猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2012年 04月 23日 ( 1 )

替芯の接客とアドレナリン(黒い蛇足)。

替芯に関する接客はどんなものでも大好きでしたが、そうはいってもいいお客さんばかりではないのも事実でありました。

ほとんど使い切っている芯が書けなくなったことを不良品扱いにする方や、自らの改造でペンを壊しているにもかかわらず不良品だと主張する方など、到底受け入れがたいようなことをおっしゃる方も少なくありませんでした。

替芯の接客を嬉々としてするということは、こういうケースに当たる確率も他のスタッフよりも高くなるということであり、実にいろんな勉強をさせていただいたと思っています。

いい話と同じくらい嫌な話というのはたくさんあり、ここでわざわざ書く必要もないのであまり書いてきませんでしたが、接客業である以上、まあいろいろあるわけです。

考えてみれば小生はほぼ接客業ばかりしながら生きてきており、本屋のときは本屋の大変さが、文房具屋では文房具屋の苦労が、また同じ文房具屋でも会社が違えばその質も大きく異なり、同じ会社でも支店が違えばまた違ったものに…と本当にいろんなあれこれがあるわけです。

もし、このブログを読んで文房具屋の接客に楽しいイメージばかりを受け取られたらそれはちょっと違うと思いますし、小生の接客を理想的なものととらえられるのもまた大間違いであります。
文房具屋の店頭というのはいいことも悪いこともいろいろありながら基本的にばたばたしており、そしてごくひかえめに申し上げても小生はかなり片寄ったモイキな店員だったと思っています。

文房具屋でのあれこれはまたあらためて書きますが、替芯の接客を通じて小生が用心していたのは、お客さんの目的のようなものでした。
商品に欠陥があってのクレームは別として、なんだかよく分からない言いがかりのようなものを付けて来られることがときどきあり、そのたびに小生が注意深く観察したのは「その人は本当に文房具が好きかどうか」ということでした。

文房具が好きであるがゆえにカッカしているのか、単に店員を困らせたいだけなのか。
それは文房具への態度を見ればなんとなく分かります。
文房具好きはそんなことをしないというような行動(例えば売り物を乱暴に扱う等)をとられると、やはりそれなりの対応にならざるを得ませんでした。
文房具と本当に文房具の好きなお客さんたちを守るために。

いろんなことがありました。
いいことも悪いことも。
失敗もいくつもいくつもありました。

それでも替芯が面倒くさいと思ったことはただの一度もありません。
簡単な替芯も難しい替芯も、安い替芯も高い替芯も、ただただ楽しかったです。

最初に働いた文房具屋でも最近まで働いていた文房具屋でもついに実現しなかったことの一つに、名札にそのスタッフの担当ジャンルを書くという案がありました。
本屋のときはジャンルがはっきり分かれていたので「文芸・鈴木」とか「芸術・佐藤」とかいう名札が普通だったのですが、文房具屋ではジャンル分けが曖昧で名札は名札でしかありません。
そこで、お客さんから気軽に声をかけていただけるようにとしばしば「名札へのジャンル表記」が提案されたのです。

小生は同僚たちから筆記具全般に詳しいと思われていたようで、「ねこまちさんは筆記具担当」と言われたこともありましたが、小生が胸に欲しかったのはただ一つ「替芯担当」という勲章だったと思います。
まあ言うほど詳しくないんですけど、それを言うなら本屋の店員だって完璧じゃないなりに棚を管理しているわけですから。

余談ですが、実は小生が本当に妄想していた名札はすばりレーダーチャート付き名札でした。
単に何の担当というよりも、何が何よりも得意か、何がまだ不得意で勉強中かが分かったほうが楽しいかなと思って。
筆記具、ノート、ファイル、OA用品、店舗用品…みたいに項目をあげていき、その習熟度で多角形を作っていくあのレーダーチャート。

「(お、このスタッフはファイルが突出しとるな…)ナカバヤシのファイルで@@なんある?」みたいに問い合わせの前からお客さんに期待させることができるし、レーダーチャートの多角形の面積が大きければ大きいほど何にでも答えられるスタッフであるというのが視覚的にも分かりやすいですよね。

もちろん却下されましたが…(´_ゝ`)
[PR]
by mukei_font | 2012-04-23 00:47 | 替芯 | Comments(2)