猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(57)
(33)
(21)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
4色同時とはすごいかも。..
by りお at 12:23
トラベラーズノート・・・..
by YAS at 22:43
こん○は。 その色鉛筆..
by YAS at 22:33
こん○は。 蒼墨って青..
by YAS at 22:20
さすがです!!(笑) ..
by あるけみ at 22:14
>あるけみさん もちろ..
by mukei_font at 21:13
連投すみません。 本のタ..
by alchemie0629_a20 at 18:33
『日本の美しいくせ字』と..
by alchemie0629_a20 at 18:30
セーラーの公式ネットショ..
by miyamo at 21:49
最近はルーズリーフを上手..
by K at 11:21
私も小さいキティのスケッ..
by あむ at 21:06
猫町さんと趣向が似ていて..
by 地井 at 19:06
自分も二度目の帯状疱疹の..
by ななしのおっさん at 17:45
8周年おめでとうございま..
by ともこ at 12:52
8周年おめでとうございま..
by さかな at 19:01
8周年おめでとうございま..
by 慎之介 at 08:36
今年のスヌーピーも可愛い..
by NecotaToran at 16:15
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 08:59
>非公開コメントさん ..
by mukei_font at 23:11
自分で書いておきながらビ..
by YAS at 18:18
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:まちかど文具( 32 )

まちかど文具・その211〜その220。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
田舎在住なのでなかなか10個たまりません。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その211。
コンビニの文房具コーナーを眺めるのが好きだ。
必要にかられて買って行く人を想像するのが楽しいのだ。
筆ペンも何種類かある。
急いで金封を買う人は筆ペンもいるだろう。
ほとんどがぺんてるの筆ペンだが、中にOHTOの筆ボールがある。
こんなところにまで進出しているのか。

まちかど文具その212。
家族の薬をもらいに調剤薬局へ。
初めての利用だったのであれこれ記入させられる。
ボールペンはPILOTのオプト。
ボディは軸の中に印刷物が入ったみたいになっているタイプ。
他のボールペンもちらちら見たが、あとはZEBRAのタプリクリップとか。
普通の油性強し。

まちかど文具その213。
自宅のこたつでずっと作業するのもつらいと思い、図書館へ。
作業はまあまあ進んだが、隣の人がごりごり書いている筆記具の音に(油性ボールペンだな)と思ったり、カラカラと音のするペンケースに(鉛筆がたくさん入っているようだ)と思ったりと、ほどよく気も散った。

まちかど文具その214。
手袋を求めてイオンをさまようが売っていない。
しかたなく文房具売り場を徘徊。
デルガードとオレンズを試そうとするもサンプルの軸が3本とも全滅。
デルガードは芯が出ず、オレンズはパイプごとダメになっており、ノック以前の問題だった。
サンプルは乱暴に扱われるからなあ…

まちかど文具その215。
同じ売り場でクルトガの0.7を試そうとするが、こちらはノックボタンが行方不明に。
文具店員時代、一番嫌だったのがシャープペンを分解する客だったが、なんかあのやるせない感じを思い出した。
サンプルだからといってタフにできているわけではない。
普通に使おうよ。

まちかど文具その216。
普段は行かない方向にあるコンビニに行く。
文房具売り場が興味深い。
驚いたのはロケット鉛筆が並んでいたこと。
「削らなくてもいい」みたいなキャッチコピーに、そりゃそうだと思うものの、懐かし文具としてではなく、普通の筆記具として売られていたのがなんだか新鮮。

まちかど文具その217。
サクラのボールサインノック式が入荷していないかなあとイオンに行くがまだ並んでいない。
小中高生にやさしい品ぞろえをしてくれる店なので、いつか並ぶと信じている。
かわりにクツワの蛍光色鉛筆みたいなのを見つけて欲しくなってしまった。
黄色?オレンジ?どっちにしよう。

まちかど文具その218。
郵便局のお兄さんの胸元に三菱の楽ノック0.5の黒と赤。
油性の0.5を使っている人を見ると、買い間違えたのかとつい思ってしまう。
ゲルと混同して0.5を買って行こうとする人がたまにいたので。
でも使い込まれてそうだったし、きっと極細字が好きな人に違いない。

まちかど文具その219。
昨日はコンビニに最後のメール便を出しに行った。
いろんな店員さんと、その愛用ボールペンに本当にお世話になったなと思う。
個人的には見たことのないノベルティのボールペンを使っている人が好きだったな。
意外とペン先が1.0や0.5だったりしてスリルがあった。

