猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(59)
(33)
(25)
(14)
(9)
以前の記事
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
いざとなったら100均に..
by alchemie0629_a20 at 12:16
はじめまして 私が競馬..
by たましい at 17:55
NHKの朝の連続ドラマ「..
by 慎之介 at 15:22
文具店員時代、 紙巻き..
by あお at 18:32
おおーっ! 早速ありがと..
by ふりふりばなな at 21:55
>ふりふりばななさん ..
by mukei_font at 18:26
シャープペンシルの悩みは..
by ふりふりばなな at 13:51
いつも楽しく拝見しており..
by ほあゆう at 23:11
>sutekinakur..
by mukei_font at 22:48
はじめまして! ステキ..
by sutekinakurashi7 at 17:09
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:まちかど文具( 33 )

まちかど文具・その291〜その300。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
この企画を始めて6年以上がたち、ようやく300個に到達しました。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その291。
家人と携帯ショップに行く。
平日だからか客のほとんどはシニア層。
対応してくれた店員さんの胸元のポケットのボールペンをチェック。
ノックボタンが7ミリくらいしか見えていない。
しかも影になっている。
うーん…
ジェットの黒か?
アクロの黒か?
アクロだった。
まず一敗。

まちかど文具その292。
携帯ショップはすべての席がうまり、待合席もいっぱい。
対応に追われ忙しそうにしている他の店員さんをきょろきょろチェック。
ポケットにサクラクレパスのグロッソを挿している店員さん発見。
グロッソて!
マニアック!
油性かゲルかまでは分からなかったがこれで一勝一敗。

まちかど文具その293。
今日は姫路競馬場(=ウインズ姫路)で男らしく戦ってきた。
戦う猫町は戦いながらも文房具を観察。
猛者たちはペグシル派と赤色サインペン派に二分され、赤色サインペン派はぺんてるのサインペン、三菱のリブ、ZEBRAのマッキーに分類される。
ぺんてるも多かったがリブも多かった。

まちかど文具その294。
昨日の健康診断でも多くの文房具を見た。
ボールペンはロングセラーの油性ボールペンが多く、ZEBRAのジムノックが多数。
蛍光ペンは使う人それぞれに好みがあるのか、ZEBRAの蛍光オプテックスケア、PILOTのスポットライターシングル、ぺんてるのノック式ハンディラインS。

まちかど文具その295。
同じ健康診断会場でスタイルフィットの「グラデーションカラー軸」を見る。
2014年の限定デザインで「男子向け」みたいなキャッチフレーズだったが町中で見るのは初めて。
使っていたのは女性だったが、三菱が力を入れているキャラクターものをあえて避けての選択ならおもしろい。

まちかど文具その296。
それよりも健康診断会場で思ったのは印鑑のインクの消費についてだった。
受診票の必要事項をチェックしては担当の保健師さんが印鑑を押してくれるのだが、これはインクが減るだろうなと思った。
こんなに押す機会があれば欲しい印鑑もあるのだが、とちょっとうらやましくなった。

まちかど文具その297。
買い物の際にメモを握りしめている人を見るのが好きだが、意識して観察しようとすると意外とおらず、自分が一番力を入れたメモを握りしめている。
今日は店頭でメモを消し込んでいるおじいさんを発見。
分かる、消し込みたくなる気持ち。
手にはサラサクリップが握られていた。

まちかど文具その298。
昨日は大阪に行っていた。
地元にはない銀行の用事を済ませるべくあちこちはしご。
とある銀行で見た文房具はMAXの朱肉、サンビーの回転印、クツワの蛍光マーカー(鉛筆)、ジェットストリームの単色と多色。
窓口にあるかっこいいボールペンはもそもそして非常に書きにくかった。

まちかど文具その299。
また別の銀行では今度は回転印がすべてシヤチハタだった。
スタンプ台もシヤチハタ。
のりはアラビックヤマト。
行員さんが何かを記入するたびに胸元のポケットに戻すボールペンを観察するがあまりの速さによく分からない。
たぶんビクーニャ。
多くの文房具が大活躍の窓口だった。

まちかど文具その300。
リモコンボックスのチラシに多色ボールペンらしきものを見る。
リモコンボックスというのはたいていいろいろ入るようになっているので筆記具も立っているのだろう。
トンボのリポーター4だった。
書店員時代は本棚等の広告で背表紙を凝視していたが、今は文房具を素通りできない。

[PR]
by mukei_font | 2018-04-30 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)

まちかど文具・その281〜その290。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
同じような文房具ばかりが登場しますが、目撃したシチュエーションが異なるとまた違った印象を受けます。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

