人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(76)
(46)
(33)
(25)
(9)
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
猫町さま 気にした..
by YAS at 18:12
今の自分もかなり早起きな..
by alchemie0629_a20 at 08:17
デンジマン本当に懐かしい..
by miyamo at 11:16
こんばんは。 私も同じ..
by ともこ at 22:32
>YASさん 平成..
by mukei_font at 00:43
>ua0007さん ..
by mukei_font at 00:42
>tenohirakou..
by mukei_font at 00:42
>てっつぁん それ..
by mukei_font at 00:42
>ももさん はじめ..
by mukei_font at 00:41
>たまみさん シャ..
by mukei_font at 00:41
>さかなさん さか..
by mukei_font at 00:41
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 00:40
>ともこさん そん..
by mukei_font at 00:40
>fugajiさん ..
by mukei_font at 00:40
>shigefuさん ..
by mukei_font at 00:40
>あるけみさん な..
by mukei_font at 00:39
>KAZさん 貴重..
by mukei_font at 00:39
>fugajiさん ..
by mukei_font at 00:39
>KAZさん シグノノ..
by mukei_font at 00:38
>Kさん このたび..
by mukei_font at 00:38
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


「マツコの知らない世界」で「万年筆インクの世界」を見る。

複数の知人から「今度の『マツコの知らない世界』は「万年筆インクの世界」ですよ」と教えられ、録画したものを先日見ました。

万年筆インクの世界に惹かれたきっかけに始まり、PILOTの色彩雫の「月夜」の魅力、香り付きのインクにご当地インク、そして最後はオリジナルインク作り…

楽しく拝見したのですが、今もっとも猫町の心を捉えているのがこのインク。
なんと定番中の定番、PILOTのブルーブラックのインクです。
f0220714_18461013.jpg
今月からEDiTに記入するのに万年筆を使っているのですが、気品あるブルーブラックは記入する文字が増えても紙面がうるさくならず、色鉛筆のアンダーラインと相性が良いのもうれしい。

何より独特のインクの香りが万年筆を使い始めた頃のことを思い出させてくれるのがとても良いのです。

万年筆は万年筆の軸色とインクの組み合わせがしっくりこないと集中できないのですが、その点このブルーブラックはオールマイティというか、このインクを入れて違和感を感じることのほうが少ないような気がします。

それもこれもPILOTのブルーブラックが生まれて初めて使った万年筆インクだからでしょう。
生まれて最初に見た動くものを親だと思ってトコトコついていく子ガモのように、猫町が一番気負わずに使えるインクなのかもしれません。

実はこのインクは木琴堂のお客さんからのいただきもので、いただいた当初は正直(他のインクも山ほどあるのにこんな定番カラーを使うことがあるだろうか)と戸惑ったものです。
それがどうしてどうして、今の猫町にはブルーブラックの落ち着いた色味がとてもしっくりくるから不思議です。

色で遊びたい時もあれば色の要素をおさえて万年筆そのものを愛でたい時もあります。
今の猫町はきっと後者なのだと思います。

# by mukei_font | 2019-05-18 23:59 | インク | Comments(0)

小さな小さな文房具。

大きな文房具の次は小さな文房具の話。

先日の姫路文具旅でついつい買ってしまったのがこちら。
文具ミニチュアマスコット〈第2弾〉。
f0220714_16001513.jpg
文具ミニチュアマスコットについては〈第1弾〉のカール・エンゼル5ロイヤルのブルーで目的を達成したので静観していたのですが、旅のお土産にと思いました。
f0220714_16005270.jpg
狙った獲物(=気になる文房具)を次々と仕留める(=購入する)文具旅も素敵ですが、出来心でふらりと購入するのも亦た楽しからずや。

ちなみに今回購入したカプセルは2個。

「アラビックヤマト出ろ!」と言いながら開けたカプセルからアラビックヤマトが、「うーん…あとはオルファとか?」と言いながら開けたカプセルからオルファが出るというラッキーぶりで、つまりは今年のダービーも(以下言霊信仰のため省略)…

# by mukei_font | 2019-05-17 23:59 | おもしろ文具 | Comments(0)

大きな大きな文房具。

非常に重要なことだったにもかかわらず、昨年ついに記事にすることができなかったのが机に関する記事でした。
昨年猫町のもとにやってきたもっとも重要な文房具の一つが机だったと書きたかったのです。

