人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(84)
(49)
(33)
(29)
(9)
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
パイロットDr.Grip..
by ky at 21:46
知人と共に、二日目の文紙..
by 輪音 at 19:08
サクラクレパス消しゴムは..
by horenso39 at 18:56
こんにちは! 私も今年..
by ともこ at 12:17
アメリカペンてる公式サイ..
by 通りすがり at 23:19
おお!!これこれ!! ..
by りお at 16:21
連投すみません。 生産..
by alchemie0629_a20 at 21:59
キャンパスペンシルジュニ..
by alchemie0629_a20 at 21:52
閉店は悲しいですね…。 ..
by alchemie0629_a20 at 19:37
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 13:10
猫町フミヲ様 こんばん..
by たまみ at 21:56
ガラス瓶は如何でしょうか..
by 輪音 at 00:27
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 18:44
お久しぶりです。 中..
by pitasumin at 14:05
これは我が身にも当てはま..
by alchemie0629_a20 at 23:19
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 18:10
そういえば、私も家の中で..
by テヅルモヅル at 02:18
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 06:09
返信ありがとうございます..
by おいも at 11:47
>おいもさん こん..
by mukei_font at 18:30
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


鉛筆の話を少々・その4(その後の赤鉛筆)。

赤鉛筆の素晴らしさについては今さら語るまでもないことですが、赤青鉛筆を使ってしまうと、使用頻度の差からいつも赤鉛筆ばかりが短くなってしまうという問題点があります。

そこでしばらく赤鉛筆を単独で使ってみたのですが、当然気持ちよく、調子に乗って使っているうちに短くなってしまい、使用をストップしたところです。

ファーバーカステルの色鉛筆をそんなことに使っていいのか、と今さらながら我に返ったのと、このかわいいベストな長さをキープしたい、という気持ちになったからです。

かわいいベストな長さとは?という感じですが、こんな感じです(黒は未使用)。
f0220714_16175349.jpg
ロゴはまだ完全に残っていて美しさをキープしつつも小柄になったかわいさがあり、もうこれ以上は使わずにおいておきたいという気にさせられます。

でも使わずにおいておくってあんた、赤鉛筆なんて消耗系文具の代表格なのにどうするんだよ…

とりあえずもう1本持っていたトンボのippo!丸つけ用赤青えんぴつを使うことにしたのですが、今回はあえて青鉛筆は削らずに使うことにしました。
両端を削るのをやめたのです。

猫町が育ったあたりでは鉛筆の両端を削ることを「泥棒削り」と言うのですが、泥棒削り方式をやめ、赤青鉛筆を赤鉛筆として使い、赤色がなくなった時点で青鉛筆として使う、ということをしてみようかと思うのです。

というわけでシャキーン。
f0220714_16184833.jpg
使い始めはちょっと長すぎるくらいですが、これで赤青のバランスを考える必要も鉛筆の美を意識して使うのをストップする必要もなくなるでしょう。
ガンガン使うぞ。

# by mukei_font | 2019-07-18 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

鉛筆の話を少々・その3(丸軸鉛筆は転がる)。

優等生的な記事ばかり書いても仕方がないので、本音も書こう。

丸軸の鉛筆が苦手です。
苦手というか嫌いというかとにかく厄介な奴め、と思っています。

小学生の頃から苦手でしたが、それは握っていて滑るような気がしたのと見た目が阿呆みたいだなと思ったからでした。

今は転がるのが許せません。
きゃつら、おもしろいように転がるんですよ。

上記のような理由で自分は使わないのですが、小学生らが使っているのでしょっちゅう転がり、床に落ち、芯が折れてしまいます。
意図せずその芯を踏んでこすってしまうこともあり、コラーーーです。

