猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(48)
(33)
(15)
(9)
以前の記事
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
本題のEDITへのコメン..
by YAS at 21:20
私の市のイトーヨーカドー..
by 睡蓮 at 20:26
猫町フミヲ様 大穴が的..
by ksjj at 13:42
僕はパソコン使う人が他に..
by テトラ at 22:53
はじめまして。学校の受験..
by 森まき at 06:19
私の中ではシャーペンの終..
by あるけみ at 04:03
自分はプラ軸は苦手なので..
by YAS at 21:37
猫町さん、ちょっと待った..
by horenso39 at 21:26
猫町フミヲ様 赤穂市の..
by たまみ at 20:18
鉛筆は2Bが大好きです…
by 居候のたま at 21:33
猫町フミヲ様 クイズに..
by ksjj at 16:54
赤穂に売っていなくて若い..
by とぃ at 21:00
猫町フミヲ様 こんにち..
by たまみ at 09:20
ぺんてるのグラフシャープ..
by あるけみ at 15:28
わたしは7年前、中学に上..
by あむ at 11:08
微笑ましい例えですね♪ ..
by ともこ at 12:38
勝手に推理してみます ..
by ksjj at 09:25
今年のカラーが発表になっ..
by てっつぁん at 21:15
猫町さま このサフ..
by YAS at 11:58
筆記用具に目覚めたのが受..
by K at 17:05
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


猫町と中学生45(入学祝い)。

この春高校生になる元中学生に入学祝いの品を贈ることにして、さんざん悩んだあげくシャープペンにしました。

・赤穂には売っていないもの
・ブログの若い読者からの評価が高いもの
・飽きて数年放置しても大人になったら再び使えそうなもの

これだけで分かる人もいるでしょう。
が、今は内緒にしておきます。

なぜなら選びに選び抜いたのに、ダメですよーーーねこまちさんそんなの買っちゃーーーその値段なら@@ですよーーーまったくーーーと言われるとさすがにへこむからです。
嘘です。
まああれこれ想像してみてね。

シャープペンはあっさり決まったのですが、割と迷ったのが芯の太さでした。
0.3や0.2が好きなことは知っていましたが、0.5を使う場面もあった気がするし、何よりも0.3はすでにお気に入りがあるんじゃないかと思いました。

いきなりスタメンに加えてほしい、とまでは思わなかったので、テストの時はこれを使おう、とか、大人になった時に意外に使えた、みたいなことがあればいいかな、みたいな感じで0.5を選んだしだいです。

シャープペンはネットで購入し(何しろ地元に売っていないものを選んだので)、かわいい包装紙に包み、カードを添えました。
これでも元文具店員なのでペンの包装はうまいんですよ。

しかし完成すると非常に地味で…
なんだろう、ティーン真っ只中の子たちには色彩に欠けるというか…
というわけで、かわいらしい色のビニールバッグを買ってそれに入れました。

文房具をプレゼントするのって本当に難しいですよね。
これはいい!と思う文房具ほど、スタメンに加えてくれや、と言っているような気がしてそんな高望みはいかんいかん、と我に返ったり。

本当は自分が使っていていい感じのサンスターのデルデなんかがいいなと思ったのですが、ペンケースこそ好みがあるというか、外すと怖いなと思ってしまったんですよね。
猫町のように馬鹿みたいにペンを持っているなら、家用とかカラーペン用とかいろいろ使い道もあるのですが。

それにデルデもイオンに売られているのを見てしまったしなー
限定柄がおすすめだけど、自分の柄が一番かわいいと思っているからおそろいというのも気持ち悪すぎるし、やっぱりデルデはやめておこう。

みたいな感じでシャープペンに落ち着きましたとさ。

追記:猫町が選んだシャープペンについて書きました(こちら)。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-25 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(5)

小人が夜中に使うペン。

少し前から気になっていたのですが、三菱のシグノ307のインクの減りが異常に速い気がします。
ほとんど使っていないのにインクがかなり減っており、「仕事した」とドヤ顔をしている芯に不信感さえ抱いてしまいます。

この「ほとんど使っていないのに」にはある程度根拠があって、自分が使っているシグノ307はボール径が0.38なのですが、同じボール径のシグノRT1は3年日記に日々使用しているにもかかわらず、シグノ307ほどインクが減らないのです。

