人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(88)
(51)
(33)
(31)
(9)
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
昨夜はあまりにもガッカリ..
by テヅルモヅル at 23:21
結論から言いますと、ダメ..
by テヅルモヅル at 22:52
このたびは記事にしてくだ..
by くら at 00:41
こんにちは。 こちらの..
by ゆいとまる at 10:24
そっちかぁ〜(ノ∀`)
by alchemie0629_a20 at 18:43
以前、景品で鉛筆を用意し..
by あみ at 08:06
一昔前ならエスパークスや..
by alchemie0629_a20 at 23:46
モノだと折れやすいですし..
by 輪音 at 03:53
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 07:40
ステッドラー・マルスプラ..
by alchemie0629_a20 at 16:50
ちなみに最近のスーパーサ..
by alchemie0629_a20 at 08:48
あれからまたちょくちょく..
by alchemie0629_a20 at 17:11
そうそう!!いつのまにか..
by りお at 11:49
ご無沙汰しております。プ..
by なぎねこ at 16:38
はじめまして。地方のハウ..
by まっくす at 15:41
クロスの油性リフィル(細..
by psw at 07:17
パイロットDr.Grip..
by ky at 21:46
知人と共に、二日目の文紙..
by 輪音 at 19:08
サクラクレパス消しゴムは..
by horenso39 at 18:56
こんにちは! 私も今年..
by ともこ at 12:17
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:筆箱拝見!( 82 )

筆箱拝見!~たまみさん篇(2回目)・下~

たまみさんの筆箱拝見の続きです。
前回の記事はこちら

たまみさんの2回目のご来店時といえば、「ダメ軸バトル」でした。
ダメ軸バトルについては初回のご来店時の記事に書きましたが、「軸のデザイン」に問題があると思われるペンによって行うバトルのことです。

初回はお互いのダメ軸の発表で終わってしまい、バトルするところまでいかなかったので、今回は最低でもカードを作ってこようという約束をしていました。
カードの作り方は以下の通り。

・カードは名刺サイズの情報カードを使用
・ダメ度別にペンを分類し、レベル1のカードを9枚、レベル2のカードを7枚、レベル3のカードを5枚、レベル4のカードを3枚、レベル5のカードを1枚作成
・カードにはレベル、メーカー名、商品名、価格を書き、一言添える

ダメ軸というのは「軸のデザイン」に問題があると自分が感じるペンなので、ピックアップは簡単でした。
が、レベル分けが案外難しく、当時のメモを見ると、かなりの苦悩の後が…

レベル5や4が数名というのが厳しいのです。
このあたりのメンツが多いのに!みたいな感じで。

それでもなんとかかんとか25枚のカードを作り、いざ、たまみさんとバトル!
バトルというのは、お互いのダメ軸カードをランダムに出し合い、レベルの高い方が低い方に勝つ、といったものを想像していたのですが…

結局バトルには至りませんでした。

たまみさんも猫町もしっかり25枚のカードを持ち寄ったのですが、まずお互いのダメ軸のチョイスに爆笑、さらによく見るとお互いのダメ軸がかなり重複していて爆笑、しかし微妙にレベルが違っていてそれへのツッコミ、そしてそれぞれの辛口なコメントにまた爆笑…

ということで、バトルはとりあえずやめ、お互いのカードのレベルを得点化して合計し(レベル5を5点、レベル4を4点…と計算)、いったいどのペンが二人に「ダメ軸」と判断されたのかを調べることに。

結果的に8点(たまみさん5点+猫町3点)を獲得したペンが優勝、以下、6点を獲得したペン2本が準優勝となりました。

おもしろかったのは、猫町が「こいつはほんまに病気」と断じたレベル5や4のダメ軸がたまみさんに選ばれておらず、平凡な得点に落ち着いたこと。
やはり人の好みはさまざまですよね。

これらのカードは記念にコピーを交換したのですが、疲れた時などに手に取ると本当に元気が出ます。
こんなことをして馬鹿だなあと思うし、やわらかい口調の辛口コメントも笑えて…

筆記具をああだこうだ言う時、その性能に関するコメントはまだ分かりやすいと思うんです。
なめらかとか濃いとかダマができやすいとか。

が、見た目の好き嫌いに関しては答えがありません。
ある人にはかっこよく見える軸も、ある人にはありえないほどどんくさく見えます。
それがおもしろいのです。

何かを悪く言い合うのはさみしい気がするでしょうか。
確かに「ラブ軸バトル」のほうがさわやかかもしれませんね。

でもやってみると分かると思いますが、なかなか楽しいものです。
自分の感じるダメさをどういう風に説得的に表現できるかを歯ぎしりしながら考え、短いコメントに思いを込めるのです。

