猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(58)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2013年 11月 21日 ( 1 )

色ペンの誘惑。

ダイアリー用の筆記具にスタイルフィットシグノの赤や青や緑を選んだ話は以前書いた(手帳用筆記具(一人会議続き)。参照)。
今日はこの中の緑色について取り上げてみたい。

前回もちらと書いたが、とにかく小生は色ペンというものを使わない。
赤色さえもろくに使わない。
ほとんどを黒か青かブルーブラックですませてしまう。
まれに手紙にシグノのブラウンブラックやグリーンブラックなどを使うこともあるが、いわゆる鮮やかな色味の色ペンにはとんと縁がない。

そこにきて今回のスタイルフィットシグノの緑である。
緑色のインクのペンを使うのは、おそらく文房具屋で働いていた時以来。
POPやサンプルを作るのに、店頭にサンプルとして出しているボールペンを使わせてもらったことならある。
が、個人的に購入したのはいったいいつまでさかのぼらないといけないだろう。
20年さかのぼっても筆箱には入っていない気がする。

そんな緑色のインクに実はメロメロという話なのだった。
なんですかこのみずみずしくも美しいグリーンの色味は。
書くたびにまじまじと見つめてしまう。

小生は青には少々うるさいものの緑にはまったく暗く、なのでこれがZEBRAのサラサに比べてどうだとか、PILOTのジュースに比べてどうだとかいったことは一切分からない。
が、別に緑色のインクについて詳しくなりたいわけではなく、今とてこのスタイルフィットシグノのリフィルを無事に1本使い切れるかドキドキバクバクしているレベルなので、他のものについてはそっとしておく。
ただ、これまであまりにも縁のなかった鮮やかで明るい色味に馬鹿みたいに見とれているだけなのだ。

不思議なもので、字はいつもの字であるはずなのに、見慣れない色のインクで書いただけで心なしか楽しげに見える。
ダイアリーにおいて緑色は出費担当のカラーで、全然喜ばしくないはずだが、なんだかうるうるして見える。
危険なことに、買い物をしてレシートをもらうと(また緑色が使える)と胸が高鳴ったりする始末。

こんな自分が遠い記憶の中にある「おまじない」を思い出すのにそう時間はかからなかった。
確か緑色のペンで書いた恋文を肌身離さず持っていると両想いになれるとか何とかいった類いのおまじないだった気がする。
「グリーンインク」だったかそんな感じの名前の。

しかし、あのおまじないを知った当時は80年代。
いったいどんな緑色のペンがあったのだろう。
まだHI-TEC-Cもないし、せいぜい油性ボールペンの緑?
自分が実際にこのおまじないを試したのかどうかがどうしても思い出せないのだが(用心深い子どもだったのでやっていない可能性が高い)、もし書いたとして油性ボールペンの緑だろう。
いつぞやあむさんが持っておられた緑色のスーパーSを自分も持っていたから。

それとも、もしかしてこんな感じの色ペン?
甘いにおいがついたりしているこういうファンシーな水性ペンが筆箱に入っていた時代、それこそが80年代。
f0220714_20554529.jpg

などと思っていたら、なんとまだその本を持っているではないか。
これが表紙。
f0220714_20562660.jpg

裏表紙はおまじないの人気ランキングになっていおり、グリーンインクは4位。
f0220714_20565075.jpg

f0220714_20571161.jpg

中を確認してみるとおまじないの内容はだいたい記憶どおり。
が、「グリーンのインクで」とあるだけで、ペンの種類についての言及はなし。
ボールペンで、とも、サインペンで、とも書いていない。

もしかして万年筆のインクということも考えられたりして。
わざわざおまじないのためにそこまでする?と思ったりもするが、今よりもインク瓶が身近にあった時代かもしれず(現にPILOTの30mlのインクのシリーズに以前は緑色もあった)。

でも、肌身離さずということで、本当に肌に密着させるみたいに書いてあるし、万年筆のインクだと大変なことになりそうな予感。
ということで、もし今このおまじないをしてみようという方がおられたら、耐水性ありのゲルインクボールペンの緑(つまりはスタイルフィットシグノの緑)なんかがいいんじゃないかと思います。
[PR]
by mukei_font | 2013-11-21 21:21 | 筆記具・多色、多機能 | Comments(12)