まちかど文具その220。
手芸店に行く。
あいにく必要なものがなく、取り寄せてもらうことに。
連絡先を書くのに差し出された3色ボールペンがなんと油性のニードルだった!
OHTO?
もっとよく見たかったなあ。
透明のプラスチック軸なのに、口金部分が金属だったように見えた…
錯覚かもしれないが…
[PR]
by mukei_font | 2015-04-02 23:59 | まちかど文具 | Comments(2)

まちかど文具・その201〜その210。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
田舎在住なのでなかなか10個たまりません。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その201。
ダイソーで来年のダイアリーを見る。
あまりこだわらない人はここから選んでもいいんじゃないのというくらいいろいろある。
日曜始まりのものもあって思わず手に取るが、ダイアリー部分はともかく後ろの罫線や方眼のページのやっつけ感がすごい。
まあ100円だしなあ。

まちかど文具その202。
今朝のあさチャン!に出ていた三輪弁護士(だったと思う)が持っていた筆記具、ジェットストリーム4&1のボルドーに見えた。
パッと見の印象だけど。
こういう時はどうしても赤い筆記具が目立つ。
相撲のたまり席にいる赤い服を着た人みたいな感じで(違うか)。

まちかど文具その203。
同じくあさチャン!のペット特集に出ていたペットショップの店員、腰に巻いているエプロンに挿していた筆記具の中にアイプラス!
こんなところでアイプラス!
最初に出た初音ミクの軸だったと思う。
スタイルフィットも限定軸を挿していたから、きっと限定ものが好きな人だ。

まちかど文具その204。
セブンイレブンの文具コーナーでナカバヤシのロジカルダイアリーを見る。
あまり期待せずに開いたらなんと日曜始まり!
ナイス!
こういうノートタイプのダイアリーで日曜始まりはあまり見ない気がする。
が、肝心の細かすぎる「ロジカル罫」がまったく不要なんだよなあ…

まちかど文具その205。
クドカンが好きなので「ごめんね青春!」を楽しく見ている。
前回のテストのシーン、シャープペンをチェックしてみたけど案外分からなかった。
海老沢君がクルトガなのは確実だけど(グラデーションブルー?)、ビルケンさんのも神保さんのもファンシー系でよく分からなかった。

まちかど文具その206。
(前項続き)生徒会長の中井さんはカランダッシュのペンシルに見えたけど、そんなの使うかなあ…
見間違いかもしれない。
その他大勢のクラスメイトの中にはDr.グリップを使っている人もいて、もっとよく見てみたかったな。
文房具の小道具そろえる人になってみたい。

まちかど文具その207。
コンビニにメール便を出しに行くと、店員さんのペンがPILOTのペットボール!
ペットボールなんて赤穂で売っているのか?
どこで買ったんだろう?
たった数文字書いただけだが、替芯BSRF-6Fの懐かしい書き心地に癒された。
働き者のいい芯なんだ。

まちかど文具その208。
本屋でぶらぶら手帳をチェック。
以前コラムにも書いたけど、書籍ルートで流通する手帳にもおもしろいものはたくさんある。
「星の王子さまの天文ダイアリー」にそそられた。
青いし天文だしいいなこれ。
月の満ち欠けものに弱い。

まちかど文具その209。
ツタヤに行くとモレスキンのダイアリーが売られていた。
わきを見るとロディアが、棚の後ろに回るとLIFEのノーブルノートやアピカの紳士なノートが。
すごいなと思ったが、赤穂の民に必要なのはむしろこういうものではないような気もして、でも何が必要なのかは分からない。

まちかど文具その210。
メール便をよく出しに行くので、コンビニの店員さんの顔と使っているボールペンを覚えてしまった。
見たことのないノベルティのボールペン(普通の油性インクの中字)を使っている店員をひそかに愛していたが、使い終わったらしくジェットストリームになっていて少し悲しい。
[PR]
by mukei_font | 2014-12-11 23:59 | まちかど文具 | Comments(0)

まちかど文具・その191〜その200。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
2年と4ヶ月でやっと200まで来ました。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その191。
先日の御崎マルシェ、隣の売り子さんがフリクションボールノックの赤を使用。
当日は秋晴れで、日なたではロールペンケースの見本の中に入れていた万年筆のインクが一気に蒸発してしまいそうな高温だったが、大丈夫だったんだろうか(真夏ほどじゃないか)。

まちかど文具その192。
先日の大阪旅行。
大阪駅にて、オシャレな白いバッグにサラサクリップの赤とオプト(白色のクリップ)を挿して早足で歩く女性あり。
こういうの好きだ。
使いやすいから選ばれているんだなと思ってうれしくなる。
バインダークリップ派なんだろう。