これは、五感をフルに使いながらじっくりと筆記具を観察しなければできないことです。
その歯ぎしりぐあいがとても楽しいのです。

また、たとえ自分のお気に入りがダメ軸に取り上げられていても、なんでやねん!こんなええとこがあるのに!と反論を試みればいいだけで、友情にひびが入ることはありません(多分)。
そういうやりとりもまた楽しいはずですよ。

お正月にぜひ遊んでみてはいかがでしょうか。
by mukei_font | 2015-12-23 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(0)

筆箱拝見!~たまみさん篇(2回目)・上~

たまみさんの話になったところで、2回目のご来店時の筆箱拝見も記事にしてしまいましょう。
まさにどさくさです。
年末にこんなところを見ているあなたはラッキー!

さて、たまみさんが再び埼玉県から遊びに来てくださったのは2013年の12月のことでした。
今から2年前…
光陰矢のごとし!

さすがに何を話したかを忘れてしまい、その時の写真を見てみると…すぐに思い出しました。
こちらがその時に話題になったペンなのですが、共通点が何か分かりますか?
f0220714_1721078.jpg

そうです。
ニードルチップです。

ニードルチップのハイブリッドテクニカ好きの猫町のため(?)、「今回はニードル祭りはいかが?」とずらりと持ってきてくださったのでした。
いやー楽しかったなー

さらに、「ニードルつながりで…」と山のようにポッキーを持ってきてくださったのも楽しい思い出。
本当にいろんな種類の見たこともないようなポッキーが次々に出てきて、度肝を抜かれました。

しかし、ポッキーを食べながらニードルチップの話をじっくりするにはあまりにも時間が短かったんですよね。
結局これが後の「赤穂で1泊☆木琴堂ツアー」へとつながっていったのでした。

閑話休題。

たまみさんはこの時もペンケースを持ってきてくださいました。
猫町ロールペンケース、市松猫柄。
初期の人気柄でした。

松さんやてっつぁんにも見せていただきましたが、実際に使われている猫町ロールペンケースを見るのはとてもうれしいものです。
ああ、こんな柄もあったなあという懐かしさと、誇らしげにしているペンケースを見られるうれしさと。
f0220714_1725351.jpg

中身はこんな感じ。
かっこいい…
f0220714_1731088.jpg

ずらりとぺんてるのグラフ1000。
キャップ式のハイブリッドテクニカ(0.4)もいます!
f0220714_1732222.jpg

左端の幅広ポケットにいるのは…
f0220714_1733745.jpg

こちらの4人。
カッターにコンパス、消しゴムにはさみ。
確かにこういうスリムかつハードな人を入れたくなりますよね。
f0220714_1745579.jpg

さて、この2回目のご来店時はさらなる盛り上がりがあったのでした(続く)。
by mukei_font | 2015-12-22 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(0)

筆箱拝見!~たまみさん篇(4回目)・下~

それではたまみさんの筆箱拝見の続きです。
前回の記事はこちら

1日目は赤穂をぶらぶら歩きまわりながら文房具について語り合いましたが、2日目は木琴堂に腰を据えてじっくりと語り合いました。

とはいえ、話は常に脱線気味で、相撲の話になったり、中学生の勉強の話になったり。
同世代なのでつい盛り上がってしまいます。

こちらはたまみさんのペンケース(猫町ロールペンケース!)を拝見しながらわいわいしているところ。
例によって青色筆記具比較カード(写真中央)を強制的に見てもらっています。
猫町文具店(仮)に来た人は興味がなくても見なければならないという…

幸いたまみさんも青好きなので、やれサラサの青がどうのエナージェルの青がどうのとキャッキャ盛り上がることができました。
こういう色味の話はブログでは難しく、実物を見ながら話せるのは本当に有意義でした。
f0220714_2227883.jpg

さて、そんなたまみさんの心をとらえたのはこちらの鉛筆削り。
カールのエンゼル5 ロイヤル。

エンゼル5 ロイヤルの素晴らしさは実際に体験してもらわないと…ということで、新しい鉛筆を削っていただいたのですが、カラカラカラカラ…というごくごく軽い感触で削れていくことに驚きの表情のたまみさん。
だってわれわれの世代の鉛筆削りは、ゴガガガギガガガグガガガ…とかなりゴリゴリやるのが当たり前でしたから。

