猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


三宮文具旅4:ナガサワで見たもの買ったもの篇。

連日だらだらと三宮文具旅について書いております。
今日はナガサワ文具センターで見たものと買ったものについて。

これまでの記事はこちら(どれも長いです)。

三宮文具旅1:心の準備篇。
三宮文具旅2:ロフトで見たもの篇。
三宮文具旅3:ロフトで買ったもの篇。

さて、三宮といえばナガサワ文具センター。
が、今回は本店には行かず、神戸国際会館の中にある「La lettre de Kobe (ラ レットル ドゥ コウベ)」と、さんちか(三宮地下街)にある「エンヌ」へ。
詳しくはナガサワ文具センターのHPに紹介があるはずですが、小生の認識では「ラ レットル ドゥ コウベ」は「ハイセンスな紙製品やレター用品が置いてある店」、「エンヌ」は「女子向けの文房具が多めに置いてある店」。
どちらも楽しいところです。

「ラ レットル ドゥ コウベ」は昨秋三宮に行った時に偶然見つけたのですが、看板に「by NAGASAWA」という文字を見つけないと、ナガサワ文具センターとの関係がよく分からないような洒落た店構え。
が、オープンな空間なのでオシャレすぎて足を踏み入れるのが怖いということもなく、店の周りをぐるぐる回りながら珍しいレター用品などを見て歩いていると時間を忘れます。

が、珍しいから素敵、素敵だから欲しい、となるかというと話は別で、前回も長々と書きましたが、レター用品を買う時はけっして雰囲気に流されず「自分の手に負えるかどうか」という視点でじっくり見ていきます。
いくら素敵でも罫幅が広すぎるものはあきらめますし、自分の子どもっぽい字にあまりにも雰囲気が合わないものもあきらめます。
手紙は誰かに向けて書くものですが、使うのは自分ですから。

ただ、自分の手に負える負えないにかかわらず素敵なレター用品があるんだということ、その美しい色合い、斬新なデザインやアイデアにいちいち感心しながら見て歩くのが楽しい時間なんですよね。
もちろん、ハイセンスかつ自分の好みに合うもの、かつ自分の手に負えそうなものを見つけるとむちゃくちゃうれしいです。
そういう時は値段を見ずに買います。

おそらく置いてある商品が多いからだろうとは思うのですが、小生が心惹かれるアイテムはミドリのものが多いです。
季節ごとの「紙」シリーズの大胆な花柄はどれも目を奪われる鮮やかさですし、ファンシーなミニレターセットにもいちいちときめきます。
くそう、ミドリめミドリめ。
そうつぶやきながらぐるぐるぐるぐる見て回ります。

が、そんなミドリも完璧なわけではなく、「書く時間で選べる日記」はアイデアはよいのにあまり開きのよくない日記帳のようでした。
何をおいても日記帳は開きが重要、と自分などは思ってしまうのでちょっと残念。
あの開きが最高のMDノートを作っているのもミドリなので、ああいう感じで作ればいいのに…とは思うものの、そんなことをすればどんどん値段が高くなり、とんだ高級日記帳になってしまうのかもしれません。
手頃な価格だからこそ日記を始めてみようという人もいますもんね。

お次は「エンヌ」。
「エンヌ」は先ほど「女子向けの文房具が多めに置いてある店」という印象だと書きましたが、にもかかわらず小生のような女子力ゼロの人間も楽しめるいい店であります。
全体的には女子向けの雰囲気があるものの細部には文具好きが素通りできないものがちょこちょこ置いてあり、それに見入っているうちに女子力高めの空間にいることを忘れてしまえる感じ。

小生のお気に入りのコーナーはレジに向かって左手奥のファンシーなノートのコーナー。
よい紙質が売りなわけでもなく、ただただ表紙の雰囲気だけで魅せるノートたちのひしめく空間。
その「雰囲気だけで持っていってる感」がたまらなく愛おしいんですよ。
目をうるうるさせながら「選んで選んで」と言ってくるけど中を開けば普通のノートなところがかわいい。
メイクの力だけでかわいくなってる人みたいでかわいい。

もし自分が横罫ユーザーなら間違いなくこのあたりで散財するでしょう。
万年筆で書くとか言い出さない限り、たいていのノートの紙質で満足できる自信はあります。
ゲルインクボールペンを使えばいいんだし、ノートも基本的に片側しか使わないし。
でもこういう雰囲気だけで魅せるノートたちはたいてい横罫、よくて方眼なんですね。
残念。

それでも目をうるうるさせながら「選んで選んで」と言ってくるかわいい人に会いたくて、このコーナーには絶対に立ち寄ることにしています。
先日行った時もかわいい人がいっぱいいました。
横罫…使うことないしなあ。

