人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(120)
(77)
(41)
(33)
(14)
(13)
(9)
(9)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
おおう、コメントに感想あ..
by まこ at 14:17
だいさん、こんにちは。 ..
by 忍耐2 at 17:47
あー。わからんでもないで..
by まこ at 11:41
私も、替芯がらみでこちら..
by あむ at 16:47
お久しぶりです、あむです..
by あむ at 16:19
オオギリンピックふせん、..
by 日本海沿いのSです at 14:25
いいですね。ちょっとした..
by MIYAZAWA at 00:30
すみません、何故か3回も..
by さやえんどう at 00:07
こんばんは。 受験時代..
by さやえんどう at 00:04
猫町さんが無地の紙から作..
by alchemie0629_a20 at 16:35
イオンでコクヨのエラベル..
by alchemie0629_a20 at 19:49
初コメ失礼します。 猫..
by パペ at 02:40
安っぽいボールペンは備品..
by まこ at 07:46
猫町さんご無沙汰です。 ..
by cheery_box at 09:02
 猫町さん、こんにちは。..
by pitasumin at 18:47
「みてない」に思わず声に..
by まお at 23:31
本来なら値引きされた金額..
by alchemie0629_a20 at 11:25
お久しぶりです。 まだ..
by 松 at 13:38
 猫町さん、こんばんは。..
by piyas at 22:00
どうも、通りすがりのボー..
by S6061_K at 20:52
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


真夏のひとこと。

とにかく暑いです。
そして眠いです。

毎年夏はこんな感じなので、1年は12ヶ月ではなく10ヶ月だと思うことにしているのですが、こうも物事をうまくこなせない日々が続くと自分という人間がほとほと嫌になりますね。

たくさん素敵な文房具を持っているのに全然使いこなせていない…
買った時に頭に浮かんだその文房具を使いこなしてキラキラしている自分は何処へ…

まあ夏に限らずそういうキラキラした自分はどこにもいないんですけどね。

さて気がつけば8月ですよ。
8月は誕生月なのでいつも以上に自由にあれこれ書いていきたいものです。

今年は特にこれ!といった文房具を誕生日に買う予定はありません。
日頃からちびちび買っているし、もうそろそろ物欲から解き放たれなければと思っているので。

と言いつつ、ちょっとおもしろい買い物を立て続けにしたのでした。
そんな話も書いてみたいと思います。

# by mukei_font | 2020-07-10 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

いただきものを使っています・その4(妖怪マスキングテープ)。

三菱のhahatoco(ハハトコ)についてはまだまだ書きたいことがあるのですが、どんだけ好っきゃねんと思われてしまいそうなのでしばらく寝かせておきます。

というわけで、最近お世話になっている文房具をいくつかご紹介していきましょう。

タイトルからも分かるようにいただきものの文房具を楽しんでいるよ!というシリーズなのですが、まずはこちらのマスキングテープ。
いただきものを使っています・その4(妖怪マスキングテープ)。_f0220714_10523068.jpg

妹からもらったものですが、夏だし鬼太郎だしということで使い始めました。
最近の「ゲゲゲの鬼太郎」は絵柄も少し変わったようですが、キッズはちゃんと鬼太郎だと分かるようですね。

アニメのサイトを見てみると大きく様変わりしたのはねこ娘くらいか。
懐かしさにかられて他のキャラクターのプロフィールも見ていくと、砂かけばばあが「今時のデジタル機器にも強い」ことを知り驚愕。

なんだそれ…
昔からそんな一面が…?

マスキングテープは黄色がかわいいし、何より粘着力が素晴らしい。
これまた一度使ったくらいでは粘着力が衰えず、なかなか捨てられずに何度も使ってしまうくらいの優秀さです。

一反もめんがかわいい丸いラベルもEDiTに貼りました。
こうしておくと使い始めの日が記録できていいですよ。

妹よ、素敵なものをありがとう。

# by mukei_font | 2020-07-09 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

hahatoco(ハハトコ)…

まこさんの下記記事に対するコメント、興味深かったです。
大人からみたらかわいい「hahatoco (ハハトコ)」が肝心の学童期の「母と子」に選ばれるかというとそうでもない感じがリアルに書かれてあってふむふむと思いました。

