猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


コメントへのお返事。

大変遅くなってしまいましたが、ようやくコメントへのレスをアップいたしました。
「最新のコメント欄」には20件しか表示されず、最初のほうにレスした分が押し流されてしまったので、こちらにも載せておきますね。
あまりにも長いうえに、無関係の方も多数おられると思いますので、折りたたんでおきます。



>いつきさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
当ブログの記事が役に立ったようでとてもうれしく思います。
芯の互換性だけで対応できるささやかなカスタマイズが好きです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

>saikoさん
ノート探し、楽しいですよね。
無印のノートがなくならないうちに次の相棒が見つかるといいですね。

>松さん
汚い字を載せるのは嫌でしたが、こいついっつも印刷したみたいな字を載せやがってアホちゃうかと思われるのも嫌だったので…
ノートの好き好きは人それぞれですよね。
小生の記事を読んで皆さんがご自身の好みを再確認してくださったらいいなと思います。
LIFEのクリッパーノートは小生も大好きです(小生とて方眼を求める時があるのです)。
あの気負わない紙質でもう少しページ数が多かったら…なんて思うのですが。

>yuiさん
皆さんこだわりがあって楽しいですね。
小生は机がいつも散らかっているのでリングノートが好きです。
少しでも場所を節約しなくては…
そしてノートは右側しか使いません。
MOTTAINAIという考えもありますが、左側のページはいざという時に何かを貼るのに使っています。
ノートの使い方に正解はなく、人の数だけ使い方があるというのが非常に楽しいです。

>有さん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
無罫デビューされましたか…
楽しまれているようなのでほっとしておりますが、なんだか責任を感じてしまいます。
ノートの使い方は人それぞれなので、どうかいろいろ使ってみながらベストを探してみてくださいね。
ノートに限らず、すぐに熱弁してしまいがちなブログなので、話半分で聞いてくださるとありがたいです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

>わかば84さん
いやーあれこれ考えているだけですよ。
小生もかなり惚れっぽいです。
が、さすがに自分には使えない罫というのは分かるので、惚れても冷静に対処します。

>kaddey∞さん
「ToDoリストに『ToDoリストを片付ける』みたいな事を書くような本末転倒な事態」…分かります。
物事の整理が下手な小生もしょっちゅうそんな感じに…
でも幸い小生はそんなに字が大きくないのでToDoリストはノートに書いてしまいます。
無罫だと字がどんどん大きくなってしまうという意見は小生にとっては新鮮ですが、確かにそういう方にはガイドとなる罫線が必要かもしれませんね。
太罫をぜひ使ってみてください。
それからご指摘の「○○なんてシャボン玉~ 」はもちろん吉本新喜劇の島田珠代さんですが、関西在住の「無罫フォント」読者に向けてのメッセージであります。

>あむさん
そんな風におっしゃっていただけるとほっとします。
あむさんのこだわり方だとコクヨのドット罫もいい感じがしますね。
小生はあのドット罫もどうもダメです…
監視されている感じがどうにも窮屈で、冷や汗が出てきます…

>ゴマさん
あの説明でお分かりいただけたでしょうか…
確かにスタイルフィットにプレフィールのリフィルは入ります。
が、個人的にはZEBRA同士ということでクリップオンマルチがいいのではないかと思ったりします。
軸のバランスも持ちやすさもスタイルフィット軸よりもクリップオンマルチのほうがいいように思います。

>ましまろ。さん
スラリに限らずインクのやわらかいボールペンは、ある程度インクが乾きやすいように作ってあるのだと思います。
そうしないとだらだらと液漏れして大変なことになるのではないでしょうか。
ですので、ある程度の「ぐるぐる」は必要になってくるのかもしれません。
が、死亡してしまうのはまた別の問題ですよね…
まあ今後はちょっと気にしてみてみます。
たった1本死亡しただけで決めつけるのは浅はかなことですから。

>輪音さん
頻繁に使っていたらまず間違いないと思いますし、こちらもたった1本死亡してあれ?と思っただけですので、お騒がせしてしまって申し訳なく思います。

>Q太さん
普通にリフィルの古さかもしれません。
スラリが出てからある程度時間も経過していますし。
同様に最近死亡したアクロボールも発見したところです。
こちらは完全に時間が経過しているものでした。

>neiroさん
スラリの0.3は本当に定期的にボールを転がしてあげるのがいいと思います。
いざ細かい箇所に書こうとしてかすれると焦りますからね。
インクの色味に愛着があるというのはとても素敵ですね。

>非公開コメントさん
こちらこそメールの返事が遅くなってしまって大変失礼いたしました。
今後もぜひ気安い感じでお願いいたします(が、レスは相変わらず遅いと思います…)。

>ましまろ。さん
いえいえ。
過去の記事の数も増えてきましたし、それでなくても分かりにくいブログですもんね…
ジェットストリームは長期保存には本当に向かないと思います。
やっぱり完璧なペンってないんだなと思いますね。
いろいろなペンの特徴を知って、賢く使い分けていくしかないと思います。

>慎之介さん
なるほど、ファンシーショップにめったに行かないので知りませんでした。
キティラーやリラックマ好きはなかなか大変ですね…

>mikkoさん
万年筆を日常的に使われているのであれば履歴書に使ってもまったく問題ないと思うのに、紙質が残念なのは仕方ないですね…
にじむのは悔しいですしね…
しかし、万年筆で履歴書を書いたからといって、面接官に気取っているなんて言われる筋合いはありませんよね。
面接官なら何を言ってもいいと思っているのでしょうか。
まあそれはそれとして、ゲルインクボールペンはなかなか優秀なので、履歴書を無難にきれいに仕上げるにはおすすめなのは確かです。
いつか店にも遊びに来てください。

