猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(68)
(40)
(33)
(23)
(9)
以前の記事
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
文具メーカーコラボと言え..
by alchemie0629_a20 at 14:23
早速サイトを見たら、そえ..
by alchemie0629_a20 at 02:34
学生時代は割と手紙を書く..
by alchemie0629_a20 at 08:24
>ティータさん はじめ..
by mukei_font at 18:18
>あるけみさん 勉強関..
by mukei_font at 18:17
>さかなさん コメント..
by mukei_font at 18:17
>あるけみさん むむ!..
by mukei_font at 18:17
>もちさん はじめまし..
by mukei_font at 18:16
>あるけみさん 梅田の..
by mukei_font at 18:16
>あるけみさん とんか..
by mukei_font at 18:15
>あるけみさん ふっふ..
by mukei_font at 18:15
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:14
>あるけみさん いろい..
by mukei_font at 18:14
>YASさん 確かにぬ..
by mukei_font at 18:13
>えなさん 文具店員を..
by mukei_font at 18:13
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:12
>YASさん いつもコ..
by mukei_font at 18:11
>ホアゆうさん コメン..
by mukei_font at 18:10
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 18:10
お久しぶりです。 フミ..
by ともこ at 12:48
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


なんとなく世の中に受け容れられているがやっぱり許せないもの。

今日は「なんとなく世の中に受け容れられているがやっぱり許せないもの」について書いてみたいのですが、もうこれはいわゆる大学ノートや横罫のルーズリーフにありがちなこの部分ですよ。
「No.」「Date」の欄。
f0220714_18321098.jpg
これなんなんですかね…
いりますかね…

当たり前のようにコクヨのルーズリーフにもマルマンのルーズリーフにもこのスペースが設けてあるのですが、なぜなのでしょうか。

B5サイズならA罫(7mm罫)は31行、B罫(6mm罫)は36行確保しなければならない、という規格でもあってそれとの兼ね合いでああいうことになっているのでしょうか。

ならば先日無印良品で見たルーズリーフは規格外ということになるのでしょうか?
ネットショップの画像を見て行数を数えてみたのですが、B罫で39行あるように見えます。

以前この疑問についてこのブログに書いた時、どなたかが「余白の美」あるいは「コピーを取るときに余白が有ると便利」とおっしゃっていましたが、もしそういう余白を設けたいとしても無印良品のルーズリーフみたいな余白で十分だと思うのですよ。

もちろん「No.」「Date」もあればあったで使う人もいると思います。
ページに通し番号を入れたり、日付を入れたり、それ以外の用途に使ったり。
猫町もあの「No.」のスペースに問題集の名前を書いたりして使うこともあります。

でもそれらは仮にそのスペースがなくてもできることばかりです。
方眼や無罫のリーフを使っている人は各自でそういう部分を管理しているわけですよね。
絶対になくてはならないというものでもないように思うのに、当たり前のように存在し続けていることが疑問なのです。

案外深い意味があるわけではなく、単に学生向けのルーズリーフが出発点なのでいつまでも学生向けのレイアウトが抜けないのかな?と考えることもあります。
ならば学生以外のユーザーを相手にしたラインナップのノートくらいはこの部分をやめてもいいのではないでしょうか。

一昨年の文紙MESSEだったかに、コクヨデザインアワードの過去の受賞作か何かでおもしろいデザインのノートが展示してあったのですが、やっぱり中にはこの「No.」「Date」的な欄があり、ちょっとちょっと!と思いました。

そこはいらんで。
デザイン台無しやん。

もしかすると猫町が無知なだけで、ノートの罫線を印刷するシステムにどうしてもあの部分が組み込まれていて、そこを変えるのに何千万円もかかる話なのかもしれません。

それならしかたないかなあ。
まあ自分としても完全になくしてほしい、というよりは、ないバージョンがあってもいいのでは、と思う程度なんですが。

でも学生向けのルーズリーフの罫種には結構バンバン新しいものが出ますよね。
それこそ一昔前にはなかったような特殊罫も。
そういう罫種を増やす感覚で、あのスペースのない「シンプル横罫」というものがあってもいいと思います。

めったに横罫を使わない人間が言うのもあれですが、あのスペースの存在意義がよくわからず、当たり前のように受け容れられていることに定期的に猛烈に違和感を感じるのです。

罫線の嫌いな人が罫線を無視して書くことはできても、あそこを無視していきなり欄外から文字を書き出す人はいないでしょう。

別にあのスペースがもったいない、といったケチな気持ちではなく(でももったいないとは思う)、ただただ不思議でたまらないという話でした。

by mukei_font | 2019-02-09 23:59 | ノート | Comments(0)
<< メールをくださった方へ。 お土産としてのそえぶみ箋。 >>