猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
まさかの正解に驚いていま..
by さくらんぼ at 22:13
こんにちは。 うさむし..
by ともこ at 12:22
ネットで調べた感じでは ..
by YAS at 12:18
自分も気になって考えてい..
by YAS at 11:46
◎本命:Signo307..
by GB at 21:38
オート リバティに一票!
by ほあゆう at 15:46
エナージェルインフリ..
by 輪音 at 02:19
ではこの流れで私も初めて..
by たにむら at 23:56
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


文紙MESSE2011。

行ってきました文紙MESSE2011。
仕事が終わってから駆けつけるので、今回は最初から見るものを厳選することに。

リヒトとトンボ。
この二つ以外はあきらめる。
それくらい見てみたい商品があった。

先月あった大手取次の見本市で見聞きした商品の中でずば抜けてよかったのが、実はリヒトの新商品。
が、あのときはISOTで公表するまでは秘密ということで、会場には商品どころかパンフレットもなかった。
ただ小生がリヒトの商品を絶賛し、自身の使用感を語り、夢の新商品について熱弁しているうちに担当者がこっそり秘密のパンフレットを見せてくれたという…

その新商品こそが進化したツイストリングノート。
前回はパンフレットでしか見せてもらえなかったそれを今日はしかと見てきた。

新しいツイストリングノートは、従来のサイズ展開とはまた違ったA6スリムサイズのノートブックSとA5スリムサイズのノートブックL。
表紙は黒でゴムバンド付き。
画像がないので説明しづらいが、外見はすばりモレスキン。
要するにモレスキンぽいツイストリングノート。

これがねえ…
素晴らしかった…
ただでさえ無敵のツイストリングノートがこんなにかっこよくなったら向かうところ敵なしでしょうよ…

ちなみにノートLのリーフは横罫、方眼、無罫、高級横罫(紙がいいらしい)の4種類。
ノートSはパーソナルユースということで、上記4種類のリーフに加えてレシピのリーフあり、旅行のリーフあり、ガーデニングのリーフあり、そしてダイアリー(マンスリー)あり!

嗚呼…
もしこれでこのマンスリーが日曜始まりだったら小生はここで「一生あなたについていきます」とひれ伏していたにちがいないのに、月曜始まりで画竜点睛を欠くとはこのことか…
思わず担当者を前に歯ぎしりしてしまったことだ。

が、冷静になるとあれこれつっこみどころがあるのも確か。

まずモレスキンに似すぎている。
大丈夫か。

次にやはりリーフの割高感が無視できない。
今回はノートS、ノートLともに最初から無罫のノートが存在しており、現行のツイストリングノートのように無罫ノートにしようとすると最初についている横罫リーフが無駄になるなどということはないが、それにしてもがんがん使っていこうとするとどうしてもリーフが割高な気がする。

従来のA5サイズ、B5サイズであれば、リングノートをばらしてリーフだけを取り出す裏技もあるが(リヒト・ツイストリングノート(後篇)。参照)、新しいサイズではそれもできないのではないか。
やはりおとなしくリーフを買わざるをえないのか。

それならいっそシステム手帳でいいような気もするが、いや、お徳用リーフがあるという点ではシステム手帳のほうがましな気もするが、ツイストリングの素晴らしいところはそのスリムさ。
システム手帳とは違うんだよなあ…

あ。
でも小生がすぐにリングがいっぱいになってリーフ30からリーフ70に乗り換えたみたいに(リヒト・ツイストリングノート(後篇)。参照)、この新しいモレスキン風ツイストリングも実際使ってみるとリーフですぐにぱんぱんに?
しょっちゅうしょっちゅういらなくなったページを整理しないといけないみたいな?
またそのいらなくなったページの保存方法も困るみたいな?

…ほめてるのかけなしているのか分からなくなってきたが、まあまだ店頭に並ぶまではしばらくあるし、しばらく妄想を楽しみましょう。

あと、従来のユーザーにも超朗報!
ツイストリングノートの穴開けパンチ、出ます。
これでコピー用紙もリーフにすることができ、A5サイズB5サイズユーザーはリーフ問題も一段落?
ただし1枚ずつしか開けられませんが。
はやくもっとずばーんと開けられるのが出たらいいなあ。

でもこのパンチをもってしてもリーフを自作できない今度のニューシリーズは、やっぱり相当リーフにお金がかかりそうな予感。
なんとかならんのか…

まあそんな感じのリヒト。
ちなみに上記の新しいツイストリングノートはリヒトの中のDMC(THE DESIGN MIND COMPANY)というブランドから出ます。
これが魅惑のパンフレット。
f0220714_2248179.jpg