>まめさん
なるほど、たまにあるのですね「つゆだく芯」…
しかし小生のハイブリッドテクニカ芯の印象は、外れ芯=カスカスなんです。
これはハイブリッドテクニカにかかわらず、ぺんてるのゲルの古い芯に多いのですが。
なのでぺんてるで「つゆだく」というのにギョッとしてしまいました。
まあしばらく様子を見てみます。
いざとなれば数年放置してカスカスにしてみます。
というか、自分はカスカス手前のギリギリな感じのハイブリッドテクニカ芯が好きな気もしてきました。
あまりうるうるインクは出なくてもいいんですよね。
ただでさえ乾きが悪いですし。
こう書いているとハイブリッドテクニカを好きじゃない人は(何がよくて使っているんだろう?)と思うでしょうね…

>すぎなさん
こちらこそいつもいい思いをさせていただいてありがとうございます。
カッターなのはハサミをうまく使いこなせないからですよ。

>ももさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
「木を見て森を見ず」を絵に描いたようなブログですが、楽しんでいただけたら幸いです。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

>輪音さん
ぜひ使い込んでみてください。
誰が何といおうが自分自身はこう感じる、というのが大事だと思います。

>とにさん
特に選べる多色系はあれをこれに入れるのを我慢できませんよね…
でもやっぱりZEBRAがらみは要注意。
肝に銘じたいと思います。

>ぴちゃぴちゃんさん
そうなんです、品番はそのままなんですよ。
小生も替芯だけ使ってみたいのですが…

>慎之介さん
そうです、そんな感じです。
でも、PILOTの多色でも2色なら入るという意見があったりして混乱します。
いずれにしても自分で試したものしか断言できないのですが…

>katharinさん
お久しぶりです。
お元気でしたか?
「SARASAの替え軸をPILOTのDr.グリップに入れて使っています」というのがよく分からなかったのですが、SARASAのグリップの話でしょうか?
SARASAのグリップをDr.グリップに付けるということでしょうか??
それともSARASAの替芯をDr.グリップに入れるという意味でしょうか?
その場合のSARASAは単色のSARASAで、Dr.グリップはゲルのDr.グリップという意味でしょうか??
あれこれ楽しく考えてしまいました(笑)。

>きゅうさん
そうなんです。
人によりけりなんです。
きれいなノートを作るために異常に時間をかけるのもいかがなものかと思うのですが、自分自身のモチベーションや生産性のためにある程度の美しさは必要だと思っています。

>kaddey∞さん
まったくおっしゃるとおりですね。
芯は入れてみないと分からないところがあるので、各メーカーが発表している数値はあまり重要視していません。
駄目になってもいい軸でガンガン試すしかないと思っています。
確かにZEBRAの一筋縄ではいかないところ、自分も嫌いではないです(笑)。

>nobrin-7さん
こちらでははじめまして。
恥ずかしながらこちらのブログではコメントへの即レスが難しい状況です…
nobrinさんのデスクマットは本当にうらやましい限りです。
使い込んで硬くなったイスの座面の革なんて…
万年筆に吸取紙は必須ですよね。
確かにすぐに吸わせてしまうとインクが薄くなるので、しばらく眺めていることが多いです。

>yuiさん
そうですね。
学校や塾の先生はそういうことを言いがちですよね。
確かにもっともな点もあるのですが、やはり自分に合う/合わないがあると思います。
子どもの間はある程度従わざるをえませんが、そのうち好きにすればいいのではないでしょうか。
違和感や嫌悪感を感じながらノートを使うのはいかがなものかと思いますよ。

>Muさん
ノートの使い方は人それぞれですからね…
でも文房具好きの皆さんは手書きをされるのが好きだと思いますので、自分なりの楽しみ方を見つけるのがいいと思います。
買った筆記具を堂々と使えるのがノートなわけですから。

>スナフキンパパさん
なかなか複雑ですね(笑)。
一つ言えるのは「正解はない」ということではないでしょうか。

>Q太さん
ありがとうございます。
脇腹と背中に湿布、痛みどめのロキソニン、胸に気管支拡張テープ…
これでなんとか少しずつ回復しているようです…

>あむさん
もう少し我慢してみよう、もう少しだけ我慢してみよう…とここまで来ました。
ゴールは見えているような気がします(ヨボヨボ)…

>遠山Kさん
なるほどその通りですね。
しかし、デジタルの強みはいったん入力したあとのコピペや編集が楽な点です。
ノートにボールペンの一発書きはいつも試されているようなスリルがある気がします。

>麻さん
偶然お会いできたら楽しいですね!
当日は木琴堂のイベントの帰りなのでうさむしグッズも持っていると思います。
興味のある場合は行商いたしますよ。

>あむさん
本当にたくさんおしゃべりしましたよね。
とても楽しかったです。
記事の補足、ありがとうございます。
訂正しておきました。
今日ようやく後半の記事も書かせていただきました。
今後ともよろしくお願いいたします。
[PR]
by mukei_font | 2013-04-30 23:46 | わたくしごと | Comments(2)
Commented by at 2013-05-02 20:05 x
わ!行商素敵♪
ですが恐らく年内には木琴堂さんの方に直接伺えるのではないかと、何の根拠もないですが確信しているので、その時にゆっくり見せて頂ければと思います。
お心遣い感謝します。
当日は楽しみましょう(*'▽'*)
Commented by mukei_font at 2013-05-11 20:01
>麻さん
先日はどこかですれ違ったのでしょうか…
周りはみんな文房具好きなんだと思うと恐ろしい気がして、いつも以上に視野を狭めておりました。
いつかお会いできることを楽しみにしております。
<< 筆箱拝見!~ある日の猫町フミヲ篇~ 筆箱拝見!~あむさん篇・下~ >>