猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
【追記】 あと、キップ..
by 輪音 at 01:53
お徳用日東紅茶のティーバ..
by ふりふりばなな at 23:26
私の買い物メモはジャスト..
by なぎねこ at 22:59
馬油も効きますよ。 一..
by 輪音 at 02:21
仕事が仕事なので、ほぼ毎..
by alchemie0629_a20 at 19:15
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


キャップ式か、ノック式か。

思い返せばあれは8月のことであった。
三菱の展示会で得た知識を大いに語るつもりだったのだ。

「どきどき替芯篇」「なるほど雑学篇」「わくわく新商品篇」の3部構成。
「どきどき替芯篇」だけでも「ジェットストリームの巻」「パワータンクの巻」「シグノの巻」に分かれているという充実ぶり。

結局書いたのは「どきどき替芯篇」の「ジェットストリームの巻」のみ…

本当に申し訳ありませんでしたっ。
「わくわく新商品篇」にいたってはもうぼちぼち店頭に並び始めているありさま。
あのときはとれたてぴちぴちの情報だったのにーーー

でもまあ「どきどき替芯篇」に期限はありませんから。
年中ハアハアですから。
展示会から3ヶ月過ぎようが半年過ぎようが、関係ナッシン。

そんなこんなで、今夜は「どきどき替芯篇」の「シグノの巻」。
ゲルインクはキャップ式か、ノック式かというお題について考えてみたいと思います。

小生は自他ともに認める替芯マニアだが、一般的な知識と、自分自身の経験からつかんだ感覚を混同させないようにしなくてはと日々自分を戒めている。
どこからどこまでが不動の知識で、どこからどこまでが個人の見解なのか。

普段の接客の中でもここはきっちりと分けて説明することにしており、だから小生の接客はどうしても演説口調になり、結果として熱弁しているように見えるのだと思う。
きっとそうだ。
まあ、お客さんがどこまでちゃんと聞いてくれているかは知りませんが。

そんな小生なので、自身の使用感を独自に分析した推理などをプロの人にぶつけてみることのできる展示会という場はとてもありがたく、重要な場である(注:たぶん通常はそんな場ではない)。
ちょっとした雑談も一言も聞き逃せないのだ。

というわけで、別段目玉の新商品があるというわけでもないスタイルフィット/シグノコーナーで笑みを浮かべながらたたずむ担当者に文字通り食いついているのは小生ただ一人であった。

今回替芯突撃隊が聞きたかったのはこの2点。

1)キャップ式のシグノはなぜ書き出しにどぼっとインクが出るのか
2)ノック式のシグノはなぜざりざりしてイケてないのか

猫町フミヲの辞書に「遠慮」の二文字はない。
オブラートとか知らんし。

まず1)の「キャップ式シグノ」から。
担当者曰く、キャップ式シグノの売りはインクの出のよさである。
黒々となめらかに書けることを重視したのである。
それゆえ、インクはやや出過ぎるくらいなのである。
書き始めにどぼっとなるのはその代償なのである。
その代わり、他社のゲルよりもかすれが少なく、インクの持ちも5年と長い。

なるほど。
ガッテンガッテン。
これはよーく分かりました。
特に最後の「他社のゲルよりもかすれが少なく、インクの持ちも5年と長い」ってとこ。

確かにキャップ式シグノの安定感は抜群。
小生はぺんてる派だけど、シグノの実力は本物。
そして替芯のクォリティにいたっては、ZEBRAやぺんてるとは比べ物にならない。
一般にゲルインクの寿命は2年、油性インクの寿命は3年と言われるが、前述のように三菱は5年とうたっていることからも自信がうかがえる。

実際ZEBRA、ぺんてるの替芯の寿命は短い。
これは猫町個人の経験と、文具店員としての経験からの結論。
特にぺんてるのゲルの替芯の寿命は短く感じる。
何度も買い置きしすぎて駄目にしたことがあるのだ。
したがってお客さんに聞かれたら正直にそのように説明します。