もはやグリム童話の「小人の靴屋」的な小人がいるとしか思えません。
なめらかさと速乾性にこだわりのある小人なのでしょうか。

まあちょっと書いただけでも気前よくインクが出るペンではあるし、インクの成分も通常のシグノのそれとは違うということでインクの減りも速いのでしょう。

こういう「使っていないのにインクが減っていく系のペン」というのは結構ありまして、猫町調べではぺんてるのエナージェルとビクーニャも仲間に加える必要があります。

エナージェルは水性染料インクというのがどうにも残念であまり使わないのですが、替芯のインクを見るといっちょ前に減っていて(小人が…!?)となるんですよね。
ビクーニャもそうです。
ぬたぬたになるのが嫌でほぼ使わないのに、インクはそれなりに減っていておいおい…と思うのです。

多色のリフィルだけかもしれませんが、ZEBRAのスラリも使っていないのにずんずんインクが減っていった気がします。

インクの成分について詳しい人間なら小人の秘密も分かるのでしょうが、無知な猫町は夜中に何やら書きまくっている小人たちを思い浮かべて納得しておくことにします。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-24 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)

オレンズネロの盛り上がりに思ったこと。

以前、EDiTに文房具に関する日々の一言を書いていると記事にしましたが、それによると2月は結構オレンズネロについて考えていたようです。

が、どちらかというと興味があったのはオレンズネロそのものではなく、オレンズネロの盛り上がりについてでした。
どうしてあんなに盛り上がっているんだろうかと不思議に思っていたのです。

そのうち、メディア関係者を対象にしたトークイベントがあったと知り、それであんなに盛り上がっていたのかと納得しました。

トークイベントにはブロガーも参加したようですが、以前、何かの新商品が発売される時、自分もぺんてるからイベントへのお誘いをいただいたことがあるので、なるほどと思ったしだいです。
もちろん東京は遠すぎるので行きませんでしたが。

自分がときどき思うのは、もし自分がああいう場に行ったら、その後平常心で記事が書けるだろうかということです。

いつものように、いくらみんながいいと言っていても自分にはダメだったと書けるのだろうか。
たとえ普通の人が行けないような素敵なイベントに招待され、心躍るお土産(などはないのかもしれませんが妄想で書いています)をもらっても?

自分は開発の話が非常に好きなので、展示会の後などはいつもものすごく興奮します。
文具店員時代は「すごい話を聞いてきた!」と同僚やお客さんに熱弁したし、ブログにも書いたかもしれません。

が、その後必ず自分の本当の感想がやってくるんですよね。
文房具の使用感というのは誰が何と言おうと厳然とあるものなので。

このブログで自分が気に入っているのは「落とし穴」というタグなのですが、いくら熱くなって買ってもなんだこれ!となるのが好きなんですよね。
そのオチまで含めて文房具というか、そういう完璧じゃないところが微笑ましいと思ってしまうのです。

なので、今回のオレンズネロのように最初にいい話ばかりをばーっと聞くと、自分などはいきなり落とし穴を期待してしまいます。
もう落とし穴目線でしかオレンズネロを見られないというか。

自分のような人間は少ないのかもしれませんが、もう少し普通に出会いたかったようにも思います。
すごい技術なんかもしれんけどこれあかんわ、ということを意地悪な気持ちではなく、普通に思いたいのです。

情報というのはなければ困るしありすぎても困りますね。
贅沢なことを言っているなと思います。
が、そんな贅沢なことを言い続けられるブログでありたいとも思うのです。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-23 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

LAMY・サファリ・ペトロール!

つい最近自分はある人に言いました。

「LAMYの限定色もいろいろ出ますけどねえ、あれはもういいですよ」

馬鹿な馬鹿な猫町。
無知な猫町よ、これを見るんだ。

ドイツ筆記具ブランド・ラミーから「サファリ」の限定カラー レトロな雰囲気を漂わせる大人の一本

あかん…
これはかなり好きな色だと思うのですがいかがでしょうか。

パソコンの画面で見るのと実物は違うとは思うのですが、それでもこれはかなり猫町の好きな青ではないでしょうか。
PILOTの月夜やセーラーの青墨などの緑がかった青が好きな猫町には…

