猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:ノート( 162 )

マルマン・ジウリスと緑の差し色。

いいなあ、欲しいなあ、と思いつつ、結局マルマンのスケッチバインダーは買っていません。
しかしルーズリーフを使わなければならない状況は変わらず、猫町は同じマルマンのジウリスを使い始めました。
f0220714_22441938.jpg
大昔にジウリスについて記事にした時はホワイトを購入したと書きましたが、実は黒も持っておりました。
使い始めると、やはり先日「良識ある天使」が言っていたとおり、金属の金具がバン!と開くタイプが使いやすいです。

そんなことよりもこれ…
まだカバー外してないじゃないですか?
何やってるんですかねこまちさん!

と言われそうですが、実は外さないことにしたのです。
理由は一目瞭然。
帯の緑がかっこいいから。
かっこよすぎるから。

これを外してしまうとジウリスじゃない。
ただの黒いバインダーになってしまう。
そんなのは嫌だ。

というわけで、あたかもこれが真のあるべき姿のようにして使っていく所存です。

ちなみに緑というと中のインデックスもかっこいいんですよね。
モノトーンのグラデーションかと思いきや最後に緑。
f0220714_22450231.jpg
もしこのインデックスがヨボヨボになって買い直したくなったらどうすればいいんだろう。
マルマンのルーズリーフバインダーについているインデックスはかっこいいのが多いだけに、インデックスの別売りを!と思ってしまいます(あるのかな?)。

というわけで、一度は「やっぱりノートがナンバーワン」という結論を下した猫町が再びルーズリーフに戻ってきました。

ちなみにジウリスは理科の勉強に使っており、中1、中2、中3の生物、化学、物理、地学のさまざまな問題集を手当たり次第に解くためにはどうしてもノートでは埒が明かなくなりました。

なお、リーフはジウリスのものを使っておりません。
リーフについてはいずれ書きたいと思います。

[PR]
by mukei_font | 2018-03-19 23:59 | ノート | Comments(1)

気になる新商品(でも何に使う?)・その2。

新商品の情報に心躍ったものの、冷静になるとうーむとなってしまったもう一つのアイテムがこちら。

いつぞやは限定商品として発売され、買い逃し、使っている方をネットで見かけるたびにうらやましくてハンケチを噛んでおりました。

が、定番商品になると聞くと、やった、これでいつでも買える、という弾んだ気持ちと、でも何に使うの?という冷静な気持ちがせめぎあい、今は冷静な猫町が勝利してしまいました。

こう見えても(?)トラベラーズノートにはごく初期の頃から触れています。
文具店員時代は店のサンプルを書いていたので。

で、その時に思ったのが、あの革の表紙とリフィルノートを固定する紐をとめている玉が書く時に邪魔だということ。

見た目は確かにかっこいいです。
革の表紙とあの玉こそがトラベラーズノートのアイデンティティといっても過言ではない気がします。

でも書いている時、特に机の上で書いている時は異物感があって邪魔です。
邪魔、なんてちょっと表現がきついでしょうか(漢字のインパクト)。
jamaです。

ちなみに自分がサンプルを書いていた時は書くたびに本体からはずしていました。
皆さんもそうされているのかな?

仮にそうやって使う物だとしても、どうしてもトラベラーズノートじゃないといけない、という理由をまだ見出せていないんですよね。
理性を超える何かに到達していないというか。

でもリフィルは使うし、いいなと思うので、何かきっかけばあれば購入に踏み切ると思うし、その時は絶対にブルーを選ぶと思います。

それにしてもパスポートサイズ、ペンホルダーとたたみかけられると、これはふらふらとなってしまいそうではありますね。
都会の民じゃなくてよかった…

[PR]
by mukei_font | 2018-03-18 23:59 | ノート | Comments(1)

気になる新商品(でも何に使う?)・その1。

以前、「気になる新商品」という記事を3つほど書きまして、そのほとんどを入手いたしました。
気になる、などとオブラートに包んではみたものの買う気満々だったようです。



さて、同時期に記事にしようかと迷いつつ、流れてしまった新商品が2つほどあるので書いておきます。
いずれももう店頭に並んでいると思うのですが。

1つめは、マルマンのスケッチバインダー
マルマンの定番商品である「図案シリーズ」の表紙をモチーフにしたバインダーなのですが、これぞまさしく見た目の力。

絵心がないので肝心の「画用紙リーフ」は使う予定がありませんが、猫町の目には最初から「魅力的なルーズリーフバインダー」としか映っていません。

この素敵な人を小脇に抱えたい…
折しも、ノートもいいけどやっぱりルーズリーフもいるなあ、と思案していたところでした。

無罫のノートは心の港

でもページの順番を入れ替えたい…

無罫のルーズリーフ最高&無敵。
もしかしてこれがファイナルアンサー?

