猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
個人的に最近メモをどうす..
by baw at 06:57
【追記】 あと、キップ..
by 輪音 at 01:53
お徳用日東紅茶のティーバ..
by ふりふりばなな at 23:26
私の買い物メモはジャスト..
by なぎねこ at 22:59
馬油も効きますよ。 一..
by 輪音 at 02:21
仕事が仕事なので、ほぼ毎..
by alchemie0629_a20 at 19:15
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


メイキング・オブ・ミドリツキノワ(のほんの一部)・2。

前回に続いて今日もめでたい歌集、やすたけまりさんの『ミドリツキノワ』についてつらつらと。
なんといっても「50年に一度あるかないか」の栄誉ですから。
この「50年に一度あるかないか」というのは、「次依頼が来るときはもうこの世にいない」ということ。
もう一生こんなことないですから。

というわけで今夜もおつきあいください☆

さて、やすたけまりさんからの3つの依頼のうち、

1.表紙の題字
2.歌集の各章の扉ページ用のタイトル
3.表紙の写真に使う小道具のノートに歌の一部を書く

3.については前回述べたとおり。

今夜は1.と2.について。

そもそも題字ってみんなどんな紙に書くんだろうというところからスタート。
机の周りに散らばっている白い紙とかそんな適当なのでいいのか。
いくらなんでも真っすぐに書いたほうがいいだろうから罫線か方眼にするべきか。
そんなの持ってたっけ?

筆記具はどうする。
大きな字を書くべきだろうからボールペンの類いは却下だろう。
太字のマーカーとか細すぎないサインペン。
そんなの持ってたっけ?

うがー
というわけで、結局そのへんの白い紙に三菱のプロッキーツイン(PM-150TRおよびPM-120T)、ぺんてるのサインペンで一つずつ書く。
前々回書いたように、おそらく選ばれたのはプロッキーツイン(PM-150TR)の細字。
細字といってもごついほうのプロッキー(下の写真参照)の細字なので線は結構ぶっとい。
f0220714_21561120.jpg

無知な小生はこういう字がデータとして取り込まれた後、いかようにも加工できることを知らなかった。
なので黒で書いたはずのタイトルがかわいらしい緑になったり、カバーを取ると白抜きになっていることにいちいち感動することができた。
無知って素晴らしい。

さて、この題字を書く際、相当グッジョブなことを小生はしていた。
それは頼まれもしないのに縦書きバージョンを作成したこと。

これはあわよくば背表紙になりたいという黒い願望がそうさせたのだが、神様はうたた寝しておられたらしく、もくろみどおり背表紙もマイフォントに。
f0220714_2234650.jpg

町の書店や図書館の本棚でひっそりと誰かの指が伸びて来るのを待てる幸せ。
小生自身、書店や図書館で自分だけの一冊を見つけ、歩んで来た人生だったから、この背表紙は本当に夢そのもの。
なんて大それたことを考え、それが実現してしまったことよ。

そして最後はいよいよ2.の「歌集の各章の扉ページ用のタイトル」。
この歌集には3箇所猫町フォントが散らばっているが、たぶん一番目立つのがこれ。
表紙の題字なんて(書いた本人以外)そんなに熱く見つめないし、ましてや表紙の写真の中にあるノートの文字なんてもっと誰も見ない。

が、各章の扉ページのタイトルはどうだろう。
読んでいる途中に目に入るから相当見られる気がする。
なんで手書きなんだとかへたくそだなとかふざけてんのかとか絶対思われる。

どうしよう。

これは相当悩んだところ。
実は今ももやもやしていて(こらこら)、なんというか歌集の流れを中断させていたらごめんなさい。

もしも小生がデザイナーだったら、と何度も思った。
このへたくそな字をいかすレイアウトなりデザインなりがあるのではないか。
そして普通はそのイメージに合わせて手書き文字を書いていくのではないのか。

例えば考えた案の一つはタイトル一つ一つを単語カードに書くというもの。
もちろんどうやってレイアウトするかは分からないのだが、なんとなく白い紙に真っすぐに書くだけでは不安だった。
f0220714_22255461.jpg

が、普段使い慣れていない筆記具というのは残酷なもので、どうしても満足の行く字が書けない。
いきなりハイユニの6Bを買った小生も愚かだったが。
というわけで却下(しつつもやすたけさんには一応送る→今度イベントで使っていただけることに。詳しくはやすたけさんのブログ参照)。

そんなこんなで結局いつものジェットストリームやハイブリッドテクニカでえっちらおっちら書くはめに。
紙はあれこれ試した結果キョクトウのリプラに決定。
なめらかさと適度な厚みがよかった。
f0220714_22505493.jpg

リプラは方眼で、最初はやはり真っすぐに同じ大きさの文字で書いたほうがよかろうと方眼の面に試し書き。
が、あっという間にちゃぶ台返し。
なにやっとんじゃ、ここは無罫に書いてこその無罫派やろうが、と熱くなり(無駄に熱血漢)、リプラを裏返しにしてみちみちと書く。
f0220714_22404029.jpg

レイアウトがとにかく不安で縦書きバージョンと横書きバージョンを作成したが、横書きが採用。
のど元を完全に過ぎた今、自分が結局どの筆記具で書いたものを提出したのか記憶が曖昧だが、ジェットストリーム0.5とハイブリッドテクニカ0.4それぞれで書いて提出して…これはどっちが採用されたんだ?
見れば見るほどどっちにも見える。

以上、DoでもEことをつらつらと書いて来たが、一言でまとめると「いい経験をした」ということに尽きる。
どさくさにまぎれてこんな素敵な本の中に入り込めたこと。
それこそ小生の命がつきても残り続けるこの本の中に。

鉛筆が出てきたので最後にやすたけさんのこの歌を。

えんぴつの先が子犬の鼻みたい まるくなったらやさしいてがみ
[PR]
by mukei_font | 2011-06-19 23:00 | フォント屋猫町 | Comments(0)
<< 朝のひとこと。 メイキング・オブ・ミドリツキノ... >>