しかもマットな質感というのが素晴らしい。
猫町ロールペンケースのグレーのフェルトにも似合いそうだし、相当いいんじゃないかしら。

上記の記事には、「対象店舗で万年筆を購入すると『サファリ ペトロール』のボディカラーに合うインクカートリッジが、ローラーボール又はボールペンを購入すると特製ブックマークが数量限定でプレゼントされる」とあってそれも気になりますよね。

LAMYが作るペトロール色のインクってどんなのだろう。
PILOTの月夜よりもさらに緑がかっているのだろうか。
孔雀みたいな感じかな…

神様、欲しいです。
田舎のわたくしめが手に入れるにはネットで買うしかないのでしょうか。
ペトロールの色味はわたくしめが思っているような青色でしょうか。

式神よ。
5月上旬に東京に行き、どんな青色か見てまいれ。
そしてその詳細を猫町に語るのだ。

さすれば猫町は指先にほんの少し力を加えるだけでそれを手に入れることができるであろう。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-22 23:59 | 筆記具・万年筆 | Comments(2)

猫町、ドラマに出る。

いわゆる「ボランティアエキストラ」というやつですが、3月26日放送のTBSドラマ「LEADERS 2」の撮影に参加しました。

赤穂の工場が撮影現場だったのと、佐藤浩市ファンの同級生に誘われたのとで出かけて行ったのですが、ドラマの撮影というのは本当に大変な世界でした。

印象に残ったのは飛び交う怒号と、何を言っているのかさっぱり分からないメガホンの声。
怖いから言うことに従いたいのに、声が割れて聞き取れないんですよ。

さらに眼鏡をはずさなければならず(時代設定的に小道具としてふさわしくないから?)、人間というのは不思議なもので何も見えないと他の感覚にも狂いが生じるというか、とにかく非常に理解が悪くなるのです。
恐ろしい半日でした。

エキストラに参加している人たちの話を聞いていると、参加しているのはそういう世界に興味がある人か、好きな俳優に会えることを期待している人ばかり。
皆怒号などおかまいなしで目がきらきらしているんですよね。

なので、そういう人たちはカメラの位置をチェックして積極的な位置で演技(?)をしているのですが、ひたすら空気になりたい猫町は足だけ映るかどうか…みたいな位置でゆらゆらしていました。
たぶんドラマを見ても自分でも分からないでしょう。

さて、撮影現場で見かけた文房具について書いておきましょう。
猫町は工場の工員で、ノートを片手に車の部品を確認する役目だったのですが、手にしたのはツバメノートとノーブランドの鉛筆でした。

ノートの中には何も書かれておらず、しかしそこには何かが書かれているかのように、またそこに何かを書きこむように演技をするのですが、しかたなく「ツバメツバメツバメ」とか「エキストラエキストラエキストラ」とひたすら書いていました。
ああいう撮影にはとりあえずツバメノートなんだなと悟ったしだいです。

というわけでとりあえずドラマは録画することにして、もぞもぞ動く自分をじっくり探してみようかなと思っています。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-21 23:59 | 文房具与太話 | Comments(1)

大募集~受験をともに戦った文房具~

ということで、この春受験を終えられた方、またこれまでに受験を経験された方を対象に、「受験をともに戦った文房具」というものをお聞きしてみたいと思います。

せっかくなので細かくおうかがいすることにして、

Q1:何の受験に使いましたか

という質問から始めます。

中学受験、高校受験、大学受験、大学院受験、もしかしたら司法試験の勉強なんかもあるかもしれませんので、そのあたりをまずお聞きしたいと思います。

次にこちらの質問。

Q2:受験勉強に使ってよかった文房具
Q3:実際の試験に持って行った文房具

この2つを明確に分けてお答えください。

筆記具の場合は、鉛筆の場合はメーカー名と硬度、シャープペンの場合はシャープペン本体だけではなく、芯のメーカーや硬度まで教えていただけるとうれしいです。
消しゴムについてはできたら大きさなどもお聞きしてみたいです。

受験勉強に使ったボールペンやマーカーなどについても、情報は細かければ細かいほどありがたいです。
また、定規やコンパス等については特に興味があるので、詳しくお聞かせいただければと思います。
忘れがちですが、ペンケースについても教えてください。

