猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2017
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか相撲の話とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(47)
(33)
(12)
(9)
以前の記事
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
ひっそりと応援している者..
by 通りすがりの文具好き♪ at 09:35
おめでとうございます!!..
by ともこ at 12:00
社長さんや同僚の方も大変..
by ともこ at 12:48
自分も今、異動する子にお..
by YAS at 10:37
7周年おめでとうございま..
by YAS at 10:29
はい!サンリオ・キティを..
by あむ at 19:18
通りすがりの者です。遅れ..
by み at 23:03
はじめまして♫ che..
by cheery_box at 21:35
7周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:22
物凄く久しぶりに書き込み..
by テトラ at 18:46
私はこれをダーマトグラフ..
by BOACK at 18:24
猫町さんこんにちは。いつ..
by 焼き魚 at 10:25
男の自分から見ると「ファ..
by YAS at 22:18
受験、大変ですよね。体力..
by ホウレンソウ at 08:17
解答は機械で読み取るので..
by あり at 01:27
素材って大事ですよね! ..
by あり at 00:37
自分も週末に軸と替芯の相..
by YAS at 14:17
こんばんは。うちの夫はミ..
by あむ at 23:16
こんばんは。 待ってい..
by YAS at 19:31
こんにちは! ひさしぶ..
by ともこ at 12:32
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


猫町と中学生36(歴史カード作り)。

記事の順番的にはコメントのレスを続けなければなりませんが、またぞろ借金がかさんできたので普通の記事をはさみます。

ここ数日、猫町はあるものを作るのに死力を尽くしておりました。
迷える中学生のための歴史カード作りです。
f0220714_22443098.jpg

カードはダイソーの名刺サイズの情報カードを使用。
結局合計350枚以上の超大作になりました。
f0220714_2246549.jpg

いまだに情報カードの正しい使い方が分かっていない猫町ではありますが、とりあえずカルタのようなものを作りたいなと思ったのです。

例えばカードの裏表に「鑑真」、「唐招提寺」と書くのではなく、「鑑真」というカードと「唐招提寺」というカードを作り、それらを自由に動かし、組み合わせられるようにできればと思いました。

そうすればカードの山の中から正しい組み合わせを見つける楽しみもあるし、ある歴史上の人物に対して、その人物と関連のある項目をいくつも横に並べながら考えを深めることもできます。

ということで、「人物カード」と「歴史項目カード」を作ることにしました。
前者は日本人を青い文字、外国人を赤い文字で作成。
後者はすべて黒い文字で作成。
時代ごとに色を変えればよかったのかも、とも思ったのですが、そんなにカラフルなペンを持っていないのと、色の力に頼りすぎるのもよくないかと思い断念。
f0220714_23135251.jpg

カードは古代から現代までを作りましたが、時系列ごとにしてしまうとどうしてもまとまりが悪くなるので、「文化史」や「外国の歴史」は少し区別して作りました。
が、それらを抜いてもやはり膨大な量ですよね…

これには理由があって、「室町幕府」と「足利尊氏」や「江戸幕府」と「徳川家康」レベルのものから作る必要があったから。
元禄文化と化政文化が混乱してるんだよなーとか、第一次世界大戦のあたりからがちょっと苦手なんだよね、という方たちはこんなことにはならないのでご安心を。

さて、これらのカードは遊びながら勉強してもらう必要があるため、答えが必要になります。
それを裏面に小さな字で書いていったのですが、これが大変でした。
1枚のカードに対して1枚のカードしかペアがないものについては簡単ですが、一人の人物が結構いろんなことをやっている場合などは、裏面に書く項目も多く、だあああこんなん書いてるうちに覚えるわい!とちゃぶ台返ししたくなることもしばしば…

さらに視覚的にメリハリをつけるため、時代区分や文化の名前を書いた猫の単語カードを用意し、それらを正しく並べることから始めてもらいました。
猫のカードの下にずらずらと名刺サイズの情報カードを並べていく感じになるのですが、見た目が楽しいのです(個人的な好み)。