頑張った子には鉛筆をあげるシステムで勉強しているのですが、キッズらが喜びそうなかわいい鉛筆というのはたいてい丸軸なのです。

丸軸は転がるから嫌だ、と強く思うものの、せっかくのごほうび鉛筆があまりかわいくなくてキッズらがふーん…となるのも悲しく、ときどきは買ったりもするのですが、やっぱり好きじゃないなあ。

と、思っていたら、補助軸に挿した鉛筆もものすごい勢いで転がるんですよね。
クリップが付いているハイカラ鉛筆ホルダー以外は基本的に丸軸なのでころころ転がるのです。

許さん。

そこで猫町が導入したのはペン皿です。
とりあえず転がりそうな連中はここを定位置とし、意識してこの場所に戻すようにしています。
f0220714_15335339.jpg
こうした小さなせめぎ合いも日々の楽しみとなっているのでありました。

# by mukei_font | 2019-07-17 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

鉛筆の話を少々・その2(短くなった鉛筆の現在)。

普段なかなかブログを書けずにいる時も、これがあれだよ!とつぶやきたい時というのはいっぱいあって、Twitterで発信するみたいに気軽にブログが書けたらいいのかもしれませんね。

というわけで、これがあれだよ!なのがこれです。
f0220714_10090257.jpg
以前、短くなった鉛筆の置き場所について悩んでいると書いたのですが、結局当初のキャンドルホルダーをそれ用に整えました。

キャンドルホルダー自体がコンパクトで邪魔にならないこと、ガラス製で重みがあること、そして何より絶妙の深さが決め手となりました。

ここに短くなったor短くなりかけた鉛筆を集合させ、順番に補助軸に挿して使っている感じです。
補助軸によっては鉛筆のお尻が切りっぱなし(鉛筆のお尻から芯が見えているタイプ)になっていないとフィットしない軸もあり(下記の記事参照)、そういうのを選びながら補助軸に挿すのが楽しいのです。

また、先が丸くなった鉛筆をわざと削らずに逆さまにペン立てに挿し、ある程度ため込んでから一気にぐりぐり削るのもある種のカタルシスがあって気持ちいいです。

小さな幸せが私を生かしています。

# by mukei_font | 2019-07-16 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

鉛筆の話を少々・その1(赤青鉛筆の現在)。

ブログの更新から遠ざかっていた間、猫町は働いていました。
普通ですみません。

実はお遍路の旅に行っていたとか、湯治に行っていたとかならかっこよかったのですが…

そんな普通な日々を猫町とともに歩んでいたのが鉛筆です。

文房具の流行は個人の中でも繰り返しますが、鉛筆と太芯シャープの流行もまた交互にやってくるもので、今は鉛筆が熱い時期です。

というわけで、鉛筆の話をぽつぽつとします。
まずはこちらの赤青鉛筆。
f0220714_09450211.jpg
いつぞや記事にした時からさらに短くなっていますね。

え、でも何ヶ月もかけてこれだけ?
がんがん使えばもっと短くなるんじゃないの?

という声もあるでしょう。
もっともです。

実は上記の赤青鉛筆は普段は補助軸に入れて青鉛筆側だけを使っており、赤鉛筆は別の個体を使っているというのが一つ。

青鉛筆の代わりに緑鉛筆も使うようになり、そちらと役割を分担するので青鉛筆の減るスピードがゆるやかというのが一つ。

赤青鉛筆が最強という気持ちは揺るぎないものの、ZEBRAのクリッカート等他の筆記具も使いたいために使用機会が分散するというのが一つ。

まあそんな感じでやっております。
ここまできたらあとの楽しみはどこから青芯が出てくるか、ですよね。
一緒に勉強しているキッズらもその劇的瞬間を楽しみにしているようです。