さらにQ3の文房具のうち、特に勝率100%であったものを、

Q4:あなたの必勝文具

でお答えください。
Q3=Q4の方は、「同上」とお書きください。

さらに高校受験をされた方には個人的興味として、

Q5:好きな科目と苦手な科目(具体に。例えば「数学の一次関数が好き」みたいな感じで)

などについても教えていただければと思います。
たぶん今だけ受験生の皆さんと分かち合える話題だと思いますので(マッハの速さで忘れていく予定)。

ということで、受験が終わって自由の空に羽ばたいている皆さん、そしてかつて受験を戦い今はThis is a pen.しか覚えていない皆さんもぜひコメントを残していってくださいね。
なお、コメントは公開にして書いてください。

のちほど猫町篇も書きます。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-20 23:59 | 文房具与太話 | Comments(7)

猫町と中学生44(サクラサク)。

3月19日。
この日は兵庫県公立高校入試の合格発表だったのですが、例の中学生からうれしい電話がありました。

サクラサク。

ようやく肩の荷が下りた猫町です。
一緒に勉強した子は皆、第一志望の高校に入学しました。

勉強を見てあげてほしい、と頼まれた2年前には英語も数学も国語も理科も社会も頭の中から消え去っていましたが、中学生とともに自分も成長できた楽しい日々でした。

鉛筆や消しゴムや付箋や無罫ノートともたくさん遊べたし、文房具好きの立場からしてもこれ以上ないほど充実した日々だったと思います。

これからも縁のある中学生たちと文房具を中心に楽しい時間が過ごせたらと思っているのですが、さすがに今は疲れてぼんやりしています。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-19 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(1)

猫町の近況(息切れ)。

むう、やばいぞ。

今年はブログの借金と良い距離感でやっていけていたのに、ここにきて借金がかさんできました。
いったいブログの更新が滞っている時の猫町は何をしているのでしょうか。

1:眠い
2:いっぱいいっぱい
3:書きたいことがありすぎて頭から湯気が出ている

今は2です。
この春からいろいろと新しいことを始めてしまい、もともと苦手な春という季節に体と心がバラバラになっている感じでしょうか。

とはいえ、文房具について考える瞬間は楽しく、店にお客さんがやって来ればうれしいのです。
またあらためて記事にしますが、東京からとても若い素敵な方が猫町文具店(仮)に遊びに来てくださったんですよ。

ちょっと落ち着こう。
こんがらがった頭を整理しよう。
書けばきっと落ち着くはずだから。

そういうわけでまたまた新たにノートを作った猫町です。
B5の無罫ノートが増殖してしまったので、その中でパッと目立つA5の無罫リングノートにしました。

使い慣れた筆記具を手で動かして、書いて、自分の字を読んで、落ち着こうと思います。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-18 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

エアメール今昔。

最近、海外在住の方よりお手紙をいただきました。
突然のお手紙は木琴堂に届くのですが、木琴堂にはたまにしか行かないのでポストに手紙を発見するうれしさは格別です。

「長い事使っていない日本の文字」で書いたというそのお手紙はとても素晴らしいもので、日本の文字しか書かずに生きている自分の何倍も美しい文字が整然と並び、また芸術関係の方らしく、レイアウトや挿絵もそのまま本に収録されてもおかしくないくらい完璧なものでした。

また、真っ白の封筒の表には素晴らしい絵が描かれており、受け取った瞬間に(これは差出人である方ご自身が描かれたものだな)と分かる、鉛筆の線もリアルな作品でした。
日本国内から運ばれてきても感動するのに、海を越えて遠い国からやって来たことに何か信じがたいものを感じ、呆然としてしまいました。

日本の片田舎でぼそぼそとブログを書いている人間にはもったいないお手紙です。
本当にありがとうございました。

それにしても、今や普通の手紙がエアメールとして届くことに驚きを禁じ得ません。
昔はエアメールといえばぺなぺなした封筒にぺなぺなした便箋、という感じだったので。
もちろん料金さえ払えば昔からしっかりした便箋に書けたのでしょうが…

ちなみに自分が海外に手紙を出したのは数回で、初めて書いたのはブラジルの学校に転校した同級生に宛てたものでした。
あとは英語力を高めるために、とスリランカの人と文通をしたこともあります(英語力高まらず)。
そのいずれも前述のぺなぺな封筒&便箋を使ったのですが、普通の便箋に書く手もあったんですね…