なお今回は猫町のミスで1つTwitterに書くのを忘れていたものがあります。
Twitter派の方も目を通していただければと思います。

まちかど文具その281。
とある事業所から送られて来た書類。
こことここに名前を記入せよという目印にぐるっと記入欄を囲んでいるペンがどうにもフリクションに思えた。
インクの薄さといい、中抜けのぐあいといい。
目立たないところをこっそりこすってみると消えた。
おおお!思わず大きな声が出た。

まちかど文具その282。
自分もそうだったから分かるが、店頭で接客する時に身につけている文房具というのは選ばれし戦士たちだ。
今日見た戦士たちはZEBRAのサラサドライとクリップオンマルチ(1000円のやつ)、それからおそらく100均で売られている名前のないゲルインクボールペン2本だった。

まちかど文具その283。
確定申告も済み、今こそTSUTAYAのオリジナル文具・HEDERA(ヘデラ)を試す時では?と何を買おうかわくわくしていたら中学生がすでにHEDERAの定規を使っていた。
動じないふりをしたが内心はまさに「なにい!?」だった。
車田正美先生風にぶっとい汗をかきながらそっと目を閉じた。

まちかど文具その284。
ダイソーに行く。
2穴ファイルのいいやつがなくなっていて、「とりあえずいるかも」というあやふやさでも買っておくべきだったと悟る。
ファイリングは特に「展望」が求められるジャンルのように思える。
今後こうする、という方針さえ決まっていれば強気のまとめ買いもできる。

まちかど文具その285。
皮膚科の受付のボールペンがPILOTのレックスグリップからアクロボールになっていた。
見たことのない紫色の透明の軸で(名入れあり)、最初は何のボールペンか分からなかったがタイヤパターングリップでピンときた。
たった数文字書くだけでもボールペンの違いを味わうのは楽しい。

まちかど文具その286。
初めて行った眼科はZEBRAのスラリに支配されていた。
が、ちょうど最近気温的にスラリにぴったりの季節になってきたなと思っていたところだったのでスラリの春を満喫。
問診票はクリップボードの上で書かされることが多いがガタガタの字になるのが残念。
下に数枚紙を敷きたい。

まちかど文具その287。
同じ眼科にて、一見スラリの勢力が強いように思えたが、ドクターが使っていたのはPILOTのパティントだった。
デキる大人は胸元にいい筆記具を、などとすすめがちだが、個人的には薬品名が名入れされたボールペンを胸に挿しているドクターが好きだ。
普通に使いやすそうなので。

まちかど文具その288。
昨日眼科の後に行った眼鏡屋の店員は修正テープ付きのボールペンを使っていた。
が、それがフィードホワイトラインなのかアクロボールホワイトラインなのかはよく分からず(眼鏡をとって説明していたため)。
前者かなあ。
かなり年季が入って修正テープ部分は壊れていた。

まちかど文具その289。
スーパーマーケットを愛している自分としては当然レジの方々についても精通しており、その方々の文具についてもだいたい把握している。
全体的な感想としては「文具を選べと言われればピンク」派が多いことと、「買うなら限定もの」派が多いこと。
自分と違う人を見るのは楽しい。

まちかど文具その290。
録画したドラマを見る時間がなかなかとれない。
少し前の「相棒」を見ていたら、手紙が登場するシーンで使われていた便箋がホールマークのものだった。
ああいうのはスタッフが書いているのだろうか。
あと、ヤロポロクから届いたらしき手紙の便箋の紙質が薄くてとっても好み。

[PR]
by mukei_font | 2018-03-16 23:59 | まちかど文具 | Comments(1)

握られたメモたち(まちかど文具スペシャル版)。

日々の食料品の買い出しが好きです。
肉とか野菜とか豆腐とかパンを買うのが好きです。
今日はいつもよりも何円安いぞと思いながらほくほくと買い物するのが好きです。

買い物の時はメモを握りしめて行くのですが、スーパーの店頭には猫町以外にもメモを握りしめた人が大勢います。
そのメモをちらと見るのがとても楽しいのです。

などと書くとのぞき見趣味的で嫌な感じですが、実はメモの内容はほぼ見ておらず、メモとなった紙と記入に使われた筆記具を一瞬だけ観察しているだけなのでお許しいただきたいなと思います。

猫町調べでは紙は白色のメモ用紙かチラシの裏であることが多いです。
それらはたいてい無地なのですが、中には罫線入りの紙を握っている方もいて、お、と思います。
罫幅や紙の薄さから手帳の後ろのフリーページっぽい場合もあるのですが、古い手帳をちぎったりするのでしょうか。

