猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(53)
(33)
(15)
(9)
(9)
以前の記事
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
80年代のマンガ雑誌、な..
by あるけみ at 13:56
包装紙を開くのって、性格..
by みる at 23:43
ボールペンを使い切る時の..
by narkejp at 05:51
猫町さんはじめまして。 ..
by masati at 13:38
猫町さんの筆記体の読みや..
by cheery_box at 13:57
筆記体は筆記速度が速いと..
by あるけみ at 20:49
>カズさん ぺんてるの..
by mukei_font at 11:53
前々から郵便局の文具は気..
by カズ at 11:14
猫町さんお元気ですか? ..
by あるけみ at 01:53
カクノは私が万年筆にハマ..
by あむ at 23:07
文具じゃないですが昔F1..
by ヨッシー at 15:34
文房具じゃないですけど、..
by ふりふりばなな at 15:11
猫町さんこんにちは。 ..
by あるけみ at 14:51
我が家にもタプリあります..
by あるけみ at 02:50
今日の仙台育英は胸熱展開..
by horenso39 at 21:03
カテゴリができてますね!..
by ニャル子 at 12:59
消しゴムまで温度で変化す..
by ともこ at 12:08
ペン爆発とは恐ろしい…。..
by ともこ at 12:04
マッキー様、横から失礼い..
by ともこ at 10:03
久々の書き込みお邪魔しま..
by ともこ at 09:57
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


続・キョクトウ・リプラ。

やはりリプラについて語ろうと思う。

リプラ。
正しい表記ははRePLANT。
数年前までキョクトウが力を入れていた紙製品のシリーズ。
残念ながら今は廃番。

今手もとにあるリプラのレポートパッドによると、リプラについては以下のとおり。

・自然環境を維持するために、植林した木から作られている
・コピーしても写りにくいブルー罫
・裏写りしにくい厚口上質紙(90g/平方メートル)

はあ…
しかしこうしてあらためてレポートパッドを眺めていると、なんでほんとに廃番になっちまったんだ…とやけ酒でもあおりたい気持ちになる。
書き心地抜群のなめらかで美しい上質紙に、これ以上ひかえめになれないほど絶妙な罫線の色。
そんな素晴らしい紙がぎっちり天のりでとじてある紙のかたまりの静かな迫力。
嗚呼…リプラよ…

リプラとの出会いは以前働いていた文房具屋にさかのぼる。
おそらく今までさんざん売りつくしてきたのであろうリプラの残骸らしきが棚やストックによどんでいるのを見るにみかねてPOPを書いたのだった。
POPの文句につられて買ってくれたら、もうこのシリーズは置かなくていいのではないか。
早く売り切ってしまいたい。
厄介払いのような気持ちだった。

が、軽い気持ちでA5サイズのレポートパッドを買って使ってみてハートを撃ち抜かれた。
ええ紙…
これ、便箋にだって使えるやん。
でももう廃番なんかあ…

それ以降、もちろん店頭の定番商品からは外れたが、お客さんからの要望があればメーカーに在庫を問い合わせ、ロット(発注単位)を気にせずに仕入れ、余った分は例のPOP付きサンプルと並べて売り切るということを何度か繰り返した。

ちなみに今私が使っている「金持ちメモ」は、A4のレポートパッドを8等分して自作したA7サイズのメモ用紙。
お客さんにメモを渡す必要のあるときなどにはこちらを利用。
はりのある紙なので、すぐにへろへろにならないだろうとふんで。
なお、使用筆記具は相変わらずジェットストリーム0.5だが、紙がなめらかすぎてペン先がすべりすぎるなどということはなく、適度な厚みがあるぶんペン先がクッと紙にいい感じに引っかかって書きやすいことこの上ない。

そもそもこのA4のレポートパッドはいただきもので、キョクトウの人が前職場に持って来てくれたのだった。
見本市等でキョクトウの人と話す機会があれば、憑かれたようにリプラの話ばかりする私をたずねて、あるときキョクトウの人がやって来たのだ。
有意義な出会い…
そしてその出会いの中で、廃番といえどもまだまだメーカーに在庫があり、取り寄せが可能な商品がいくつかあることを知ったのだった。

続く…
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-19 23:46 | その他紙製品 | Comments(0)

キョクトウ・リプラ。

一生のうち、あとどれくらい書くことができるだろう。
ときどき考える。
そして思うことはいつもただ一つだ。

どんな瞬間も満足のいくもので書いていたい。
しっくりこない筆記具や紙製品と戯れている時間などない。

だから日々鼻息荒く探すのだろう。
理想の一本。
理想の一冊。
もちろんもう出会えている場合もある。
でももっとその先を、その先にある奇跡を探してしまう。
なぜならその文房具もまた私を待っているからだ。