また、近代史になるといろんな国の動きが重要になるので、「イギリス」や「ドイツ」と書いた猫のカードも別途作り、今はこれとこれが仲間で、こっちとこっちとは対立していて…と動かしながらやれるようにしました。

猫のカードは小ぶりでなかなかいいんですよ。
お金持ちなら全部猫のカードでやってもよかったくらい。

さて、これらのカードで早速勉強してもらっているのですが、さすがに最初は時代区分で分けました。
古代、中世、近世、近代、現代それぞれに強くなったらすべてをシャッフルして、これは誰でしょう、これは何でしょう、というのをやってみたいですね。

これだけの大作なので当然これらのカードは最終的に猫町のものになるのですが、さて今後はこれでどんなふうに遊びましょうか。
おみくじ的に1枚をぴっと引き、今日のラッキーアイテムは「水墨画」、みたいな感じで楽しむのもいいかもしれません。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-14 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(1)

コメントへのお返事(その2)。

コメントへのレスの続きです。

レスだけを読んでも意味不明なので20件ずつレスすることにし、左のコメント欄から元の記事に戻れるようにしています。
申し訳ございませんが、すべてのレスが終わるまであらたなコメントの投稿はお控えください。

なお、無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。
いつもたくさんのコメント誠にありがとうございます。

続きはこちら。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-13 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

コメントへのお返事(その1)。

大変お待たせいたしました。
松の内にはなんとか、と思っていたコメントのレスをこれから3回に分けてアップしていきます。
このあたりの松の内は1月15日なので(たぶん)。

いただいたコメントは一番古いものになると4ヶ月前の話になり(以前もこの文章を書いた記憶が…)、もうここを読んでおられない方も多いと思います。
はるか昔にコメントした気がする…という方はご自身のハンドルネームを検索しながら読んでみてください。

また、レスだけを読んでも意味不明なので20件ずつレスすることにし、左のコメント欄から元の記事に戻れるようにしたいと思います。
申し訳ございませんが、すべてのレスが終わるまであらたなコメントの投稿はお控えください。

なお、無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきますね。

続きはこちら。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-12 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

猫町とEDiT・その3(2週間ほど使った感想)。

今年はEDiTに挑戦することにした猫町ですが、2週間ほど使ってみた感想を書いておきたいと思います。

これまでの記事はこちら。

猫町とEDiT・その1(ブリリアント・ブルー)。
猫町とEDiT・その2(日曜始まりにカスタマイズ)。
f0220714_17182787.jpg

感想は一言で言うと、

「いけそう」

なんとかやっていけそうな気がします。

EDiTは当初からToDoを書くのに使うつもりでしたが、それに加えてその日にしたこと、その日に考えたことも箇条書きで書いています。
オール箇条書きなので見た目もすっきりしているし、ある程度行数を使うのでページもうまります。

罫線はありますが、罫幅が5ミリで自分の書く字の大きさと相性が良く、気になりません。
紙質も気に入っていて、適度に薄くてなめらかでいい感じです。

何よりうれしいのは、思い切って買ったEDiTをちゃんと使えているということではなく、早速EDiTが役に立っているということです。
とにかくやることもやったことも考えたことも書くので、EDiTを眺めているだけでその日が思い出せる、すなわち3年日記を書くのが非常に楽なのです。

昨年はブログの借金だけではなく、3年日記の借金にも追われまくった年でした。
3年日記を書く際は、あったことを殴り書きしたメモから記憶をたどっていたのですが、何度も書いているように猫町はバラバラになる紙片が苦手です。
しかしEDiTのおかげで3年日記のための紙片からも解放され、本当にスマートに日記が書けるようになりました。

その他にもEDiTにはいろいろな情報が集まるような工夫をしています。
結局は複数のマンスリーに散らばっていく情報も、とりあえずEDiTに書いておけば、記入する際にそれぞれのダイアリーをいちいち探さなくてすみます。
まだ1年の24分の1も過ぎていませんが、EDiTとはこの先も仲良くできる気がしています。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-11 23:59 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(2)

猫町にはできない3つのこと。

猫町には苦手なものがたくさんあります。
苦手な言葉だけでもたくさんあります。

たとえば代表的なもので@@、何度か記事にも書いた@@@、@@が@@@みたいな表現も苦手というか絶対にしたくないし…
と伏せ字だらけの文章を書くのも鬱陶しいのでやめます。

