人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(119)
(77)
(41)
(33)
(14)
(13)
(9)
(9)
以前の記事
2020年 07月
2020年 06月
2020年 05月
2020年 04月
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
私も、替芯がらみでこちら..
by あむ at 16:47
お久しぶりです、あむです..
by あむ at 16:19
オオギリンピックふせん、..
by 日本海沿いのSです at 14:25
いいですね。ちょっとした..
by MIYAZAWA at 00:30
すみません、何故か3回も..
by さやえんどう at 00:07
こんばんは。 受験時代..
by さやえんどう at 00:04
猫町さんが無地の紙から作..
by alchemie0629_a20 at 16:35
イオンでコクヨのエラベル..
by alchemie0629_a20 at 19:49
初コメ失礼します。 猫..
by パペ at 02:40
安っぽいボールペンは備品..
by まこ at 07:46
猫町さんご無沙汰です。 ..
by cheery_box at 09:02
 猫町さん、こんにちは。..
by pitasumin at 18:47
「みてない」に思わず声に..
by まお at 23:31
本来なら値引きされた金額..
by alchemie0629_a20 at 11:25
お久しぶりです。 まだ..
by 松 at 13:38
 猫町さん、こんばんは。..
by piyas at 22:00
どうも、通りすがりのボー..
by S6061_K at 20:52
よく考えたらシグノRTの..
by パソ活 at 14:06
参考にしてくださりありが..
by パソ活 at 20:24
デルガードで頻繁にノック..
by ななし at 15:12
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他文房具( 69 )

猫町、ボードイレーザーに思いをめぐらす。

毎日があっという間で…こうして今雑文を書くためにパソコンにぼんやり向かっている時間がとても幸せです。

そんなに忙しく何をしているんだと思われそうですが、忙しがっている人間というのはたいてい時間の使い方が下手だったり、体力のなさから体のメンテナンスに手間がかかっていたりするわけです。

つらいなあ…

しかしこうして雑文を書いている今だけは心から自由にあれこれ考えることを楽しみたいと思っています。
ということで、まずは今一番切迫している文房具について書くことにしましょう。

口を開けばホワイトボード関係の文房具の話ばかりで恐縮ですが、今切実に困っているのはボードイレーザーについてです。

ボードイレーザーはPILOTのボードイレーザーマグネット付きSを愛用しているのですが、2年近く使っているということもあり(途中使っていない時期もあり)さすがにもう限界に近づいてきました。

限界というのはきれいに消えなかったり、ひどくカスが出たりといったことですが、やれるだけのことは試してみようと、乾いた歯ブラシで汚れた面をこすってみたり、湿らせた雑巾を軽く押しつけて汚れを取ってみたりといろいろやってみました。

が、きれいにした直後だけ少し状態がよくなる程度で、根本的な解決には至らず。
これはそろそろリフィルを買えということなのか…
もともとリフィルがあるという点にも惹かれて購入した経緯もあり、リフィルを買うことについてはやぶさかではないのですが、このままPILOTのボードイレーザーマグネット付きS路線でいいのだろうかという疑問がふとわいてきました。

この機会に他の商品も試してみたほうがいいのではないか。

というか試したい。
違いを体感してみたい。
そして一喜一憂したいんだ。
これは…!と思ったりなんじゃこれ!と思ったりしたいんだ。

というわけで、レイメイやサクラクレパス、コクヨのボードイレーザーについてリストにし、それをニヤニヤと眺めているところです。

ボードイレーザーはどうしても汚れていく宿命なので、レイメイやコクヨのはがせるタイプのボードイレーザーに興味津々なのですが、洗えるサクラクレパスのイレーザーも気になります。

でもマグネット付きはやっぱり便利だからはがせてリフィルもあってマグネット付きのコクヨのメクリーナ16かなあ…

まずは地元の文房具屋を回ってみて、なければネットで注文といういつもの流れになりそうです。

楽しみ。
でも急げ。

by mukei_font | 2020-07-01 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

すべての箱も文房具である。

最近もっとも愛用している文房具について書きたいと思います。
文房具といっていいのかどうか分かりませんが「箱」です。

あえて名前を付けるとすると何でしょうか。
「ペンボックス」あたりでしょうか。
案外普通に「筆箱」でもいいかもしれません。

こちらなんですが…
すべての箱も文房具である。_f0220714_08583716.jpg
ホワイトボードマーカーが入っています。
ペンボックス(=筆箱)ですよね。

