人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(119)
(77)
(41)
(33)
(14)
(13)
(9)
(9)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
私も、替芯がらみでこちら..
by あむ at 16:47
お久しぶりです、あむです..
by あむ at 16:19
オオギリンピックふせん、..
by 日本海沿いのSです at 14:25
いいですね。ちょっとした..
by MIYAZAWA at 00:30
すみません、何故か3回も..
by さやえんどう at 00:07
こんばんは。 受験時代..
by さやえんどう at 00:04
猫町さんが無地の紙から作..
by alchemie0629_a20 at 16:35
イオンでコクヨのエラベル..
by alchemie0629_a20 at 19:49
初コメ失礼します。 猫..
by パペ at 02:40
安っぽいボールペンは備品..
by まこ at 07:46
猫町さんご無沙汰です。 ..
by cheery_box at 09:02
 猫町さん、こんにちは。..
by pitasumin at 18:47
「みてない」に思わず声に..
by まお at 23:31
本来なら値引きされた金額..
by alchemie0629_a20 at 11:25
お久しぶりです。 まだ..
by 松 at 13:38
 猫町さん、こんばんは。..
by piyas at 22:00
どうも、通りすがりのボー..
by S6061_K at 20:52
よく考えたらシグノRTの..
by パソ活 at 14:06
参考にしてくださりありが..
by パソ活 at 20:24
デルガードで頻繁にノック..
by ななし at 15:12
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:インク( 29 )

PILOT・色彩雫ミニ3色セット。

部屋を片付けなきゃなあ…

え、片付けたのでは?と言われそうですが、片付けたのは勉強部屋でして、本丸である自室は30世紀になっても片付かないんじゃないかというくらいのカオスなのです。

でもまだ寒いし、しばらくこうした時間が続くだろうからいつものようにブログを書くことにします。
いつも通りに過ごすのが一番のはず。

ということで、のんきにいただきもののご紹介などしていきましょう。
まずは先月のホワイトデーに古い友人にもらったものから。

古い友人、といっても学生時代の友人ではなく書店員時代の同僚なのですが、自分が書店員をしていたのはなんと20年前だと気づいてしまったのです。
20年て…

さて、その友人から届いたのがこちら。
PILOT・色彩雫ミニ3色セット。_f0220714_20040974.jpg
わお。
これは伊東屋の包装紙ではないか。

キャメラ、キャメラ…
ということで、包装紙を開ける前にまず記念撮影。

送り状の品名の欄に「万年筆のインク」とあり、この大きさなら中身はもしや…
PILOT・色彩雫ミニ3色セット。_f0220714_20041268.jpg
ハロー。
色彩雫ミニ3色セット。

意外にもこのシリーズは持っておらず、へえ…こんな感じになっていたんだあとしげしげ眺めました。
PILOT・色彩雫ミニ3色セット。_f0220714_20041524.jpg
写真に撮るのがむちゃくちゃ難しかったですが、パカッと開けたところにちょこんと3人並んで立っているのが本当にかわいらしいのです。

普段あまり文房具の話をしないのに、ちゃんと「月夜」が入っているのがうれしい。
今年はEDiTを「月夜」で書いていることもあり、こうしてミニボトルの「月夜」がやってきてくれたのは心強いです。

ざわざわする心をなだめるためにも白色に美しく映える「月夜」で文字をたくさん書いていこうと思います。
素敵なプレゼントをありがとう!

by mukei_font | 2020-04-09 23:59 | インク | Comments(0)

久しぶりの月夜。

毎日憂鬱なニュースばかりで気が滅入りますね。
情報収集はほどほどにして、少しでも楽しいことを考えながら元気を出していきたいところです。

最近の楽しいことはまず万年筆のインクを使い切ったこと。
今年はプラチナの#3776センチュリー〈シャルトル・ブルー〉をEDiTの記入用に使っているのですが、ブルーブラックのカートリッジインクを使い切り、さて次の色をどうしようかと迷いました。

プラチナの純正のブルーブラックの色は好きだし、カートリッジインクの手軽さも魅力です。
しかし鬱々とした日々だからこそ一手間かけてインクを吸い上げてみるのもいいかもしれないという気がしてきました。

何色にしようかなあ…
ブルーブラックの路線で行くとPILOTの色彩雫の「深海」あたり?