そんなわけで、例えば職場でメモをとるようなときにもいいものを使いたい。
が、明らかにすぐにゴミになるようなメモにいいものを使えるほどリッチではないから、そこは使い分ける。
「貧乏メモ」と「金持ちメモ」。
前者は発注書等の裏紙で作ったメモ用紙。
そして後者がキョクトウのリプラを切り出して作ったメモ用紙だ。
f0220714_9313942.jpg

素晴らしさはPOPにあるとおり。
f0220714_9321978.jpg

続く…(たぶん)
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-18 09:33 | その他紙製品 | Comments(0)

スタート。

せっかくの誕生日に早退して病院にいくはめに。
帯状疱疹のあとはアトピー悪化だエンヤコラ。

誕生日は誕生日らしく、文房具的にも何か区切りになるようなことをしたかったのだが、まったく何もできず。
しかたない。
明日、後夜祭みたいな感じで祝おう。
万年筆に新しいインクを吸い上げたり、新しいノートに何か書いたり。

ただ一つ、視界が狭くなるほど目の周りを腫らしたブサイクこの上ない小生に素敵なことがありました。
見本を書いたMDノートA5無罫の売れ行き好調。
そしてそれにちゃんと上司が気づいてくれたこと。

そんなささやかな魔法に磨きをかける一年にしたいです。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-16 23:23 | わたくしごと | Comments(0)

黒猫リングノート。

引き続き、猫文具。

フェリシモという通信販売の熱烈なファンである小生が、ついに手を出してしまった半年予約コレクション、「黒にゃんこ大好き☆黒猫モチーフ雑貨」の中からのご紹介。

このコレクション、半年間毎月なにがしかの黒猫モチーフの雑貨が送られて来るのである。
ポーチだったり、スタンプだったり、それはそれは楽しく心躍るのであるが、いかんせん何が送られて来るのかが分からない。
当然どんな黒猫氏なのかも分からない。

とある月はリングノートとクリアホルダー(A4サイズ、B5サイズ)、付箋、紙袋(2種類)等のステーショナリーセットであった。

これがそのリングノート。
f0220714_1362338.jpg


(´_ゝ`)…
まあ、自分で選べませんからね。
B5というサイズも、黒猫氏の感じも、それはしょうがないですよね。

中身は残念ながら…
f0220714_1392622.jpg

横罫

これがもし無罫なら!
無罫であったならば!

横罫はもう本当に一番苦手な罫でして…
何が苦手かと言うと、真面目なことを書かなければならない気がするところ。
なぜそうなるかと言うと、罫線を無視できないから。

あの罫幅を小生の字で埋めていくところを想像してごらんなさい。
もうそれはかなり真面目な代物にしかならないのである。
なんかこう…ふぁっふぁした感じにならないのである。

無罫ならまったく気にならない余白が、横罫だと気になる。
うわあ、@行も余ってるのに次のページ使えないよ…と思ってしまう。

微妙ながらも愛嬌のある黒猫氏なだけに、かなり残念なリングノートなのだった。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-14 23:54 | 猫文具 | Comments(0)

ボンジュール・ミィ!

気を取り直して猫文具のご紹介。

もう先月の話になるが、近所のスーパーの2階のさびれた催事場で「猫雑貨フェア」をやっていたのである。
軽い気持ちでそこをのぞいた私が「アッツ!」と思わず中くらいの声で叫んでしまうまでわずか2秒程度だったろうか。

なぜなら見つけてしまったから。
数ある猫キャラクターの中で、今のところいちばんかわいいのではないかと心密かに熱い想いを抱いていた猫をそこに見つけてしまったから。

猫の名前はミィ。
「ボンジュール・ミィ!」というシリーズの黒猫である。

初めての出会いは、以前働いていた文房具店にて。
ファンシー文具のカタログにこの猫を見つけ、シールの担当者にぜひ注文して店におくようにねだり、自身もレターセットなどを注文した。
店に入荷した後はすばやくレターセットやシールを買い、今手もとにあるのはそのときの残りがほんのわずか。
買い足したくても、それっきりどこの雑貨屋でもお目にかかることはなく、もっともっと買い占めるんだったと心底がっかりしていたのだった。

