猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(70)
(41)
(33)
(23)
(9)
以前の記事
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
はじめまして。読み応えあ..
by tenohirakoubou at 17:12
はじめまして。いつも素敵..
by kikki at 14:04
猫町さま、こんにちは。 ..
by さかな at 08:18
芯の太さとかも考慮してカ..
by alchemie0629_a20 at 16:53
こんにちは㈳..
by noyo0843 at 08:56
こんにちは。 妹さん情..
by ともこ at 12:52
コクヨのえんぴつシャープ..
by ふりふりばなな at 23:43
追記です 002では問..
by ksjj at 15:25
UMR-83を少し切って..
by ksjj at 12:41
猫町さま、毎回新製品情報..
by さかな at 13:32
ワタシも2冊の手帳を使っ..
by cheery_box at 10:04
猫町さま、こんにちは。 ..
by さかな at 21:18
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 18:16
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 06:19
文具メーカーコラボと言え..
by alchemie0629_a20 at 14:23
早速サイトを見たら、そえ..
by alchemie0629_a20 at 02:34
学生時代は割と手紙を書く..
by alchemie0629_a20 at 08:24
>ティータさん はじめ..
by mukei_font at 18:18
>あるけみさん 勉強関..
by mukei_font at 18:17
>さかなさん コメント..
by mukei_font at 18:17
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ちょっとした贈り物の定義。

実は昨年からずっと考え続けていることの一つに「ちょっとした贈り物の定義」というものがあり、ひょっとしてもう記事にしたのではないかと思って検索するとまだ書いていませんでした。

ちょっとした贈り物。

しばしば耳にしますよね。
自分もさんざん書いてきました。
コラムを書いていた頃は特に多用していた表現だったと思います。

しかし、その定義とはいったい?
ちょっとした、ってどのくらい?

身も蓋もない言い方をすれば、おそらくそれは人によりけりでしょう。
ある人にとっては「ちょっとした」ものでも、自分が受け取れば「ごっついええもん」になる可能性は大いにあります。

ちなみにその逆はない気がしていて、自分が「ちょっとしたもの」を贈った場合は「うん、ほんまにちょっとしたものやね、てゆうかこれはいったい…」となりそうというか、もうなってきた気がします…

そんな風に考えるといつも話がぼやけてしまうのですが、ここは気を取り直して定義のようなものを考えてみたいのですが、

定形郵便、あるいは定形外郵便の比較的安い送料で送れるもの

とするのはいかがでしょうか。

あ、もちろん金券とかそういうのはなしですよ。
金の延べ棒とかもなし。

なぜ定形郵便や安価な定形外郵便にこだわるのかといえば、洋2封筒や長3封筒、あるいは角2封筒の普通の郵便物の中におまけのように入っているプレゼントが大好きで、それこそが「ちょっとした贈り物」なんじゃないかと思うからです。

例えば文具店員時代の同僚で今もずっと「Bun2」を送ってくれる友人がいるのですが、いつも「Bun2」の間にシールや紅茶が挟んであって本当にときめくというか、ああ、これこそがちょっとした贈り物だな、と思うのです。

例えばこういう感じのものが入っているのですが…
f0220714_05590536.jpg
シールとか、
f0220714_05591658.jpg
紅茶とか、
f0220714_05592788.jpg
なんだかとてもうれしいのです。
小さいのに心がこもっているというか、とてもあたたかいのです。

自分もまねしたい。
というか、こうした規模の心ときめくやりとりをときどきできる関係がいい。

もちろんリッチなサイズの定形外郵便もレターパックもゆうパックも大好きで、自分も利用するし、梱包も好きなのですが(特に箱の変形に燃えるタイプ)、届いた瞬間からボリュームがあるものだとそれは「ちょっとしたもの」を飛び越えて「ごっついええもん」になってしまう気がします。

なので友人からの郵便物にちょっとした贈り物を発見するたびに(またやられた…)と幸せな気持ちになり、今度は自分がこういういいことをしたいなと思うのでした。

以前こんな記事も書いていました↓


# by mukei_font | 2019-03-15 23:59 | レター用品・スタンプ | Comments(1)

丸善×デルフォニックス・ロルバーンポケット付メモ。

この日はホワイトデーということで、いろいろな方からプレゼントをいただいてしまいました。
ありがとうございます。

プレゼントのやりとりというのは楽しいものですが、お返しが素敵すぎると次はいったい何をプレゼントしたらいいのか…と追い詰められたような気持ちになってしまいます。

特に自分は田舎に住んでいるので気の利いたものが見つけられず、途方に暮れてしまうことが多いのです。

以前うさむしと誕プレ廃止協定を結んだと書きましたが、あまり形式張らず、お互いに気の向くままにこれは、と思ったものを気まぐれなタイミングでプレゼントしあえるのが理想かなと思います。