迷いましたが、久しぶりに「月夜」にしました。
「月夜」はやや緑がかったブルーブラックなのでクリーム色の紙に書くとその美しさが損なわれてしまいます。

しかし幸いEDiTの中紙は白色…
これは試してみる価値がある…

ということで#3776センチュリー〈シャルトル・ブルー〉に「月夜」を入れて使い始めました。
想像通り白色度高めのEDiTの中紙と「月夜」の相性はいいです。
久しぶりの月夜。_f0220714_01232264.jpg
また、EDiTの紙は薄めなのに万年筆のインクがにじんだり抜けたりしないのもありがたく、手帳に向き合う時間の贅沢度が何割か増した気がします。

もともとごくごく小さな出来事にも幸せを感じてにやにやするタイプですが、今は特にそういうことが大事なのかなと思ったりもするのでした。

by mukei_font | 2020-03-05 23:59 | インク | Comments(0)

万年筆の洗浄とマイブームなインク。

しばらく使っていなかった万年筆を洗いました。
セーラーのプロフェッショナルギアスリムとPILOTのカスタムヘリテイジ912。

どちらも放置していた割には優秀で、特にカスタムヘリテイジ912の気密性は素晴らしく、もうさすがに死亡しているだろうと思って手に取っても何事もなかったかのように普通に書けるなど底なしの実力を感じます。

とはいえ、やはりそんなにたくさんの万年筆を同時には使えないので、自分の手に負える数(だいたい2本)の万年筆をローテーションして使うようにしています。

インクはここにきてPILOTのブルーブラックがマイブームです。
万年筆の洗浄とマイブームなインク。_f0220714_18461013.jpg
今年の春にこの定番インクの良さに目覚めて以来、使えば使うほど落ち着き払った青の魅力に取り憑かれ、今後はもうこのインクだけでいいのではないかと思ったりしています。

また、変に主張しない青だからこそのどの軸にも似合ってしまうようなところがあり、万年筆の魅力を損なわないのも素晴らしいと思っています。

かといってすべての軸にPILOTのブルーブラックを入れてしまうとそれはそれで楽しくないような気がして、やはりセーラーの軸には顔料インクを、他の万年筆にはたとえすぐに飽きてもいつもとは違う色のインクを入れたいなと思ったりするのでした。

それにしてもきれいさっぱり洗われて銀色に輝くペン先は本当に美しいですよね。
贅沢なものを持っているなあとあらためて思います。

by mukei_font | 2019-08-27 23:59 | インク | Comments(2)

「マツコの知らない世界」で「万年筆インクの世界」を見る。

複数の知人から「今度の『マツコの知らない世界』は「万年筆インクの世界」ですよ」と教えられ、録画したものを先日見ました。

万年筆インクの世界に惹かれたきっかけに始まり、PILOTの色彩雫の「月夜」の魅力、香り付きのインクにご当地インク、そして最後はオリジナルインク作り…

楽しく拝見したのですが、今もっとも猫町の心を捉えているのがこのインク。
なんと定番中の定番、PILOTのブルーブラックのインクです。
「マツコの知らない世界」で「万年筆インクの世界」を見る。_f0220714_18461013.jpg
今月からEDiTに記入するのに万年筆を使っているのですが、気品あるブルーブラックは記入する文字が増えても紙面がうるさくならず、色鉛筆のアンダーラインと相性が良いのもうれしい。

何より独特のインクの香りが万年筆を使い始めた頃のことを思い出させてくれるのがとても良いのです。

万年筆は万年筆の軸色とインクの組み合わせがしっくりこないと集中できないのですが、その点このブルーブラックはオールマイティというか、このインクを入れて違和感を感じることのほうが少ないような気がします。