た「これは…いいですね!」
猫「でしょ!それに…」
た&猫「青がかっこいい!」
f0220714_22272594.jpg

そう。
先ほども申し上げたようにたまみさんはかなりの青好き。
たまみさんに比べると、猫町なんてド素人。
より本格的に正しく青を愛しておられるのを感じます。

こちらはたまみさんの今回のペンケースの中身。
プラチナのプレピーがずらりと10本。
それぞれに異なる青色インクが入っています。
こうしてキャップの頭にシールを貼り、几帳面にインクの名前が書いてありました。
f0220714_22273859.jpg

10本の内訳は以下の通り。

セーラー・ブルー
セーラー・ブルーブラック
セーラー・青墨
セーラー・蒼天
セーラー・山鳥
PILOT・ブルー
PILOT・ブルーブラック
プラチナ・顔料ブルー
プラチナ・ブルーブラック
混合インク

セーラーの蒼天や山鳥は初体験の青色だったのでとても楽しかったです。
どちらもいい色でした。
顔料だったらなあ…(顔料インク好きの話もしました)

ちなみに、より色の違いを楽しめるように、ということでこれらのプレピーはすべてM。
確かにペン先が細くなると色の違いがあまり楽しめませんよね。

今の自分の字にはMはまだまだ太い気がするのですが、そのうち小さな字も書けなくなるだろうし、その時は色の違いを楽しむポジティブな気持ちでMを手にしようと思います。

こうした「加齢と文房具」の話もたくさんしました。
視力だけでなく、筆圧が弱くなった話なども出て、最後は筆ペンを使いこなせるかも?などなど。
加齢も悪いことばかりじゃないはずですよね。

そんなこんなで、2日間文房具の話をたっぷりし、最後は塩ラーメンを食べてお開きとしました。
来年は猫町が上京しなくては。
数日寝込む覚悟で、東京文具旅と洒落込みたいと思います。
by mukei_font | 2015-12-21 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(0)

筆箱拝見!~たまみさん篇(4回目)・上~

というわけで、唐突に「筆箱拝見!」へと参りたいと思います。

理由はあまりにも写真付きの記事がないから。
今月ほとんど字だらけやん!

恐ろしいので普段はあまり考えないようにしているのですが、「『筆箱拝見!』待ちの記事」というのがこれまたたくさんありまして、これはさすがに「今年の借金今年のうちに」とはいきそうもありません。

お待たせしてしまっている皆さん、せっかく遠くから来てくださったのに誠に申し訳ありません。
皆さんどうか長生きしてください。
よろしくお願いいたします。

というわけで、先月末に埼玉県から遊びに来てくださったたまみさんの筆箱拝見から。

たまみさんのご来店は今回で4回目。
埼玉県からなのに本当にありえないですよね。
実は姫路あたりに住んでいる「自称埼玉県人」ならいいのに…と思うのですが、本当に埼玉県からやって来られるのでオロオロしてしまいます。

たまみさんについてはこれまで1度しか記事にしていないのですが、初回の筆箱拝見のリンクを貼っておきますね。
硬派な文房具のチョイスといい、知りたいことに対しては徹底的にという姿勢といい、自分自身の中途半端さが恥ずかしくなるような素敵な方です。

猫町は外見(=眼鏡)の印象から「真面目そう」と言われながら生きてきましたが、実は真面目じゃないことは本人が一番よく分かっています。
そこへくると、たまみさんは本気で真面目な方で、そこに憧れるし、尊敬します。

筆箱拝見!~タマミさん篇・上~(HI-TECマスター登場の巻)
筆箱拝見!~タマミさん篇・中~(渋い愛用文具たちの巻)
筆箱拝見!~タマミさん篇・下~(シャープロからダメ軸バトルの巻)

さて、以前ちらと書きましたが、前回(3回目)からたまみさんは赤穂に泊まりがけで遊びに来てくださるようになりました。
1回目も2回目もあまりにもあっという間に時間がすぎてしまったので、これはありがたいプラン。

せっかくなので赤穂を観光しながら文房具話を…というわけで、今回は赤穂御崎から海を眺めながら「加圧式ボールペンに一発逆転はあるか」について話したり、トンボの鉛筆の外見的かっこよさについて話したりしておりました。

