猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フリクションユーザーは何処に。

こいつはPILOTの回し者なのか。
昨日の記事を読んでそう思われた方もおられるかもしれない。

違います。

ただ単に待ちに待ったフリクションの多色が出て文具店員として浮かれているだけ。
同僚たちもみんなそんな感じ。

例えば昨日休みだった同僚との会話。

猫町「昨日フリクションの多色出たんですよ」
同僚「うそーーーまじでーーーやったーーーうれしーーー」
猫町「あ、フリクション使ってるんですか」
同僚「全然」

考えてみれば小生の周囲にフリクションを使っている人はいない。
こんなに売れているにもかかわらず。
きっと文具店員には不要なものなのだろう。
どう考えても使うタイミングがない。

以前、何度書き消しができるかの実験をしたことがあって、しばらく発注書をフリクションで書いてみた時期があったが、こすって消してへこへこになった紙にまたペンで字を書くのが気持ち悪くて気持ち悪くて、エコな時代に申し訳ないが、こんなんジェットストリームで気持ちよく書いて使い捨てにしたほうがよっぽどええやん、てなってしまったという…

はい、こんな風に使うんじゃないですよね。
分かってます。
普通のコピー用紙で何十回も書き消ししたらそりゃ気持ち悪くなりますよね。
でも文具店員が店頭でできる使い方ってなんかこの程度だったんです。

実際のところ、フリクションユーザーっていったいどんな人?
どんな仕事をしている人?
そもそも仕事で使うのかプライベートで使うのか?

PILOTはフリクションを「手帳用筆記具」と位置づけているようなところがあって、0.4のフリクションポイントなどは手帳とセットで売られているほど。
もしやマニュアルどおりに予定の変更などをフリクションできれいに書き消ししている人がいるというのか。
手帳すら使いこなせない小生には想像も及ばない領域だ。

しかし売れる。
ノック式が出てもキャップ式が売れ続け、いやもちろんノック式も人気があり、3本セットの替芯がほいほい売れ、蛍光ペンであるフリクションライトをぐわしとレジに持ってくる人は後を絶たない。

が、周囲にいないんだよなあ使っている人…

これは日本で一番多い名字であるらしい「鈴木」さんとか「佐藤」さんとかいう名字の知り合いが自分にはまったくいないのに似ている(自分にしか分からないたとえ)。
本当にいるのか「鈴木」&「佐藤」!?

話がそれたが、一つ言えるのはフリクションユーザーというのはなかなかに几帳面な人たちなのではないかということだ。
間違えても二重線で消したらええやん、と小生なら思ってしまう。
ノートをきれいに書くことへのこだわりは小生も人一倍強いが、それでも間違えたところを二重線で消したくらいで全体が台無しになるとは思えない。

きっとフリクションユーザーはその上を行く存在なのだろう。
そしてフリクションがこれだけ売れるということは、そんな几帳面な人が恐ろしいほどたくさんいるということだ。
日本人すごい…

いや待て、こうも考えられる。
それは間違いを二重線で消したくらいでは到底間に合わないくらい間違えまくるうっかりさんがこぞってフリクションを使っているのではないかという可能性だ。
大丈夫か日本人…

ともあれ相変わらず売れまくるPILOTのフリクションにさらなる仲間が加わり、文具売り場におけるPILOTの占める面積はさらに拡大。
なんとなくアタック25を連想。
あー三菱陣地がーZEBRA陣地がーぺんてる陣地がー

コメント欄の反応と同じく、実は小生自身、フリクションを愛用しているわけではけっしてない。
それどころかむしろ使わない。
仕事でも使わないし、プライペートでもその必要性をまったく感じないからだ。
以前も何かの記事で書いたが、フリクションというのは必要な人にはとことん必要なペンだが、必要でない人にはとことん不必要なペンだと思う。

それでもフリクションはおもしろい。
好きだと思う。

最初にキャップ式の0.5と0.7が出る。
次に極細の0.4が出る←このときにインクがちょっと濃くなる。
いよいよノック式が出る←このときにさらにインクが濃くなる。
そして待ちに待った多色←多色用の細い芯に耐えられるインクが開発される。

この順調な発展ぶり。
メーカーだけが勝手にもり上がっているのではなく、ユーザーの熱い声が確実に後押ししている感じ。
こんな熱いストーリーもない気がする。

フリクションのことを思うとき、小生の頭の中に浮かぶのはいつも展示会のときにお会いする二人の担当者の顔だ。
本当に楽しそうににこにこして、目がきらきらして、小生の繰り出すつまらない質問にも嬉々として答えてくれる二人組の担当者。

