猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(63)
(34)
(33)
(23)
(9)
以前の記事
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
LifeのHPに 【ノ..
by かめさん at 22:48
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 22:24
わかります。 私はずっ..
by あおこ at 18:34
連投すみません。 あれ..
by alchemie0629_a20 at 08:49
そ、それ系のボールペンに..
by alchemie0629_a20 at 22:21
猫町さん初めまして。いつ..
by しょこらぱん at 20:51
こんにちは。 大変参考..
by ともこ at 12:38
本日透明軸のP205をT..
by miyamo at 21:54
ノーブルシリーズ10周年..
by かめさん at 21:57
中学時代は当時Jリーグが..
by alchemie0629_a20 at 19:18
やはりいらしてたのですね..
by 優煌海 at 17:35
NTっておいてるお店は少..
by Noa64 at 15:21
ご無沙汰しております ..
by なぎねこ at 17:53
こん◯は。 手帳や..
by YAS at 18:43
>あーす
by mukei_font at 14:47
キャーーーー
by うさむし at 00:29
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 18:17
こん◯は。 ユナイテッ..
by YAS at 20:29
数年前に店舗で従業員をし..
by だだひま at 00:50
遂にゲットされたのですね..
by YAS at 17:24
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他文房具( 51 )

持ち運びブーム?

以前、レイメイのスタディトートについて記事にしました。

A4のフラットファイルに対応したサイズのトートバッグで、そのままランドセルに入り、リビング学習のために勉強道具を持ち運ぶのも容易、さらに教科書やノートをファイルボックス風に収納することも可能という素敵なアイテムでした。

猫町はさんざんいいなあ…とそそられておきながら結局買わず。
それっぽく使えるトートバッグを持っていることを思い出し、現在はそれを勉強道具の持ち運びに使っています。

どういうトートバッグかというと、本屋で本を大量に買った時に入れてくれるような紙袋が帆布でできたみたいなもの、というのが近いでしょうか。
なにしろすごい量が入るので、うっかりドカドカ入れるととんでもない重さになってしまい、こいつはブラックホールだ…と使うのを中断していたのです。

このトートバッグを思い切って室内の移動用に使うことにしました。
辞書や教科書類を思い切り詰め込んですごい重さになっても室内を移動しているだけなので許される気がします。
収容力もスタディトートよりもあり、底がしっかりしていて自立もするのでまあよしということで。

なんだかアイデアだけいただいて申し訳ないなと思っていたら、サクラクレパスからも似たようなトートバッグが発売されたのですね。


「A4版ファイルボックスがすっぽり入るサイズ」ということでいよいよ本気の収容力。
そして今度は対象がビジネスパーソン。

もしかしてこの手のジャンルは昔からあり、たまたまスタディトートに似たものを見つけたので目にとまっただけかもしれませんが、「持ち運び」というのは1つの着眼点ですよね。

学生さんなら家庭のリビング学習や学校の教室移動、ビジネスパーソンなら社内をいろいろな用事で移動することがあるはずです。
今は自分の机が決まっていない、いわゆる「フリーアドレスオフィス」のような空間もあるようですし、ますます持ち運びが重要なのかなと勝手に想像しています。

いずれにせよ自分がスタディトートの存在を知った時のような、見た瞬間ガタリと立ち上がりたくなるような人がきっとどこかにいると思います。
パラレルワールドにいる自分はたぶんグレーにブルーの紐のトートを選ぶはず。

[PR]
by mukei_font | 2018-09-20 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

お金をかけると違うと感じた文房具。

普段は100均文具でも使えるならいいじゃないかと思ってしまうたちですが、やっぱりちゃんとお金を出して買ってよかったと思う文房具もあって、最近だとPILOTのマグネット付きボードイレーザーがそうでした。
f0220714_10491705.jpg
中学生との勉強にホワイトボードを使うようになってからずっと100均のホワイトボードマーカーに付いている小さなイレーザー部分で消していたのですが(例のHonobono*cafe)、ホワイトボードに貼り付いたインクをはがしてカスを端に寄せるだけの働きしかなく、猫町は始終ゴミ箱の上でカスを払い続けなければなりませんでした。