それもこれもPILOTのブルーブラックが生まれて初めて使った万年筆インクだからでしょう。
生まれて最初に見た動くものを親だと思ってトコトコついていく子ガモのように、猫町が一番気負わずに使えるインクなのかもしれません。

実はこのインクは木琴堂のお客さんからのいただきもので、いただいた当初は正直(他のインクも山ほどあるのにこんな定番カラーを使うことがあるだろうか)と戸惑ったものです。
それがどうしてどうして、今の猫町にはブルーブラックの落ち着いた色味がとてもしっくりくるから不思議です。

色で遊びたい時もあれば色の要素をおさえて万年筆そのものを愛でたい時もあります。
今の猫町はきっと後者なのだと思います。

by mukei_font | 2019-05-18 23:59 | インク | Comments(4)

セーラー・蒼墨を購入。

今さらですが、毎日本当にたくさんの方にアクセスしていただきうれしく思っています。

「ブログ村」などに一応登録してはいますが、毎回謎のタイトルの記事を書き続け、にもかかわらず多くの方に興味を持っていただきありがたいというか申し訳ないというか。

ブログなんてもっと気軽なもののはず、とメール感覚でガラケーで記事を書いてみても結局短文にはなっていないし、気楽なブログっていったいどんな風に書くんでしょうね。

「@@買っちった☆」みたいなのでいいはずなんですが…

ということで、セーラーの新しい顔料インクである蒼墨を買いました。
セーラー・蒼墨を購入。_f0220714_00344224.jpg
発売の情報を得てから半年あまり。
ネットショップのショッピングカートに入れてじっと機会をうかがっていましたが、このたび他の日用品を買うタイミングで購入に踏み切りました。

本来ならここで何か字を書いてみせて色味をアピールするべきですが、現在使っているアピカの「紳士なノート」ではインク色が分かりにくいのです。
「紳士なノート」の次は白色度の高い紙色のノートにする予定なので、その時にでも写真を撮ろうかと思っています。

顔料インクというだけですでに百点満点のインクですが、主張しすぎない控えめなブルーブラックは青墨ともSTORiAのNightとも違い、素敵な仲間が加わったぞ、と小躍りしたい気分です。

by mukei_font | 2018-07-26 23:59 | インク | Comments(1)

セーラー・蒼墨。

街頭インタビュー受けたいなあ。
街頭で「今この瞬間欲しいものは?」とかなんとか聞かれないかなあ。

「セーラーの蒼墨」

と答えたいのです。

というわけで、セーラー万年筆から顔料インクの新色が発売になるそうです。
セーラーのHPにはまだ載っていませんが、公式Twitterが発表しています。

いいなあ…
顔料インク、というだけで圧倒的な魅力があるのにしかも暗めの青系なんて最高すぎて…

自分としては青墨にもSTORiAのNightにも十分満足していて、ありがとうありがとうと使うたびに思っているのですが、新色とか…
本当になんて素晴らしいニュースでしょうか…

ちなみにTwitterによると50mlボトルが2000円、12本入りのカートリッジが600円とのこと。

いいじゃないかいいじゃないか買いましょうやこの価格なら。
何をためらうことがあろうか。

しかしいつのまにかカートリッジやインクボトルの箱や瓶のデザインが変わったんですね。
前のデザイン好きだったけどなあ…
あのデザインで「蒼墨」を見てみたかったかも、としばし想像を楽しみました。

さて、ネットで手に入るのはいつになるか。
気長なふりして相当ぎらつきながら待ちたいと思います。

by mukei_font | 2018-03-23 23:59 | インク | Comments(2)