まちかど文具その193。
ファッションビルのカフェで熱心に書き物をしている男性を発見。
さりげなく筆記具を見るとビクーニャ。
メモではなく、何かを清書している感じで、とても丁寧な文字がちらっと見えた。
綺麗に書けたら油性ボールペンで清書してもいいんだよなと思う。

まちかど文具その194。
友人と難波でランチ。
注文を取りに来た店員の使っていたボールペンはレックスグリップ。
多いなあレックスグリップ。
名入れしやすいからか景品でもよく見るし、使うほうも惜しげがないんだろう。
中の芯を思う。
仕事で使うと普通の油性インクも確実に減って行く。
それが楽しい。

まちかど文具その195。
先日の大阪ではホテルに一泊。
フロントにはやたらと重い油性ボールペン。
デザイン重視で書き味は残念。
革の筆記マットがふかふかすぎてペン先が沈みすぎるのもよくない。
デスクマットかソフト下敷で十分なのに。
オシャレなソフト下敷もどこかにはあるのだろうか。

まちかど文具その196。
ホテルの部屋に入るなりメモとボールペンが目に飛び込んで来た。
黒いボディに金色のクリップ…ん?ちょっと豪華?と思ったが、たぶん持ったらひょいと軽くて、中は白いパーカー芯だろうと思うと、その通りのものが出てきた。
f0220714_9202386.jpg

f0220714_9203514.jpg

まちかど文具その197。
大阪に行くと必ずシモジマに行く。
店員さんはテキパキしていて、あんなに広いのに場所の案内も完璧だ。
エプロンの胸元にぎっしり挿してある筆記具を見る。
限定もののサラサクリップが人気のようで、ぎらぎらしたクリップや、リボンのついたクリップがのぞいていた。

まちかど文具その198。
大阪から帰る前に一人であべのハルカスへ。
展望台にも上り、満喫した。
59階にショップがあり、文房具類をチェック。
はたしてハルカスのごつい建物がノック部分にくっついたどうしようもないシャープペンやボールペンが。
迷ったが、あまりにもひどいのでやめておいた。

まちかど文具その199。
筆記具をやめてイヤホンジャックアクセサリーにし、ぺんてるのアイプラスに付けてみようかとも思ったが、全体的にごっつくなったペンを使っている自分を想像してやめておいた。
嫌がらせに誰かにプレゼントすることも考えたが、やはりやめておくことにした。

まちかど文具その200。
ハルカスのお土産物屋の店員さんはどんな筆記具を使っているんだろうとチェックしたが、誰もハルカスが付いたボールペンを使っていなかった。
キャラクターの「あべのべあ」が付いたペンを使っている人もいなかった。
結局ジェットストリームやクルトガやフリクションが見えた。
[PR]
by mukei_font | 2014-09-22 23:59 | まちかど文具 | Comments(4)

まちかど文具・その181〜その190。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その181。
イオンの文具売り場をもう一度のぞいてみると、山積みの原稿用紙がかなり減っていて胸をつかれた。
今頃読書感想文や人権作文に消費されているのだろう。
あらためて見ると売り場にはトップバリュ文具があれこれある。
どこのメーカーのものなんだろうかと見て回った。

まちかど文具その182。
商品はパッケージ一つでその印象が大きく変わる。
トップバリュのパッケージが新しくなったのは半年ほど前だったが、文房具も新しいパッケージになっていて、まんまとルーズリーフなどを手に取ってしまった。
清潔な紙がむっしり束になっているものが好きなんだ。

まちかど文具その183。
都会に行くと生きた文房具が見られるんじゃないかとわくわくする。
例えば地下鉄の中とか。
が、皆が手にしているのはスマホかタブレットで、誰も筆記具を取り出していないのであった。
仕方なくシャツの胸元の筆記具たちを観察。
ZEBRAのクリップオンスリムユーザー多し。

まちかど文具その184。
ぼんやりと地下鉄に乗っていると、熱心に書き物をしている人を発見。
が、上向きにメモをしていて、あ、ボールペンの芯に空気が入る、と思って見ていたらシャープペンだった。
ぺんてるの.e(ドットイー)シャープのかなり年季が入ったやつ。
消しゴムのフタはすでになかった。

まちかど文具その185。
その他、昨日の電車の中で見た筆記具たち。
PILOTのフリクションボール3、フィードホワイトライン、パーカーのIM。
胸元に挿しているということはその人が一番使う筆記具だということだから、こちらも熱心に眺めた。
やっぱり生きた文房具はかっこいいや。

まちかど文具その186。
セブンイレブンでセブン&アイの単色スタイルフィットホルダーを見る。
いいなこれ!パキッとした青やオレンジがかっこいい。
これの3色ホルダーがあったら買ってるな。
こういうのが公式アイテムにあればいいのに、三菱は女性向けばかりに力を入れすぎている気がして悲しい。

