猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
まさかの正解に驚いていま..
by さくらんぼ at 22:13
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


2015年 05月 23日 ( 1 )

セーラー・G-FREE使用感。

というわけで、セーラーのG-FREEを使ってみました。

使用頻度はまだ多くを語れるほどではありません。
葉書を1枚と手紙を1通書いたくらいです。

手紙はB5の便箋に2枚、葉書は裏表を小さめの字でびっしりといった感じですが、まあ今回は最初の使用感ということにさせてください。

最初に書いたのは葉書でしたが、ちょっと落ち着かない書き心地だなと思いました。
が、それが葉書の厚みによるのものなのか、G-FREEによるものなのか判然としません。

前回も書きましたが、G-FREEの売りである筆圧アジャスターは、ちょっと試しただけで(これは…)な感じだったので、G-FREEには申し訳ありませんが、いきなりその性能をもっとも感じなくてもすむような硬さに固定してしまいました。

それでは書き心地の落ち着かなさは「低摩擦G-FREEインク」によるものなのか?
ということで、今度は普通の便箋にソフト下敷を敷いた形で試してみることにしました。
これが先ほど述べたB5の手紙です。

その結果分かったことがいくつかあります。
まず、筆圧アジャスターよりも何よりもグリップにかなり慣れる必要がありました。
これは葉書をもそもそと小さな字で埋めている時にはあまり気づきませんでしたが、罫線に沿って普通の大きさの字を書いているとはっきりと分かりました。
f0220714_1727328.jpg

G-FREEのグリップは、あらかじめ「ここを持とう」的な溝が設けてあるグリップなのですが、それがBADな持ち方をする自分にはなかなか窮屈でした。
持ち変えるたびにずれて(あ、すんません)みたいな感じを数回繰り返し…

だあああ!
もっと普通の軸で書きたいぞ!

ということで、便箋1枚を書いたところで同じセーラーのフェアライン2にG-FREEの芯を入れて使うことにしました。
f0220714_17272810.jpg

このフェアライン2は何を隠そう猫町のお気に入りで、普通の油性ボールペンの2色軸としては自分の中でもっとも評価の高いボールペンです。

余計なことをしていない軸はギリギリの太さでラバーグリップも最小限。
おまけに中の芯がとても優秀。
セーラーの油性ボールペンのインクは濃くて安定感があり、実はとてもいいのです。

が、持ち慣れているはずの軸なのになんだか書きづらいような…
これはもしやG-FREEインクがすべりすぎているのかも?
自分の中で何とか折り合いをつけようと、持ち方を変えながらなんとか2枚目を書き上げたのですが…

だあああ!
もう普通の油性芯に替えていいですか!
いいですよね!

ということで、フェアライン2に元から入っていた芯で3枚目を無事書き上げたという…
結局セーラーの普通の油性芯が一番気持ちよかったという…

しかし!
たったこれだけのことでG-FREEがダメと決めつけるのは性急というもの。

G-FREE軸のグリップの溝は確かに慣れが必要ですが、筆圧アジャスターは特に筆記を妨げるものではありませんでした(最初から邪魔者扱いというのも申し訳ない話ですが)。

おそらく使い慣れない軸と、低粘度油性ボールペンの0.7ミリという苦手なリフィルとの組み合わせが足を引っぱったのでしょう。
というのも、自分はジェットストリームもアクロボールもビクーニャもスラリもサラボも0.7ではなく0.5を使っており、もともと低粘度油性ボールペンの0.7とは相性が悪いからです。

なので、G-FREE軸に最終的な評価を下すには、G-FREE軸に普通の油性芯の0.7を入れてみるか、低粘度の油性芯なら0.5を入れて使ってみなくてはなりません。

また、G-FREEインクを自分の納得のいく形で評価しようと思えば、G-FREE芯の0.5の登場を待ち、それをG-FREE軸および他の軸で試してみるなどしなくてはいけないでしょう。

ということで、本当の使用感はこれからです。
とりあえず、今はG-FREE軸にジェットストリームの多色芯(SXR-80-05)に突起を作って入れています。
やはり芯が0.5になっただけでかなりご機嫌であり、G-FREEもこれからといった感じです。

それから前回言及した字の汚れなさですが、葉書も便箋もまったく汚れませんでした。
自分は筆記具の持ち方が悪く、書いた文字をかなりこすりながら書いていくほうなのですが、字が汚れていくストレスはありませんでした。

が、これはフェアライン2に元から入っている芯で書いても同じだったので、G-FREEインクが素晴らしいというよりも、セーラーの油性インクがもともと素晴らしいということなのかもしれません。

とはいえ、油性ボールペンのボテに関しては、最初は猫をかぶっている場合も大いにあり、これはまだまだ油断ならないと思っています(それにしても久しぶりに使ったのに問題なかったフェアライン2の油性芯は相当優秀)。
[PR]
by mukei_font | 2015-05-23 23:59 | 筆記具・油性ボールペン | Comments(4)