猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:猫文具( 16 )

猫マグネット(Shinzi Katoh)。

いろいろあって燃え尽き(←プロ野球ファン)、今夜はノートについて語ることができそうにないので、久しぶりに猫文具のご紹介。

昨日、同僚の誕生日プレゼントを探しに立ち寄った雑貨屋で、まんまと出会ってしまったど真ん中ストライクの猫文具。

猫のセラミックマグネット。
なかなか強力です。
f0220714_23244628.jpg

てゆうかこれ…
小生にクリソツ(死語)。

すぐさま友人のうさむしに、「自分そっくりの猫見つけた!」と写メ。
うさむしからの返事は「フミチャンこんなに愛想よくない」。

愛想あるよ…
ちょっとくらい…

明日から職場のロッカーで使おうと思います。
[PR]
by mukei_font | 2010-11-07 23:51 | 猫文具 | Comments(0)

黒猫ペンケース。

今日からまた一週間が始まる。
なんと週の後半にははや10月に突入するという、なんだかなー、な今朝の気分。
景気づけに猫文具のご紹介。

今年の誕生日に同僚にもらったペンケース。
なんとこの同僚とは干支が同じ。
@歳になってもこんなに素敵なものをもらえたりするんですなあ。
f0220714_8391167.jpg

職場ではすでに小生が相当な猫好きであることは有名であるが、それだけにそんな人間に猫グッズのなにがしかをプレゼントするのは非常に難しいことであるようだ。

これは分かる。
分かりすぎる。
逆の立場なら小生には絶対にその勇気がないし、あえて避けると思うからだ。

件の同僚にも事前に「猫町さん、いったいどんな猫が好きなんですか」と聞かれた。
「キティや靴下にゃんこ、わちふぃーるどのダヤンみたいな有名な猫じゃなくて、実写のフォトプリント系でもなく、名前のない一回きりの猫で、あんまりスウィートすぎず、かといってしゅっとしすぎず、人間くさくなく、瞳孔が開いている人かな」

それだけの手がかりで見事小生のもとにやってきました。

表面はビニールコーティングしてあり汚れにくく、とにかくたくさん入ります。
POP用の筆記具、実験用替芯、お客さんに聞かれたとき用の店頭においていない舶来筆記具…

職場では常に手の届くところに置いており、いつでも何でもここから出てきます。
[PR]
by mukei_font | 2010-09-27 09:22 | 猫文具 | Comments(2)

不思議な猫ノート。

三菱展示会の話の続きがなかなか書けない。
まあ、次の展示会までにまとめればいいか…
って一年後かいな(嘘です。近々続きを書きます)。

というわけで、今日は猫文具のご紹介。
7、8年前、京都の恵文社で購入した不思議な猫のノート。
値段は忘れてしまったが、結構高いと思いながら買った記憶が。
イタリア製。

表紙がこんな感じで、
f0220714_1157069.jpg

裏表紙がこんな感じ。
f0220714_11572720.jpg

かわいいとかかわいくないとかの次元を超えた、なんとも不思議な猫たち。
まさに萩原朔太郎の『猫町』を彷彿とさせる猫たちの存在感。

中身は無罫。
かなり分厚い紙で、160g/平方メートルくらいある気がする。
ちなみに小生は文房具記事のスクラップに使用(現在中断中)。
マニアですから(ハアハア)…
f0220714_122547.jpg

このノート、もう一冊くらい欲しいなと思って探すのだが、とんと置いているところを見ない。
以前、心斎橋のそごうに丸善が入っていたとき並んでいるのを見たことがあるが、前に働いていた文房具屋では入手ルートを見つけることができなかった。

幻のような不思議なノート。
ばんばん消費するようなタイプのノートではないし、気軽に使うことも難しいような雰囲気のあるノートだが、置いてある店が分かれば安心して使えるのにと思ったりする。

ちなみに、恵文社の近くには「猫町」というカフェがあり、何度か行ったことがある。
涼しくなったらまた行ってみたい。
[PR]
by mukei_font | 2010-09-05 12:07 | 猫文具 | Comments(0)

黒猫リングノート。

引き続き、猫文具。

フェリシモという通信販売の熱烈なファンである小生が、ついに手を出してしまった半年予約コレクション、「黒にゃんこ大好き☆黒猫モチーフ雑貨」の中からのご紹介。

このコレクション、半年間毎月なにがしかの黒猫モチーフの雑貨が送られて来るのである。
ポーチだったり、スタンプだったり、それはそれは楽しく心躍るのであるが、いかんせん何が送られて来るのかが分からない。
当然どんな黒猫氏なのかも分からない。

とある月はリングノートとクリアホルダー(A4サイズ、B5サイズ)、付箋、紙袋(2種類)等のステーショナリーセットであった。

これがそのリングノート。
f0220714_1362338.jpg


(´_ゝ`)…
まあ、自分で選べませんからね。
B5というサイズも、黒猫氏の感じも、それはしょうがないですよね。

中身は残念ながら…
f0220714_1392622.jpg

横罫

これがもし無罫なら!
無罫であったならば!

