猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
まさかの正解に驚いていま..
by さくらんぼ at 22:13
こんにちは。 うさむし..
by ともこ at 12:22
ネットで調べた感じでは ..
by YAS at 12:18
自分も気になって考えてい..
by YAS at 11:46
◎本命:Signo307..
by GB at 21:38
オート リバティに一票!
by ほあゆう at 15:46
エナージェルインフリ..
by 輪音 at 02:19
ではこの流れで私も初めて..
by たにむら at 23:56
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


ハイブリッドテクニカ兄弟。

以前からの読者の方には繰り返しになってしまうが、初めての読者のために申し上げておくと、ぺんてるのハイブリッドテクニカというボールペンは小生にとってもっとも重要なゲルインクボールペンの一つである(詳しくはぺんてる・ハイブリッドテクニカ0.4。参照)。
f0220714_2035370.jpg

が、それは0.4というボール径に限られるという話を今日はしたい。

いつもよりも細かい字を書く必要に迫られ、先日大阪に行った際にハイブリッドテクニカ0.3を買い求めたのだが…

AKAN…

一応試し書きをして買ったから不良品ではないはずなのに、この窮屈感。
え、ボール落ちてませんよね、と思わずルーペでペン先をのぞきこんでしまうくらいのザリザリ感。
とにかくスピードにインクがついてこない。

いったいどれくらいの大きさの文字をどれぐらいのスピードで書けば許してくれるのかとすがりたいような気持ちになるほど、難儀な書き心地。
もしかしてジェットストリーム0.5みたいにエンジンをあっためる必要が?

同社のスリッチで0.3を愛用していたので0.3のニードルチップを分かったような気になっていたが、なかなかどうして。
スリッチのインクは水性染料、ハイブリッドテクニカのインクは水性顔料。
もしかしてその違いなのか。

しかしボール径でここまで出来が違うとなると(あくまで主観)、先日のOKBにしても、自分でやるつもりのOKPにしても、芯径まで指定したくなってしまうほどだ。
初めてのユーザーにも「握手会」という名の「試し書き」で判断させるOKBならなおさらだろう。

もちろん今後も0.3をあきらめずに使ってみるつもりだが、シグノにしてもサラサにしても、ここまで同ボールペン間のボール径の違いにがっかりさせられたかどうか。
それは単に細いペン先におののく感じともちがう。

念のため、他メーカーのボールペンで0.3以下のペン先を試したときのことを思い出してみた。

シグノ0.38→0.28
サラサ0.4→0.3
スリッチ→0.4→0.3→0.25
HI-TEC-C0.4→0.3→0.25

どれもそれなりに窮屈感やある程度の緊張感はあったが、納得のいく範囲内の書き味であったが…

あるいはぺんてるのニードルチップへの過信なのか。
例えばHI-TEC-Cを使うときなどは最初からかなりの覚悟を持って接しているぶん、がっかり感はないように思う。
書けてよかった!ペン先つぶさんかった!みたいなレベルなのだ。

一方、ハイブリッドテクニカ0.4やスリッチ0.3の快適な筆記感のおかげで、小生のぺんてるのニードルチップへの信頼は絶大なるものがある。
それらの出来がよすぎて、ついハイブリッドテクニカ0.3に圧をかけすぎてしまっているのだろうか。