まちかど文具その187。
遠くから文房具好きの友人が遊びに来てくれて、2日間文房具の話ばかりしていた。
帰りに塩ラーメンを食べた店の店員がスラリを使っていて、「スラリでしたね」と確認しあった。
そしてこういう場面で加圧式ボールペンを使っているのを見たことがないことについても話し合った。

まちかど文具その188。
そういえば先日の三菱の展示会で、会場を出てすぐの柱に書類を押しつけて上向きにメモを取っている人がいて思わず笑った。
使っていたのはジェットストリーム4&1。
それをしていいのはひっそりと展開されていたパワータンクだけなのに。
なかなか浸透しない現実を見た。

まちかど文具その189。
昨日のイベントで見た男性のお客さん。
胸元にノック式のエナージェル。
銀色のクリップがきらっと光って、安い筆記具が好きな自分はエナージェルだ、わーいと思うけれど、「ビジネスマンの胸元には…」などとそれじゃ物足りないみたいな風潮もある。
余計なお世話でもあるよね。

まちかど文具その190。
イオンの文具コーナーの一角に見切り品コーナーがあり、見かけるとついのぞいてしまうのだが、今日はポケモンの学習ノートが雑然と積まれていた。
妖怪ウォッチに押されているのか。
キャラクターものはこれがあるからなあ。
とはいえポケモンの人気は長かった。
[PR]
by mukei_font | 2014-09-07 23:59 | まちかど文具 | Comments(6)

まちかど文具・その171〜その180。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します(田舎に住んでいる関係で10個たまるのになんと1年近くかかってしまいました)。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その171。
家でぼさっとしていたらヤクルトレディがやって来た。
どうして浮浪者のような恰好をしている時に限って人が来るんだろう。
案の定さりげなく頭の上から足の先まで見られたが、小生もレディの胸に挿してあるビクーニャ多色をチェックさせてもらったので引き分けとする。

まちかど文具その172。
最近ネットで本を買うようになったのだが、梱包に使われているテープがなんとも素晴らしい。
本が入った薄いビニール袋の口をとめている梱包テープなのだが、ビニールがにゅーんとならずにそれはそれはきれいにはがせる。
どこのだろうといつもまじまじ眺めてしまう。

まちかど文具その173。
先日文具店員時代の先輩に久しぶりに会った。
会話の途中で何気なく先輩が鞄から取り出した文房具をこっそりチェック。
筆記具はフリクションボールスリムの青、ダイアリーはマークスのstorage.it(たぶん)のホワイト。
PILOTの手帳バンドでとめていた。

まちかど文具その174。
電車の中でボールペン片手に新聞を読んでいるおじさん。
手には三菱のベリー楽ボ。
いいぞーキャップ式油性ボールペン。
そうそう、こういうのが見たいんですよ、と心の中でニヤニヤする。

まちかど文具その175。
昨日大阪で見た文房具。
マックで勉強している学生、PILOTのS3の透明グリーン軸。
無印のカフェで仕事の打ち合わせをしている人たち、トンボの消えいろPIT。
金券ショップのお姉さん、見たことのないデザインのジェットストリーム。
あれ何だろう。
何かの付録かな。

まちかど文具その176。
思い立って銀行に口座を作りに行った。
いろんな書類を書かされるがとにかくボールペンが病気。
複写式なので下のほうはきれいに書けているのだろうが、右手がネトネトに。
当然書類もベタベタ。
印鑑は丁寧に拭いてくれるが、こっちもこっちもと思いながら我慢していた。

まちかど文具その177。
セブンイレブンの文房具コーナーを見るのが好きだ。
素敵なブルーグレーの表紙の「リングノートS」に心惹かれる。
どうせ横罫だろうと手に取ると方眼。
まあ方眼も使わないわけだが、ミシン目入りと知り、そっと棚に戻した。
表紙の色と硬さだけが好みのノートだった。

まちかど文具その178。
イオンをぶらついていると、店内のベンチに座って勉強している大人の人がいた。
シャープペンはPILOTのS3、消しゴムはMONO。
涼しいから気持ちは分かるが、ひと夏ここで勉強するつもりなのだろうか。
店内はすいていて、その人は風景に溶け込んでいた。

まちかど文具その179。
セブンイレブンからメール便を出す。
伝票にサインする時に書きやすいのはやっぱり昔からある油性ボールペン。
楽ノックやパティントを差し出されるとうれしくなる。
逆にスラリの0.5などはヨタヨタした字になってしまう。
まだまだ昔ながらの油性にも役割があると感じる。