横罫はもう本当に一番苦手な罫でして…
何が苦手かと言うと、真面目なことを書かなければならない気がするところ。
なぜそうなるかと言うと、罫線を無視できないから。

あの罫幅を小生の字で埋めていくところを想像してごらんなさい。
もうそれはかなり真面目な代物にしかならないのである。
なんかこう…ふぁっふぁした感じにならないのである。

無罫ならまったく気にならない余白が、横罫だと気になる。
うわあ、@行も余ってるのに次のページ使えないよ…と思ってしまう。

微妙ながらも愛嬌のある黒猫氏なだけに、かなり残念なリングノートなのだった。
[PR]
by mukei_font | 2010-08-14 23:54 | 猫文具 | Comments(0)

ボンジュール・ミィ!

気を取り直して猫文具のご紹介。

もう先月の話になるが、近所のスーパーの2階のさびれた催事場で「猫雑貨フェア」をやっていたのである。
軽い気持ちでそこをのぞいた私が「アッツ!」と思わず中くらいの声で叫んでしまうまでわずか2秒程度だったろうか。

なぜなら見つけてしまったから。
数ある猫キャラクターの中で、今のところいちばんかわいいのではないかと心密かに熱い想いを抱いていた猫をそこに見つけてしまったから。

猫の名前はミィ。
「ボンジュール・ミィ!」というシリーズの黒猫である。

初めての出会いは、以前働いていた文房具店にて。
ファンシー文具のカタログにこの猫を見つけ、シールの担当者にぜひ注文して店におくようにねだり、自身もレターセットなどを注文した。
店に入荷した後はすばやくレターセットやシールを買い、今手もとにあるのはそのときの残りがほんのわずか。
買い足したくても、それっきりどこの雑貨屋でもお目にかかることはなく、もっともっと買い占めるんだったと心底がっかりしていたのだった。

ミィに惹かれる理由はなんといっても、猫のフォルムの確かさにある。
このキャラクターの作者は絶対に猫を知った人間だと見た瞬間に思った。
簡単な線だが、つるん、ぬるんとした背中の曲線は猫そのもので、なでてもないのになでたような気持ちにさせるほどである。
その他、首のかしげ方や物への興味の示し方など、あるある!と叫びたいようなリアルさが、かわいらしい色や雑貨とともに描かれている。
どうして惹かれずにいられようか。

というわけで給料日の10日ほど前ですでにあやうい財布事情だったにもかかわらず、目の色を変えてガツガツと買い込み、その後は1日を150円で生活しなければならないはめになった。
しかし、自分は正しかった。
なぜならどこにも売っていないからである。
たとえ買っているものが女児が欲しがるようなメモ帳やノートやシールであったとしても、それは「お金を持った女児」へと進化したところの現在の私にはやはり不可欠なものだからである。

ジャーン。
f0220714_1642230.jpg

A6サイズのダブルリングノート。
中身はドット罫だが許します。
f0220714_16421873.jpg

なんと4柄もあるメモ帳。
サイズはA6。
小さい字が書ける人はミニ便箋として使えます。
f0220714_16423816.jpg

同じくA6サイズのメモ帳。
普段は寒色系が好きだけど、ミィは別格。
f0220714_16425513.jpg

シールもかわいい(ハアハア)。
POPに使うんや。
f0220714_16431346.jpg

というわけで、「ボンジュール・ミィ!」グッズを見かけた方はご一報を。
大阪近辺なら買いに走ります。
[PR]
by mukei_font | 2010-08-13 16:53 | 猫文具 | Comments(3)

猫文具。

先週末に買った文房具をご紹介。

本来なら「本日のお買い上げ」カテゴリに分類すべきだが、今後のことも考えて新たなカテゴリを設けることにした。
その名も「猫文具」。
それがどのような文房具であるかよりも「猫」がからんでいる点が重要な文房具を「猫文具」と定義する。

普段文房具に接するときは基本的に厳しい態度でのぞむことにしている小生だが、猫文具となるとまったく話は別だ。
なんといっても猫だ。
猫で文房具だ。
たいがいのことは許してしまうだろう。

とはいえ、寛容なのは猫文具の文房具的側面に関してなのであって、猫モチーフそのものに寛容なわけではない。
例えば猫柄のノートがあったとして、そのノートの紙質や綴じや開きにはある程度目をつぶることができても、その猫柄がどんなものでもいいわけではない。

私の好きな猫モチーフのコンセプトは言ってみれば「名もなき猫」。
キティも靴下にゃんこもそれぞれにかわいいと思うが、それらはちょっとコンセプトが違う。
市民権を獲得し、メインストリートを闊歩する猫よりも、名前のない、一回きりの猫を愛する。
そのうえで、それらの猫の瞳孔が開きがちだったり、灰色だったりするとなお嬉しい。
ちなみに実写の猫関連のものは猫モチーフと認めておらず、子猫系も除外。
猫にスウィートさ求めてどないすんねん。

とにかく、猫と文房具のコラボなんて反則以外の何者でもない(少なくとも私にとっては)。
文房具としてはぱっとしなくても、猫モチーフさえよければ合格となる文房具なんて!

というわけで、サンスターのプチジャムシリーズのメモ帳をゲット。
左がWリングメモA7・¥280 (税抜)。
右がボリュームメモ・¥300 (税抜)。
f0220714_21492458.jpg

4柄あるボリュームメモはともかく、Wリングメモの中身はドット罫…
ドット罫なんて猫が表紙じゃなかったらまず買わん。

すなわちこれが猫文具クオリティ。
[PR]
by mukei_font | 2010-06-01 23:11 | 猫文具 | Comments(0)