人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(94)
(53)
(33)
(31)
(9)
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
最近は万年筆インク大流行..
by alchemie0629_a20 at 11:44
Hello. I'm ..
by mukei_font at 18:51
HI, I am lo..
by SUSAN TSAI at 21:27
家の最寄りのSeriaで..
by alchemie0629_a20 at 13:42
こんな時期に突然すいませ..
by 名無し at 00:35
消しゴム大好きともこです..
by ともこ at 12:22
ぬう、そっちだったで御座..
by 輪音 at 19:59
先日、買っちゃいました。..
by 輪音 at 19:50
昨夜はあまりにもガッカリ..
by テヅルモヅル at 23:21
結論から言いますと、ダメ..
by テヅルモヅル at 22:52
このたびは記事にしてくだ..
by くら at 00:41
こんにちは。 こちらの..
by ゆいとまる at 10:24
そっちかぁ〜(ノ∀`)
by alchemie0629_a20 at 18:43
以前、景品で鉛筆を用意し..
by あみ at 08:06
一昔前ならエスパークスや..
by alchemie0629_a20 at 23:46
モノだと折れやすいですし..
by 輪音 at 03:53
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 07:40
ステッドラー・マルスプラ..
by alchemie0629_a20 at 16:50
ちなみに最近のスーパーサ..
by alchemie0629_a20 at 08:48
あれからまたちょくちょく..
by alchemie0629_a20 at 17:11
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:文具屋めぐり( 88 )

夏の日のステフォレと幻のポムの樹。

台風19号が通過していった10月13日の朝です。
あちこちで甚大な被害が出ており言葉もありませんが、(ざわつく自分の)心を落ち着けるためにもいつも通り雑文を書いていきたいと思います。

もうすぐ8月の記事も終わりですが、8月に友人のピアノコンサートを聴きに姫路に行った際、偶然「ステフォレ」という文房具カフェを見つけて立ち寄りました。

以前かつめしこさんが猫町文具店(仮)にいらした時(6年以上前!)にお話を伺った記憶があるのですが、もともとは加古川にある文房具カフェのようですね。
その姫路店が「イーグレひめじ」という施設の2階にも入っているのでしょう。

しかしイーグレひめじの中で見つけたステフォレの中に入っていった猫町の足取りは軽いものではありませんでした。
むしろ行き倒れ寸前に近く、いかなる時も文房具優先で行動するこの猫町がステフォレの「文房具」ではなく「カフェ」に惹かれて入っていったくらいに疲れ果てていました。

というのも猫町はイーグレひめじの中で「ポムの樹」というオムライス店を探していたのでした。
猫町は毎晩眠りにつく前たいていひどく空腹なのですが、その空腹時に食べたいものの東の横綱が「牛の形の鉄板にのったハンバーグ」なら西の横綱が「『ポムの樹』の和風オムライス」なのです。

しかし田舎在住の悲しさ、「ポムの樹」は近くにはなく、毎晩かつて大阪で行ったあちこちの「ポムの樹」を思い出してはせつなくなっていたのですが、検索すると姫路のイーグレの中にあるというではありませんか。

姫路に行った時こそチャンス。

というわけで、ぎらつく気持ちを抑えて「みゆき通り」をのしのし歩きイーグレなる施設に入ってみたのですが、なんだか公的な施設なようでがらんとしており、どこにも「ポムの樹」はなく…

間違っていたのかと思い、妹にメールをして調べてもらいましたが、やはりイーグレと出るらしく…

閉店したのか?
そんな…
猫町は古いデータを信じてはるばる田舎から…?
連夜のひもじさを返せ…

とボロ雑巾のような疲労とともにたどりついたのが上記のステフォレだったというわけでした。
カフェではとりあえず焦点の合わないまま紅茶を飲み、焦点の合わないまま文房具を眺めて帰ってきましたが、感想としては、

ほぼ客がいなかったが大丈夫なのだろうか。
イーグレという施設自体あまり人が来なさそうだが大丈夫なのだろか。

という「経営は大丈夫か」ということに尽きました。

居心地自体はとてもよかったです。
何しろ静かだし誰もいないので。
カフェで飲み物を注文して書き物などをするには最適な場所で、実際猫町もここでピアニストの友人にカードを書きました。

しかし大丈夫なのか。
余計なお世話ですがそればかりが気になりました。

あまりにもがらんとしていたので次に行った時には「ポムの樹」のようにもうどこにもなくなっていたりして。
そもそも自分は本当にそこに行ったのだろうか。

一応これがそこでもらってきたショップカード。
f0220714_10281888.jpg
こちらが注文した紅茶に貼ってあったシール。
f0220714_10282253.jpg
それにしても「ポムの樹」はどこにあるのでしょうか。

by mukei_font | 2019-08-26 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

姫路文具旅2019〜キディランド~

先日の姫路文具旅の記事で、行ったのに書き忘れている所がありました。
キディランドです。

ピオレという駅ビルの中に東急ハンズや無印良品が入っているのですが、キディランドも入っており、きっちり立ち寄っておりました。
立ち寄っただけではなく購入もしておりました。

