「ほっ」と。キャンペーン

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(45)
(33)
(12)
(9)
以前の記事
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
物凄く久しぶりに書き込み..
by テトラ at 18:46
私はこれをダーマトグラフ..
by BOACK at 18:24
猫町さんこんにちは。いつ..
by 焼き魚 at 10:25
男の自分から見ると「ファ..
by YAS at 22:18
受験、大変ですよね。体力..
by ホウレンソウ at 08:17
解答は機械で読み取るので..
by あり at 01:27
素材って大事ですよね! ..
by あり at 00:37
自分も週末に軸と替芯の相..
by YAS at 14:17
こんばんは。うちの夫はミ..
by あむ at 23:16
こんばんは。 待ってい..
by YAS at 19:31
こんにちは! ひさしぶ..
by ともこ at 12:32
はじめまして。猫町さんの..
by ペンスキー at 00:43
昔の未使用年賀状、私生ま..
by さい at 14:02
こんにちは。ご無沙汰して..
by さい at 13:59
初めまして。 ブログを..
by ジョッター愛用者 at 08:05
シグノ太字の白があるんで..
by ミコト at 00:44
自分も先日注文した品が届..
by YAS at 17:51
猫町さま。 インターネ..
by 常陸の風土記 at 14:37
現在大学の通信教育課程に..
by あるけみ at 12:37
フミヲ様、こんばんは。丁..
by YAS at 22:22
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


文房具とデジカメ。

デジカメを買った。
文房具の写真をきれいに撮りたいとずっと思い続けていたからである。

文房具屋では100発揮できる力が、家電量販店では1しか発揮できない。
何が何やらまったく分からないのだ。
知識がないとはこんなに心細いことかと思う。

財布の事情もあり、結局買ったのはFUJIのFINEPIX F70EXR
実際にこれが文房具の撮影に適しているかどうかは分からない。
接写ならリコーの機種にいいものがあったが、接写できるかわりに何か標準的な機能が付いていなさそうだったのでこちらにしたのだった。

というか、何やら素晴らしい機能らしき「EXR」の響きが、私の好きな替芯の「SXR」に似ていたので、気を良くしてこれにしてしまったというのが、正直な話だ。
活字にすると痛い…

こんなばかものは日本に私だけだろう。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-14 23:44 | わたくしごと | Comments(0)

ビクーニャ使用感。

なんだかんだ言いながら仕事ではビクーニャとジェットストリームを併用している。
でっかい文字になってもいいようなものを書くときや、電話のメモをとるときにはビクーニャ。

確かにぬるぬるとよくすべるし、濃くはっきりとした文字はすごいなと思うのだが、ペン先にぬたぬたしたものがたまるのはいただけません。
ジェットストリームも0.7以上はたまるのかなあ。
少なくとも0.5はたまらなくて、それがジェットストリームの0.5を愛してやまない理由なのだが。
ペン先のぬたぬたをいらない紙にこすりつけるようにして取り除きながら使わないといけない筆記具ほど愚かしいものはない。

でもノックの感触はなかなかのもの。
あの主張しすぎない感じは悪くない。

それにしても芯の形が他と互換性のなさそうなのはどういう戦略なんだろうか。
芯だけ見ているとどうしてもこの形じゃないといけない理由はなさそうだが。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-13 23:58 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

サカモト・ロールアップペン。

これまで実に数々のPOPを書いてきた私だが、今の店に来て初めて書いたPOPはサカモトのロールアップペンであった。
ロールアップペンとは、ボールペンにフェイスローラーがくっついた、いかにもサカモトらしい文房具。
(売れるのか?)(返せるのか?)(そういう客層の店なのか?)
商品を見た瞬間に怒濤のごとく疑問が押し寄せたが、何しろ就職して間がなかったので、大いに戸惑いながらもPOPを書いた。
が…

