猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2013年 05月 10日 ( 2 )

みたびPILOTのジュース・補足。

今朝の記事を少々補足いたします。

あれやこれや書いたものの、あれではジュースがちょっとかわいそう。
ひどい!ノック式ゲルなら誰でもよかったのね!と雨の中傘もささずに駆け出してしまいそうなので、そうじゃないよということを少しだけ。

最近懇ろにしているジュースは0.38の黒なのですが、気に入っている点は3つ。

1.ノック式であること
2.水性顔料インク
3.0.38のボール径

1については今朝書いたとおりで、2については以前書いたとおり。

でももしこれだけの条件なら、前回挙げたノック式ゲルたちが怒り出しそうなもの。
ここで前回登場のノック式ゲルたちを復習。

サクラ・ボールサインNX
ZEBRA・サラサ
PILOT・Gノック
ぺんてる・テクニカノック
ぺんてる・エナージェル
ぺんてる・ハイパーG
三菱・シグノRT
三菱・シグノ207

これらの中で1、2の条件で脱落するのはPILOTのGノックとぺんてるのエナージェル。
この人たちは水性染料インク。
もちろん水性染料だからこそいいところもいっぱいあるのですが、今回の条件からははずれてしまいます。

ここで条件3。
0.38のボール径です。

伝家の宝刀であるキャップ式のハイブリッドテクニカ0.4は例外として、実は0.38のボール径が好きな小生。
おそらくこれはキャップ式のシグノ0.38で目覚めたボール径です。

まだぺんてるのハイブリッド(K105)しか使ったことのなかった若かりし小生にとって、それよりもさらに細く、しかもなめらかにクリアに書くことのできるシグノ0.38との出会いは衝撃的なものがありました。

もっとも、のちにはキャップ式シグノの欠点に気づいたり、運命のペンであるハイブリッドテクニカに出会ったりするわけですが、それはともかく0.38というボール径はその後も自分にとってなかなか相性のいい素敵なボール径となったわけです。

で、この0.38を基準に探そうとすると、上記のメンバーの大半が脱落してしまいます。

サクラ・ボールサインNX…ボール径0.4/0.5/0.8
ZEBRA・サラサ…ボール径0.3/0.4/0.5/0.7/1.0
PILOT・Gノック…水性染料インク
ぺんてる・テクニカノック…ボール径0.35/0.5/0.7
ぺんてる・エナージェル…水性染料インク
ぺんてる・ハイパーG…ボール径0.5/0.7
三菱・シグノRT…一度使って挫折、シグノRT1は未経験
三菱・シグノ207…0.38は廃番

まあこんな感じの選考をへて、今はジュースの0.38と仲良くやっているというわけでした。
繰り返しになりますが、ジュースの後はいよいよシグノRT1の0.38に挑戦です。

シグノRTは以前、こんなにガリガリする奴は知らん!とギリギリ歯ぎしりしながら数本使い切ったことがあるのですが、その時と比べてどれくらい素晴らしくなっているか今から使うのがとても楽しみです。
[PR]
by mukei_font | 2013-05-10 17:17 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

みたびPILOTのジュース。

おはようございます。
昨夜はパソコンが起動するのを待てないほど眠かったのでそのまま寝てしまいました。
どうしてこんなにも疲れているのか…

さて、サクサク書いていきます。
おめでたいことに頭の中は常に文房具のことでいっぱいで、書きたいことは無数にあるわけです。

まずは一昨日の寝る直前の箇条書きを振り返ることに。

1.なぜ自分はPILOTのジュースばかり使ってしまうのか
2.テープのりは便利だが高いということをどうしても無視できない
3.「ずっと残そう」と思い始めた時から生じる文房具の縛りについて
4.リングノートのリングを天辺にして使うことのはてしない自由さ(無罫あるいは方眼)
5.ノートのノートたる人生をまっとうさせるノートの使い方について

なんだかどれも長くなりそうな話で、こんな朝っぱらから書き始めて大丈夫かという気になりますが、とりあえず1から。

PILOTのジュースです。
記事にするのは3度目で、どんだけ好きやねんと思うのですが、そんなに好きじゃないのがポイントで、好きじゃないのになぜこんなに使ってしまうのかという懊悩が日に日に大きくなり、寝る前の箇条書きに至った次第。

これまでの記事。
PILOT・ジュース。
PILOT・ジュース使用感。

いやもう本当にジュースに手が伸びる。
新商品に手を出しても申し訳程度にしかインクが減らないのが普通なのに、インクもズガンズガン減っていく。
なぜ。
なぜなんだ自分。