展示会だからサービス精神でとかそんなことは全然なく(展示会や見本市でも目の死んだ人はたくさんいる)、本当に楽しくてしかたがないという感じ。
そういうものに支えられてフリクションが成長してきたというのが分かるから、たとえ自分が使わなくてもフリクションはやっぱり楽しいしおもしろいし好きだと思う。

「多色が出たらもうその先はないんじゃないですか?」

そう尋ねた小生に、

「どーーーなんでしょ」

と顔を見合わせて笑っていた二人の担当者。

まだこの先があるのだろうか。
どんな先が。
小生はそれを見ることができるだろうか。
文具店員として。
あるいは文房具マニアとして。
[PR]
by mukei_font | 2011-12-09 21:41 | 筆記具・ゲルインク | Comments(24)
Commented by テトラ at 2011-12-09 22:41 x
フリクションフリーク…ちょっと言ってみたかっただけです。

さて、フリクションは僕はキャップ式の黒と水色を買いました。
最初フリクションが出た時は、薄くて、うーん…と買いませんでした。そしてある時、まさにフリクションにぴったりな使い道を思いついたのです。それは、イラストロジック!
僕はなにげにイラストロジックというパズルが好きなのですが、紙質のよくないものだとシャープペンHBだと薄く、Bだとやってるうちに汚くなってきてしまう。ボールペンでやると間違えた時に絶望する。というわけで、フリクションでやってみました。結局紙質が悪いとよれよれになってあまり良くなかったです。黒だと線が見えなくなってやりづらくなるので、水色を買いました。そういう点ではとても快適でしたが、あっという間にインクがなくなってそれっきりです。
しかし、キャップ式は、キャップ後ろにさしたら消せないというのはイライラしました。
Commented by ソラ at 2011-12-09 23:31 x
自分は、フリクションがあまり好きではありません。
温度変化でインクが消えたりするのがなんかイヤです。

公文書や宛名に使えないのもキライな理由です。


自分は、油性ボールペンが好きなので、
あの油性独特の書き味がない
ゲルインクやフリクションは書いた感じしないです。
Commented by まーる at 2011-12-09 23:37 x
個人的にはフリクションボールの使い道はつぼにはまるかはまらないかが大きいと思います。
一時期ノート書きに使っていたのですが、消すとき頑張り過ぎたのか裏面の内容が消えてしまっているのに気がついて... それ以来ノートには使ってません(^_^;)
今一番使っているのは、ドキュメントの校正です。PCで書いて、赤のフリクションで修正内容を書き込んで、でも書き直して再修正したりしていますので、便利です。基本片面印刷なので裏に書いた物が消えるのも心配しなくてよいですし。
また、色が選べるので修正内容と、修正内容の覚え書き(修正理由)を別の色に出来るのもお気に入りです。
Commented by ユキ at 2011-12-10 07:02 x
おはようございます。
私もフリクションライトを1本持ってます。塗り系のパズルを解くため(私の場合はぬりかべ)に購入しましたが、乾くのを待たないと消せないので、便利なのか不便なのか良く分かりません(^^;
Commented by むぎちゃ at 2011-12-10 12:47 x
フリクション,私の周りでは使っている人多いです!
司法試験の受験は最短でも3年近くかかるので,同じ参考書(しかも大量)を3年近く使い続けるわけです。すると1年目で大事だ!!と思って書き込んだり線を引いたところが2年目に見てみると,何でこんなところ線引いてるんだ?と思ったりするんです。
そこでフリクションだと,5000円くらいする参考書でも躊躇なくガシガシ書き込めて,勉強が進むたびに修正できて便利!というわけです。

早く多色ゲットしなければ!!と思うのですが,黒は使わないんですよね…^_^;
Commented by at 2011-12-10 13:14 x
はじめまして、私も文房具店の店員です。因みに方眼罫好きです(笑)

フリクションはコレトバージョンが出るのではないかと…。
そしたらまた売れそうですよね。
ただし、リフィル地獄がこわいです、店員としては(>_<)
Commented by DawneAzoth at 2011-12-10 13:30 x
初めまして いつも楽しく拝見させていただいています
フリクション等の消せるボールペンは欧州の方達にも人気だそうですよ
万年筆は一回しか消せないですし、小学校から万年筆を使っている欧州の方達は書いて「何度でも」消せるというのが1番のポイントだそうです
GLOBEという某新聞の文具特集の記事に載ってました