まちかど文具その180。
イオンの文具売り場の夏休みの宿題コーナーで、山積みにされた原稿用紙を見る。
今から「とんど」でも始まるのかというくらいの量だ。
これではますます読書感想文が恐ろしいものになるだろう。
原稿用紙好きの自分も思わず生唾を飲み込んだ。
頑張れ…
[PR]
by mukei_font | 2014-08-17 23:59 | まちかど文具 | Comments(3)

まちかど文具・その161〜その170。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します(田舎に住んでいる関係で10個たまるのにかなり時間がかかってしまう…いつの話やねんというのもありますがあしからず)。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その161。
図書館に行く。
探している本があったのでパソコンで検索するが、そこに備え付けてあるボールペンが虫の息。
見るとインクがほとんどない。
書けるのが不思議なくらい。
多くの市民に使われ、見事天寿をまっとうしたレックスグリップの充実ぶりがただただまぶしかった。

まちかど文具その162。
先週の「あまちゃん」で春子がアキに手紙を書こうと手に取ったペン、ZEBRAのサイジケアに見えた。
あのペン、すごく好きだ。
やさしい気持ちになる。
いつもとは違う字が書きたくなる。
形が定まらないことについて考え事をする時にとてもいいペンだ。

まちかど文具その163。
家族が車を買い替えて本日納車。
納車なんて生まれて初めて見たかもしれない。
お世話になった営業さんはいつも首からパワータンクとPILOTのスポットライターVWをさげていてそれだけで大好きになってしまった。
インクがめっちゃ減っているのがまたかっこいいのだ。

まちかど文具その164。
(前項続き)とはいえ営業マンとしてあらたまったボールペンも胸に差していて、そちらはパーカーのIM。
とにかく車に熱い人で、子どものような質問をしても嬉々として教えてくれ、やっぱり売っているものに愛があるかないかはしっかり伝わってくるものだなと思った。

まちかど文具その165。
(前項続き)ちなみに契約の時に持ち歩いていた朱肉はシヤチハタの速乾朱肉で、フタがしまらないので箱に入れて持ち歩いてるんですと笑っていた。
ああ、それよく文具店員時代に聞かれた。
重要なところですよね。
ねじ込み式が標準になっていたらいいのにな。

まちかど文具その166。
近所の書店にて。
版元か取次の人間らしきが在庫チェックをしている。
脇にかかえているドキュメントバッグに見覚えがあるが思い出せない。
文具店員を辞めてもう1年以上が経過している。
リヒトのDMC?
キングジム?
違う、セキセイやこれ!
鼻歌を歌いたい気持ちに。

まちかど文具その167。
先日大阪に行ったついでに某カードを解約。
サービスカウンターにあった筆記具はZEBRAのサラサ0.5と三菱のクリフター多色。
ライオンのカッティングマットがソフト下敷がわりに敷いてあってとても字が書きやすかった。

まちかど文具その168。
先日の文紙MESSEで文具王と勝間和代さんの対談を聞く。
周りの人がメモをとるのに使っている筆記具やノートが気になるが、こういうところにいる人はきっとプロ(?)だからあまり見てはいけない気になってしまう。
かろうじて視界に入ってきたのはDr.グリップ4+1ライト。

まちかど文具その169。
1週間以上ためこんだ「あまちゃん」の録画を昨夜一気に見た。
お芝居関係のお勉強シーンでアキちゃんが持っていたオレンジのシャープペン、ぺんてるのゴムデールクリックかなあ…あるいは海外のおしゃれなやつかもしれないけど、ぺんてるなら熱いな。
サイドノックだし。

まちかど文具その170。
先日行った大阪のなんばウォークで、窮屈な姿勢でメモを取りながら電話をしているビジネスマンの手にダウンフォースがあるのを自分は見た!
生ダウンフォースは初めて。
PILOTの人が見たら喜びそうな光景に胸が躍った。
加圧式の実力を見せてやれ。
[PR]
by mukei_font | 2013-08-26 21:28 | まちかど文具 | Comments(0)

まちかど文具・その151〜その160。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します(田舎に住んでいる関係で10個たまるのにかなり時間がかかってしまった)。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。
一部、追加でツイートしたものをあわせて一つのトピックにしています。

まちかど文具その151。
宮藤官九郎ファンなので朝ドラの「あまちゃん」を熱心に見ている。
今朝、小泉今日子が手紙を書くシーンで手にしていたのはおそらくPILOTのVペン。
ペンを持ってうろうろするキャラには思えないから、おばあちゃん家にあったということなのだろう(リアルだ)。

