猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2018
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

現在、兵庫県赤穂市にて古雑貨カフェ「木琴堂」を営業中。
文房具の話をゆっくりたっぷりしたい方、お待ちいたしております。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。
お近くまでお越しの際はぜひお立ち寄りください。
筆箱や愛用の文房具をお持ちいただけるとなおうれしいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)

人気ブログランキングへ
↑所属カテゴリを変更しました。
引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(56)
(33)
(19)
(12)
(9)
以前の記事
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
コピー用紙もこだわり始め..
by alchemie0629_a20 at 18:03
こんにちは。 この季節..
by ともこ at 12:42
猫町さん!! ワタシも..
by cheery_box at 08:32
猫町様、はじめまして。 ..
by ちい at 18:08
このシリーズはワタクシも..
by りお at 13:33
本にサインするのに、見た..
by MK at 03:28
はじめまして。 いい青..
by 地井 at 02:46
書店は交換ってダメなんで..
by alchemie0629_a20 at 01:29
自重すること無く、買えな..
by alchemie0629_a20 at 01:39
Q1:オレンジ Q2:..
by uaa at 21:32
ひんやり万年筆 青軸さ..
by GB at 11:47
どのようなモノか実際見て..
by GB at 11:32
地元の(面倒な場所にある..
by alchemie0629_a20 at 09:09
猫町さん、こんにちは。 ..
by 慎之介 at 17:26
お久しぶりです。参加させ..
by とに at 11:55
こうゆう週間ブロック?の..
by なぎねこ at 17:30
包装紙って、色柄だけじゃ..
by ふりふりばなな at 22:34
Q1:水色と黄緑と赤(ピ..
by えぬ at 23:30
白玉だんご@次回本番2月..
by mukei_font at 14:51
さくさん(Twitter..
by mukei_font at 14:35
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:シャー芯プロジェクト( 23 )

男は黙ってシャープロナイト。

ぐあーーー
なんかちょっと分からんくなってきたーーー

そもそもシャープ芯の強さって何ぞ。
折れるとかそういうこと?
それともちびる速さのこと?

例えばぐーっと力を加えたときに芯の粉がぶぶぶってなるけど折れなければ芯は強いのか?
もちろんぶぶぶともならずにしかも折れない芯が最強なんだろうけど、小生の実験では「ぶぶぶ」となるかどうかくらいしか分からない。
で、今のところはぶぶぶとなる芯を「強くない」という前提で進めている。

で、この「ぶぶぶ」だが、これって書いているうちに字がすぐに丸くなるのに通じる気がする。
要するに芯の硬さか。
同じ0.5のHBでもちっこくて鋭い字が書ける芯と、そこまで小さい字が書けない芯がある。
この差は「強さ」の差なのか?「硬さ」の差なのか?

うーむ…
「硬さ」の判定もすべきだったか…
しかしそれは「なめらかさ」とかぶる気がする…

とにかく小さい字を書く実験はやってみる価値がありそうだ。
これは実験は一巡(=45試合)だけでは終わりそうにないな。

今日も一心不乱にシャープペンを対決させていたが、つい夢中になりすぎて確認をおこたり、なんとすでに対決させたシャープペンを再戦させてしまった。
なんて無駄なことを…

これがまた相当分かりづらい芯同士の対戦で、「濃さ」「強さ」「定着性」はほぼ互角、「なめらかさ」と「消去性」も繰り返せば繰り返すほど分からなくなるほど似ており、そのときすでに対決済みであることに気づいて前回の結果と照らしたのだが、「濃さ」「強さ」「定着性」はいずれも引き分けで今回と結果が一致したものの、「なめらかさ」と「消去性」は今回とは違った結果に…

うーん…
本当はこれ45試合を何回もやったほうがいいんだよなあ…

分かりました。
とにかく今回はこのまま進めましょう。
そして第2ラウンドは今回の第1ラウンドではっきりしなかった部分をさらに明らかにできるような実験を新たに付け加えましょう。

濃さの判定だけはおそらく第1ラウンドで決着がつくと思うので、第2ラウンドでは省略してもいい。
とにかく第2ラウンドは第1ラウンドの問題点を克服する形で行おう。
ここまで準備して始めた実験なんだ。
結果を急いでどうする。
一つ一つつめていこう。
大学院時代を思い出せ。

