人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2020
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(102)
(64)
(35)
(33)
(9)
(8)
以前の記事
2020年 03月
2020年 02月
2020年 01月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
こんにちは。 ユニボー..
by YAS at 16:57
これ、文具女子博で買いま..
by りお at 13:45
珍しい これほしいな。突..
by おもしろい at 10:53
こんにちは。いつも見てま..
by しんじょう at 21:58
カドケシのリンク先にある..
by くりぞう at 12:55
はじめまして。突然で失礼..
by タンスにゴンゴン at 08:35
16日までなら文具がイオ..
by alchemie0629_a20 at 02:40
アルファベットやひらがな..
by alchemie0629_a20 at 17:13
私は、そのペンの商品名を..
by れみ at 08:47
私はアルファベットを書く..
by まこ at 08:14
おお!!同じ色鉛筆持って..
by りお at 11:00
猫町さんブログ10周年お..
by ペンスキー at 03:07
10周年おめでとうござい..
by ホウレンソウ at 23:46
「はんこ下描きノートは方..
by うさむし at 11:42
「ダイアリーの月間ページ..
by ナツキ at 09:56
紙は白くなくてはならない..
by suhei-nanjou at 21:18
「ビジネスで使うインクは..
by S6061_K at 20:59
模様付きの可愛いペン..
by ミナミ at 02:00
“LAMY サファリ シ..
by pentelfan at 16:36
遅ればせながら10周年お..
by alchemie0629_a20 at 15:00
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:筆記具・ゲルインク( 147 )

猫町、uni-ball one(ユニボールワン)に出会う(1回目)。

先日の記事の続きです。

文房具屋の店頭の試し書き用紙にはついその筆記具の感想を書いてしまいがちな猫町ですが、先日三菱のuni-ball one(ユニボールワン)に出会い、試筆した時のことを書きたいと思います。

そうなんですよ。
ついにuni-ball oneに出会えたのです。
田舎に住んでいても出会えたことに感謝。

試筆用紙は2種類あり、猫町が試筆したのは左半分が15行ほどの横罫、右半分が無罫になっている試筆用紙。

以下はほぼ試筆用紙に書いた感想です。
長くなりすぎたので迷惑をかけないようちゃんとはがして持って帰ってきました。

UMR-83と比べてどうかな?水っぽい?濃いかなあ…
ペン先ががしっと決まらない気がする。
なんかフワフワする。
UMR-83の紙をガッとつかまえる感じがないというか…
フローの問題?なんかイマイチぽい…サンプルだからか?
ソフトなタッチで字を書く人むけ、て感じ(怒りマーク)

(ここでブルーブラックの0.38を試筆)

シグノのブルーブラックの緑っぽすぎる色より落ち着いていて良いかも…

(ここでブルーの0.38も試筆)

ブルーはどうかな…相変わらず明るいな…

(ここで全体の感想)

ボディは嫌いじゃないが…
大騒ぎするほどじゃないような…
ふわっとした字を書く人用
濃さより安定感やろがい(怒りマーク)
濃いんか?


とまあこんな感じで第一印象としてはイマイチでした。

あわてて新商品の什器を店頭に出したようで試筆用のペンの先の樹脂玉がちゃんととれていないものもあり、ペン自体もまだベストコンディションではなかったのでしょう。

しかしノック式のシグノ0.38の替芯であるUMR-83についてはかなり精通している自信があるので、それとの比較ということでいうとペン先の安定感に欠け、自分は使いにくそうだという感想を持ちました。

以上が1回目の感想です。

by mukei_font | 2020-03-13 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)

uni-ball one(ユニボールワン)に高まる期待。

uni-ball one(ユニボールワン)の替芯について知りたいという先日の記事に対してコメントをくださったあるけみさん、ksjjさん、S6061_Kさん本当にありがとうございました(さかなさんのコメントも拝見しました)。

また、uni-ball oneの詳細なレポートをメールで送ってくださったジャンヌダルクKさんにも感謝しています。
ありがとうございました。

uni-ball oneの芯がUMR-83同様いろいろな軸に入ることが分かったのは本当によかったです。
見つけ次第間違いなく購入すると思いますが、書き心地などは使ってみてからのお楽しみですね。