# by mukei_font | 2019-07-15 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(1)

猫町の近況(台風接近)。

これを書いているのは8月15日。
台風10号が接近中で雨風が強くなってきました。

こんな時にのんきにブログなど書いている場合ではないですが、時間を見つけて少しずつでも書いていこうと思うのですよ。

コメントへのレスも5月分から中断していて申し訳なく思っています。
先日の文紙MESSEに関するコメントもありがとうございます。

また、ブログの更新もせずに沈黙している猫町に暑中見舞いの葉書や素敵な贈り物を送ってくださる方もいて、何とお礼を申し上げたらいいのか…

いただいたものをきちんと写真に撮って記事にしたいと思っておりますが、現在あまりの暑さに気力体力ともにぎりぎりの状態です。
気長にお待ちいただけたらと思います。

ということで、沈黙の間何をしていたのか、何を考えていたのかということをぽつぽつ書いていきたいと思います。
エアコンで涼しくした部屋でごろごろしながらお読みいただけたらと思います。

# by mukei_font | 2019-07-14 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

文紙MESSEに行けたら聞きたかったこと。

8月6日、7日は文紙MESSEなんですよね。

いいなあ。
猫町は今年も行けそうにありません。

文紙MESSEの会場となっている「マイドームおおさか」があるあたりは猫町の庭といってもいいくらいなじみのある町で、堺筋本町駅からでも谷町四丁目駅からでも目をつぶっても行けそうなくらいなのに、大阪は遠すぎますな。

というわけで、エア文紙MESSEというか、文紙MESSEに行ったらこんなことやあんなことを聞きたかった、言いたかったということを箇条書きしておきたいと思います(以下はメーカーのあいうえお順)。

・クツワ

ホクサインをまず激賞。
実はどこかのメーカーの鉛筆…というオチがないかを確認しつつ(本当にクツワオリジナルの鉛筆なのだろうか)、同社のオレンピツとの関係を探る。
同じなら同じ、違うなら違うという事実が知りたい。
開発秘話も聞きたい。

・コクヨ

キャンパスジュニアペンシルの必要性を熱弁。
小学生にもっともふさわしいシャープペンはキャンパスジュニアペンシルであるという結論に達したが、あろうことか初期のモデルが廃番とはこれいかに。
初期のモデルの形状のまま、キャンパスノートの限定柄とコラボしていた時のようなかわいい軸にして復活させてほしい。

その一方、大人向けの鉛筆シャープTypeMシリーズは非常に素晴らしい。
芯も気に入って使っているが、0.9の芯だけMADE IN KOREAとなっているのはどういう背景があるのか。
0.9の2Bが素晴らしく、これしかないという書き味である。

・サクラクレパス

「サクラクレパス消しゴム」(クレパスの形をした消しゴム)はどこの消しゴムなのかを聞く。
これは本気でずっと気になっているので、分かる人の説明を聞くまで粘りたいところ。
フォーム系ではないと思うが、どこの消しゴムなのだろうか。

・ぺんてる

P200系統のシャープペンを激賞。
実は逆輸入版のP207、P209を愛用していることを告白、太芯シャープの素晴らしさを熱弁しつつ、製図用シャープにとらわれずに多くの人に太芯シャープを使ってもらえる工夫が必要であるとの持論を展開、ぜひP207、P209の素敵カラーを出してもらうように懇願。

ダメ元でハイブリッドテクニカの復刻についても探る。
ハイブリッドのオールドファンでもあるので、ゆめゆめ廃番になどしないよう念押し。

だいたいこんな感じでしょうか。

ZEBRAやトンボ、PILOTなどはその場の雰囲気で何についてでも質問できるし、話し続けられるのですが、とりあえず上記のことだけは聞いてみたかったし、話してみたかったなと思うのです。

が、もっともお会いしたかったのがPLUSとヒノデワシでして、残念ながら出展していないようですね。

PLUSのAIR-INがいかに完璧な消しゴムかを熱弁、そしてそれを作っているヒノデワシ株式会社の方にも直々に感動を伝え、キングオブ消しゴムであるAIR-INのそのまた上に君臨する三菱のuniマークシート用消しゴムの秘話なども(あれば)お聞きしてみたかったのですが…