あ、年賀状なら送ったことがありました。
18円の切手を貼れば気軽に送れるんですよね。

国内の方からのお手紙への返事もままならないのに、気軽なエアメールというものにも挑戦してみたい、と思ってしまった春の日でした。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-17 23:59 | 手紙 | Comments(1)

大量の消しゴムを前に考えたこと。

いろんな日付で記事を更新してしまってすみません。
読んでいない記事があったら適当に読んでいただければと思います。

さて、前回はジャンヌダルクKさんに大量の消しゴムをいただいたことを記事にしましたが、それを読まれた皆さんはおそらくこう思われたのではないでしょうか。

(こんなにたくさんの消しゴムを猫町はどうするつもりなんだろう)

はい。
実は猫町も同じことを思っています。
いったい自分はこの大量の消しゴムをどうすればいいのだろうか、と。

まず考えたのはシードのレーダーとの勝負です。
恥ずかしながら、これまで一度もレーダーをひび割れさせずに使ったことのない猫町。
この機会にあらためてレーダーに勝負を挑んでみるのも楽しいかもしれません。
しかしその勝負に6個も消しゴムはいらないはず…

消しゴムのプレゼントといえば、実は以前ともこさんにいただいた消しゴムもまだまったく使っていないのでした。
こちらなんですが、大好きなフォーム系の消しゴムがたくさんあるだけでリッチな気分になってしまい、引き出しに入れてにやにやしているだけなのです。
f0220714_20145570.jpg

うーむ困ったぞ。
かくなるうえは、頑張っている中学生にプレゼントしてみようかしら。

自分が大昔にお世話になった寺子屋塾では、頑張ったら「正」の字を一画書いてくれて、正の字が2個(=十画分)になったら鉛筆を1本もらえる、というシステムでした。
あれ、好きだったなあ。
なかなか正の字の一画を書いてくれない厳しい先生で、正の字が2個たまるのが本当にうれしくて、ごほうびの鉛筆をもらえるのがまた誇らしくて。

そういうのやってみたいな。
じゃあどういうレートにしようかしら。
まず、何が正の字の一画分に相当する「頑張り」なんだ?
そして正の字がいくつで消しゴム1個と交換できるんだ?

これを考え続けて1ヶ月以上はたっています。
正の字をやめてポイントカード風にすること、ポイントカードには先日のミニジョイントスタンプを押すことなどは決めたのですが、肝心のレートが…

「笑点」のざぶとんみたいな感じで適当にやればいいのでしょうか。
大量の素敵な消しゴムを前に、猫町の心は千々に乱れています。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-16 23:59 | 消しゴム | Comments(0)

消しゴムがやって来た!

ちょうどバレンタインデーの頃、古くからのブログの読者であるジャンヌダルクKさんより素敵な贈り物が届きました。
色とりどりの消しゴムです。
f0220714_0224024.jpg

カラフルなレーダーあり、uniのマークシート用消しゴムあり。
後者は名品と知りつつ未体験なのでとてもうれしいです。
f0220714_02325.jpg

サクラクレパスのクレパス消しゴムもかわいい!
これ、どんな消し心地なのかな。
サクラクレパスだからフォーム系?
それならあっという間になくなってしまうぞ…
f0220714_0231747.jpg

プレゼントはこれだけではありませんでした。
光り輝くこのペンたちの名前は…
f0220714_0233632.jpg

そう、ぺんてるのハイブリッドテクニカです。
猫町の心のベスト10永遠に第一位のキャップ式ハイブリッドテクニカ0.4。
素晴らしすぎる…
f0220714_0234855.jpg

ちなみにいただいたのは黒、赤4本ずつの計8本だったのですが、この時すでに赤を使い始めておりました。
意外にもハイブリッドテクニカの赤色を使うのは初めてで新鮮です。

ジャンヌダルクKさんにはこの他にも素敵なポーチやペンケースをいただいてしまい、突然なぜこのような素晴らしいものが送られてきたのだろうかと呆然としてしまいました。
ジャンヌダルクKさん、本当にありがとうございます。

ジャンヌダルクKさんには以前よりメールで励ましていただいているのですが、消しゴムに造詣が深い方で、猫町など足元にも及びません。
いただいた消しゴムでさらに経験値を高め、いつかジャンヌダルクKさんと消しゴム談義ができるようになりたいと思っています。

