猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
キャップ式signo極細..
by ワニワニよ at 19:09
自分はジェットストリーム..
by alchemie0629_a20 at 02:10
こん○○は。今回の大雨大..
by YAS at 14:26
はじめまして。 包装紙..
by noinoi13 at 16:30
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:その他文房具( 42 )

まだかなまだかなネコ柄デルデ。

昨年末、下記の記事を書きましたが、日に日にデルデが欲しくなっています。
特にネコ柄

来年使ってみたい文房具・その1(サンスター・デルデ)。

というのも、赤ペンの探究などを始めたことからペンがさらに増えてしまいました。
中学生のところに行く時は最低限の筆記具が入る細いペンケース(鉛筆専用ペンケース)を持って行くのですが、もうパンパンでファスナーが閉まりません。

あれ、おかしいぞ。
自分はもっとガツンと入るやつを持っていたはず。
しかもかわいいやつ。

(しばらく部屋を探し回る)

デルデか…
まだ買ってなかった…

と、幻まで見る始末。
発売されたらすぐにネットで買うんだフフン。

唯一の不安は一度も実物を見ていないことで(デルデ自体は見たことがあります)、めっっっちゃ派手で黄色の部分が目つぶし!みたいな明るさだったらどうしようということですが、中学生に自慢したいのでそれくらいのインパクトがあってもいいはず。

そうなのです。
いくら中学生に文房具が好きだと言ってみても、持っている文房具が渋すぎてまったく説得力がないので、ここらで一度ガツンと目を引くアイテムをという下心もあるのでした。

何せ、寿司柄の布製ペンケースに鉛筆数本(こちらとしてはいろいろ調べている)、消しゴム(同様にこちらとしてはいろいろ調べている)、いろいろな芯が入った赤ボールペン数本(もちろん重要な調査中)では地味なのです。

早く来い来いネコ柄デルデ。
[PR]
by mukei_font | 2017-01-06 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

来年使ってみたい文房具・その1(サンスター・デルデ)。

先日のクリスマスにクリスマスカードと一緒に「Bun2」を送ってくれた友人がいました。

「Bun2」というのは文具店等で配布されている文房具のフリーマガジンで、赤穂などではまず手に入りません。
文具店員時代に同僚であったやさしい友人が、季節のお便りと一緒にいつも送ってくれるのです。
大阪を離れてからずっとなので、もう相当な回数になります。

この友人というのは本当にすごくて、一番最初に会った時から今までずっと猫町に同じ笑顔で接してくれます。
冷静に振り返っても自分はかなり困った店員であったはずなのに(一人だけものすごく年上かつ典型的な針の先だけを見つめるタイプ)、今なお夏には一緒に文紙MESSEや三菱の展示会に行ってくれるという…

猫町はずっとこういうやさしさに育てられてきたんだなあとしみじみしますね。
来年はもっとこの友人に手紙を書こう。
素敵なものを見つけたら封筒に入れてどんどん送ろう。

閑話休題。
送られてきた「Bun2」では「2016年Bun2大賞」なる特集が組まれていました。

読者が選んだという素晴らしい文具が1位から30位まで紹介されているのですが…
うーむ、知らないものがいくつか。
田舎に住んでいる割には結構実物を見たほうかな。

この中で持っているものはZEBRAのサラサドライ(芯だけ)とショウワノートのジャポニカ学習帳日本の伝統文化シリーズ(相撲)だけ。
後者は猫町文具店(仮)に来られたお客さんからいただきました。
その節はありがとうございました(年内に記事にしたいです)。

それにしてもペンケースの類が多くランクインしているのが印象的なBun2大賞でした。
サンスターのデルデ(3位)、コクヨのネオクリッツフラット(6位)、リヒトのスタンドペンケース(8位)、キングジムのペンサム(9位)、コクヨのウィズプラス(20位)、ナカバヤシのディスプレイペンケース(29位)…

これは分かる気がするというか、ペンケースっていくつ持っていてもそそられるんですよね。
それぞれに良さがあって、こういう路線だとこれが好きだけど、そういう路線だとそれもいいね!みたいな。

