人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(97)
(60)
(34)
(33)
(9)
以前の記事
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
確かにリフィルの形状によ..
by alchemie0629_a20 at 00:45
遂にプレスマン買いました..
by しんじょう at 20:15
こんにちは! 言われて..
by ともこ at 07:33
> くらさん カラーバ..
by mukei_font at 22:56
> ゆいとまるさん 貴..
by mukei_font at 22:52
> あるけみさん カナ..
by mukei_font at 22:48
> あみさん 分かりま..
by mukei_font at 22:47
> あるけみさん かっ..
by mukei_font at 22:45
> 輪音さん クイズに..
by mukei_font at 22:42
> さかなさん カドケ..
by mukei_font at 22:39
> あるけみさん クイ..
by mukei_font at 22:34
> あるけみさん 水色..
by mukei_font at 22:26
> あるけみさん いつ..
by mukei_font at 22:22
> りおさん プレフィ..
by mukei_font at 22:18
> なぎねこさん サラ..
by mukei_font at 22:14
> まっくすさん 三菱..
by mukei_font at 22:05
> pswさん 古い記..
by mukei_font at 23:10
> 非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:07
> kyさん 情報あり..
by mukei_font at 23:04
>輪音さん シードが作..
by mukei_font at 22:50
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


シャープペン、濃い人薄い人。

猫町シャープコレクションとして0.5の5人と0.7の4人をご紹介しましたが、中に入れている芯についても書いておきます。

0.5も0.7も濃い人と薄い人に大別しています(濃い人★薄い人☆)。

〈0.5〉

★ぺんてる・P200 for BOYS & GIRLS →ぺんてる・シュタインB=濃い
★PILOT・2020(フレフレ)→買った時のまま(PILOT・グラファイトHB)=濃い
☆POINTシャープペンシル→買った時のまま(おそらくHB)=薄い
☆ZEBRA・カラーフライト→買った時のまま(おそらくHB)=薄い
☆サクラクレパス・レトリコシャープ→買った時のまま(おそらくHB)=やや薄い

〈0.7〉

★ステッドラー・製図用シャープペンシル925 75→ぺんてる・シュタインB=濃い
★Three Starシャープペンシル→コクヨ・キャンパスシャープ芯2B=濃い
☆カランダッシュ・849コレクション・シャープペンシル→買った時のまま(おそらくHB)=かなり薄い
☆ぺんてる・P207→買った時のまま(おそらくHB)=普通

同じHBでも濃さに違いがあると思うのでそのあたりは個人的な感覚で使い分けています。

ちなみに一瞬の代役であれば、0.5の★は0.7の代わりをすることもでき、0.7の☆は0.5の代わりをすることもできる感じです。
このあたりが0.5と0.7のおもしろいところだと思っています。

# by mukei_font | 2020-01-26 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)

猫町シャープコレクション・0.5白。

先日の「猫町シャープコレクション・0.7青」に引き続き、今日は「猫町シャープコレクション・0.5白」について書きたいと思います。

「猫町といえば青」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、0.5の白も0.7の青と同様にいつの間にかそうなっており、それ以降意識してそういう方向でそろえている感じです。
猫町シャープコレクション・0.5白。_f0220714_20081937.jpg
左から、


この中で一番最初に購入したのはぺんてるのP200。
その後レトリコシャープ、POINTシャープペンシルと買ううちに自分は白軸が好きなのではないかと思い始め、ZEBRAのカラーフライトあたりからは意識して買いました。
もっともカラーフライトは定番のホワイトではなく限定カラーのアイボリーなのですが。
PILOTの2020(フレフレ)を買う頃にはもはや白軸以外は欲しくないというくらい白軸派になっていました。

写真を見て分かるようにどれも似ています。
パイプがすっと伸びていて、グリップはラバーがなく細め。
シンプルな細身の軸のシャープペンの下の方をぎゅっと握って書くのが好きです。

ちなみにPOINTシャープペンシルをすすめてくださったのはシャープペン同好会のisuさんです。
無罫フォントのトップにある画像の猫町のペンの持ち方を見て、きっとこのペンも気に入るはず、と教えてくださいました。
isuさんありがとうございました。