売れている。
信じがたいが売れている。
売れてしまって欠けている色があるくらいだ。
すごいなあサカモト。

レジの前に置いているのでお客さんの反応が手に取るように分かるのだが、「わあ☆何これ」的なOLの反応が一番多く(しかしその人たちは笑うばかりで買わない)、実際に買って行くのは急にプレゼントにすることを思いついたらしき人たちである。
「簡単でいいのでラッピングを」としばしば言われ、こちらはさくさくとかわいい紙袋に入れるが、これをもらった人って…

ちなみにローラーは外して洗えるようになっており、衛生面は大丈夫のようだが、ファンデーションを塗っている女性は仕事中に顔をコロコロするわけにはいかないのではないだろうか。
軽くなら大丈夫なのか。
このあたりが気になったので、一応POPには顔だけじゃなく、手のひらのツボをコロコロしてリラックスできますみたいに書いておいた。

「リラックスできるステーショナリー=リラステ」というキャッチコピーだが、まだまだ出るのだろうか。
見守りたい。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-12 23:55 | おもしろ文具 | Comments(0)

簡易版・文具オタク度テスト。

前の職場の先輩と考えついたテストである。
もちろん何の妥当性も信頼性もない。
根拠となるデータなんてまるでない。
ただただ文具マニアの主観と感性によって生み出されたテストである。

以下の文房具についてあなたのお気に入りを一つずつあげてみてください。
意識して選んでいない方は今使っているものをチェックしてみてください。

鉛筆
シャープペン
シャープペンの芯
油性ボールペン
ゲルインクボールペン
サインペン
蛍光ペン
修正ペン
修正テープ

気になる結果はこちら。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-11 22:04 | 文房具与太話 | Comments(2)

LOVEダイゴー。

仕事耕具:「1ページずつ選べるオリジナルノート」に4月始まりダイアリー

来たコレ!
ダイゴーから表紙のデザインや用紙、中紙の種類などを選んでオリジナルノートを作れる「トッピングノート」なるものが発売されるらしい。
なんて素晴らしいんだ…
まさにかゆいところに手が届く夢のようなサービス…
既製のノートのあそこがもうちょっと○○なら…な部分をすべて解決できてしまう禁断のアイテムではないか。

以前、ダイゴーの企画担当の方と少しお話しさせていただいたことがあり、そのとき私が熱弁したのはダイゴーの紙でリングノートを作ってほしいということだった。
そしてその際の表紙はPPで作ってほしいとも言った。
できたらゴムバンドも付けてほしいとも言った気がする。
要するに無印良品で数年前から当たり前にあるようなノートを、文房具屋で取り扱える文具メーカーが作るべきだと熱弁したのであった。

まさか私の意見が取り入れられたとは思えないが(そこまで妄想狂ではない)、「手帳のダイゴー」が作るリングノートは私の夢であった。
今回、このような「トッピングノート」というおもしろい形とはいえ、ついにダイゴーのリングノートを手にすることができるのは震えてしまうくらいうれしいことだ。

さあ。
まず1冊。
表紙はどれにしよう。
名入れはするべきか否か。
中身はもちろんオール無罫に決まってる。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-10 23:03 | ノート | Comments(0)

サンスター・シャーピッツ・¥280(税抜)。

今度働き始めた文房具屋には、舶来ものの高価な万年筆や、血湧き肉踊る素敵な紙製品がないかわりに、思わずにやりとしてしまうようなベタな新製品が並んでいたりするから、それはそれで非常に楽しい。
アイデア文具の申し子サンスターから出たシャーピッツもその一つ。
シャープペンのように2ミリ芯がノックできてしまうペンである。
軸径も鉛筆に合わせてあるというから、まさにノックできる鉛筆だ。

本来芯ホルダーといえば、軸に芯をはさんでいるだけの「ドロップ式」。
それに対する「クラッチノック式」の芯ホルダーといえば、例えばステッドラーメタフィス、あるいはロットリング等が浮かぶわけだが、どれもそんなに安いものではない(ステッドラーが¥1200、メタフィスが¥3500、ロットリングが¥5000、すべて税抜)。