まちかど文具その152。
昨日は姫路に出来たばかりのファッションビルのポイントカード会員になってみた。
申し込み用紙を書かされたが、用紙をはさんであるクリップボードの表面がガタガタしていて字が見事にヨボヨボに。
油性ボールペンはソフト下敷きの上で書きたいぜ!と心で絶叫。

まちかど文具その153。
久しぶりに街に出たので文房具の観察。
電車の中で学生さんが手にしていたのは三菱のユニアルファゲルスリムタイプのホワイトピンク。
学生さんを見るたびに、今自分が学生ならどんなシャープペンを選んでいたかなと思う。
たぶんクルトガは選ばないな。
あまのじゃくだから。

まちかど文具その154。
今朝の「あまちゃん」に登場のコクヨキャンパスノートが5代目キャンパスに見えたのだが…ええと、時代設定は?
…つい細かい所まで気になるのが僕の悪い癖。

まちかど文具その155。
メール便を出しにコンビニへ。
「ここにご署名を」と差し出されたボールペンが三菱のパワータンクで胸が高鳴った。
どきんどきんしながら名前を書き、(お兄さん、あんた分かってる!タフな接客業にはパワータンクよ!)と熱い視線で見つめるが、お兄さんの目は静かだった。

まちかど文具その156。
健康診断だった。
身長が2ミリ縮んで自己最低の血圧を記録。
ライオンのナンバリング、マックスのナンバリング、Bicのボールペン、楽ノック、レックスグリップ、パティントシャープ、シードのレーダー。
生き生きと使われている文房具を見るのは本当に楽しい。
うれしくなる。

まちかど文具その157。
エアコンを買いに量販店へ。
受付のおじさんの手にはDr.グリップ4+1。
胸ポケットにも色違いのDr.グリップ4+1。
時々多色ボールペンや多機能ボールペンを複数胸にさしている人がいるが、見るたびに不思議に思う。
あれは紛失を恐れてのことだろうか?

まちかど文具その158。
エアコンの説明が長くてついおじさんの胸ポケットばかり見つめてしまう。
ペンの他に胸ポケットからのぞいているのはOHTOのガチャック。
少しかがんだらポケットからすとんと落ちてしまいそうな危うさ。
そこまでして持ち運びたいほど使う場面があるのだろうか。

まちかど文具その159。
「相棒」の再放送を見るのがひそかな楽しみなのだが、先日見た「相棒3」の「書き直す女」に登場する3色ボールペンはPILOTのフィードGP3のように見えた。
が、気になって調べるといつの間にか廃番。
ああいう基本的なデザインの3色ボールペン、好きなんだけどなあ。
というかやっぱり自分は安い事務用のボールペンが好きだなと思う。
透明軸でラバーグリップが付いているような、中のバネとかがよく見えるような感じの。
安価なのによくできてるとか日本のボールペンは優秀とかそんな話じゃない。
デザインが好きなんだ。
あの必要最低限な感じにとても色気を感じるのだ。

まちかど文具その160。
ときどき店に来てくださる画伯と話す。
文房具も売っているというと感心して原稿用紙を買ってくださった。
胸ポケットにはPILOTのスポットライターの青。
昔使っていたどこのメーカーのかよく分からない青色の蛍光ペンが魚のにおいだった。
それ以来ひそかに青を恐れている。
[PR]
by mukei_font | 2013-06-07 20:07 | まちかど文具 | Comments(4)

まちかど文具・その141〜その150。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その141。
芥川賞受賞作「abさんご」の新聞広告。
作者である黒田夏子さんの手にはZEBRAのサラサクリップ。
文豪=万年筆という既成概念よさらば。
サラサだってシグノだって文学作品は生み出せる。

まちかど文具その142。
録画した「相棒」の再放送を見る。
録画だと気になる文房具のところで一時停止できるのがいい。
「告発の行方」(Season4)で被害者となったジャーナリストは手書き派だった。
万年筆以外にもデスク周りに鉛筆や使い込まれた鉛筆削り(カール)があってなかなかリアル。

まちかど文具その143。
(前項続き)また、原稿を書いているシーンでもボールペンと万年筆の両方があり、一面的でないのがおもしろい。
万年筆はPILOTのカスタム845のようだった(たぶん)。
手書きであることも意味を持つストーリーだったのでいろいろな余韻が残った。

まちかど文具その144。
夕方のニュースでPOP広告の特集。
「ドン・キホーテ」のPOP制作の現場が映る。
作業場はポスカの山!
やっぱり本物のPOPにはポスカだよなあ…
独特の文字(ドンキ文字というらしい)をポスカでぐいぐい書いていく。
うるうるしているインク。
ああ、ポスカが嬉しそう。

