猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
仕事が仕事なので、ほぼ毎..
by alchemie0629_a20 at 19:15
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文具屋日記( 119 )

目指せ替芯王国。

ビクーニャの替芯が売れた。
以前ビクーニャを買ってくれた人かもしれない。
仕入れておいてよかった。
最初こそ元気のよかったビクーニャだが、最近はすっかり落ち着いてきてしまい、はたして替芯を買いに来る人などいるだろうかとちょっと焦っていたところだった。

「文房具で何が得意?」「替芯です」という簡潔なやりとりにより、今の店に就職して数日で替芯担当になった。
晴れがましいことである。
以来、毎日せっせと替芯を補充し、新しい商品を入れた際はその替芯を発注するようにしている。

正直な話、本当はもっと替芯を充実させたい。
本体を店頭に置いていなくてもしばしば聞かれるOHTOの替芯も置きたい。
せめて4C芯は各社のをそろえておきたい。
キャラクターもののボールペンの替芯と互換性のあるプラチナやセーラーの替芯も置いておきたい。

まあいずれそうするつもりだが、今は地道に実績作り。
プラチナの多機能を導入した際に置いた替芯は順調に売れているようだし、セーラーやプラチナの万年筆を入れたときに一緒に置いたコンバータも少しずつ出ているようだ。
やっとビクーニャの替芯も売れたしあとは…

ユニボールファントム。

替芯どころか本体をまだ一本も売っていないのだが。
頑張れ。
超頑張れ。
[PR]
by mukei_font | 2010-04-07 23:36 | 文具屋日記 | Comments(0)

have a good なんちゃら。

金封についての知識はゼロではない。
マニアックなお祝い事に関するものだと本を見ないと分からないが、友達の結婚式に招待されたときに持って行く金封くらいは分かっているつもりだし、必要な条件をあれこれ聞き出せば適切なものをご案内できると思う。

近々友達の結婚式に招かれている、というお客さんがいたので、新婦側に渡すのか、新郎側に渡すのかをまず聞き、次に中に入れる予定の金額を聞いた。
新婦側に2万円ということで、念のため間柄についても聞いておく。
友達らしい。
売り場は二箇所に分かれており、一方はオーソドックスな金封売り場、もう一方はファンシーな金封売り場。
その二箇所をご案内する。

たったこれだけのことだ。
が、このすべてが英語のやりとりだったらどうだろう。

最初に話しかけられたのは同僚だった。
「Can you speak English?」
「NO」
同僚よ…

横で聞いていたら「envelope」 という単語が聞こえたので、(なんや封筒やんか)と思ってにこやかに案内したのが運の尽き、封筒は封筒でも中にお金を入れる封筒だということが分かり、上記のようなやりとりになったしだい。
相変わらず相手の言っていることはほぼ分かるが、こちらからのメッセージは筆談中心という猫町スタイル。

オーソドックスな金封とファンシーな金封の両方を比べて気に入った方を買ってもらったらそれでよかったが、ファンシーな方はいまひとつお気に召さなかった様子。
オーソドックスな金封の和紙っぽい感じが良かったのかもしれない。
しかしどちらかというと、オーソドックスな金封売り場の方がカオスであり、そのすべてを説明できる英語力は皆無なのだった。

一応、「寿」という漢字を指して、

これは「めでたい」とか「結婚おめでとう」というような意味の漢字である。

という説明を試みてはみたが、金封の色が新郎新婦で違うとか、入れる金額によって金封の幅が変わってくるとか、ましてやふくさ金封の説明など絶対にできないのであった。

結局最初に説明のために何も考えずに私が棚から取り出した金封をお客さんが気に入り、それにします!それが素敵だわ!みたいになったのでそれを販売してしまった。
もっとなごやかに会話を楽しみながら、ゆっくりと選んでいただけたら…

レジでは赤面するくらいに再三感謝され、最後はhave a good time的な言葉を残して笑顔で去って行かれたが、苦いものがほんのり残ったのは言うまでもない。
[PR]
by mukei_font | 2010-04-02 23:58 | 文具屋日記 | Comments(0)

熱弁と散財のループ。

日々の接客で心がけていることがただ一つあるとすれば、それは誠実であるということだ。
これは、最初に就職した書店の社長の「媚びないでいい、誠実であれ」という考え方がいつのまにか血肉となってしまったことによるものだが、最初から私自身の性質と合っていたのだと思う。

とにかくその部分だけはぶれないように接客を行ってきたし、それはこれからも変わらないはずだ。
文房具を売るという一見どうでもいいような仕事ではあるけれど、ただ単に商品を販売するだけではなく、正しい知識を持って帰っていただきたい、そして楽しい文房具生活を送っていただきたいという考えがどうしても私にはある。

というわけで、私の基本的な接客スタイルといえば熱弁である。
そのものが安かろうが高かろうが、とにかく熱弁。
実際に自分が使ったものに関しては特に熱弁するし、未知のものに関してもできるだけ正確な情報を得て、分かる範囲で熱弁。
もちろんお客さんの急ぎ具合や人柄をふまえつつ空気を読みながら。

