫町がまず着手したのは新聞の整理でした。
自分は新聞がとても好きで、あの記事もこの記事ももっと時間をかけて読みたい、読み終えた後もとっておきたい、とかなり執着してしまいます。

が、それらの整理はあまり上手くなく、こうすればいい、という方法を見つけた後もなかなか実行できずにいました。

ちなみに自分の中でもっともいいと思う方法については以前コラムを書いています。
奇跡的にまだ残っているようなので下記にリンクを貼ります。

古雑貨カフェ「木琴堂」シリーズ
スクラップブックの作り方と活用のコツ -新聞の切り抜きを楽しく整理してみよう-


ここに書いたことは自分でももっともだと思うことばかりで、「選別しながらかさを減らす」のあたりは本当にその通りなんですよ。

いきなりチョキチョキ切り抜いてしまうのは絶対に駄目で、切り抜いたが最後、即ファイリングのことを考えなければならず、そのまま放置すると切り抜きは劣化するわ紛失するわでまったくいいことがありません。

ということで、経験豊富な猫町は「必要な記事の載っているページを破り取る」ということをします。
これで切り抜きの劣化と紛失を防ぐことができます。

が、この切り取ったページが山のように積まれてしまった場合はどうでしょう。
とりあえずおいておこう、と威勢よくはぎ取った新聞のページが積もり積もって部屋に4山。
全部を積み上げると70センチくらいになるでしょうか。
きれいに積み上げているので圧縮されており、実はものすごい量なところがポイントです

さすがになんとかしないと…

というわけで、先日から無心で「いる・いらない」の選別と分類に着手し始めたしだいです。
確かに1ページ全部をとっておいているので状態が非常によく、今からでも十分スクラップに耐えられそうなのですが、それをいったいいつ誰がやるのか…

今なのではないでしょうか。

というわけで現在30%ほど量を減らすところまでこぎつけたのですが、このあとさらに分類し、時系列に並べ替え、切り抜いて台紙にぺたぺた貼り付け…

おそらく今しかできないことなので黙々と進めます。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-19 23:59 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

猫町とEDiT・その15(EDiTカテゴリを作る)。

EDiTをリピートするという大きな決断を下したことを記念して、〈猫町とEDiT〉というカテゴリを作りました。

なんとなく「1日1ページ手帳」に惹かれ始めたのが昨年の夏。

猫町、1日1ページ手帳に惹かれる。

この時はNOLTY U365にそそられていたのですが、その後実物をあれこれ手に取りEDiTに落ち着きました。

実際に使ってみると、たくさん書ける分情報が埋もれてしまったり、全体を俯瞰するのにむいていなかったりと不便な点も多々あったのですが、とりあえず不恰好ながらも頼れる1冊がある、というのが心強かったです。

さらに小さな切り抜きを貼ったりという遊びも楽しく、こういうのは「1日1ページ手帳」ならではですよね。
こんな中年でもそうしたことが潤いになるというか、小さなことですが大きなことだなと思いました。

1年使ってみたのがとてもいい経験になったので、来年はEDiTだと苦しかったところを他のダイアリーで補ったり、もっとEDiTのマンスリーを使い込んだりと今年歯がゆかったあれこれを改善していけたらと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-18 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その14(購入後にもっといいのを見つける)。

タイトル通りなのですが、軽くショックを受けています…
まさかEDiTのリフィルに分冊があったとは…

B6変形 1日1ページ 分冊リフィル

色もブルーとグレー(ベージュにも見える)で落ち着いた感じだし、表紙に「2018」と入っているし、地味でいいじゃないかー
なんだよー
もう少し早く気づきたかったよー

背表紙の画像がないけど、やっぱりのっぺらぼうなのかな。
本棚に並べた時のことも考えてほしいなあ。

でもいいや。
ボリューミーなEDiTで1年やって来れたんだし、持ち運ぶ時も自転車なので重みも関係ないんだし。

来年の今頃、またもう1年EDiTを使いたい気持ちがあればその時は分冊に挑戦してみよう。
来年もどうかこの色のままでありますように。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-17 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)

猫町とEDiT・その13(来年のEDiT購入)。

本当に使いこなせるのかドキドキしていた1年前の自分が聞いたら驚くでしょうが、EDiTをリピートすることにしました。

リピートの理由はまたおいおい書いていくとして、今回は来年のEDiTをどれにしたのかという話。

カバーはさりげないのがいいので嵩高いやつはいらないし、ゴムバンドも特にいりません。
というわけで、今使っている「ブリリアント」の色違いを考えました。

が、欲しい色がない…
今使っている「ブルー」がちょうどいいくすんだブルーで(公式サイトのブルーは少し明るめに見えますが実際は落ち着いたブルー)、これ以上の色はないような…

本棚に並べるところを想像して、ブルーとダークグレー(あるいはベージュ)を交互に並べていくところも想像したのですが、1年間ダークグレー(あるいはベージュ)のダイアリーを使っている自分がどうしても想像できず…