しかし、例えばクリスマスとかバレンタインデーのようなきっかけがあるからこそ、手紙を書いたりちょっとしたものを贈ったりしやすいというのも確かにありますよね。

いずれにせよ自分も相手もあまりしんどくない範囲で楽しめたらなあと思っています。

ということで、友人から素敵なノートをもらいました。
丸善創業150周年の記念グッズ、丸善×デルフォニックスのロルバーンポケット付メモです。
f0220714_19101704.jpg
普段はさほどやりとりをしませんが、猫町が文房具好きであること、そしてこういうコラボものに弱いことは把握しているようで、絶妙なチョイスだなと思いました。

丸善創業150周年の記念グッズのカタログは以前ジャンヌダルク小林さんからいただいたのですが、中でも一番心惹かれたのがまさにこのノートでした。

先月大阪に行った時に見つけられず(どの店舗に行ってもあると思っていた)、縁がなかったんだなと思っていただけにうれしかったです。
まだ持っていなかったよ、と言うと友人も喜んでいました。

方眼は苦手ですが、ロルバーンは好きなんですよね。
しばらくニヤニヤ眺めようと思っています。

# by mukei_font | 2019-03-14 23:59 | ノート | Comments(0)

猫町ロールペンケースと合格セール。

前回はエナージェルフィログラフィに傷をつけてしまった残念エピソードを披露しましたが、猫町が使うべきペンケースはまさにこれだったのではないでしょうか。
f0220714_18200078.jpg
猫町文具店(仮)が心を込めて販売している猫町ロールペンケース。
中の筆記具を傷つけないことに工夫をこらしたやわらかなフェルトでできた猫町ロールペンケース。

これを使わずして何をやっているんでしょうか自分は。
これぞ紺屋の白袴。

自ら体を張って宣伝している場合ではありませんが、今からでも高級な筆記具はこのペンケースに入れようと思った猫町から新作のご紹介です。
f0220714_18204355.jpg
すでに木琴堂のブログやTwitterで宣伝しておりますが、4月7日までやっている合格セール(全品50円引き)も合わせてよろしくお願いいたします。

今回は無地のデニム生地にカラー紐バージョンと、人気だったレトロ看板柄の後継品です。
どちらも外はしっかり、中はふんわり(詳細はこちら)。
f0220714_18224993.jpg
f0220714_18225798.jpg
プレゼントなどにも喜ばれているようなので、この機会にぜひどうぞ。

# by mukei_font | 2019-03-13 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

エナージェルフィログラフィの落とし穴、あるいは猫町のやらかし。

久しぶりにエナージェルフィログラフィについて書きます。
f0220714_15545286.jpg
年明けから使い始めたぺんてるのエナージェルフィログラフィ限定版ですが、以前「落とし穴」として以下の2点について書きました。

・とにかく冷たい
・回転繰り出し式が非常に面倒くさい

前者については春も近くなり、ずいぶんといい感じになってきました。
後者についてもこのペン特有の優雅な雰囲気なんだと慣れてきました。

が、まだありました落とし穴。

まず1つめは浅めの落とし穴ですが、高級軸に圧倒され、芯のインクの減り具合をチェックするために軸を開けるのをためらっているうちに芯を1本使い切ってしまいました。

別にいいのでは?普通のことでは?
などと思われるかもしれませんが、全然よくありません。

猫町の小さなゼイタク、UMR-83ラスト数ミリバンク計画(仮称)が…
UMR-83を寸止めでストックする計画が…
使い切っている場合ではないのです。

あ、もしかしてこれってインクの残り…と思って中をあらためると芯の寿命が尽きていた時のショック。
高級軸に気圧されてしまった情けない猫町。
プラスチックの安い軸を使っていた時のようにもっと積極的に中をチェックしないといけませんでした。