なるほど…
自分の好みが出てくるまでの子とその母のための文房具なのか…
なんて限られた時期の文房具なんだ…

これはいわゆる「子どもはアニメやゲームに興味があるのに、よかれと思って北欧の知育玩具を与えようとする親」みたいな話に通じるものがあるのでしょうか。

悲しい…

現状は分かりましたが、hahatocoが良き物であることは間違いないわけで、それではhahatoco はどう生き残ればいいのか、どう浸透していけばいいのかということになってくるわけですが、これはもう文房具好きが注目するしかないと思います。

久しぶりに鉛筆もいいわね。

と思った時にまず三菱のuniの海老茶色やトンボの黒色、ステッドラーの青色、ファーバーカステルの緑色などのクラシカルな魅力に一度は取り憑かれますが、その後の口直しに大人が使っていてもかわいいhahatocoが候補に上がればいいなと思います。

天下の三菱鉛筆の商品に自分ごときが一生懸命にならなくてもいいのですが、ちょうどいいかわいさのhahatoco、なかなかおすすめです。

特に湿度の高い今が2Bの一番いい季節です。

# by mukei_font | 2020-07-08 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(1)

数え魔の記録。

ここ数年ようやく気づいたのですが自分はどうやら「数え魔」のようです。

といっても自分の関心のある領域についてのみ、すなわち文房具についてのみなのですが。
使っている替芯が何本目か、使っているノートが何冊目か、そういうことがとても気になるのです。

というわけで、数え魔の記録を書いておきます。

替芯の記録としては一番使っているのが三菱のUMR-83で今は12本目です。
これは3年日記用のUMR-83を含めていません。

シャープ芯の記録としてはコクヨの鉛筆シャープTypeMxには12本目の2B芯が入っています。
シャープ芯は入れ替え時にカウントできるように、常に本体には1本しか入れないことにしています。

蛍光マーカーの記録としてはフリクションライトのグリーンが5本目です。
数え魔の自分としたことが実はこれは正確ではなく、まさかここまで愛用することになると思わずこれまで真面目に数えずにきてしまいました。
が、記憶をできるだけ正確にたどり、用心のため少なく見積もって5本目ということにした次第です。

らくがき帳の記録としては今使っているもので6冊目になります。
一番最初のものだけダイソーで買い、その後はホームセンター等で購入しており商品は別のものですが、いずれも「らくがきちょう」ということでこちらは最初のダイソーのものから通しでカウントしています。

最近使い始めたPILOTのボードマスター中字丸芯は今で3本目のカートリッジです。
ボードマスターSは以前から使っている物(「松太郎」)はもう何本カートリッジを入れ替えたか分からなくなってしまったので、買い足した「竹男」と「梅子」に関しては今後通し番号で管理することにしました。
こんな風に数えていると普通の文房具の消耗にも大きな意味が生まれ、毎日がますますスリルにあふれたものになるのではないかと思っています。

# by mukei_font | 2020-07-07 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

三菱・hahatoco (ハハトコ)シリーズ。

先ほどは三菱のhahatoco (ハハトコ)の鉛筆について書きましたが、三菱鉛筆のHPを見るとhahatocoには他の商品もあるのです。

そのすべてがかわいい…

当の学童たちはピンとこないかもしれませんが、男児用女児用の押しつけもあまり感じられず、また幼すぎず品も良くていい感じがするんですよね。

いや「かもしれない」じゃなくて実際キッズたちはピンときていないようです。
鉛筆を渡した時の反応を観察した限りでは…(猫町調べ)

でもそれはそれ。
自分などはこれはむしろ大人が使ったらいいんじゃないかと思うわけです。

だってかわいいだけじゃなく、中身は三菱の鉛筆ということで品質は折り紙付きなわけですよね。
それにこのシリーズにはパワフルネームや消しゴムまであるんですよ。

文房具好きなのに知らない人がいたらもったいないなあ。
学童文具のコーナーまでチェックしていない人は出会えていないんじゃないかしら。

大人になると鉛筆や消しゴムはあまり使わないし…と思うかもしれませんが、ダースの箱を見てご覧なさい。
まずは買って、それから使い道を考えようという気持ちになりますよ(誰?)。

