猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文具屋日記( 119 )

こんな日もある。

今日はダメな一日だった。
朝っぱらからむちゃくちゃな問い合わせに当たってしまい、そこで一気に消耗した。

問い合わせの内容がすごい。

「A4のクリアブックで差し替え式で25ポケット」

これだけ。

もちろん該当する商品はあれこれある。
あれこれあるが、やりとりというのがまったく成立しない。

「見たら分かる」というので棚を案内するが、棚をちらりと見るや「ない」。
もちろんすべてのメーカーのクリアブックを置いているわけではないので取り寄せを前提としてあれこれ聞き出そうとするのだが、「見たら分かる」の一点張り。
「せめて外見の特徴だけでも…」と食い下がるが、「見たら分かるて言うてるやろ」とどんどん大きな声に。

むちゃくちゃや…

一応A4サイズのクリアブックはどれも30穴であり、メーカーが違っても同じものであること等を説明するが、欲しいものは決まっているらしく、それでなければ意味がない様子。
同じものでそろえたいとかそういうことなのだろうが、それにしても手がかり自体が存在しない状態ではいったいどうしたらいいのか…

今冷静に考えてみると、片っ端からファイルのカタログを広げまくってどれか見てもらったりすればよかったのだと思うし、普段ならそうしていたと思う。
が、取りつく島もないやりとりと、理不尽な大声に正直萎え萎えになってしまっていた。

しかたがないので、それだけの手がかりではこれ以上分からない、申し訳ないと頭を下げたが、気に入らなかったらしく大声を出され、いよいよ途方にくれたが、最後まで会話が成立しないままお客さんは怒って帰ってしまった。

あーあ…
替芯に対する情熱と同じくらいの熱さがファイルに対してあれば結果はもっと違っていたかもしれない…

お客さんが神様だとは思わない。
もし神様だとしたらなんでそんなむちゃくちゃなんですか、なんのためのむちゃくちゃさなんですかと小生なら言ってしまう。

ただ、こちらもプロならそれらしき振る舞いがあったのではないかとあれこれ考えてしまうのだ。
次回はもうちょっと悔いのないように頑張ろう。

あーでもせめてもうちょっと話を聞いてほしかったな…

そんな一日。
[PR]
by mukei_font | 2011-06-02 22:43 | 文具屋日記 | Comments(4)

棚卸し覚え書き(約360日後の自分のために)。

いろいろ書きたいこともあるが、個人的な備忘録として棚卸しについていくつかメモ。
棚卸しが近づいて来たらここを読むんだぞ自分。

・替芯をもっと数えやすく仕込んでおく(ぎりぎりまで箱をばらさない)
・前担当者時代の怪しい替芯を処分する
・忘れ去られている客注品は早めに棚戻し
・棚に貼る付箋をもっと山のように用意しておく

大変だった記憶が鮮明なうちに、化石と化したやばい客注品について明日は考えよう。
注文するときに大騒ぎした人ほど注文品を取りに来ないのはなぜなんだろう。
[PR]
by mukei_font | 2011-05-01 21:38 | 文具屋日記 | Comments(0)

棚卸し終了→泥。

棚卸し無事終了。
昨夜は文字通り泥のように眠っておりました。

で、問題の棚卸しですが、実際に棚卸しをしたのはOA用品ではなくバックヤードのストックや客注品、そして結局替芯…
さんざんイメージトレーニングをして少し早く出勤したのに、行くなり「猫さん、替芯やってくれる?」。

あーせっかくの成長の機会がー
これでまた一年間OA用品苦手なままやー

さて。
小生の黄金週間は来週の3連休のみ。

今日も頑張って行ってきます(暇ちゃうか…)。
[PR]
by mukei_font | 2011-04-30 09:12 | 文具屋日記 | Comments(0)

前夜。

いよいよ明日が棚卸し。
遅刻したら殺されそうなので今日は早めに寝ることにします。

去年は替芯をひたすら数えたが、今年の小生の担当はOA用品。
OA用品なんて小生がもっとも苦手とするジャンル。

だって文房具じゃないもん。
興味ないもんは頭に入らんもん。

文房具のことになるとそれがペンであろうがファイルであろうが相当粘り強く調べ熱弁する小生も、ことOA用品のことになると終始ひらがなでのヨボヨボトーク。

「えっと、はぶ、をお探しですね」
「ぶるーとぅーす用のきーぼーどはこちらです」

明日は浴びるようにOA用品に触れ、少しでも苦手を克服したい。
[PR]
by mukei_font | 2011-04-28 23:35 | 文具屋日記 | Comments(2)