鉛筆です。
f0220714_14485460.jpg
少し前から自分の中に「かわいい鉛筆とは」というテーマが生まれ、それについての探究です。
一緒に勉強している学生さんへの景品として鉛筆を渡す場面があり、かわいい鉛筆について研究せざるを得なくなりました。

「かわいい」にこだわる人たちによると、鉛筆の頭の部分のワンポイントも重要だとか…
まあ確かにワンポイントがキラキラしてはいますが…
f0220714_14490493.jpg
文房具は見た目よりも性能派の猫町は(かわいいとかよりざりざりせず心地よく書けて消しゴムでちゃんと消せる芯なんだろうか)ということで頭がいっぱいになるわけですが、見た目重視の人たちはやはりかわいさが最重要なわけです。

枯れたミドルエイジにかわいさなんて分からないよう…
猫町の思う「かわいい」はトンボのippo!かきかたえんぴつのNatural柄だよう…

しかし…
かわいい鉛筆はどうして丸軸ばかりなんでしょうか。

コストの関係?
丸軸のほうが作るのが簡単?

丸軸の鉛筆はおもしろいようにころころと転がり、机から落ちそうになる鉛筆をはっしと止めるシーンも多いのです。
本当は丸軸禁止!と言いたいのをグッとこらえているのです。

にもかかわらず、つい乗せられて丸軸のかわいい鉛筆を買ってしまった猫町。
転がり防止のキャップなどもすでに頭にあり、「かわいい」の探究はどこまでも続いていきそうです。

by mukei_font | 2019-05-09 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

姫路文具旅2019〜ジュンク堂書店〜

本屋を最後にしたのは大正解で、もうここで燃え尽きるまで本を見て歩くんじゃあ、と数時間かけて丹念に本をチェックしていきました。

自分が書店員の頃は客自身が使うタッチパネルの検索機が出始めた頃で、しょっちゅうフリーズし、不安定でした。
なので、お客さんが探している本を代わりに探すのは書店員の当たり前の仕事でした。

われわれは割り当てられたジャンルの本はだいたい把握していることになっていたので(個人差あり)、あり得ないようなかすかな手がかりから本を見つけ出すことも日常茶飯事で、店内をいろんなジャンルの店員が文字通り走りまわっていたものです。

しかし今はいい検索機があったり、客自らがスマホで検索できたり…
心なしかあまり店員も走り回っていないような…

って毎回同じことを書いていたらすみません。
まさしく隔世の感というやつです。

さて旅の終着点にたどり着いてもなお文房具が気になる猫町は、ジュンク堂書店の中の文房具売り場を素通りできません。

マルマンの布張りなのに360度折り返せるルーズリーフバインダー(PLACIDE:プラシード)を思わず手にとってしまいました。
ルーズリーフバインダーは金属金具でなければならない派なのですが、金属金具でしかも表紙をぐるりと折り返せる利点もあるとは…

さすがに買いませんでしたが、頭の中に(そしてこのブログに)記録しておくことにします。

この後さらに改札の中にある小さな書店の文房具売り場をチェックし、本当に「平成」とか「令和」のグッズが売られているのを横目に都会(姫路)ともしばらくおさらばです。

さて"御座候"を買って帰るとしましょうか…

by mukei_font | 2019-05-06 17:16 | 文具屋めぐり | Comments(0)

姫路文具旅2019〜あらためてロフト〜

ふう…

今のところ流されそうになるたびに大天使猫町が現れ説教→素直に従う、の繰り返しでいつもなら勢いで買ってしまうものをいくつか食い止められています。

とりあえずレター用品を買っていない自分GJ。

いろいろ自分に言い訳して使いやすい大きさだからどうのこうのとほとんど買ってしまいそうになっていたのですが、大天使猫町の導きで家の引き出しいっぱいにあるレター用品の存在をリアルに思い出すことができ、無事回避できました。

とはいえ気になっていたものをあれこれゲット…

不思議とハンズにあるものはロフトになく、ハンズで買ったものはほぼ大成功の買い物でした。
いくら姫路駅周辺で済むとはいえ、行ったり来たりしたくありません。

ところで衝撃的なことが。
ロフトでも見切り品のワゴンセールがあり、いつものようにチェックしてみるとなんとZEBRAのRougel(ルージェル)があるではありませんか。

1000円が500円…
猫町が愛用しているホワイトもある…
ひどい…
三菱のUMR-8x芯も入るしめちゃいいのに…

ということで、姫路の人はロフトのワゴンセールがおすすめです。

by mukei_font | 2019-05-06 13:20 | 文具屋めぐり | Comments(0)