これらの中ではデルデとペンサムにかなりそそられ続けた一年でした。
デルデはTwitterで買った人のツイートを見てそそられたものの、実物を見ると少し雰囲気が違い保留。
ペンサムは大阪に行くたびに実物を吟味し、ついに買い物かごに入れるところまで行ったものの、必要かなあと思い直してやはり保留。

しかし今回の「Bun2」にデルデの限定新柄情報が載っていて再び欲しい気持ちになっています。
ネコ柄があるじゃないか…
青くはないけど黄色は差し色としては好きな色なので実物を見てみたいなあ。

そう思ってサンスターのデルデのページを見てみると、思っていた以上に種類がありました。
夏にハンズで見た時はガーリーなイメージが強かったけど、結構好みのものもあるような。

ううむ、次に実物が見られるのはいつだろう。
来年使ってみたい1つめの文房具はサンスターのデルデということにしておきます。
[PR]
by mukei_font | 2016-12-17 19:38 | その他文房具 | Comments(0)

A5サイズ下敷(誕生日プレゼント・その1)。

明日が誕生日、という8月某日。
やっぱり誕生日には誕生日プレゼントが必要だ、と思い立ち、ネットショップで文房具を購入しました。
翌日到着ということで、誕生日に受け取ることができます。

買ったのはA5サイズの下敷。
ヨドバシドットコムで101円。

実はずっと欲しかったのです。
マルマンのニーモシネを相変わらずケチケチ使っているのですが、両面に鉛筆で書くのでどうしても下敷がいるのです。
ちなみにケチケチ使っている理由についてはこちらの記事をどうぞ。

ノートを使い始めた時にやってしまいがちなこと。

とはいえ、わざわざA5サイズの下敷を買うのも贅沢な気がして、これまでずっとB5サイズの下敷で頑張ってきました。
が、B5サイズだとあまりにも大きさが違い、下敷がずれた時などにニーモシネの弱点(ニーモシネとしてはセールスポイントですが自分としては弱点)であるマイクロミシンカットを刺激してしまいます。

ぴったりサイズの下敷があれば…
ということでこの機会にゲット。
f0220714_104148100.jpg

かゆいところに手が届くとはまさにこのこと。
完璧な使い心地にもっと早く手に入れるべきだったと思ったのもつかの間、重大な欠点に気づきました、

透明なのですぐに見失ってしまう。

B5の透明下敷も行方不明になりがちですが、A5だとサイズも小さいので大きなものの中にまぎれてしまうと、本気で探してもなかなか見つかりません。
先日は3日間くらい探し続けてようやく発見しました。

下敷に色がついているのって重要なんですね。
受験生じゃなくても赤色や緑色のがいりますわ。
[PR]
by mukei_font | 2016-08-02 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

にちゃにちゃの思い出。

まとめ記事を1つ書くと、書ききれなかった余談が頭の中に押し寄せ、これはぜひ記事にしなければ…と思うのですが、すぐに流されてしまいます。
今また新しいまとめ記事を書いたのですが、まずは前回のまとめ記事の余談を書いておきましょう。

前回のまとめ記事は「100均レター」についてでしたが、以前も少しアピールしたように、個人的なクライマックスは記事の中ほどの「パック商品との上手なつきあい方」のところです。
これは何も100均レターに限ったことではないのですが、特にレター用品で痛い思いをしたことがあるので、この機会に書いておかなければと思ったのでした。

そうです。
何度も痛い思いをしました。

あの粘着テープのついたOPP袋は便利ですが、非常に厄介でもあります。
中のものがクリアに見えるし、何度も開閉できるという理由でつい便利に使ってしまうのですが、油断すると中のものがペタッとくっついてしまうんですよね…

粘着が弱かったり、くっつかれた方の紙質がわりとつるつるしたものだと上手くはがすこともできるのですが、和紙系のものは即アウト。
最初からここにマスキングテープを貼っておくんだった…と何度も後悔したものです。

記事中で紹介した開け方は、職場の先輩に教わったものでした。
その先輩は金封の筆耕を担当されていたのですが、金封を開ける時は必ずOPP袋のベロの部分にペーパーナイフを入れてシュッと切っていました。
確かに値の張る金封の一部が粘着テープにくっついたら大変です。
以来、自分も真似をさせてもらっているというわけでした。