こちらはいつのまにか「恋人の聖地」になっていた赤穂御崎。
雰囲気を出すためか砂利もピンク色という、微笑ましい聖地であります。
f0220714_2030950.jpg

こちらの写真は9月に撮ったものですが、たまみさんと行った時はこの黄金のプレートは傷まみれでした。
「何が恋人の聖地やねん」とガリガリ引っかいたならず者がいるのでしょう。
恋人の聖地とか確かに爆笑ものですが、傷めつけなくてもいいのにね。
f0220714_20302760.jpg

ちなみに、このベンチに座るとこんな感じの海が見えます。
もっともさすがにわれわれもこのベンチに座ってパワータンクの話をしていたわけではありません。
せっかくだから座るべきだったか…
f0220714_20304772.jpg

それにしてもわれわれはいったい何をそんなに話していたのでしょうか。
あ、ギャザリーの愚痴を聞いてもらっていたんだった(笑)。
要するに世間話ですね(続く)。
by mukei_font | 2015-12-20 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(2)

筆箱拝見!〜彼氏彼女の事情篇・下(くらさんの巻)〜

くらさん&どんさんの筆箱拝見も今回が最終回。
これまでの流れはこちら。

筆箱拝見!〜彼氏彼女の事情篇・上(いきなりクイズの巻)〜
筆箱拝見!〜彼氏彼女の事情篇・中(どんさんの巻)〜

初回に2人の筆箱の写真を載せ、どちらがどちらの筆箱でしょうクイズをやってみたのですが、不正解の方もがっかりしないでくださいね。
くらさんの筆箱を(こっちが男性かな?)と感じた方もおられたようで、ほっとしています。

男性的、女性的、などというとらえ方は余計なお世話というか、あまりほめられた感性ではありませんが、何より目の前にいらっしゃるかわいらしいくらさんとのギャップが大きく、これはこの筆箱の持ち主とは結びつかないかも!と思ってしまったのです。

それにしてもくらさんの筆箱は本当に好み…
まじまじと見ていきましょう。
f0220714_556189.jpg

探偵たちのコメントにもありましたが、くらさんの筆箱の中身はこれまでこのブログで取り上げてきたアイテムがいっぱい。

それも単に記事にしたのではなく、猫町のお気に入りとして取り上げたものばかり。
一目見てくらさんの筆箱に惹かれたのは、結局自分のお気に入りがちらほら入っていたから…かもしれません(単純)。

消しゴムのフォームイレーザーW、万年筆のプレラやプロフェッショナルギアスリム、シャープペンのグラフ1000(0.4)、そしてゲルインクボールペンのハイブリッドテクニカ。
みんなみんな気に入って使ってもらえてよかったねえ。
f0220714_5561288.jpg

中でも一番最初に目に飛び込んできたフォームイレーザーW。
きれいにスリーブが散髪されていて、美しい。
もうこれだけでうれしくなってしまいました。
f0220714_5562111.jpg

筆記具のチョイス。
猫町の兄弟や親戚たちが多くて興奮。
f0220714_5563096.jpg

恒例の記念撮影。
こちらは限定プレラのブルーブラック。
この2ショットは貴重!
f0220714_5565780.jpg

このひかえめなブルーブラックがたまりません。
はああ…まさか兄弟が現れるとは!
どう限定?どこがブルーブラック?の方は、懐かしの記事限定プレラ「色彩逢いiro-ai」。および限定プレラの真実。をどうぞ。
f0220714_557598.jpg

こちらはプロフェッショナルギアスリム。
f0220714_5571276.jpg

ペン先は「長刀ふでdeまんねん」だそうですが、大好きな軸なので仲良くパチリ。
紺に金もいいなあ。
f0220714_5572226.jpg

今回の記事でもふれた、くらさんの筆箱についての印象は、直接本人にも伝えました。
なんだか女性っぽくないこと、かなり文房具が好きな人の筆箱という印象を受けること。

そんな中、くらさんが「これが唯一の女子アイテム!」と主張されたのがこちら。
ミドリのアルミ&ウッド定規です。
f0220714_5572952.jpg

確かにこれはきれいし、おしゃれアイテムかも。
ここに目をつけた探偵もいらっしゃいましたね。
f0220714_5573874.jpg

が、おしゃれ!だけで終わらないのがくらさんの素敵なところ。
どんさんと同様、好きな文房具にもきちんとダメ出し。

「これ、使いにくいんですよ」
なんでも定規自体に厚みがあって、目盛りを打つ時に目測が狂うのだとか。
なるほど、それは使いにくそう。
f0220714_5574654.jpg