リーフは扇風機の風に飛ばされるし、バインダーはかさばる。
あくまでも「紙を綴じたもの」でしかなく物足りない…

やっぱり無罫のノートの一体感最高。
これが私の生きる道。

でもページの順番を入れ替えたい…

そんなところにこの図案シリーズのルーズリーフバインダーですよ。
これは揺れるでしょ。
というわけで、イオンの店頭に並ぶ素敵バインダーを足しげく眺めに行く日々。

あ、まだある。
いいなあ、欲しいなあ。

そんな夢見る夢子な悪魔にささやく天使あり。

でもこれちょっとしかリーフはさめませんぜ。
それに実際使うとなると金属の金具がバン!と開くほうが好きでおまっしゃろ?

うーむ…
こればっかりは良識ある天使の言うとおりや。
今まさに使いたいなと思っている用途に使うには弱い…よなあ。

いつか使うためのルーズリーフバインダー?
とりあえず持っておきたいルーズリーフバインダー?

なんやねんそれ。
というわけで、いまだにぐずぐずしている猫町です。

なお、マルマンの「図案スケッチブック」に関してはこんな情報も。
田舎の民なので、いつ出会えるかは不明です。


[PR]
by mukei_font | 2018-03-17 23:59 | ノート | Comments(1)

パックノートの誘惑。

春の文具売り場の熱気にやられて、パックノートを買ってしまいました。
といっても買ったのはZEBRAのRougel(ルージェル)を買ったのと同じ日で、つまりあの日は激しく散財したのでした。

さて、パックノートです。

コクヨのキャンパスノートやナカバヤシのロジカルノートなどの5冊組パックノートが文具売り場の一角に山積みされており、それがまた普通の表紙ではなく限定デザインやキャラクターがあしらわれた表紙などで賑やかなことこの上なし。

もう若くはない猫町ですがその華やかな雰囲気を無視できず、つい中学生の気持ちになって手に取っているうちにまんまと買ってしまったというわけです。

が、いざ買うとなるとどのキャラクターを選ぶべきか、ノートの種類はどうするか、罫線の種類はどうするかなどいろいろと悩ましい問題がありました。

結局コクヨのキャンパスノートのA罫とB罫を選びましたが、これ、実際に使い始めるとあっという間に1冊が終わるんですよね。
こんなにかわいい表紙なのに30枚なんて薄すぎるよなあ…

というわけで、頭から湯気が出そうなほど悩んで選んだのがこちら。
f0220714_17030106.jpg
f0220714_17031255.jpg
f0220714_17032267.jpg
先日まで帰って来ていた妹に「ミニオンズのノートもあったけど高かったからやめた」と言ってしまいましたが、実は買っていたという…
迷いすぎて自分が何を買ったのかも覚えていませんでした。

売り場では猫町と同じようにパックノートの表紙を吟味しながら1つ2つ3つ…と胸にかかえていく同じような年代の人がわらわら。
きっと我が子に買っているのだろうし、猫町もそう見られているのだろうなと思いました。

[PR]
by mukei_font | 2018-03-07 23:59 | ノート | Comments(1)

5冊組大学ノートの季節。

今回はTSUTAYAでもイオンでも見た文房具について。
どちらの店頭でも5冊組の大学ノートが山積みでした。

その大半はキャンパスノート。
イオンではロジカルノートも多数ありました。

いつもとは違う色や柄といったレベルのものから人気のキャラクターものまで、これでもかというくらい積み上がっています。
横罫のノートなど今持っているものを使うのがやっとなので買い足すことなどまずありえませんが、ミッフィーが表紙のロジカルノートがかわいかった…

あと、ミニオンズが表紙のキャンパスも…
ミニオンズは話は全然知らないのですが、青に黄色の色合いがかわいいのでときどき欲しくなるアイテムがあるのです。
これがせめて中紙50枚の無罫ノートなら絶対に買うのに…

しかし限定柄などは売れるに決まっているベタな工夫なのに、中紙が相変わらずの横罫なんて芸がなさすぎます。
これまで使ったことのないノートを使うきっかけになるエサ的な役割を果たしてもおもしろいと思うのですがどうでしょう。

表紙がかわいい!欲しい!→え…横罫じゃないの?方眼?無罫?でもかわいいしどうしても欲しいから使ってみよう→方眼や横罫も楽しい☆
みたいな流れになるのが理想ではないかと思うし、実際方眼や無罫のほうが向いている科目もあるのになと思ったりします。

[PR]
by mukei_font | 2018-02-08 23:59 | ノート | Comments(0)

キングオブノートのあらら。

どんな文房具にもどこかしら残念な点があり、これまでもジェットストリームやフリクションなどの売れっ子についてもあれこれ書いてきましたが、猫町がキングオブノートだと思っているダイソーの無線綴じの無罫ノート(B5サイズ・60枚)も完璧というわけではありません。

といっても事故のようなもので、100均文具だからクオリティが云々という話ではありません。
「あらら」と思う程度のことです。
猫町が遭遇した「あらら」はノートの1ページ目が表紙から外れそうになっていたというもの(数ページですが)。
製本の際のミスでしょうか。
糊がちゃんとついていなかった的な?