書き心地はけっしてよくなくて、手が伸びる原因は「ノック式であること」。
ただこれにつきる。
この便利さにつきる。

そう思っていたのですが、さらに考えてみました。
まずこれまでに自分が使ってきたノック式ゲルを振り返ります。

サクラのボールサインNX
ZEBRAのサラサ
PILOTのGノック
ぺんてるのテクニカノック、エナージェル、ハイパーG
三菱のシグノRT、シグノ207

これらはそれぞれ個性があるものの、キャップ式に比べてペン先がグラグラしたり、書き心地がガリガリするという要因によって退けられてきたのですが、ここで大事なことに気づくわけです。

これらを退けてもよかったのはなぜか。

これまでは自分自身の中で、「ノック式のゲルはダメ、ゲルを使いたきゃキャップ式」というルールがありました。
が、そのルールの成立を許していたものはいったい何なのでしょうか。

それは新油性のノック式ボールペンの存在です。
すなわち三菱のジェットストリーム、PILOTのアクロボール、ぺんてるのビクーニャ、ZEBRAのスラリ。
これらがあまりにも優秀だったために、わざわざグラグラしたりガリガリしたりするノック式のゲルに手を出さなくてもよかったのです。

厳密な書き心地はさておき、これらの新油性ボールペンのインクは軒並み濃く黒々としています。
なんとなく今までゲルが担ってきた役割を担えそうな予感に満ちています。
加えて油性なのでインクの乾きも速い。

ということで、濃く黒々としかもすばやく書きたい時はノック式の新油性ボールペン。
濃く黒々とゆっくりしっかり書きたい時はキャップ式のゲルインクボールペン。

となったのがこれまでの自分でした。
が、そうはいかなくなったのが、上記箇条書きの3です。

3.「ずっと残そう」と思い始めた時から生じる文房具の縛りについて

そうなんです。
今までも何度もこのブログで取り上げてきたジェットストリームのにじみ抜けに代表される経年劣化の問題です。

このにじみ抜けがアクロボールやビクーニャ、スラリでも起きるのかという実験は継続中なのですが、自分自身にとっては一番書きやすく、お気に入りであるジェットストリームにそういう欠点があると分かった時点で、使い分けの選択肢には残りの新油性ではなく、ノック式のゲルインクが浮上するのはしかたのないことでした。
他の新油性はさんざん試した後だったので。

この使い分けの岐路に立たされたのは仕事の質が変わったことも大きいと思います。
ある程度書いたものが使い捨てにされる接客業は非常にジェットストリームむきでした。
書く瞬間の快適さがすべてで、あとのことは考えなくてもいいのです。

が、事務系の仕事にはジェットストリームは危険です。
どんな感じでにじみ抜けていくのかということが分かっているので、どうしても使用がためらわれます。
が、今さら普通の油性ボールペンで書くのも抵抗があります。
それは書いている最中もそうですし、何より書き上げた文字の美しさが違うので。

そこで再び登場したのがノック式ゲルインクです。
長期保存に向かないジェットストリームに代わって頼れるのはゲルインク。
しかもジェットストリームと同じくらい気軽に使うにはどうしてもノック式がいい。

こういう事情があって、今自分の手はジュースに伸びているのだと思います。
先にジュースのことを「好きじゃないのになぜか使ってしまう」と書いたのはそういうことです。
本当に失礼な発言だなと思うのですが、そういうわけなんです。

これまでノック式のゲルは範疇外だったので、あまり自分の中で研究が進んでいないのもモヤモヤの原因です。
これまであまり使ったことがないから出会いがしらに出会ったジュースを溺愛しているのでは?
そういう不安もあります。

先に列挙したノック式ゲルたちの中には、あきらかに病気だったという人もたくさんいますが、10年前に挫折したZEBRAのサラサなどにもう一度挑戦してみたらまた違った感想を持つのかも、とか、それこそ最近新しくなったシグノRT1を使えばまたあらたな感動があるのかも、とか、今はそういうヒヨコチャン的な立場でうろうろしているのが実情です。

書き心地の快適さならジェットストリーム0.5、ずっと残したいならハイブリッドテクニカ0.4。

もうどう考えても自分の中の答えはこれで決まりなのに、それでもそれを許さない事情があり、その事情があらたな文房具へと小生を駆り立てていく…

とりあえず、ジュースのあとはシグノRT1。
最強のノック式ゲルを探す旅は始まったばかり(疲)。
[PR]
by mukei_font | 2013-05-10 06:51 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)