そこへくるとサンスターである。
本体はプラスチックで軽く、デザインも昭和な感じで限りなく地味だが、安物のシャープペンが製図用のそれよりも案外がしがし使えたりするのと同様、意外とシャーピッツいいです。
何よりも、2ミリ芯ということを忘れさせる普通っぽさが○。
軽い気持ちで手が伸ばせるというか。

すでに持っているから買わなかったが、一緒に替芯や芯削り機も売っていて、遊びと見せかけて案外本気なところも微笑ましい。
初めてのものを試すときには、これくらい気負わないアイテムから始めたいものである。
f0220714_22315969.jpg
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-09 23:01 | 本日のお買い上げ | Comments(0)

ぺんてる・ビクーニャ・¥150(税抜)。

噂のビクーニャを買って仕事で一日使ってみた。
確かにぬるぬるとよくすべる。
普段はジェットストリームの0.5を愛用しているので正確な比較はできないが、店頭のジェットストリームの0.7と書き比べてみた感じでは、ビクーニャのほうが数段すべる。

が、それが私にはどうも。
人それぞれに筆記具に求めるものがあると思うのだが、私の場合は「自分の文字が書けること」、それにつきる。
ぴっちりと正確な文字がなめらかにつややかに糸を引いたりせずに書けること。
この点からすると、今のところ油性ボールペンではジェットストリームの0.5以上のペンはない。
ジェットストリームの0.7も今回のビクーニャもすべりすぎて、大味な文字になる。
文字の最後がぴっちりと閉じられない。
文字がでかくなる。
そして雑くなる。
自分の文字が満足に書けないストレス。
発注書を書くときでさえ、自分の文字を書きたい私としてはやや残念なペンであった。
おもしろいからしばらく使うけど、きっと替芯は買わないと思う。
f0220714_123434.jpg

でも、インク的にはやっとジェットストリームのライバルが出たという感じかな。
もっとすかっとした軸を出してくれたら。

ライバルになりそこねたPILOTのアクロボール(´_ゝ`)
あまりにもどうしようもないので軸に猫のシールを貼って使っていたら、お客さんに食いつかれたことがあった。
f0220714_125267.jpg
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-08 23:44 | 本日のお買い上げ | Comments(0)

トラベラーズノートと仲間たち。

デザインフィルミドリカンパニーからトラベラーズノートと仲間たちのDMが届いていた。
以前、ポストカードキャンペーンに応募した関係だろう。

トラベラーズノート新製品、スパイラルリングノート、クラフトエンベロップ、ブラスプロダクトに加え、イベントオリジナル商品やカスタマイズグッズの販売云々。
いいなー東京人ー
あるいは金持ちの大阪人ーーー
ドラえもぉん。

ミドリはもっとも好きな文具メーカーの一つだ。
センスがずば抜けている。
しかし、とがりすぎて皆をおいて行くところはまったくなく、絶妙な歩幅で先を行く。
万人が手を伸ばしたくなる気配を演出することにたけているのだ。
そして忘れてはならないのはそのクオリティの高さ。
MDペーパーの素晴らしさがすべてを物語っている。

私の文具店員人生はトラベラーズノートとともに始まった。
最初に作ったサンプルがトラベラーズノートの無罫だった。
絵を描いたり、コラージュしたりする才能がまったくないので、愚直に文章を書くことを思いついたのだ。
本当にすべてはあそこから始まったと思う。

あ、パスポートサイズにMDペーパーのリフィルが出てる。
分かってらっしゃる…
DPペーパーじゃあちょっと苦しかったもんなあ。
あ、ミシン目入ってない。
無罫でミシン目入ってなくてMDペーパーで安価…

買買買いに行かねばっ。
f0220714_19554412.jpg
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-07 19:56 | ノート | Comments(0)

ビクーニャクオリティ。

くだんのビクーニャを売った。
買ったのは女性だった。
それもとても美しい。

女性は見向きもしないかと思いきや、クオリティってちゃんと伝わるんですね。
ちょっとじんとしながらレジ打ちしていると、

「替芯も1本付けてください」

おっと。
そうきましたか。

意表をつかれながらも、まだ新商品として置いたばかりで、替芯を常備するかどうかは分からない旨説明する。
ちょっと残念そうな女性客。

さてはカタギじゃないな。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-06 23:49 | 文具屋日記 | Comments(0)

