猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
まさかの正解に驚いていま..
by さくらんぼ at 22:13
こんにちは。 うさむし..
by ともこ at 12:22
ネットで調べた感じでは ..
by YAS at 12:18
自分も気になって考えてい..
by YAS at 11:46
◎本命:Signo307..
by GB at 21:38
オート リバティに一票!
by ほあゆう at 15:46
エナージェルインフリ..
by 輪音 at 02:19
ではこの流れで私も初めて..
by たにむら at 23:56
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2013年 12月 10日 ( 1 )

とあるボールペンの最期。

ダイアリー用の筆記具を作るため、プレフィールに入れていた油性ボールペンのリフィルK-0.7に暇を出した話は以前書いた。

が、暇を出す前に本当はすぐにでも入れたい軸があった。
PILOTのダウンフォース
結論を先に述べるとK-0.7は入らないのだが。

コメント欄や本文記事で何度か書いたと思うが、ZEBRAの芯径はPILOTのそれよりも細い。
本来はグッと入るはずのダウンフォースの中がすかすかしてしまい、全然刺さらない。

ZEBRAのK-0.7は芯の長さやバネ止めの位置がPILOTのBSRFや三菱のS-7Lと同じであり、一見互換性が高くときめくが、機嫌良く使い回せるのはPILOTのノック式スーパーグリップのように前にバネがあるボールペンのみで、ダウンフォースや多色ボールペンのような突き刺し系には弱い。
残念なことだ。

なぜダウンフォースにこだわるかといえば、いつのまにかひっそりと中の芯がお亡くなりになっていたからだ。
さして古くない芯(2011年4月)があろうことか加圧式ボールペンの中で死亡。
以前、中に空気が入ったと思しき不調な芯をダウンフォースの中に入れて使ったことがあり、自分の中では加圧式ボールペンというのはちょっとしたホスピタル的存在だった(ダウンフォースは救世主になれるか。参照)。
にもかかわらず、これはかなりショックな話。

まあ書けなくなった芯を入れていてもしょうがないので、ちょうど入る芯を探していたのだ。
ここにK-0.7が入ればよかったのだが…
次なる候補は三菱のS-7LかぺんてるのBKS7Hか。
どちらも使いさしがあり、どっちでもいいやと入れてノックしてみると…おや、ノックで芯が戻らない。

おかしいなとペン先を見つめてみると…なんと口金部分が破損。
なるほど。
PILOTの芯だとこの傷こみでノックできるが、三菱やぺんてるの芯だとこの傷のせいで芯が戻らない。
微妙な芯の太さの違いがここにもあるのだろう。
f0220714_224478.jpg

ちなみに傷ついていない部分はこんな感じ。
f0220714_225596.jpg

しかしいつこんなに強く落としたんだろう。
ユーザーはほぼ自分なのだから、間違いなくどこかでカツン!とやったのだ。
芯の死亡はインクがどうこうなったわけじゃなく、物理的に傷がついたためだった。

「ノックしても芯が出ない」とお客さんがボールペンを持って来られる時、ついノックの機構に問題があるのではないかと思ってしまうが、よく見ると口金が傷ついて芯の出てくる丸い部分がいびつな形になっている場合が多い。

「落とされたのではないですか?」と聞いてみても「落としてない!」と言い張る人もいるが、まあ気づかぬうちに落としたか、落としてはいなくてもそれらしき衝撃が加わったかしたのは確かだ。
あるいはご本人ではなく、こっそり拝借した誰かが落とした可能性もある。

加圧式というすぐれた性能を持ちながら、その性能を十分に発揮する間もなく「落下による衝撃」という初歩的なミスで天に召されたわがダウンフォース。
もうどうしようもないが、捨てるにはしのびなく、ひっそりとペン立てに立ち続ける(あ、新しいBKRFを入れればノックできるのか)。
[PR]
by mukei_font | 2013-12-10 22:16 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(0)