0.7の青軸同様、白にもいろいろな白があり、それぞれに良さがあるなと思います。
猫町シャープコレクション・0.5白。_f0220714_20082297.jpg
POINTのホワイトはかなり黄色っぽく雰囲気があるし、カラーフライトのアイボリーはロゴの水色の文字との相性もかわいい。
レトリコシャープのホワイトは卵の殻の色みたいだし、P200のオフホワイトは黄色すぎず白すぎない白という感じ。
2020のクールなホワイトもいい。

で、白色度の順番に並べたいなと思ったのですが、白色度の定義もよく分からず、例えば下の写真のうちどちらが正しい順番なのでしょうか。
猫町シャープコレクション・0.5白。_f0220714_20082550.jpg
猫町シャープコレクション・0.5白。_f0220714_20082779.jpg
POINTとカラーフライトのアイボリーは明らかに黄色っぽいのですが、レトリコのホワイトやP200のオフホワイトをどう考えるべきかよく分からないのです。
色に詳しい方、ぜひアドバイスをお願いいたします。

普段は0.7をメインで使っていることもあり、これら5本は細かい文字を書く作業やダイアリーへの記入に使っています。

中の芯をHBのままにして硬質な字を書けるようにしたタイプと、中の芯をやわらかいものに替え、0.5だけどやさしい字を書けるようにしたタイプとに分け、手元にお目当ての軸が見あたらなくてもそれに代わる働きをする軸が何かしら手近にあるように配置しながら使っています。

こちらも5本という手に負える数なので、それぞれに役割を果たしながら仲良く過ごしているのではないかと勝手に想像しています。


# by mukei_font | 2020-01-25 20:36 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)

夢に出てきた文房具たち。

どうでもいいことをこっそりメモしておきます。

しばしば夢に文房具が登場するのですが、それらがいちいち微妙だったりしょぼかったりするので夢の内容とともに書いておくことにしました。

まったくどうでもいい自分のためだけの覚え書きです。

ニチバン・かくれんぼくん

兄と雑談をしていると兄が「職場の文房具に不満がある。『かくれんぼくん』を普通のセロハンテープのように使う奴がいて腹が立つ」などと言い出す。
「いいねーいいねー文房具に興味のない人のそういう発言」などとメモをとろうとする。

三菱・ウッドノート

フリーマーケットで文房具を売ろうとしている。
三菱のウッドノートとかいうカラーペンのシリーズが全色そろっており、それなりの価格を付けるが麒麟の川島が値切ってくる。
あまり安くしたくないのでその手には乗るまいとするが、川島は見たこともない硬貨を出してきて攪乱しようとする。

ラベルシールをはがしたあとの水色の紙

テレビでよく見るような有名な政治家の手伝いをすることになり、重要なメモを渡されるが、ラベルシールをはがしたあとの水色のつるつるした紙がメモ帳になっており、すでにインクがはじかれて読みにくくなっている。
なんでお金がいっぱいあるのにこんな紙をメモ帳にしてるんやろ、今後は何で書けばえんや、と焦る。

サンリオ・ザ ボードビルデュオのノート

しょぼい町のしょぼい建物でしょぼいフリーマーケットが行われている。
軽く流そうとするがふとサンリオのザ ボードビルデュオのA5サイズのノートを見つけてしまい、欲しくなる。
その時どうでもよさそうなおじさんがパッとそのノートを手に取ってしまう。
しまった…と急に欲しくなり、そのおじさんが飽きてもう一度置くのを待ちながらじりじりと間合いを詰める。

この記事を書くために「かくれんぼくん」を検索してまだあることが分かったり、ぼんやりとしか像を結んでいなかった木軸のカラーボールペンが三菱のウッドノートという名前だと思い出せたことは本当によかったです。

夢日記というのは文章にすると死んでしまう部分もたくさんありますが、書き起こすことでむくむくと成長する部分もあってやはりおもしろいなと思いました。

それにしても登場する文房具が地味すぎ&シチュエーションせつなすぎ…

# by mukei_font | 2020-01-24 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

猫町シャープコレクション・0.7青。

こうなることが分かっていたので常日頃全力で@@を避けて生きてきたのですが、やはりなかなか治りませんね…

外見はミドルエイジでも体力はシニアな猫町です。

さて、気持ちだけでも前向きに頑張っていきたいので(空元気)楽しい記事を書きたいと思います。

以前、ステッドラーの製図用シャープペンシル925 75についての記事の中で、「0.7が青色、はい決まり」と即購入を決断したと書きましたが、それは青色が好きだからという意味ではないのです。