何しろUMR-83を愛しすぎているので、なんやこれ!とがっかりすることがないとも限りません。
メーカーが力を入れたポイントほど猫町に響かず、でえーーーい!(ちゃぶ台返し)となりがちなので…

とにかく楽しみです。

by mukei_font | 2020-02-25 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ここが知りたい!uni-ball one(ユニボールワン)。

三菱の新商品uni-ball one(ユニボールワン)についてちらほらTwitterで見かけるようになりました。

わが町にも入荷していないだろうかと心当たりのある文房具売り場をチェックしてみましたが、残念ながらまだの様子。

うーーー
早く見てみたいよーーー

猫町の最大の関心は芯の形状で、それがシグノRT1等の替芯であるUMR-8xシリーズとまったく同型であるかどうかが知りたいのです。

まずは軸ごと買ってみるつもりですが、ゆくゆくはuni-ball oneの軸にUMR-83を入れたり、uni-ball oneの芯をぺんてるのエナージェルフィログラフィやZEBRAのRougel(ルージェル)の中に入れて使ってみたいではないですか。

ここを読んでおられる方の中には替芯好きの方もいらっしゃると思います。
もしuni-ball oneを買った方がいたらすぐに中から芯を取りだし、お手持ちのサラサやエナージェルと互換性をチェックしていただけたらと思います。

わがままなお願いですがよろしくお願いいたします。

by mukei_font | 2020-02-23 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(3)

気になる新商品〈三菱・uni-ball one(ユニボールワン)〉。

ははあん…
これはかなり気になりますなあ…

三菱のプレスリリースで2月26日にuni-ball one(ユニボールワン)というゲルインクボールペンの新商品が出ることを知ったのですが、水性顔料インク(になるんですよね?顔料を使用とあるし)で0.38なら買わない理由がありません。

問題は芯の形状です。
UMR-38Sってどんな芯だろう。

単色のノック式ゲルインクボールペンの替芯なら従来のUMR-8xシリーズと互換性があってほしいけど、ジェットストリームエッジの替芯が従来の単色芯であるSXR-5やSXR-7の形状じゃなかった、みたいな落とし穴があったりするのでしょうか。

うーん…どうなんだろう。
そこが一番重要なところなんだけどなあ。

もしUMR-83と互換性があるならまず芯だけを買ってみたいです。
こんなユーザーばかりだと困るから芯の形状を変えた、とかだったら悲しい…

UMR-83信者の自分としては今のインクにまったく不満がなく、一層濃い字が書けると言われても戸惑ってしまうのですが、速乾性の高い顔料系インクというのも気になるし、詳細が分かるまではかなりそわそわしそうです。

by mukei_font | 2020-01-21 23:54 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)

今年の年賀状筆記具を振り返る~ゲルインクボールペン篇~

前回の続きです。

一方、問題の年賀状にはゲルインクボールペンを使いました。
宛名はぺんてるのハイブリッド、裏面のメッセージはぺんてるのハイブリッドテクニカ〈キャップ式・0.4〉です。

宛名はゲルインクボールペンなら0.5以上の太さで書くべきだと思っているのですが、自分の場合一番安定した字が書けるのはハイブリッドです。

ノック式のシグノ0.5はペン先のがたつきが気になり、インクの出がもたもたするようなところがあってが字の要所要所が甘くなりがちだし、キャップ式のシグノ0.5はインクの出が渋いのかゆるいのか分からないようなところがあり、ガリッとしたりぬたっとしたりで筆記に集中できません。

ハイブリッドは高校生の頃から使っていますが、軸が細く力を無理なく込めることができ、まるで鉛筆か細身のシャープペンを握って書いているかのように手との一体感を感じながら文字が書けるところが気に入っています。

ハイブリッドテクニカについては今さら言うまでもありませんが、今回使ってみてあらためて感動したのはその頑強なニードルチップでした。

あの紙をグッとつかんで安定する感じ。
安定するからこそ安心して好きに文字を書くことができるのです。
本当にぺんてるはこんな名品を廃番とか目が節穴にもほどがあります…

