人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(84)
(49)
(33)
(29)
(9)
以前の記事
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
パイロットDr.Grip..
by ky at 21:46
知人と共に、二日目の文紙..
by 輪音 at 19:08
サクラクレパス消しゴムは..
by horenso39 at 18:56
こんにちは! 私も今年..
by ともこ at 12:17
アメリカペンてる公式サイ..
by 通りすがり at 23:19
おお!!これこれ!! ..
by りお at 16:21
連投すみません。 生産..
by alchemie0629_a20 at 21:59
キャンパスペンシルジュニ..
by alchemie0629_a20 at 21:52
閉店は悲しいですね…。 ..
by alchemie0629_a20 at 19:37
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 13:10
猫町フミヲ様 こんばん..
by たまみ at 21:56
ガラス瓶は如何でしょうか..
by 輪音 at 00:27
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 18:44
お久しぶりです。 中..
by pitasumin at 14:05
これは我が身にも当てはま..
by alchemie0629_a20 at 23:19
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 18:10
そういえば、私も家の中で..
by テヅルモヅル at 02:18
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 06:09
返信ありがとうございます..
by おいも at 11:47
>おいもさん こん..
by mukei_font at 18:30
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:切・貼・修正系( 36 )

水無月のぽつぽつ文具トーク・その8(マステを使い切る)。

文字数の都合で「マステ」と書きましたが、普段は「マスキングテープ」と言います。
同様に「シャー芯プロジェクト」というのは語感の良さを優先したためで、普段は「シャープペンの芯」あるいは「シャープ芯」と言います。

小さなようで大事な猫町のこだわり。
DoでもEですね…

さて、マスキングテープを1つ使い切りました。
先日コクヨのカルカット〈ハンディタイプ・マスキングテープ用〉をご紹介した時に本体に入れていたお相撲さんの柄のマスキングテープです。
f0220714_16295292.jpg
主に粘着力が病気の100均付箋の補強に使っているのですが、7.6センチ×7.6センチと結構な面積がある付箋の上下をとめているためどんどん減っていきます。

これ、本当に意味ないよな…

でも、マスキングテープを何に使えばいいか分からない人がいたらおすすめです。
もっとも粘着力が病気のマスキングテープ(100均のマスキングテープは当たり外れが激しい)ではその役目さえ果たせないかもしれませんが…

しかし、(まんまと買ってしまったダイソーの)付箋を補強するためにマスキングテープをせっせと貼っている猫町にやさしい子もいて、マスキングテープの柄をほめてくれたりするんですよね。

うーむ…
これはたまたまかわいい柄(?)だったけど、だいたいが渋い色や柄のものが多いのに大丈夫かな…

「歓心を買う」という言葉が頭に浮かび、急いでそれを振り払う猫町でした。

by mukei_font | 2019-06-10 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(1)

買い物上手・その3(今はない色の@@)。

こんな記事ばかり書いていると、衝動買いをしがちな浅はかな人間、あるいは文房具を安く手に入れて喜んでいるさもしい人間のように思われそうですがあまり否定もできないので気にしないことにします。

確かに文房具をお得に入手できるのは楽しいですが、お得な価格になっていたからこその出会いというのもまたあるわけで、そちらをむしろ積極的に評価したいと思っています。

というわけで、これはだいぶ前に手に入れたものですが、ワゴンセールというよりも売り場の一角で激安の値札を貼られて売られていたものです。

f0220714_16295292.jpg
猫町がマスキングテープをちぎれない話は以前どこかで書いたと思います。
無造作にちぎって使ってこそのマスキングテープなのかもしれませんが、自分にはできないのです。
几帳面にはさみで切る派です。

人がしている分にはまったく問題ないことも、自分がするには大いに躊躇することというのが自分にはいろいろあります。

たとえば爪についてですが、自分は白いところが1ミリを少し超えるとどうにもイラ~としてしまい、うおおお成敗してくれる!とギリギリ白い部分が残るか、というところまで切ってしまわないと気が済まないのですが、人の爪に関してはまったく何とも思いません。
少し長めであろうが、妹のようにきれいにネイルしていようがまったく何も思わないのです。

