猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
キャップ式signo極細..
by ワニワニよ at 19:09
自分はジェットストリーム..
by alchemie0629_a20 at 02:10
こん○○は。今回の大雨大..
by YAS at 14:26
はじめまして。 包装紙..
by noinoi13 at 16:30
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


謎文具:黒い消しゴム。

少し前に謎文具がどうのと書いたと思うのですが、今日明日と「自分にとって少々謎である文房具」について書いてみたいと思います。

最初にお断りしておきたいのが、謎文具といってもあくまでも自分にとって謎であるという点、あまり深刻な謎ではないという点、どちらかというとぼやきに近い話になるであろう点の3点です。
テイストとしては以前、黄色のボールペンって何だろうみたいな記事を書いたと思うのですが、あれに近いです(黄色のボールペンについて考える。参照)。
あれも小生にとっては謎文具でしたので。

というわけで、今日取り上げるのは黒い消しゴム。
あれがどうにも謎です。

例えばトンボのダストキャッチ
これは分かるんです。
消しクズがまとまるという特色が先にあってそして黒い。
なるほどなと思います。
特にこのダストキャッチはエアタッチという軽い消しごこちを追究した消しゴムと同時期に発売されたように記憶しているので、はっきりキャラづけしようと色を黒くしたのかもしれないとも思えます(想像ですが)。

が、小生をもやもやした気にさせるのが、単に黒いだけという消しゴム。
MONOブラックしかり、Ainブラックしかり。
あれはなんでしょうか。

もちろん理解しようと努めれば理解できます。
黒くてかっこいい。
黒いほうが固そうな気がする。
黒いほうがよく消えそうな気がする。
そんなイメージを利用した戦略なのかな、と考えたりもします。
そしてそれは大事なことだと思います。

が、小生がどうしてもひっかかるのが、こうした商品の宣伝文句に必ずある「汚れが目立たない」というフレーズ。
なぜ汚れが目立たないのが喜ばれるのか。
これが分かりません。

確かに白い消しゴムは黒くなるとすぐに分かります。
その汚れに対して、まあ、なんて汚いのかしら、こんな汚いものをペンケースに入れておけないわ、といちいち思わなくてもいいですよ、ということなんでしょうか。

でも汚れを気にせずにすむとはいえ、黒い消しゴムだって汚れているわけですよね。
汚れに気づかないぶん、それって危険なことじゃないでしょうか。
白い消しゴムが汚れていたらごしごしこすって汚れを取り、リセットすることができますが、真っ黒の消しゴムはそもそもどこが汚れているのか分かりにくいのでは?
そしてそのせいでいつか痛い目に遭うのではないかと思うわけです。

消しゴムによる痛い目。
それは消しゴムが汚れていることに気づかず、汚したくない紙に汚れを広げてしまう悲劇をさします。
自分でも何度かやったことがあるんです。
筆箱の中で知らない間に消しゴムにちょんとボールペンのインクが付いていて、それをにょーんと広げてしまったことが。
白い消しゴムでも死角になっていれば起こり得ます。

ボールペンのインクでないこともあります。
シャープペンの芯のかけらだったり、鉛筆の芯のかけらだったり、本来はこれも消えるんじゃないのというような黒鉛系のカスを帯びた消しゴムでこすってしまったところから始まる悲劇。
あれは紙に傷を付けるみたいになるからダメなんでしょうか。
時々やってしまった記憶があります。

昔の話なので黒鉛のカスについては改善されているかもしれませんが、ボールペンのインクはちょっと不安じゃないでしょうか。
筆箱の中ってどうしても知らずに汚れていきますよね。
あれと同じことが消しゴムにも起こると思っています。
なので、黒い消しゴムの存在意義は分かるし、確かにかっこいいとは思うのだけど、「汚れが目立たない」という宣伝文句はいささか安易すぎやしないかというのが小生の考えです。

例えば真っ白な財布やカバンやコートを買う時、多くの人は「汚れ目」について神経質になります。
汚れ目が目立つのではないか。
それに自身は耐えられるだろうか。
でもそれと消しゴムとは同じ話にならないのではないかと思います。
なぜなら消しゴムは道具だから。
自身の美しさよりもむしろ消すという役割をまっとうすることの方が大事だから。