セーラー・STORiA顔料ボトルインク20ml。

STORiAの話の流れでこちらの記事をどうぞ。
どうやらSTORiAが小型化されるようです。

STORiA 万年筆用顔料ボトルインク 20ml セーラー万年筆

公式サイトのプレスリリースはこちら

ちなみにこれまでのインクはこちら。
インク瓶は当然30mlボトルの方が素敵ですよね。
セーラー・STORiA顔料ボトルインク20ml。_f0220714_9232512.jpg

万年筆を使っていると、ほんの少しのインクでも文字が書けることに驚きます。
コンバータの中が空っぽになってもまだ1枚、2枚と葉書の宛名が書けて感動したりするのです。

なので自分はインクが小容量になることについてはいいんじゃないかと思いますね。
使用頻度がそう高くない筆記具ということもありますが。

が、こうしてSTORiAのインクを見ていると、当初のコンセプトであるサーカスはどこに行っちゃったんだ?と思うわけです。
もともと30ml時代のインクからして箱にしか「Night」と書いておらず、本体には「BLUE」とあっさり書いてあるだけだったのですが、それでもインク瓶が素敵だったりサーカスっぽいイラストがあったりしたんですよね。

しかし今回のミニボトルは箱から出すとただのインクのような…
まあ別にいいのですが、サーカスがコンセプトでしたよね、とちょっと思うわけです。

もしかしてネーミングと色のつながりが難しかったのかな。
「Night」が「BLUE」だったり「Spotlight」が「YELLOW」だったりするのはまだいいとして、「Balloon」が「GREEN」だったり「Clown」が「YELLOW GREEN」だったりするのは知らないと全然ピンと来ない組み合わせのような気がします。

そう考えるとPILOTの色彩雫ってすごいシリーズなのかもしれない。
ネーミングの美しさを保ちつつ、同時に色もイメージできるってすごい。
日本語の力ということになるのでしょうか。

何はともあれ顔料インク好きとしては、小瓶になってもサーカスじゃなくなってもいいからずっと廃番にならずに息の長いシリーズになってくれたらと願っています。
by mukei_font | 2016-12-09 23:59 | インク | Comments(0)

セーラー・STORiA・Night。

今回は先日のレターブレイクでデビューしたインクをご紹介します。

セーラーの顔料インクSTORiAのNight。
実はこれと、カールのエンゼル5ロイヤルが自分への誕生日プレゼントでありました。
だいたい三度の飯と同じくらい顔料インクが好きなのに、猫町が買わないなんてありえません。
セーラー・STORiA・Night。_f0220714_9232512.jpg

いやー買ってよかった。
ネットで見た時はかわいい路線か…と思いましたが、実物を見ると箱もかわいくて満足。
セーラー・STORiA・Night。_f0220714_9233969.jpg

これを入手した経緯がちょっとおもしろくて、三菱の展示会の帰りに行ってみようかと思っていた文房具屋の店員さんがたまたま展示会の会場にいたので、まったく知らない人なのにずうずうしく在庫状況をたずねてみたんですよ。
旅の恥はかき捨て。

なにしろ大阪行きは毎回時間的制約が厳しいので、無駄な動きをしたくないわけです。
直前にSTORiAがあちこちで売り切れている、みたいな情報も耳にしていたし、聞いてよかったです。
最後の1個を無事ゲット。

STORiAは箱もかわいいですが、インク瓶もかわいいのです。
くもりガラスのひんやりした感じが素敵。
セーラー・STORiA・Night。_f0220714_9234843.jpg

ずっと眺めていたくなるかわいいイラスト。
セーラー・STORiA・Night。_f0220714_9235986.jpg

そもそもなぜサーカスなんだったっけと上記サイトを見てみると、以下のような文章が。

ブランド名「STORiA(ストーリア)」はイタリア語で「歴史」「物語」を意味し、それぞれのカラーには「幼いころに見た色あざやかで色褪せない思い出」の象徴として“サーカス”をモチーフにしたビジュアルと色名を冠しています。

分かるような分からないような…
サーカスって楽しいよりもせつない印象が強いというか、筋肉少女帯の名曲「サンフランシスコ」の印象なんですけどねえ…(めちゃくちゃかっこいい曲だから知らない人は聴いてみよう)