まちかど文具その145。
確定申告に行く。
不安や苛立ちによどむ会場の空気を読まず事務用品を素早くチェック。
ボールペンはパティントにレックスグリップに楽ノック。
楽ノックは0.5というのが珍しい(小さな文字を書く用だろうか)。
おそらく役所だから環境配慮商品が選ばれているのではないか。

まちかど文具その146。
申告書を作成する机にそれぞれ文房具。
三菱の赤鉛筆(朱通し)は最終チェック用か。
添付書類があるのでのりもある。
アラビックヤマトがある机もあれば、PILOTのスーパーグルーがある机も。
やはりここはコストパフォーマンス的に水のりが選ばれているようだ。

まちかど文具その147。
いよいよ確定申告書を提出。
最終コーナーにあるのはマックスのヨビキス。
100本の針を装てん、200本の針を収納のホッチキス。
これは心強い。
そして3Mの透明美色。
ここは価格よりも黄変しにくさや透明度を重視したのか。
細やかな選択に胸を熱くしながら会場を後にした。

まちかど文具その148。
ちなみに自分自身が確定申告書の作成に用いたのはセーラーのフェアライン2。
やはりここは王道の油性ボールペンで。
中でもセーラーのインクは油性本来の粘度と黒さを色濃く残すものと信じている。
多少ダマが出てもタフに書き上げることができて複写式には心強い。

まちかど文具その149。
夕方のニュースで「美文字」の特集。
はやってるなあ美文字。
講師のアドバイスはいちいちもっとも。
が、教わっているキャスター達の筆記具ばかりが気になる小生。
男性キャスターはスタイルフィット(なぜかボディカラーがピンク)。
女性キャスターはサラサの多色に見えたが…

まちかど文具その150。
船場御坊楽市にて。
お客さんもまばらになった終わりかけ、ぶらりと他の店先をのぞく。
何かを一心にノートに書いている売り子さんあり。
ペンは昔ながらのHI-TEC-C。
最後まで使い切れないデリケートなペン先を多くの人が知っていてなおロングセラーの不思議なペンだ。
[PR]
by mukei_font | 2013-03-03 20:54 | まちかど文具 | Comments(2)

まちかど文具・その131〜その140。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します(田舎に住んでいる関係で10個たまるのにかなり時間がかかってしまった)。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その131。
衆院選の投票に行く。
鉛筆は三菱鉛筆の9800。
投票用紙は相変わらずナイスな書き心地。
候補者の名前がみんな三代目魚武濱田成夫みたいに長い名前だったらよかったのに。

まちかど文具その132。
昨日は愛猫を連れて病院へ。
初めての病院だったので猫に関するあれこれをたくさん書かされる。
受付にあるボールペンはZEBRAのフロス。
これがむちゃくちゃ書きにくかった。
インクがなくなりかけているのか空気が入ったのか。
さすがに芯のチェックはせず。

まちかど文具その133。
とある文具店でファブリアーノのスケッチブックが安い。
スケッチブックといっても紙厚が90g/m2で無罫のリングノートとしても使えそう。
「お絵かきするーそっち(マルマンの図案シリーズ)よりこっちー」とおねだりする女児。
しぶしぶ買うパパ。
もちろん小生も続いた。

まちかど文具その134。
ブロックタイプのマンスリーさえ使いこなせないくせに(6月で書かなくなり、秋にはなくすのが定番)、ダイアリー用のマスキングテープを買ってしまう。
ちぎって貼ったらマス目が埋まってまうのにアホや。
頭の中がお花畑とはこのことか。

まちかど文具その135。
買い出しと称して妹と近所のショッピングセンターをうろつく。
普段一人だと入りづらい、おしゃまな女児が好むようなギラギラしたグッズが満載のファンシーショップに立ち寄る。
軽い気持ちで見ていたら、なかなかかわいい猫のメモパッドを発見。
迷った末に買ってしまう。

まちかど文具その136。
昨年末放送されたNHKの「大相撲この一年 2012」にて。
日本相撲協会の広報部長である八角親方の机の上にヤマトのチューブ入でんぷんのりを発見。
親方と文房具という組み合わせだけでもほのぼのするのに、それがでんぷんのりというのがまた。
来週には相撲が始まる。

まちかど文具その137。
昨年末に行ったとあるライブの真っ最中に曲名をメモしている人を見る。
確かにセットリストを記憶するのは大変だ。
ステッドラーのトリプラスマイクロを視界の端でとらえるも踊るのに忙しい小生。
たぶんその人も途中で書くのをやめて最後は踊っていた(と思う)。