でもシリーズの名前がちょっと…

これは初めて記事にした時から書いていますが、自分にはちょっとギョッとするような名前に思えてうーん…となりました。

「hahatoco (ハハトコ)=母と子」って…
自分以上にこういう表現に抵抗がある人たちの顔がばーっと浮かんでしまって、あちゃーとなりました。

それに「ko」を「co」にすればなんでもかわいくなる=許される、みたいな風潮もそろそろやめたいですよね。
なんかそういうネーミングが多すぎて…

でもまあそのあたりに目をつぶってでも使ってみたくなる素敵なシリーズではあります。
とりあえず売っているところを一度も見たことがないhahatocoバージョンのパワフルネームを得ることを人生の目標にしたいと思います。

# by mukei_font | 2020-07-06 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(1)

三菱・hahatoco (ハハトコ)を削る。

というわけで、最近新しく鉛筆を削りました。

三菱鉛筆のhahatoco(ハハトコ)シリーズの「宇宙&海」柄です。
三菱・hahatoco (ハハトコ)を削る。_f0220714_09422441.jpg
三菱・hahatoco (ハハトコ)を削る。_f0220714_09422798.jpg
もともとキッズにあげるごほうび鉛筆として購入しましたが、自分も使ってみたいという気持ちが日増しに強くなり、鉛筆期の到来を祝して使い始めることにしたのです。

~♪

普段はBが好きだしどちらかというとトンボ派なので三菱の2Bを使うのは久しぶり。
紙が湿気を多く含むこの時期、シャープ芯の濃さに不満があって鉛筆に乗り換えるのだから芯は濃い方がいいと2Bを選んで大正解。

うんうん。
欲しかったのはこの濃さよ。
書いた文字をこすってももわっとならないし最高。

それに久しぶりの鉛筆は軽さがとてもありがたかったです。
ぺんてるのP207はそれほどでもないのですが、コクヨの鉛筆シャープTypeMxはやはり重いんですよね。
置くとゴトッと音をたてる感じで。
その点鉛筆は転がしてもカラン、です。
あー自分は今まで結構気を遣って鉛筆シャープを使っていたんだなあと転がすたびに思います。

しかし鉛筆に感動する反面冷静になる部分もあり、やはりこれは湿気の多い季節ゆえだろうなと思うのです。
湿気の多い今がベストなものは季節が移り変わるにつれて居心地が悪くなるものです。

例えば今ちょうどいい濃さの鉛筆を濃すぎると感じる時期が来るのです。
逆に物足りない濃さだったシャープ芯の2Bがしっくり来る季節が、しかもひかえめな濃さのぺんてるのシュタイン2Bが抜群にはまる季節が必ずめぐってくるのです。

ここまで分かっているのであれば、鉛筆期や太芯シャープ期というのはもはや個人の好みの問題ではなく、季節に連動したあたりまえの選択ともいえそうです。

夏には扇風機を出し、冬にはこたつを出すように、夏には鉛筆を手に取り、冬には太芯シャープを手に取ればいいのではないでしょうか。

日本の夏、鉛筆とともに楽しく過ごします。


# by mukei_font | 2020-07-05 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

過渡期の記録。

自分の中の流行が移り変わっていくということが誰しもあると思います。

少し前では@@が熱かったが、今は**にはまっている。

みたいなことです。

これは食べ物にも着る物にも読む本にも聴く音楽にも、そして使う文房具にも起こりうることではないでしょうか。
そしてこの流れは一方向のものではなく、ゆるやかに循環したりします。

少し前までは@@が熱く、その後**にはまったが、また@@に戻ってきた。

みたいなことです。

猫町もこれを繰り返すタイプで、例えばルーズリーフとノートなどは何年か周期で自分の中で流行がきます。

あるいは鉛筆と太芯シャープなどもそうです。
そしてどうやら今がちょうどその過渡期のようです。

つまり、数年間続いた太芯シャープ全盛期がとりあえず一段落しそうな予感と、久しぶりに鉛筆に心惹かれる気持ちが錯綜し、後者が日に日に勢いを増す感じを今まさに味わっているところなのです。

こうした流行はいつの間にか始まりいつの間にか勢力が入れ替わっていることが多いだけに、自分自身で過渡期を実感できるのはとても貴重なことではないかと思うのです。

そこで過渡期ならではの生々しい記録を残しておきたいと思います。
生々しさを出すためにわざと独り言口調で書いております。

〈太芯シャープについて〉

やっぱ夏場は芯が薄いわー…2Bやのに全然…
紙に埋もれてまうみたいなもっさりした書き心地なんなん…

ぺんてるのシュタイン2Bは最初から薄めやから今の時期はお休み中として、コクヨのキャンパスシャープ芯まで濃さを失ってるのはどうなん?