ミィに惹かれる理由はなんといっても、猫のフォルムの確かさにある。
このキャラクターの作者は絶対に猫を知った人間だと見た瞬間に思った。
簡単な線だが、つるん、ぬるんとした背中の曲線は猫そのもので、なでてもないのになでたような気持ちにさせるほどである。
その他、首のかしげ方や物への興味の示し方など、あるある!と叫びたいようなリアルさが、かわいらしい色や雑貨とともに描かれている。
どうして惹かれずにいられようか。

というわけで給料日の10日ほど前ですでにあやうい財布事情だったにもかかわらず、目の色を変えてガツガツと買い込み、その後は1日を150円で生活しなければならないはめになった。
しかし、自分は正しかった。
なぜならどこにも売っていないからである。
たとえ買っているものが女児が欲しがるようなメモ帳やノートやシールであったとしても、それは「お金を持った女児」へと進化したところの現在の私にはやはり不可欠なものだからである。

ジャーン。
f0220714_1642230.jpg

A6サイズのダブルリングノート。
中身はドット罫だが許します。
f0220714_16421873.jpg

なんと4柄もあるメモ帳。
サイズはA6。
小さい字が書ける人はミニ便箋として使えます。
f0220714_16423816.jpg

同じくA6サイズのメモ帳。
普段は寒色系が好きだけど、ミィは別格。
f0220714_16425513.jpg

シールもかわいい(ハアハア)。
POPに使うんや。
f0220714_16431346.jpg

というわけで、「ボンジュール・ミィ!」グッズを見かけた方はご一報を。
大阪近辺なら買いに走ります。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-13 16:53 | 猫文具 | Comments(3)

(情けない)近況。

これぞ「わたくしごと」だが、帯状疱疹になってしまい(水面歩行参照)、さすがに自身のケアで手いっぱいだ。

待ってて文房具たち。
右手は使えるから、必ずや必ずや。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-12 07:51 | わたくしごと | Comments(2)

紺屋の白袴。

「あ、猫町さんだ。お礼を言わなくちゃ」

以前、パーカーの万年筆を洗浄によって復活させたときのお客さんだった(プッティ修理工房。参照)。
一瞬何のことだか分からなかったが、何度かまばたきするうちにその人の会社名まで思い出した(驚異の記憶力)。

お客さんによると万年筆はいたって快調とのこと。
にこにこ顔で新しいカートリッジを買って行った。
いやあよかったよかった。
あんなことで喜んでもらえてうれしい限り。

使い続けることが一番のメンテナンスになるという万年筆。
でもときどきは洗ってあげるのがいいと思う。

しばらく放置しているMY万年筆、WATERMANのチャールストン、LAMYのサファリ、そしてセーラーのプロフェッショナルギアスリムを思い出す。
嗚呼。
紺屋の白袴とはまさにこのことではないか。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-10 22:42 | 文具屋日記 | Comments(0)

ミドリ・家計簿・¥900(税抜)。

家計簿をつけなきゃなーと思いつつ、家計簿売り場であれこれ手に取るうちいったい何を買えばいいのか分からなくなり、はたまたどれを買っても続かない気がして結局一番安いやつを買ってやっぱり挫折している人がいたら、小生を信じてこれを使ってみてほしい。

ミドリの家計簿、「月間+週間・コックさん柄」のA5サイズ(¥900・税抜)。
これ最強。
もう3冊目に突入。
f0220714_22222625.jpg

この家計簿の何が使いやすいかと言えば、ずばり費目が最初から設定されていない点。
食費とか交際費とか…あれが最初からばっちり分類されている家計簿は、本気で家計簿をつける人むけ。
ざっくり出費が知りたい程度であんなものに手を出してはいけません。
絶対に続きません。

一度でも家計簿をつけたことがある人ならよく分かると思うが、一枚のレシートの中に食費と雑費が混在してしまうなんてことはよくあること。
それをいちいち食費とそれ以外とに分けながら計算機をたたくなど相当面倒な作業。
それだけでもう挫折コースをばく進!なのだ。

その点この家計簿はほら、「内訳」と「金額」の欄がずらっとあるだけ。
内訳の使い方はいろいろあるが、一番らくちんなのはスーパーの名前を記入してしまうこと。
これならレシートの中身を分類しなくてすむ。
レシートの店名と金額を転記すればレシートもポイ。
f0220714_22415299.jpg

f0220714_22423178.jpg

ときどき「これは出費もでかいし、何を買ったかメモっておこう」と思うようなものがあれば、一日の欄の一番下がフリースペースになっているので、こちらに詳細を記入すればいい。
f0220714_22454498.jpg

このスペースは本当に便利で、誰かと食事をしたときにはその店の名前を書いてもいいし、誰かとお出かけしたときにはその行き先を書いてもいい。
軽く日記に使えて本当に重宝する。