これはマスキングテープで修理しました。
表紙と1ページ目、2ページ目と3ページ目の間、4ページ目と5ページ目の間をそれぞれ補修。
それ以外のページは無事です。
f0220714_21520858.jpg
また別の「あらら」は今度はノートの1ページ目が表紙にくっつきすぎて真っ直ぐにページが開けなかったというもの。
本当はノートののどの部分がきれいに開き、小口と平行になってほしいのですが、糊のくっつき具合に合わせて小口に平行になるようにページを折り直す必要がありました。

ノートの1ページ目は100均ノート以外のノートでもこのようになる場合がありますよね。
猫町と勉強している中学生の中にはそれを嫌がり、1ページ目を使わない人もいます。
ちなみに猫町は気にせずに使う派です。

いずれにしても大騒ぎするほどのことでもないのですが、100均文具って品質的に何か落とし穴があるのでは?と思われる方がいるかもしれないと思い、書いてみました。
ちなみに遭遇率はページ外れ、糊のくっつきすぎ、ともに5%です(猫町調べ)。


[PR]
by mukei_font | 2018-02-01 23:59 | ノート | Comments(0)

雑記帳以上日記帳未満ノートにダイアリー機能追加。

ネットプリントで配布されていたDOS-KOI magazineさん(@doskoi_magazine)の素敵なカレンダーを利用して、雑記帳以上日記帳未満ノートをダイアリー風にしてみました。

雑記帳は何を書いても時系列ごとに並んでいくのが楽しいのですが、それなら月ごとにカレンダーが挿入されていてもいいだろうと思ったのです。
まず1月。
f0220714_22343597.jpg

このノートは右側のみを使うことが決定しているので、カレンダーは左に、あとは夢日記のメモのようなふわふわしたこと、一瞬だけ計算用紙として使う時も左側を使うようにします。
A5サイズで同じくらいのボリュームの無罫ノートはあと2冊あり、今年はこの3冊を楽しめるのではないかと思っています。

ちなみにノートにカレンダーを貼るだけでダイアリー風にはなるのですが、毎日ページを埋めなくてもいい自由さや、逆に1日に何ページ使ってもいい自由さもあって、やはりダイアリーとは違うなと思います。

やるべきことや、やったこと、起こったことなどのぱきっとした記録はEDiTにまかせ、こちらのノートにはEDiTからも3年日記からもこぼれ落ちてしまうようなふわふわとしたことを書いていくつもりです。



[PR]
by mukei_font | 2018-01-19 23:59 | ノート | Comments(2)

雑記帳以上日記帳未満ノート。

3冊目の英語日記用下書きノートが終わり、4冊目になるタイミングで1冊のノートを作りました。
雑記帳以上日記帳未満ノートです。
f0220714_20274484.jpg
中身は英語日記の下書きを中心に、ちょっとしたメモ(EDiTに転記するもの含む)、計算、夢日記の断片、出す宛のない手紙、そんな輪郭のないぼんやりしたものをそのまま写し取れるようなノートになればと思っています。

これまでも英語日記の下書きノートにはこうした側面があり、捨ててもいいノートのはずなのにかえっておもしろく、テーマ別に作ったノートよりもずいぶん生き生きとしたノートになりました。

なのであえて高級ノートを選びました。
来るかどうかも分からない「いつか」のためにとっておくよりはお互いのためになるような気もして。

ハイクオリティなノートを下書き用に使うという贅沢をすることで、ペンも紙も味わいつくしてみます。
そして自分がこれまでタブーとしていたものをいろいろと打ち破っていこうと思います。

新たなものを追求するのではなく、あるものを目一杯楽しむことに人生を捧げたい。
昨年あたりからそんな心持ちになっています。
f0220714_20275320.jpg



[PR]
by mukei_font | 2018-01-18 23:59 | ノート | Comments(2)