ホワイトボードマーカーの性質上、カスは仕方のないことかもしれない。
ホワイトボードというのはもともとそういうものとの闘いなのかもしれない。

が、何かがおかしい。

おかしいというよりもとても不便でたまらない。
中学生が「あ、ゴミ箱こっちですよ!」と気遣ってくれるのも間違っている気がする。

ということで、これはもしやちゃんとしたボードイレーザーを買う必要があるのではないか、と考えた次第です。
まあ結構初期の頃からそう考えていたんですけどね。

さて、ボードーマスターSやホワイトボードマーカー補充タイプを愛用していることからも分かるように、猫町はなぜかホワイトボードマーカー関連の製品はPILOTがいいと思い込んでいるようなふしがあり、ボードイレーザーも迷わずPILOTのボードイレーザーマグネット付のSサイズがいいなと思いました。

マグネット付というのがうれしいし、リフィルもあるみたいだし(リフィル好き)、他のイレーザーとの詳しい比較はできないまでも今のHonobono*cafeよりましなら、と思い購入したのですが、ましどころではありませんでした。

ぜんっぜん、違いますよ。
消し心地は「あれ?ボードにフィットしてる?インク乾いちゃった?」というくらいカサカサしているんですが、サッと消せてカスはなし。
こんなのあるんですね。
今までゴミ箱の上でパラパラやってたのはいったい…みたいな?(爆笑)

と、サプリのテレビCM等で興奮している人風に言ってみました。

いやー素直に最初からこれを買うべきでした。
もちろん他のボードイレーザーのほうがさらに素晴らしいという可能性もあるのですが、これでゴミ箱を中学生と奪い合うこともなくなり、より勉強に集中できそうです。

[PR]
by mukei_font | 2018-09-16 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

替えDOKI。

いろんな文房具の足並みがぴたりとそろい、このたび一斉にカートリッジ交換と相成りました。
f0220714_00001268.jpg
地元ではどれも売っていないのでネットショップで購入。
ネットで注文している時点でエコじゃないのかもしれませんが、こういうカートリッジものが好きです。

もともとボールペンの替芯への愛から文房具好きが始まったような人間なので、詰め替え、リフィル、カートリッジ、などのキーワードに弱いです。
エコへの思いというよりも単におもしろい、かっこいい、という気持ちで惹かれているのだと思います。

プロッキーの詰め替えは今回初めての経験でした。
PILOTのボードマスターSほどではないですがそこそこ簡単に交換でき、もう駄目だというくらカスカスだったインクが見事に復活するさまは感動ものでした。

贅沢を言えば太字角芯のほうは使わないので、細字丸芯だけのプロッキーがあればなあと思います。
角芯はもう本当に苦手で…

もし自分が力士で色紙と角芯のマーカーを手渡されたら、自分こっちが好きなんで、と帯の間からPILOTの丸芯ツインを取り出し、太丸のほうでサインを書こうと心に決めています。

三菱の印鑑EZ10のカートリッジ交換も今回が初めてでした。
シヤチハタのインクカートリッジもそうですが、この手のインクは印面に浸透するまで時間がかかるんですよね。

説明書に「立てた状態で12時間程度」とあったとおり、きっかり12時間後にインクが濃くなっていたのには感動しました。
なんて几帳面なんだ。

最後の消えいろPITのつめ替えタイプについては大昔に記事にしていました。
もう10回以上つめ替えていますが、毎回わくわく楽しみながらやっています。


[PR]
by mukei_font | 2018-09-15 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

猫町、ホワイトボードを買い足す。

私ははまりましたね、ミドルエイジでも、ものすごくはまりましたねえ。

S田谷自然食品のおみそ汁のCMの名ゼリフをつい口走ってしまいそうになるほどホワイトボードにはまってしまいました。

中学生との勉強に使っているのですが、とにかく便利です。
小さなホワイトボードですが、使っているのがボードマスターSの細字なのでかなり小回りが利きます。

バーッと雑な図を書いてみせることもできるし、細かいグラフを書いてみせることもできる。
小さめの字なら英語の構文の解説をぎっしり書くこともできるし、証明問題を丸々書くこともできる。
多少雑な字でも許されるし、すぐに消せるのも素晴らしい。