また、白色のメモ用紙といってもいろいろで、いわゆるブロックメモのたぐいの市販されているメモ用紙だったり、白色の紙を手頃なサイズに切った手製のメモ用紙だったり、それもハサミで切られていたりカッターで切られていたりちぎられていたり、いろいろです。

もっとよく見たいのですが、たいてい握りしめられてくしゃくしゃになっているのでよく分かりません。
もちろんそのくしゃっとなり具合から紙の厚さを想像するのも楽しいのですが。

そこに書かれた文字の観察となるとさらに難しいものがありますが、雑な観察では黒の油性ボールペンや鉛筆で書かれていることが多いのではないでしょうか。
サインペンのような太めの筆記具や色ペンで書かれたものはあまり見ないように思います。

ボールペンの種類まではさすがに断言できませんが、いわゆる普通の油性ボールペンが多いような感じです。
同じように肉や野菜をのぞき込んでいる場合だと接近しているのでそれがジェットストリームで書かれたものかどうかまで分かったりするのですが、遠目からは難しいですね。

また、買い物メモはレジ付近でも再確認する場合があり、レジに並んでいる時に観察できたりもします。
長蛇の列に並びながら見るともなしに見ていると、手帳を広げて確認を始めたりする人などもいて、なるほどと思います。
おそらくスマートフォンをメモ帳がわりにしている人もいるのでしょうが、スマートフォンは買い物メモ以外の用途も多いのでよく分かりません。

などとさらっとした観察を楽しんでいるわけですが、楽しいのはデータの収集ではなく、紙や筆記具の手がかりからそのメモが書かれた状況を想像する時間です。

どんな家のどんな机でこれを書いたのだろう。
その机の上のペン立てにはどんなペンが並んでいるのだろう。

メモ用紙や書かれた文字の雰囲気からうかがえるその人の文具事情をあれこれ想像するのが楽しいのです。
ぼそぼそした油性ボールペンで書いている人を見ると、もらってから時間のたったノベルティのボールペンで書いたのかな、と思うし、チラシの裏をメモ用紙にしている人を見ると同様のメモ束があるちゃぶ台を想像するといったぐあいに。

かくいう猫町はといえば…

と、ここでメモの写真を載せるか相当迷ったのですが、とにかく思いつきでこの記事を書き始めたので本当にある日の殴り書きメモです。
きれいに書き直したい、と思ったのですが、それだとリアルにならないので本当に汚くて申し訳ないですが…
f0220714_10023566.jpg
誰かがこのメモをのぞき見て猫町の文具事情をあれこれ想像してくれたら楽しいですが…どうでしょうか。
字も汚いし、文房具に興味があるようにはとても見えませんね。

いちびって(ふざけての意)万年筆でメモを書いた情報カードをはさんだジョッターでも持ち歩いたろか?とも思うのですが、それはあまりにもスーパーマーケットには似合わなくて笑ってします。

おそらく今後も雑なメモを握りしめてぎらついた目で肉売り場を徘徊する多くの客の一人でいると思います。

[PR]
by mukei_font | 2018-02-15 23:59 | まちかど文具 | Comments(4)

まちかど文具・その271〜その280。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
同じような文房具ばかりが登場しますが、使われ方がそれぞれなので飽きません。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その271。
家に電気工事の人が来る。
一人はサラサクリップの0.7とフリクションボールノックの0.7のグリーン。
もう一人はサラサクリップじゃないサラサとフリクションボールノックの0.7のグリーン。
前回の工事人もサラサやフリクションを持っていたが会社で推奨されているのかな。

まちかど文具その272。
先月パソコンを買った家電量販店へ。
お世話になった店員さんが対応してくれたので見ていると、前回同様楽ノックの0.5を使っており、やはりこだわって使っているんだなと思った。
もう一人の店員さんもすぐに胸元から紙用マッキーを取り出し、ああこれが一軍の筆記具だと思った。

まちかど文具その273。
お正月の寿司を予約しに行く。
女性店員が商品名や数をメモするのに使っていたボールペンはノック部分にミニオンズがついたもの。
かなり使い込まれていた。
注文のメモは控えのためにもう1枚書いてくれたが、こういう時のカーボン紙では…と一瞬思ってしまった。

まちかど文具その274。
正月早々書店へ。
カウンタに転がっているのはクリップのところに店名が入ったPILOTのパティント。
夜は焼肉屋。
店員さんが忙しく注文をとるのに使っているのはジェットストリームの緑軸。
書店員や文具店員の頃は自分も2日から働いていた。
働き者の文房具たちといつも一緒だった。

まちかど文具その275。
店員さんが使っている文房具を見る楽しみはそこにこだわりを感じる瞬間があるからだ。
先日の店員さんはオレンジ派のようだった。
パティントもクリフターもオレンジ軸で、ポケットから出してきたカシオの電卓もキャロットオレンジだった。
語らずとも好みが垣間見えるのが楽しい。