自分は文房具を実際に使うのが好きということもあり、どうしても文房具を道具として評価してしまいます。
見た目がいいだけでは到底納得できないのです。
使えないと意味がないし、それはブランドや値段とは無関係なところにある真実だと思っています。

なので、「かっこいいけど使いにくい」みたいな話は特に興味があるというか、別に揚げ足を取ってやろうとか、人と違うことを言ってやろうとかではなく、ふむふむ!とその人と文房具との関係性に思いをはせることができて楽しいのです。

また、こうした問題には正解がないのが素晴らしいと思っています。
ある人の快がある人の不快になり、その逆もまたしかりですよね。

でも、自分の中にははっきりと答えがある。
分かり合えなくても、それはあるんですよ。
お互いのそれらを確認しあう作業が好きです。

くらさんやどんさんからはこういう話がたくさん聞けて、5時間があっという間でした。

どんさんとは文具店員トークというか、当時どの替芯がよく売れたと思ったかとか、どの新製品が出た時に興奮したかとか、そういう話で盛り上がり、話せば話すほど、(これは絶対にどこかで会っているな…)という不思議な気持ちに。
ちなみにどんさんはZEBRAのクリップオンスリムが出た時にすごい!と思ったそうです。

くらさんとは万年筆やインクの話もしました。
いただきものの「色彩雫」の〈月夜〉がどうしても万年筆に合わなかったこと、セーラーの青墨の素晴らしさ。
インクまで好みが同じなんてうれしいことです。

また、くらさんは字は右利き、はさみは左利きらしく、左利きとはさみの苦労話なども聞かせていただきました。
なるほど、これは苦労した人にしか分からないことですよね。

その他お二人とは本当にいろんな雑談で盛り上がり、猫のこと、田舎のこと、今のお仕事のことなどたくさんおしゃべりしました。
お二人ともブログを読んでくださっていることもあり、本人も書いたことを忘れている古い記事のことなどが話題になり、懐かしくも楽しかったです。

そしてそんなトークの中で、学生時代に使っていたぺんてるのハイブリッドをもう一度使ってみたくなったという訳でした。
学生時代に使った文房具、というのは世代がもろに反映されますが、それぞれに思い出があって独特の重みがありますよね。

また、当日はいろいろなお土産をいただいてしまい、それについてはまた後日記事にしたいと思います。
せっかくなので試してみてから…ということで、いつになるか分かりませんが(笑)。

ということで、長くなりましたが、暑い中こんな辺鄙なところまでやって来てくださり、本当にありがとうございました。
にこにこと手を振りながら帰って行かれたお二人の笑顔を、折に触れて思い出しています。
by mukei_font | 2015-08-06 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(4)

筆箱拝見!〜彼氏彼女の事情篇・中(どんさんの巻)〜

思いつきで書いたクイズにたくさんのコメントありがとうございます。

今回、そして次回へと続く、くらさん&どんさんの筆箱拝見記事ですが、ぜひ前回の記事のコメント欄もあわせてお読みください。
金田一少年やコナンたちがうじゃうじゃしています。

今回なぜこのようなクイズを思いついたかというと、パッと見、どちらも男性の筆箱に見えるなと思ったからなんです。
男性的というわけじゃないのですが、少なくとも女性的ではない感じ。

ちなみに答えは黒がどんさん、白がくらさんなのですが、くらさんの筆箱、これ男性が持っていてもおかしくないでしょ。
いわゆる中性的な、いかにも猫町の好みだったので、しょっぱなからウッハーと興奮してしまいました。

というわけで、今回は彼氏であるどんさんの筆箱拝見!
確かに携帯の色と逆の組み合わせになっているあたりはおしゃれですね。

中身はこんな感じ。
特に黒が好きなわけではないようでしたが、黒っぽい中身。
f0220714_2019361.jpg

当日は実に5時間も話していたのですが、どちらかというと雑談が多く、1本1本の筆記具について熱く語っていたわけではないような(ありがちな展開)。

学生時代に大阪の文具店でアルバイトをしていた話や、その時からなぜかZEBRAを応援している話。
しかし、サラサには独特のにおいがあり、「サラサはサラサなのにさらさらしていない」という名言(?)まで飛び出し、かなり盛り上がりました(ちなみにどんさんはシグノ派)。