などと、黒い消しゴムに(より正確に言えば黒い消しゴムの売り方に)もやもやしていた小生ですが、ある時こんなものをプレゼントされました。

墨汁屋さんの消しごむ。
墨汁のかおり。
f0220714_23385032.jpg

ううむ。
何か超越したものを感じる。
そこにはもう黒くてかっこいいだろう的な色気も、汚れが目立たないよ的な目くらましもなく、墨汁のかおりがあるのみ。
おまけにキャラクターは猫。
尻尾が筆になっている。
f0220714_23391644.jpg

ちなみにねり消しも。
こちらも墨汁のかおり。
f0220714_23393634.jpg

f0220714_23394771.jpg

確かに、二つとも未開封であるにもかかわらず墨汁のかおりがします。
開封したらどんなことに?
黒いことよりもむしろ墨汁のかおりに重きをおかれた感のある消しゴム…
こんなものもあるんですねえ。

ちなみに黒い消しゴムに関してはこういったコラムもあるようなのですが…
黒い消しゴムのいいところとは(Excite Bit コネタ)
紙質によっては消しゴムの黒色が付着するという話は初耳でした。
いろいろあるんですねえ。

あれこれ書きましたが、要するに「黒い消しゴムはかっこいい」ただそれだけでいいんじゃないかという話でした。
理由を考えようとするからダメなんじゃないかと。
理由が適当すぎるから謎文具になってしまうんじゃないかと。
そういう話でした。
[PR]
by mukei_font | 2014-04-05 23:49 | 消しゴム | Comments(18)
Commented by 輪音 at 2014-04-06 00:17 x
もしかしたら、黒いものマニア向けだったりするのかもしれませんね。
Commented by えはら at 2014-04-06 00:43 x
黒い消しゴムには、白には出せない、カッコ良さとか、エロスとかが、秘められていて、多分それには見た目以上の何かがあるわけではなくて、でもそれが心地良いんだと思います。何言ってんだ俺。
Commented by りお at 2014-04-06 12:03 x
自分は、学生時代、ペンケースに戻すときに、
消しゴム(白)に鉛筆の芯の色が残っているのがい
やで、真っ白な面がでるまで無駄に消していた記
憶があります!
だから、単純に「汚れが見えにくい」だけなんだと(笑)おもってました!
Commented by moti at 2014-04-06 12:43 x
私もりおさんと同じです!
見えてしまうと気になって、綺麗にしたくなります笑
でもだからこそ、本来は白の方が汚れが目に見えて良いのかもしれないですね・・・
私も最後は“かっこいい”に尽きると思います。
ただの消しゴムとはちょっと違うんだぞ、黒いんだぞ!
そういうちょっとした楽しさ、優越感?も魅力かもしれないです。
Commented by かんてつ at 2014-04-06 18:46 x
黒に対する好みもあるでしょうが、消しゴムの色まで、、、単にメーカーの企画者が面白がっているだけなのでは?
その企画者のケツをたたいて、もっと本質的なことをやれ!と言いたくなります。猫町さんの指摘、意味があると思います。
Commented by あお at 2014-04-07 00:30 x
墨汁屋さんの消しゴムには色違いで
朱墨タイプの朱色の消しゴムも出ていて、
これも私には謎文具です。
お客さんにも謎だったようで
全然売れませんでした・・・(汗)
Commented by カズ at 2014-04-07 01:26 x
黒い消しゴムって、消しカスが目立つんで便利です。机の色によりますが、白いと保護色になって下に敷いたまま書くんですよ。

あと、汚れが目立たないというのは、確かにあります。そういう細かいところを見てる人って多いんですよ。
Commented by 小豆 at 2014-04-07 17:11 x
猫町さん、はじめまして。

黒い消しゴム、日常使いしています。
白い消しゴムは汚れると残念な気持ちになってしまうんですよね、特に使い始めは。
またうっかりインクがついて消しゴム自体に染みてしまったりするとずっと気になってしまうんです…

綺麗に使いたい!…そんなの無理なんですけど、そんな性格の自分には汚れの目立たない黒消しゴムちゃんが合ってるんです。
そんな神経質な人向けなのではないかなと思います。