そういえば結局記事にせずに終わったのですが、昨春三宮文具旅をした際もここで素敵なノートに出会ったのでした。
そのノートとはミドリの「ノート〈A5〉16柄」
1冊の中に16の柄が登場するというコンセプトで、いろんな種類があったのですが、中に罫線の代わりにうっすらボーダーになっているものがあったんです。

ちょうど同じように無罫好きの友達との旅だったので、二人同時に「!」となり、

「これ罫線じゃないみたいじゃない?」
「これやったら罫線やと思わんと使えるんちゃうん?」

とキャッキャしたのですが、そのうち二人とも我に返り、

「ちょっと調子乗りすぎか…」
「浮かれポンチかもなあ…」

と結局買いませんでした。
で、その時の浮かれポンチノートをもう一度見たかったのですが、件のコーナーにはもうありませんでした。
一瞬とはいえ罫線を克服する夢を見られたノートをもう一度見たかったのですが…

まあそんなこんなで、いろんな素敵なものをお腹いっぱい見、例によってレター用品だけを買って2つの個性的なナガサワをあとにしましたとさ。
[PR]
by mukei_font | 2014-02-26 20:55 | 文具屋めぐり | Comments(6)
Commented by りお at 2014-02-27 12:23 x
おお!!素敵な旅ですね!!!うらやましい!!!

そして・・・ワタクシも「ミドリ」大ファンです!!最近のレターものはほとんど買いました!!和レタにはまっているので、もう、ウハウハです(笑)
Commented by モコモコ at 2014-02-28 01:02 x
はじめまして。こんばんは。
夜分に失礼いたします。

ミドリの「紙」シリーズはいいですね。
初めて蓮柄の一筆箋をみた時は印象的でした。
迷いに迷って、結局、
自分の字が綺麗ではないという理由で購入せずじまいでしたが、
猫町様の投稿を読んで、
字が下手でもチャレンジしてみようかなという気持ちになりました。

私はまだボールペンをとっても
選んだり、使いこなすのに、
迷子になっているようなひよっこですが、
自分にとって文房具は奥が深くて面白いと感じるものなので、
また猫町様の投稿を読めることを楽しみにまっております。

それでは。
Commented by mukei_font at 2014-03-01 06:52
>りおさん
ミドリは恐ろしいメーカーですよね(笑)。
実際に使ってみると(うーん)なこともあるのですが、ムードにのせられてついつい買ってしまいます。
以前はもっともっと1回きりのかわいいデザインのレターセットがありましたよね(レターマーケットとかいう名前の…)。
いくらお金があっても足りません。
Commented by mukei_font at 2014-03-01 06:52
>モコモコさん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
「紙」シリーズ、素敵ですよね。
あのシリーズで季節の植物を覚えたと言っても過言ではありません。
字の上手下手を言い始めると、堂々としていられる人のほうが少ないのではないでしょうか。
自分はとにかく丁寧に正確に書くことだけを心がけて手紙を書いています。
それくらいしかできないので。
でも、それで十分かなとも思っています。
あとは文房具の知識を総動員させ、自分の字が一番ましに見える筆記具を選ぶこと。
これは趣味なのでただ楽しんでいるだけなのですが。
とにかくやってみることだと思います。
素敵に見えるレター用品も、実際に使ってみると(ぎゃーだまされたー)なこともあるし、その悲喜こもごもがすべて文通のネタになって楽しいんです。
Commented by りお at 2014-03-01 17:21 x
ミドリ、本当にニクイ(笑)です(>_<)
ワタクシのお財布を狙い撃ち(>.<)しているとしか思えないくらいの、ラインナップですもん!
シールやミニ箋もミドリのが可愛くて、あれやこれや、見ているうちにいつしかカゴに(^^;)
雰囲気にながされて、買ってから「あちゃー(泣)」立ったこともあるけど、やっぱり魅力に負けちゃいますね(^o^)
レターマーケット、なんか、聞いたことがあるような…記憶曖昧(泣) 
Commented by mukei_font at 2014-03-07 20:17
>りおさん
ミニレターは買う時に(気楽に手紙を書くのにちょうどいいかも)と思うのですが、実際に使ってみると(案外1行に文字数が書けないーーー1枚の封筒あたり便箋3枚?全然足りないーーー)となるケースが多く、何度も失敗しました(が、あると便利なこともあり買ってしまう)。
レターマーケットは数年前のシリーズだったと思います。
季節に合わせて気の利いたデザインのレターセットが数種類出ていました。
便箋も封筒も封緘シールもすべてそのセット内でしか使えないほど凝ったものが多く、失敗がとても怖いのですが、魅力にあらがえず買ってしまったものを今も大切に使っています。
<< 恋人はステーショナリー? 三宮文具旅3:ロフトで買ったもの篇。 >>