猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
キャップ式signo極細..
by ワニワニよ at 19:09
自分はジェットストリーム..
by alchemie0629_a20 at 02:10
こん○○は。今回の大雨大..
by YAS at 14:26
はじめまして。 包装紙..
by noinoi13 at 16:30
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2014年 06月 24日 ( 2 )

替芯ドーナツからHI-TEC-Cを考える。

さて、前回の続きです。
ペン先の強度に適したインク量を替芯の厚み(替芯ドーナツの大きさ)で調整しているのではないか、というところまで考えたのが前回の記事。

そう考えるとどうしても頭をよぎるのはPILOTのHI-TEC-Cのことです。
あのペンほど最後まで使い切れないペンもないと思うので。
もちろんあのペンを使いこなされている方もたくさんおられるとは思いますが、自分自身の苦すぎる体験の数々、文具店員時代にお客さんから聞いた話、このブログのコメント欄でいただいたエピソードなどから判断するに、HI-TEC-Cに苦い思い出のある人は少なくない、ですよね。

要するにもろいところのあるペン先に対してインクが多すぎるんでしょう。
その証拠に「HI-TEC-Cはダメなのに、コレトならいける」という方が多いのもうなずけます。
コレトの芯径の細さ=インクの少なさなら、HI-TEC-Cのペン先のぼろが出る前に使い切れるのです。
まあ個人的には、多色軸のコレトは芯が斜めになる問題(ぺんてる・アイプラス。参照)などもあり、それはそれで単色のHI-TEC-Cとは単純に比べられないと思うのですが。

で、これらの問題をさりげなく解決しようとしたのがHI-TEC-Cマイカなんじゃないかと思います。
いや、解決しようとしてHI-TEC-Cマイカを作ったわけじゃないから、結果的に解決することになるかも、というのがより近いかもしれません。

上記にリンクしたHI-TEC-Cマイカのページを読むと、いろいろいいことが書いてありますが、要はペン先のチップは従来のHI-TEC-Cと同じままインクの量を減らし、クリップをなくしておしゃれな見た目にし、価格を安くしたのがHI-TEC-Cマイカなわけです。

で、替芯ドーナツの流れからきたので当然マイカのドーナツが気になります。
そこでタマミさんに調べてもらいました。
以下はタマミさんのメールからの引用です(一部猫町が加筆)。

********************
まず、マイカとHI-TEC-Cの芯径は同じ(軸の互換性あり)
マイカ0.3のドーナツは、HI-TEC-C0.3のドーナツより厚い。
マイカ0.4のドーナツは、HI-TEC-C0.4のドーナツと同じに見える。
が、マイカ0.4は、HI-TEC-C0.4より最初のインクの位置が1センチ短い。

すると、インクの量は、
HI-TEC-C(0.3と0.4は同じ)>マイカ0.4>マイカ0.3
よって、
経済的(筆記線の長さ)には、HI-TEC-C0.3が一番かもしれません(書けなくなる可能も(笑))。
********************

なるほどなるほど。
マイカは「インクの量を少なくして、見た目を変えて、安くして」というのは実際にメーカーさんから聞いていましたが、そのインクの量の減らし方にはやはりドーナツが一部関係していたのですね。

ちなみに昨日三宮に行く用事があったので、HI-TEC-Cとマイカを比べてきたのですが、マイカのおしゃれな外見のせいでインク量が非常に比べにくくなっておりました。
まず全体的にマイカが長くなっているので目の錯覚がするのと、ペン先の位置を合わせて並べても、マイカのカラフルで不透明な軸は中のインクがほとんど見えないのです。

もちろんインク量を比べさせないため、なんてチンケな理由でリニューアルされたわけではないことは分かっていますが、うまくできているなあと唸ってしまいました。

ここでさらにHI-TEC-Cマイカを実際に使ってみて、初めて最後までペンが使えたよ!となれば、替芯ドーナツ効果ばんざーい…なんですが、たぶん小生はやらないと思います。
羹に懲りてなますを吹く、ということわざがありますが、もうあのペン先には心折れるほど何度も懲りておりますゆえ…

ということで、HI-TEC-C0.3あたりで苦々しい体験をした方で、マイカならいけたぜ!という方がおられたらまた教えてくださいね。
PILOTもそこまで計算してドーナツを調整していたらおもしろいのですが。
過去の亡骸(途中で書けなくなったHI-TEC-C)を徹底的に分析すれば完璧なドーナツができると思うのですが、どうなんでしょうね。
[PR]
by mukei_font | 2014-06-24 23:27 | 替芯 | Comments(8)