まちかど文具その276。
家人が車の点検のことでディーラーに電話をしている。
その車を買った時の担当者が使っていたのはクロスのクラシックセンチュリーメダリストだった。
そのばっちりはまった感じはおしゃれさよりも安心感や説得力を与えた。
文房具は見た目派ではない自分にもそれは分かった。

まちかど文具その277。
保険のことを聞きに郵便局へ。
丁寧にあれこれ教えてくれた親切な局員さんが使っていたのはZEBRAのジムノック。
郵便局名の書かれたテプラが貼られていた。
気になったのはボールペンではなくペンの持ち方で、自分も人のことは言えないが相当個性的な握り方をしていて心配になった。

まちかど文具その278。
保険のことを聞きに再び郵便局へ。
今日の局員さんの胸元にはジェットストリームが3本とアクロボール3が1本。
来客用にカウンタに置いてあるボールペンはZEBRAのタプリクリップ、テプラが貼られたボールペンはジムノック。
郵便局はZEBRA派だが局員さんの好みは違うのだろう。

まちかど文具その279。
カウンタの中にあるいろんな文房具も気になる。
PUMAの電動鉛筆削りがあって、PUMAだから三菱鉛筆かなと思って調べたらクツワのだった。
鉛筆を使う場面もあるのか。
電動鉛筆削りは贅沢品と子どもの頃に言われたせいか一度も所有したことがない。
大きな音がしそうなのも困る。

まちかど文具その280。
保険のことを聞きにみたび郵便局へ。
書類に記入する必要があり、先日の局員さんがジェットストリームを貸してくれる。
1.0のペン先は広い面積に名前を書くのにぴったりで、頼もしい線がぐいぐいと書けるのにダマもできず手も汚れず優秀だった。
普段自分が使わないペンは新鮮だ。

[PR]
by mukei_font | 2018-01-23 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)

まちかど文具・その261〜その270。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
といっても「まちかど文具?何それ?」かもしれませんね。

「まちかど文具」というのは猫町がTwitterを始めた時(2012年)に思いついた企画で、街角で見かけた文房具に関してツイートし、そのツイートが10個たまったらブログでまとめるというものでした。

が、田舎在住なのでなかなか10個たまらないのが悲しい。
前回の「その251〜その260。」をまとめたのが2016年の2月なので1年10ヶ月ぶりです。

したがって今回の10個のツイートの中にはものすごく長い時間が流れています。
猫町が山でこけて靴を破ったのもかなり前、あの頃一緒に勉強していた中学生も今は高校生です。

ということで、すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その261。
先日山で派手に転んだので登山靴を買いに行く。
親切に靴について教えてくれた店員の胸ポケットにはぺんてるのハイブリッドの黒と赤。
なんていい人…
でもキャップ式で大丈夫?と思ったらエナージェルもしっかり挿してあった。
ぺんてる派だろうか?
無意識のチョイスならいいな。

まちかど文具その262。
とあるイベントに参加した時のこと。
開場を待っているとアンケート用紙が配られ、先に記入をとのこと。
周りを観察すると皆ごそごそと鞄からペンを取り出すではないか。
手帳に挿せる小さなタイプからノベルティものまで。
60~70代の女性たち。
皆ペンを持ち歩いているのね。

まちかど文具その263。
会場に置かれていた筆記具は三菱の鉛筆(9800)が主流。
立って記入したりするから鉛筆が正解。
スタッフの方はフリクションボール3やコレト、ジェットストリームの多色など。
蛍光ペンはぺんてるのノック式ハンディラインSやトンボの蛍コートなどを見かけた。

まちかど文具その264。
受験の近い中学生。
芯を折りまくるくせにオレンズを使っていてはらはらするが、ふと見るとぺんてるの「P200 for BOYS & GIRLSシリーズ」が筆箱に。
この時期に新戦力投入?
GJ!
そうだ、そのシャープペンで戦うんだ。
シャープ芯もタフで頼もしいぞ。

まちかど文具その265。
家に電気工事の人が来る。
胸元の筆記具はフリクションライト、フリクションボール3、サラサ、サラサドライ、ジェットストリーム。
かなり的確に使い分けていて(特にサラサドライを使う場面)、よく分かっているんだなあと感心。
選び抜かれたまぶしい5本。

まちかど文具その266。
ドラマ「監獄のお姫さま」で姫がパラセーリングの予約の際にジェットストリームを、馬場かよが雑居房で三菱の9800(たぶん)とコクヨのキャンパスノートを使用。
以前、刑務所の中で使うペンを卸している問屋に実物を見せてもらったことがある。
分解できず独特の形をしていた。