ぺんてる・ビクーニャ。

ぺんてるから世界一なめらかな油性ボールペンが出た。
その名もVICUNA(ビクーニャ)
三菱のジェットストリームよりなめらかなのが売りらしいが、名前があまりにも覚えにくいのと、デザインがぱっとしなさすぎるのがなんとも購買欲をそそらない一品である…
残念すぎる…

PILOTのアクロボールがいい例だが、インクの開発も大事だけど、やっぱりデザインも相当大事だと思うわけです(アクロボールは書き出しからかすれるし、もうどこを愛せばいいのか分からないペンだ)。
「世界最低粘度」とか「新開発のインキ」等のキャッチコピーにそそられてどれどれと手に取ってみるのは小生のような文房具マニアが大半で、男性はともかく女性はなかなか難しい気がする。
ビクーニャの軸の色展開を見る限り、女性にも手に取ってほしい様子なのにこれは…
せめて0.5があればよかったが…

まあ明日買いますけれども。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-05 23:58 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(6)

ZEBRA・トレッチェント。

KYみたいな言葉が流行った時、「新略語」なるジャンルがあることを知った。
そしてそこにおけるJKとは女子高生のことらしかった。
JKといえばJK芯じゃないか。
いや、今日はそんな話をしたいんじゃない。

DC、つまり男子中学生である。
本日二度目のご来店。
前回からもうにおっていたが、かなりのマニアだ。
絶対にもう一回来ると思っていたので、店内で制服を見つけたときは思わず顔がほころんだ。

前回はZEBRAのシャーボxについての問い合わせ。
軸によってどうして値段が違うのか。
書き味は値段に比例するのか。
軸の値段は素材に比例すること、書き味は握りやすさやバランスによって微妙に異なるが、シャーボxの軸同士で書き味にむちゃくちゃな差があるとは思えないことなどを話す。
そもそも「多機能」といわれる筆記具そのものが、書き味を追究したものではないことも言い添える。

その後、シャープペンについての質問もあり。
PILOTのキャップレスシャープや三菱のEXCEED等の1000〜3000円くらいのシャープペンを指して、これらは書き味もいいのですかとの質問。
シャープペンの書き味と一口に言っても非常に感覚的なものなので一概に言うことはできないが、これらはあくまでも見た目やデザインに重きがおかれており、書き味の追究という意味では製図用のシャープペンのほうがむしろいいのではないか等説明する。

そして今日。
少年はZEBRAのトレッチェントを買って行った。
うぬう…お目が高い。
うれしいなあ。
このシリーズ、流行ると良いなあ。
シャーボxのシャープ部分を嫌がるお客様、むちゃくちゃ多いからなあ。
トレッチェントこそ、軸の種類増やして欲しい。
これでやっと見た目のいい多色ペンがお手頃価格で得られるというもの。
今まではいきなりLAMY2000やったからなあ。

少年には良く消える消しゴムについても聞かれたので、ここは余さず真実を。
良く消える消しゴムとはずばりサクラのフォームイレーザーダブルです。
何と言ってもあのコシ。
よく消えるだけじゃない。
消しくずがまとまるだけじゃない。
本当にストレスフリーなのは消しゴム自体が強く、ひび割れたり、くだけたりしないことだと思う。
紹介してくれた前の職場の先輩に感謝。

文具マニアの前途有望な少年に幸あれ。
また来てね。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-04 23:49 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(0)

PILOTかセーラーか。

ぼんやりと通帳を眺めていたら、例の定額給付金をまだ使っていないことに気づき、俄然元気が出てきた。
万年筆買おうかな…
そんな余裕全然ないけど、生活費でうやむやになってしまうのはあまりにせつない。