ジャンヌダルクKさん、このたびは素敵なプレゼントをありがとうございました。
今はうれしくて眺めているだけですが、大切に使わせていただきますね。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-15 23:59 | 消しゴム | Comments(0)

フリクションスタンプとミニジョイントスタンプ。

ノートの隅に邪魔にならないように押せる小さなスタンプが欲しくなり、PILOTのフリクションスタンプを購入しました。

この商品が出た時はまさか買うことはあるまいと思ったのですが、いざとなれば消せるというのはやはり魅力的なポイントです。

買ったのは「OK」というスタンプでしたが、このスタンプがデザイン的にたまたまそうなのか、それともフリクションスタンプ自体がそんなものなのか、かなり使いづらい代物でした。

まず、インクがべたっとしすぎて白抜きのOKの文字がつぶれてしまいます。
これは何度か押していくうちに字が読み取れるようになるので、いきなり押したいところに押す前に試し押ししないといけないなと感じました。
もちろん使っていくうちにインクの出が普通になり、無調整でもきれいに押せるようになる可能性はあります。

次に不便だったのはインクがなかなか乾かないこと。
押して字がつぶれてしまったものなどは消してしまいたいのに、これがなかなか乾かないのです。

白抜きのデザインを買った自分が悪いのですが、それにしてもいっこうにインクが紙に吸い込まれる気配がありません。
もう乾いただろうとノートを閉じてしまい、べたっとインクが隣のページに移り、なんて手のかかるやつなんだと思いました。
ちなみにノートはコクヨのキャンパスノートです。

そして極めつけはこすってもあまり消えないこと。
スタンプの四角いふちにラバーがついているので渾身の力でこするのですが、ぼんやりと色が残っていて、最初にぽんぽん試し押ししたページなどはみじめなものです。
フリクションライトのお尻などでもこすってみましたが、解決せず。

フリクションをこすればどの程度まで消えるか、ということは分かっていたつもりですが、乾きの遅さと消えの悪さがダブルでやってきたので相当なガッカリ感がありました。
それでも人気ということは、OKをはじめとする白抜きデザインのものがたまたま苦戦するラインナップだったということなのかもしれません。

そこでフリクションスタンプはあきらめ、今度は以前も記事にしたことのあるMIND WAVEのミニジョイントスタンプ(おすもうさんズ)を購入。
年賀状を書き終えたら買いに走る予定が、結局もじもじして買っていなかったのです。
f0220714_981390.jpg

で、押してみると、なんという素晴らしい印影。
押すのが下手でこういうときたいてい失敗する猫町でさえ一度の失敗もないのです。
横綱級の商品やあ!
f0220714_975465.jpg

ということで、ミニジョイントスタンプを採用することにしたのですが、いざ使おうとすると結構勇気がいるというか、恥ずかしいんですよね。
ちょっと冷静に使い道を考えてみます。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-14 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(1)

春場所便り。

手紙と言えば、先日とても素敵なお手紙をいただきました。

相撲と文通がお好きな方からで、この方には以前「横綱・大関クリアファイル」という素晴らしすぎるものをいただいたことがあります。

自分宛ての手紙というのはどんなものでもうれしいのですが、文通がお好きというだけあって、この方の選ぶ便箋や封筒やカードは本当に品がよく、素敵なものばかりなのです。

さて、今回のお手紙にはこんな素敵なものが同封されておりました。
新横綱稀勢の里関と大阪出身の勢関。
稀勢の里は顔といい体格といい、どうしてこうも綱が似合うんでしょうね。
もう何年も前から綱を張っているような風格があります。
f0220714_2022090.jpg

そしてもう一枚、とても楽しかったのがこちら。
f0220714_2023656.jpg

「大相撲歴代横綱」ということで、第72代横綱の稀勢の里にいたるまでの全横綱が描かれているのですが、細かく見ていくのが楽しい!
f0220714_2025018.jpg