とまあ、いつもならこんな感じで暑苦しく回り、力尽き、どこかで何かを食べて復活してシモジマなどを巡って帰るのですが、今年は本当に残念です。

ここから先は妄想に近い願望なのですが…

もしここを読まれている方で文紙MESSEに行かれる方がおられたら、そしてもし会場でこの記事を思い出していただけたなら、どうか猫町の代わりにちょいと聞いたり、話したりしてみていただけないでしょうか。

どこかにいるかもしれないソウルメイトの方。
遠くへ行けない猫町の代わりにぜひ文房具への愛やこだわりを語ってきていただけたらと思います。

# by mukei_font | 2019-07-13 23:59 | 文房具与太話 | Comments(3)

疲労の姫路文具旅。

短い文具旅を終え、帰途につくところです。

今回は最初から疲労がたまっていたところに思わぬアクシデントが重なり、へろへろになってしまいました。

次の文具旅から使う予定であたためていた無罫の野帳(限定版)も持って来ていたのですが、新しい文房具をおろす心の余裕はありませんでした。

それでも根性でハンズとロフトは見て回ったのです。
そしてほんの少しの散財…

レターセットを買ってしまったのは病気として、あとは必要なものだけを買ったし、どれも地元にはないものだから合格とします。

今回の発見は、コクヨのキャンパスジュニアペンシルはもうなくて(ロフトになかっただけ?)、鉛筆シャープの廉価版と高級版という感じになっていたこと。
うっかりしていて把握していませんでした。

キャンパスジュニアペンシルに限定柄があった頃に数本買っておくんだったなあ…

小学生に鉛筆シャープをすすめたいけれど、鉛筆シャープの廉価版のラインナップはどれもいまいちというか、小学生なんて特に雰囲気重視なのにあんな色はちょっと違うと思うぞ…

あとはしばらく見ないうちにサラサの多色軸が猫町の記憶にある軸ではなくなっていたこと。

いつの話やねん、ですよね。
今やプレフィールもなかったことにされているくらいですから、時は流れたということでしょう。

さてこれをポチポチ打っているガラケーですが、真ん中の決定ボタン、電源ボタンに続いてclearボタンも今まさに取れようとしています。

小型のパソコンであるスマホとは違い、全体像がつかめないまま誰かにメールを送る感覚でブログが更新できるガラケーが好きなのですが、これまた時は流れたということなのでしょう(19/08/02)。