机は中学生との勉強に使うもので、長く座卓を使っていたのですが、正座に不慣れな人もおり、机と椅子がいいなと思っていました。

しかし、何をどういう風にそろえたらいいのか分かりません。
机や椅子は大きな買い物だし、まずはあるものを使いながら問題点をあぶり出そうと長期戦で考えることにしたのです。

最初に使った机は手作りのものでした。
作業台用に作ったものをゆずられ、高さなどはよかったのですが、天板の面積が狭いのと天板がざらざらした材質で、いちいち下敷きを敷かないといけない等の問題点がありました。
が、座卓に問題を感じていたこともあり、自分も中学生も結構満足してその机を使ったものです。

その次にやってきたのが会議用の折りたたみテーブルでした。
親戚の人に古いものをゆずってもらい、これを2台向かい合わせにして使いました。

作業台から会議用のテーブルになって感動したのは面積の広さとつるつるした天板です。
これで下敷き下敷き、と言わなくてもよくなりました。
広いのもありがたく、教科書やワークをどこまでも広げられてリッチな気分になりました。

とはいえ、やはり相当年季の入った会議用テーブルだったこともあり、使い始めるや否や机のがたつきに悩まされることになりました。
消しゴムで消す時などは特に揺れが気になりました。

もっともこれにはコツがあり、自分の体重のかけ方しだいではがたつきをコントロールすることもできたのです。
中学生とは限られた時間しか勉強しないこともあり、この机はかなり長く頑張ってくれたと思います。

が、最近になってさすがにこれではいけないという問題が生じました。
それは生徒の数であったり、生徒の体格であったりいろいろです。

ついに決断すべき時が来たか。
連日ああでもないこうでもないと配置を考え、ネットで机のサイズを調べ、ようやく機能的な机を注文したのがこの記事の日付あたりです。

この記事を書いている今はもうその素敵な机が届いており、機嫌良くそこにパソコンを置いてこれを書いているのですが、買ってよかったです。

大きな大きな文房具です。
どこの学校にもあるような学生机ですが、つるつるした天板のがたつかない机がただただうれしいのです。
机や椅子が戸惑うくらい、たくさん手書きをしようと思っています。

# by mukei_font | 2019-05-16 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

コクヨ・60周年限定デザイン野帳。

「気になる新商品」というタイトルで記事にした文房具は高確率で買ってしまうの法則

もう覚えましたね。

「気になるもの」は「必要なもの」。
自分をよく知っている人間、猫町です。

ということで、コクヨの60周年限定デザイン野帳ですよ。

東急ハンズにはなく、姫路だと駄目なのかなあとロフトをのぞくとひっそりとですがしっかりと展開されており、吹けない口笛を吹きたくなりました。

欲しいのはもちろん無罫ですが、冷静な猫町は横罫もいつか必要な時が来るのではないかと思っていました。

横罫はフクロアリクイか。
かわいいじゃないか。
よし、買おう。

ということで、ためらいなくこちらをゲット。
f0220714_16163703.jpg
これまでは中紙のレイアウトのせいで縁遠かったのですが、無罫になると途端に仲良くなれそうな気がするから不思議です。

競馬にぴったり、とコメント欄でたましいさんに教えていただいたと以前書きましたが、自分としてはまた別の用途も思い浮かびました。

お出かけノートです。

自分は遠出をする時は必ずジョッターを持って行き、立ち寄ったところや食べたもの、見たものなどを出先でメモするのですが、大きさ的にもそれと同じことができるなと思いました。

野帳はもともとが屋外で立ったままでも筆記しやすいのが売りのノートなんだし、かさばらないのもお出かけにふさわしい。

買っても使い道が…と思っていましたが、これまでジョッターでやっていたことをやればいいだけなら無駄な買い物になることはないでしょう。
ちょうど5x3の情報カードがなくなりかけているタイミングだし、これは使う前から勝利が約束されたようなもの。

