猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
仕事が仕事なので、ほぼ毎..
by alchemie0629_a20 at 19:15
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


フリクション実験~夏の陣~其の肆。

これまでの流れは以下を参照。
フリクション実験~夏の陣~其の零。
フリクション実験~夏の陣~其の壱。
フリクション実験~夏の陣~其の弐。
フリクション実験~夏の陣~其の参。

前回「其の参」において64度のダッシュボードで真っ白になった情報カード。
できることならその過程が知りたいところ。

というわけで、今度は30分おきに調べることに。
それから、同じ車内の中でもダッシュボード以外の場所はどうか。
こちらも同時に実験してみることにしよう。

結果は以下のとおり。

ダッシュボード:
時間…11:50~12:20(30分)
温度…64度
結果…情報カードは真っ白に。

順を追って見ていくと…

まず、実験材料のbefore→afterを見るため、実験開始と同時に撮影したのがこちら。
すでに高温になっていたダッシュボード。
置くやいなや(as soon as)消え始めてしまう。
これには焦った。
f0220714_19114364.jpg

30分後には完全に消えてしまった。
そのため、ダッシュボードはこの時点で実験終了。
f0220714_19152223.jpg

一方、ダッシュボード以外の場所ではどうか。
もう一箇所の実験場所を運転席にし、こちらも30分ごとに観察することに。
なお、実験開始直後の写真はこちら。
f0220714_19271512.jpg

結果は以下のとおり。

運転席:
時間…11:50~12:20(30分)
温度…48度
結果…情報カードに変化なし。

時間…12:20~12:50(30分)
温度…49度
結果…フリクションカラーズで書いた黒インクが薄くなる。フリクションポイントのクリアブルー、アップルグリーンが薄くなる(「其の弐」の時と同じ)。

時間…12:50~13:50(1時間)
温度…49度
結果…直射日光の当たる部分は消えかけている。
f0220714_19304590.jpg

時間…13:50~15:20(1時間30分)
温度…50度
結果…ところどころ消えてしまった状態で実験終了。
f0220714_19323591.jpg

ダッシュボードに置いた情報カード(上)と運転席に置いた情報カード(下)を比較したもの。
車から取り出しても両者ともインクの色は戻らず。
これは「其の参」の情報カードに関しても同じ。
f0220714_1937655.jpg

なお、これらは一日たっても同様にインクは戻らなかった。
f0220714_1946596.jpg

以上が「其の肆」。

今回の実験で分かったことはいろいろある。

まず、高温場所(64度)におけるフリクションインキの消えるスピードを目の当たりにしたこと。
これは恐ろしい。
やはり夏の車のダッシュボードにフリクションという組み合わせは相当危険な組み合わせと言えよう。

次なる発見は、測定温度が(フリクションインキが消えるとされる)60度に達していなくても消え始めるということ。
もちろんこれは直射日光が当たっている部分の温度まで測れていないという問題もある。
おそらくその部分は60度以上になっているのだろう。

が、これは同時に、温度が60度になるわけがないとたかをくくっているような場所でも、一部でも60度以上になる危険性があるような場所であれば、やはりフリクションインキが透明になってしまうことを意味する。
いずれにしても車の中は危険だ。

さらに興味深いのは、高温にさらされている時間とフリクションインキの変化の関係である。
今回の実験において「運転席」は終始50度以下であった。
にもかかわらず、長時間(のべ3時間30分)その温度にさらすことによって、同温度に1時間さらした「其の弐」のポストの時とは異なる結果が得られた。

これはなかなか興味深い。
いや、まだそうも言い切れないか。
これも単なる直射日光の影響かもしれない。
直射日光の影響のないポストの中でしかも「高温で長時間」という条件が理想だな。

これは「其の伍」がどうしても必要になってくる。
それとカンカン照りでかつポストに張り付いていられる日があれば…
郵便屋さんも来るし、なかなか大変な実験になりそうだ。

それに…
これは今から相当楽しみなのだが、今回透明になった情報カードたちがいつ、どのタイミングで復活するのか。
これは熱い。

フリクションインキの性質では、透明になったインキはマイナス20度で復活することになっているが、それは「65度以上の温度で消えたものに関して」という話を聞いたことがある。
今回の実験ではダッシュボードは64度、まだらに消えた運転席のカードに関しては詳しい温度も分からないが、これがこの先ずっと戻らなければ(温度計では64度と出たものの)実際には65度以上だったと考えてもよい。

が、温度計が正しければ、おそらくいつかは戻ってくるにちがいない。
かつて大阪の引き出しの中でひっそりと色が戻ってしまったアイロンで消したフリクションインキのように。

これは「冬の陣」も楽しみじゃわい!