今日も油性ボールペンとゲルインクボールペンの違いについて、万年筆の価格とペン先について、あるいはテープのりについて熱弁しまくり、それぞれ数十円〜数千円のものを買っていただいた。
なんだか楽しかった、豆知識が身に付いた、今日はこれを買うけれどまた別のものを買いに来たいと思っていただければ。

今の店で働き始めてまだ2ヶ月少々だが、熱弁して接客したお客さんが再来店して声をかけてくださるのがとてもうれしい。
それはいい話ばかりではなく、すすめられたけどあかんかったわ的な残念な話もあるが、無責任な決め付けで接客しない限り、いきなりクレームに発展することはないと信じている。
熱弁に耳を傾けてくださる段階で、お客さん自身もマニアなのかもしれないが。

以前の文具店に比べると圧倒的にあわただしい店だ。
その分、できるだけあらゆることに即答できるよう、貪欲に知識を吸収していきたい。
そしてそのためにはまず自分が使ってみなければ。

というわけでこの週末も散財の予定。
自分のお金が減るだけなのに、もう今からにやにやがとまらないのだ。
[PR]
by mukei_font | 2010-04-01 23:52 | 文具屋日記 | Comments(0)

年度末とSXR-5。

こんなに働いた日もない。

決算!決算!また決算!!
道路工事的キングファイルよこんにちは。
なんて嵩高いんだ君たちは。

レジには今日中にお金を使ってしまいたい人たちの長蛇の列だが、それぞれのレジが大量購入のお客様の複数カゴであふれ、はじけ、ビッグジェンガ状態なので、待つ方もあきらめ顔だ。
というより待っている方も足もとに複数カゴなのだが。

そんな中ちらちら気になってしかたがなかったのが、愛用のジェットストリーム0.5のインク(SXR-5)が今にも切れそうなことだった。
もちろん代わりのボールペンはいくつかエプロンのポケットにさしてある。
替芯はすでに買ってあって、それもいつでも取り出せるところに入れてある。
が、お客さんに伝票を書いてもらっている最中に切れたらどうしよう、領収証を書いている最中に切れたらどうしよう、とほんのりはらはらしてしまうのだった。

プロならばインクが切れそうなところで新しい芯に入れ替えてしまうのかもしれない。
が、替芯を何よりも愛す私にはそんな罰当たりなことはできない。
最後の最後まで使ってあげたい。
最後の最後のインクまで文字にしてあげたい。
特に使うにつれてエンジンがかかってくるSXR-5の最後付近は素晴らしい。
なんで最初からこうじゃないんだ、こんな素敵な君とは別れたくない。
この忙しい中、インクが切れそうだとはらはらしていると見せかけて、実はぞくぞくしながらその瞬間を待っている私はやはり少しフェティシストの気があるのだろうか。

きっと明日の早いうちにSXR-5のインクは切れるだろう。
新しい年度とともに新しい替芯だなんてなんだか幸先いい。
しかも次の芯で7本目なのだ。

その瞬間だけを楽しみに、今夜は床に就こうと思う。
[PR]
by mukei_font | 2010-03-31 23:58 | 文具屋日記 | Comments(2)

セーラー、プラチナ参戦。

文房具のことになると我を忘れてしまう小生。
一介のバイトの身でありながら、以前に万年筆のことで社長に「PILOTしか置いていないのは残念」と熱弁したことがあった。

今から万年筆を使ってみようかな、と思われる方には、本当にいいものを選んでほしい。
できたら同じ価格帯のセーラーのものとも比べてみてほしい(そしてセーラーの素晴らしさに気づいてほしい=セーラー派の私はセーラーを売りたい←本心)。
そうして納得したうえで買っていただきたい。

そんなことを熱弁した。
もちろんさりげなくセーラーの万年筆の素晴らしさについても言及しながら。

ほどなくセーラーの万年筆を置くことになり、なぜか小生が担当者と商談することになった。
どのラインの商品を置くか、それをどの什器に並べるか。
小生としては、自身が愛用しているプロフェッショナルギアスリムがあればいいやくらいに考えていたが、PILOTのカスタムと比べていただくのであれば是非にと担当者に推され、結局プロフィットを置くことになってしまう。

ショーケースの中に万年筆を並べるのなんて不得意中の不得意だ。
が、それでもなんとかPILOT王国の中にセーラーの陣地を確保し、やれやれと思っていたらこんどはプラチナの担当者がいそいそとやって来てしまう。

聞いてないし、言ってない。

茫然としながら商談。
プラチナは「プラチナ万年筆」という会社名ながら今や私の中では「多機能のプラチナ」である。
ダブルアクション(=多機能)だけでええやん…と思うが、万年筆を強く推され、結局#3776シリーズを置くことになってしまう。

またショーケースの中を並べ替えか…と思うとげんなりしてしまうが、どさくさにまぎれてセルロイドの万年筆を一緒に注文し、数本入荷したのはちょっと楽しい。
キンギョはさすがに入荷しなかったが、誰か食いついてくれるといいなあ。