でももし想像通り無罫の野帳がむちゃくちゃよくてすっかり好きになってしまったら…
限定品なのに今後はどうしたら…

いいや。
その手には乗らないぞ。

そこはあまり出かけない猫町のこと、きっとなんとかなると心をなだめ、次の文具旅に思いをはせることにします。

# by mukei_font | 2019-05-15 23:59 | ノート | Comments(0)

三菱・EMOTT。

気になっていた三菱のEMOTTを先日の姫路文具旅で買いました。
またしても、

「気になる新商品」というタイトルで記事にした文房具は高確率で買ってしまうの法則

です。

東急ハンズではバラ売りがなくてちょっと焦ったのですが、ロフトではバラ売りがあり、迷わず赤色を購入しました。
f0220714_15381408.jpg
f0220714_15382281.jpg
ZEBRAのクリッカートと似たような時期に発売されたものの、お互いのセールスポイントが見事にかぶっていないというおもしろい二人ですが、さて使い心地のほどは…

軽く使ってみた感じでは、分かりやすいインパクトがあるのはノック式のサインペンであるクリッカートだろうなと思いました。
サインペンでノック式というのはやはり便利です。

EMOTTの売りはペン先の耐久性やにじまない水性顔料インクなので、じわじわと良さが分かってくる系のペンのはず。
f0220714_15383077.jpg
そもそも別の良さを持つ2つを比べるのもおかしな話ですが、それぞれをいろいろな場面で使っていくなかでいろんなことが分かってくるのではないかと思っています。

ただいろんな色が欲しい場合のことを考えると、どの色も試してから買えるクリッカートがありがたいなと思いました。
EMOTTは基本色以外はセットになっているので。

EMOTTは価格も1本200円なので、きっと素敵な色なんだろうとは思ってもいきなり色も分からないままセットで買うのはちょっとためらってしまうのです。

あとこれは個人的な感想ですが、クリッカートもEMOTTも丸付け用のペンとして赤色系を購入しましたが、前者はやはりインクが抜けそうで丸付けには抵抗があり、後者はいかにペン先が丈夫とはいえ線幅が細く大胆な丸を書くには抵抗がありました。

せっかく気になる新商品を手に入れたのに、「丸付け用のペンとしては赤鉛筆あるいは赤青鉛筆が最強」という従来の結論がさらに強化されてしまった形になりました。

おそらくこれはクリッカートやEMOTTが悪いのではなく、それらを丸付けに使おうとしたことが間違えているのでしょう。

丸付けとはまた別の用途が思い浮かんだらその時は別の色が欲しくなるはず。
紙質と相談しながらクリッカートやEMOTTを使いつつ、別の用途がひらめくのを楽しみに待ちたいと思っています。


# by mukei_font | 2019-05-14 23:59 | その他筆記具 | Comments(0)

猫町と3年日記・その33(借金更新)。

昔誰かに言われてうれしかった言葉に「裏表がない」というのがあります。
正直がモットーの猫町です。

ということで、正直に告白します。
なかなか3年日記を書くことができないまま流されているうちについに猫町はとんでもない借金を背負ってしまいました。

42。

なんと42日分もため込んでしまったのです。
馬鹿なのでしょうか。

42日というと夏休みの日記そっくりそのまま全部という感じです。
8月31日に7月の終業式あたりのことまでさかのぼって書くのです。

これが日付入りの連用日記でなければ、あるいはボールペンのインクの減り方のデータを取っていなければ、とっくに挫折していたことでしょう。

連用日記に穴を開けるのは嫌だし、研究のデータが中途半端になるのも嫌です。
字でぎちぎちになったページをパラパラ漫画みたいにめくる楽しみや、字だらけのページを下に向けて振り回す楽しみ(字が降ってきそうな気がして楽しい)も捨てがたい。

まあ日本語だから書き始めたらなんとかなるでしょう。
その日に起こったことはEDiTや各種ダイアリーに散らばっているからまとめればいいだけだし。

それに手がかじかむ季節でも殺人的な暑さでもないぞ。
頑張るんだ。
頑張るしかないんだ。

# by mukei_font | 2019-05-13 23:59 | 〈猫町と3年日記〉 | Comments(1)

今宵もこれにて…

いや、本当になんなんですかねこの時間のたつ速さ。
パソコンにゆっくり向かう頃には眠くて眠くて何かの罰ゲームのよう…

明日こそあれこれたくさん書きたいです。
クツワのホクサインがどう素晴らしいかについても。

でも売ってないんだよな…
今後だってイオンに入荷するかどうか…
入荷したとしてもバラ売りがあるかどうか…

せっかく気に入った文房具が簡単に入手できないと分かった時の舌打ちしたくなるような悔しい気持ち。

これが嫌で入手に困りそうなものには近づかないようにしているのですが、ホクサインに関しては記念に1本買えばいいだろうくらいに思っていたのでしかたがありません。

ホクサインのためだけにもう一度姫路に行くか…
もし行けたらガツンとまとめ買いしますデ。

そのうちヨドバシで1本単位で販売してくれるといいな。
あるいは式神に…zzz(夢の中)