さて、「キャップ式シグノ」についてすっきりしたところで、2)の「ノック式シグノ」へ。

担当者曰く、キャップ式のゲルとノック式のゲルはインクも芯の中の構造も違う。
後者はインクの乾きを抑えるため、ボールを押すスプリングが芯の中に仕込まれている。
要するに、ボールに力が加わらないとインクが出ないようになっているのだ。
仮にノック式のゲルが、キャップ式のゲル同様にインクが出てしまったら、インクもれや乾きの原因になってしまうだろう。
しかしその工夫の結果、キャップ式よりもガリガリしたり、かすれたりしてしまう。

ガッテンガッテンガッテン。

すーーーっとした。
聞いてよかった。

何よりも嬉しかったのが、キャップ式がどぼっとして、ノック式がざりざりすることを「当たり前の前提」として受け入れてくれたこと。
そうなんですよ、そうなりますよねーと受け止めてくれたこと。
単にクレームとして処理しようとかそんなせこさはなく、そうなんですうちの子はそういう子なんです、でもいい子なんですよ…という愛。

こういうやりとりが、小生の感覚を知識へと変えていくのでした。
三菱の開発の人、ありがとう。

そう考えてみると…
しばしばキャップ式シグノのカラフルなインクの替芯がないことにがっかりされるお客さんに、これなら替芯がありますよとスタイルフィットを紹介することがあるけど、あれ、キャップ式とイコールではないんですよね。
お客さんは喜んでくれるけど、ちょっと罪悪感。

ときどきマニアなお客さんがいて、小生がスタイルフィットを紹介しようとすると、

お客さん「でも違うでしょ」
猫町(こくり)
お客さん(キラーン)
猫町(キラーン)

という謎の無言のやりとりがあったりもするが、ごくごくまれ。
うーん。
このあたりも本当は説明すべきか。

以上が三菱のゲルインクについて。
さて、これははたしてPILOTにもZEBRA、あるいはぺんてるにもあてはまることでしょうか。

厳密には各メーカーに聞いて回る必要があるものの、「ノック式のゲルのインクが出過ぎたら困る」という部分はどのメーカーも同じ前提のはず。
ということで、ノック式ゲルの替芯には何らかの工夫がこらされており、それゆえキャップ式ほどなめらかには書けないんじゃないか、と小生は考えている。

まあ、たいして使っていないものに関してやいやい言うのは信条に反するので、この問題についてはこのあたりにしておこう。
あと、当然ペン先の太さによっても違うと思う。

が、最後に一つだけ。
ぺんてるのエナージェルについて。

PILOTにもZEBRAにもぺんてるにも、ゲルにはキャップ式とノック式があり、それぞれに替芯が作られていることから、三菱のシグノの場合と同様のことがある程度予想される中、ぺんてるのエナージェルだけはやや異色である。
エナージェルだけが、キャップ式、ノック式同型の替芯なのだ。

これは興味深い。
というか、最初は理解できなかった。
替芯マニアの小生が、リフィルを売る時につい品番を二度見してしまうくらい、意表をつかれることであった。
キャップ式とノック式が同じ芯とは。

おそらくはエナージェルのインクの出来のよさということになるのだろう。
キャップ式に求められるインクの出のよさが、ノック式になっても負の要素にならないということだからだ。

でももしそうだとしたら、エナージェルってひそかに無敵な気がする。
「どぼっ」も「ざりざり」もなく、しかも乾きが比較的早いとくれば。

願わくは0.4のエナージェルをーーーーー
エナージェルユーロ(使い切り)には0.35あるのに、なんで定番のエナージェルは0.5までなんーーーーー

エナージェルについてはまた書く予定。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-25 22:51 | 筆記具・ゲルインク | Comments(21)
Commented by たけの at 2010-11-26 09:23 x
シグノのキャップ式、愛用しています。まさに上に書いておられる理由で。インクの出がいいことと、青がきれいなこと、それにカッチリとした書き味が気に入っています。
エナージェルの共通リフィルは知らなかったですが、やはりぺんてる、他社のやらない事をこっそりとやらかしてましたね。
エナージェルユーロは赤の0.7を使っていますが、なんだか不思議な書き味です。キャップ式なのに先端の感触がノック式に似てるような。こんな所にも秘密が仕込んであったりして。
Commented by 秋桜 at 2010-11-26 11:07 x
なるほどなるほど。
エナージェル0.5、使っています。
確かに書き心地は好きだけど、インクの匂いが
ちょっと気になります。
年賀状もこの子で書こうかなぁ〜。