そういうこともあり、自分は文房具屋の店頭で勝手に商品を開けるお客さんを非常に警戒していました。
勝手に開けること自体が問題ですが、粘着テープ付きのOPP袋は前述のようにろくなことにならない可能性が大いにあるからです。
そして事実悲劇はしばしば起こったのでした。

紙製品などは特に、中を開けて紙の厚みを確認してみたい方が多いのですが、商品を開けなくてもいいよう紙の見本をちゃんと用意している文房具屋も多いので、勝手な開閉は絶対にダメです。
うまく開けられそうでもダメですよ。
必ず店員に声をかけましょう。

そして店員にすごむなどして無理やり開けさせるのもやめましょう。
猫町は明らかにうまく開けられなさそうな商品を無理やり開けさせられ、当然うまく開けられず、なのにそのお客さんは逆ギレするだけで買わず、結局店でその商品を使うことになったということがありました。
いくら店のルールに不満でも、ルールには従ってくださいね。

閑話休題。
一方、こうしたOPP袋を商品として扱うのもまた文具店員の仕事です。
すべてを置いているわけではなかったのでカタログをめくりながら商品を特定し、取り寄せることが多かったのですが、その際粘着テープの位置がどこになるか、という部分をめぐって注文に苦労したことをよく思い出します。

OPP袋に不慣れな方だったので、粘着テープの位置の違いがあまりお分かりいただけず、「こっちはベロがにちゃにちゃ」「こっちはベロが触れる部分がにちゃにちゃ」と説明したのですが、サイズが変わるたびにお互いごっちゃになり、「こっちがにちゃにちゃなのがこっち」「にちゃにちゃがこっちなのがこっち」とお互いに「にちゃにちゃ」を100回近く連呼。
われわれはきわめて真面目だったのですが、周りからは何をしているんだろうみたいに見られ…

ということで、パック商品を開封する時は今でも「にちゃにちゃ」を連呼しながらシモジマのカタログをめくったことを思い出すのです。
[PR]
by mukei_font | 2016-05-13 23:59 | その他文房具 | Comments(2)

春の贈り物。

この春はたくさんの方が猫町文具店(仮)に遊びに来てくださり、またいろいろなプレゼントもいただいてしまいました。
それらについて少しずつ記事にしていければと思っています。

まず、こちらはブログの読者であるともこさんからのプレゼント。
昨夏の文紙MESSEで一瞬だけお会いしたともこさんです。
f0220714_20145570.jpg

猫町が消しゴムに興味を持っていると知り、たくさんの研究グッズを送ってくださいました。
ともこさんは文紙MESSEでもシードのブースで話しこまれていたし、きっと猫町よりもずっと消しゴムにはお詳しいはず。
先輩、ありがたく研究に使わせていただきます。

同時にこちらのカラフルな下敷もいただいてしまいました。
どれもめちゃくちゃかわいくて、まず1枚を使ってみようと思うものの、その1枚が選べません。
普段は青系のものに囲まれて満足していますが、こうして見てみるとカラフルなもののなんと重要なことか。
昔あった「キュービィロップ」(?)という飴を思い出してしまいました。
f0220714_20151093.jpg

消しゴムについては、先日書いたように、フォーム系でしかも細長い形状の消しゴムがベストではないかと考えているのですが、このアーチの中の1人を最初から縦に真っ二つに切り、それを証明してみようかしらん。
でも、プレゼントされたものをいきなり真っ二つにするのはさすがに…

とまあそんな邪な気持ちで消しゴムたちを見つめる日々です。
最近勉強への情熱が停滞ぎみなので、消しゴムを鼻先のニンジンにしてまた頑張ってみることにしましょう。
[PR]
by mukei_font | 2016-04-28 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

猫町、女児にプレゼントを選ぶ。

姪のメイちゃん(仮名)の誕生日が近いので、プレゼントを買いに行きました。
メイちゃんについてはいつぞや記事にしたことがありますね。

筆箱拝見!~メイちゃん(7歳)篇・上~
筆箱拝見!~メイちゃん(7歳)篇・下~

プレゼントのリクエストはロボニャンの貯金箱。
ですが、もちろんそれだけではさみしいので、余計なものを買い足すことにしたのでした。

メイちゃんは今のところ女の子らしい女の子なので、本当はかわいい服やおしゃれな小物がうれしいはず。
が、無骨な猫町にそんなものを選ぶセンスがあるわけがありません。

ということで、行きつけのギンギンしたファンシーショップに出かけました。
行きつけのファンシーショップは、一見気おくれするほどのファンシーさであふれていますが、よくよく商品を見ていくと、案外猫町のような者にも使えそうな気の利いたレターセットがあったりするのでしばしば足を運びます。