替芯ドーナツ。

先日より替芯の断面(以下「替芯ドーナツ」と呼ぶことにする)に夢中の猫町です。
今までなんでじっくり観察しなかったんだろう…
あれこれ考え始めるとなかなか楽しいですよね。

さて、先日の記事を読んだタマミさんから興味深いメールが(タマミさんについては過去の筆箱拝見記事をご覧ください。埼玉のクールな熱血漢です)。
なんとお手持ちの替芯ドーナツの写真を送って来てくださいました。
ありがとうございます。

その写真がこちら。
f0220714_20132111.jpg

1段目(以下すべて左から)シグノRT1 0.28、0.38、0.5
2段目シグノRT 0.38、0.5/シグノノック0.7、1.0
3段目キャップ式シグノ極細(芯が短いほう)0.28、0.38、0.5/ノーマル(芯が長いほう)0.5、0.7、1.0
4段目サラサ0.3、0.4、0.5、0.7、1.0

ちなみにこの写真はボール径の大きさでドーナツが縦に揃うように並べてあるとのこと。
細かいお気遣いに感謝。
おかげでとても分かりやすく、知りたいことが一目瞭然。

まずは1段目のシグノRT1の替芯ドーナツですが、0.28のドーナツにびっくり。
これはかなりぶっといドーナツ(=芯の内径の小ささ)。
インク量の少なさが想像できますよね。
でもその分ボール径が小さいわけですから、筆記距離はある程度確保されているはず。

続いて2段目はシグノRT1以前のノック式シグノの替芯ドーナツ。
0.5以上は同じような感じなんですね。
0.7や1.0のインクがずんずん減っていくのも納得。

続いて3段目はキャップ式シグノの替芯ドーナツ。
0.28のドーナツにはシグノRT1同様工夫がこらされているものの、0.38のドーナツは0.5以上のボール径のドーナツと同じ。
これはかなりお得ですよね。
ボール径が極細なのに0.5以上のものとインク量が同じなんですから。

キャップ式シグノの替芯は本体によって長いものと短いものがあり、0.5は両方あるのですが、インク量だけで考えると長い替芯のほうがお得ということになります(UMR-1-05よりUMR-5のほうが長くて安いので)。
が、極細シリーズとそれ以外とではインクが違うと聞いたことがあり、価格の差はおそらくインクの質の差のはず(たぶん)。

そして最後はサラサの替芯ドーナツ。
ははあん。
サラサも結構男前ですよね。
ボール径に関係なくドーナツの大きさは一緒…かと思いきや、タマミさんからメール。
タマミさんによると、「0.3と0.4は3ミリで、それ以外は4ミリでした」とのこと(ドーナツの中の輪のサイズ)。
タマミさん細かいところまでありがとう!

さて、さらにタマミさんからはPILOTのHI-TEC-Cのドーナツについての報告も。
何といってもタマミさんはHI-TECマスターですから。

タマミさんによると、ドーナツは「0.25だけ厚みがあり、ほかは同じ」とのこと。
キャップ式シグノ方式かあ。
これも0.3がお得な感じになっているんですね。

というか!
そんなにいっぱいインクが入っているから使い切る前にペン先がダメになるのでは?

と、タマミさんのメールを見ると、「インクの量とニードルの強度のバランスが悪いのも、人をイラつかせてしまう一因?」と小生の思いと同じことが書いてある…
HI-TECマスターが言うからきっとそうだ…

うむ。
そう考えると、替芯ドーナツは単にインクが多い少ない、得だ損だの問題ではないということですよね。

もちろん筆記距離から逆算してドーナツの大きさを調整しているということはあると思うのですが、それと同時に、その筆記距離にペン先が耐えられるかどうかということも真剣に検討しているはずだと思うのです。
シグノにしてもHI-TEC-Cにしても、超極細の0.28や0.25だけドーナツが分厚くなっているのは、それだけ超極細のチップに負担がかかるからではないかと考えられそうです。

やはりユーザーはペンを最後まで使いたいわけですから、インクがまだ残っているのにペン先が先に力尽きては「なんだこのペン!まだこんなにインクがあるのに!」となってしまいます。
そのあたりをうまくドーナツで調整しているということもあるのではないかと思います。

と、ここからが長くなってしまったので、いったん記事を終えます(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2014-06-24 21:49 | 替芯 | Comments(2)