これを文房具と呼んでいいかどうかは意見が分かれそうですが、これがただの紙箱であるということを考えるとこれは文房具ではなく、紙箱をそうした用途に利用したもの、ということになるでしょう。

が、似たようなものがどこにもないから自分で用意した(=製品としてあったら買っている)、と考えると文房具であると言えるかもしれません。

大げさだなあ、そんな製品くらいあるでしょう、と思ったそこの方。
いやいやどうしてどうしてこの箱は絶妙なのですよ。

このペンボックスの素晴らしさは紙で出来ているということ。
ほぼこれにつきます。

和小物などを扱っている店などには和紙でできた筆箱などが売られているかもしれませんが、一般的なペンボックスは樹脂製あるいは木製、もしくはアルミやスチール等の金属製ではないでしょうか。

そうした素材でできたものだとペンを入れたり取り出したりするたびにガラガラと嫌な音を立ててしまいます。

はー紙製最高。
無音最高。

ホワイトボードマーカーはどうしても横向きに置きたいものだし、使っている最中は箱をまさぐったり箱に投げ入れたりと扱いも乱暴になります。
紙箱以外だとどれだけガチャガチャ音を立てたか分かりません。

ありがとう。
素敵文房具。

このナイスサイズ静音紙箱の魅力に取り憑かれた猫町はフタの部分も利用することにしました。
勉強の最中に散らばりがちな文房具をとりあえず集めて入れる箱を作り、「ないない」と文房具を探す時間(毎回のお約束)を少しでも減じる作戦です。
すべての箱も文房具である。_f0220714_08584683.jpg

これまたいい…
適度な包容力…
正方形の付箋だって入るんですよ…

汚れたり、消しゴムのカスがたまったらひっくり返してはたくだけでいいのも素晴らしいと思いませんか。

音がしないこうした大きさの容器ということになるとナイフとかフォークを入れるカゴみたいなものも思いつきますが、あのカゴだと消しゴムのカスがちょっとやっかいだろうなと思ったりするのです。
布を敷くのも大げさな気がするし。

はー
自分はなんて素敵なサイズの紙箱を持っていたんだ。
いったいあなたはどこのどなたですか。
すべての箱も文房具である。_f0220714_08584920.jpg
「彩雲堂」の「若草」さんでいらっしゃいましたか…

ちなみに猫町はこの「若草」を食してはおりません。
以前、箱を捨てられない人からこうした箱を大量にいただいたことがあり、その中の一つがこちらの箱だったのです。

そう考えるとこの箱は「若草」を守ったあと一仕事する運命だったのでしょう。

ようこそ猫町のところへ。
ホワイトボードマーカーボックスとして、散らばりがちな文房具の入れ物として箱が分解して砕け散るまで仲良くしようね。

缶派の方はこちらもどうぞ。


by mukei_font | 2020-06-27 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

拡大するホワイトボード。

最近ホワイトボードのことしか考えていない猫町です。
それもこれも全部「新しい生活様式」と「ソーシャルディスタンス」のせい。

もともとはらくがき帳に書いてみせる程度の教え方で十分だったキッズ、ティーンとのやり取りがそうはいかなくなり、小さなホワイトボードを複数枚使ってみたり、少し大きめのホワイトボードを買い足してみたりしていたのですが、あまりにも不便でついに大きなものを導入してしまいました。

馬印の壁掛無地ホーローホワイトボード。
サイズはW610×H460。
拡大するホワイトボード。_f0220714_09323662.jpg
100均のA4サイズのホワイトボードと大きさを比較したのがこちらです。
拡大率211%くらい。

拡大するホワイトボード。_f0220714_09314672.jpg
ずっと未使用品として木琴堂で売りに出していたのですが、3000円にしても2000円にしても1000円にしても見向きもされなかったものをついに自分で使うことにしました。

木琴堂では「使うのが一番得」という考え方があり、二束三文で売るなら自分たちで使おうとこれまでもいろいろなレトロ雑貨を積極的に生活に取り入れてきました。

このホーローのホワイトボードも何度か猫町が使う話が出ましたが、ホーロー製で重く、壁への設置が大変ということで見送られた経緯があります。
しかし今回のことで多少無理をして台の上に置いてでも使ってみようと導入に踏み切ったのです。