そんなわけで実験に使用中のマイ消しゴム、サクラのフォームイレーザーWがマッハの速さで小型化してきております。
もう1個くらい買っておかないと…
[PR]
by mukei_font | 2011-07-05 00:49 | シャー芯プロジェクト | Comments(2)

シャープロ3分の1終了。

今で15試合を終えたところ。
腕がもげそうに痛いので今日はここまで。
やっぱり安物のシャープペンはダメですね(本当はぺんてるのグラフ1000でやりたかった…でも10本も用意できないよー)

今のところ「濃さ」「なめらかさ」のチェックはうまくできていると思う。
「強さ」はどの芯も優秀なのか、小生のやり方がまずいのかなかなか差が出ない。
「消去性」もコツをつかんでなんとかやっている。
「定着性」はもしかしたら再試合になるかも…

15試合もしたらだんだんキャラがはっきりし始めてきておもしろい。
5番が薄いとか8番が濃いとかは正式にシャープロを始める前の試筆段階で分かっていたが、もっといろいろ分かってくる。
薄いのになめらかだったり、濃いのによく消えたり。

要注目は3番。
この芯の優秀さが怖い。
優秀だから好きかというと話はまた別だが、濃くてなめらかなのに汚れず消えやすく、ちょっとできすぎの芯だ。
これが実験用シャープペンに最初から入っている芯ならしゃれにならない。

結果が出るまではもうしばらくかかりそうだが、やり始めたらあとはやり終えるだけ。
今しばらくお待ちください。

コメントへのお返事がずいぶん遅れがちになっており、申し訳なく思っております。
初めましての方もおられるというのにお恥ずかしい限り。
のんびりとお待ちいただけたらと思います。

蛍光ペンの話も途中で途切れておりますが、また続きを書くつもりでおります。
「ZEB菱ッてるンボ」は文房具マニア以外の方からも反応があり、頑張って書いたかいがありました。

ともあれ明日からまた新しい一週間。
今宵はこれにて…(腕が痛い)
[PR]
by mukei_font | 2011-07-04 00:01 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)

シャープロ、はじめました。

満を持してシャー芯プロジェクトを始めた。

そもそも「シャー芯プロジェクト」とは、いつまでたっても違いや特徴が分からない苦手なシャープ芯を克服し、極めようという一大プロジェクト。

先入観にとらわれることなくシャープ芯を感じつくすため、まったく同じ10本のシャープペン(JOINTEX)に10種類のシャープ芯を友人に入れてもらい実験スタート(正解は友人のみぞ知る)。

ちなみにエントリーしたシャープ芯は以下の通り(すべて0.5のHB)。

ファーバーカステル
三菱・ナノダイヤ
三菱・ハイユニ
ぺんてる・シュタイン
ぺんてる・フォープロ
PILOT・ネオックスグラファイト
トンボ・MONO-WX
ステッドラー・マルスマイクロカーボン
ZEBRA・ドラフィックス

残りの1本は実験用シャープペンに最初から入っている芯のまま使用。

最終目標は10種類それぞれの芯のレーダーチャート(蜘蛛の巣みたいな形のあれ)を作成すること。
答え合わせは最後のお楽しみ(まあもともとシャープペンシルをほとんど使わないので答え合わせもあったもんじゃないと思うが…)

レーダーチャート作成にあたっては、シャープ芯の特性を以下の5つの要素からとらえることにした。
すなわち、

濃さ
強さ
なめらかさ
定着性(汚れにくさ)
消去性(消しやすさ)

実験はブログの読者であるはじめさんのアドバイス通り、リーグ戦形式にて行うことに。
シャープペンを1本ずつ対決させ、上記の要素ごとに勝負させる。
勝ったら1点、負けたら0点、引き分けなら0.5点を与える。
計45回戦。

本当は各要素ごとに45回戦行うのが理想だが、1回の対戦の内容を濃くし、一度に勝負をつけるようにしながら現在実験の約5分の1を終えた。

対戦内容は「全体的な印象や濃さを見るための日本語縦書き対決」、「強度を見るためのMAX筆圧対決」、「なめらかさを見るための英文筆記体対決」などが中心で、それらをこすって定着性を見たり、消しゴムで消して消去性を見たりといった具合。