もっともらしい理由だってある。
仮にも文房具屋の店員であるにもかかわらず、PILOTの万年筆を持っていない。
いや、正確には持っているし、使ってもきた。
が、父親から譲り受けたシルバーンであったり、PILOTの研修でもらった組み立て万年筆であったり、何かど真ん中でなかったのだ。

というのもセーラーを愛しすぎているからなのだった。
愛用はプロフェッショナルギアスリム
見た目よし、書きごこちよし。
知的で品があって素直で頼もしいナイスガイ。
接客にもつい力が入り、おそらく万年筆の中ではこれを一番売ってきたと思う。

が。
今度就職した店にはセーラーの万年筆がない。
ほぼ100%PILOT。
自分自身で使ったものについてしか熱弁できない私ピンチ。
そこで、PILOTのカスタム74的なベタなやつをいっちょ使ってみるかと思ったのだった。

しかしカスタム74はどうしても嫌なので(黒に金のデザインがもう…)、ステラ90sレグノ89sあたり…
どっちかというとレグノ89s…
ステラ90sのナイトブルーマイカも相当心惹かれるが、美しすぎて飽きそうだし…
それならレグノ89sのブラックを使い込んでみるとか…

実はこれ、一年以上前から言ってるんです。
そしてそのたびに先輩から「ステラかあ…」と難色を示され、そのたびに揺れてきたんです。

揺れているうちに社長がセーラーを置いてくれることになってしまう。
12000円は焼肉にでも使って、セーラーをがんがんにすすめる店員のままでいろということだろうか。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-03 23:17 | 筆記具・万年筆 | Comments(0)

PILOT・D-ink。

昨日のこと。
「この替芯に合う本体があれば…」とのお問い合わせ。
来た来た来た来た。
こういうのこういうの(ハアハア)。

芯のパッケージをちらと見ると一見PILOTのフリクション。
(フリクション?)と思いきや違った。
D-ink…
マニアック!
初めて見た。
替芯作ってたんや。
もちろんもうカタログにも載っていない。
前の文具店でも誰も知らなかった幻のD-ink。

PILOTのD-inkとは、消しゴムで消せるゲルインクボールペンのこと。
なぜ私が知っているかと言うと、昔大学院生の頃友達にもらったからだった。
当時はまだ類似品がなく、「をを…!」と興奮して使ってみたものの、インクの出方にむらがありすぎたこと、消しゴムでもすっきり消せなかったことなどで、替芯を買って使うほどははまらなかった。

あれから10年弱。
PILOTはフリクションで「消せるゲル市場」を席巻中。
フリクションの開発チームはD-inkと同じ人たちなのかしらん。
それともライバルだったのかしらん。
展示会で見かけるフリクションの熱すぎる担当者の顔を思わず思い出す。

結局、D-inkの芯の形がフリクションの芯の形と同形であることを確認し、フリクションの説明をする。
芯の太さは0.4、0.5、0.7。
最近0.4の替芯も出たし、本体さえゲットすればあとはウハウハの替芯ライフだ。
お客様は0.5の本体を買っていかれた。

替芯を買いに来られるすべてのお客様を愛している。
なぜなら文房具の神髄がそこにあるからだ。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-03 08:54 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ただいま研修中。

文房具屋で働き始めてもうすぐ2年。
まだたったの2年だが、実はその間に職場を変わっており、今の店は入ってまだ1ヶ月少々。
もちろん名札には研修中の文字。
研修中と名札に書いてあるからなのか、あるいは店そのものに対する期待度が低いからなのか、マニアックな問い合わせがほとんどないのが残念といえば残念。
なんでも答えられるわけじゃないけど、なんでも聞いてほしいなあ。
特に替芯について。
替芯はもっとも好きな文房具の一つだ。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-02 23:44 | 文具屋日記 | Comments(0)

文房具はじめました。

はじめまして。
猫町フミヲと申します。

このたび、文房具専門のブログを始めることにいたしました。
人生と経験と魂をこめて文房具を語ります。

どうぞよろしくお願いいたします。
[PR]
# by mukei_font | 2010-03-01 23:59 | わたくしごと | Comments(4)