これまで小さなホワイトボードにせっせと書いていたことを思うと、W610×H460のサイズは馬鹿でかく、図やグラフもどかんと書けてとてもいい感じです。

昔から人前で話すことが苦手でこういう「皆の前でプレゼン」的なグッズは自分には縁のないものと敬遠していましたが、今は広々とした面積にただただ感激です。

木琴堂にあったのは置き古しのもので箱も古かったですが、馬印のサイトを見てみるとこちらのホワイトボードはまだ現役のようです(品番:MH2)。

定価も高く、いいものがめぐりめぐって自分のところにやって来たんだなとうれしくなってしまいました。
まずは垂直方向にきれいな字を書く練習から(むちゃくちゃ下手)。

by mukei_font | 2020-06-12 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

ごほうびシール。

もしずっと書店員だったら…と考えることがあります。

かなり不器用な書店員でしたが、さすがに何十年もやればそのジャンルのカリスマ的な存在になれたでしょうか。
そしてそのカリスマな自分はいったいどんな筆記具を使っているのでしょうか。

まさかまだZEBRAのジムノックではないよね。
タプリクリップでもないよね。

おそらくジムノックとは別れがたい気持ちになりつつもどこかでジェットストリームに乗り換えたのではないかと思います。

それくらいジェットストリームは接客には欠かせないアイテムでした。
が、接客業を離れるとジェットストリームの出番はほとんどなくなってしまいました。

その場限りの注文書を書くのは便利でも、長期に渡って使うにはどうしても不安が残る筆記具だからです。

このように仕事が変わると使う文房具が変わっていく、というのは実に興味深いことだと思います。

仕事だけではないですよね。
例えば病気や怪我、加齢といった要因でも使う文房具は変わっていくわけで、つまりは人生そのものと連動しているわけです。

というわけで、少し前までは自分が使うなんて想像もつかなかった文房具の代表格がごほうびシールです。
キッズとの勉強にはスタンプカードも取り入れていますが、ごほうびシールの類いも使います。

シールは自分がキッズの頃から好きだったし、いざ使ってみると非常にいい感じでした。
「いい感じ」というのはキッズの反応がではなく、使っている自分が気持ちいいのです。

シールをはがすのが楽しい(子どもか)。

最初に購入したのはMIND WAVEの「よくできましたシール」でした。
ごほうびシール。_f0220714_20471233.jpg
たまたま姫路の東急ハンズで「よくできましたシールコーナー」が展開されており、試しに買って使ってみたところよかったので次に行った時に買い足したのです。
この中のキラキラのものはスペシャルな時のためにとっておき、もったいぶって使います。

キラキラしたシールは貴重(子どもか)。

並行してこちらのシールも使います。
以前たまみさんにいただいたドラえもんのステップアップシール。
ごほうびシール。_f0220714_20472372.jpg
シールの大きさ的にも超スペシャルなので超スペシャルな時に使います。

この他にもイオンで買った「たいへんよくがんばりました」「たいへんよくできました」といったメッセージが書いてあるキラキラしたシールも持っており、おいおいねこまっつぁんまた買いすぎてんちゃいまっか、という声も聞こえてきそうですがすでに買いすぎています。

が、確実に使う消耗品であることと、当分姫路の東急ハンズには行かないことなどを考えると、いいものや安いものを見つけた時に買っておくのはいいだろうということにしています。

ということで、ごほうびシールに使えそうなものはないかとついついシール売り場をチェックするようになってしまい、ややきな臭い展開になってきつつある今日この頃です。

by mukei_font | 2020-06-02 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

個人情報保護グッズに正解はあるのか。

家にいる時間が多くなり、片付けを始める方も多いと聞きます。

かく言う自分も片付けらしきことを少ししました。
そしてその際ハンドシュレッダーと戯れたことも書きました。

片付けや掃除と個人情報保護はセットである気がします。
何かを捨てようとする時、必ず個人情報の処理の問題が発生するからです。
さまざまなトラブルに巻き込まれないためにも、どんなに面倒であってもそれらを分からないようにして処分する必要があります。

しかし上記の記事に書いたように、ハンドシュレッダーには限界があります。
日常的に数枚の書類をシュレッダーにかけるのには問題がなくても、片付けとなると個人情報関係のゴミが大量に出ます。

オフィスにあるような電動のシュレッダーがあれば万事解決ですが、性能のいいものとなるとかなり値も張り、なかなか簡単に設置とはいかないのではないでしょうか。

実際のところ自分はどうしているのだろうとこの機会に振り返ってみると、上記のハンドシュレッダー以外では、

・PLUS・ケシポン
・サンスター・シュレッダーはさみ
個人情報保護グッズに正解はあるのか。_f0220714_11113301.jpg
個人情報保護グッズに正解はあるのか。_f0220714_11114593.jpg
などが一応専用のグッズで、それ以外は、