姫路文具旅2019〜ハンズ→無印→ロフト〜

というわけで、姫路をうろうろしています。

本屋に行くとそこで時間がとまってしまうので本屋は最後に行くことにし、まずはハンズや無印良品、ロフトなどをめぐります。

大阪に住んでいた時はこれらはすべて最寄り駅の近くにあり、いつでもホテホテ歩いてめぐることができました。
それを思うと今は少し不便なようにも思いますが、大きな駅を中心とした渦を巻くような人混みや、その流れに逆らって進んだり渦を突っ切るように横切ったりする労力、そしてたどり着いた先の物と人であふれかえった空間などを思い出すと、それはそれでしんどかった気もして今はこの状況に満足しています。

つまりたまに来られるくらいでいい、たまに来られるからこそハンズや無印良品、ロフトを心から楽しむことができるということです。

閑話休題。

姫路は文房具に関しては品揃え的にロフト>ハンズなところがあると思っているのですが、今回もそんな感じでした。

ハンズでは出会えなかった文房具のほとんどがロフトにあり、これは本気で最近の「気になる」が一気に解決してしまいそうだぞ、と冷や汗をたらしたところでとりあえず冷静になるべく「とんかつ休憩」と洒落込むことにします。


by mukei_font | 2019-05-06 12:24 | 文具屋めぐり | Comments(0)

10連休最終日、ついに出発。

10連休と言えどもほとんどいつもと変わらぬ毎日で、バタバタしたりこの季節特有の体調不良でふらふらしたりの猫町です。

が、やはり貴重なこの機会、一つくらいはそれらしいことをしておかねば、とついに文具旅に出かけることにしました。
行き先は?

姫路。

近ッ。
でもなかなか行く機会がないので、たくさん見て楽しんできますね。

実は目的は文房具屋より本屋で、ネット検索ではどうしても分からない辞書や参考書などをチェックしてみたいと思っています。

毎回行く先々でホイホイ買ってしまい、最後は筋トレみたいになるので今回は重さも考えながらめぐりたいと思います。

さて猫町は「気になる文房具」たちに出会えるでしょうか。

by mukei_font | 2019-05-05 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

第2回大阪文具旅2019〜帰り道〜

放心状態で帰りの電車に揺られています。

今日は燃え尽きました。
前回の文具旅は一人だったので黙々とあちこちを見て回るのみでしたが、人に会い、話をし、たくさん笑い、いろんなものを見…

本当に濃い1日でした。

旅の最後は無印良品で念願の横罫ルーズリーフを買い求めて大団円となりましたが、もちろんジュンク堂に舞い戻る時間も体力もゼロ。

心残りは猫町と入れ替わりに「ふたり展」にやって来られた方がこのブログの読者だったということ。

千葉県から来てくださった方…
少しだけでもお話ししたかったです…

入り口ですれ違った時、猫町の第七感で(もしかして文房具好きの方なのでは?)と一瞬思ったのに残念でした。
でもうさむしはとても喜んでおり、自分もそれを聞いて幸せな気持ちになりました。

「ふたり展」は3月3日まで続きます。
皆さんぜひ足を運んでみてくださいね。

はんこ押し放題が特におすすめなので、いっぱい付箋やブロックメモ、封筒などを持って参加してみてください。
あとはもうお金に糸目をつけず、散財&散財でお願いします。

by mukei_font | 2019-02-27 21:02 | 文具屋めぐり | Comments(2)

第2回大阪文具旅2019〜シモジマ〜

ふたり展」のことはあらためて書くとして、「ふたり展」の後はこれまた前回行けなかったシモジマへGO!

シモジマで買っておくべき文房具の筆頭は何と言ってもスタンプのインクパッド。
ここで買い逃すと、シ〜モ〜ジ〜マ〜と自宅でギリギリと歯ぎしりするはめになるのです。

「ふたり展」で妹と合流したのでシモジマには二人で行ったのですが、先ほど購入したうさむしのはんこを念頭に置きながら、ああでもないこうでもないとインクパッドを選んでいきました。

初歩的なミスですが、すでに持っているインクパッドの色をメモして持って来ればよかったです…
こんなに悩んで選んで買って、帰宅して色がかぶっていたらしょんぼりだなあ…

シモジマでは他に消耗品を買い足しました。
ホワイトボードマーカーのインクカートリッジや替芯など。

「ふたり展」で燃え尽きていたこともありシモジマはあまりじっくり見られず。
コクヨの鉛筆シャープの新商品もどこかにあったのかもしれませんが、出会えませんでした。

by mukei_font | 2019-02-26 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(0)