でもまあこれは猫町だけの落とし穴と言えましょう。
他の誰も困らなさそうです。

が、次の落とし穴は駄目です。
まったくしゃれにならず、誰もが立ち直れないことでしょう。

不肖猫町、エナージェルフィログラフィ限定版の美しい軸に傷をつけてしまいました。
これは立ち直れません。

一緒にペンケースに入れていた他のペンのクリップ部分でエナージェルフィログラフィに傷をつけ、塗装をはがしてしまいました。
傷は2ミリほとですが引っ掻いたようにしっかりはがれており、キラリと金色に光ってしまっています。
これは…これはいただけません…

ちなみにペンケースはデルデではなく、持ち歩き用の簡易なものに入れている時に傷をつけてしまったと思われます。
普段傷をつけたら困るような高級な筆記具を持ち歩かないのでこのざまですよ。

猫町にしては超高級軸なだけにがっかりしましたが、傷がついたぶんぐっと身近になり、今後も仲良くやっていく予定です(空元気)。

# by mukei_font | 2019-03-12 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ZEBRA・アルベスピールトと8年後の世界。

東日本大震災から8年ということで、この日もZEBRAのアルベスピールトを手に祈りました。
f0220714_08431395.jpg

以前も書きましたが、自分自身にもっともあの日のことを強く思い出させてくれるのがこのアルベスピールトなのです。

上記のアルベスピールトは油性ボールペンのインクの寿命を無視し、今も現役ですが(さすがに苦しくなってきてはいる)、当時一緒に買った黒軸に青の三角が入った軸のほうはずいぶん前に書けなくなってしまいました。
電気製品と同じで文房具もずっと使っていたらOKみたいなところがあるのかもしれません。

でもチープを極めたような細くて軽い軸はペンケースの中でもかさばらず、ノック式ではなくひねって芯を出すもったいぶった作りも気に入っているのです。
今後も芯を替えてずっと使い続けようかなと思っていたら、なんとZEBRAの電子カタログによるとSK-0.7芯から突起がなくなるそうではないですか。

NOOOOOOOOOO!!!!!
あかんあかん!

アルベスピールトは単色ボールペンなのにSK-0.7を入れる珍しいボールペンで、中はバネと突起が重要な作りなんですから!

発売当初は「これからはZEBRAもデザイン方面に力を入れる」なんて言っていたのに、もうアルベスピールトのことなんて忘れているんだな…

8年というのはつまりはそういう年月なのかもしれないし、それだけに今後もアルベスピールトと震災のことを心に刻んでいきたいと思うのでした。

# by mukei_font | 2019-03-11 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)

むしゃくしゃクイズ。

最近腰の状態が悪いです。
理由はあれこれ考えられますが、ざっくりまとめると加齢と運動不足なのではないかと思います。

かかりつけの病院に薬をもらい、教わったストレッチも試しつつあるのですが、どうにもこうにもつらく、むしゃくしゃして高級なシャープペンを衝動買いしてしまいました。

まさにどさくさです。

一度も欲しいとブログに書いたことはなく、そもそも自分自身まったく視界に入っておらず、購入など考えたこともないものでした。

なお、コツコツためたポイントを使うという素晴らしいテクニックを用いたため財政面では問題なしです。

さて、猫町が買ったシャープペンは何でしょう。
ぴったしカンカン(古)の方には番組特製のステッカーを差し上げます(そんなものはない)。

正解は3月19日以降に。

# by mukei_font | 2019-03-10 23:59 | 文房具与太話 | Comments(4)

猫町、いまだコクヨの鉛筆シャープTypeMシリーズに出会えず。

大阪文具旅の心残りと言えば、何と言ってもコクヨの鉛筆シャープTypeMシリーズに出会えなかったことです。

シモジマにはなかったように思いましたが、あるいはロフトにはあったのかもしれません。
LUCUAのロフトは横を通り過ぎただけに、そしてそこでいったんはTypeMシリーズのことを思い出しただけに引き返して確認すべきでした。

が、旅の最終局面でもあり疲労もピーク、さらに帰りの電車の時間も迫る中、デパ地下でお土産を買う使命もあったので無理でしたね…

田舎から文具旅にやって来ることの何がつらいかと言えば、全力で取り組まないといけないこと。
これに尽きます。

都会に行く機会自体がないので一気に全部こなすはめになり、例えば梅田→天王寺→本町→心斎橋→難波→梅田のような、大阪に住んでいた時だってこんなのは無理…という濃いプランを決行するはめになるのです。