・極太の油性マジック(メーカー問わずインクがよく出るもの)
・はさみ(PLUSのフィットカットカーブ、コクヨのエアロフィットなど)

の合わせ技で切り刻んでいることが分かりました。
頻度としてはむしろこちらです。

そして最後の手段は、

・素手

怒りにまかせて引きちぎっていることが多いです。

ケシポンは自分が文具店員をしている時にちょうど発売になり、ローラーケシポンや修正テープタイプのものなど、画期的な商品が次々に発売されたのですが、使ってみて思うのが、

高くつく

ということです。

文房具自体は安くても、それをずっと使っていくことを考えると経済的にどうなんだ、と我に返って冷静になってしまうのです。

これらはきっと個人情報がらみの大量のゴミを処分するためのグッズではないのでしょう。
個人情報をうまく隠してスマートに処理するためのしゃれたグッズなのです。

優秀だなと思うし、ご自由にお使いください、みたいなコーナーにあったら超うれしいとは思うのですが、たとえオフィスや公共の施設にあったとしてもリフィルのことを考えてしまうな。

それにケシポンのようなバネが仕込まれたスタンプタイプのものはインクを補充してもスタンプのバネがへたってきませんか?
以前シヤチハタのXスタンパーをオーダーで作ったことがあったのですが、押しまくるうちに何よりあのバネが傷んでしまい、スタンプが永遠じゃないことを学びました。

ということで、結局極太油性マジックによく切れる普通のはさみ、の組み合わせに行き着いたわけです。
もっとも田舎住まいの奥の手として「燃やす」ということもたまにあるのですが…

ちなみに猫町が高校生の頃は今ほどたき火にうるさくなかったのでしょっちゅうたき火をし、いろんなものを燃やしながら、小さくなった火を大きくしたり、徐々に火を小さくしたり、時間を忘れて火に魅入っていたものです…

ところで皆さんはどうされているのでしょうか。

ときめくものを残す、的な断捨離のテクニックはよく聞きますが、生々しい問題として片付けの際に出る大量の個人情報関係のゴミについて、皆さんの処分方法をお聞きしたいところです。

by mukei_font | 2020-04-24 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

すべての缶は文房具である。

お菓子やチョコレートが入っているきれいな缶や箱が大好きです。

バレンタインシーズンにはきれいな缶や箱を眺めに何度もバレンタインコーナーに足を運びます。

中身よりも圧倒的に缶や箱に興味があります。
何を入れよう、どうやって使おう…

なので人にプレゼントする時もつい缶としての魅力込みで選んでしまいます。
余計なお世話ですね。
案外淡白に缶や箱を処分するタイプかもしれないのに…

さて、そんな猫町のところにやってきた缶について今日は書きたいと思います。

もともと缶好きなところにプレゼントとしてやって来た缶をどうして無下にすることができようか、ということで中身を食べ終わらないうちからどう使うかで頭がいっぱい。

じゃーん。
ムーミンの缶。
すべての缶は文房具である。_f0220714_19143341.jpg
青い!ボコボコしてる!かわいい!
すべての缶は文房具である。_f0220714_19143030.jpg
サイズは外寸で12センチ×12センチ×7センチ。
すべての缶は文房具である。_f0220714_19143770.jpg
~♪
何入れよう~♪

ところで缶の落とし穴って何だと思いますか。
私は2つあると思っています。

1つめは今回の缶には該当しませんが、フタが真っ直ぐでないものが多いこと。
ふんわりアーチ状になっているものなどが多く、ややスタッキング泣かせなところがあります。

2つめは中に入れるものによってはうるさい音を立てるところ。
硬いものを入れると取り出す時にガンガラガンガラうるさい音を立てるはめになります。

缶の容積に魅せられてついテープのりや修正テープ、デコラッシュなどを入れたくなりますが、うるさくなることを考えればそれらは紙製の箱に入れるべきなのです。

ということで、この缶にはうるさい音をたてそうにないミニカードやファンシー付箋、マスキングテープなどを入れることにしました。
これくらいの音なら大丈夫。

というわけで、青いのにカラフルなかわいい缶はあっという間に文房具入れになりましたとさ。
めでたしめでたし。

by mukei_font | 2020-04-18 23:59 | その他文房具 | Comments(3)