長々と失礼いたしました。
Commented by mukei_font at 2014-05-22 00:45
>輪音さん
「黒いものマニア向け」…それくらいのシンプルさがむしろ好きです。
汚れを気にするからこそ白い消しゴムで汚れを確認し、その汚れを取り去りたいという方もおられると思うので、黒いから汚れが見えなくていいという言い回しには「ん?」と立ち止まってしまいます。
Commented by mukei_font at 2014-05-22 00:47
>えはらさん
黒い消しゴムの「カッコ良さとか、エロス」、あるいは「見た目以上の何かがあるわけではなくて、でもそれが心地良い」というえはらさんのご意見、非常に分かる気がします。
でも実際に売ろうと思うと、もっと他の売り文句が必要になってくるんでしょうね。
Commented by mukei_font at 2014-05-22 00:49
>りおさん
消しゴムをペンケースに戻す時、りおさんのように黒鉛の汚れをゴシゴシきれいにしてから戻すという方は結構おられるようですね。
メーカーはそこに目を付けたのかもしれませんが、りおさんがおっしゃるように黒い消しゴムは「汚れが見えにくい」だけなんですよね。
それで納得するか、「だめじゃん!」と思ってやはりゴシゴシするかは人それぞれということで…
Commented by mukei_font at 2014-05-22 00:49
>motiさん
「最後は“かっこいい”に尽きる」というのはそうだと思います。
普通は白いはずの消しゴムが黒い!という楽しさですよね。
そういう売り方なら何も思わなかったし、自分も「おお、黒い!」と楽しめるのですが、「汚れが目立たない」と言われてしまうと、でもそれって…と思ってしまうのです。
Commented by mukei_font at 2014-05-22 00:50
>かんてつさん
別に黒い消しゴムが嫌とかではないのですよ。
売り文句が謎なだけで。
かっこいい、楽しい、だけじゃダメなのかなあと思ってしまうのです。
白い消しゴムにはそれなりの意味があり、汚れが見えるからこそ綺麗にしておこう、白い紙を汚さないようにしようと警戒できる利点があると思うので、汚れが見えないからいいということではないなと思いました。
Commented by mukei_font at 2014-05-22 00:51
>あおさん
朱墨タイプまであるんですね。
確かにそれはさらに謎ですね。
墨汁屋さんの消しゴム、使っています。
苦手なむにむに系ですが、ちょっと使う程度なら問題ないです。
墨汁の香りにも慣れました。
Commented by mukei_font at 2014-05-22 00:51
>カズさん
消しカスが目立つ、というのもメーカーの売り文句で見た気がします。
それはいいな!と思いました。
そちらの売り文句のほうがむしろ自分は納得できる気がします。
Commented by mukei_font at 2014-05-22 00:52
>小豆さん
はじめまして。
ようこそ無罫フォントへ。
黒い消しゴムを実際に使っておられるとのこと、なるほどインクの染みなど言われてみればそうですよね。
自分は消しゴムについた汚れに気づかず紙をダメにしてしまったことが何度かあるので、汚れを目で確認しておきたいなと思うタイプです。
が、汚れの目立たない黒い消しゴムに安心感を感じられる方もまた多くおられることと思います。
他の方のレスにも書きましたが、別に黒い消しゴムが嫌とか認めないとかではないのですよ。
「消しゴムの汚れ」ということ一つとっても、いろいろな考え方があるということを書きたかったのです。
Commented by てっつぁん at 2014-05-24 13:24 x
うどん屋の駐車場より

ざるうどんを食べながら、「お、今日は黒いTシャツだから安心して食べれるな。こないだは白いTシャツだったから、気を使ったもんなぁ•••」と思ったところでこの記事を思い出しました。
身体をカバーする(隠す)ための服と、それ自体を擦り付けて消費していく消しゴムとでは目的も使用方法も違うので同じようには言えませんが、なんか気になったので過去記事への投稿失礼しまっふ
Commented by mukei_font at 2014-05-24 21:23
>てっつぁん
うどん屋で思い出してくださってありがとうございます。
確かにその例では、「汚れが目立たない」という黒い消しゴムの魅力が非常によく分かりますね。
でも問題は、服(=消しゴム)についた汚れがあらたに別のものを汚す原因になりはしないかということなんですよね。
例えば黒いTシャツを着ている時に純白のドレスを着た人を抱きとめる必要があるとして(どんな状況かは謎ですが)、カレーうどんのカレーが実はひそかに付いてしまっている黒いTシャツを着て純白の人を抱きとめるとかなり厳しいことになりますよね(いつのまにかざるうどんがカレーうどんになっていますが)。
これがもし白っぽいTシャツであれば、あ、服にカレーがついているからこのままだと純白の人を汚してしまう、拭くか裸になるかしよう、と危険を回避することができます。
自分は実際にそんな経験をしたので、汚れは見えていてほしい派なんです。
<< イオンの文具売り場をサクサク。 トンボ・モノグラフ(続き)。 >>