来年もブルーでいいか。

とほぼ決定した直後、待てよ、リフィルだけ買えばいいんじゃないか?と思い、リフィルだけ買ったのがこちらです。
f0220714_1039523.jpg

カバーはほとんどいたんでいないし、白いダイアリーを棚に並べていくのも楽しそう。
何よりこのカバーには猫の思い出もいっぱいつまっているし、使い続けるのがいい気がする。
f0220714_10403866.jpg

それにEDiTは背表紙がなんだかよく分からず、棚に並べた時に普通に分かりにくいなと思ったんですよね。
分かりやすく何年と書いてあればいいのに、なんじゃこりゃ…
f0220714_10423028.jpg

もしかしてフランス語で「2017年」と書いてあったら申し訳ないのですが、分かっていない時点で意味をなしてないので…

ということで、来年の元日はリフィルを入れ替えてまた新しいEDiTを楽しんでいきたいと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-16 23:59 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(1)

ダイアリー何色にするのか問題。

世の中に数種類しかダイアリーがなく、その表紙の色を決めるだけで事が済むならどんなに楽だろうと思うことがあります。

実際はそうはいきません。
かゆいところに手が届くように工夫されたさまさまなダイアリーが何十種類とひしめき合い、俺が俺がと迫ってきます。
表紙の色を悠長に選ぶどころではありません。

もちろん「ジャケ買い」をする場合もあると思います。
が、たいていは使うことを十分念頭におきながらベストなダイアリーを探すことになります。
そのつもりはなくてもいつの間にか若干ムキになりながら。

さて、猫町は来年のダイアリーについてある程度のプランを持っておりました。

1つめは完璧なマンスリーを目指すべく博文館のデスクブロック・サンデーを使うという案。
2つめはそれと並行してEDiTをリピートするという案。

が、ここ最近のあれこれで猫町の思考力その他はハーデス城の結界の中にいる黄金聖闘士レベル…
とてもじゃないですが、出馬表のような完璧なマンスリーを目指す力はありません。

ということで、おとなしくEDiTのリピートだけすることにしたのですが、はて、次のEDiTをどうすべきか。
ここでダイアリー何色にするのか問題が発生したというわけです(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-15 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)

ブログのこと、年賀状のこと。

そろそろ通常の記事を書くべきなのですが、その前に書いておきたいことがあります。

1つめは自分のための覚え書き程度のことなのですが、このブログのことです。
毎年365本の記事を書くことを目標として、あるいは楽しみとして頑張ってきましたが、今年は控えたいと思います。

本当は借金が60あっても必ず大晦日には帳尻を合わせるつもりでしたし、またその自信もありましたが、そうすべきではないと判断しました。

ハナヲが調子を崩してから旅立つまでの1ヶ月と3週間という時間、そして旅立ってからの数日はあえて空白にしておくべきだと判断したからです。

実際は苦しむハナヲをそばに感じながらも記事を書き続けた日々だったのですが、カレンダーの数字ごときにも思い入れがあり、この日々だけはそのままにしておこうと思ったしだいです。

したがって8月の記事はいずれ数本更新しますが、8月15日から10月9日までは空白といたします。

2つめは年賀状のことです。
これは以前から心に決めていたことですが、ハナヲは家族以上の存在であるためその喪に服したく、来年は年始のご挨拶を控えさせていただきます。

このような考えを受け入れられないであろう方々には失礼のないようにはするつもりですが、少なくともこのブログを通じてやり取りさせていただいている方々にはご理解いただきたく、お願い申し上げるしだいです。

というわけで、しめっぽい記事はそろそろ切り上げ、次からはいつもの文房具話をしたいと思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-14 23:59 | わたくしごと | Comments(1)

お礼。

このたびハナヲの旅立ちに関して、いろいろな方からお悔やみの言葉や花、お供えなどをいただきました。
一度も会ったことのない猫のためにありがとうございます。

まだ精神的に余裕がなく、お礼やお返事などいつのことになるか分かりませんが、あたたかい気持ちにふれ、感謝の気持ちでいっぱいです。

薄墨で綴られた美しいお手紙、シンプルな便箋の中のやさしい言葉、どれも心にしみました。
自分ならこうはできなかっただろうなと思います。

また、あえて何も言わずに見守ってくださっている方々もありがとうございます。
自分なりのやり方とペースで進んでいきたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-13 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

書き続ける。

日々いろんなことを思ったり、考えたりしています。

それらは支離滅裂であやふやですが、ぽつぽつと書き出していくと書かないよりはましな気もして、ぼんやりした字でぼんやりしたことを書いたりして過ごしています。

でもおそらくこれが純粋に「書く」ということなのでしょう。
誰かに見せるとその瞬間に消えてしまいそうな頼りないものを、自分のためだけに書き留めておくということ。

自分にはまだまだ書くことがある。
ふと心に浮かんだ光景や不思議な夢の後味。

書き続けることが生きることにつながるのなら、その点においてだけ真面目でいたい。
何も言わないやさしい文房具と一緒に歩いて行こう。
[PR]
by mukei_font | 2017-10-12 23:59 | わたくしごと | Comments(0)