ほらほらほらあ!
やっぱりにおい!
これずっと思ってましたよ。

以前ちらと書いていますし、香り付きボールペンについて書いた時も、実はZEBRAはサラサのにおいをごまかすために香り付きアイテムを展開しているのでは?と書こうかと思ったほどですよ。

が、案外皆さん気にならないのか、サラサのにおいについてはあまり話題になりませんね。
自分は気になるなあ。

言葉で表現するのは難しいのですが、しばらく使わずに置いていたタッパー容器を久しぶりに開けたにおいというか、プラスチックのこもったようなちょっとしんどいにおいというか…
石油系のにおいでもあるような?

サラサがさらさらしていないという話は、いわゆる相性の問題ということで流していただきたいのですが、パッと見は似たようなゲルインクボールペンでも、自分と相性のいいペンもあればいまいちなペンもあるというリアルな話を本人を目の前にして聞けるのが筆箱拝見のおもしろいところです。

そんな中、特にこだわりのある2本をご紹介します。
1本目は三菱のシャ楽(左から2本目)。
あーシャ楽ね、と思わず通り過ぎそうになるアイテムですが、どんさんによると、これはこだわって選んだ1本なんだとか。
f0220714_20195633.jpg

どんさんはシャ楽の口金(金属じゃないけど)が、他の100円シャープに比べて短いところが気に入っている様子。
人によって注目するところが違うという素敵なエピソード(自分ならパイプが引っ込むとかそういうところに気がいってしまう)。
f0220714_2019474.jpg

2本目はこちら。
ペリカンのボールペンなんですが、かっこいい外見のわりに使いにくい苦笑アイテムであるようでした(右から2本目)。
f0220714_20202295.jpg

理由はとにかく重心が後ろにある!
この頭の部分がめちゃくちゃ重い。
ずーんと後ろに引っ張られるくらいに重い。
ファーバーカステルの筆記具などにもありますが、これって普通に使いにくいです…
f0220714_20204577.jpg

なお、どんさん&くらさんはこのペンを「稗田八方斎(ひえたはっぽうさい)」と呼んでいましたが、どうやら「忍たま乱太郎」に出てくる頭がでっかいおじさんのことのようです(笑)。
よかれと思って作ったペリカンもさんざん…

写真はこの2本のみですが、どんさんとは筆箱に入っている筆記具についてあれこれ話しました。
今はuniの芯ホルダーを使っているけれど、ロットリングのが欲しいとか、今回のくらさんとの旅行の途中で買おうかなと思っているといった話。

また、筆記具を選ぶときに重視するのは軸径であるとか、ペン先に向かって細くなっていく軸が好きとか。
その基準でいくと、先ほどの稗田八方斎ボールペンは軸は完璧なんですよね…

どんさんとはこの他にも本当にたくさんおしゃべりし、同時期に比較的近くで文具店員をしていたこともあり、初対面にもかかわらず、絶対にどこかで会ったことがある、という不思議な懐かしさを感じつつの時間となりました(続く)。
by mukei_font | 2015-08-05 20:18 | 筆箱拝見! | Comments(8)

筆箱拝見!〜彼氏彼女の事情篇・上(いきなりクイズの巻)〜

ということで、先月はるばる石川県から猫町文具店(仮)に遊びに来てくださったくらさんの筆箱拝見!です。

今回はタイトルからも分かるように(分かるか?)、彼氏さんと一緒にやって来てくださいました。
ご夫婦での筆箱拝見というのはてっつぁんの時にやりましたが、カップルは初めて。

くらさんは古い読者の方で、毎年年賀状のやり取りなどさせていただいているのですが、聞くところによれば、このブログを最初に見つけられたのは彼氏さん(以下どんさん)で、彼女であるくらさんにすすめたのだとか。

カップルに愛される「無罫フォント」…
のっけからいい話!