まちかど文具その267。
映画「グーグーだって猫である」の中で麻子先生がネームを書くのに使っていたシャープペンはZEBRAのエスピナだったと思う。
懐かしいなと思ったが、映画が2008年公開だからその頃には普通に売られていたのだろう。
サバと話すシーンが当時から好きで、そこが見たくてもう一度見た。

まちかど文具その268。
ドラマ「監獄のお姫さま」で先生が姫の母親に手紙を書くのに使っていたのはPILOTのアクロボールだったと思う。
が、馬場かよが使っていたボールペンは分からず。
もっとよく見たかった。
マルマンの図案スケッチブックも登場。
こちらは目立つのですぐに分かる。

まちかど文具その269。
ドラマに出てきた文房具と言えば以前「相棒」でミドリの「花色ノキモチ」便箋が出てきたことがある。
筆記具はトンボのディンプルで、マニアックだなあと思った記憶が。
北一幸や弁護士の連城が出てくる見応えのある回だった。
どこでも売っている便箋なので見るたびに思い出す。

まちかど文具その270。
「競馬BEAT」のメインキャスターである杉崎アナは産休前はフリクションボールノックの0.7を使っていると思っていたが、最近はデルタのドルチェビータらしきペンがよく映る。
傍らに赤いサインペンもあるので競馬エイトの高橋さん同様愛用されているのかもしれない。
[PR]
by mukei_font | 2017-12-09 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)

家電量販店、その時猫町は(続・まちかど文具スペシャル版) 。

先日、家電量販店で見た文房具について記事にしましたが、猫町側の文房具についても書いておきます。

パソコンを買い換える(厳密に言えば急に買い換えなければならなくなった)という一大イベントにおののいた猫町は、不安に思うことをメモ帳にリストアップし、それを家電量販店に持参しました。

そして店員さんに1つ1つ質問し、チェックボックスにチェックしたり、ちまちまとした字でさらに情報を書き込んだりしていったわけですが、そうした几帳面な客はあまりいないようで、「めっちゃきちんとしてはりますね」と店員さんは物珍しそうにしていました。

ちなみに持ち込んだメモ帳はこちら。
ダイソーのスケッチブックです。
f0220714_6382333.jpg

今は表紙も変わり、厚みもどんどん薄くなっていますがこちらは180枚時代のもの。
相撲で例えるとやせる前の逸ノ城くらいのボリュームがあり、ちょっといかついかなと思ったのですが、疑問点があまりにも多く、ジョッターでは間に合わないと判断。

ジョッター片手に来店のほうがかっこいいなと思ったのですが、あたふたしながら家電量販店の机の上に情報カードを並べていく自分を想像し、それはかなり馬鹿みたいなのでやめておこうと思いました。

ということで、数ページに渡って疑問点を書き出していったのですが、重戦車級のメモ帳をペラペラ何度も前後にめくって確認したり、店員に見せたり…
ジョッターにしなくてもやはりかなり馬鹿みたいな感じで、「なんぼほど聞くことあるねん」と頭をたたかれてもおかしくない感じだったと思います。
f0220714_14495926.jpg

なお、筆記具は久しぶりにジェットストリーム0.5を選びました。
急いでメモをする必要があるのでインクの速乾性を優先したのです。
別に鉛筆でもシャープペンでもよかったのですが、最近替芯を新調し、積極的に使っていきたい気分でもありました。

とまあ端から見るとかなりどんくさい猫町ではありましたが、皆さんはそれをスマートフォンでやっているだけなんだと思います。
電車の中などでせっせとメモ帳に書きつけている時なども奇異な目で見られることが多いですが、スマートフォンになら何を打ち込んでいても気にしないくせに(むしろ見ないのがマナー?)同じことだよね、といつも思ってしまいます。

ということで、久しぶりのダイソーのスケッチブックとジェットストリームも楽しかったです。
家電量販店の一角で自分もまちかど文具のワンシーンになった貴重なひとときでした。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-24 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)

家電量販店で見た文房具(まちかど文具スペシャル版)。

街角で見かけた文房具を紹介していく「まちかど文具」というのをTwitterでやっていたことがあって、本当は今から書くようなこともそちらで書いた方がいいのかもしれないのですが、140字でまとめていくのも大変なのでこちらで書きます。

というか、「まちかど文具」もすっかりご無沙汰で、直近のツイートが2017年2月19日。
田舎なので街角で文房具を見かけることがないのですよ。

さて、最近新しいパソコンを買った訳ですが、パソコンにさほど明るくない猫町は家電量販店にたいそうお世話になりました。

まず最初の下見の際におすすめを教えてもらい(1日目)、その後猫町がリストアップした大量の疑問点に一つ一つ答えてくれ(2日目)、最終的に購入する際も猫町の疑問が完全に解決するまで辛抱強く話につきあってくれました(3日目)。