# by mukei_font | 2019-05-12 23:59 | わたくしごと | Comments(0)

今宵はこれにて…

毎日がびゅんびゅん過ぎていき、3年日記の借金も大変なことになっているのですが朝が早いので寝ます。
日の出とともに起き出す家人のせいで慢性的な睡眠不足なのです…

スマホの研究も全然できておらず、いまだに写真の撮り方が分かりません。
便利なんだろうなあとは思うものの、ただただ忙しさに流されているのが現状です。

とりあえず今言えるのはクツワのホクサインは素晴らしいということでしょうか。
早速はまってしまいました。

# by mukei_font | 2019-05-11 23:59 | わたくしごと | Comments(1)

クツワ・ホクサイン。

ここからは先日の姫路文具旅で買ったものを順番にご紹介していきます。
タイトルを見ただけでははあと思われた方もおられるでしょうが、そうです。
例の、

「気になる新商品」というタイトルで記事にした文房具は高確率で買ってしまうの法則

です。

高確率どころかほぼ100%の確率で買ってしまう自分は欲望の塊なのか、欲しいものをかなり正確に絞り込める賢い消費者なのか…

閑話休題。

いつぞや記事にしたクツワのホクサインです。

セット販売ならB以外の硬度はいらないぞと思っていたらなんと東急ハンズでバラ売りされていました。

前回書いたような理由で鉛筆を物色していたのですが、実は発見するまでホクサインのことは忘れていたのです。
まさか定番の棚でバラ売りされているとは思わないし…

で、ウキウキしてBを買って帰ってきたのですが、冷静になるといろいろ見えてきました。
早速の落とし穴です。

北斎ブルーとか嘘やん。
めっちゃメタリックにギラギラしているし、こんな北斎おらんわ。
f0220714_18330188.jpg
f0220714_18332520.jpg
そうです。
そもそもが「葛飾北斎をイメージした『北斎ブルー』」という言葉に惹かれていたのでした。

いくら売り場でバラ売りを見つけてうれしくなったとはいえ、店頭で気づくべきでした。
相当舞い上がっていたようです。
自業自得とはいえこの軸色に「北斎ブルー」はないわ、とマイナス20点。

かくなる上は「芯の強度2倍以上(同社比)」という書き心地を楽しむことにして早速削ろうとしたのですが、銀色のバーコードシールが鉛筆の削りたい側に貼られており、もちろんはがそうとしたのですが、これがこれでもかという強粘着で、無理やりはがした後がにちゃにちゃ祭り。

にちゃにちゃは消しゴムで取る派なので、根気よく消しゴムをかけ、消しゴムのカスと一緒にねりねりねりねりしながらにちゃにちゃをはがしたのですが、文具店員時代からこういう場面に慣れている猫町をして爆発的に時間がかかり、ちょっとこれは…とさらにマイナス30点。

と、スタート時点からマイナス50点のホクサインですが、長いギラついたボディは机の上でも主張が激しく、芯の強度を感じる場面はまだないものの案外楽しく使っています。

# by mukei_font | 2019-05-10 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

姫路文具旅2019〜キディランド~

先日の姫路文具旅の記事で、行ったのに書き忘れている所がありました。
キディランドです。

ピオレという駅ビルの中に東急ハンズや無印良品が入っているのですが、キディランドも入っており、きっちり立ち寄っておりました。
立ち寄っただけではなく購入もしておりました。

鉛筆です。
f0220714_14485460.jpg
少し前から自分の中に「かわいい鉛筆とは」というテーマが生まれ、それについての探究です。
一緒に勉強している学生さんへの景品として鉛筆を渡す場面があり、かわいい鉛筆について研究せざるを得なくなりました。

「かわいい」にこだわる人たちによると、鉛筆の頭の部分のワンポイントも重要だとか…
まあ確かにワンポイントがキラキラしてはいますが…
f0220714_14490493.jpg
文房具は見た目よりも性能派の猫町は(かわいいとかよりざりざりせず心地よく書けて消しゴムでちゃんと消せる芯なんだろうか)ということで頭がいっぱいになるわけですが、見た目重視の人たちはやはりかわいさが最重要なわけです。

枯れたミドルエイジにかわいさなんて分からないよう…
猫町の思う「かわいい」はトンボのippo!かきかたえんぴつのNatural柄だよう…

しかし…
かわいい鉛筆はどうして丸軸ばかりなんでしょうか。

コストの関係?
丸軸のほうが作るのが簡単?