# by mukei_font | 2019-07-12 23:59 | 手のひらより愛をこめて | Comments(2)

敗北の姫路文具旅。

AKAN…

こんなに厳しい文具旅がかつてあったであろうか…

実は今回の文具旅の真の目的は、毎晩床に就く際に考えない日はない「ポムの樹」のオムライスでありました。

都会に行ったらポムの樹へ。
何年ぶりかでポムの樹のオムライスを食べるんだ。

検索すると簡単に見つかったので胃袋の加減を調整し、意気揚々と向かったところ、

ない。
どこにもない。

閉店?
移転?
ネット検索のバカヤロー…

代わりに見つけた「ステフォレ」という文具カフェで茫然とアールグレイを飲んだ猫町でしたが、そこで手紙が書けたのでよしとします(19/08/02)。

# by mukei_font | 2019-07-11 23:59 | 手のひらより愛をこめて | Comments(1)

真夏の姫路文具旅。

AKAN…

連日蒸し風呂のような部屋で寝ているせいか想像以上に疲れており、ショッピングモールの冷たい床に横たわることばかり考えながらフラフラしています。

今夜からエアコンをつけよう…
絶対つけるぞ…

こんな感じで判断力がほぼ0の猫町はまたもやレターセットを買ってしまいました。
馬鹿なのでしょうか。

ほぼ手紙なんか書かないのに。
すでに一生使いきれないくらい便箋や封筒を持っているのに。

死んだら棺桶に入れてもらおう。
そうだ、棺桶に入れる文房具についても記事にしたいんだった…

とりあえず栄養ドリンクをどこかで買わないと家にたどり着けない気がしてきました(19/08/02)。

# by mukei_font | 2019-07-10 23:59 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

半日だけ都会へ。

スケジュールをなんとか調整し、半日だけ出かけることにしました。

行き先は姫路。
片道約半時間ですが、これがなかなか出かけられないのですよ。

限られた時間しかないので今回はロフトと本屋だけにする予定。

途中どこか涼しいところで書き物ができればいいなと筆記具を持ってきたのですが、さてどうなることやら(19/08/02)。


# by mukei_font | 2019-07-09 23:59 | 手のひらより愛をこめて | Comments(0)

東寺のありがたいボールペン。

先日帰省していた妹に素敵なボールペンをもらいました。

これはいったい…
f0220714_11113682.jpg
「特別展『国宝 東寺ー空海と仏像曼荼羅』」とありますが、何が頭についているのかな…
f0220714_11115597.jpg
むう。
これは象?
f0220714_11120860.jpg

一緒にもらったポストカードを見ると「帝釈天騎象像」とあり、このボールペンの頭に付いているのはその象のようですね。
f0220714_11124569.jpg
うおお…
なんてありがたいんだ…
そして美しい…
f0220714_11122055.jpg
さて、ボールペンといえば替芯がどうしても気になる猫町は一目見た時から繰り出し式のボールペンと予想、芯はクロスのねじ込み式と当たりをつけておりました。

が、実際は三菱のSK-8…
わーん、なつかしいSK-8…
久しぶりー元気にしてたー?あたしゃ田舎暮らしも板についてきたよー

おもしろいのが芯を繰り出す感触で、片手でふにっと芯を出したり引っ込めたりできる工夫か、回転がめちゃくちゃやさしい。
やさしいどころかちょっと頼りない?
いやでも今はこういう配慮も重要なのかも…

頭についた象の存在感はもちろん、軸色のゴールドもとても上品で老若男女あるいは和洋を問わないファッション性もあり、さらに片手で芯を繰り出せる慈愛に満ちたボールペンとくればこれは「オフィスの視線も独り占め」のナイスアイテムというやつではないか、などと思いつつ一人にやにや眺めて喜んでいます。

# by mukei_font | 2019-07-08 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(1)

猫町の近況(猛暑到来)。

始まりましたね猛暑(現在8月1日)。
あらゆる紙類が腕にくっつき、手書きには厄介な季節です。

この暑さだと万年筆の中のインクもすぐにカラカラになりそうだし、ボールペンも物によってはインクがもれることがあるので暑くなりすぎる空間は要注意です。

逆に冬には冷たくて持つのに勇気が必要だった金属軸のペンなどは快適な季節ですね。
エナージェルフィログラフィも鉛筆の補助軸達も活躍中。

だからというわけではないですが、最近の猫町は鉛筆>>>シャープペンです。
太芯シャープたちも楽しいのですが、今は鉛筆の気分。
しかも補助軸に短い鉛筆を付けたり外したりするのが楽しい気分。

自分の中の「2大ぐるぐるめぐる文具の流行」といえば、無罫ノートと無罫リーフの流行と、この鉛筆と太芯シャープの流行です。

特に湿気の多い今の時期は2B以上の濃い鉛筆が楽しい時期でもあり、鉛筆たまらん…!な日々が続いています。

# by mukei_font | 2019-07-07 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

ZEBRA・クルリ。

先日新聞でZEBRAの新商品「クルリ」について知りました。

「働く女性の味方に」

ということで、働く女性が持ち運びやすいように全長約11センチのコンパクトなボールペンのようです。

インクはジェルとありますが替芯は何かな?
軸の長さからしてサラサクリップのJF芯は無理。
サラサの多色の替芯JK-0.5か?とも一瞬思いましたが、これだって長さがギリギリ。