そこで購入したのがこちら。
ピンク色(しかもパープルに近い夢見がちなピンク)を基調としたガーリーなものを汗をかきながら選んでみました。
眉間のしわがさらに深くなったような気がします。
f0220714_9203052.jpg

自分的なメインは鉛筆の補助軸。
メイちゃんの鉛筆たちが短くなった後どうなっているのかが気になっていました。
こういうタイプの補助軸が使いやすいのかどうかは分かりませんが、おそらくまだ持っていないだろうと判断しました。

鉛筆はダースで買うかどうか迷いましたが、自身のはるか昔の記憶をたどると、たくさん鉛筆があるとなんとなく飽きてしまい、1本1本を大切にしなくなる感じがしたので3本入りにしました。
まあ、メイちゃんはまっとうな子どもでそんな心配をしなくてもいい子かもしれませんが…

レターセットはたっぷり量が入っていて惜しげなく使える&柄も数種類入っていて飽きないタイプのものにしました。
メイちゃんからの手紙はとても楽しいので、これで書いて送ってくれたらなあという気持ちも込めて。

小学生というのはそういうものかもしれませんが、どこで覚えて来たのかよく分からないフレーズの文章で綴られた手紙はなかなか楽しいのです。
普通は「お元気ですか?」と書くところ、「今でも幸せに暮らしていますか?」と書いてあったりして、ギョッとしたり。

さて、大人になりきれない猫町はメイちゃんに自分の誕生日プレゼントをリクエストすることを思いつきました。
そうさ、もらってあたりまえ、なんて人間になってはいけないぜメイちゃん。
プレゼントはもらう楽しみもあるけれど、あげる楽しみもあるんだよ。
それをこの猫町が教えてやるぜ(続く)。
[PR]
by mukei_font | 2016-03-30 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

終わらないペンスタンド。

机の上を片づけた時にしみじみと思ったのですが、ペンスタンドって楽しいですよね。
お金がかからないところと正解がないところが最高。
いや、もちろんお金をかけてもいいのですが、とりあえずペンが立てられれば何でもペンスタンドになるテキトーなところが好きです。

猫町の机の上の一部を占領しているペンスタンド群を見てみると、ちゃんとしたペンスタンドは1つもありませんでした。
木箱、空き瓶、持ち手のもげたマグカップ、ガラスのコップ、ガラスのおちょこ、一合枡…

これらが寄り集まって島をなし、そこから突き出る多数の筆記具や定規、そしてその島に寄り添うハンドル式の鉛筆削り。
やっぱりコンビナート感があります。

ペンスタンドといえば、木琴堂の中の猫町の部屋には完璧に筆記具を分類できるかなり大きなペンスタンドがあります。
猫町的にはあれがひとつの完成形なのですが、いろいろ楽しんでみたいという気持ちもあり、寄せ集めのペンスタンドも凸凹感があってかわいいと思っています。

そういえば昔ペンスタンドについてコラムを書いていました。
このコラムの最後に登場する「古い引き出しを格子状に仕切ったペンスタンド」が木琴堂で使っている猫町のペンスタンド。
中に入っているペンは安物ばかりですが、ペンスタンドはどこに出しても恥ずかしくない自慢の一品。

実は最近木琴堂でまた新しいペンスタンドを作りました。
しばらく使ってみて、また記事にしたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-10-08 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

ペンスタンド再考(コラムLatte掲載)。

このたび「コラムLatte」に新しい記事を書きました。
今回はペンスタンドについてです。

レトロなペンスタンドにぴったり!余ったびん・缶・コップ活用法

コラムにも書きましたが、ペンスタンドというのは非常に懐の深い文房具だと思います。
何しろある程度の筆記具を立てることができれば、たいていの物がペンスタンド候補なのですから。