さて、そんなくらさん&どんさんですが、ほのぼの系の素敵なカップルでして、当日は木琴堂とは反対側の坂越の古い町並みや坂越湾のあたりを先に散策、汗をかきかきやって来てくださいました。

自分としては、直前に台風も来たし、いったい本当に石川県からやって来てくださるのだろうか、ダイヤは乱れてはいないのだろうか、とはらはらしていたわけですが、なぜか携帯にメールが来ず、?と思っていたらなんと3人ともガラケーで、自分が家のパソコンからくらさんに送ったメール(猫町の携帯アドレスを記したメール)はくらさんの石川のお家のパソコンに届いていたというオチ…

ということで、いきなり記念撮影。
左から、どんさん、くらさん、猫町の携帯。
f0220714_1612174.jpg

猫町は携帯を持ってまだ10年もたっていないほどの時代遅れ野郎なのでともかくとして、くらさんたちは何やらガラケーに熱いものがある様子。

一時期スマートフォンも使っていたとのことですが、こだわって今はガラケーを使っているとか。
ちなみにおそろいで持っている風に見えますが、機種が同じになったのは偶然だそう。

さて、そんなほのぼのカップルの筆箱拝見とまいりましょう。
携帯は偶然でしたが、こちらは本当におそろいの筆箱。
お二人ともつくし文具店のつくしペンケースで、以前猫町文具店(仮)に来られたUSAさんもこのペンケースでした。

で、いきなりクイズなんですが、以下の2つのペンケース、いったいどちらがくらさん(彼女)のもので、どちらがどんさん(彼氏)のものでしょうか?
しばらく考えてみてください(続く)。
f0220714_16174323.jpg


f0220714_1617289.jpg

by mukei_font | 2015-08-04 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(10)

筆箱拝見!〜妹篇2015・下~

妹の筆箱拝見の続きです。
これまでの記事は下記をどうぞ。

筆箱拝見!〜妹篇2015・上〜
筆箱拝見!〜妹篇2015・中~

妹はいわゆるキティラーなので、スタイルフィットもこのとおり。
f0220714_9545481.jpg

リフィルもちゃんとキティさん。
f0220714_955755.jpg

自分はキャラクター系の文房具は遠巻きに眺めているだけですが、軸だけではなくリフィルにまで限定限定と商魂たくましい三菱鉛筆にはガツンと言ってやりたくなる時があります。

「そのくらいにしておけ」

イメージは学ランに高下駄(学ランはところどころ破れている)。
もちろん猫町はむちゃくちゃ喧嘩が強いという設定です(しばし妄想の世界で遊ぶ)。

いや、妹やあむさんのような大人のキティラーはいいんですよ。
あるいはキティさんシリーズなどは最初から大人相手なのかもしれませんね。

でも中高生くらいの年代のユーザーを意識しているのも事実だと思うんです。
使用頻度の高い彼女たちに限定のお高いリフィルをちらつかせるか!とちょっと腹が立つんですよね。

閑話休題。

こちらはZEBRAのプレフィール。
猫町も持っている「トラベルコレクション」(限定軸)ということで記念撮影。
f0220714_9552143.jpg

自分と同じシリーズを持っている人を見たらつい記念撮影したくなります。
こちらはいつぞやお越しいただいたTetsuさんとの記念撮影。
男性も選べる限定軸って貴重ですよね。
f0220714_22155644.jpg

さて、こちらは筆箱を上から見たところ。
あまり写っていませんが、妹にはこだわりがありました。
f0220714_9553694.jpg

ペンを入れる向きです。
取り出したペンを戻す時に向きをたずねると、自分ルールがあるようでした。
なんでもスリッチだけ逆向きに入れるのだとか。

なるほど、それは聞いておいてよかった。
他人がペンを使って戻すとペンケースの使い勝手が微妙に変わっている時ってありますよね。

最後は妹へのプレゼント。
ジェットストリームカラーインクの緑です。
妹の好きな「黒子のバスケ」の真ちゃん(緑間真太郎)カラーの筆記具ということで、緑色なんて全然好きじゃない妹に。
f0220714_9554911.jpg

もっとも真ちゃんグッズを集めているうちに嫌いだった緑色のものが部屋にあふれ、受け入れているようではありましたが…
こんなにきれいのに、かわいがってあげてよ。
f0220714_956731.jpg

ということで、3年ぶりに妹の筆箱を見せてもらったという話でした。
アニメグッズが印象的な筆箱ではありましたが、新製品に浮気することなく、自分の使いやすい定番筆記具を淡々と使い続ける姿勢は猫町よりもずっと真面目なものがありました。
反省。
by mukei_font | 2015-07-12 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(2)

筆箱拝見!〜妹篇2015・中~

妹の筆箱拝見の続きです。
前回の記事はこちら

今回のメインはジェットストリーム。
妹はジェットストリームの0.5を日記に愛用しており(にじみ抜け等は織り込み済み)、現在替芯は7本目とのことですが、愛用しすぎて軸が相当傷んでしまっていました。