せっかくの商品が死んでしまわないように、精一杯きれいに並べて、頑張って売りたい。
本当はもっと格式のある店がいいのかもしれないが、素敵なものに出会えるのなら場所なんてどこだっていいのではないか。

一つでもそういう出会いに立ち会えればと思う。
[PR]
by mukei_font | 2010-03-18 23:53 | 文具屋日記 | Comments(0)

スタイラスペン。

情けない話だが、まだ店にある商品のすべてを把握していない。
そして恐ろしい話だが、先輩スタッフや社員たちもまた店内のすべてを把握しているわけではなさそうである。
おそらく品出しや発注のほとんどを問屋やメーカーがする関係だろう。
確かに広すぎる店内や、膨大な商品点数、あるいは少ないスタッフの数を思うとしかたがないのかもしれないが、かなり心もとないシステムではある。

というわけで本日のお問い合わせの品はスタイラスペンである。
あの、液晶の画面をちょんちょんとつつくペン。
もしかして単体で売られているのかと思い店内を探すも置いていない模様。
OA事務用品系が本当に苦手なので、実はどこかにあったのかもしれないが、瞬時に私が思い浮かべたのはPILOTのハイテックCコレト専用タッチペンユニット
商品をお探しの方がおそらく孫に頼まれたのであろうご年配の方だったので、コレトの説明に難儀したが、なんとか理解していただき、2色ホルダーにタッチペンユニットとブラックのリフィルをセットし、完了。

コレトは「チョイス系ボールペン」の先駆けであるにもかかわらず、その完成度はかなりのものがある。
何よりもノック部分で芯の色と太さが一目瞭然なのが大きい。
チョイス系なのだから同色の太さ違いを入れる人もいるわけで、この点、三菱のスタイルフィットには軸の透明部分から太さの表記をのぞかせる工夫がなされているが、ノックしながら芯の色や太さを確認するスタイルフィットよりも、ノックする瞬間からそれらが分かっているコレトのほうが圧倒的に使いやすいのは確かだ。

まあ個人的にペン先がどうにも苦手でコレトは一度も使ったことがないのだけれど(あかんやん)。
[PR]
by mukei_font | 2010-03-16 23:07 | 文具屋日記 | Comments(0)

名入れ祭。

デジカメの説明書を昼休みに熟読するつもりが、まったくそれどころではなかった。
貴重な昼休みにもずっと発注書を書いていた。
なんでたった2ヶ月でこんなことになったんだ。
これじゃ前の職場と一緒じゃないか。

先週末あたりから、砂鉄が磁石に引き寄せられるみたいに私のところにばかり名入れの問い合わせが入る。
レジに立っている店員の中で私だけに集中していて、それはもう見事なほどだ。
最初は価格や納期のことでいちいちおろおろしてしまう名入れも、そのうち数をこなせば手早く受付処理できるようになる。
すると初めて名入れを受けたスタッフが私にふり、気づいたら私が受けてしまっているというありさまだ。

主流は三菱の鉛筆だが、今日は無料名入れキャンペーンの始まったシャーボxを2件と、革製のブックカバーへの名入れも受けてしまい、後者はメーカーが名入れを断ってきたので名入れ業者にあたるなど文字通りてんてこまい。
勉強になるが、もしかして勉強になっているのは私だけなのではないか。
そしてまたすべての名入れが私に集中するのではないか。
そう思うとくらくらするが、経験値が上がるのはなかなか楽しいことではある。

実は名入れには以前から私にも並々ならぬ興味がある。
名入れしてほしい筆記具があれこれある。
そしてもちろんそれを使ってみたい。

ただ「nekomachi_fumiwoて誰?」と言われるのが面倒なだけだ。
[PR]
by mukei_font | 2010-03-15 23:55 | 文具屋日記 | Comments(0)

ビクーニャクオリティ。

くだんのビクーニャを売った。
買ったのは女性だった。
それもとても美しい。

女性は見向きもしないかと思いきや、クオリティってちゃんと伝わるんですね。
ちょっとじんとしながらレジ打ちしていると、

「替芯も1本付けてください」

おっと。
そうきましたか。

意表をつかれながらも、まだ新商品として置いたばかりで、替芯を常備するかどうかは分からない旨説明する。
ちょっと残念そうな女性客。

さてはカタギじゃないな。
[PR]
by mukei_font | 2010-03-06 23:49 | 文具屋日記 | Comments(0)

ただいま研修中。

文房具屋で働き始めてもうすぐ2年。
まだたったの2年だが、実はその間に職場を変わっており、今の店は入ってまだ1ヶ月少々。
もちろん名札には研修中の文字。
研修中と名札に書いてあるからなのか、あるいは店そのものに対する期待度が低いからなのか、マニアックな問い合わせがほとんどないのが残念といえば残念。
なんでも答えられるわけじゃないけど、なんでも聞いてほしいなあ。
特に替芯について。
替芯はもっとも好きな文房具の一つだ。
[PR]
by mukei_font | 2010-03-02 23:44 | 文具屋日記 | Comments(0)