まあそんなわけで、STORiAですよ。
最初はセーラーのクリアーキャンディ万年筆に入れてみたのですが、猫町の持ち方とは相性が悪く、恐々LAMYのサファリに入れてみました。
セーラー・STORiA・Night。_f0220714_9185842.jpg

この万年筆はPILOTの色彩雫・朝顔しか入れないと決めていた万年筆でしたが(懐かしいこちらの記事参照)、軸色と同じ色が気に入ったのか、顔料インクなのにすんなりと受け入れてくれました。

セーラーの人には「軸もうちの軸を使いなはれ!」としばかれそうですが、しばらくこのまま使ってみようと思っています。
ブログで見たから~と真似したらだめですよ。
どこの馬の骨だか分からん猫町を信じるなんて博打だっせ。
by mukei_font | 2015-10-20 23:59 | インク | Comments(2)

セーラー・STORiA顔料ボトルインク。

友人より素敵な情報あり。

「極黒(きわぐろ)」「青墨(せいぼく)」に続く新しい超微粒子顔料ボトルインク「STORiA(ストーリア)」誕生!

これは欲しい!

そろそろ気づいているのですが、自分は顔料インクが非常に好きです。
ゲルインクボールペンにしても、水性顔料系じゃないと手がのびないというか、たとえそういう過酷な状況にさらされることがないとしても、「耐水性」とか「耐光性」といったものがあるに越したことはないと思ってしまうのです。

ずっと変わらないものなんてこの世にはないのに、なぜかそういうものに惹かれてしまいます。
褪せていくものの味わいも分かるのですが、いつまでも変わらないものもまたあってほしいと思ってしまうのです。

ということで、万年筆の青系インクでは「青墨」をひいきにしているのですが、さてこのSTORiA(ストーリア)の「ナイト」はどんな青色でしょうか。
青好きの友人とも「青が『ナイト』だけなんて」と嘆きあったのですが、とりあえず実物の色見本を見てみたいですね。
案外他の色にも惹かれるかもしれません。

でも、たぶん「ナイト」は色見本関係なく買うと思うなあ。
なんてったって顔料インクですから。

HPを見る限りではパッケージもかわいい感じ。
都会に行く楽しみができました。
by mukei_font | 2015-03-07 23:59 | インク | Comments(0)

PILOT・iroshizuku mini 3色セット。

少し前にTwitterで見かけていましたが、本当に出るんですね、iroshizuku mini<色彩雫>3色セット

以前も限定でminiのセットはありましたが(あれ完売したのかなあ…以前働いていた文房具屋の在庫がふと思い出される…)、今回は好きなボトルを3つ選べるようになっている点が新しい。
これはありがたいですよね(店によってはセット販売のみの場合もあるらしいですが)。

ちなみに以前のセットの内訳を見てみたのですが、結構えぐい…
それに比べると今回のセットのなんと現実的なことか。

しかし、客の立場からすると魅力的なことでも、店の在庫としてはどんな感じになっているんでしょうね。
あまり出ない色というのもあると思いますが…
あらかじめ出そうな色を多めに置いているのかな?
バラバラに1個単位で発注できるといいなと思いつつ…

で、自分ならともちろん考えてみたわけですが、まず絶対にセットじゃないとダメと言われたら迷わずセットB。
朝顔、深海、山葡萄、どれも好きな色。

もし好きな色を3つ選べと言われたら、

深海、朝顔、月夜

もしくは、

深海、朝顔、露草

かなあ。

朝顔と露草と月夜は迷いますが、深海は絶対。
インクが紙に染み込んだ後にすっと体温が下がるようなところが好きで、もう自分はセーラーの青墨とPILOTの深海さえあればいいんじゃないかというくらい気に入っている青です。

ああ。
万年筆とも戯れたいよう。
by mukei_font | 2014-11-20 23:59 | インク | Comments(6)