人気ブログランキング | 話題のタグを見る

無罫フォント

猫町フミヲの文房具日記

久しぶりの散髪。

非常に珍しいことに先日久しぶりに消しゴムのスリーブを散髪しました。
久しぶりの散髪。_f0220714_00195757.jpg
エアスリーブ派の猫町がいったいどういう風の吹き回し?

なお「エアスリーブ」とは消しゴムが短くなっていってもぶかぶかのスリーブを切らずにそのまま使うこと、もしくはその状態のスリーブを指す猫町の造語です。
消しゴム界のシークレットブーツと言われ、使われてすり減った消しゴムほどエア部分が長くなることからエア部分の長いスリーブをまとっている者が消しゴム界では尊敬を集めているとされています(猫町の勝手な妄想)。

エアスリーブについては(雪や台風等で電車に閉じ込められるなどして)爆発的に暇な時にでも〈けしごむーず〉の記事を読んでいただけるとありがたいですが、貴重な情報を得るためにスマホの充電の残量を惜しまなければならないような時に読んだことを後悔しそうなのでまあまあ平和な時にでもよろしくお願いします…

とまあこの一連のくだり全部いらないくらいなのですが、猫町には珍しく消しゴムのスリーブを短くしましたよという話です。

なぜ切ろうと思ったのかというと、まずAIR-IN KIDSは消しゴム自体に厚みがあることでしょっちゅうスリーブからぽろりと飛び出してしまうようになってしまったからでした。
厚みがあるといってもほんのちょっとしたことなのに「エアスリーブ」を楽しむのはやや難しかったです。

AIR-IN BLACKは形状的にはまだまだいけたのですが、スリーブ自体があまりにも汚れてしまいました。
猫町はスリーブの上についているフィルムもはがさずに死守して使う派なのですがちょっとこのフィルムが汚れて傷みすぎてしまった。

実はこのフィルムには激安の値札が貼ってあり、超有能な消しゴムがこんな激安で売られていたという痛快さと黒いボディに赤い値札シールのコントラストもおしゃれで(そうかな)気に入っていたのですがさすがに薄汚れてしまい…(下の写真は在りし日の姿。散髪の直前はもっとあわれな姿に)
久しぶりの散髪。_f0220714_00200292.jpg
というわけで久しぶりにパチンと切ったわけですが、まあ散髪も悪くないかなと言うのが第一の感想です。

本来は散髪があるべき姿なので世の中の9割以上の人に「そりゃそうや」とツッコまれそうですが、どこまで「身」が入っているのか分からないスリーブを絶妙にコントロールしながら使う楽しみを知らないからそんなことを言うんですよ…(世界一知らなくてもいい楽しみ)

とそこそこ満足していたわけですが、今日ティーンの一人が猫町の散髪後のAIR-IN BLACKとうり二つの個体を持っていることが判明し、これはいかんと腕組みをして考え込んでいるところです。
冒頭の写真のように切り取ったスリーブを捨てずにおいているからかろうじてどちらがどちらのAIR-IN BLACKなのかの「答え合わせ」ができますが、こんなことではいけません。

やはりエアスリーブは猫町の専売特許。
今後もできるだけエアスリーブでいく。

紛らわしくなってしまったAIR-IN BLACKには「みてない君」でも貼ることにします。


Commented by tsunojirushi at 2023-02-21 11:12
ああ、面白いです。声が出ました。
心が膨らみました。「何かを好き」ということこそ、世界で一番大切なことだと改めて気付かされます。
いつも静かに拝読しているのですが、何というか、この面白さで救っていただいたような想いで、お礼を申したくなりました。
ありがとうございます。
by mukei_font | 2023-02-21 00:33 | 消しゴム | Comments(1)

by 猫町フミヲ@無罫フォント
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30