第2回大阪文具旅2019〜MARUZEN&ジュンク堂書店〜

今回は前回行けなかったところを優先的にまわることにして、まずはMARUZEN&ジュンク堂書店へ。

大都会に行くとなるとどうしても実物を見てみたい書籍のチェックに没頭してしまい、途中から完全に仕事モードに。
巨大書店にありがちな既刊本の面出し(実店舗の魅力!)の術中にまんまとはまり、あの本もいいぞ、この本も捨てがたい…

全部買っていたら(『聖闘士星矢』読者にはお馴染みの)聖衣の箱を背負うはめになりそうで断念しましたが、体力があれば帰る前にまた寄りたいです…

ということで、文具売り場であるナガサワ文具センターは軽く流す程度。
サクラクレパスの真鍮のゲルインクボールペン(craft_lab)を初めて手に取りました。
独特の存在感があるし、インクの色もよくてなかなかかっこよかったのですが、リフィルが簡単に入手できなさそうなところが気になりました(高いし)。

久しぶりに行ったせいかナガサワ文具センターは高級筆記具方面にかなりシフトした印象を受けました。
ショーケースの中の万年筆や、積み上げられたカラフルな万年筆のインクがキラキラして田舎者にはちょっとまぶしすぎたようです。

by mukei_font | 2019-02-25 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(3)

大阪文具旅2019〜ヨドバシカメラ追記〜

大阪文具旅から1週間がたちましたが、書き忘れていたことを追加で書いておきます。

ヨドバシカメラで見たものと気づいたことについてですが、まず実物を見てふむふむと思ったのが、レイメイのスタディトートトンボ鉛筆8900番・70周年限定セット

どちらも新商品の情報に胸を躍らせて記事にしたことがありますが、これは実物を見てよかったです。

まずスタディトートは小さかったです。
サイズまで丹念に見ていたつもりでしたが、あらためてこれは衝動買いしなくてよかったと思いました。

猫町が持ち運びたいものはこんな素敵なものには収まりません。
しゃれた人間じゃなくてすまん、と一瞬でも買おうとした自分を恥じました。

ちなみにスタディトートを買ったつもりになって家で使っている帆布のトートバッグは無限に物が入り、しかも一応自立するすぐれもので、鉄アレイを持ち歩いているのかというくらい詰め込んでもなんとかなっているのでした。

もう1点のトンボ鉛筆8900番・70周年限定セットもまた出会えてよかった商品でしたが、これはなんというかある意味夢から覚めたような感じになってしまいました。

保存用に買って、実際に使う用にも買って…とこれまた夢見がちなことを考えていたのですが、ヨドバシカメラの店頭に並んでいた商品には素敵な紙スリーブにべたりと値札が貼られていたのです。

ヨドバシカメラだからしかたがない。
きっと値札を貼る位置も決まっているのだろう。
確かに分かりやすい、とっても分かりやすい、だがしかし…

70周年限定セットなのに…と思ってしまいました。

大阪時代働いていた文具店もそういうタイプの店でした。
LIFEのノートでもミドリのトラベラーズノートでも素敵な意匠を邪魔するような位置に値札を貼ることが決まっていて抵抗がありました。

しかしいくらルールとはいえ雰囲気込みの商品の場合、これはちょっと厳しいですよね。
どうしても値札を目立つところに貼らなければならないのならせめて商品をPP袋に入れてから値札を貼るなどしてもよかったような…

とまあちょっと驚いてしまったので今回は買わず。
それにやはりどうしてもB派なのでまあいいのです。

最後に気づいたこととして筆記具売り場の試し書きについて書いておきます。

試し書きはクリップボードみたいなものににょーんと伸びるコードみたいなのがぶらさがっていて、自分でそれを胸元に引き寄せて書く仕組みになっていたのですが、これが結構きつく、にょーんとしながらぷるぷるしてしまい、ちょっとでも力が抜けたらばいーんと元に戻ってしまいそうで、しかし中途半端な位置で上向き筆記は絶対にしたくないからペン先を下に向けて書けるようボードの位置を探っていると、

にょーん→ぷるぷる→ばいーんの恐怖→力を込めてにょーん→さらにぷるぷる→ばいーんの恐怖→…

がぐるぐるして、これはまったく集中できませんでした。
背伸びしないと書けない位置に試筆紙がある店や、上向き筆記をしろといわんばかりの角度に試筆紙がある店も困りますが、やけに握力や腕力を求めるタイプの試し書きもどうかと思いました。

まだまだ元気いっぱいかつ手荷物の少ない旅の最初に立ち寄った時点でぷるぷるするくらいなので、手荷物が増えた旅の終わりであれば間違いなくばいーんとボードを吹っ飛ばしていたことでしょう。

まあそれもこれも文具旅の醍醐味ですよね。
受験生たちに春が来たら…またふらふらと出かけたいと思います。

by mukei_font | 2019-01-30 23:59 | 文具屋めぐり | Comments(2)