しかし、厳密に使い勝手にこだわり始めると、高さであったり、安定感であったり、収納力であったり、いろいろな側面があることに気づきます。

すべての文房具と同様に、ペンスタンドにも正解はありません。
必要なのは世の中の正解ではなく、自分の中の正解です。

自分の中の正解というのは、自分自身の使い勝手や、満足感ではないかと思っています。
その正解を身近なものに求められないかと考えたのが、今回のコラムです。

古いものを扱う仕事をしていると、貧乏くささというキーワードによくぶつかります。
うんと古いものは価値があってありがたいけど、ちょっと古いものはダサいだけとか、古材のリサイクルはかっこいいけど、空き缶や空き箱のリサイクルは貧乏くさいといったようなことです。

なるほどな、と思います。
しかしこれらのことも、結局は自分自身の満足感ということに帰結してしまうように思うのです。
なので、古雑貨とはとてもいえないまだまだ新しい缶の楽しみ方も取り上げました。

楽しければいい、というとまた無責任な気がして立ち止まりたくもなるのですが、誰かの価値観ではなく、自分自身の価値観で楽しみ続ければいいのではないかと思っています。

特にペンスタンドは安上がりに楽しめるので、猫町のような貧乏さんもにこにこと機嫌よく楽しんでみてください。
[PR]
by mukei_font | 2015-05-11 23:59 | その他文房具 | Comments(2)

ついに鼻先のニンジン(=青い下敷)ゲット。

先日から騒いでいる「自分へのごぼうび」である例のブツをついに入手しました。

関連記事はこちら。

猫町と英語日記・その1(鼻先のニンジン)。
猫町と英語日記・その3(鼻先のニンジンその後)。

ドオオオン。
f0220714_835098.jpg

青色の下敷です。
見たまんまです。
使い心地もさすがに普通です。

プラスチックの製品は完成した直後がもっとも美しい(そしてその後どんどん悪くなっていく)、と木琴堂のお客さんの一人がおっしゃっていました。
なるほど、時を経て味わい深くなっていく木や革といった素材とは確かに真逆です。

が、自分は両方とも好きですね。
木や革ももちろん素晴らしいですが、新品の100円ボールペンのくもりのない透明の軸が、そのうちくすんでいくのを見るのも好きなので。

いずれにせよ、この素敵なニンジンのおかげで英語日記も続けてこられました。
次はどんなニンジンにしようかしらん。
1冊続けられた時の次のノートかしらん。
[PR]
by mukei_font | 2015-05-06 23:59 | その他文房具 | Comments(0)

単語カードについて思うこと。

先日単語カードについて記事にしましたが、使ってみてすぐに分かったことがあります。

100均の単語カードはペラペラ。

そりゃそうですよね。
メーカー品なら1つが80円くらいするところ、3つで100円とかなんだから。

しかも同時に分かったことは、単語カードに求められるのは「丈夫さのみ」であるということ。
とにかく丈夫ならOK、丈夫じゃなかったらNO、そんな存在だなあと思ったしだいです。

というのも、単語カードに情報を記入するというのは結構な労力なわけです。
狭い面積に文字を書くのは得意だと思っていましたが、広い面積の中の狭い部分に文字を書くのと、紙そのものの面積が狭い中で書くのとでは、面積が同じでも全然書きやすさが違います。
紙を手で押さえていられないので字がよぼよぼになるんですよ。

そんな労力をかけてやっとこさ作ったカードが穴のところからたやすく破れてきたら、がっかりどころではありません。
少しでも丈夫そうなカードを選ばないと、と思います。

中学生が単語カードを嫌がる理由は「穴のところから破れてくる」というものでしたが、もしかすると使ったのは100均の単語カードだったのかもしれません。
中学生を見ていると、やはり安さからか100均で文房具を調達してくることが多いんですよね。

もっとも、単語カードの穴をパンチ穴補強シールなどで補強すると話は違ってくるかもしれません。
が、100枚もそれをすると、穴の部分だけ嵩高くなってしまいますよね…
時間もお金もかかるし…

となると、薄くて丈夫な耐水紙みたいなことになるのかな。
耐水紙ってめくりやすいのかな。
機会があったらまた見てみたいと思います。
[PR]
by mukei_font | 2015-01-30 23:59 | その他文房具 | Comments(0)