猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(58)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


PILOT・HI-TEC-Cコレト1000/500。

女子化したアイプラスを憂えたところでPILOTのHPをのぞいてみると、おやまあHI-TEC-Cコレトに新しいボディが。
その名もHI-TEC-Cコレト1000/500

でもこれ、前に出ていたルミオとかミーの新バージョンじゃないの?
なんで名前が違うの?と思ったら、頭冠の開閉がルミオたちと違うんですね。

HI-TEC-Cコレトエヌの時に登場した「ポンデオープン式」なのがコレト500、さらに進化し「ボタンオープン式」になったのがコレト1000とのこと。
実はコレトエヌも未体験なので、サンプルがあれば開閉の具合を試してみたいですね。
しかし「ポンデ」と聞くとどうしてもドーナツが頭に浮かんでしまう…

というか前々から気になっていたのですが、PILOTのHP、なかなかルミオとミーにたどり着けませんね。
TOPから、「製品情報」→「筆記具」ときて、ここで「多機能ペン」を選ぶとルミオとミーにはなぜか出会えない。
コレトの他のボディはあるんですけどね。

そこで、「製品情報」→「筆記具」→「ボールペン」ときて、ここで「多色ボールペン」を選ぶとやっぱり出会えない。
同じくコレトの他のボディは出てきます。

ここでいつもサイト内検索をするはめになり、

「製品情報」→「筆記具」→「ボールペン」→「ゲルインキボールペン」
「製品情報」→「筆記具」→「ボールペン」→「多機能ボールペン」

とすると無事出会えることが分かるという…
これを何度も繰り返している小生(この点に関して、HPの改善があったようです。現在は見やすくなっています)

閑話休題。
肝心のHI-TEC-Cコレト1000/500ですが、4色軸まででよくて、わりと落ち着いた感じの軸をお探しの方なんかはいいんじゃないかと思いますね。
ルミオやミーの一部は女性を意識した感じがしますが、コレト1000/500を見る限り、あまり性別を感じさせないような気がします。
これは他メーカーのカスタマイズボールペンにはあまりない特徴かもしれません。

正確な色味は実物を見てみないと分かりませんが、コレト1000のほうはなんとなくコクーンチックなカラー展開というか…
それを言うと、コレト500はアクロボール3の不透明軸にちょっと似ているかも…

しかし、そもそも高級軸というのは何なんでしょうね。
自分で書いていて思うのですが。
というか、逆に安っぽいというのは何?
軸の材質?
透明なところ?
もちろん軸全体が与える印象というやつでしょうが。

以前文具店で働いていた時、国産の文房具すべてを「ダサい、安っぽい」と否定する同僚がいました。
使いやすさは評価するけれど、使おうとは思わないと。
国産の安い筆記具をそのデザインごと愛している自分としては驚きつつも、それはそれでちょっと乱暴というか、さみしいなとも思ったりして。

自分としては見た目も大事なのですが、見た目のみを重視して使いにくいのは困ります。
例えば透明軸は嫌がられますが、自分としてはインクの残量がある程度見えるのはありがたいのです。
特に多色のゲルインクは減りが速いですし。

そんなことを言っていたら、軸から取り出してもインクの残量が分からない金属芯はどうなるという話ですが、今は安いカスタマイズボールペンの話。
要は、使いにくさを凌駕するような圧倒的なデザインの軸を求めているということなんでしょう。

いや、やっぱりそんなことより、コレトはリフィルの種類をなんとかすべきですね。
ノックの視認性は抜群なんだし、他メーカーよりも大人っぽいボディもあるんだし、あとは油性ボールペンリフィルと、HI-TEC-Cが苦手な人にも使ってもらえるジュースリフィルがあれば…

カスタマイズボールペンの先駆者として、まだまだコレト先輩には頑張ってほしいものです。
[PR]
by mukei_font | 2014-10-10 23:59 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(8)
Commented by Mu at 2014-10-14 10:55 x
確かに国産の筆記具は残念なデザインのものが多いですが…
それでも中には(個人的に)ときめくものもありますし、そんな筆記具に出会えたときの感動もひとしおです(笑)。
でも人の好みはそれぞれ違いますから、そういう人もいるのでしょうね。
私はラバーグリップが苦手なので、それだけで選択肢が少なくなってしまって残念です。
それでも最近は、キャップ式のシグノやハイブリッドテクニカなどのキャップ式のラバーグリップは許容できるようになりました(笑)。
Commented by K at 2014-10-14 20:54 x
> 国産の文房具すべてを「ダサい、安っぽい」と否定する

これはさすがに視野が狭いというか物を知らないというか,
カスタムシリーズや中屋万年筆を知らないということなのだろうか・・・
それとも知ってる上で嫌いなのか・・・
文具店員で知らないのはさすがに無いでしょうか
Commented by りお at 2014-10-14 22:27 x
国産=ダサい、安っぽい、という固定観念みたいなものをお持ちの年配の方を何人か知っています。
海外ブランド=高級、と思っているみたい。
国産でもカッコイイ万年筆とかたくさんあるのに、全否定はもったいないなぁ、とおもいます。
自分は、可愛くて安くて、書きやすくて(笑)カラフルな全色コンプしたい派なんで、(笑)女子文具も大好きですが、素敵軸の万年筆とかも憧れます!
油性ボールペンは苦手で使わないけど、みてるだけ、で満足しちゃいます!
Commented by 輪音 at 2014-10-16 22:22 x
悪魔の辞典風に。

【高級軸】
Ⅰ:他人に自慢するための最小単位のひとつ。
値段が高ければ高いほどよい。

Ⅱ:カタカナコトバを濫用するビジネスパーソンとやらに必須な、風格あるステーショナリー。
ドイツ製が基本で、イタリア製が加わることもある。

Ⅲ:買っても買っても次々に欲しくなる魔性の筆記具。
ファム・ファタールの遠戚。

Commented by mukei_font at 2014-10-21 16:54
>Muさん
自分の好みに敏感であることは重要だと思います。
それだけいろいろな体験をし、それらを分析した結果だと思うからです。
が、それが最終的な結論というわけでもないことも学びたいなと思うのです。
あれ?嫌いだったはずなのになぜこれが気になるの?
そんな風に思ったほうが楽しいこともまだまだあるからです。
Commented by mukei_font at 2014-10-21 16:57
>Kさん
文具店員時代の同僚でそういう発言をしていた人たちは皆、「美」というものに強い関心を持ち、そういう勉強をしていた人たちでした。
「なんとなく嫌い」という軽い意味で言っていたのではなかったようです。
自分はそういう方面には疎いので、そうなのかもしれないなあとは思ったのですが、実際に文房具を使う頻度は自分のほうが上だという自負があったので、ちょっとさみしくも感じたんですよね。
道具としての評価の話も聞いてほしいなと。
Commented by mukei_font at 2014-10-21 16:59
>りおさん
好みは人それぞれなのでどういう意見があってもいいとは思うのですが、個人的にはそこに自分自身の信念のようなものがあってほしいなと思います。
そして、その信念ができるだけ柔軟なものであるほうが楽しいのではないかと思っています。
Commented by mukei_font at 2014-10-21 17:01
>輪音さん
なるほど、そんな感じなのかもしれませんね。
でも、おしゃれに疎い自分はおしゃれに敏感な人を尊敬しているので、自分が分からないというだけで判断しちゃいけないな、とも思うのです。
こだわる部分が違うということなんだと思います。
<< ユニクロのソックスとHI-TE... アイプラス、女子化。 >>