丸軸の鉛筆はおもしろいようにころころと転がり、机から落ちそうになる鉛筆をはっしと止めるシーンも多いのです。
本当は丸軸禁止!と言いたいのをグッとこらえているのです。

にもかかわらず、つい乗せられて丸軸のかわいい鉛筆を買ってしまった猫町。
転がり防止のキャップなどもすでに頭にあり、「かわいい」の探究はどこまでも続いていきそうです。

# by mukei_font | 2019-05-09 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

ハイテクもアナログも。

訳あってスマートフォンを購入し、5月8日より使い始めました。

えーそんなー
この裏切り者ー

とガラケーユーザー仲間ががっかりしてはいけないので補足すると、ガラケーとスマートフォンの2台持ちです。
通話とメールはあくまでもガラケー、スマートフォンはサブ。

スマートフォンはSIMフリーのものなので今のところはWi-Fiの環境でしか使えません。
要するに小さいパソコンを1台買い足したような感じです。

本当に必要か?贅沢ではないのか?とさんざん悩みましたが、勉強の際にあったほうがいいことが多くなり、決断したしだいです。

なお購入にいたるまでは古くからのブログの読者である某さんに大変お世話になりました。
何も分かっていない猫町に一から丁寧に教えてくださり、一番経済的な方法でスマートフォンを得ることができたと思っています。

恥をしのんで某さんに教えを請うことにしたのは、自分の知る限り某さんがもっともモバイル端末に興味を持った人に思えたからでした。
知識はもちろんですが、好奇心がすごいというか愛というか熱量というか…

だからといって自分のようなド素人がむやみに甘えていいわけではなく、同じくらい知識がある人となら楽しいやりとりも、猫町相手だと相当骨が折れるしんどいやりとりになったのではないかと申し訳ない気持ちでいっぱいです。

某さん、このたびは本当にありがとうございました。
まだまだ「?」だらけなので、今後も導いていただけたらと思っています。

しかしそもそもこういうことは電気屋の店員が教えてくれるのでは?
ええ。
もちろん行ったのです。

が、連日の接客で悟りの境地に達しておられたのか、あまりにも分からなさすぎる客はノーサンキューなのか、なんだか玄人向けのそっけない応対をされ、突き放されたような気分になってしまったのでした。

買う必要があるかどうか迷いながら店員さんに聞いたので弱い印象を与えたのかもしれませんが、スマホとタブレットの違いやそれぞれのメリットやデメリット、料金体系のことやいろいろな可能性についてなど、もう少し教えてくれてもよかったのでは…と思います。

売っているものはうんと安かったですが、自分は油性ボールペンとゲルインクボールペンの違いが分からない人にも分かりやすい言葉でちゃんと説明したし、どうせ分からないだろうみたいな態度で話を適当に切り上げたりはしなかった…

などと、いつの話やねんということまで思い出したりしてもやもやしていたわけですが、それもこれもすべて某さんのおかげで前進できました。
感謝しかありません。

ということで、記念すべき日なのでちゃんとEDiTに書いておきました。
f0220714_22580628.jpg
ちなみにスマートフォンの導入とは矛盾するようですが、今月から万年筆でEDiTを書いています。

さくさく動く小さなパソコンも素晴らしいですが、インクという"液体"を内に抱いた万年筆もまた素晴らしい道具です。
そうした話もまたぼちぼち書いていけたらと思っています。

# by mukei_font | 2019-05-08 23:59 | 文房具与太話 | Comments(0)

猫町の近況。

日の出とともに起き出して活動している関係で、夜が眠すぎます。
先日買った文房具のことなど書きたいのですが…
今夜もAKAN...