マスキングテープをちぎる行為は1ミリ以上のびた爪を許す行為に等しく、許せないというわけです。

が、そこまで熱くならなくても、マスキングテープを使う頻度は普通だし、別にはさみで切ればいいだけの話であって何も不自由はしていませんでした。
コクヨのカルカットについても文紙MESSE等で実物を見たことはあってもそこまでいるものじゃないな、と思っていました。

が、激安の値札が猫町に呼びかけるではないですか。
お手頃価格になってるよ、どうだい?

100円。

心も財布も動きました。
色がアイボリーっぽいのも気に入りました。
華やかなマスキングテープを入れて使うのです。
こうした商品は極力商品自体に色の主張がないほうがいいと思っていました。

で、購入した後も(ふっふっふ。自分はたいしてマスキングテープを使わないのに贅沢品であるカルカットを持っているんだぜ)と悦に入っていたのですが、あえて使わずに数ヶ月間眠らせてきました。

が、粘着力の弱い付箋をマスキングテープで補強する場面が多くなるにつけ、ついに出番か?と満を持して使うことにしたのがこちらというわけです。
f0220714_16300213.jpg
買っててよかったカルカット。
コクヨのサイトを見るとアイボリーはもう定番にはない色のようですね。
ラッキー。
仲良くしようね。

by mukei_font | 2019-05-28 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

付箋なんて怖くない。

調子に乗るわけではありませんが、付箋への恐怖が薄れるにつれて少しずつ付箋を楽しむ余裕が出てきました。

もともと100均の付箋にうさむし(@usamusi_works)のかわいい消しゴムはんこを押して使うことを楽しんではいましたが、それと並行して前回のようなファンシーな付箋も使いこなせるのではないかという気持ちになってきました。

もちろん自ら購入しようという話ではありません。
さすがにそれは調子に乗りすぎなので、そんなことを始めたら叱り飛ばしていただきたいと思います。

そんなことをしなくてもファンシーな付箋をすでに持っているのです。
やさしい方がこういう日を見越して猫町にプレゼントしてくださっていたのでした。

たとえば昨年のたまみさんからのクリスマスプレゼントの中にはこんな付箋がしのばせてありました。
ペットボトル飲料のおまけのようですが、かわいいSuicaのペンギングッズではないですか。
f0220714_16102155.jpg
f0220714_16103884.jpg
いろんなのがある…
もったいなくて使えない…

いいや。
それを使うんだよ。
使えるんだよ、使えるようになったんだよ。

というわけで、かわいいこれらを次の付箋にスタンバイしています。
どんどん成長するよ。
付箋なんて怖くない!(拳を突き上げる)

by mukei_font | 2019-05-22 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

猫町、付箋を使い切る。

昨日、ある付箋を使い切りました。

ゼイタクブングとして長年敬遠し続けてきた付箋。
それを少しずつ距離をつめながら仲良くなっていき、昨日ついに1つの付箋を使い切ったのです。

それが何か?

などと言ってはいけません。
付箋といっても小さなサイズのものではないのです。
それならさすがの猫町も使い切ったことはあります。

そうではなく、ある程度の面積があるもの。
しかもイラストが入っていて、ちょっとありがたい感じのもの。
さらに2つのサイズのものが組み合わせてあって背表紙?まである豪華なもの。

これです。
この時のお土産の付箋を使い切りました。
f0220714_6264538.jpg
薄っ。

などと言ってはいけません。
なにしろ奈良博物館のお土産ですし、お釈迦様や仏足の絵がついているのです。
心して使ったし、それを使い切ったので猫町は人間としてのグレードが上がったような気がしています。