まちかど文具その138。
「相棒」の再放送が多すぎてすぐに録画がたまってしまう。
「つきすぎている女」(Season10)で月本幸子がトンボのテープのりを持っていることが判明。
こういう話の本筋に関係のない小道具はスタッフが使っているものだったりするのだろうか。

まちかど文具その139。
とある金融機関の窓口にて。
書類のあちこちに印鑑を押す必要があり、捺印が苦手な小生は思わず身構えるが、捺印マットが素晴らしく、いまだかつてないほど完璧な印影に。
少しふかふかしすぎている感じもあったが、きれいに押せた満足感が勝った。
コクヨの捺印マットだった。

まちかど文具その140。
近所のドラッグストアにて、ユニボールシグノ207シリーズの0.38の黒を使っている店員発見。
生産終了したやつや!とまぶしく見つめるが、たぶん店員さんは知らないだろう。
シグノRT1が発売され、替芯がエッジレスチップになったことも。
あー替芯について話したいー
[PR]
by mukei_font | 2013-02-03 20:21 | まちかど文具 | Comments(2)

まちかど文具・その121〜その130。

さて、まちかど文具が10個たまったのでこちらに転載します(田舎に住んでいる関係で10個たまるのに2ヶ月以上かかってしまった)。
すでにTwitterで読まれている方は重複ご容赦くださいませ。

まちかど文具その121。
昨夜急に眼鏡が壊れたので今日は眼鏡屋へ。
同じ度数の眼鏡は複数持っているが、かけ心地もかけた後の顔も他のものではまったく話にならない。
眼鏡を直してもらってる間に店員を観察。
クロスのクラシックセンチュリーを使っている人を見る。
こういう店にはぴったりに思えた。

まちかど文具その122。
加古川の某商店街へ。
売り子さんが書き物をしているので見てみると、手にはPILOTのフリクションボールノックの0.5ピンクが。
感動したのは消している瞬間を見たこと。
街角でフリクションには何度も出会ったが、消しているところを見たのは初めてだった。

まちかど文具その123。
ドラッグストアにて。
店員のエプロンからのぞいているのはキャップ式シグノ0.38の黒。
接客なのにキャップ式ゲル…
キャップはなくさないのか。
昔「百万円と苦虫女」という映画でホームセンターでアルバイトを始める蒼井優もキャップ式(のシグノらしき)を使っていた気が。

まちかど文具その124。
秋の夜長を満喫しようと、昨夜は「ミナミの帝王 一千万の銃弾」を鑑賞。
さすがにこんなところに知った文房具はなかろうと油断していたら、萬田はんから借金しているタクシーの運転手の車内にPILOTのHI-TEC-Cらしきものが…(しかもHI-TEC-Cグリップ)

まちかど文具その125。
街中ですれ違った作業服の男性の胸にぺんてるのデータチェッカー。
蛍光マーカーのヘビーユーザーなんだろうか。
作業服のポケットにぴったりおさまってかっこよかった。

まちかど文具その126。
先日は駄目な美容院に行ってしまった。
最後まで眼鏡をはずしてくれなかったり、いきなり切りはじめたりいろいろトホホだったが、会員カードを書かされた時点で気づくべきだった。
ボールペン(100均系)がほとんど書けなかったのだ。
なぜそこでけちるのか。

まちかど文具その127。
大阪へ行く。
田舎では街角でなかなかおもしろい文房具に出会わないので期待大。
ショッピングモールの一角にいる占い師の手にしている鉛筆がステッドラーのトラディション。
洒落た鉛筆を使ってるんだなあ。
さすが大阪。

まちかど文具その128。
カフェにて休憩。
書き物をしている女性を見る。
英和辞典を片手に英文を書いている様子。
手にしているのは太字の楽ノック。
いいチョイス。
太字の油性ボールペンには独特の世界がある。

まちかど文具その129。
宿泊したホテルにアンケート用紙。
筆記具は岡屋のペグシル。
こういうのは必ず書くことにしているので真面目に記入。
ペグシルとアンケート用紙とホテルの机の相性が神がかっていて、ずっと書き続けていたくなる快感。
あれこれ記入し、ペグシルの芯がちびてしまった(迷惑)。

まちかど文具その130。
百貨店が熱いらしい大阪のデパ地下は目の血走った客であふれていた。
きれいにライトのあたったショーケースの上でピンクのレックスグリップを走らせる女性店員。
そのカラフルな色の感じがスイーツにぴったりでとても魅力的だった。
そうそう。
こんな感じでいいんだよなと思う。
[PR]
by mukei_font | 2012-12-16 22:25 | まちかど文具 | Comments(0)