さらに立ち寄った先々で必要なものや衝動買いを含めこれまた一気に出費することになり、たとえ田舎で暮していてもいずれは買うべきものであったと自分に言い聞かせても、この集中的な出費がさらに気力を削ぐのです。

この全力加減が田舎者の悲しいところであり、しかしそうせざるをえない現実があるのです。
そしてその機会を100%利用しきれなかった自分に悔いが残ります。

というわけで、もう実物も見ずにネットで買ってもたろか、とやけっぱちになっている猫町ですが、春休みのどさくさで姫路くらいには行けるかもしれません。

そうです。
姫路も都会ではありませんか。

大阪に行った時の全力加減を緩和する意味でも、普段からちょこちょこ姫路くらいには行って分散させないといけませんね。
来年度の課題としたいと思います(来月から来年度やん)。

# by mukei_font | 2019-03-09 23:59 | 筆記具・シャープペンシル | Comments(0)

ZEBRA・サラサクリップビンテージカラー新色。

先日の大阪文具旅で見たものについて書いておきます。

文具旅の後半はさすがに疲れが出てしまい、せっかく念願のシモジマに行ったのに必要なものを買うだけで精一杯だったのですが、それでもちゃっかりZEBRAのサラサクリップビンテージカラーの新色は試しました。

色はそれぞれに魅力的でよかったです。
1本1本がどうというよりも、ずらりと並ぶ軸色を眺めているだけでわくわくしてくるんですよね。

しかしそこは冷静になった猫町。
ペン立てで番長化している初代ビンテージカラーたちのことを思うと衝動買いしている場合ではないなと思いました。

どんなに色が素敵でも0.5という使い慣れないボール径のせいでどうしても一軍の選手になれない現実があるのです。
試筆したビンテージカラーの新色たちのインクの出が良かっただけに、使い道がないと申し訳なく感じました。

そうです。
色よりもインクの出の良さが猫町にはうらやましかったです。

何と比べて?
そりゃユニボールシグノ極細シリーズのプルシアンブルーとダークグレーに比べてです。

あいつらほんま…(指をバキバキならす)

同じくシグノに苛々しているグレー好きのうさむしにも教えてあげようかしら。
うさむしの好みよりも青みが強いグレーだし、ペン先も0.5だと太いかもしれないけれど。

しかしだからといってZEBRAを盲目的に信じているわけではないのです。

現にサラサクリップ(の替芯であるJF-0.5)には何度も痛い目にあっていますし、単色と多色の違いはあれど、最近だとプレフィール(現サラサセレクト)のリフィルとのバトルはまさに怒髪天を衝くものです。

まあ何が言いたいかというと、少なくとも試筆したサラサクリップビンテージカラーの新色はいい感じだったということと、ずらりと並んだ軸色はとても感じがよかったということです。

こうした秋~冬の服を思わせる色が本当に好きで、ユニクロのチラシもパステルカラーの服が多くなってきた今日この頃、早くも秋が待ち遠しい猫町です。

# by mukei_font | 2019-03-08 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

【夢日記】ペンペンパニック。

印象的な夢を見た時は夢日記をTwitterに書くのですが、とても140字に収まらないのと、文房具に関係があるのでこちらに書くことにします。
くだらないので暇な方のみどうぞ。


続きはこちら。
# by mukei_font | 2019-03-07 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

ユニクロ・The Brands MasterpieceにトンボのMONO。

毎年そそられて記事にしている気がしますが、今年も思わず身を乗り出してしまいました。

ユニクロのグラフィックTシャツブランド「UT」の企業コラボに今年はトンボのMONOが参加しているようです。

猫町の好きな紺地に魅惑のトリコロール青・白・黒のスリーブに見立てたポケットをあしらったデザイン。
白地にグレー・白・黒のスリーブのMONOブラックバージョンもありますね。

両方ともポケットから消しゴムが出ているデザインのようです。
なるほど。

しかし…
どう見ても消しゴムに見えないなあ…

もともとの消しゴムの縦横比からかけ離れたポケットの形にどうしても違和感を感じてしまうのです。
あんな「どすこい」な形をした消しゴムないよ…
あれじゃタバコだよ…

じゃあどういうデザインがよかったのかと言われるとド素人は言葉に詰まってしまいますが、使っているうちにひびが入ってジュゴンのようになってしまう例の「ジュゴンスマイル」か、そこがぼろっともげてアンパンマンのようになってしまったところを嫌味でも自虐でもないかっこいいデザインにしたものなら…