猫町の中では「0.7シャープは青色」という決まりがあるからなのです。
というかいつの間にかそうなっていて、それ以降意識してそういう方向でそろえている感じなのですが。

ということでこちらが猫町シャープコレクション・0.7青。
猫町シャープコレクション・0.7青。_f0220714_09472217.jpg
上から、

カランダッシュ・849コレクション・シャープペンシル

ぺんてる・P207

ステッドラー・製図用シャープペンシル925 75

Three Starシャープペンシル

どれもそれぞれによさがあって、毎日本当によく使っています。
これくらいの本数なら使われずにさみしい思いをする軸もなく平和ですよね。
猫町シャープコレクション・0.7青。_f0220714_09472601.jpg
青がどれも違うのもいい。
ずっと眺めていられる自慢のコレクションです。

# by mukei_font | 2020-01-23 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)

布団の中から文具話・その21。

すでに布団の中です。

咳がなかなか治らず肩こりの頭痛もきついので文房具について考えるのは明日以降にします。

こんなふうに眠ると夢の中に文房具が出てくるのですが、夢に登場した文房具のエピソードについてもまた後日書きたいと思います。

濡れマスクはかなりいいですね…
咳がおさまっているうちに寝ます…zzz

# by mukei_font | 2020-01-22 23:48 | わたくしごと | Comments(0)

気になる新商品〈三菱・uni-ball one(ユニボールワン)〉。

ははあん…
これはかなり気になりますなあ…

三菱のプレスリリースで2月26日にuni-ball one(ユニボールワン)というゲルインクボールペンの新商品が出ることを知ったのですが、水性顔料インク(になるんですよね?顔料を使用とあるし)で0.38なら買わない理由がありません。

問題は芯の形状です。
UMR-38Sってどんな芯だろう。

単色のノック式ゲルインクボールペンの替芯なら従来のUMR-8xシリーズと互換性があってほしいけど、ジェットストリームエッジの替芯が従来の単色芯であるSXR-5やSXR-7の形状じゃなかった、みたいな落とし穴があったりするのでしょうか。

うーん…どうなんだろう。
そこが一番重要なところなんだけどなあ。

もしUMR-83と互換性があるならまず芯だけを買ってみたいです。
こんなユーザーばかりだと困るから芯の形状を変えた、とかだったら悲しい…

UMR-83信者の自分としては今のインクにまったく不満がなく、一層濃い字が書けると言われても戸惑ってしまうのですが、速乾性の高い顔料系インクというのも気になるし、詳細が分かるまではかなりそわそわしそうです。

# by mukei_font | 2020-01-21 23:54 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)

布団の中から文具話・その20。

英語の勉強のために海外の人とぽつりぽつりと文通したりするのですが(ネット上で)、ドイツの人とやり取りをする機会があり、

「自分は文房具が好きでステッドラーやファーバーカステル、ラミーなどのドイツの文房具も好きです」

と書いたら、「使っていますよ!」という返事が来て当たり前のことかもしれないのになんだか感動してしまいました。

サムライやニンジャがいる国なのかな…と思っていたら、「アイ・アム・ア・サムライ」みたいな返事が返ってきた感じ? 

全然違いますよね…

でもなんかうれしかったんです…

# by mukei_font | 2020-01-20 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

布団の中から文具話・その19。

Oh...