今回書きたいのは猫町にはできない3つのこと。
もちろん文房具関係の話。

1つめは筆記具のバーコードをはがすこと。
2つめは手帳や本の栞紐を使うこと。
3つめはノートの表紙にタイトルを書くこと。

こうして書いていても「ああ…」と思わず声がもれるほどに苦手です。
できないのです。

1つめのバーコードシールについては以前記事にしましたね。

筆記具に貼られたシールとかバーコードとか。
ロフト限定ジェットストリーム。

頭では「はがしたほうがいい、絶対にそのほうがかっこいい」と分かっているのですが、自分ではどうしてもできないのです。
文具店員時代の性というか、「はがしたら終わり」と思ってしまうのでしょうか。

2つめの栞紐は使えないわけではありません。
が、できたら使いたくないのです。

本を読む時なども、栞紐の部分を折りたたまれたそのままの形でキープしてそっとページをめくり、紙の栞をはさんでしまいます。
書店員時代の性というか、「栞紐を美しいまま保たなければ」と思ってしまうのでしょうか。

そして3つめのノートの表紙のタイトルは…
これはもう本当に無理無理無理無理無理!なのです。

小学生の頃は書いていましたが、中学生の頃にはワープロで打った紙を切って貼っていたほどですからね。
手書きが好きなくせに、こういうのはすごく下手だということが昔から分かっていたのだと思います。

大きめの字が下手&マーカー等の使い慣れない筆記具&取り返しのつかなさ。
そう、取り返しのつかなさですよ。
ノートという完成度の高いものを自分の字によってダメにしてしまうそのガッカリ感。

じゃあ何もしなくていいじゃないか。
バーコードシールは貼ったまま、栞紐は折りたたんだまま、そしてノートの表紙は空白のままでいいじゃないか。

が、そうもいかなくなってきたのです。

昨年の誕生日にダイソーのノートを10冊買ったと記事にしましたが、猫町は本当にこのノートが好きで、すでに6冊このノートを使っています。
そしてこれらの大半を同時進行で使っていること、しょっちゅう昔のノートも必要になることなどから、どうしてもノートの見分けをつける必要性が出てきたのです。

これは大の苦手であるノートの表紙のタイトルを書くべき時が来たのではないか?
中学生の頃のように印刷した紙を貼るか?
テプラはないぞ?

など毎日悶々としているのですが、おあつらえむきにダイソーのノートは表紙にタイトルを書いてください、みたいになっているんですよね。
ああ。
こういう時に気負わずささっと書ける人になりたかった。

あと、背表紙で見分けるナイスアイデアをお持ちの方はこっそり教えていただけると助かります…
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-10 23:59 | 文房具与太話 | Comments(6)

猫町と中学生35(入試に使うべき筆記具)。

いよいよ入試が近づいてきましたね。
雪のニュースなどを見ていると、どうして入試は冬なんだろうと思うのですが、夏だったらもっと嫌だな…

さて先日、中学生の親御さんに「筆記具や筆箱のアドバイスもしてほしい」と言われたのですが、反射的に答えたのは「オレンズはやめましょう」ということでした。

これはぺんてるのオレンズが駄目ということではなく(実際小さめの字になるはずなので、入試向きではないと思いますが)、どう見ても教えている中学生には合っていないと思うからなのです。
とにかく芯を折る。
折りまくる。

普段はそれでもいいのかもしれませんが、入試の時はせめて芯を折らないシャープペンを使ってほしい。
というか、普通に0.5を使ってくれーーー
クルトガとかDr.グリップとか、あなたの中では二軍かもしれない人たちを使うんだーーー

いくら文房具が好きでブログを書いているとはいえ、入試にはこれがいいよ!なんて軽々しくは言えないなと思います。
人それぞれなので。

もし言えることがあるとすれば、「トラブルになりそうな筆記具は避けよう」ということと、「使い慣れた筆記具を使おう」ということになってくるのではないでしょうか。

芯が折れにくいらしい、ということで今さらZEBRAのデルガードをすすめる気にもなれません。
使い慣れていないからです。
これまで使ってきたものの中で、より無難なものを手に頑張ってほしいと思います。