以上のように、この家計簿には本当に素晴らしい点が満載だが、まあ、家計簿なんて好みもあるし、いきなり「ミドリの「月間+週間・コックさん柄」のA5サイズ(¥900・税抜)がいいよ」と柄まで指定されても面食らうだけだろう。
ただ、以下のことが言えるのは間違いない。

・月間家計簿か週間家計簿かで迷ったら週間家計簿を。
月間家計簿は安いのでつい選びがちだが、一日の欄が狭く、あとでぽろっとレシートが出てきたときに「イーーーーッ」となるのは目に見えている。
その点週間家計簿はあらかじめ一日の欄がゆったりしており、あとで出費を思い出して記入する際も余裕。

・週間家計簿は費目の設定のないもの、もしくはゆるいものを選ぼう。
これは前述のとおり。

・どうしても月間家計簿を使いたい人は書き消しのできるPILOTのフリクションか三菱のユニボールファントムをおともに。

・週間家計簿の人は家計簿のレイアウトどおり馬鹿正直に月の途中で几帳面に支出や残高を計算しないこと。
計算してもいいけどボールペンで書く必要はない。
やはりレシートがぽろっと出て来る可能性があるからである。
フリクションかシャープペン推奨。

最後に。
ときどき「らくちん家計簿」みたいなレシートを貼るだけの家計簿があるが、個人的にはあまりおすすめはしない。
なぜなら最近のレシートは感熱紙タイプが多く、時間がたつとあせてしまうからである。
それに何で貼るのかにもよるが、例えばセロテープなどでは数年後にぱりぱりになってしまうからである。

節約のために家計簿をつけようとすると、いきなり本格的なものに手を出しがちだが、食べた物をノートに控えるだけでダイエットになるみたいな要領で、ノートに出費を書き留めるだけで軽く出費のセーブになると信じて、最初は本当にゆるゆるでいいと思う。

小生などは毎日の出費の日計を締めないのはもちろんのこと、週間でも締めないし、月間でも締めない。
残高もいちいち計算しない。
それでもつけ続けるのは、やはり記入することで一瞬でも家計と向き合うことに意味があると思うのと、あとは金銭面が切り取る小さな日記に面白みを見出すから。
本当の日記にはおそらく馬鹿馬鹿しくて書かないようなリアルが積み重なって行くのはなかなか楽しいものだ。

女性だけでなく男性も、貧乏な人だけでなくお金持ちの人も、家計簿をつけてみてください。
楽しいですよ。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-09 23:30 | 本日のお買い上げ | Comments(0)

サービスショットなど。

今日は久しぶりに文房具の写真を撮ったのに、もうこんな時間。
明朝、なにがしか書ければと思います。

同僚作の小生の似顔絵。
激似!と思い喜ぶが、友人うさむし曰く、「こんなに太くない。ガリガリ感が足りん」とのこと。

明日も頑張ります。
f0220714_054732.jpg

[PR]
# by mukei_font | 2010-08-08 23:55 | わたくしごと | Comments(0)

鼻先のニンジンとしての週末文房具。

今日は文房具を買おう。
貧乏がなんだ。

とりあえず、マルマンのスケッチブック。
情報カードについても物色しよう。

それでは今日も頑張ります。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-07 09:12 | 文具屋日記 | Comments(0)

多機能ペンの洗礼。

なかなか更新できず、恥ずかしく思っております。
自身の体調管理(主に汗疹)に追われており…
誰か背中に薬を!
かちかち山のたぬきみたいになっとう!

さて、気を取り直して文房具の話。

昨日の話だが、「シャープペンとボールペンが一緒になったやつ」と言われ、ZEBRAのシャーボの一番シンプルなやつを売ったのである。

が、ものの数十分で戻って来られたと思ったら、もう壊れとん…

どうやらシャープペンの芯を入れようとして、力任せにシャープペン部分を引っこ抜いてしまった様子。
合掌…

シャーボに限らず多機能ペンと呼ばれているペンは、およそ例外なくシャープペンの内部機構の部分から芯を入れる(後日写真をアップ予定)。

しかし、このことはあまりどこにも解説されておらず、知らない人は案外たくさんいる。
かえって知っている人はいつどのタイミングでこのことを知ったのかと思うほどだ。

とにかく光速でシャーボは壊れた。
そしてリベンジを誓い、プラチナのダブルアクションを買って行かれた。

多機能ペンの洗礼を受けつつもいいお客さんだった…が、あれでよかったのかどうかは分からない。

多機能ペンについてはまたあらためて考えたい。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-06 10:22 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(2)