棚卸し近し。

毎日毎日本当にあれこれあって、いったい何から書けばいいのかと茫然としてしまうほどだ。
とりあえず今は棚卸しが近い。

先日からの筆記具什器の整理は特に棚卸しを意識したものではなかったが、結果的にはよかったと思う。
またその延長で、カオスの中のカオス、キングオブカオスと化した筆記具ストックの整理にも着手し、まだほんの一部しか終わっていないし、おそらく棚卸しまでには間に合わないであろうが、長年手つかずの開かずの扉を開けたことは意義があった。

おそらくこれはしかたのないことだが、店の広さや品数の多さ、従業員の少なさなどからどうしてもわが文具店の商品管理はメーカーや問屋が主体になる。
実際に店頭にある商品を案内したり売ったりするのはわれわれスタッフなのに、そういうのとは別次元のところで商品がばかばか大量に入荷し、並べきれずにストックに押し込まれ、その結果ストックが混沌を極めるということの繰り返しに一年あまり目をつぶってきたが、もう我慢できん。

ちゃぶ台は投げられた。

一番ひどい某社のストックに先週本気で取り組み、文字通り血眼になって整理した。
最初のうちこそくじけそうになったが、テトリスやドクターマリオ系のパズルゲームが何より得意の小生。
最後のほうはもう完全に趣味の世界で、少なくとも自分にはよーーーく分かるように並べ替えておいた。

そのうち全部きれいにする。
小生を甘く見るな。

というわけで棚卸しが近い。
棚卸しというのはまあ店にある商品を徹底的に数えまくるという作業で、もやもやした怪しいものはこの際すっきりさせなければならない。

もやもやした怪しいもの。
非常に心当たりが。
要するにバックヤードに隠している「そのうち(=給料が出たら)少しずつ買います」というメモを付けた小生の文房具たち。

…買いました。
確かに給料は入ったが、いきなりの出費は痛い。

でもいいもん。
どのみちいつか買うんだし。

またこれらの文房具についてもぼちぼち紹介していければと思います。
[PR]
by mukei_font | 2011-04-27 01:42 | 文具屋日記 | Comments(2)

(そこそこ)血湧き肉踊る名入れキャンペーン。

誇大広告やった…

今朝予告した「血湧き肉踊る名入れキャンペーン」、実際はそんなに血湧き肉踊らないかもしれないことが本日判明。
でも名入れが好きだから書く。

名入れ大好きなわが文具店でキャンペーン開始。
定価3000円以上の筆記具お買い上げでお名入れ無料。

名入れはレーザー彫刻もしくはUV印刷(軸の材質による)。
定価3000円未満の場合は525円(税込)。

これって結構すごいことです。

まず定価3000円以上というのは合計でもOKなので、例えば500円のペン6本とかでもいい。
500円のペンならだいたいUV印刷になるが、UV印刷はフルカラーでしかもこすってもとれない印刷が可能。

普通この価格帯のペンにこういう名入れをしようと思えば膨大なロットが要求されるのに、ごく少数からできるとかまさに夢のような話。
100円のペンなら30本。
ちょうど30人くらいに配る記念品がペンだけの代金で用意できてしまう。
仮に3000円未満でも525円。安っ。

鉛筆の名入れも相当ご機嫌。
鉛筆の名入れは春先などはキャンペーンをしているところも多いが、「ひらがなのみ」「名前のみ」という制約を設けているところがほとんど。
が、もちろん漢字でも名前以外でもOK。
本数も1ダースからOK。
UV印刷はびっくりするほどきれいに名前が入り、最初からそういう製品みたいに見えるほど。

もちろん高級筆記具にも対応。
高級筆記具の場合、名入れはレーザー彫刻。
印刷もできるが、彫った方が断然かっこいい。

レーザー彫刻の対象となるのは金属塗装軸や木軸、レザー軸など。
樹脂軸でもいけてた感じなので詳細はさらに要確認。

が、冒頭で「実際はそんなに血湧き肉踊らないかも」と書いたように、中にはレーザー彫刻できない軸もあり、完璧なキャンペーンではないのが残念。

これらのキャンペーン、実は少し前からじわじわと始まっており、例えば常連さんなどから注文をいただいたときに名入れをすすめするなどしていた。
当然好反応。
皆さんニコニコです。