ただどうしてもホワイトボードが小さいので、せっかくきれいに書いたグラフもすぐに消さねばならず、そして消した後にやっぱり重要だったりして、ホワイトボードがもう少し大きければなあと思う毎日でした。

が、本格的なものは設置するのも大変。
ということで、芸がないですが同じものを再び100円ショップで調達することにしました。

前回はキャンドゥで買いましたが今回はダイソーで。
200円でもう少し面積の大きいものもあったように思いましたが、夢でも見たのか店頭にはなく、キャンドゥで買ったものと同じA4サイズのものにしました。
2枚のホワイトボードを駆使して面積が広がったことにしておきます。

ところでダイソーには実にいろいろなホワイトボードがあって興味津々でした。
A4サイズよりももっと小さなものやフレームがおしゃれな木のもの、あるいは子ども用のらくがきシートのようなものもあればスケジュールが書き込めるように最初から罫線が入ったものもありました。

中でも目を引いたのはプラカードみたいな形をしたホワイトボード。
クイズ番組とかに使いそうな形。

面積は大きかったし、両面に書けるようになっているのもいいなと思ったのですが、プラカード型のホワイトボードを示して真剣に説明したり、それをくるくる回している自分を想像すると馬鹿みたいに思えてきたのでやめました。

しばらくは松平長七郎のような二刀流で頑張ってみたいと思います。

[PR]
by mukei_font | 2018-08-30 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

現在のデルデ。

久しぶりにデルデについて書いてみたいと思います。

デルデというのはサンスター文具のナイスなペンケースのことなのですが、使い始めて1年半以上たった今もなお本当に買ってよかったとしみじみ思うお気に入りの文房具なのです。

が、その実態は…
f0220714_22590265.jpg
壁がないと立たないデスデ(臥牙丸風)。

結構早い段階で「ゼロ・グラヴィティ」(マイケル・ジャクソン)状態になってしまったのですが(こちら参照)、マイコーでもいいじゃないかと思っているうちに何度か倒して痛い目に遭い(ザザーーッと中の物が勢いよく飛び出す)、何かにもたせかけずに使うのは怖いな、と壁があるところで使ったりしていました。

が、つい最近、まだマイコー風に自立できるよね?と確認すると、ザザーーッ…
え…いつの間にかマイコーじゃなくなってる…

これはショックです。
すでにデルデのアイデンティティーの半分が失われているのです。

しかしノープロブレム。
もう壁の前でしか使わないと決めました。

自分は今でもこの限定柄のデルデを購入した自分を誇らしく思っており、マイコーであろうがマイコーでなかろうがデルデは素晴らしいのです。

現に友人へのプレゼント用に購入したこともあるし、来春高校生になるであろう中学生の分も実はこっそり購入しているのでした。

デルデの何がいいの?と聞かれたら、「移動式ペン立てなところ」と答えたいです。
ペンが行方不明にならずにシャキッと立っているのはうれしい。
そして大容量なのも頼もしい。

お気に入りをしぼり込めない猫町は相変わらずデルデびいきデスデ。

[PR]
by mukei_font | 2018-07-28 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

気になる新商品〈レイメイ・スタディトート〉。

断捨離とまではいきませんが、多く持ちすぎている物を少しずつ売ったり、ゆずったりし始めています。
本当に少しずつですが…

昨年から何度か書いていますが、物をこれ以上追い求めるのはやめようと思い始めたのです。
長年の「研究」の結果自分に合った文房具も見つけ、それらをじっくり味わいながら余生を楽しんでいければそれでいいのではないかと。