なんと成長したことか。
面積の大きな付箋は散髪(小さくカットするの意)せずには使えなかった猫町が大胆にこうした付箋を使えるまでになったのです。
人は何歳になっても成長できるのだなあとしみじみと感じています。

by mukei_font | 2019-05-21 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

ニチバン・tenori和柄限定セット。

ニチバン・tenori和柄限定セット。

こう聞いた皆さんの中には、え、あのtenoriに限定の和柄が?いつのまに?市松とか青海波とか矢絣のかわいいtenoriがあったの?いいなーかわいいだろうなー欲しかったー

などと思われる方がおられるかもしれませんが、実際にはこうでした。
f0220714_09432384.jpg
なんという存在感。
なんという説得力。

和柄といえば和柄ですが、中央に大仏様がドオオオンと鎮座しているだけのデザイン。
いや、大仏様のプリクラを貼っただけのふっきれたデザインと言えるかもしれません。

検索しても似たものが出てこず、これはいったい…と目をこすりたくなるようなこのシリーズ(実は他柄もあり)は数年前にたまみさんにいただいたものでした。
たまみさん、いつも素敵なものをありがとうございます。

歯車系文具の代表格であるテープのりは猫町にとってニガテブングでありゼイタクブングでもあるのですが、EDiTに切り抜きを貼る用途限定でちまちまと使い続け、昨年ようやく使い切りました。

が、あまりにもありがたい見た目なのでゴミ箱にダンクシュートどころではなく、つめ替え用のケースに入れてなんとなく飾ってしまっている次第です。

歯車系文具との相性の悪さを立て続けに記事にしましたが、大仏様のご加護のおかげで無事にきれいに使い終えることもできるんだぞ、ということも書いておきたいと思います。

by mukei_font | 2019-04-16 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)

ストップ・ザ・バトル~トンボ・ピットテープU~

戦いはつづく
戦いはつづく…

というわけで、前回の記事をアップしてから30分もたたないうちにトンボのテープのり・ピットテープUを壊してしまいました。
ネタではありません。

言霊はない、と前回書きましたが、ぎりぎり言霊の力で押さえ込まれていたのかもしれませんね…
ははは…

テープのりはコクヨのドットライナーやニチバンのtenoriなど、テープがドット状になっているものを使うのがやっとなのに、なぜ難解そうなピットテープUを持っているのでしょうか。

それは封筒をトレーシングペーパー等で手作りする際、ドットライナー等では透けてそれがドットライナーだと分かってしまうので、シルエットがさりげないピットテープUがいいかなと思った時期があったからです(今は両面テープを使うことが多い)。

いや、でもたぶん寿命が近かったに違いない。
終わりのほうだからこそ転がしても出てこず、出てきたら一気にのびて手にまとわりつき、引きちぎる羽目になったに違いない。
きっとそうに違いない。

幸いピットテープUにはたるみ対策の爪はついていたのですが、引きちぎった後に残りを回収するのにしか使えず…

でも今回はダンクシュートはしませんよ。
きれいに歯車が見えているし、つまみにクリップをさせば回せるので、反比例の勉強(中1数学)に使うことにします(ヤケクソ)。
f0220714_11065215.jpg
ちなみに冒頭の歌「ストップ・ザ・バトル」を作詞された小池一夫さんは先日お亡くなりになりましたね。
ご冥福をお祈りいたします。

小池さん作詞となると「ああ電子戦隊デンジマン」「デンジマンにまかせろ!」も素晴らしいです。
戦隊ものは頭に電磁メカがきらめいている頃がよかったなーと昔を懐かしむミドルエイジ猫町でした。

by mukei_font | 2019-04-15 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(1)

歯車系文具との相性。

歯車系文具。

またもや造語ですが、小さな歯車が入っている文房具を指すと思ってください。
修正テープやテープのりのように、コロコロ転がして使う類いの文房具のことです。

この歯車系文具との相性が最悪です。
普段は相性の悪さを十分承知でドキドキしながら機嫌を取りつつ使うのですが、「俺やっぱお前嫌い」と突如牙をむかれることがあり、そうなるともう手がつけられません。