現段階での感想としては最終的に濃さとなめらかさしか分からないかもということ。
定着性や消去性は実験の工夫次第か。
一番難しいのは強さの評価で、元々筆圧をかけて書くタイプではないため実験に無理があるというかこれはすんごい筆圧の人がやってみるべきかもしれない。

いや、そもそも一人の人間がやっている時点で毎回同じ筆圧で書いている保証もなければ、同じ力で消せている保証もないわけで。

いや。
振り向くな。
前進あるのみ。

すべてが終わったら猫町アニキと呼んでください。
f0220714_1742173.jpg

[PR]
by mukei_font | 2011-07-03 17:04 | シャー芯プロジェクト | Comments(6)

迷走…シャー芯プロジェクト…

昨夜はシャー芯プロジェクトについて考えているうちに眠ってしまった。
今週は疲労が激しい。

とにかく使ってみなければ、と思うのだが、厳密な比較実験にしようとするといつまでも始まらない。
こうなりゃ何でもいいからとにかく書くぞ、と思うものの、何に何を書けばいいのかという問題にぶつかってしまう。

シャー芯プロジェクト用にツバメノートも買ったが、どうも紙が一般的ではない気がして、普通のルーズリーフに変更することに。
マルマンのリーフを使うことにしよう。

で、何を書くかだが、とりあえず思いついたのは写経。
ということで昨夜は般若心経を見つめながら眠ってしまったわけだが、これはもしや悟れるチャンス…?
プロジェクトを終える頃には別の何かが見えて来るのではないか…

いや、そんなん言うてるからあかんのや。

とにかく今日はシャープログッズを持って出勤だ!
[PR]
by mukei_font | 2011-05-20 09:42 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)

シャー芯プロジェクト覚え書き。

仕事中も気づけばシャープ芯について考えている。

あれは…どの芯なんだ。
一番濃いのはハイユニなのか。
それともステッドラーやファーバーなどの海外組なのか。
固いのはシュタインかフォープロか。
いや、フォープロは固くてももう少しくっきり書けたはず。
固いだけのあの人はいったい…

ハッツ。
何か目的が違ってきているような。

いつしか10本のシャープ芯を当てる一大クイズになってしまっているではないか。
落ち着け。
当てる必要はないんだ。

ただただ純粋な気持ちで芯を味わい、違いがあることを体感できればそれでいい。
そして自分自身のお気に入りに出会えたらそれだけでいいはずなのだ。

なのにすぐにムキになるのが僕の悪い癖(猫町右京)。

話は24時間前にさかのぼる。

昨日、うさむし宅で再スタートしたシャー芯プロジェクト。
書いていくうちに発生した問題点やそれへの対応策を以下に列挙。

軸の番号順に書いているといつも同じ印象になってしまう
→ランダムに使うことに

明らかに濃い人(8番)と、明らかに薄い人(5番)がおり、いくらランダムに使ってもこの人たちの後に来る人たちは評価がぶれてしまう
→8番と5番を一時的に除外

芯がすり減って太ってくることが芯の印象を左右しているのではないか
→「すべてのシャープペンをクルトガに」(byうさむし)
 「却下」(by猫町)
→まとまった長さの文章を書きながら芯の太いところ、尖ったところを味わうことに

しかし難しいです。
楽しいけど相当難しいですこれ。
この難しさには、手続きの難しさと、表現の難しさがあるように思う。

手続きの難しさは、何と言っても感触が長く残らない点。
自分の感触だけが頼みのこの実験。
1つ使って、次のを使ったら、その次のを使う頃には最初の感触を忘れているという。
もちろん書いたものを眺めることはできるけど。

表現の難しさは、感触を言葉にする難しさに尽きる。
芯それぞれに違いがあるのはまず明らかなところで、前述の除外された二人などはキャラ立ちしすぎなわけだが、それ以外の人たちもどこかしら特徴がある。
が、それを言葉にするのが難しいのだ。
油断したらすぐに「好き」とか「嫌い」とかに流れそうになる。

何か手がかりとなるキーワードはないか。
混沌とした感触をある程度ぱきっと評定できるようなキーワード。
最終的には個人内相対評価で夢のレーダーチャートを作成したいのだ(あの五角形のやつ)。

ということで各メーカーのシャープ芯のコラムをはしごし、以下の5つの視点を得た。
すなわち、

濃さ
強さ
なめらかさ
定着性(汚れにくさ)
消去性(消しやすさ)

