猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2011年 06月 29日 ( 2 )

フリクションハンディマイルドウインドウコート。

熱帯夜に蛍光ペンについて真剣に考えてみたい。

昨夜、ZEBRAのエアーフィットライトについてあれこれ書いた中でマイルドライナーについてちらとふれたが、なんとなくもやもやが残った。
すっきりさせるためにあれこれ考えているうちに、「理想の蛍光ペン」についての妄想が止まらなくなってしまった。
おつきあいいただきたい。

蛍光ペンを最近使わなくなった。
使う機会がないのだ。
唯一の機会は職場で客注伝票を消し込むときで、カウンタで代々使われ続けてきたっぽい三菱のプロパスカートリッジ式蛍光ペンを使用している(何しろカートリッジ式なので代々使い続けることが可能)。

じゃあいつ蛍光ペンを使っていたかと考えてみれば、圧倒的に学生時代。
あの時ほど蛍光ペンについての感受性が鋭かった時期もないのではないか。
自分では意識していなくても、蛍光ペンの性能を見極めるときの「これはいい」「これはダメそうだ」という判断基準は明らかに学生時代に経験したあれこれに起因している。

蛍光ペンに関しては失敗の連続だった。
一番苦労したのは裏抜け。
辞書などのぺらぺらの紙に蛍光ペンなど使うなということなのかもしれないが、幼い小生はやってしまう。
そして後悔。

次に色目。
さんざん試し書きして買ったはずなのに、参考書の紙質によっては全然発色が違い引いてしまったあとに茫然自失。
こんな毒々しい色のラインが引かれた参考書なんかで勉強できひん、買いなおしたい…今でもその絶望感をリアルに思い出すことができる(ちなみに参考書は旺文社の『英単語ターゲット1900』。あのとき蛍光ペンで失敗していなければもう少し違った人生があったのではないか…)。

そんな試行錯誤は中高生のときから大学院生のときまで続いたが、結局理想の1本に出会えずに学生生活を終えた。
そしてすっかり蛍光ペンとは無縁の生活を送るようになった今になって、魅力的なアイテムがぞろぞろと登場してくるというこの憎たらしさ。

ということで、もしも今小生が学生だったら間違いなく食いつきそうなアイテムを以下に列挙。

まず第一はZEBRAのマイルドライナー
これは淡い色味に特徴がある蛍光ペン。
蛍光ペンを引きすぎてキンキンしてしまった参考書に萎え萎え…という経験をしまくった小生にはマイルドライナーは衝撃&魅惑の一品。
これはいるやろーーーーー

次はPILOTのフリクションライト
おなじみこすって消せるフリクションの蛍光ペン。
これも引きすぎたOH!NO!の強い味方。
これも絶対いる!

それから綺麗に蛍光ペンを引くためのナイスアイデア、三菱のプロパスウインドウも魅力的。
これはペン先が窓(=穴)になっていて、どこまでラインを引いていいかが分かるというアイデア蛍光ペン。
こういうのが学生にはうれしいんです。
受験生のうるおいとしてはこれもまた重要。

そしてやっぱり手軽に使えるノック式、ぺんてるのハンディラインS
いちいちキャップを外さなくていい。
キャップを外さなくていいからキャップが転がる煩わしさもない。
手にして数秒でもうラインが引けるうれしさ。

これらを合体させた蛍光ペンができたらどうか。

すなわち、

淡い色味のマイルドライナー
こすって消せるフリクションライト
窓付きで綺麗にラインが引けるプロパスウインドウ
ノック式のハンディラインS

を合体、その名も…

フリクションハンディマイルドウインドウ。

ノック式でこすって消せて色味はマイルドでペン先が窓。
完璧すぎて怖い。
ウルトラマンの合体怪獣(グランドキング?)もびっくり。

さらにこれにトンボの蛍コート80が加われば完璧度がさらにアップ。
蛍コート80は定規で線を引く時に定規に当たるペン先部分がプラスチックでガードされているため汚れなくなっているというすぐれもの。
おまけにインクの補充方法がインクにペンをつっこんでチャージするというかっこよさ。
やっぱりこれも取り入れよう。

ということで、最終形態は…

フリクションハンディマイルドウインドウコート。

ついでにメーカー名は、

ZEB菱ッてるンボ

(太陽神戸三井銀行みたいな感じで分かりやすく)