無罫派の矜持と享楽。

今さら言うまでもなく無罫好きの猫町ですが、最近数学の放物線のグラフを書いていて、やっぱり無罫最高と思いました。

最初は放物線のグラフが上手く書けたことがうれしくてノートの写真を撮ったりしていたのですが、ちょうどその日にブログの読者である松さんが店に遊びに来てくださり、ノートをはさんで雑談をする中で、無罫の素晴らしさにあらためて気づいたのです。

落ち着いて見ると全然上手くもなんともないのですが、こちらが猫町の数学のノート。
f0220714_14575245.jpg


f0220714_14581022.jpg


f0220714_14583020.jpg

俺/私のほうがもっときれいに書けるよ、というコメントもごもっとも。
漫画を描いておられる方などはきっともっとつるりとした線が書けるのでしょう。

そういう話がしたいのではなく、松さんに指摘されて初めて気づいたのは直線も定規を使っていないことについてでした。
全然気づきませんでした。
フリーハンドで書くのが当たり前だと思っていたので。

方眼派の松さんはお嬢さんと数学の勉強をする時に方眼のノートが便利だったとおっしゃっていました。
なるほど、グラフなどはきれいに書けそうですよね。
横罫にドットが入ったノートも同じようにきれいに書けそうです。

が、そういうノートだとフリーハンドでグラフを書きたくなくなるのではないでしょうか。
定規さえあてればいくらでもきれいなグラフが書けると分かっていて、あえてフリーハンドのよたよたしたグラフを書きたいでしょうか。

いくら直線に自信があっても罫線と同じくらいまっすぐな線を引き続けることは難しく、どうしても横罫や方眼といった「正解」からずれていきますよね。
自分が横罫や方眼(とくに方眼)が苦手な理由がこれです。

正解をそっと突きつけてほしくないのです。
字も図もまあまあ上手く書けていると思いたいのです。
勘違いして自分の狭い世界の中でいい気持ちになりたいのです。

そんなわけで無罫派の自分は図や表を書くときに定規を使いません。
例外的にノートの端に引く線(ページ数や問題番号を書くことにしている)は定規を使いますが。
これが無罫派のなけなしの矜持であり、何よりの享楽であると思っています。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-28 23:59 | ノート | Comments(6)

捨てられないノートなのに。

英語日記の下書きノートは現在3代目ですが、英語日記の下書きノートというのは時の雑記帳を兼ねています。

雑記帳というのは例えば計算用紙や、ネットで見たレシピを一瞬だけ書き留めておくためのメモに使うという意味ですが、あくまでも雑記帳なのでこれらはいずれ捨てられる運命にあります。

が、どうも3冊目の今のノートは違った色合いを帯びてきてしまいました。

最初は英語日記の下書きを万年筆で楽しんだりしていたのですが、猫が旅立ってからはうまく言葉にならない思いの断片や夢日記のメモ帳になり、最近はそれらと英語日記の下書きが入り乱れ、混沌としてきたのです。

それは同時に何やら愛おしく、これはたぶん捨てられないなという雰囲気になってきました。
書いてある内容も文字もあまりにも輪郭がなく、しかしそれは自分にはとても珍しいことなので。

自分は長く文具店でノートのサンプルを書いてきたこともあり、誰に読まれるわけでもないのに常に整然としたものを書いてしまう癖があります。
下手なりにも丁寧に文字を並べ、話にちゃんとオチをつけ…

しかしそんなことにとても気の回らない日々の記録が残ったこのノートは、雑記帳なのに特別なノートになってしまった気がします。

こんな貴重なノートになるのなら、LIFEやミドリのノートを使っておくんだったと思っても後の祭り。
捨てられないノートなのに、よりによってダイソーのリングノート。
f0220714_2331738.jpg

以前こんな記事も書きましたが、これぞ100均クオリティというノートなのです。

100均ノートの書き味~キリ篇~

もしかして100均文具好きの猫町を思ってのタイミングだったのでしょうか。
もしもこれがLIFEのノートなら思いの断片を書くのも躊躇したのでしょうか。

そういえば猫の遺影を飾るフォトフレームを探しに行った時もそうでした。

最高のフォトフレームを選ぼうと、金額など気にせずとんでもなく素敵なフォトフレームを選ぼうと思ったのに、セリアで素敵な色のフォトフレームを見つけてしまい、それに入れるとまたとてもうちの猫に似合ってしまい…

大好きで大切でたまらないのに100円のフォトフレームなのか…とまた泣けましたが、それら含めて二人の世界観というか、これでよかったのかもなと思ったりするのでした。

今日はハナヲが旅立ってから最初の月命日。
まだまだこのノートにはお世話になることでしょう。
弱気な心を受けとめてくれる100均ノートと鉛筆です。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-07 23:59 | ノート | Comments(0)