気になる新商品〈サンスター・デルデ・クレープシリーズ〉。

先日、文具店員時代の友人から「Bun2」が送られてきました。

「Bun2」というのは文房具屋の店頭などで偶数月の1日に配布されているフリーマガジンのことです。
田舎に住んでいるとまず出会うことがないので親切な友人にはいつも感謝しています。

さてその「Bun2」のページをめくるや否や心をつかまれてしまった新商品があります。

サンスターのデルデに「クレープシリーズ」という新柄が登場するようなのですが、ちりめん生地×和柄デザインとのことでかなりかわいいのです。

あーん…
ブルーが欲しいよー

白い部分が汚れるだろうけど持ち運ぶことはないだろうし、気をつけて使えば大丈夫なんじゃないかな。
ブラックもなかなかかっこよくて、いつか誰かにプレゼントするために買っておこうかな…

む。
ちょっと待て、この「デニムコーデ」というシリーズもなかなか良さそうではないか。

デニム×合皮かあ…
ちょっと合皮の部分が気になるけど自分が使う時はたいてい縮めているし、仮にちょっとチープ感があっても気にならないような…

って何個買う気やねん。

デルデは使ってみて本当にこれはいい!と思えるペンケースなのでこの物欲は正統なものなのです(正統とは?)。

こんなんなんぼあってもいいですからね。

by mukei_font | 2020-04-15 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。

前回記事にした手回しのハンドシュレッダーについて書いておきましょう。

ずいぶん前から使っているのですが、もしかしてご紹介するのは初めてかも。
ナカバヤシの3wayハンドシュレッダ・NSH-102です。
現行品はこちらになるのかな。
ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。_f0220714_10580825.jpg
スペックは以下の通り。
A4のコピー用紙1枚をパラパラ…と分解するためのシュレッダーといったところです。
ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。_f0220714_10581174.jpg
過去には電動のシュレッダーも持っていたのですが、投入口が小さかったりすぐにつまったり音がうるさかったりで処分してしまいました。
文具店員時代に手頃な価格に惹かれてこちらを買い求めたようです。

上から見たところ。
経年にともないプラスチックの白い部分は黄色くなってしまっています。
ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。_f0220714_10581544.jpg
フタを開けたところ。
カードは一度だけ裁断したことがありますが結構スリルだったのでそれ以降は普通にハサミを使っています。
ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。_f0220714_10581854.jpg
簡易なシュレッダーなのでその性能にあれこれ言ってもしかたがありませんが、使っていて一番困るのがすぐに刃に紙くずがからまることです。

触るのもためらうようないかつい刃にぎゅむ、とからみついた紙くずを手で取ったりピンセットで取ったりするのはかなり厄介な作業。

こちらが刃なのですが、これでMAXきれいに手入れした後です。
紙質的に相性が悪いものがあれこれあり、刃に引っ付いてしまっています。
ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。_f0220714_10582735.jpg
それより何よりこのシュレッダーはとうの昔にレバーの一部が折れてしまいました。
実はこれは修理して使っているのです。
木の持ち手(笑)。
ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。_f0220714_10582571.jpg
大阪から田舎に帰ってきた時に器用な人に直してもらったのでかれこれ8年ほどこの状態で使っています。
ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。_f0220714_10583011.jpg
ナカバヤシ・3wayハンドシュレッダ・NSH-102。_f0220714_10583388.jpg
まあプラスチックに木を取りつけたのはよかったし、抜けたり折れたりせずに頑張っているのも感動的なのですが、長時間回していると手がとても痛いです。

本来の製品はその部分に四角い持ち手が付いていたように思うのですが、プラプラ動いたように思うのです。
それに比べるとこの持ち手はシャキッと固定されていますから持って回していると指の間からけむりでも出そうな感じに…

ちなみに猫町が使っているのと同じ製品のamazonのレビューがまだ見られるのですが、かなり辛い評価に大いにうなずける部分もありにやにや笑ってしまいました。

使ったことのない人が読めばきついなあと感じられる言葉かもしれませんが、こうして使っていても「ほんまそのとおりやで」と深くうなずきたくなるのです。

それにしても長く使っているなあ。
昔の日記を振り返ると2008年の誕生日に買っていました。

元取りすぎ!