トラブルになりそう、ということで言うと、自分はよくても他人に迷惑をかける系のものも個人的には許せません。
例えば20回くらい振り回してやっと芯が出るシャープペンを使っている中学生がいるのですが(芯が短いわけではなく壊れているようです)、

「それ、もしテスト中にやってたら破門じゃぞ」

とまでは言いませんでしたが、「家で使う分にはいいけど、テスト中に振り回して人に迷惑かけるような雑魚な真似はよせ」とは言いましたね(似たようなものか)。

まあ、入試当日に必要なのは学力や集中力、そして万全の体調ということになってくるのだとは思いますが、信頼できる文房具を試験会場には連れて行ってあげてほしいなと思います。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-09 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(5)

猫町と3年日記・その17(3年目の3年日記)。

3年目の3年日記。
この充実感がお分かりでしょうか。

2015年から始めた3年日記もいよいよ今年で3年目。
3年分書けるようになっているページの最下段に記入すべき時がついに来たのです。

もともと自分の字はみちみちとしている上、昨年からは1文字の隙間もなく行を埋めることを自分に課しました。
なので、最後の行まで書ききったページの密度たるや尋常ではありません。

こんなにも1ページに文字をぎっしり書いて使うノートというのは他にはなく、1ページが終わるごとに自分の耳にはマリオがコインを取る時のチーンという音まで聞こえるのでした。
それくらいのスペシャル感はあります。

おそらく今年も借金をためこんではまとめ書き、というぶさいくな日記のつけ方になると思います。
それでも1ページ1ページ、チーンチーンと仕上がっていくのだと思うと、連用日記の最終年というこの素晴らしい瞬間を楽しまなくては、と思うのです。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-08 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(2)

ZEBRA・サラサクリップビンテージカラーの落とし穴。

年明けのめでたいうちはいい話ばかりしないといけない気がして控えていたのですが、いつものような落とし穴エピソードをよろしいでしょうか。

自分という人間は本当に落とし穴によくはまる奴でして、この機会に「落とし穴タグ」を作ってやりました。
これでこれまでの落とし穴遍歴が一目瞭然(左側のタグの欄を見てね)。

さて、今年最初の落とし穴はと言いますと、ZEBRAのサラサクリップビンテージカラーのダークブルー。
このインクが実は通常のブルーブラックと同じだったと知ってました?
知らなかったの猫町だけ?
f0220714_924529.jpg

写真はビンテージカラーのダークブルーとブルーブラック(フレッシュパラダイス)ですが、なんと両方とも同じ芯のようです。
とほほ…
f0220714_9251764.jpg

実はこれ、昨年ビンテージカラーの記事を書いている最中に気づいたのですが、個人的に2016年に出た文房具の中で一番いいと思っていたのであえて黙っていたのです。
気づかなかった自分にも腹が立って。

で、この情報ですが、ちゃんとメーカーのHPにあるんですよね。
まず最初に見たこちらの記事ではちょっと分かりづらいです。
新商品が出るんだ、ということに目がいって、インク色まで慎重に見る余裕がありませんでした。

自分が気づいたのは通常のサラサクリップのページです。
限定かなあ、定番になるのかなあと画面をスクロールして「!?」。
え、「インク色:ブルーブラック」って何…みたいな。

これが分かっていたら少なくともコンプリートすることはなかったでしょう。
ああ、慎重に生きているつもりがこのざまですよ。

一番悔しいのは1本余計に買ったことではなく、ダークブルーという軸に入っていることで、インクの色まで通常のブルーブラックよりも濃い色に見えてしまったことです。
思い込みって本当に恐ろしいですよね。
青好きなのにこの程度か、と本当に腹が立ちます。

まあ愚痴はこれくらいにして、今年はこのペンたちをたくさん使ってあげられたらと思っています。
コンプリートしたおかげで1本ずつだと微妙な見た目も、5人揃うとなんだかかわいく見えるのももうけものだと思っておきましょう。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-07 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