いつも楽しく拝見してますので、何も気にせず
猫町さんらしい視点で続けてくださいね。
Commented by mukei_font at 2010-11-28 02:40
>たけのさん
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
キャップ式シグノ愛用者でしたか!
ぺんてるびいきの小生もキャップ式シグノには一目置いており、ブラック、ブルーブラック、ブラウンブラック、グリーンブラック…と何本も持っております。
あの安定感は素晴らしいですよね(考えごとをしながら書くとぬたっとインクが出すぎてしまうことがあり焦りますが)。
エナージェルも一時期使っていたのですが、どうしても0.4じゃないと手が遠のいてしまうようで…
エナージェルの素晴らしさを再確認するためにも、また使ってみようと思っています。
Commented by mukei_font at 2010-11-28 02:47
>秋桜さん
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
インクのにおい!
小生はそれをZEBRAのサラサに強く感じます。
サラサは書き上げた文字がとても美しく見える、素敵なゲルインクボールペンなのですが、書いている最中のにおいがなんともかんとも…
エナージェルは気にならなかったけれど…
今年の年賀状はまたエナージェルに頑張ってもらうつもりなので、じっくり観察してみますね。
あたたかい励ましの言葉、ありがとうございます。
そんなことを言われると調子に乗ってしまいそうです。
Commented by 秋桜 at 2010-11-28 10:03 x
エナージェル、嫌な匂いじゃないんです。
石けんぽい香水ぽい匂いなんですけど、
なんだか気が散るというか。。
サラサ、どんな匂いかな?
手元にないので店で嗅いでこようかな。(変な人)
Commented by mukei_font at 2010-11-29 00:55
>秋桜さん
こんにちは。
そんないいにおいしましたっけ…
サラサはまたあらためて書きますが、プラスチックのにおいがします…
プラスチックのタッパーに鼻をつっこんだみたいなにおいが…
他メーカーのゲルにはないにおいです。
Commented by はじめ at 2010-11-29 23:57 x
今頃になって、ノック式の「インクの乾きを抑えるため、ボールを押すスプリングが芯の中に仕込まれている」感触を理解することができました。「・・・・・・」と書くと、ボールが凹むのがわかりますね。ペコペコした感じ。先日、OHTOリバティの芯をノック式ゲルのものに入れ替えたとき、剛性感がなくなった気がしましたが、このペコペコした感触のせいだったようです。ガッテンガッテン。
Commented by たけの at 2010-11-30 12:55 x
猫町さんはぺんてるびいきとの事ですが、自分もスマッシュ、トラディオ、サインペンなどロングセラー品は味わい深くて好きです。
対して三菱はシグノやジェットストリームのように、性能を追求するメーカーなんだな、と自分は感じています。
Commented by mukei_font at 2010-12-05 17:59
>はじめさん
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
お返事すっかり遅くなってしまいました。
ノック式のゲルの替芯はだいたいそんな感じのようです。
PILOTのノック式の水性ボールペン、VボールRTもそんな感じだったはずです。
ペン先が紙に触れただけではインクが出ないようになっているというか、ペン先に力が加わらないとボールが紙に触れないようになっているというか。
小生の説明、分かりにくいですね。
上記の記事、少し補足しておきますね。
Commented by mukei_font at 2010-12-05 18:09
>たけのさん
こんにちは。
いつもコメントありがとうございます。
お返事が遅くなってしまい、失礼いたしました。
確かに「ぺんてるびいき」かもしれません☆
ぺんてるはマニア心をくすぐるメーカーです。
そのまま男くさくマニア道を突っ走ってほしいのに、女子高生受けを狙おうとするなど(スリッチやスリッチーズなど。あれはモノとしてすごくいいのに、なんか男性を遠ざけている気がしてハラハラする)、コラコラ、そうじゃないでしょ!的なところもありますが、それらをひっくるめても好きなメーカーですね。
三菱やPILOTは大手ゆえの宿命…みたいなものが色濃い気がします。
ぺんてるだって大手なんですけど。
以上イメージトークでした。
Commented by はじめ at 2010-12-12 01:05 x
OHTO epicの軸(キャップ式)にハイパーGの芯を入れて、毎日楽しく使っております。田舎に住んでるものですから、ハイパーG本体(ノック式)を見る機会がなかったのですが、今日、初めて遭遇しました。店先で試書きしてびっくり。ぜんぜん良くないのです。いつも使っているものと別物。何かざりざりした感じがします。違いは軸だけ。ノック式はペン先が微妙にがたつくかもしれませんが、それがこのざりざりした感じにつながっているのでしょうか?