自分は普段ハズレの文房具(例えば買ったばかりで何一つこちらに落ち度がないのにカサカサして書けないペン)に遭遇しても、自分の使い方が悪いのかな、時間がたてば奇跡が起こるのかも、などど捨てずにとっておくほうですが、歯車系文具と衝突した際はバトルの果てに引きちぎってゴミ箱にダンクシュート、ということが多いです。

冷静に考えると使い方(力の入れ方?)が下手なのでしょうが、あまりにも相性が悪いので、なぜか電気製品をばんばん壊してしまいがちな人とか、なぜかいつも雨に降られる雨男/雨女のような非科学的な領域の話なのではないかと思うこともあります。

前置きが長くなりましたが、今回のやらかしはプチデコラッシュです。
とても気に入っていた「きらりコラージュA」という柄のもの(写真右)と一悶着ありゴミ箱にダンクシュートと相成りました。
f0220714_09334411.jpg
歯車系文具が苦手なのにデコラッシュを持っていること自体が噴飯ものですが、苦い経験上、使い切りタイプだと比較的うまく使いこなせることが分かっていたので、プチデコラッシュを恐る恐る使っていたのです。

ちなみに何に使っていたのかというと、ポストカードの住所と本文の境界線などに使っていました。
テープ幅的にもとてもいい「にぎやかし」になるのです。

さて。
今回も住所と本文の境界線を引こうとコロコロ転がしたのですが、なぜか絵柄がはがれた後の透明のテープが巻き取られず、ぬーーーーーーーーーーんと飛び出してくるではありませんか。

ちょ、待てよ。

なんかほれ、こういう時に巻き取るやつありまっしゃろ、回したらたるみが戻る爪みたいなやつ。

ない。

必要最小限の機能しかないデコラッシュにはそういう部分はありませんでした。
どうするん、どうするんよ、これ…

眺めていてもしかたがないので分解できる仕様にはなっていなさそうでしたが、思い切って分解してみました。
そしてそれはもう二度と元の形に戻ることはありませんでした…(合掌)

冷静に考えると、どうも絵柄つきの状態のテープが本体の一部にくっついてしまっていたようです。
それで巻き取りが不可能になってしまったところに、ケースのふたを無理やりこじ開けたようになったようです。

本体にくっついた絵柄付きのテープをそっとはがそうとしましたが、依然としてぬーーーーーーーーーーんの部分は収納されないし、巻き取れないし、すでにいろいろ無理でした。

もったいない、もったいない、とちびちび使っていたのでテープはまだまだあったのにゴミ箱にダンクシュートせざるを得なくなり、ほとほと歯車系文具との相性の悪さを呪いました。

なんなんあいつら。
めっちゃ大事に使ってんのに。

ここまで赤裸々に歯車系文具との相性の悪さについて書くのは初めてではないかと思うのですが、それは言霊を信じていたからです。
「相性が悪い」と書けば本当に相性が悪くなってしまいそうで、平気なふりをしていたのです。

が、今回のことで分かりました。
言霊以前に本気で相性が悪いのだと。

しかしそうは言っても、修正テープやテープのりには今後もお世話になることでしょう。
殴り合いながらもいつか肩を組んで歌など歌えるバンカラな関係になれることを夢見て、すきあらばまたプチデコラッシュも買ってみるつもりです。

by mukei_font | 2019-04-14 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(4)

文具トーク@ふたり展~マスキングテープ、付箋篇~

先日行った「ふたり展」でうさむし(@usamusi_works)や妹と文房具の話になりました。

文房具というのは誰にとってもなじみの道具なので、特別文房具が好き!というわけではなくても話題には事欠かないのです。

今回話題になったのはマスキングテープ、付箋、シグノ、ノック式消しゴム。

マスキングテープや付箋については「粗悪なものはまるでくっつかない」というありがちトークです。

妹によると「@撃の巨人」や「Fr@@!」のマスキングテープはまったく粘着力がなく、ゴミもくっつかないありさまだったとか。
アニメグッズの品質ってすごそうだな…

ちなみに妹に以前もらった「ひよこのバスケ」のマスキングテープ(写真左下)は適度な粘着力で愛用しています。

f0220714_23302613.jpg
といっても家で自分用に使う他はうさむしくらいにしか使えず、「また『ひよこのバスケ』!!!!!」とうさむしにあきれられるのまでがお約束となっております。