土俵上は白鵬ですね。
今場所は休場してしまいましたが、また強い白鵬が見たいです。
f0220714_2031961.jpg

自分は地味な鶴竜のファンなのですが、日馬富士も好きです。
稀勢の里が横綱になったことも、横綱になってからの相撲内容が素晴らしいこともとても喜ばしいと思うのですが、自分はモンゴルの3横綱時代というのも好きでしたし、ずっと記憶し続けたいですね。
もちろん貴乃花が曙や武蔵丸にぶつかっていった時代もまた素晴らしかったですが。
f0220714_2033053.jpg

ということで、今回も素敵な贈り物をありがとうございました。
消印が大阪になっていて、旅先から猫町宛てにお手紙をくださったことに胸が熱くなりました。
本当にありがとうございました。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-13 23:59 | 手紙 | Comments(0)

春の年賀はがき。

時間ができたら手紙を書きたいと以前書きましたが、結局まだ1通しか出せていません。
書きたい思いが強すぎても筆が進まないようです。

さて、そんな時はとりあえずレター用品作りに精を出しましょう。
これには未使用の年賀はがきを使います。
うさむしのかわいい消しゴムはんこで、無地の年賀はがきをにぎやかしたいなとずっと思っていたのです。

無地のはがきをにぎやかすのは簡単ではありませんが、年賀状の時にあれこれ試行錯誤したおかげで、センスのない自分にも「相性のいい色合いのインクパッド」みたいなものが分かってきました。
大好きな青系は寒々しくなってしまうので自重し、春らしい色ではんこをぺたぺた。

それでも我慢できなくて、差出人のところには青系インクでぺたり。
このはんこはずっと前にうさむしにもらったものですが(ワークショップの時に見本として作ったらしい)、もったいなくてずっと眺めていたのです。
実際に押してみるとむちゃくちゃかわいかった…
f0220714_1932499.jpg

よし、ここまで外堀を埋めたらあとは書くだけ。
小さな文字で埋めつくした葉書を投函するのはきっととても気持ち良いはず。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-12 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

3.11とアルベスピールト。

東日本大震災から6年ということで、この日は多くの追悼番組がありました。
もう6年もたったことに驚きますが、まだまだ震災前の状態に戻れていない方も多く、傷の深さを思います。

3月11日といえば、ZEBRAのアルベスピールトを思い出すという話は何度か書いていますが、油性ボールペンのインクのタフさで6年たってもまだしっかりと書くことができます。
f0220714_9533046.jpg

このボールペンは「労役文具」として勉強用の無罫のノートに縦線を引くために使用していますが、震災の記憶を背負うボールペンが少しでも知的な活動に役に立っていることに、何かほっとするものを感じるのでした。

アルベスピールトと同じくらい震災のことを思い出すのがサクラクレパスのフォームイレーザーWです。

震災の後、ボランティアの求めに応じて文房具を岩手県に送ったことがあったのですが、当然のようにサクラクレパスのフォームイレーザーWを詰め込んでしまい、あとで後悔しました。
すり減る速さのゆっくりした普通の消しゴムを選ぶべきだったのではないかと。

三菱鉛筆の9800もそうで、愚かな猫町はHBを選んだ気がするのですが、あそこは2Bにしておくべきでした。
消しゴムのことも鉛筆のことも子どものこともよく分かっていなかった未熟な猫町。

あの時、文房具のまとまりごとにメッセージをつけたのですが、どういう風に書くべきか本当に迷いました。
つらい人に頑張れと言ってはいけない、ということは分かるのですが、いったいどう書いたら?

結局「頑張れ」的なことを書いてしまったかもしれません。
それよりもどうせ配る際にはがしてしまうメッセージなど、ごみにしかならなかったかもしれません。
猫の付箋に書いた「大阪の文房具屋です…」という書き出しのメッセージを苦い気持ちで思い出します。

唯一のさわやかな記憶は「岩手に文房具を送りたいので文房具を少し安くしてください」と社長に言ったらその場で「このお金も使って」とためらいなく1万円札を財布から取り出してくれたこと。
そして17キロになってしまった重い箱を郵便局まで運ぶのを同僚が手伝ってくれたこと。

あれから自分は何の奉仕もしておらず、自分のことで精いっぱいの情けない日々を送っています。
が、直接東北方面に役に立つことが何一つできなくても、何か社会のために役に立てる人でありたいと思っています。

アルベスピールトはそのことを時々強く自分に思い出させてくれるのです。
[PR]
# by mukei_font | 2017-03-11 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(1)