まだかなまだかなネコ柄デルデ。

昨年末、下記の記事を書きましたが、日に日にデルデが欲しくなっています。
特にネコ柄

来年使ってみたい文房具・その1(サンスター・デルデ)。

というのも、赤ペンの探究などを始めたことからペンがさらに増えてしまいました。
中学生のところに行く時は最低限の筆記具が入る細いペンケース(鉛筆専用ペンケース)を持って行くのですが、もうパンパンでファスナーが閉まりません。

あれ、おかしいぞ。
自分はもっとガツンと入るやつを持っていたはず。
しかもかわいいやつ。

(しばらく部屋を探し回る)

デルデか…
まだ買ってなかった…

と、幻まで見る始末。
発売されたらすぐにネットで買うんだフフン。

唯一の不安は一度も実物を見ていないことで(デルデ自体は見たことがあります)、めっっっちゃ派手で黄色の部分が目つぶし!みたいな明るさだったらどうしようということですが、中学生に自慢したいのでそれくらいのインパクトがあってもいいはず。

そうなのです。
いくら中学生に文房具が好きだと言ってみても、持っている文房具が渋すぎてまったく説得力がないので、ここらで一度ガツンと目を引くアイテムをという下心もあるのでした。

何せ、寿司柄の布製ペンケースに鉛筆数本(こちらとしてはいろいろ調べている)、消しゴム(同様にこちらとしてはいろいろ調べている)、いろいろな芯が入った赤ボールペン数本(もちろん重要な調査中)では地味なのです。

早く来い来いネコ柄デルデ。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-06 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

年末の燃え尽きと記事の宣伝。

昨年末はいろいろ大変でした。

自業自得ですが大晦日が特に大変で、1日に9本も記事をアップする羽目になり、誰も見ていなかったでしょうが、23:30からの猫町は、いや23:50から23:59までの猫町はまさに鬼脚炸裂。
ああ、自分は競走馬なら典型的な追い込み馬だなあと思ったしだいです。

こんな風に相当無理をしたので、新しい年が始まってもまったく書く気になれませんでした。
ダイアリーもいろんなノートも1月1日から始めると気持ちがいいと分かっていながら気が乗らないのです。
いただいた年賀状の返事もなかなか書く気になれないほど疲れてしまいました。

三が日をぼんやり過ごし、最近ようやく書くことを始めました。
ダイアリーはさすがにさかのぼって1月1日から記入しましたが、普通のノートの日付は少し遅れた感じでのスタートとなるでしょう。
まあこういうゆるさを許せる年にしたいなと思いますね。

ということで、今年もここをのぞいてくださっている皆さんへ。
年末に一気に記事を更新したので、できたらさかのぼってお読みいただけるとうれしく思います。
特に筆箱拝見記事はこのまま流れてしまうのはもったいないので。

愛知県豊橋市からお越しの旅する二人組ニッシーさん&えりのきさん

筆箱拝見!~ニッシーさん&えりのきさん篇(2回目)・上~
筆箱拝見!~ニッシーさん&えりのきさん篇(2回目)・下~

現役東大生りとそんさん

筆箱拝見!~りとそんさん篇・上~
筆箱拝見!~りとそんさん篇・下~

「書くこと」でもりあがった岐阜県のふりふりばななさん

筆箱拝見!~ふりふりばななさん篇~

いずれも素敵な時間でした。
ありがとうございました。

まだまだアップできていない筆箱拝見記事がたくさんあります。
今年もぼちぼちやっていきます。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-05 23:59 | わたくしごと | Comments(2)

けしごむーず18(大発会の巻)。

消しゴムたちが何かを話しています。

「あけましておめでとう」
「おめでとう」
「今年もよろしくな」
「初夢どんなんやった?」
「とりあえず富士山の夢じゃなかったわ」

「今年もう働いた人!」
「はい!」
「はい!」
「「「「「おお…」」」」」
「AIR-INちゃんやW AIR-INちゃんめっちゃ働くなあ」

「なあ、もうすぐ集まらなあかんのちゃうん」
「そやな鐘鳴らさな……アッ」
f0220714_015561.jpg

「ギャーーーーー」
「出たあ」
「最悪」
f0220714_0161489.jpg

「尻尾の一振りでCESSちゃんが弾き飛ばされたぞ」
「CESSちゃあああん!」
「CESSちゃあああん!」
f0220714_016293.jpg

[PR]
# by mukei_font | 2017-01-04 23:59 | 消しゴム | Comments(0)