紙にはりがあれば一応濃く書けるけど、そのためにいちいち下敷きを入れるのも手間やわ…

ここはPILOTのグラファイトか?と思うけど、グラファイトは書いたところをこすると汚れるのがなあ…

〈鉛筆について〉

鉛筆って軽いよな。
それに細いし、転がした時に「カラン」て音がするのもかわいい。

久しぶりに使いたいな…

そういえば小学生らにあげてる鉛筆ってほんまに書きやすいんやろか。
ちょっと自分でも試してみたいわ。

特に今は夏やから2Bがぴったりちゃう?
普段はBが好きやけど、今は2Bって気がする。

(Bを使ってみる)

うっす(薄っ)!
日本の夏の湿気なんなん!
これはあかんわ2B使うで。

(2Bを使う)

きゃーーー何これ。
下敷き入れんでも濃く書けるやん。

こすって汚れたりの鬱陶しさも今のところはなし。
鉛筆も久しぶりにええなあ。
鉛筆削りのハンドルもぐるぐる回したいし、鉛筆もええでこれ。

…とまあこんな感じで今まさに大きな流れが来ているという話でした。

# by mukei_font | 2020-07-04 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

寝る前のひとことふたことみこと(その7)。

気がつけば寝る時間になっている猫町です。

書きたいことはいっぱいあって、下書きもしたのになかなかそこまでたどりつけません。

鉛筆のことノートのこと付箋のことマスキングテープのこと…

ささいなことだからこそ心に引っかかった時に書いておかないといけないなとは思うのですが。

とりあえず新しいボードイレーザーは気持ちいいです…zzz

# by mukei_font | 2020-07-03 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

寝る前のひとことふたことみこと(その6)。

あかん…

ボードイレーザー、地元にはお目当てのものなし。
マグネットはやっぱり付いていたほうがいいと判断し、ネットで買うことに。
ほんとにほんとにヤバいので早く早く。

なんだかんだと毎日ブレンを使っている。
青ボールペンが好きなのだろう。

まだまだシャープペンが優勢だが、またぞろ鉛筆を使いたい気持ちがむくむくと出てきた。
いつか鉛筆で手紙を書いてみたい…zzz

# by mukei_font | 2020-07-02 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

猫町、ボードイレーザーに思いをめぐらす。

毎日があっという間で…こうして今雑文を書くためにパソコンにぼんやり向かっている時間がとても幸せです。

そんなに忙しく何をしているんだと思われそうですが、忙しがっている人間というのはたいてい時間の使い方が下手だったり、体力のなさから体のメンテナンスに手間がかかっていたりするわけです。

つらいなあ…

しかしこうして雑文を書いている今だけは心から自由にあれこれ考えることを楽しみたいと思っています。
ということで、まずは今一番切迫している文房具について書くことにしましょう。

口を開けばホワイトボード関係の文房具の話ばかりで恐縮ですが、今切実に困っているのはボードイレーザーについてです。

ボードイレーザーはPILOTのボードイレーザーマグネット付きSを愛用しているのですが、2年近く使っているということもあり(途中使っていない時期もあり)さすがにもう限界に近づいてきました。

限界というのはきれいに消えなかったり、ひどくカスが出たりといったことですが、やれるだけのことは試してみようと、乾いた歯ブラシで汚れた面をこすってみたり、湿らせた雑巾を軽く押しつけて汚れを取ってみたりといろいろやってみました。

が、きれいにした直後だけ少し状態がよくなる程度で、根本的な解決には至らず。
これはそろそろリフィルを買えということなのか…
もともとリフィルがあるという点にも惹かれて購入した経緯もあり、リフィルを買うことについてはやぶさかではないのですが、このままPILOTのボードイレーザーマグネット付きS路線でいいのだろうかという疑問がふとわいてきました。