店先に並んでいたエナージェルも、ノック式とキャップ式を比べてみましたが、まったく印象が違いますね。同じ芯のはずなのに。

同じ芯でも、軸によって劇的に印象が変わことを初めて知りました。そして、キャップ式軸とノック式軸の書き味の違いについて、猫町さんの見解をお聞きしたくなっております。

猫町さんのSARASA JF芯に対する書き味の評価、低いですけど、もしかして軸のせいもあるのではと思い始めています。epicの軸に入れる限り、私はハイパーGやエナージェルとほぼ同等という印象なのです。私が太字で試しているのに対して、猫町さんは細字で試されている違いがあるとは思うのですが。
Commented by mukei_font at 2010-12-12 10:18
>はじめさん
こんにちは。
いつも血湧き肉踊るコメントありがとうございます。
はじめさんのようなお客さんが常連さんならとっくにクビですわ(話し込みすぎるため)。
はじめさんが書かれている件、分かります。
以下は小生の私見ですが、原因は2つ考えられます。
1つ目はやはりキャップ式、ノック式それぞれのボディの違い。
いくら芯の中に工夫が凝らされているとはいえ、やはりキャップ式の方がゲルインクにはいいのではないかということです(ボールの乾燥やそれにともなうボールの回転等に関して)。
要するに、キャップ式のボディに入れて使うほうがペン先が乾燥から守られ、筆記に安定感が出るのではということ。
Commented by mukei_font at 2010-12-12 10:26
>はじめさん(続き)
2つ目は店頭で試し書きされているうちにペン先が傷んでいるケースです。
ゲルの多くは新品の商品のペン先にペン先保護(あるいはインキ止め)として樹脂玉が付いていることが多く、試筆用と分けてあることが多いのですが、たいていはお客さんによって樹脂玉はとられてしまい、その結果どのペン先もむき出し状態になってしまいます。
もちろん使用し始めるとノック式はペン先がむき出しなので、それだけがざりざりの原因ではないと思いますが、ペン先がむき出しになると、ペン先の傷む原因にもなるのです。
例えば試し書きを終えて什器に戻すとき、ペン先を出したままかつん!と戻すだけでもうペン先が傷つきます(あれはものすごい力がペン先にかかると聞いたことがあります)。
そういう手荒い扱いを受けてもタフな人たちもいますが、残念ながら瀕死の状態になってしまう人もいます。
試し書きの商品は手荒く扱ってもいいと考えている人が大半なので(悲しすぎます)、あれがそのペンの真の姿かと言われるとそうではない場合もあります。
が、やはり原因の1つ目、ノック式はなんだかんだで乾燥してしまうのではないかというのが正しいのかもしれません…
Commented by mukei_font at 2010-12-12 10:36
>はじめさん(続き)
なので、持論からすると、SARASAのJFもキャップ式のボディに入れてあげれば多少はざりざりしない可能性があると思います。
が、最近思ったのですが、ノック式に関しては最初からSARASA>シグノですね。
以前、文房具ぶんぶん倶楽部のころは、今ほど詳しくなかったので、漠然とSARASAとシグノを比べていたのです。
つまり、ノック式であるSARASAとキャップ式のシグノを比べて、前者を酷評していたわけです(メンバー全員)。
が、ノック同士となるとSARASAが上ですね。
今までへし折りたいと思ったゲルの筆頭はノック式のシグノの0.38ですから。
あれはほとんど病気です。
なのであの替芯を売るときはHI-TEC-Cを売るときと同じくらい、(すげー…どーなってんだ…)と内心うめいております。
確かにペン先の太さもあると思いますが(太い方がインクの回りが良いためつるつる書けるのは確かです。それはジェットストリームの0.5になかなかエンジンがかからないのと同じことです)、細いのは細いなりに頑張らなければならないのがメーカー。
SARASAにも0.3が出たことだし、今後も見守っていきたいです。
Commented by はじめ at 2010-12-13 00:30 x
細かい話にお付き合いいただき、ありがとうございます。なるほど乾燥説ですか。ありそうな話です。確かに、ゲルのノック式って、技術的にかなり無理している気がします。乾燥しやすいインクなのに、キャップはペン先の小さなボールだけなんですものね。。。