出来上がりが素敵すぎて、すでに購入済みの筆記具にも名入れしてほしいというリクエストも(525円かかるけど可能)。
できましたよーと電話すると文字通り飛んで来てくださって、レジでお渡しするのが本当に楽しい。
実際にそれはとてもきれいで、お世辞なんて言う必要がないのだ。
これむちゃくちゃかっこいいですよね、素敵ですよね、とキラキラしてしまう。

昨日はその素敵なペンを自慢されたらしい部下の方がやって来て、自分のもぜひとのこと。
ああ、なんて素晴らしい口コミなんだ…

さらにこのキャンペーン、贈り物に必要なのし紙の印刷も無料。
本当はスタッフが筆耕できたらいいのだがそんな技術もなく、かくなる上はパスコンで。
これもメーカーに依頼すると、時間はかかるしお金はかかるし。
そのあたりにもばっちり配慮です。

そして包装はスタッフにおまかせください。
もう親の敵みたいにムキになって完璧に包装したがる人間(=小生)がおりますので。
単純作業大好き。
びしっと機械みたいな正確さを求められるの大好き。

わが文具店は百貨店みたいに優雅な気持ちで贈り物を選べるような店ではない。
店もがちゃがちゃしているし、店員もがさがさしてわあわあ走り回っている。

でもできるだけのことはして、楽しい気持ちで買い物してほしいと心から思っている。
平凡な贈り物をスペシャルな贈り物にする工夫をたくさんしたいなと思っている。

というわけで、お客さんにすぐに自慢できるように、小生もひとつ万年筆に名入れしようと思ったわけだ。
本当は「F.Nekomachi」と入れたいが、あきらかに名札と違う名前を入れるのもややこしいので、しぶしぶ下の名前だけにしておくつもり。

初めての名入れ。
楽しみ。
[PR]
by mukei_font | 2011-04-22 01:18 | 文具屋日記 | Comments(0)

名入れキャンペーンのお知らせ。

決めた。

万年筆に名入れしよう。
PILOTのステラに。
f0220714_9362373.jpg

今夜は血湧き肉踊る名入れキャンペーンの話を書きます。
[PR]
by mukei_font | 2011-04-21 09:38 | 文具屋日記 | Comments(0)

クレームなんてシャボン玉。

昨日はクレーム関連の記事を書いてしまい、それについてのあたたかいコメントもいただいてしまいましたが、話の主旨は替芯であり、クレームそのものは日常茶飯事、ぜんっぜんまったく気にしておりませんのでご心配なく。

あんなクレームはまだずいぶんましなほうで、もっと不条理な、もっと救いがたい気持ちになるようなこと、たくさんあります。
きっと接客業についておられる人はみなそうですよね。

こちらの話をまったく聞いてくれない人、どう考えてもむちゃくちゃな理屈を押し付けて来る人、勝手に商品を開封して立ち去る人、お金を投げつけて来る人、いろいろ。

でもまあそれだけじゃありませんから。
楽しいこともたくさん。

それにむちゃくちゃなことをするお客さんには「絶対に」文房具の神様は微笑まないと確信しているから。
それだけがすべて。

だってそれって一番怖いことでしょ。
これから生きていく上で文房具の神様にそっぽむかれて、誰が何を成し遂げられるんだって話。

というわけでこれからもクレーム関連の記事を書くと思いますが、話の主旨はきっと文房具ですからどうぞご心配なく。
いつものように楽しんでいってください。
[PR]
by mukei_font | 2011-04-14 20:30 | 文具屋日記 | Comments(2)

春、文房具。

春、ですな。

フレッシュマンに限らず、やはり何か始めてみたくなる季節のようで、ノートが売れております。
それもいいノートが。

庶民感覚万歳なわが文具店にある「いいノート」なんて、ミドリのMDノートやLIFEのノーブルノート、ホワイトヴィンテージ、マルマンのボストンノートやニーモシネくらいのものだけど、それでもそれらを小脇にかかえながら筆記具を選んでいるお客さんを見かけたら…