想像以上に疲れていたようで、こたつで眠ってしまっていました。

文具話になるのかどうか微妙ですが、年賀はがきのお年玉くじは全滅でした。
あんなに一生懸命たくさん書いたのにごほうび(?)がゼロだなんて…

ちなみに家人に届いた年賀状の中には当たりがあり、幸いお年玉切手を目にすることはできそうです。

そのチェックの際に、フリクションで書かれたらしき年賀状を見つけてしまったことが今日の発見かもしれません…

# by mukei_font | 2020-01-19 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

布団の中から文具話・その18(大阪文具旅の思い出)。

こたつの中で寝ていました…

このままシャープペンの話を続けたかったのですが、もう少し時間のある時にしたほうがよさそうですね。

何にしろ今自分が一番よく使う筆記具はシャープペンで、たとえ衝動買いしてもそれを使う機会がふんだんにあるというのはいいことだと思っています。

実は大阪文具旅の時、最初はぺんてるのプラマンの限定色をいくつか買うつもりでした。

それをPILOTの2020を見つけたあたりから流れが変わり、ヴー………としばらく迷った後プラマンをすべて元あった場所に戻し、シャープペンと消しゴムに切り替えたのでした。

あれは正しかったな。
プラマンもよかったけど、シャープペンほどは使わなかったに違いないから。

これからも衝動買いしてしまいそう…zzz

# by mukei_font | 2020-01-18 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

ステッドラー・製図用シャープペンシル925 75。

昨年の増税前の大阪文具旅で実はPILOTの2020(フレフレ)以外にも買っていたシャープペンがありました。

ステッドラーの製図用シャープペンシル925 75の0.7です。
ステッドラー・製図用シャープペンシル925 75。_f0220714_23210110.jpg
シャープペン売り場を徘徊していてラスト1本となった2020(フレフレ)のホワイトをなめらかな動きでカゴに入れた直後に目に飛び込んできたステッドラー。

ステッドラーはかっこいいのは十分分かるものの、どうもあの製図シャープ製図シャープした雰囲気と爪を削るやつみたいな質感のグリップが苦手で、使い心地云々の前に持っていてもなかなか手が伸びないシャープペンです。

が、今回目にした925 75は樹脂製の軽くて親しみやすそうな軸だし、グリップ部分も軸がぎざぎざになっているだけの安心設計。

こういうのでいいんだよこういうので…

それに0.7が青色、はい決まり。
というわけで、こちらも実になめらかな動きでカゴに入れて購入と相成りました。
ステッドラー・製図用シャープペンシル925 75。_f0220714_23210471.jpg
買ってきてすぐに使い始めましたが、個人的に0.7以上のシャープペンに硬い芯を入れて使うのは好きではないためすぐに芯をぺんてるのシュタインのBにチェンジ、以降それで使っています。

平凡な感想ですが、やはりあの気位の高そうな意地悪グリップじゃないところが庶民の自分にはうれしく、寒い季節に冷やっこくないところもありがたい。

正直軸はもう少し重くてもいいかなと思うのですが、樹脂製のちょっとチープなステッドラーをとても気に入っています。
ステッドラー・製図用シャープペンシル925 75。_f0220714_01310014.jpg

# by mukei_font | 2020-01-17 23:34 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)

布団の中から文具話・その17。

もうこんな時間…

シャープペンのことを書くか鉛筆のことを書くか迷っているうちに日付が変わりそうです。

シャープペンは昨年記事にできなかったマイコレクションに関するもの。
せっかくなので時間のある時にじっくり書きます。

鉛筆はキッズとの攻防に関するもの。
こちらについてはもう少し調査してみます。

皆さんどうか良い夢を…

# by mukei_font | 2020-01-16 23:52 | わたくしごと | Comments(0)

ファンシーメモパッドとの戯れ・その1。

先週ようやく年賀状の返事を出しました。
年初から仕事だった上に@@を引いてしまい、なかなか落ち着いて葉書に向かえませんでした。

とはいえ今さらポストにさみしく年賀状が届くのも…と思い封書にすることにしたのですが、せっかくだからちょっと遊んでみようかな、といろいろ試してみた話を書いておきたいと思います。

まず年賀状を同封するためには洋2封筒が必要、ということでクラフトの封筒を用意。
クラフトの封筒というのはスタンプやマスキングテープをあしらえば無限にかわいくなるアイテムではありますが、基本的にちょっと地味なんですよね。