とりあえずこれだけは言いたい。

「夏の車中に子どもを放置してはいけない」

本当にもうむちゃくちゃ暑いんですから。
[PR]
by mukei_font | 2012-08-18 20:27 | 筆記具・ゲルインク | Comments(8)
Commented at 2012-08-19 03:19 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by anbo at 2012-08-19 10:41 x
実験、お疲れ様でした。

今回の実験を拝読しておりまして、「書き込みをした本をしばらく夏の車中にほったらかしにしていたら、書き込みは消えるのかなぁ?そしたら、古本屋に売る際の手間が省けるな」なんて思いました。
やってみようと思います(とゆうか、ぼくのフリクション、目下、行方不明なんですが。フリクションで書いたノートがあるか、探してみます)。

そして、最後の締めのコメントに激しく同意です。

先日も、飼い主さん本人だったか、撮影のために犬を預かっていたテレビ番組制作スタッフだったは定かでありませんが、犬を7匹ほど冷房をきかせた車中に待機させていて、1時間後に戻ったところ・・・。冷房が切れていて、7匹のうち5匹が亡くなっていたとのこと。残り2匹もぐったりだったそうです。

大人の人間でも危ないです。
ブログ主さんも、あまりに夢中になりすぎて、「フリクション実験の女性脱水症状で倒れ搬送される」と新聞に載らないよう、くれぐれもお気をつけくださいませ。
Commented by そらまめ at 2012-08-19 21:54 x
おそろしいですね・・・
車中に子供を放置して云々というニュースは良く見ますが、実感としてわかっていませんでした。
フリクションで実感がわくというのも変ですけど。

本当に猫町さんも車中で倒れないようお気をつけください。
Commented by mukei_font at 2012-08-21 18:39
>非公開コメントさん
実験、お読みくださりありがとうございます。
「冬の陣」はまだそこまで考えていませんでした。
貴重なご意見ありがとうございます。
「無理やり作った状況じゃないが、実際にありそうな危険な状況」というのがなかなか難しいです。
Commented by mukei_font at 2012-08-21 18:41
>anboさん
実験、お読みくださりありがとうございます。
フリクションで書き込んだ本に関しては、ページを開かないとさすがに消えないんじゃないかと思います。
高温で消し去らないとインクが戻りますしね。
数ページなら面倒でもやってみる価値はありそうです!
車の実験、写真を撮るだけで汗まみれですよ。
Commented by mukei_font at 2012-08-21 18:41
>そらまめさん
そうなんです。
小生もこの実験を始めてからあらためて車恐ろし!と思いました。
現時点でフリクションの一番の敵は「車中」ということが分かりました。
Commented by kekopon at 2012-08-21 23:43 x
すごいです!ボールペンそのものを置いておいたらどうなっちゃうんでしょうね。薄いインクになっちゃうんでしょうか。でもペンが犠牲になるのはいやですね。

ところで猫町先生にはきっとあったりまえだと思いますが、先日久々に感激した互換関係の体験を。ジェットストリーム好きなので今までジェットストリームの芯をどのペンに入れるかばかり考えておりました。
濃い字を書きたい時に重宝するエナージェル、これも好きなペンですが、ユ―ロは替芯ないし、ノックはデザインがねー、という悩みがありました。
某アマゾンのレビューでエナージェルの芯はM社のJにぴったり、と書いてあって、いれてみたところ、ペン先のかたつきもなく、久々に感動。
ジェットストリームも最近カラーボディが色々充実しているので楽しみが増えました。

でもこのわくわくを共有出来る人がいないので、ここに書かせていただきました。
ぴっっったりだよ!!!!ってオットに言ってみましたが「・・・・よかったね・・・」みたいな、ねぇ。
だって芯の太さも一見全然違うのに!盲点!

長文、まことに失礼いたしました。暑さが続きますが、ご自愛くださいませ。
Commented by mukei_font at 2012-08-29 15:46
>kekoponさん
フリクション本体を車内に放置した場合は、中のインクが透明になると思いますよ。
中途半端な温度(60度未満)でどうなるか(薄くなったり戻ったりするか)までは分かりませんが…
それはそうと、すばらしい軸と芯の出会いがあったようですね。
だんな様の代わりに小生がおめでとうを申し上げます!
そういう喜びは大切にしないといけません!
ちなみに小生はその逆の組み合わせ(エナージェルの軸にジェットストリームの芯)が好きだったりします。
エナージェルノックの軸は確かにデザインは平凡なのですが、案外あのグリップが小生にはいい感じだったのです。
本当に長時間書いた場合、ジェットストリームのグリップは指に攻撃的なところがありました。
その点、エナージェルのグリップは可もなく不可もなく…小生にはよかったのです。
<< 花束。 フリクション実験~夏の陣~其の参。 >>