この間猫町の喉には大きな口内炎があり激痛だったのは以前書きましたが(今も治っていません)、話に付き合ってくれた店員さんも大変だったと思います。

ほんっま細かいお客さんやったわ…と休憩室で悪く言われていたり、塩をまかれたりしていてもおかしくないレベルだったかもしれないのですが、でもまあ高い買い物なのでいつも以上に慎重に事を進めた次第です。

で、その際に見た文房具ですが、まず一番お世話になった店員さんの使用していたボールペンが三菱の楽ノックの0.5。
途中でプロバイダを変更することになり、そちらの担当者さんが使っていたのがPILOTのパティントとZEBRAの紙用マッキー

こういうところでジェットストリームを見かけなかったのは意外というか、まだ普通の油性ボールペンが主流なんだ…となんだかうれしかったのが最初の感想。
にしてもなぜ楽ノックの0.5なんだ?というのが二番目の感想。

ソフト下敷きでもあればいいのですが、硬い机の上では油性ボールペンの0.5は普通に書きにくく、線もひょろひょろ…
店員さん買い間違えたのかしら、あるいは無類の細字好きなのかな。

こういう場合大抵後者なんですよね。
こだわって油性の0.5を使う方って意外といるので。

プロバイダの担当者さんはなかなか熱くておもしろかったです。
ネックストラップにパティントを2本はさみ、赤色と緑色の紙用マッキーが胸元(だったかな)から出てくるのですが、なんというか使い方が豪快なのです。

パンフレットにばんばん紙用マッキーでアンダーラインを引いたり、ぐるぐるしたり、書き込んだりするのですが、なんかこういう勢いのいいキャラが暴走していくコントとかありそうだな、とつい違うことを考えながら説明を聞いてしまいました。

なんとなく「たかじんのそこまで言って委員会」でたかじんがボードに勢いよく×とかぐるぐるとかしていたイメージ。
いいなあ、こんな使い方自分はできないもんなあ。

紙用マッキーというのは結構マニアックな選択に思えましたが、いろいろ試していいのがあるやん!みたいな感じで選んでたらいいなと思いました。
油性だと裏抜けが激しすぎるし、蛍光マーカーだと字が書けないと思ったのかな。

おもしろかったのはパンフレットを客側に向けた状態で説明し慣れているからか、パンフレットを担当者さん側に向けたほうが読むのに手間取り、「こっちの方が見やすいんで」とすぐに逆向きにされたことでした。

すごいなあ。
字も逆から書いていたし、なんかすごい。

中学生に勉強を教える時、いまだに反対側からアルファベットを書けない自分としてはうらやましい技能に思えました。

そんなこんなで生き生きと現場で働く文房具(しかも昔からいる働き者たち)に会えてうれしかった猫町です。
何度も思いますが、使われている文房具を見るのが好きだし、その文房具が安くて地味なものほど胸が熱くなるのです。

もしかしたら使っている本人もそのペンの名前を知らない、名前があることさえ知らない、もちろん替芯の品番なんて絶対に知らないくらい何も考えずに使われている文房具を見るのが好きです(続きがあります)。
[PR]
by mukei_font | 2017-11-20 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)

まちかど文具・その251〜その260。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その251。
イオンの中のキャンドゥへ行く。
文房具コーナーを見ると、なんと三菱鉛筆の立派な什器が。
楽ノックとクリフターとシグノとプロパスウィンドウとプロッキーとポスカとピュアカラーがぎゅっと並んだ充実の什器。
こういうのが並ぶともう怪しげな筆記具たちは退場するしかない。

まちかど文具その252。
ついでに店員の筆記具をチェックすると、ジェットストリームとシグノRTだった。
確かに先ほどの什器にはキャップ式のシグノもノック式のRTも並んでいた。
今売られているRTの芯ってRT1に入っている芯と同じかしら。
それならこっちの軸が使いたい人もいるかもしれない。

まちかど文具その253。
帰りにイオンの文具売り場もチェック。
デルガードに0.3と0.7が出て、まさにぶいぶい言わせていた(死語)。
気になったのはシャープ芯。
デルガード替芯とかいつの間に…ドラフィックスよりラインナップ充実してるやん。
というか、今までが不親切すぎたんや。

まちかど文具その254。
イオンの文具売り場では、すでに新入生用のコーナーが出来ていた。
鉛筆も見てみたが、セブン&アイの鉛筆(トンボのippo!かきかたえんぴつ)みたいなかわいいやつはなく、似てはいるが「そうじゃない」的な色展開のものだった。
色って難しいなと思う。