印象の悪かったお店のハイパーGは、ペン先が痛んでいた可能性も否定できません。しかし、ご存知のようにノック式エナージェルは鞘のようなものが先端にかぶせてあってペン先を保護するようになっているので、ペン先が痛んでいる可能性は低いです。それにもかかわらず、書き味はキャップ式>>ノック式でした。なるほど乾燥説なら説明がつきます。

乾燥説が正しいとしますと、ゲルに近いJetstreamのインクにも同じ傾向があったりして。Jetstreamもキャップ式の軸に入れた方が書き味が良い、もしくは早くエンジンがかかる?

無駄に刺激してすみません。
Commented by mukei_font at 2010-12-14 01:41
>はじめさん
乾燥説にせよ、損傷説にせよ、本当にこのあたりのことはあくまでも猫町の「私見」ですので、よろしくお願いいたします。
メーカーの開発担当者がもしこのブログを読んでいたら、あまりの知識のなさに、
(´_ゝ`)
な顔になっているのではないかと思うのです。
はじめさんはとても頭の良い方のように思えるので安心しておりますが、今日仕事をしながら、そのあたりのことがとても心配になっておりました。
Commented by mukei_font at 2010-12-14 01:46
>はじめさん(続き)
で、懲りずに以下は私見ですが、ジェットストリーム0.5のエンジンに関しては乾燥説とはまた違うのではないかと考えております。
油性ボールペンに関してこの乾燥説があてはまるのは、書き出しがかすれる点に関してだけかも、と。
初筆からスムーズに書けず、いらない紙にぐりぐりぐりと書かないといけないあれです。
例えば、新油性と呼ばれるPILOTのアクロボールや、油性ソフトインクと呼ばれるOHTOのニードルポイントは書き出しがかすれることが多いのですが、これはインクがやわらかいので乾燥しやすくしてあるからと聞きました。
仮にキャップによって乾燥が軽減されれば、初筆ももう少しなめらかになる…のかも?
ジェットストリーム0.5に関しては、あれはやはりボールが小さく、インクが等しく回るまで時間がかかるからだと思います。
文字通りごしごしエンジンをかけてやらないといけないのであり、乾燥のレベルではない気がします。
それではゲルもエンジンをかけてやればずっとなめらかかと言うと、それもそうではないような気もしますよね…
油性とゲルの違い…なのかもしれません。
中途半端ですみません。
Commented at 2014-04-03 01:05 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by mukei_font at 2014-04-05 17:18
>非公開コメントさん
素敵な新商品情報とにやにやしてしまう廃番情報をありがとうございます。
前者についてはいずれ記事にしたいと思います。
Commented by 有野パパの at 2014-09-11 11:17 x
はじめまして猫町さま、楽しく拝見させていただいております。

私はボールペンで手にメモをする癖があるのですが、その中で
ボールペンには手に書けるものと書けないものの2種類があるなと思っていました。

油性式はおおむね書けるのですが、問題はゲルインキです、
最初にサラサを使っていた私は、書き味はいいのに手に書けないのが
唯一の欠点だなと思い
会社の持ち主不明ペン立てを探していたらキャップ式シグノに出会いました、
書き味もいいし手にも書ける、これだと思い自分用にノック式シグノを買ってきたらこれが手に書けない!
同じメーカーの同じ名前のボールペンなのになぜ?と思っていたのですが
この記事に出会い、なるほど同じブランドでもキャップ式とノック式ではペン先の構造が違うのかと思った次第です。

もちろん私の手の性質もありますから、書ける書けないの直接の原因かどうかは分かりませんが、
大変参考になりました、ありがとうございます。

これからも楽しい記事を楽しみにしております。それでは。
Commented by mukei_font at 2014-09-13 07:57
>有野パパのさん
コメントありがとうございます。
なるほど、確かに手に書けるものと書けないものがありますね。
ご推察どおりなのかもしれません。
今後ともよろしくお願いいたします。
<< @地下鉄。 @地下鉄。 >>