お次はトンボ。
休憩時間に常に業界新聞を熟読している小生は、今回の文紙MESSE2011においてトンボが発表しようとしている商品を事前にチェック。
なんとトンボからも低粘度油性ボールペンが出るという。
あと、新しい消しゴムも。
それからトンボのロゴも変わるって。
行くしかない。

というわけでリヒトで興奮したあとはトンボに一直線。
低粘度油性ボールペンの名前はリポータースマート。
要するにリポーターの新油性バージョン。
2色、3色、4色が出るらしく、芯の太さはまだ0.7のみ。

書いてみた感じではインクはまあビクーニャと似た感じ…か、ビクーニャよりもべたべたした感じ。
たった数文字書いただけでぬたぬたしてしまった。
まあ小生は0.5ユーザーなので0.7の新油性はどれもべたべたするように思えるので断言は避けておこう。

そんなことより素晴らしいのが見た目。
これ、いい。
フォルムにこだわったと思しきつや消しの金属クリップと、グリップ部分のひかえめなドットのデザイン。
ドットといっても女子受けを狙ったドットではなく、あくまでも機能的で中性的な雰囲気。
これなら男性でも手にしたくなるだろう。

ということで、これは中の芯をジェットストリームに替えて(SXR-80-07等、ジェットストリームの多色芯と互換性あり)使うことを妄想させるナイスアイテム。
シャープペンシルがついていないのも多色ユーザーにはうれしいところ。

発売されたら一度は手に取ってみてほしい。
ドット嫌いの小生が思わず惹かれたグリップだけでも見てほしい。
そして気に入ったら中をジェットストリームにするのも一興と思う。

さて、お次はトンボの新しい消しゴム。
軽い力で消せる「モノエアタッチ」と、消しくずがまとまる「モノダストキャッチ」の二つが出るらしい。

ここでも小生は消しゴムについてあれやこれやと担当者に質問。
お約束の「A社」「B社」との比較のグラフに食いつき、いろんなことを教えてもらう。
あまり詳しくここに書くことはできないが、消しゴムについてもいつか究めないと…という思いがメラメラ。

実際に新商品を試させてもらったが、「モノエアタッチ」は確かに軽い消し感。
なかなかいい。
「モノダストキャッチ」も謳い文句どおりに消しくずがくっついて離れない。

が、

「なんでこれ二本立てにしたんですか」

と思わず言ってしまった正直者の小生。
だって、「軽い消し感」と「消しくずのまとまり」を同時に成立させようと頑張る消しゴムがありますやん。
それを言っちゃおしまいなのか…
とりあえずどっちか選べと言われたら「モノエアタッチ」。
あの消し感はよかった。

短い時間でしたがありがとうございました。
f0220714_23225352.jpg

この2つを見ただけでほとんど時間切れ。
涙目で未練がましく会場をうろうろしているとコクヨの人につかまり、ノートとカッターナイフの説明をしてもらう。

コクヨは新商品の情報がわれわれ下々の者まで下りて来ず、知らないうちに新しい商品が店頭に並んでいることもあるのでこういう機会はとても重要。
最近出た安心構造カッターナイフ「フレーヌ」について開発担当と思しきお兄さんの話を聞く。
個人的にはカッターのボディがごろんとしている系は苦手だが(薄っぺらい方が好き)、ガムテープを切ってもにちゃにちゃしないフッ素加工刃は魅力的。
説明を聞きながら、愛用のオルファのカッターにフレーヌの替刃を入れることを妄想。

その他、フランスのクレールフォンテーヌ社のノートをコクヨが日本向けに製造販売しているノートなどについても説明を聞く。
クレールフォンテーヌのノートよかった…横罫やけど…

でも横罫は横罫でもいわゆる本物のクレールフォンテーヌ社のノートとはちょっと違い、あの紫のキンキンした色の罫線じゃないんです。
日本仕様に落ち着いた罫線の色に変えたとか。
なんてGJ!
それだけで横罫だということを忘れそうになった。

そんなこんなでコクヨさんお土産をいっぱいありがとうございました。
f0220714_23393896.jpg

こんなに楽しい展示会で小一時間はあっという間で、文紙MESSE2011のアンケートがあれば絶対に開催時間についてコメントするつもりだったが、小生が帰る頃にはアンケート用紙も撤収されてしまっていた。

もっとあれこれ見たかったけど今日は同僚と行けたのが楽しかった。
同僚がかわいらしいので、小生にまでこんなかわいいプレゼントが。
f0220714_23443499.jpg

フエキさんありがとうございました。
[PR]
by mukei_font | 2011-08-01 23:49 | 文具屋日記 | Comments(0)
<< イケメンジェット帰還。 VANCO・GRAFCO PA... >>