しかし、ハイブリッドにしてもハイブリッドテクニカについても完璧ではないのです。
年末のどさくさに「なんぼ好きでもここはあかんで」というところを指摘しておきましょう。

ハイブリッド→突然かすれる(宛名を書いてる時とか殺意しかない)
ハイブリッドテクニカ→やはりインクの乾きが遅い(唯一にして最大の弱点)

まあずっと分かっていて、それでもこれくらいのことで嫌いになるわけがないレベルの欠点なのですが、ハイブリッドのかすれには「おいーーーーー」と何度も絶叫させられました。

大きめの字が得意じゃないのかな。
ちょっとかすれてしまった方はごめんなさいね。

by mukei_font | 2019-12-20 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ワゴンセールの救世主。

タイトルだけで何が起こったか察しがつくと思いますが、またもやワゴンセールで上手に買い物をしてしまいました。

ワゴンセールへの愛については過去に記事を書きました。

今読み返しても過不足のない内容で、いつか文具好きの人とワゴンセールだけをめぐるツアーなどをしたら楽しいのではないかと妄想したりするのでした。

というわけでなんとシグノRT1のブルーブラックをゲットです。
「なんと」というほど意外でもないか。
ワゴンセールの救世主。_f0220714_21364812.jpg
シグノRT1ってなんとなくせつないですもんね…
替芯は売っていても本体はどこにも見あたらなかったり…
大丈夫なのかな。

替芯は神がかり的にいいのにラバー多めのぬぼっとした垢抜けない外見が駄目なんでしょうか。
確かにゴミはいっぱいつきますが、好きなところを握れていいのに。

それにこの軸の素晴らしさは長時間書いてこそ分かる、みたいなところがあると思います。
3年日記をまとめ書きするために純正軸に戻した自分が言うのだから間違いない。

上記の記事にも書いたように、地元のイオンでは年がら年中ワゴンセールをしており、優秀な文房具もワゴンセールに押しやられるのでワゴンセールで売られていること自体は別に屈辱でも何でもありません。

とはいえ、なんとなくトホホな感じは否めないわけで、同じように転がっているPILOTのハイテックCマイカなども涙を誘うのでした。

ハイテックCマイカはちょっと手に合わないのでこっちを連れて行くね。
ワゴンセールの救世主。_f0220714_21365222.jpg

by mukei_font | 2019-12-17 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

サラサドライ昇天。

ということで、布団の中で一言つぶやいてから寝ることにします。

今日久しぶりにサラサドライ(0.5・赤)を使おうとしてノックしたら死亡していました。

まだめっちゃインクあるのになんなん。
ペン先から空気が入った?
それはないわド素人でもあるまいし。

芯には使い始めた日付を書いているのですが、それによると使い始めは2018年10月4日。
インクが2センチ減ったところで中断してしばらく放置していたら死亡したもよう。

さみしがりやのかまってちゃんか。
そんなんじゃここ(猫町の周辺)ではやっていけないぞ。

赤鉛筆にうつつを抜かしていたのは事実ですが、そんなにスピーディーに昇天されてしまっても。

許さん。

by mukei_font | 2019-09-02 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)

軸ジプシーは純正軸に戻るか。

【軸ジプシー】
純正軸に不満がある、あるいは替芯の魅力に取り憑かれ、芯の能力を最大限に引き出すことのできる理想の軸を探し求めて放浪するボールペンユーザーの意。

猫町もその一人でした。
理想の替芯である三菱のUMR-83をいろんな軸に入れて使ってきました。

三菱のジェットストリームのスタンダード軸、ロフト限定ジェットストリーム、ZEBRAのサラサクリップ、Rougel(ルージェル)、ぺんてるのエナージェルフィログラフィ、そしてエジプト展で手に入れた名もなきペンに至るまで。