こちらなんですが…お分かりでしょうか。
f0220714_20411687.jpg

アップで見てみましょう。
f0220714_20425141.jpg

さらにアップで。
f0220714_2043460.jpg

最初はこんな感じだったのですが、写真の状態が違いすぎて比較になりませんね。
青いほうが猫町、ピンクのほうが妹。
猫町のほうは「軽井沢」という名前をつけてかわいがっていました。
f0220714_20471596.jpg

ほぼ同じデザインの新しい軸と比べるとこんな感じ。
f0220714_20421512.jpg

かなり色も変わっていますね。
写真を撮り忘れましたが、妹のラバーグリップ、ずるずると抜けるんですよ。
f0220714_20424340.jpg

妹に「グリップだけ替えたい」と言われ、(グリップが替えられる軸だったかな?)と思ったのですが、妹の軸のラバーの接着がはがれてずるずる外れるだけで、普通はここはぴったりと軸にくっついているはずの部分。
自分も一度ダメになった軸でずるずるになったのを見たきりで、「グリップを替える」の意味が分かりませんでした。

さて、普通だと軸が傷めば軸を買い直せばいいだけの話です。
ジェットストリームなんて150円の安いボールペンです。

が、妹が使っているものはどこにも売っていないレア軸。
単なる名入れ軸と思うなかれ、今の名入れ軸とは違うのです。
ほらこのとおり、楕円の中の印刷の濃さも、ピンクのラインも全然違います。
f0220714_20422613.jpg

「この軸じゃないと意味がないのに…」と妹はうれしいことを言ってくれますが、実際どうすることもできません。
いきなりまだ新しい軸のラバーを力任せに外して装着…というのは明らかにまずい気がしますしね。

結局名案も浮かばず、今の名入れ軸をプレゼントしたのですが、さて、どうするつもりなのか…(続く
by mukei_font | 2015-07-11 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(2)

筆箱拝見!〜妹篇2015・上〜

妹が帰省していたので、そのことを書いておきたいと思います。

妹は自分とは違い、文房具にはまったく興味がありません。
が、自分にはそのほうが刺激的でおもしろいです。
興味のない人がそれでも選んで使っている文房具、というものに興味があるからです。

ということで、3年ぶりの筆箱拝見とまいりましょう。
前回はこちら。
筆箱拝見!〜妹篇2012〜

こちらが妹の筆箱。
キティさん好きです。
f0220714_1956036.jpg

そしてアニメ好きでもあります。
こちらは「黒子のバスケ」の緑間真太郎。
今一番好きなキャラクターであるようです。
どこからでも3ポイントシュートできる…という人だったはず(たぶん)。
f0220714_1956111.jpg

こちらが筆箱の中身。
文房具にあまり興味がないというだけあって、大半は3年前とあまり変わっていません。
f0220714_19561940.jpg

ちなみに3年前はこちら。
今回写真を撮り忘れましたが、消しゴムも同じだったと思います。
クルトガとLAMYはいなくなっていますね。
ジェットストリームは次回あらためて取り上げます。
f0220714_19563854.jpg

さて、今回はアニメの話になったのでアニメ系の筆記具をご紹介。
f0220714_19573089.jpg

「ハイキュー!!」の西谷夕がカラスになったキャラ「ノヤガラス」と「進撃の巨人」のエレンです。
「ハイキュー!!」はともかく、「進撃の巨人」は確かリヴァイ兵長やエルヴィン団長がお気に入りだったはずの妹ですが…
f0220714_19574045.jpg

さて、こちらのエレンボールペンは、この銀色の部分を引っ張るとにょーんと旗みたいなのが出てくるペンですね。
f0220714_19574859.jpg

こんな風に。
f0220714_1957582.jpg

なお、写真の手は妹の手でして、今回も素敵なネイルでした。
たまにしか登場しないのに、毎回ネイルが違って楽しいので過去のネイルもよろしければどうぞ。

お土産とおもしろボールペン。
羽海野チカ『3月のライオン』ダイアリー。

爪の白い部分が少しでも伸びたら切りたくなる自分とは違い、妹の爪はいつもとてもエレガント。
もちろん一事が万事、爪だけじゃなくあらゆるところが似ていませんが、それでも肉親なんですよね。
不思議です(続く)。
by mukei_font | 2015-07-10 23:59 | 筆箱拝見! | Comments(0)