# by mukei_font | 2019-05-07 23:50 | わたくしごと | Comments(0)

姫路文具旅2019〜ジュンク堂書店〜

本屋を最後にしたのは大正解で、もうここで燃え尽きるまで本を見て歩くんじゃあ、と数時間かけて丹念に本をチェックしていきました。

自分が書店員の頃は客自身が使うタッチパネルの検索機が出始めた頃で、しょっちゅうフリーズし、不安定でした。
なので、お客さんが探している本を代わりに探すのは書店員の当たり前の仕事でした。

われわれは割り当てられたジャンルの本はだいたい把握していることになっていたので(個人差あり)、あり得ないようなかすかな手がかりから本を見つけ出すことも日常茶飯事で、店内をいろんなジャンルの店員が文字通り走りまわっていたものです。

しかし今はいい検索機があったり、客自らがスマホで検索できたり…
心なしかあまり店員も走り回っていないような…

って毎回同じことを書いていたらすみません。
まさしく隔世の感というやつです。

さて旅の終着点にたどり着いてもなお文房具が気になる猫町は、ジュンク堂書店の中の文房具売り場を素通りできません。

マルマンの布張りなのに360度折り返せるルーズリーフバインダー(PLACIDE:プラシード)を思わず手にとってしまいました。
ルーズリーフバインダーは金属金具でなければならない派なのですが、金属金具でしかも表紙をぐるりと折り返せる利点もあるとは…

さすがに買いませんでしたが、頭の中に(そしてこのブログに)記録しておくことにします。

この後さらに改札の中にある小さな書店の文房具売り場をチェックし、本当に「平成」とか「令和」のグッズが売られているのを横目に都会(姫路)ともしばらくおさらばです。

さて"御座候"を買って帰るとしましょうか…

# by mukei_font | 2019-05-06 17:16 | 文具屋めぐり | Comments(0)

姫路文具旅2019〜あらためてロフト〜

ふう…

今のところ流されそうになるたびに大天使猫町が現れ説教→素直に従う、の繰り返しでいつもなら勢いで買ってしまうものをいくつか食い止められています。

とりあえずレター用品を買っていない自分GJ。

いろいろ自分に言い訳して使いやすい大きさだからどうのこうのとほとんど買ってしまいそうになっていたのですが、大天使猫町の導きで家の引き出しいっぱいにあるレター用品の存在をリアルに思い出すことができ、無事回避できました。

とはいえ気になっていたものをあれこれゲット…

不思議とハンズにあるものはロフトになく、ハンズで買ったものはほぼ大成功の買い物でした。
いくら姫路駅周辺で済むとはいえ、行ったり来たりしたくありません。

ところで衝撃的なことが。
ロフトでも見切り品のワゴンセールがあり、いつものようにチェックしてみるとなんとZEBRAのRougel(ルージェル)があるではありませんか。

1000円が500円…
猫町が愛用しているホワイトもある…
ひどい…
三菱のUMR-8x芯も入るしめちゃいいのに…

ということで、姫路の人はロフトのワゴンセールがおすすめです。

# by mukei_font | 2019-05-06 13:20 | 文具屋めぐり | Comments(0)

姫路文具旅2019〜ハンズ→無印→ロフト〜

というわけで、姫路をうろうろしています。

本屋に行くとそこで時間がとまってしまうので本屋は最後に行くことにし、まずはハンズや無印良品、ロフトなどをめぐります。

大阪に住んでいた時はこれらはすべて最寄り駅の近くにあり、いつでもホテホテ歩いてめぐることができました。
それを思うと今は少し不便なようにも思いますが、大きな駅を中心とした渦を巻くような人混みや、その流れに逆らって進んだり渦を突っ切るように横切ったりする労力、そしてたどり着いた先の物と人であふれかえった空間などを思い出すと、それはそれでしんどかった気もして今はこの状況に満足しています。

つまりたまに来られるくらいでいい、たまに来られるからこそハンズや無印良品、ロフトを心から楽しむことができるということです。

閑話休題。

姫路は文房具に関しては品揃え的にロフト>ハンズなところがあると思っているのですが、今回もそんな感じでした。

ハンズでは出会えなかった文房具のほとんどがロフトにあり、これは本気で最近の「気になる」が一気に解決してしまいそうだぞ、と冷や汗をたらしたところでとりあえず冷静になるべく「とんかつ休憩」と洒落込むことにします。


# by mukei_font | 2019-05-06 12:24 | 文具屋めぐり | Comments(0)