あープロ野球のオールスターゲームみたいに、普段は敵味方でも一瞬だけ和気あいあいみたいなの楽しいと思うんですよね。
ベンチであの選手とあの選手が談笑!?いったい何の話を!?みたいな。
そんなノリでなんか一瞬でもいいんでこういう蛍光ペンができたらなーと思ったしだい。

仕事中に合体怪獣的蛍光ペンの名前とメーカー名を熟考していた証拠は隠滅しておかなくては。
[PR]
by mukei_font | 2011-06-29 23:50 | その他筆記具 | Comments(10)

ZEBRA・エアーフィットライト小悪魔カラー。

ZEBRAから出た新商品、エアーフィットライト小悪魔カラーが熱い。
世間的には熱くないかもしれないが、注目したい。
f0220714_102793.jpg

この商品、正式名称は「エアーフィットライトS」。
すでにある「エアーフィットライト」の「小悪魔カラー」な軸色展開ということだが、限定商品ではなく定番商品になるようだ。
なかなか素敵な色合い。
どの色も黒に映えて、クリップ部分がなんともいえずかわいらしい。

HPにはさらっと紹介してあるだけだが、実際の什器はこんな感じ。
f0220714_115532.jpg

「大人セクシー」「小悪魔」「女子力」…(´_ゝ`)
どうしてもそういう路線に持っていきたいらしい…(´_ゝ`)

「女子文具」の流れに乗りたいのは分かるが、普通にアイテムとして十分素敵なのに残念な気がしないでもないが、この機会にエアーフィットライトに出会う人が増えるといいなと思う。
でもオレンジやブルーグリーンは男性でもいける気がするのにこの什器はやっぱりもったいないなあ…
細部はかわいいけど…(「小悪魔」のロゴとかペン立ての筒の模様とか)

ZEBRAはなんというか惜しい商品が多くてやきもきする。
もっといいところに置いて、たくさんの人に見てもらいたい。
その上でダメならダメとあきらめようじゃないか。
でもまだ見てもらってなくないか?
そんな商品が多い気がする。

例えば多色のクリップオンGや多機能のクリップオンマルチはもう十分がっちりとユーザーを獲得している。
替芯の売れ行きは油性の多色芯では他社の追随を許さないものがある。

が、クリップオンスリムの認知度はどうか。
クリップオンGやクリップオンマルチと同じ替芯が使えて軸がスリムでなかなかイカすのに影が薄い気がするのは気のせいか。

あるいはマイルドライナーは?
あれはあれですごーく素敵な蛍光ペンだと思うのだが、発売からずいぶんたってひっそりとしてしまった。

ぼんやりしているうちに三菱がさりげなく似た商品を出しているし。
それならぺんてるを真似てノック式のマイルドライナーを出すとかしてもいいのに使い切りのノック式蛍光ペンを出すという話を聞き、○| ̄|_…

件のエアーフィットライトにしてもしかり。
「小悪魔カラー」以前に普通のエアーフィットライトをまだまだ知らない人も多いはず。
ボールペンとシャープペンシルの他に実はJK-0.5芯が入っているゲルインクもあったりするのに(小悪魔カラーにゲルインクがないところを見ると浸透しなかったのか)…

その他にもサラサスティックとかジムニースティックとか煮え切らない商品はあれこれあり、文房具マニア黎明期にジムノックやタプリとともに歩んだ者としてはZEBRAよ、もっとがっついていこうぜ、という気になってしまう。
いつもいつもではないが、時々思い出したように「あーーーーー(頭をかきむしる)」となるのだ。

エアーフィットライトはエアーフィットシリーズのスリム版。
シリコングリップの「エアーフィットグリップ」は好きずきだが、エアーフィットシリーズよりも軸がスリムなことも手伝ってあまり主張して来ない。

いや、もちろんシリコングリップでニチニチしたところはそのままなのだが、ごっつくないのはありがたい。
もしも小生がまだK-0.7信者だったら間違いなくこの小悪魔カラーのブルーグリーンに走っていたことだろう。

まだぶいぶい言うほど人気商品じゃないのに起死回生を賭けて素敵カラーの軸を出してきたエアーフィットライト。
中のインクも今ZEBRAが一押しのエマルジョンインクではなく昔からある油性という男らしさ。

K-0.7と同じ長さのスタイルフィット芯にジェットストリームの0.5も出たことだし、テープで突起を作るという禁忌(個人的にやらないことに決めている)をおかしてでも使ってみようかなと思わせる軸だ。
[PR]
by mukei_font | 2011-06-29 01:53 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(8)