うーむ。
思い切って何か貼るか?
そこで思いついたのがファンシーなメモパッド。
ファンシーメモパッドとの戯れ・その1。_f0220714_21385118.jpg
とてもかわいくて気に入っているのですが、メモ帳なのに絵柄の主張がやや激しかったり、書く面積が狭かったりしてどういう風に使いこなすのがいいのかよく分からないメモパッドがあるのです。
ファンシーメモパッドとの戯れ・その1。_f0220714_21385673.jpg
これをべたっと封筒に貼り付けて宛先なんかを書いてしまおう。
最初から柄物の封筒なんだと思えば派手すぎて宛名が読めないということもないはず。
ファンシーメモパッドとの戯れ・その1。_f0220714_21385919.jpg
ちょっと子どもっぽい感じになりましたが、冬の冷えたポストの中にカラフルなものが届くのはちょっといいかなと思ったりしました。

# by mukei_font | 2020-01-15 21:50 | その他紙製品 | Comments(0)

布団の中から文具話・その16。

時間も遅くなってしまい、今から濃い話もできそうにありません。

小さな声で告白すると、今日ようやく3年日記を始動しました。
2週間遅れのスタート?

ノン。
2019年の11月からストップしていたものをスタート。

あらゆる「記録」で自分を縛っているからこそ続いている3年日記。
短いスペースでキュッと文章をまとめる練習をしたい方におすすめです(ヤケクソ)。

# by mukei_font | 2020-01-14 23:57 | わたくしごと | Comments(0)

ダイアリーを継ぐもの。

新しい年が始まってから書く記事ではありませんが、ダイアリーの引き継ぎのことなどをぼんやりと考えていました。

ダイアリーの引き継ぎにおいてもっとも重要なのは「年をまたぐスケジュールや重要事項の転記」ではないかと思うのですが、自分の場合はそれに加えて「ダイアリーのポケットを定位置とする重要物の移動」というのもあるなと思いました。

例えばこちらはダイアリーが何に変わってもずっとダイアリーのポケットに入れておきたい物たちです。
言わばお守りですね。
ダイアリーを継ぐもの。_f0220714_23513458.jpg
ずっとはさんでいるので薄汚れていますが、薄汚れたまま来年、再来年とずっとダイアリーを継いでいくであろう存在なのです。

皆さんのダイアリーにもこういう謎な部分があればいいなと思っています。

# by mukei_font | 2020-01-13 23:55 | 手帳・日記・家計簿 | Comments(0)

猫町とEDiT・その37(EDiTを隅々まで使い尽くす)。

前回の続きです。

今年はダイアリーをマークスのEDiTと高橋のティエラしか使わないと決めた猫町。
これまでいろいろなダイアリーを使って書いていた記録をこの2冊のいずれかに書かなければなりません。

ということで、今年の競馬ダイアリーをEDiTにどう記入しようかと考えたのですが、あらためてEDiTをしげしげ眺めてみるとまだまだ使いこなしていないページがあることに気づきました。

例えば月の初めにあるこのページ。
猫町とEDiT・その37(EDiTを隅々まで使い尽くす)。_f0220714_19091510.jpg
THEME(今月のテーマ)
PLANNING LIST(月間プラン)
猫町とEDiT・その37(EDiTを隅々まで使い尽くす)。_f0220714_19091824.jpg
EXPENSE LIST(今月の支出)
猫町とEDiT・その37(EDiTを隅々まで使い尽くす)。_f0220714_19092067.jpg
RECORD(記録しておきたいこと)
猫町とEDiT・その37(EDiTを隅々まで使い尽くす)。_f0220714_19092327.jpg
このページを使おうではないですか。

目を付けたのはRECORDの欄。
数えると6マスあり、基本的に日曜日の競馬しかやらない自分にぴったり。

新聞記事の切り抜きを貼るのは昨年も結局続かなかったし、今年は自分の勝敗のメモだけにしよう。
いつも少ししか買わないのでこの面積で十分。

記入は昨年同様シャープペンを使うからミスも平気。
カタカナを書くのが好きなので馬の名前を書いているだけでストレス解消になるのもいい。
猫町とEDiT・その37(EDiTを隅々まで使い尽くす)。_f0220714_19092641.jpg
いきなり外してるし。

# by mukei_font | 2020-01-12 19:20 | 〈猫町とEDiT〉 | Comments(0)