この機会に他の商品も試してみたほうがいいのではないか。

というか試したい。
違いを体感してみたい。
そして一喜一憂したいんだ。
これは…!と思ったりなんじゃこれ!と思ったりしたいんだ。

というわけで、レイメイやサクラクレパス、コクヨのボードイレーザーについてリストにし、それをニヤニヤと眺めているところです。

ボードイレーザーはどうしても汚れていく宿命なので、レイメイやコクヨのはがせるタイプのボードイレーザーに興味津々なのですが、洗えるサクラクレパスのイレーザーも気になります。

でもマグネット付きはやっぱり便利だからはがせてリフィルもあってマグネット付きのコクヨのメクリーナ16かなあ…

まずは地元の文房具屋を回ってみて、なければネットで注文といういつもの流れになりそうです。

楽しみ。
でも急げ。

# by mukei_font | 2020-07-01 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

いただきものを使っています・その3(オオギリンピック)。

以前いただきもの関係の記事を書く時に使っていたタイトルがあったよなあ、と検索するとありました。

ということで、「いただきものを使っています」シリーズのその3です。
その1、その2はこちら。

いただきものの文房具が何度も輝く話は以前書きましたが、いただいた時にも記事にしたいし、いざ使い始めた時にも記事にしたくなるんですよね。
ということで何度も同じ文房具が登場することになると思うのですが、その都度違う輝きに魅せられているということでご容赦ください。

今回はつい先日ご紹介したサンスターのオオギリンピックについて。
好きな柄から使える天のり仕様になっているということでしたが、小心者の猫町はドキドキしながら一番上のスパイク柄から使っています。
いただきものを使っています・その3(オオギリンピック)。_f0220714_18251479.jpg
バラバラになったらどうしようという気持ちも拭えないし、誰にどの柄を使ったかとか考えたくないよーと思ってしまった…
大喜利どころじゃありません。

キッズの一人とは「これ何?サッカー?」「バレーではないでしょうか…」というやりとり。
サッカー選手がシュートした後喜んでジャンプしている絵に見えなくもない?
すでに大喜利が始まっているのか…

天のり仕様と大喜利はさておき、猫町が感動したのは付箋の粘着力でした。
四角形の下部にのりがついているタイプの付箋なので上部はマスキングテープで補強するのですが、それでも数日間くっついているのを見ると、おお…さすが…とうれしくなってしまいます。

これは良いものだ。

スパイク柄はあと2枚になってしまい、こんなことならいろんな柄を取り混ぜて使うべきだったか…などとくよくよしているのですが、気持ちよく貼り付き、書き心地も素晴らしい贅沢な付箋をしばらく楽しみたいと思います。

# by mukei_font | 2020-06-30 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

寝る前のひとことふたことみこと(その5)。

まだ7月10日くらいかなあ、と思っていたら7月22日なんですよね…
こないだはこの勘違いで大きなミスをしてしまいました。

毎日目の前の仕事に一生懸命取り組んでいるつもりですが、それだけで一日が終わってしまうとこれでいいのか?と思ってしまうんですよね。

それにしても眠いです。

100均の文房具、プラスチックのファイル系はもろいですな。
結構何度も痛い目にあっています。

詳細は近いうちに…
zzz…

# by mukei_font | 2020-06-29 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

サンスター・オオギリンピック。

愛用中の豆腐一丁付箋が最後の1枚となりました。
もう少し早く使えばよかったですが、独特の紙質が楽しい付箋で、使う時よりも捨てる時にじんわり感動が押し寄せる不思議な付箋です。

さて、次の付箋をどうしようかなと思った瞬間「オレだよ、オレたちだよ」という声が聞こえてきました。

そうそう。
君たちだよ。
君たちを今こそ使わねば。

ということで、日本海沿いにお住まいのSさんからホワイトデーにいただいたプレゼントの中の一つであるこちらを使うことにしました。
サンスター・オオギリンピック。_f0220714_10065907.jpg
サンスターのオオギリンピック。

「大喜利みたいなスポーツのふせん」ということですが、本当ならもうすぐ東京オリンピックだったんだよな…というこのタイミングに使うのがふさわしいような気がします。

1つの付箋に4柄もあるのがうれしいですね。
サンスター・オオギリンピック。_f0220714_10065133.jpg
サンスター・オオギリンピック。_f0220714_10064811.jpg
サイトを見ると他にもたくさんあるんですね。