もっともこれは何も驚くことではなく、常にUMR-83が入るかどうかという基準でボールペンを選んでいるので、こうなるのは自然の流れなのです。

しかし、こと戦闘モードに突入すると自然と手が純正軸を求めていることに気づきました。
純正軸、すなわちシグノRT1そのものを求めていることに気づいたのです。

が、替芯は田舎のイオンや文房具屋にも売っているのに、シグノRT1自体はなかなか売っていません。
これはかつてたまみさんと東京文具旅をした時もそうでした。

あの時は新宿の世界堂でようやく手に入れたのですが、その貴重なシグノRT1の軸を以前生徒にあげてしまった猫町…
気前よすぎ…

でも待てよ。
持っているじゃないかシグノRT1を。
実は多色のゲルインクボールペン(カスタマイズペン等)の性能の悪さに業を煮やし、緑色のインクのシグノRT1を買って使っていたのです。
軸ジプシーは純正軸に戻るか。_f0220714_09395841.jpg
軸ジプシーは純正軸に戻るか。_f0220714_09395406.jpg
とりあえず緑色のインクはエナージェルフィログラフィにin。
空になった緑軸のRT1に3年日記専用ボールペンの替芯であるUMR-83をin。
よっしゃー。

ところで「戦闘モード」ですが、もちろんそれは3年日記のまとめ書きに他なりません。
借金43時代にすでに緑軸に移行しており、今も緑色のRT1を握りしめてガリガリと書いております。

by mukei_font | 2019-08-23 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)

ZEBRA・クルリ。

先日新聞でZEBRAの新商品「クルリ」について知りました。

「働く女性の味方に」

ということで、働く女性が持ち運びやすいように全長約11センチのコンパクトなボールペンのようです。

インクはジェルとありますが替芯は何かな?
軸の長さからしてサラサクリップのJF芯は無理。
サラサの多色の替芯JK-0.5か?とも一瞬思いましたが、これだって長さがギリギリ。

その後「文マガ」の新製品情報で「ボール径は細字の0.4mm」と見てなんやJSB-0.4かあ…

と、まだ品番が出てくることに驚きました。
これぞまさに昔取った杵柄(大げさ)。

しかし、JSB-0.4と聞くと現実的な猫町は「全然働く女性の味方じゃねえ!」と叫びだしたくなりますね。

あっという間になくなるんですよインクが。
当たり前ですよねあんな短い金属芯の中にゲルインクが入っているのですから。

1本あたりの替芯の値段と替芯の交換頻度を冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか。
みなさんの好きな(猫町は嫌いな)コから始まる3文字の言葉…

それにそもそもZEBRAのサイトにあるみたいな透明のケースに入れて持ち歩くのなら特にコンパクト軸にする必要もないやん、とか言ってしまっては駄目なんでしょうか。
すでにマイルドライナー的な人も入っているし…

同社のブレンとかも限定色が出るみたいなのに、ブレンもきっと持ち歩いてよお…と思っていますよ。

従来のボールペンがこんな長さならキャー今度のボールペンはコンパクトね!という感動もあるでしょうが…
ZEBRA・クルリ。_f0220714_2158573.jpg
まあこれはいつぞやの沖縄土産なわけですが…

by mukei_font | 2019-07-06 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ZEBRA・サラサクリップ逆輸入版。

田舎でヨボヨボ暮しているだけのミドルエイジ猫町に、ジャンヌダルクKさんから素敵なものが送られてきました。

なんと逆輸入版のサラサクリップとのこと。
ZEBRA・サラサクリップ逆輸入版。_f0220714_18391196.jpg
色も柄も素敵すぎる…
青系の軸に猫までいる…
ZEBRA・サラサクリップ逆輸入版。_f0220714_18310407.jpg
ジャンヌダルクKさん、珍しいものをありがとうございます。
とてもとてもうれしいです。

それにしても中のインクは黒かしら?
それとも軸と同じブルーやブルーブラックが入っているのかしら?

Twitterで検索すると、テージーの公式アカウント(@teji_1909)が「リフィルの色はビンテージカラーなので、ノックの色と同じ」と書いていたので参考になりました。

サラサのブルーやブルーブラックはこれまでに使い切った実績もありますが、他の芯(三菱のUMR-83)を入れて使いたい気持ちを抑えられない予感がします。

とりあえず今は軸を眺めているだけで楽しい。
最近本当に疲れていてヘロヘロだったので、まさしく癒やしとなりました。

ジャンヌダルクKさん、本当にありがとうございました。

by mukei_font | 2019-06-17 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)