まちかど文具その255。
かかりつけの歯医者の受付には一本ざしのペンスタンド(結構重そうでいいやつ)に鉛筆が突き刺してある。
おそらくボールペンは行方不明なのだろう。
鉛筆は三菱のエコ鉛筆。
名前を記入するノートも環境にやさしそうなノート。
ざらっとしていて鉛筆と好相性。

まちかど文具その256。
その歯医者では診察券の裏の予約の日時の記入もすべて鉛筆。
欄がいっぱいになると受付の女性が消しゴムでごしごし消すのだが、これは消しゴムを研究できそうな職場だ。
いろいろな消しゴムが転がっているが、消しクズがまとまる系が主流の様子。

まちかど文具その257。
昨夜はお相撲さんの番組があったらしい。
稀勢の里まで出ていたとか…
その時間、自分はシャープペンの芯をバキバキ折る中学生を見ていた。
0.3のクルトガを使っていた。
聞けば0.3に慣れてしまい、0.5は嫌らしい。
デルガードの0.3が頭をかすめる。
しばらく見守ろう。

まちかど文具その258。
文房具売り場はぶらりと歩いているだけでエネルギーが充填できる素敵な場所だ。
キャンパスノートのコーナーがすごい。
限定やらコラボやら。
よく見るとドット罫の限定柄が増殖している。
指を鳴らせばノートの罫線をすべて消せる力が自分にあれば(まずは指を鳴らす練習から)…

まちかど文具その259。
なんとなく「受験対策」番組を見てしまった。
もちろん筆記具ばかりが気になるが、案外多機能のシャープ部分で書いている子が多い。
自分ならあんな不安なものは使いたくないが、それだけ使い慣れているのだろう。
レックスグリップを使っている子とかもいてちょっとほっとした。

まちかど文具その260。
ついに無罫ノートで勉強している学生を見る。
自分も使っているダイソーの無地(コンプリート・B5)。
「こ、これ無地やけど、大丈夫なん?」
「え?はい。ガッと書きたいし」…
確かに自分とは違い、かなり自由に大胆にぐりぐりと使っていた。
どうかそのまま大人になるんだぞ。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-21 23:59 | まちかど文具 | Comments(4)

まちかど文具・その241〜その250。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
田舎在住なのでなかなか10個たまりません。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その241。
中学生の問題集を探すため本屋へ。
どこかの出版社の人が棚を見ながら注文書を書いていて、何気なく筆記具を見るとパワータンクだった。
分かっておられる!
立ったままクリップボードにはさんだ書類に記入しようとすると、気づかないうちに上向き筆記になってしまう。

まちかど文具その242。
スーパーのレジで待たされるのは嫌いじゃない。
列に並んでいる人のカゴからのぞく食材から献立を想像するのが楽しいのだ。
同時に店員の胸ポケットのペンもチェックする。
先日見たのは、100均のボールペンに三菱のニューライナーの黒と赤。
徹底した節約派だ。

まちかど文具その243。
録画していたM-1グランプリをやっと見た。
審査員席が映った時に見えたペンがサラサクリップのようだったがどうだろう。
どのコンビも緊張しながら頑張っていただけに、ふざけずに真面目にコメントしていたパンクブーブーの佐藤やNON STYLEの石田がよかった。

まちかど文具その244。
中学生は千葉県にある夢の国に行って来たようだ。
有名なキャラクターのついた文房具が机の上にぞろりと増えている。
まずは多機能ボールペンが2本。
1本は金属軸の重そうなやつで、もう1本はプラスチックのかわいいやつ。
両方とも芯は4C芯だった(さりげなくチェック)。

まちかど文具その245。
夢の国のお土産はまだまだあって、いろんな色のボールペンが筒に入ったセットなども楽しげ。
1本1本に違うキャラクターがプリントされていて、これは使い切っても替芯を入れて大事にしなければ罰が当たるやつ。
「PILOTのジュースやろそれ!」と興奮する猫町。

まちかど文具その246。
妹に荷物を送るため郵便局に。
郵便局員が手にしたペンはゲルインクボールペン。
個人的に伝票には油性ボールペンのイメージなのでちょっと気になる。
クリップの形状から、サラサクリップじゃないほうのサラサかPILOTのGノックと予想。
前者だった。
ひそかにガッツポーズ。

まちかど文具その247。
今度は小学生と勉強することに。
筆記具を観察すると重そうな金属製の多機能ボールペンのシャープペンを使っているではないか。
三菱鉛筆の9000のBにダイソーのカラフルな鉛筆キャップをつけた自分とは対照的だ。
ペンを置くたびにゴトッと音がするのが気になる。