気の利いたコメントを書く余裕はたぶんありませんが、キッズやティーン相手に付箋を使っている自分の心境的には「プロレス」の絵柄が一番しっくりくるような…

この付箋、興味深いのは絵柄だけではありません。
サンスター・オオギリンピック。_f0220714_10065584.jpg

「好きな柄から使えます。」だって!
「バラバラにならない天のり仕様」に興味津々。

ちょっと使うのがもったいないような気がしますが、楽しく使わせていただきますね。
Sさん、素敵なわくわくをありがとうございます。

# by mukei_font | 2020-06-28 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(2)

すべての箱も文房具である。

最近もっとも愛用している文房具について書きたいと思います。
文房具といっていいのかどうか分かりませんが「箱」です。

あえて名前を付けるとすると何でしょうか。
「ペンボックス」あたりでしょうか。
案外普通に「筆箱」でもいいかもしれません。

こちらなんですが…
すべての箱も文房具である。_f0220714_08583716.jpg
ホワイトボードマーカーが入っています。
ペンボックス(=筆箱)ですよね。

これを文房具と呼んでいいかどうかは意見が分かれそうですが、これがただの紙箱であるということを考えるとこれは文房具ではなく、紙箱をそうした用途に利用したもの、ということになるでしょう。

が、似たようなものがどこにもないから自分で用意した(=製品としてあったら買っている)、と考えると文房具であると言えるかもしれません。

大げさだなあ、そんな製品くらいあるでしょう、と思ったそこの方。
いやいやどうしてどうしてこの箱は絶妙なのですよ。

このペンボックスの素晴らしさは紙で出来ているということ。
ほぼこれにつきます。

和小物などを扱っている店などには和紙でできた筆箱などが売られているかもしれませんが、一般的なペンボックスは樹脂製あるいは木製、もしくはアルミやスチール等の金属製ではないでしょうか。

そうした素材でできたものだとペンを入れたり取り出したりするたびにガラガラと嫌な音を立ててしまいます。

はー紙製最高。
無音最高。

ホワイトボードマーカーはどうしても横向きに置きたいものだし、使っている最中は箱をまさぐったり箱に投げ入れたりと扱いも乱暴になります。
紙箱以外だとどれだけガチャガチャ音を立てたか分かりません。

ありがとう。
素敵文房具。

このナイスサイズ静音紙箱の魅力に取り憑かれた猫町はフタの部分も利用することにしました。
勉強の最中に散らばりがちな文房具をとりあえず集めて入れる箱を作り、「ないない」と文房具を探す時間(毎回のお約束)を少しでも減じる作戦です。
すべての箱も文房具である。_f0220714_08584683.jpg

これまたいい…
適度な包容力…
正方形の付箋だって入るんですよ…

汚れたり、消しゴムのカスがたまったらひっくり返してはたくだけでいいのも素晴らしいと思いませんか。

音がしないこうした大きさの容器ということになるとナイフとかフォークを入れるカゴみたいなものも思いつきますが、あのカゴだと消しゴムのカスがちょっとやっかいだろうなと思ったりするのです。
布を敷くのも大げさな気がするし。

はー
自分はなんて素敵なサイズの紙箱を持っていたんだ。
いったいあなたはどこのどなたですか。
すべての箱も文房具である。_f0220714_08584920.jpg
「彩雲堂」の「若草」さんでいらっしゃいましたか…

ちなみに猫町はこの「若草」を食してはおりません。
以前、箱を捨てられない人からこうした箱を大量にいただいたことがあり、その中の一つがこちらの箱だったのです。

そう考えるとこの箱は「若草」を守ったあと一仕事する運命だったのでしょう。

ようこそ猫町のところへ。
ホワイトボードマーカーボックスとして、散らばりがちな文房具の入れ物として箱が分解して砕け散るまで仲良くしようね。

缶派の方はこちらもどうぞ。


# by mukei_font | 2020-06-27 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

寝る前のひとことふたことみこと(その4)。

以前、「すべての缶は文房具である。」という記事を書いたがすべての箱も文房具である。
特に紙製の箱が素晴らしい。
またじっくり書いてみたい。

もったいなくて使えない心理、についても考えてみたい。
その時人がとるべき行動とは…

いろいろな文房具に浮気すると消費のスピードがガクッと落ちる。
今日は久しぶりにシャープ芯が短くなり、新しい芯を入れたが、なんだか申し訳なくなってしまった。

# by mukei_font | 2020-06-26 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)