が、そんな猫町の心をざわつかせる文房具というのがどうしても登場してしまいます。
レイメイのスタディトート

見た瞬間、ガタリと立ち上がりたくなりました。
これはドラちゃんの道具か何かで猫町の願望を形にしたやつではないのか?
日々自室と勉強部屋を移動するたびに大量の本を運び、なんとかならんのかとうっすら不満に思っていたまさにそのためのグッズではないですか。

この「うっすら不満」というのが重要で、無意識的な不満というか、こういう画期的な商品を見て初めて自覚する不満だったわけです。
ああ、今まで自分は不便だった、不自由していた、と合点がいったというか。

上記サイトからリンクしているグッドデザイン賞のサイトに詳細が載っているのですが、もともとはランドセルの中に入れられる点が新しいようですね。
確かにその用途も素晴らしいのですが、大人も十分使えるデザインなのもありがたいなと思います。

ただ、こういう風に使えそうなトートバッグをもしかして自分は持っているのでは…と吟味する必要はあり、すぐに買うのはさすがにひかえたいところですが、それでも素敵なアイデアの商品があるものだなとうれしくなりました。

[PR]
by mukei_font | 2018-07-19 23:59 | その他文房具 | Comments(1)

デスクマットの話。

購入には至りませんでしたが、一時期真剣にデスクマットについて考えていました。

4月から徐々に勉強をする環境を整え、自宅の一室を勉強用の部屋にしたのですが、机がなかなか見つからず、しばらく手作り感満載の机を使っていました。
大きさが小さすぎることや、軽くてすぐに動いてしまうことに加えて猫町がもっとも駄目だと思ったのが机の表面がざらざらしていたこと。

元々勉強用の机ではなく、物を置くために作った台のようなものだったのでしかたがないとはいえ、やはり勉強用の机の表面はつるつるしていてほしい。
自分が使う分には下敷きやソフト下敷きをせっせと使えばなんとかなりますが、中学生たちはつるつるの机に慣れているのでそういう意識もなく、申し訳ないことになっていました。

デスクマットを買おうかしら。
デスクマットさえ買えばいろいろ解決するのでは。

早速近所の文具売り場をあちこち見て回りましたが、デスクマットなど売っていません。
そういえば自分が働いていた文房具屋もデスクマットの在庫はほんの一部で、あとはカタログを見てもらって取り寄せすることがほとんでした。

何しろデスクマットは机のサイズによって細かく分かれているし、厚さや材質、光の反射ぐあい、下敷の有無などやたらと種類があるのです。
これは大変なこと(=楽しいこと)になってきたぞ…と興奮してあれこれ調べていたのですが、一番役に立ったのはコクヨのこちらのページ

なんとチャートで最適なデスクマットが選べるようになっているという…
まず使用する筆記具から選ぶようになっていて、わくわくしてしまいます。

で、結局これかなあ…と思っているうちに、表面がつるつるの机が手に入る話になり、デスクマットの話が流れてしまいました。

うーむ。
デスクマットde快適文具ライフ、ちょっとやってみたかったな。

[PR]
by mukei_font | 2018-05-30 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

100均ホワイトボードの話・後篇。

さて、100均ホワイトボードの話の続きです。

前回書いたようにホワイトボードは100円ショップのキャンドゥで購入しました。
少し迷いましたが、マーカーも同じくキャンドゥで購入しました。

なぜ迷ったのかというと、ホワイトボードマーカーはPILOTのものを使いたい、と思っていたから。
が、近所の店に希望するものが売っていないこともチェック済みだったので、最初だしまあいいやとホワイトボードの近くにあったマーカーを購入しました。

購入直後はインクの出が悪く、あーーーホワイトボードマーカーは横置きにしなくちゃいけない(インクの性質上)のに吊ってあったかもしれないーーーわたしとしたことがーーーと思ったのですが、使っているうちにインクが徐々に濃くなっていきました。

ほっとしましたが、今後は横置きにしてあるホワイトボードマーカーを買いたいかな…
最初から商品が吊せるような形のパックに入っているマーカーは大丈夫なのかもしれませんが、ホワイトボードマーカーは横置き、というのは文具店員時代に学んだことの1つです。

さて、これがそのペンなのですが…
Honobono*cafe…
f0220714_06074650.jpg
たぶんあれだ。
きっとこれは家庭用のホワイトボードで、一次関数のグラフを書いたり、電離のイオン式を書いたりするホワイトボードではないに違いない。
例えば「冷凍庫の中にガリガリ君があるYO!」みたいな感じの用途に…?