中学の時だったか…記憶はおぼろげですが、初期フリクションを使って「えっなんか消しにくいぞ。しかもあんま消えてない?」みたいな印象があったので手を出していません
しかしフリクションをはじめ多くの文房具は日々進化していると上記の新聞記事を読んで分かりました
また文具店で実際に手に取り「遠くの誰かがこのペンを必要としてて今も使っているんだろうなぁ」と意識するようになりました(もちろん他の文具もですが
加えてこのBlog記事を見て改めて国内でも需要があるんだなーと感じました
次に手に取る機会があったら世界を感じる事ができる文房具を買ってみようと思います
GLOBEの記事はネットからも見れるようですし興味がありましたら是非読んでみてください
Commented by きぐるみナミ at 2011-12-10 23:43 x
初めまして、猫町さん。いつも楽しく拝見しています。
以前の仕事でフリクションがめちゃくちゃ重宝してました。

ホテルのフロントでしたが、予約は紙の予約表に鉛筆で書き込む事になっていまして、団体の色分けに部屋番号が印刷されているところにフリクションの蛍光ペンを使ったり、予約時に受けたお客さんの要望を赤のフリクションボールで書き込んでました。

で、キャンセルや変更が出た時がフリクションの真骨頂です!

(宿泊業は、PCで予約管理しても、紙の予約表にも転記して両方使ってるところが多いのです)

初めてのコメントで、長文失礼しました。
これからも猫町さんのブログを楽しみにしています!
Commented by レイ at 2011-12-11 20:54 x
今日LOFTへ行く機会があったので見てきました、フリクション3。パッと見た瞬間、「ドクターグリップ 4+1」のボディを思い出しました。結構むっちりしてますね~。
Commented by わかば84 at 2011-12-11 22:13 x
電気工事士の勉強用に電気回路の複線図を書くのが便利でしたよ。
(lnk先です。)
 フリクションの利用方法、、、頭を使いながら色を使いたいときですかね? (ツボにはまれば、手放せない感じだと思います。)
今は、使ってないなー。 自分のMDノートは訂正なんかムチャクチャでいいので必要性ないし。
Commented by 優煌海 at 2011-12-12 21:21 x
関西には、佐藤や鈴木、高橋が少ないと感じていますよ~。
職場で名前を呼ぶとき、目に付くのは「藤」姓です(藤原とか藤本とか)。
私の地元では、めっちゃいました。
さすが、日本のベスト3姓と思いましたね。
なのに、こちらではほとんどいないのであれ~~~、と。
関東以北に多いのですかね~??
食いつくところが違ってすみません。
Commented by たけの at 2011-12-13 08:49 x
フリクションユーザー像についてあれこれ想像しておられる様ですが、谷川俊太郎の言葉にもあるように、消せない文字はなんだか憎らしい、と感じる人も相当数いるのでは?自分もその一人で、ずっとシャーペンユーザーです。それでも大人になったらボールペン、みたいな世の中の雰囲気は感じていますので、こっそりフリクションを試してみました。結局シャーペンに戻りましたが。
Commented by やっさん at 2011-12-13 08:52 x
私もフリクションは「話題だから、そんなにいいのかと買ってはみるが使い道がない」感じです。
黒がもっと黒ければ、もう少し線が細ければと思います。
ま、メーカーさんからすれば「何を素人がぁー」って言いたくなるでしょうね(^_^;)
私はスケジュール帳に使いたいのですが、雑誌等で見てると
編集や校正の仕事の人や、漫画家さんが下書き的に使ってたりするみたいですね。
Commented by むじっち at 2011-12-13 14:25 x
今、こちらのコメント欄わたくしで14件目です、それだけわだいせいがあるということでしょう!!
色が薄いのもだんだんと濃くなっているんですね、知らなかった!!最初にそれでNGにしたひとももどってくるかもしれないですよね、さすが、猫町さん、そういうところもしっかり抑えてくださってありがたいです。
私自身はトモエリがくしゃくしゃになってしまうのでメインでは使ってないですが、いくつか持ってまして、ちびの姪っ子が興味を示していたので
「いろえんぴつ」タイプを買ってやる予定でしたが、自分が試してみたいので(笑)、こっちを買うかもです。

