人気ブログランキング | 話題のタグを見る

無罫フォント

猫町フミヲの文房具日記

鉛筆の話を少々・その4(その後の赤鉛筆)。

赤鉛筆の素晴らしさについては今さら語るまでもないことですが、赤青鉛筆を使ってしまうと、使用頻度の差からいつも赤鉛筆ばかりが短くなってしまうという問題点があります。

そこでしばらく赤鉛筆を単独で使ってみたのですが、当然気持ちよく、調子に乗って使っているうちに短くなってしまい、使用をストップしたところです。

ファーバーカステルの色鉛筆をそんなことに使っていいのか、と今さらながら我に返ったのと、このかわいいベストな長さをキープしたい、という気持ちになったからです。

かわいいベストな長さとは?という感じですが、こんな感じです(黒は未使用)。
鉛筆の話を少々・その4(その後の赤鉛筆)。_f0220714_16175349.jpg
ロゴはまだ完全に残っていて美しさをキープしつつも小柄になったかわいさがあり、もうこれ以上は使わずにおいておきたいという気にさせられます。

でも使わずにおいておくってあんた、赤鉛筆なんて消耗系文具の代表格なのにどうするんだよ…

とりあえずもう1本持っていたトンボのippo!丸つけ用赤青えんぴつを使うことにしたのですが、今回はあえて青鉛筆は削らずに使うことにしました。
両端を削るのをやめたのです。

猫町が育ったあたりでは鉛筆の両端を削ることを「泥棒削り」と言うのですが、泥棒削り方式をやめ、赤青鉛筆を赤鉛筆として使い、赤色がなくなった時点で青鉛筆として使う、ということをしてみようかと思うのです。

というわけでシャキーン。
鉛筆の話を少々・その4(その後の赤鉛筆)。_f0220714_16184833.jpg
使い始めはちょっと長すぎるくらいですが、これで赤青のバランスを考える必要も鉛筆の美を意識して使うのをストップする必要もなくなるでしょう。
ガンガン使うぞ。

by mukei_font | 2019-07-18 23:59 | 筆記具・鉛筆 | Comments(0)

by 猫町フミヲ@無罫フォント
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30