一度、これでもかというくらい小さい字をゆっくり書いてかわいがってみる必要があるようだ。
[PR]
by mukei_font | 2012-09-22 20:15 | 筆記具・ゲルインク | Comments(6)
Commented by まよせん at 2012-09-26 22:35 x
はじめまして。OHTO関連でこちらのブログを見かけてから楽しく拝見しております。
私は無印で300円ほどで売られていた、OEMテクニカ0.3の四本パック(黒2・赤1・青1)を買った事がありますが、かなり持て余しています。テクニカってこんなものかと思いしばらく避けていましたが、猫町さんの0.4の記事を読んで実際に使ったところこんなに違うのかと驚いたものです。
今は参考書への書き込みをするための極細ボールペンをいくつか試していますが、無印80円ゲルペンかキャップ式シグノに決まりそうです。
Commented by mukei_font at 2012-09-29 19:19
>まよせんさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
テクニカ0.3、先日大阪に行った際しつこく店頭で試してみたのですが、個体差があるというか、よさそうなものもあるのですが、小生が買ったのも不良品とは思えないんですよね。
要するにあまり無理をさせてはいけないのではないかと…
で、こういうユーザーに余計な気を遣わせる系のペンはよくないなと…
ということで、小生は今後もハイブリッドテクニカ0.4と生きていく所存です。
キャップ式シグノはいいですよね。
ちょっと書き出しにインクが出過ぎるところ以外は非常に優秀なペンだと思います。
Commented by don. at 2016-08-25 21:31 x
はじめまして。
テクニカ0.3のみを使用し、画家として活動していますdon.と申します。
テクニカ0.3について考察された記事を拝見し、コメントせずにはいられませんでした。
私は7年間、テクニカ0.3一筋で絵を描いています。
HPを見て頂ければ分かるかと思いますが、渦をひたすら色々な物へ描いています。

筆者さんの言う、"個体差がある"というご意見、大変共感いたします。そして0.4の書き心地の良さも。
しかし、、0.3が良いのです。
あのなんとも言えない線の細さ。あの繊細さをこよなく愛しております。
いつも10本入りの箱買いをしていますが、1〜2本はすぐに潰れます。単品買いの場合は、私も店頭で入念な試し書きを行いますが、すぐ潰れるかどうかの感覚を習得しましたので、潰れないペンだけを購入できるようになりました。
しかし今回も箱買いで注文しましたところ、文具屋さんに廃盤になったと告げられました。これは本当なのでしょうか?
未だに信じられずネットで検索していたところ、こちらのHPにたどり着いたという経緯です。
廃盤であれば、0.3に近い線の細さと描き心地の良いペンを探さなくてはいけません…。本当に悲しいです。
筆者さんはその他のペンについても考察されているようですので、じっくり読ませて頂き勉強させて頂きます。
長々と失礼いたしました。
Commented by mukei_font at 2016-09-08 16:32
>don.さん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
記事に取り上げたテクニカの0.3については個体差だったと今では思っています。
本当は「当たり」の0.3も使ってみたかったのですが、そうこうしているうちに廃番になってしまいましたね。
don.さんは毎回本体ごと買われていたのでしょうか?
替芯ならまだ入手できるのではないのでしょうか?
たいてい本体が廃番になった後も、替芯だけはしばらく残るものなのですが…
自分はまだストックがあるので替芯を注文する段階ではないのですが、替芯も手に入らなくなっているのだとしたら悲しいですね。
テクニカに替わるペンはテクニカの先行きに不安を感じた時からずっと探していますが、無難に使えるペンにはいくつか出会えたものの、テクニカのようなペンにはいまだに出会えていません。
Commented by don. at 2016-09-13 22:09 x
お答え頂きありがとうございます。
私はペンについて全くの無知でして、替え芯の存在にすら気づいておらず、毎回本体ごと購入しておりました。。
替え芯がいつまで購入できるか分かりませんが、とりあえずは色々なところから取り寄せてみようと思います。

>テクニカのようなペンにはいまだに出会えていません。

そうですか・・・。筆者さまがおっしゃるのなら、テクニカに替わるペンはないのかもしれませんね・・・。泣
もし、またテクニカのようなペンに出会えた際は記事で取り上げて頂けましたら幸いです。
Commented by mukei_font at 2017-01-15 09:49
>don.さん
ハイブリッドテクニカですが、替芯はまだ入手できると思います(自分も昨年11月に取り寄せたので)。
ハイブリッドテクニカに代わるペンは本当にないですよ。
たとえペン先の形状が似ていても似て非なるものというか、期待するだけがっかりしたり…
自分は割り切って他のペンでもそれなりに自分の字が書けるように手を慣れさせました。
<< 猫町文具店(仮)からのお知らせ。 三菱・ユニホルダー。 >>