by mukei_font | 2020-04-07 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

はたらくぶんぼうぐ〈ホワイトボードと汚れ取り〉。

最近愛用のホワイトボードが消してもきれいにならなくなりました。
おそらくホワイトボード消しが汚れているのだと思います。
はたらくぶんぼうぐ〈ホワイトボードと汚れ取り〉。_f0220714_11294418.jpg
はたらくぶんぼうぐ〈ホワイトボードと汚れ取り〉。_f0220714_11294759.jpg
イレーザーはPILOTのマグネット付きのものを使っているのですが、買った時からいつかこの日が来るとは思っていました。

が、いざホワイトボードが汚れたままになると、イレーザーのリフィルを替える前にホワイトボードがもっと簡単にきれいにならんのかいな、という気持ちになってしまいます。

ホワイトボードクリーナーという手もありますが、なんかこうもっと子どもだましみたいな方法でなんとかならないものか…

何しろ100均で買ったホワイトボードなのです。
あまりメンテナンスにお金をかけるのもおかしな話のような気がします。

そんな時、いい感じのものをダイソーで見つけました。
「ホワイトボードの汚れ取り」。
ほぼ消しゴムです。
はたらくぶんぼうぐ〈ホワイトボードと汚れ取り〉。_f0220714_11295096.jpg
はたらくぶんぼうぐ〈ホワイトボードと汚れ取り〉。_f0220714_11295211.jpg
実際に消してみると、まあ消しゴムです。
もちろん圧をかけてこする必要はありますが、汚れはきれいに落ちました。
はたらくぶんぼうぐ〈ホワイトボードと汚れ取り〉。_f0220714_11295501.jpg
こんなん普通の消しゴムでもできたんちゃうん?とやってみると汚れがのびただけで全然きれいになりません(写真左。PLUSのOMNIに頑張ってもらいました)。
はたらくぶんぼうぐ〈ホワイトボードと汚れ取り〉。_f0220714_11295894.jpg
なるほど…
これはいいかしれません。

もちろん勉強中はこうした悠長なことはできないので、時間のある時に消し消ししてみたいと思います。
A4サイズの簡易なホワイトボードですが、この人もまたとても働き者の文房具です。

by mukei_font | 2020-03-27 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

貼り切り太郎。

机の上に腹が立つほどゼムクリップが散らばっていて(自分が散らかしました)、なんかこういうのを収納して取り出せるやつ持ってなかったかなあと思ったら持っていました。

こちらです。
貼り切り太郎。
貼り切り太郎。_f0220714_11100261.jpg
貼り切り太郎。_f0220714_11100502.jpg
貼り切り太郎。_f0220714_11100848.jpg
以前働いていた文具店の社長が何かと猫町にサンプルをくれたのですが、これも「猫さんこれいる?いるよな?あげる」と半ば押しつけられたものの一つだった気がします。

「貼り切り太郎」で検索するとこちらが出てくるので、おそらく販促品の営業に来た人にもらったものだったのではないかと…

さて猫町が文具店員だったのはもうずいぶん前なので、この貼り切り太郎は長く猫町の手元にあったことになります。

が、どうにも使う時がなく、これまで何度かイベントで売ろうとしたのですが、そのたびに(いや、いつか使う時がくるかも?)と手放せませんでした(典型的な捨てられない人の思考パタン)。

しかし…

今なんじゃないか?

スポーツくじのCMのセリフじゃないですが、ついに今使うべき時が来たような気がしました。
鬱々とした日々に「貼り切り太郎」という名前も前向きな明るさがあって好ましく思えます。

というわけで、使うことにしました。
こちらが貼り切り太郎君です。
貼り切り太郎。_f0220714_11101274.jpg
ゼムクリップを取り出すのがやってみたかったのですが、下の写真の右側にある四角い穴にゼムクリップを入れ、左側のくるくるを指で回すと、こういう風に磁石にくっついてゼムクリップが上がってきて…
貼り切り太郎。_f0220714_11101544.jpg
貼り切り太郎。_f0220714_11101830.jpg
貼り切り太郎。_f0220714_11102216.jpg
なおもくるくるし続けるとぱらり、とゼムクリップが手前の皿に落ちる仕組みになっています。

たったこれだけの仕掛けにずいぶん嵩高い文房具のような気もしますが、テープカッターも付いているし良しとしましょう。
長い間使わなかったのでセロハンテープは半ば死亡していました。

付箋といいマスキングテープといいセロハンテープといい、こうした寿命がある文房具は頻繁にその状態をチェックしてサクサク使わないといけないなと思いますね。

さあ張り切っていきましょう。

by mukei_font | 2020-03-17 23:59 | その他文房具 | Comments(1)