である。

これらに着目しながら、引き続きあれこれ試してみたい。
ただ漫然と試すよりも少しはましなはず。

連日シャープ芯の話ばかりで申し訳ないです。
結果を楽しみにしてくださっている方もたくさんおられますが、光が見えるまで使い続けるつもりですので、長い目で見守っていただけたらと思います。
[PR]
by mukei_font | 2010-12-13 22:01 | シャー芯プロジェクト | Comments(2)

シャー芯プロジェクト本番。

昨日始めたばかりのシャー芯プロジェクトだが、いったんはあきらめたファーバーカステルのシャープ芯が手に入ることが分かり、再度仕切りなおすことに。

それに実はトラブルもあった。
どの軸にどの芯を入れたかを書いた極秘のメモを、昨日うさむしがうっかりわが家に忘れて行ったのだ。
それに気づいた小生が、もちろん内容を見ずに小さく折りたたんでテープで封をしたが、それでもほんの一瞬でもそれを見ていないことにはならないことが気がかりだった。

というわけで、ファーバーカステルのシャープ芯を代打したぺんてるのハイポリマーと取り替えるついでに、昨日の番号をすべて組み替え直すという作業を再度うさむしに依頼。
うさむし、ありがとう。
あなたが理解ある友人でよかった。
普通ここまでやってくれませんよね。

あらためまして、こちらが本プロジェクトにエントリーされたシャープ芯たちです。
f0220714_23215639.jpg

左から、
PILOT・ネオックスグラファイト
ぺんてる・シュタイン
ぺんてる・フォープロ
三菱・ナノダイヤ
三菱・ハイユニ
トンボ・MONO-WX
ZEBRA・ドラフィックス
ステッドラー・マルスマイクロカーボン
ファーバーカステル

ちなみにこの人が昨日代打したぺんてるのハイポリマー。
f0220714_23245824.jpg

ごめんね。
一日だけだったけど、ありがとう。

さて、仕切りなおして今日も二人して書きまくり。
書きまくっているといろいろな問題が発生するが、お互いにアイデアを出し合いながらひたすら書き書き。
ああでもない、こうでもない、とひたすら書き書き。
f0220714_2337811.jpg

繰り返しになりますが、理解ある友人うさむしに感謝します。
[PR]
by mukei_font | 2010-12-12 23:39 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)

炎の完璧主義者。

たった今、ファーバーカステルを見つけた。
実験は仕切りなおす。
象牙の塔で鍛え抜いた完璧主義を遺憾なく発揮(他のことは学ばず)。
[PR]
by mukei_font | 2010-12-12 11:06 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)

シャー芯プロジェクト開始。

全国のファーバーカステルファンの皆様、申し訳ありません。
シャー芯プロジェクトにエントリーされたものの、入手が間に合わず、急遽代打の登場でプロジェクトをスタートさせていただきました。

代打はぺんてるのハイポリマー。

実験協力者はうさむし。
以下の手続きはうさむしのみによって行われた。

JOINTEXの9本のシャープペンから芯をまず取り除く。
それぞれにエントリーのシャープ芯を各3本ずつ投入。
軸に番号をふった付箋をテープで貼付け、何番の軸にどの芯を入れたかをメモ。

こんな感じで始まりました。
f0220714_10524740.jpg

早速あれこれ試し書き。
試筆紙には能率手帳の用紙で作られたというレポートパッドを使用。
f0220714_10535658.jpg

[PR]
by mukei_font | 2010-12-12 10:57 | シャー芯プロジェクト | Comments(2)

シャー芯プロジェクト直前レポート2。

シャープロ(シャー芯プロジェクトの略らしい)もいよいよカウントダウン状態。
が、まだ一人そろわない…
ファー(バーカステル)様ーーー!
f0220714_9523450.jpg

[PR]
by mukei_font | 2010-12-11 09:53 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)

シャー芯プロジェクト直前レポート。

日に日ににぎわって来た選手村。
昨日三菱、今日ぺんてる。
パソコンの端に並べてにやにやしている小生は30世紀になっても嫁にいけそうにない。
f0220714_23291966.jpg

[PR]
by mukei_font | 2010-12-08 23:23 | シャー芯プロジェクト | Comments(0)