猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(58)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


5Bでどうだ。

鉛筆削りの話が出たので、鉛筆のことを書きます。

以前、ステッドラーのマルスルモグラフの2Bについて記事にしたことがあります。
ステッドラーの2Bが日本のBくらいかと思って買ったらまだ薄かったという内容でした。

このたび大阪文具旅の中で、ステッドラーやファーバーカステルの鉛筆をずらりと並べた店に足を踏み入れてしまいました。
これらの鉛筆は地元では気軽に買えず、気軽に買えないものはどうにも好きになれないことから、正直素通りしようかなと思ったのです。

が、見た目だけはかっこいいマルスルモグラフにまんまと立ち止まってしまいます。
うーん、2Bがだめなら次は3Bを買うところだが、なんかまだ信じられん…
4Bにするか?

と迷っていると、横に並べてあるファーバーカステル(以下ファー様)の9000は芯が削ってあり、軽くなら試し書きできそうな雰囲気。
そこで3B、4B、5Bあたりを試してみて、これなら大丈夫だろうと選んだのが5B。

ファー様が5Bならマルスルモグラフも5Bというのはいささか乱暴ですが、しかたがありません。
安かったら男らしく迷った分を全部買うのですが、君たち高いんだよ!
トンボの木物語に換算したら泣きわめきたくなります。

ということで、こちら。
5Bなんてちょっとしっくりこない硬度のような。
いや、単になじみがないだけなんですが、なんとなく硬度は2Bとか4Bとか6Bとか、偶数のイメージ。
f0220714_23524433.jpg

で、使ってみたのですが、さすがに二人ともやわからくて気持ちいいです。
もはや日本の硬度Bからも遠ざかってしまいましたが、やっと打ち解けてくれたかのようなうれしさがありました。
f0220714_23525714.jpg

写真を見ても分かるように、マルスルモグラフのほうがファー様よりも濃いです。
芯がやわらかくてほろほろします。
2Bのグモグモ感を思えば、3Bや4Bで何が起こったのか非常に気になる…
結局全部買ってしまいそう(舌打ち)。

ファー様はやわらかいのに筋が通っている不思議な感じ。
濃さにこだわらなければ、むしろこちらのほうに手が伸びます。
芯がぐずぐずになっていかないので、頼れる感じがあるのです。

今回分かったことは、5Bまでくればマルスルモグラフもやわらかくて濃いということと、同じ硬度ならマルスルモグラフのほうがカステル9000よりも濃いということ。

結局日本の硬度Bが彼らのどれくらいになるのかは謎のまま。
買い物の仕方が明らかに下手でした。
高いといっても鉛筆にしては、という話だし、やはり男らしくがさっと買うべきだったかもしれません。
[PR]
by mukei_font | 2015-08-26 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(4)
Commented by 犬山ハリコ at 2015-09-05 14:31 x
こんにちは。
カステルは3Bで三菱9800のHBかBくらいに感じます。ほろほろしなくて硬めで使いやすいんですが、そんなら9800で十分だと思ってしまいます。3B、2BならトンボモノR(おてごろ!)もしっかりめで書きやすいですよ。
Commented by まよせん at 2015-09-06 05:24 x
「安いのに意外と…」が重宝されるこの時代に、あからさまに価格と質や見た目が連動する鉛筆というのはなかなか面白いものだと感じます。さて、鉛筆の硬度ですが、メーカーによってかなり差があると思います。ある文具店ではPOPに「舶来ものは国産より二段階ほど硬度が異なります」といった内容のことを書いていましたが、コトはそんなに単純でもなさそうです。

私もいろいろ試したところ、ファー・ステドラは三菱-3、スタビロ・トンボ・ぺんてるは三菱-1という公式?を導き出しましたが、これはあくまで「体感硬度」です。

というのも、それらの滑らかさは価格帯にもよるからです。私はMONO100のBがお気に入りですが、8900のHBなどと比べても、圧倒的に芯が減りにくいです。この芯の減りにくさも「体感硬度」に影響する気がします。

ではそんなMONO100とHi-uniやルモグラフを比べるとどうか?
8900と9800、トラディションを比べるとどうか?
さらに舶来ものは本国より値段が高くなる…

この公式を導き出すのはなかなか難しいようです。
Commented by mukei_font at 2015-09-25 19:37
>犬山ハリコさん
鉛筆情報をありがとうございます。
今回はたまたま思いつきで5Bをチョイスしてしまいましたが、国産も舶来ももっときちんと使い比べてみたくなりました。
まずは国産の2Bデビューをしてみたいです(まだそのレベルです)。
Commented by mukei_font at 2015-09-25 19:39
>まよせんさん
硬度の公式…!
個人的な体感硬度とはいえ、それを導き出したまよせんさんは素晴らしい。
自分もあれこれ試して公式を導き出してみたいです。
当初はBで始めた鉛筆研究(?)ですが、さらにやわらかい芯に興味が出てきてしまい、鉛筆の種類ばかりが増えていきそうな予感がします。
<< 伊東屋・鉛筆補助軸(木製)。 カール・エンゼル5 ロイヤル。 >>