その後「文マガ」の新製品情報で「ボール径は細字の0.4mm」と見てなんやJSB-0.4かあ…

と、まだ品番が出てくることに驚きました。
これぞまさに昔取った杵柄(大げさ)。

しかし、JSB-0.4と聞くと現実的な猫町は「全然働く女性の味方じゃねえ!」と叫びだしたくなりますね。

あっという間になくなるんですよインクが。
当たり前ですよねあんな短い金属芯の中にゲルインクが入っているのですから。

1本あたりの替芯の値段と替芯の交換頻度を冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか。
みなさんの好きな(猫町は嫌いな)コから始まる3文字の言葉…

それにそもそもZEBRAのサイトにあるみたいな透明のケースに入れて持ち歩くのなら特にコンパクト軸にする必要もないやん、とか言ってしまっては駄目なんでしょうか。
すでにマイルドライナー的な人も入っているし…

同社のブレンとかも限定色が出るみたいなのに、ブレンもきっと持ち歩いてよお…と思っていますよ。

従来のボールペンがこんな長さならキャー今度のボールペンはコンパクトね!という感動もあるでしょうが…
f0220714_2158573.jpg
まあこれはいつぞやの沖縄土産なわけですが…

# by mukei_font | 2019-07-06 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ダイソーのらくがきちょう往路完走、復路へ。

暑くなりましたね…
昨年よりうんとましなんだから文句を言わずに頑張るぞ、と思うのですが、これまであまり暑くなかったぶんこたえますね。

さて、流しそうめんよろしく相変わらず流され続けている猫町です。
流されながらも何か得るものがあればいいのですが…

これを書いている現在(7月28日)もっとも猫町を悩ませているのが舌の先にできた口内炎です。
7月19日くらいから舌の先にあり、今が一番痛い時だから耐えるんだ明日には治るさ気づいたら治っているのさ、と耐え続けてもう結構になるのですが…

常時ペコちゃんみたいにしていたい。
それかずっと英語の「th」の発音しときますわ。

舌の先に口内炎ができるたびに、人間の舌というのはなんと活動的で動物的な動きをすることかと痛感するのですが、もう十分学習しましたんでそろそろこのへんで…

閑話休題。

そんな流しそうめん的日々の中の成果の記録。
相変わらず自分にだけ楽しい記録で恐縮ですが。

4月20日から使い始めたダイソーのらくがきちょう、7月26日往路完走。
即折り返し、復路へ。
要は表面を最後まで使い切ったので、裏面を使い始めましたよ、という話です。
f0220714_11432558.jpg
もちろん何で書いてもいいのでしょうが、やはりこれは鉛筆で書くものですな。
色鉛筆もとても気持ちいいです。

ガバッと折り返して使ってもページがはがれたりせず、よく言われる「ガンガン使う」という表現はまさにこのらくがきちょうのためにある表現のように思います。

# by mukei_font | 2019-07-05 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(2)

無印良品・裏うつりしにくいルーズリーフ・B5横罫・200枚。

先日妹が帰省しておりました。

頼んでいたものをしっかり持って帰ってきてくれました。
例の式神にお願いしていたものです。
f0220714_10105129.jpg
無印良品のルーズリーフ。
猫町には珍しく横罫です。

このルーズリーフにこだわるわけはこちらに暑苦しく書いたとおりです。
猫町の違和感を払拭する素敵アイテム…
詳細はまたじっくり語りたいところ。

見よこの紙束。
一生分ありまっせ。
f0220714_10105987.jpg
もうこれで安心です。
田舎から一歩も出られなくてもやっていけます。

重いのに持って帰ってきてくれて本当にありがとう。

# by mukei_font | 2019-07-04 23:59 | 雑貨屋・100均・無印良品 | Comments(0)