年賀状2017あれこれ~宛名を横書き~

世間ではもう仕事始めでしょうか。
ちなみに猫町の仕事始めは1月2日でした。

さて、年賀状の話を続けますが、今年の年賀状は宛名を横書きにしてみました。
裏面が横書きの場合は宛名を横書きにしてもいい、とミドリのHPの「手紙の書き方」の「宛名の書き方(はがき)」にあったので。

横書きにしてよかった点は、住所や名前をさほど大きな字で書かなくてもよいという点でした。
比較的書き慣れた大きさの字を書き慣れた横書きで書くのは心理的にも非常に楽で、大量の宛名書きも今回はスムーズだった気がします。

そもそも使っている万年筆のペン先がF(細字)なので、今までが無理をしすぎていたのかもしれません。
今回は万年筆の調子がすこぶる良く、一人で味わっているのがもったいないくらいでした。

今年はこの流れで万年筆と仲良くできればいいなと思っているのですが、さてどうなることやら。
目標を立ててしまうと「そうはさせるか」と神様(?)が立ちはだかってしまうので、ふんわりと夢見ておきます。
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-03 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

謹賀新年(文房具バージョン)。

今年は年賀状を幾パターンも作りました。
使うはんこは同じでもインクの色を変えたり、押し方を変えたり。

で、一度やってみたかったのが、文房具好きの方々には文房具バージョンの年賀状を作る、というものでした。
うさむしのはんこの中から文房具に関するものを選び、こちらもいろんな押し方をしてみました。

筆記具あり、LIFEのノートあり、原稿用紙あり…
今年が受験の方にはゴールドのインクで押してみたり…
f0220714_921237.jpg

スペシャルバージョンはこちら。
ご存じ猫町の一番のお気に入り、ハイブリッドテクニカです。
腰は爆発しそうでしたが、受け取る人の顔を思い浮かべながらの作業は幸せな時間でもありました。

…などと喜んでいるのは自分だけで、おせちバージョンのほうがよかった…と言われてしまいそうですが。
f0220714_922728.jpg

Copyright© 2017 usamusi Works All Rights Reserved.
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-02 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

謹賀新年。

「よいお年を」と「あけましておめでとうございます」の間が数秒しかないような、そんな年末年始でした(2年連続)。

今年は愚かな努力はやめ、これまで以上に謙虚に静かに生きていくことにします。
今年もどうぞよろしくお願いいたします。
f0220714_19442157.jpg

Copyright© 2017 usamusi Works All Rights Reserved.

なお、年賀状のやりとりについてはこちらをお読みください。
少しずつ減らしていきたいと思っております。
ご理解ください。

年賀状2017あれこれ~お詫びとお願い~
[PR]
# by mukei_font | 2017-01-01 19:58 | レター用品・スタンプ | Comments(0)

おおつごもり2016。

大晦日です。
今年もこのタイトルの記事にたどり着くことが出来ました。

1年に365本の記事を、というのがここ数年の自分の目標なのですが、今年はほとんどの記事を日付通りに書くことが出来ず(いわゆる借金)、非常に苦しい1年でした。
それでも366本の記事を書くことが出来たこと、またその記事を読んでくださる方に恵まれたことに感謝したいと思っています。
本当にありがとうございました。

来年はどうしようかと正直迷います。
もっと勉強をしたり、身近な方へこまめに手紙を書いたり、するべきことはたくさんあるように思います。

が、どんな日々を選んでもそこに必ず文房具があるんですよね。
そんな毎日がある限り、自分は文房具について考え続け、また書き続けるのだろうと思います。

それでは皆さんどうかよいお年を。
[PR]
# by mukei_font | 2016-12-31 23:59 | わたくしごと | Comments(0)