冗談はさておき、気づいたことを書いておきます。

落とし穴、というほどでもないのですが、ホワイトボードをせっせと使ってみて感じたことは、消した後のカスがすごいということです。

ホワイトボードマーカーというのはインクの膜をはがすように消すわけで、もちろんカスが出るのは分かるのですが、なんかすごいのです。
それもこれも狭い面積に書いたり消したりしているからなのかもしれませんが。

あと、ホワイトボードマーカーをマグネット付きにしたのは大正解でした。
なくさずにすむし、横向きに貼り付けておくと自然に横置きになるのも助かります。
これは今後もそういう形のものを探していくのではないかと思います。

また、もしこのままこの狭いホワイトボードを使い続けるのなら、次回はもう少しペン先の細いものがいいかもしれません。
あと、黒以外の色も欲しいかも。

なんだかんだとホワイトボードを愛し始めている猫町でした。

[PR]
by mukei_font | 2018-05-29 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

100均ホワイトボードの話・前篇。

ということで、最近中学生との勉強に導入し始めたのがホワイトボードです。

ホワイトボードで授業なんて本格的!と思われそうですが、そうでもありません。

すごく小さいのです。
100円ショップのキャンドゥで買ったほぼA4サイズのホワイトボード。
f0220714_00084702.jpg
この面積に英文や数式やグラフを書いたりしているわけですが、とにかく狭い。
せわしく書き消しする必要があり、いったい自分は何をやっているんだろうと思うのですが、ホワイトボードを導入して良かった点が2つ。

・汚い字を書き殴れる
・証拠隠滅

ほとんどこのために導入したみたいなもので、最初はもっと簡易な用途に使うつもりでした。
すなわち中学生が一瞬ど忘れした漢字や英単語を書いてみせたり、世間話の最中に絵や図を書いてみせたり、といった具合に。

何しろ猫町の授業ノートはそれなりにきれいな字で書くのでいい記録にはなるのですが、スピードという点で劣ります。
自分はどうも書き殴る、ということに抵抗のある人間のようなので。

が、書き殴らざるを得ない状況というのもまた多々あり、その点一瞬で消すことができるホワイトボードというのは魅力的です。
これは実際に使い始めると想像以上に快適で、ついついこの面積に複雑なグラフを書いたり数式を書いたりといろいろ欲張ってしまいます。

本当はもっと広い面積のホワイトボードが木琴堂にあったのですが、本気すぎるサイズゆえに重さがあり、取り付けるのが難しく断念しました。
その点このホワイトボードはほとんどノートくらいのサイズなので手軽ですが、やはりこの面積にグラフは…

まあそれでも書いてしまうのですが(長くなりそうなので続きは次回に)。

[PR]
by mukei_font | 2018-05-28 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

ジョッターを連れて。

めったに出かけないのですが、出かける時には必ずジョッターをカバンに入れています。

最初買った時は、ほとんどメモ帳と同じなのにどうして熱く支持する人がいるのだろう、と思ったものですが、メモ帳でもありつつパスケースに近い存在感というのが大きく、カバンの中で独立していることによって探しやすかったり、ぐちゃぐちゃにならなかったりと何かとありがたいのです。

また、情報カードの量を最小限にして軽量化をはかれる点や、行方不明になりがちな切符やチケットなどをはさめる点もありがたい。

そんなジョッターを連れて今日も少し遠くまで出かけてきます。
筆記具のお供はジェットストリーム0.5。
こういう時は速乾のこの人がありがたいのです。
f0220714_05451997.jpg

[PR]
by mukei_font | 2018-04-27 23:59 | その他文房具 | Comments(0)