もううれしくてうれしくてにやにやしてしまいます。
いいぞいいぞーーー
今その瞬間頭の中にある妄想にかんぱーーーーーいっ。

そして心の中で、あーそのノート使うんならこっちのペンがいいのにーとか、あ、待てなぜそれを選ぶんだこらーとかやきもきしながらつっこみ続け、その人がレジに商品を持って来る頃には疲れ果ててどろりとしてしまうという…まったくダメな店員なのでありました。

でもいいですな。
まぶしいです本当に。
なんだかまっとうな気がする。

何かを始めようとする時に、いっちょ文房具から新調するか、という考え。
いいと思うし、実際にあると思います。

もう何年も前のことになるが、東急ハンズで偶然書店員時代の同僚に遭遇したことがある。
数年ぶりの再会にさんざん驚いた後、「ところでこんなところで何してるんですか」と聞いたのだったが、そのときに同僚が言った言葉。

「なんか新しいこと始めようと思って、まず帳面を」

つまりはそういうことですよ。
何かを仕切り直したくなった時、もっとも安上がりで新しい気分になれるのが文房具なんだと思います。

相変わらずフレッシュマンの来店も多い。
まだピカピカのスーツを着た仕事帰り風の若人が数人どやどや入ってきたかと思ったら、全員が電卓を買って行ったり。
最初は名刺入れだったけど、今度は名刺ホルダーを探しに来たり。

鞄の中でものがごちゃごちゃにならないようにしたい、ペンとノートを一緒に持ち歩きたい、かさ張らないバインダが欲しい…

春です。
文房具と一緒に歩き始める春です。
[PR]
by mukei_font | 2011-04-12 23:16 | 文具屋日記 | Comments(2)

病み上がりに思う。

ヨボヨボと、それでも先週よりはずいぶんましな体調で今日はしっかり働いてきました。
またマスク生活ですが、マスクでずいぶん痛みも違うのです。

しかし年間通じて全スタッフの中でマスクをしているのは小生一人。
しかも頻繁に。
していないときのほうが珍しいというか、実際マスクをしていないと「もう風邪治りましたか」と声をかけられることもしばしば。
キン肉マン並に素顔が貴重な猫町です。

閑話休題。
そんな体調がいまいちのときでもほっと心がなごむ瞬間があって、それは店頭においているノートのサンプルを読んでいるお客さんを見かけたとき。
ノートのサンプルというのは、小生が個人的に売りたいノート(ミドリのMDノートやLIFEのホワイトヴィンテージ等)に小生が数ページだけあれこれ書いたもののこと。

サンプルを読んでいるお客さんは8割方にやにやしていて、それを見るとどんなに疲れていても頭が割れそうに痛くてもほっとする。
手に取って読んでくれてありがとう、と心から思うし、楽しんで買い物していってね、と思う。
かつてクレームになったこともあるから本当はとても怖いのだけど、それでも書いてよかったと感じる。

以前いた店ではこのサンプルはもっと戦略的だった。
それは「更新される」サンプルだった。
あるノートには不定期に猫日記を連載し、あるノートには不定期にスクラップや雑文を書き続けた。
そのことに気づいたお客さんが更新を楽しみに読みに来るようになり、あれは実際なんのムーブメントだったのかと思うが、ノートはむちゃくちゃ売れ、果てはサンプルが盗まれ、終焉を迎えた。

今の職場では到底そんなことをする時間はないが、その代わりに始めたのがこのブログだったんだなと最近つくづく思う。
好きなことを好きに書いてよくて、それを楽しみに読んでくれる人がいて。
幸せなことです。
ありがたいことです。

店頭でサンプルを読んでいる人の顔がほころんでいるのを見ると、ブログを読んでいる人の顔もこうならいいなといつも思う。
そしてサンプルを読んでいる人が、おそらく現実の小生には何の興味も持たないであろう、まったく好みも価値観も違うような人であればあるほど、それでもなおかつ手に取ってもらえた幸運をかみしめるし、一秒でも長くその人の目に自分のフォントが映っていればいいなと思う。

マニアックな記事のときも、内容の薄い愚痴みたいな日記のときも、毎日たくさんのアクセス本当にありがとうございます。
例によってコメントへのお返事はゆっくりさせていただきますが、皆さんのコメントは花束以上に花束です。

これからもどうぞよろしくお願いします。
[PR]
by mukei_font | 2011-04-11 23:03 | 文具屋日記 | Comments(5)