付箋については以前も記事にしたダイソーのクラフト付箋が本当にやばいです。
f0220714_09282767.jpg
うさむしのかわいいはんこを押して気分を高揚させつつ頑張って使ってはいるのですが、中学生のノートに貼る時はマスキングテープで補強することにしており、それもう付箋ちゃうやん…みたいな…
まあ使いますけどね…

しかし懲りない猫町は「ワンコインはんこ押し放題」にまたもや100均付箋であるキャンドゥの付箋を持ち込んでしまいました。
せっかくのかわいいはんこを押した付箋、もったいないのでまだ眺めていますが粘着力は大丈夫でしょうか(続く)。

by mukei_font | 2019-03-04 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(2)

バッタさんからの贈り物~すごいもの篇~

バッタさんからのプレゼントの続きです。

前回はかわいいものをご紹介しましたが、今回はインパクト大のすごいもの。
こちらなんですが…
f0220714_10163495.jpg
付箋です。
f0220714_10164228.jpg
付箋に対する苦手意識を克服されつつあるとのことだったので思い切ってこちらを贈ります。
元気なビタミンカラーにしてみました。
確かに。
確かに付箋に対する苦手意識は薄れてきました。

自分に対してはまだまだ(贅沢だから少しずつ使おう)というためらいがありますが、他人に対しては便利な消耗品なんだし、ばんばん使おう、という気持ちで積極的に使っています。

が、これは…
この大きさはいったい…
f0220714_10164936.jpg
元気なビタミンカラーにしてみました、じゃないでしょバッタさーん…(泣)

20センチ四方とかまったく使える気がしないのですが、冷静になっていろいろ考えてみました。

まず、どの部分が粘着になっているのかな、とか。
もし全面が粘着になっているのなら散髪(付箋を経済的に使うために広めの付箋をカットして使う猫町のやり方)しまくりで1枚の付箋だけで結構な付箋がとれるのではないか、とか。
あと、粘着力はどんな感じなのかな、とか。

それでも試す勇気はありません…
よほどのことがないと開封しようという勇気が出ません…

まあ冷静に考えて付箋の上部5センチほどが粘着部分になっているのでしょうね。
散髪すると短冊みたいになってしまうのか。
何に使うんだろう…

バッタさんのメッセージも含めてどうにも笑えるアイテムなので、しばらくこのまま飾っていようと思います。

by mukei_font | 2019-02-02 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(2)

エアロフィットからエアロフィットへ。

文房具の現在、ということでハサミについても書いておきたいと思います。

以前も記事にしたことのあるコクヨのエアロフィットですが、ついに世代交代すべき時が来たようです。


ご覧のとおり「エアークッション構造のハンドル」がぼろぼろに劣化していますが、さらにハンドルの一部が折れてしまい、使っている時に手に食い込んで痛いのでこれは一線を退くべきかなと思いました。
f0220714_09533504.jpg
f0220714_09534386.jpg
一線を退くといっても即捨てるわけではなく、きわめて使用頻度の低い場(でもハサミがないよりはあったほうがいい場)に置いておくにします。

エアロフィットで懲りたはずなのにまたエアロフィット…と思われるかもしれませんが、単に新品を持っていたからなのです。
このハサミもまたぼろぼろになるのでしょうか。
f0220714_09532739.jpg
コクヨのサイトによるとこのシリーズはもう廃番のようですね。
今はエアロフィットサクサというシリーズを経て、普通のサクサになっているようです。

要するにあのべろべろになるハンドル部分(エアロフィット部分)が駄目だったんじゃ…と思ったりするのですが、どうなんでしょう。
刃はまだまだいけるのにハンドル部分で使えなくなるのはなんとももったいないような気がしました。

by mukei_font | 2018-08-15 23:59 | 切・貼・修正系 | Comments(0)