猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
個人的に最近メモをどうす..
by baw at 06:57
【追記】 あと、キップ..
by 輪音 at 01:53
お徳用日東紅茶のティーバ..
by ふりふりばなな at 23:26
私の買い物メモはジャスト..
by なぎねこ at 22:59
馬油も効きますよ。 一..
by 輪音 at 02:21
仕事が仕事なので、ほぼ毎..
by alchemie0629_a20 at 19:15
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2011年 05月 30日 ( 2 )

替芯の時代(後篇)。

気を取り直して、ゲーセンの前で配っていたという替芯をしげしげと観察。

プリクラに書けるというふれこみだが、蛍光のボールペンか何かなのか?と思いつつ書いてみると、めっちゃ普通の黒の油性インク…
いや、プリクラに書けるやろけどさ…
写真に書けるとか言われたら不透明なゲルのインクや蛍光のボールペンを連想しますやん。
まあこの芯の形状では無理か。

しっかしこの芯を街角で配られて、あ、トンボのリポーターコンパクトに入るやつやんとか、エアプレスに入れられるけど持ってないわあとか思う人間て限られてますよね。

ハッツ!?
もしや替芯を世界に普及させていこうとしている謎の団体が、手始めにトンボのBR-SFから広めようとしているということなのか?
あわてて紙のケースに小さく載っている会社のURLにアクセスしてみたが普通にゲームの会社だった。

不思議な世の中になったものだ。

そんなことを考えながら芯を出し入れしているうちに、芯が抜けなくなってしまった。
しまった…
逆から取り出せるかな、とぐるぐる紙のケースを回している時にはたと気づいたのである。

もしかしてこれ、これ自体が筆記具なんじゃ…

f0220714_22282777.jpg

こういうことね?
つまりこういうことね?
ぎゃふん!

芯がギャルたちのケースに丁寧に梱包されているのではなく、なんとこれ自体が筆記具だった。
もちろん相当持ちにくいが、収納するとぺたんこだし、なんといっても替芯の互換性(という言葉もどうかと思うが)が素晴らしい。
もう何でも入るのだ。
f0220714_2231677.jpg

替芯はダンボールの断面みたいな隙間にぎゅっと差してあるだけであり、その隙間を見るにいわゆる3ミリ径の替芯なら何でも入る(4C芯はぶかぶかすぎて不可)。
ただし長さ7センチが限界なのでBR-SFを利用するか、あとはS-7SやSXR-80シリーズなどのインクを頑張って少し減らしてからカットするか。

もしかして差し方を工夫すれば多色も作れるかもしれない。
隙間にずらりと芯を差せばいいのだ。
いや、それはむしろ差し方ではなく使いこなすテクの問題だろう。

むー。
奥が深いな。

とりあえず街角で替芯を配っていないことは分かった。
[PR]
by mukei_font | 2011-05-30 22:37 | 文房具与太話 | Comments(0)

替芯の時代(前篇)。

帰宅するとポストに怪しすぎるものが。
f0220714_2130970.jpg

およそ風俗の広告か何かだろうと捨てかけたが、話のネタにと一応部屋に持って帰る途中で友人うさむしからの手紙のおまけだと気づいた。
比較的近所に住むうさむしはときどきポストに直接手紙やお菓子を入れていく。

うさむしの手紙によると、怪しいブツはなんと替芯らしい。
プリクラに書けるペンの替芯をゲーセンの前で配っていたという。
半信半疑で開けてみるとなんと…
f0220714_2131562.jpg

替芯登場。
取り出すと6センチ弱の芯。
f0220714_21331466.jpg

トンボのBR-SFに似た長さ。
リポーターコンパクトやエアプレスに入れろということか。

それにしてもなぜ替芯だけを配っているのか。
これはもしや…
震える指ももどかしくうさむしにメール。

「もしかしてもしかして時代の最先端なんじゃね?替芯キてんじゃね?」

知らぬ間に街角で替芯を配る時代になっているのだ。
なんということだろう…
なんということだろう…!!!

がっくりと床に膝をつき、疲労と興奮で目を血走らせた小生の元に届いたうさむしからのメールにはしかし…

「窓あけてんのに大声でわろてもた」。

なぜ笑うんだ(後篇に続く)。
[PR]
by mukei_font | 2011-05-30 22:19 | 文房具与太話 | Comments(1)