昨日の猫町さんのわくわくした年末っぽいムード、とても楽しかったですよ~♪
Commented by mukei_font at 2012-01-26 17:14
>まーるさん
はじめまして(じゃなかったらごめんなさい)。
ようこそ無罫フォントへ。
フリクションの具体的な使用例、ありがとうございました。
やっぱり仕事の種類によっては必需品ですよね。
その他の皆さんもわくわくするようなリアルなコメントありがとうございました。
Commented by mukei_font at 2012-01-26 17:15
>蒼さん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
コレトバージョン出ますかね?
あの細さはさすがにキツい気がしますが…
小生は「フリクションコレト」みたいにしてフリクション軸にいろんな色を選ばせる感じにするのかなと思っておりますが…
店員として思うのはリフィル地獄よりも限定品地獄。
嵩高い什器はやめてくれ…
Commented by mukei_font at 2012-01-26 17:15
>DawneAzothさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
素敵なエピソードをありがとうございました。
フリクションのインクは初期のものよりも進化していますし、その昔消しゴムで消せるペンとして出た「D-ink」の頃よりは格段に消えるようになっていると思いますよ。
Commented by mukei_font at 2012-01-26 17:16
>きぐるみナミさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
ナミさんからコメントをいただくずいぶん前から、勝手にナミさんのブログを拝見しておりました。
ちょうど下のお子さんを出産される前後から…
ナミさんのブログから小生のブログに飛んで来てくださった方がいた関係で。
ご挨拶がこんなにも遅くなってしまいまして、申し訳ありません(しかもブログ休止直前…)。
ナミさんのはじけるようなサービス精神を小生も見ならいたいと思います。
Commented by 須々木 at 2012-12-31 12:51 x
お久しぶりです。私の周りでは、ほとんどの人が一本はフリクションを持っていますね。やはり中学生なので、ノートまとめをしなくちゃならないのですが、何でも字を間違えるたびに修正ペンやら修正テープを使うのは面倒だと。そんなときフリクションならサッと消せて時間短縮になると。私は普通のペンを使っていて、間違えたら上から線を引きますから、理解ができないのですが……。そもそも、私のクラスメイトは、えらい丸っこい可愛らしい字で、十色くらいのペンを使ってノートを取るのです。そんなクラスメイトに「時間短縮」といわれると何だか……(笑)私のノートは真っ黒、もしくは真っ青です。とにかく、学生の皆さんにはフリクションが人気のようですね。
Commented by mukei_font at 2013-01-06 19:49
>須々木さん
小生も「見え消し派」で、フリクションとはずっと縁がないままです。
でも学生の頃はカラフルなペンを使っていましたよ。
10色も使いませんでしたが…
中学生の頃は「赤い字で書いて赤い下敷で隠す」やり方で勉強していましたが、ぺんてるのハイブリッドに出会ってからは青一色で勉強するようになりました。
懐かしいですがけっして戻りたくない遠い過去です。
Commented by 久住凛 at 2013-01-27 21:30 x
フリクションは主婦向けの「「あな吉手帳術」という本でおすすめされているので、それで買う方もいらっしゃるのでは。 鉛筆なら消しゴムが必要だし、ボールペンなら修正テープが必要、でもフリクションならペン一本でことが足るのが便利なのではないでしょうか。

特に主婦だと、天気や子どもの病気などで予定が変わりやすく、「書いても消しやすい」という特性が受けているのかと思います。


私も実際、仕事にはジェットストリームの書き味が好きなのでそちらを使いますが、手帳にはフリクションかなと思います。
Commented by mukei_font at 2013-01-30 11:44
>久住凛さん
なるほど、手帳術の本で推奨されているのですね。
当方、恥ずかしながら手帳を使いこなせない人間でして、スケジュールを書いたり消したりするところまでまだ到達していないようです。
また幸い間違えても「見え消し」で何とかなる程度のスケジュールなのもフリクションが縁遠い所以かもしれません。
ただ、もし今自分が学生だったら、フリクションライトは使っただろうなと思います。
蛍光ペンの引きすぎで自滅したことが何度もありますので。
Commented by 安丸政直 at 2015-11-09 16:54 x
自分は論文や学術書を読む時の書き込みに使ってます。鉛筆で書くとあまり目立たず、かと言って普通のボールペンだと消せないことが気になって思い切って書き込めないので、フリクションが最適です。
Commented by mukei_font at 2015-12-26 20:11
>安丸政直さん
コメントありがとうございます。
なるほど、確かに消せるのはそういう時いいかもしれませんね。
自分が学生なら、フリクションライトは間違いなく使っていたと思います。
<< 月食の夜のひとこと。 ラスボス登場!フリクションボール3。 >>