まちかど文具その248。
録画している「あさが来た」を見る。
平さんが使っているノート、無罫だった。
鉛筆でびっしり字が書いてあったので一時停止にしてハアハア見たが、横書きで左から右に文字を書いていた。
まだ縦書きか、右→左に書いていたはずだが。
外国で勉強していた設定だからいいのかな。

まちかど文具その249。
ダイソーに行く。
見たことのないシリーズのノートが出ていて、「GIRLS' TREND研究所」とのコラボとある。
何かよさげなものはないかと見てみたが、ノートは99%が横罫で無罫は1冊だけ。
こういうことには慣れているが、さみしいことはさみしいのだった。

まちかど文具その250。
ダイソーの店員はダイソーの筆記具を使っているのか、というのが以前から気になっていてチェックしたが、メーカー品を使っている人もいて楽しい。
昔働いていた文房具屋では「うちで売ってるやつだけ使ってな」と言われたものだが、チェックしている客は少数だろう。
[PR]
by mukei_font | 2016-02-05 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)

まちかど文具・その231〜その240。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
田舎在住なのでなかなか10個たまりません。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その231。
体のかゆさMAXで皮膚科に駆け込んだ。
ピーマンのワタを取るみたいにかゆい部分が摘出できたらいいのに。
やっぱり飲み薬がないとだめだ。
真面目に通おう。
珍しく病院の受付で自分の名前がうまく書けた。
筆記具よりもクリップボードにはさまれた紙の枚数が絶妙だった。

まちかど文具その232。
田舎でもその気になれば結構いろいろダイアリーがある。
あれこれ見てみたが、マンスリーの中が方眼になっているやつ、あれはちょっと受け付けないなあ。
フリーページも無罫がいい。
これはもう単に好き嫌いの話で、犬派と猫派とか、きのこ派とたけのこ派みたいなそういう話。

まちかど文具その233。
木琴堂のイベントについて朝日新聞の取材を受ける。
聞かれるままにあれこれ話す猫町の言葉をへろへろとノートにメモする記者。
筆記具は最初はジェットストリームだったが、いつの間にかパワータンクになっていた。
パワータンク!?
思わず二度見。
かっこいい。

まちかど文具その234。
木琴堂が取材を受けるのは今年で2回目。
前回は学研のムックだった。
あの時のライターはフリクションでメモをしていたなあ。
別に消せなくてもいいはずなのに、もうそれがメインの筆記具になってしまっているのだろう。
連絡先を記入するために渡され、違和感があった。

まちかど文具その235。
オータムフェスティバル出店中の猫町。
自分のロールペンケースを見本に広げていると、万年筆に足をとめる人が多い。
が、小さな女の子が「あ、万年筆や!」と言うのを聞くと、いつどこで万年筆を知ったのか、またペンのどこを見てそう思ったのかと質問攻めにしたくなる。

まちかど文具その236。
マイナンバーが届く。
配達の人が使っていたのはZEBRAのタプリクリップだった。
こうして一軒一軒を回りながらへろへろとメモをして、少しずつ確実にインクが減っていくのだろう。
なんて正しい使われ方なんだ。
ボールペンの愛しさここに極まれりだ。

まちかど文具その237。
家族の誕生日なのでケーキ屋へ。
かわいらしい店員さんが愛想よく迎えてくれる。
かわいい制服の胸元にぎっしり筆記具。
多機能ボールペン複数と単色ボールペン。
全部昔からある油性ボールペンのように思ったが、どういう使い分けをしているんだろう。
そんなにいるのか。

まちかど文具その238。
ケーキの名前をメモしていく店員さんを何気なく見ると、ショーケースにメモ用紙を押しつけてボールペンで記入。
あーーーそれあかんやつーーー!
ペン先から空気が入るやつーーー!
パワータンクかエアプレスかダウンフォース等の加圧式ボールペンをぜひ仲間に加えてあげて。

まちかど文具その239。
先月のイベント中に見た文房具。
お客さんの胸元に挿してあったアクロボールは1.0の赤。
ボールペンの種類はもちろん、普段自分が使わないボール径のボールペンにも目が行ってしまう。
0.5の楽ノックとかも二度見してしまいがち。

まちかど文具その240。
地元の文房具屋へ。
店の面積は限られており、結局PILOTのジュースもサクラクレパスのボールサインノックも並ばなかった。
が、限定柄のスタイルフィットやプレフィール、あるいはカラフルなレーダーやアーチなどはあり、限定ものにはやさしい店だ。
[PR]
by mukei_font | 2015-11-23 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)