即買いです。

# by mukei_font | 2019-03-06 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

文具トーク@ふたり展~シグノ、ノック式消しゴム篇~

雑な文具トークの続きです。

続いて話題になったのはゲルインクボールペン。
ひょんなことからうさむしもキャップ式のシグノ0.38(ユニボールシグノ極細シリーズ)のインクの出に苦しんでいたことが分かったのです。

猫町の調教もむなしく一向にガサガサした書き心地が改善されないプルシアンブルーと同時期に発売されたグレー系のボールペンをうさむしは購入したのですが、同じように苦戦している様子。

シグノRT1が出た時に替芯のUMR-83がエッジレスチップになって改良されたのに比べ、ユニボールシグノ極細シリーズのチップは従来のままである可能性があります。

大昔、まだPILOTのHI-TEC-Cが幅をきかせていた頃に出会ったシグノはとても使いやすく優秀に思えましたが、改良後のUMR-83に骨抜きにされてしまった猫町にはかつての盟友ユニボールシグノ極細シリーズも色あせて見えるのかも。

あまりにもインクが出ないので逆さま向けにペン立てに立てているとか、それでも駄目とか、猫町とまったく同じ状況…

たった数本のデータでいちゃもんをつけるわけではないですが、あのシリーズ、順調なんでしょうか。
せっかくの素敵な色展開がもったいなすぎます。

一方、ノック式消しゴムの話というのは以下の通り。

自分の記憶ではうさむしはトンボのMONOzeroを愛していたはずですが、うさむし曰くいつの間にかそれが「砂消し」のようになっているとのこと。

古くなったわけではなく(むしろ古いものは問題なかった?)、本体ごと買い直したら「砂消し化」していたとかで、

安い方の太め円柱ピンポイント消しゴムも、平たい高い方のシャキーンなやつも砂消しや

とのこと(前者がMONOノック38、後者がMONOzero)。
f0220714_23255093.jpg
あまり状況が理解できないでいると、「フミチャンまた送るわ」。

そんな話聞いた後にいらんし!!!!!

# by mukei_font | 2019-03-05 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

文具トーク@ふたり展~マスキングテープ、付箋篇~

先日行った「ふたり展」でうさむし(@usamusi_works)や妹と文房具の話になりました。

文房具というのは誰にとってもなじみの道具なので、特別文房具が好き!というわけではなくても話題には事欠かないのです。

今回話題になったのはマスキングテープ、付箋、シグノ、ノック式消しゴム。

マスキングテープや付箋については「粗悪なものはまるでくっつかない」というありがちトークです。

妹によると「@撃の巨人」や「Fr@@!」のマスキングテープはまったく粘着力がなく、ゴミもくっつかないありさまだったとか。
アニメグッズの品質ってすごそうだな…

ちなみに妹に以前もらった「ひよこのバスケ」のマスキングテープ(写真左下)は適度な粘着力で愛用しています。

f0220714_23302613.jpg
といっても家で自分用に使う他はうさむしくらいにしか使えず、「また『ひよこのバスケ』!!!!!」とうさむしにあきれられるのまでがお約束となっております。

付箋については以前も記事にしたダイソーのクラフト付箋が本当にやばいです。
f0220714_09282767.jpg
うさむしのかわいいはんこを押して気分を高揚させつつ頑張って使ってはいるのですが、中学生のノートに貼る時はマスキングテープで補強することにしており、それもう付箋ちゃうやん…みたいな…
まあ使いますけどね…

しかし懲りない猫町は「ワンコインはんこ押し放題」にまたもや100均付箋であるキャンドゥの付箋を持ち込んでしまいました。
せっかくのかわいいはんこを押した付箋、もったいないのでまだ眺めていますが粘着力は大丈夫でしょうか(続く)。

# by mukei_font | 2019-03-04 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(1)

猫町と中学生65(また逢う日まで)。

一足先に高校に合格した中学生がニコニコと去って行きました。

今年の入学祝いはペンケースなのですが(詳細は後日記事に)、周りの人にもっといいものを買ってもらうorもらっただろうし、文房具のインパクトには限界がありますね。
ミドルエイジの猫町にティーンの心は読めず…