プラチナ・プレスマン。

自分が働いている店には置いていないが、個人的にはおすすめな商品の問い合わせがあったときほどうれしいときはない。
イントロクイズみたいにバシンとボタン(なんて見たこともないが)を押して、ハイハイハイ!だ。

例えばプラチナのシャープペンシル「プレスマン」
0.9ミリ芯のシャープペンシル。

見るからに地味なこのシャープペン。
だけどなかなかイカしたシャープペンなんですよ。

私が一番気に入っているのは手軽さ。
今までせいぜい0.5ミリとか0.3ミリとかのシャープペンしか使っていなかった人間が、おっかなびっくりで0.9ミリのシャープペンに手をのばすとき、それがちょっと高価だったらどうだろう。
あるいはがんがんに製図用の体裁をしたシャープペン、例えば軸にローレット加工(ざりざりした滑り止めみたいなの)を施してあるようなずっしり感のあるものだったらどうだろう。

価格に対する価値観は人それぞれだが、いわゆる「惜しげがない」価格というのは何かとうれしいものであるし、外見的にもオラオラお前に使いこなせるのか?ああん?みたいな挑発的なそれよりは、敷居が低くすっと入っていける地味なもののほうが少なくとも最初はうれしい。

というわけでプレスマンである。

そもそも人が0.9ミリのシャープペンに手を伸ばそうというのはどういうときなのだろうと思うが、それはある程度の大きさの字をぐいぐいと書きたいときではないかと思う。
特に普段油性ボールペンで慣れてしまっている人間が再びシャープペン(0.5のもの)を手にしたとき、まずその字のひ弱さに物足りないものを感じることが多いのではないか。

だいたいがペン先の細さと字の大きさはある程度連動しており、細いペン先ではそんなに大きな文字を書くことはできない。
もちろん物理的には書けるがノーストレスで書くことは出来ない。
大きな字を書こうとするとそれだけペン先に筆圧がかかるので、ボールペンだとインクがかすれたり、シャープペンだと芯が折れたりする。

そこで0.9ミリのシャープペンシルの登場である。
ちょうどボールペンで書いているときと同じくらいの筆圧で、ひょろひょろでない字が書ける感じ。
初めてのチャレンジにはぜひプラチナのプレスマンを。

まあ、1.3ミリのシャープペンで安いのもあるのだけど、とりあえず今日はプレスマンの紹介ということで。
f0220714_925452.jpg

[PR]
# by mukei_font | 2010-08-04 09:22 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(6)

スクラップ熱。

先日書いた「トラベラーズポストカードキャンペーン」のために作品を作成しながら、あらためて思ったこと。

スクラップは楽しい。

正しくはスクラップブッキングというのだろうか。
写真を切り貼りしてちょこちょこ隙間に言葉を書いていく、あれ。

スクラップは店頭に並べるノートのサンプルで少し作ってみる程度で、一度も個人的に本気で取り組んで作ってみたことはない。
が、ちょいと(いや、かなり)面倒なそれらを作り上げたときの満足度や達成感ときたら…

自分だけのために完結させる小さな世界があってもよい。
心からそう思えた。

かくなるうえは、本気でスクラップブッキングに取り組んでみようと思う。
材料はたんとある。
誰に見せるでもなく取っておいている切り抜きたちの山。

さあ。
どんなノートに作ろうか。

いや。
ノートじゃないな。
スケッチブックのほうがいい。

マルマンの「図案シリーズ」あたりを今週末買ってみようかと思う。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-03 13:39 | スクラップブッキング…× | Comments(0)

当方老人並みの体力につき。

あやうく室内で熱中症になりかけた猫町です。
さすがに文房具について考えられない週末でした。
[PR]
# by mukei_font | 2010-08-01 23:57 | わたくしごと | Comments(0)

トラベラーズポストカードキャンペーン2010。

今朝はトラベラーズポストカードキャンペーン2010の作品を作るために5時半起き。
締め切り迫っとんねん。

ポストカードキャンペーンへの参加も今年で3回目。
前々回、前回は「旅をしてもしなくてもトラベラーズノートはこんなに楽しい」を(勝手に)コンセプトにポストカードを作成したが、今年はばっちりテーマが決まっていて、それも「みんなのおすすめ旅スポット」と来た。

旅なんてしない。
でも、去年はあちこち行ったのだった。
そのことを書こうと思った。

しかし例年締め切りギリギリだ。
ああ…
[PR]
# by mukei_font | 2010-07-30 06:22 | ノート | Comments(2)