と思っていたら、逆に心のこもったお手紙をもらってしまいました。
うれしいなあ。
見慣れた字がうれしいし、字を見ただけで頑張っていた日々を思い出せるからうれしい。

便箋がまたよくて、罫線の色や紙質もおもしろく、いったいどこで手に入れたものだろう。
本当は自分が相手をそんな風にびっくりさせたり、喜ばせたりしないといけなかったのに。

自分がこの中学生のためにしたことを思い出してみると、何もなかったような気がします。
ずっと旗を振っていただけのような。

受験直前に電話をかけてきた中学生にした最後のアドバイスも、

「消しゴムのスリーブを切れ」

という間抜けなもので、猫町おまえは何を言っているんだ…

実は三菱のマークシート消しゴムのスリーブが長いままなのが気になっていたのです。
「とてもいい消しゴムだから」と持たせたのは猫町ですが、それだけに責任を感じておりました。

でもまあすべてうまくいってよかったです。

としみじみしていたら、ある文房具を貸したままであることに気づきました。
コラーーーーーーーーーー

# by mukei_font | 2019-03-03 23:59 | 〈猫町と中学生〉 | Comments(0)

ふたり展レポート(その2)。

前回の続きで「ふたり展」のレポートです。

こちらが「ふたり展」で買ったものの一部。
f0220714_09012296.jpg
「ルーズリーフ」はすでに「ふたり展情報(その2)」としてご紹介したはんこですが、実物を見てもやっぱり素晴らしかったので買いました。
民芸品風の封緘はんこもとてもかわいいです。
これを使うためにも手紙を書かなくては…

こちらもすでにご紹介したはんこですが、むしろ実物がよかったです。
f0220714_09013461.jpg
この何も考えてなさそうな(狡猾という言葉からはほど遠い)ヘビのかわいらしさ。
いったいどう使えばいいのか分からないままに買ってしまいました。

これらの他にもいろいろ買ったのですが、使う時にびっくりさせたいので秘密ということで。
holickerさんの作品もとても素敵で、友人へのプレゼントに購入しました。

最後に「ふたり展」のレポートとして忘れてはならないのがvow's space+cafeさんの中の「ほんま食堂」。
かわいらしい料理人の「ほんまちゃん」が美味しい定食を作ってくれるのですが、こちらが唐揚げ定食。
f0220714_22240392.jpg
体に良さそうなものばかりでむちゃくちゃ美味しかったし、見た目もとてもきれいでした。
こんな素敵な食堂が近くにあればなあ…と食べた人全員が思うんじゃないかという「ほんま食堂」です。

定食には「ふたり展」の旗も立っていました。
かわいいなあ。
f0220714_09015532.jpg
というわけで「ふたり展」も明日が最終日。
時間は10:30~18:00、場所は大阪市阿倍野区昭和町のvow's space+cafeさん。
この機会にぜひ行くべし。

# by mukei_font | 2019-03-02 22:02 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)

ふたり展レポート(その1)。

先日、大阪市阿倍野区昭和町のvow's space+cafeさんで開催中の「ふたり展」に行ってきました。

消しゴムはんこ作家であるうさむし(@usamusi_works)と、樹脂雑貨作家であるholickerさんの「ふたり展」です。
f0220714_08340476.jpg
ギャラリーには素敵な作品がずらりと並び、かわいいはんこや作品を手に取りながらのおしゃべりは時間を忘れてしまうほどでした。

特に熱かったのが「ワンコインはんこ押し放題」の企画。

恐る恐る持ち込んだレターセットやポストカード、付箋などにペタペタと押していきました。
平日だったので作業に没頭できたのもよかったです(右が猫町、左が妹)。
f0220714_08345350.jpg
そしてこちらがその成果。
ダイソーのポストカードと無印良品のレターセット、そしてキャンドゥの付箋があら素敵。
f0220714_08350867.jpg
f0220714_08351699.jpg
f0220714_08352465.jpg
「ふたり展」は3日までなので今から行かれる方もおられると思うのですが、うさむしから「インクの持ち込みは不可」との伝言を預かっています。
インクは油性で速乾のいいやつが置いてありますので、よろしくお願いいたします。

まんまと買ってしまったはんこたちは次回ご紹介します(続く)。

# by mukei_font | 2019-03-01 23:59 | 猫町文具店(仮)出張所 | Comments(0)