人気ブログランキング |

猫町フミヲの文房具日記
by 猫町フミヲ@無罫フォント
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
毎度当ブログにお越しいただきまして、誠にありがとうございます。

Copyright (C)2010-2019
nekomachi_fumiwo all rights Reserved.
当ブログにおけるすべての文章の無断転載を禁じます。

なお、コメントの際は「通りすがり」「通行人」「名無し」系のハンドルネームはお避けください。
できるだけお一人お一人を識別したいと思っています。

兵庫県赤穂市の古雑貨カフェ「木琴堂」に不定期出勤。
ご来店の際は事前にメールかコメントをいただけるとありがたいです。

猫町の連絡先は以下のとおりです(*を@に)。
nekomachi_fumiwo
*yahoo.co.jp

Twitterやっています(が、内容は文房具に限りません。夢日記とか馬とか相撲とか)


文房具ランキング
↑引き続きよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 雑貨ブログ ステーショナリー雑貨へ
にほんブログ村
↑文房具仲間が増えるといいなと思い参加しています。
クリックで現在の順位が分かります。
カテゴリ
わたくしごと
文房具与太話
〈猫町と中学生〉
文具屋日記
筆記具・万年筆
筆記具・油性ボールペン
筆記具・ゲルインク
筆記具・多色、多機能
筆記具・シャープペンシル
筆記具・鉛筆
その他筆記具
替芯
インク
ノート
原稿用紙
手帳・日記・家計簿
〈猫町とEDiT〉
〈猫町と3年日記〉
〈猫町と英語日記〉
手紙
レター用品・スタンプ
その他紙製品
消しゴム
〈けしごむーず〉
切・貼・修正系
ファイル系
その他文房具
猫文具
レトロ文具
おもしろ文具
まちかど文具
文具屋めぐり
雑貨屋・100均・無印良品
*パシリ〜ノ*
フォント屋猫町
スクラップブッキング…×
本日のお買い上げ
手のひらより愛をこめて
イベント感想
猫町文具店(仮)出張所
筆箱拝見!
シャー芯プロジェクト
青色筆記具研究所
タグ
(88)
(51)
(33)
(31)
(9)
以前の記事
2019年 08月
2019年 07月
2019年 06月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 10月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
お気に入りブログ
水面歩行
月、火、水、木琴堂。
最新のコメント
昨夜はあまりにもガッカリ..
by テヅルモヅル at 23:21
結論から言いますと、ダメ..
by テヅルモヅル at 22:52
このたびは記事にしてくだ..
by くら at 00:41
こんにちは。 こちらの..
by ゆいとまる at 10:24
そっちかぁ〜(ノ∀`)
by alchemie0629_a20 at 18:43
以前、景品で鉛筆を用意し..
by あみ at 08:06
一昔前ならエスパークスや..
by alchemie0629_a20 at 23:46
モノだと折れやすいですし..
by 輪音 at 03:53
猫町さん、こんにちは。 ..
by さかな at 07:40
ステッドラー・マルスプラ..
by alchemie0629_a20 at 16:50
ちなみに最近のスーパーサ..
by alchemie0629_a20 at 08:48
あれからまたちょくちょく..
by alchemie0629_a20 at 17:11
そうそう!!いつのまにか..
by りお at 11:49
ご無沙汰しております。プ..
by なぎねこ at 16:38
はじめまして。地方のハウ..
by まっくす at 15:41
クロスの油性リフィル(細..
by psw at 07:17
パイロットDr.Grip..
by ky at 21:46
知人と共に、二日目の文紙..
by 輪音 at 19:08
サクラクレパス消しゴムは..
by horenso39 at 18:56
こんにちは! 私も今年..
by ともこ at 12:17
最新のトラックバック
venusgood.com
from venusgood.com
http://venus..
from http://venusco..
venuspoor.com
from venuspoor.com
whilelimitle..
from whilelimitless..
http://while..
from http://whileli..
http://www.v..
from http://www.val..
Leuchtturm19..
from 書なり
ジェットストリーム 多機..
from ぱふぅ家のホームページ
[stationery]..
from 趣味と物欲
新聞の切り抜きについて、..
from 電網郊外散歩道
検索
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


カテゴリ:筆記具・ゲルインク( 139 )

ZEBRA・クルリ。

先日新聞でZEBRAの新商品「クルリ」について知りました。

「働く女性の味方に」

ということで、働く女性が持ち運びやすいように全長約11センチのコンパクトなボールペンのようです。

インクはジェルとありますが替芯は何かな?
軸の長さからしてサラサクリップのJF芯は無理。
サラサの多色の替芯JK-0.5か?とも一瞬思いましたが、これだって長さがギリギリ。

その後「文マガ」の新製品情報で「ボール径は細字の0.4mm」と見てなんやJSB-0.4かあ…

と、まだ品番が出てくることに驚きました。
これぞまさに昔取った杵柄(大げさ)。

しかし、JSB-0.4と聞くと現実的な猫町は「全然働く女性の味方じゃねえ!」と叫びだしたくなりますね。

あっという間になくなるんですよインクが。
当たり前ですよねあんな短い金属芯の中にゲルインクが入っているのですから。

1本あたりの替芯の値段と替芯の交換頻度を冷静に考えてみる必要があるのではないでしょうか。
みなさんの好きな(猫町は嫌いな)コから始まる3文字の言葉…

それにそもそもZEBRAのサイトにあるみたいな透明のケースに入れて持ち歩くのなら特にコンパクト軸にする必要もないやん、とか言ってしまっては駄目なんでしょうか。
すでにマイルドライナー的な人も入っているし…

同社のブレンとかも限定色が出るみたいなのに、ブレンもきっと持ち歩いてよお…と思っていますよ。

従来のボールペンがこんな長さならキャー今度のボールペンはコンパクトね!という感動もあるでしょうが…
f0220714_2158573.jpg
まあこれはいつぞやの沖縄土産なわけですが…

by mukei_font | 2019-07-06 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ZEBRA・サラサクリップ逆輸入版。

田舎でヨボヨボ暮しているだけのミドルエイジ猫町に、ジャンヌダルクKさんから素敵なものが送られてきました。

なんと逆輸入版のサラサクリップとのこと。
f0220714_18391196.jpg
色も柄も素敵すぎる…
青系の軸に猫までいる…
f0220714_18310407.jpg
ジャンヌダルクKさん、珍しいものをありがとうございます。
とてもとてもうれしいです。

それにしても中のインクは黒かしら?
それとも軸と同じブルーやブルーブラックが入っているのかしら?

Twitterで検索すると、テージーの公式アカウント(@teji_1909)が「リフィルの色はビンテージカラーなので、ノックの色と同じ」と書いていたので参考になりました。

サラサのブルーやブルーブラックはこれまでに使い切った実績もありますが、他の芯(三菱のUMR-83)を入れて使いたい気持ちを抑えられない予感がします。

とりあえず今は軸を眺めているだけで楽しい。
最近本当に疲れていてヘロヘロだったので、まさしく癒やしとなりました。

ジャンヌダルクKさん、本当にありがとうございました。

by mukei_font | 2019-06-17 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

水無月のぽつぽつ文具トーク・その3(謎の破片の正体)。

「水無月のぽつぽつ文具トーク」と言いつつ全然「ぽつぽつ」してないやん、ということで本当にぽつぽつしたことを書いていきます。

以前、穴あけパンチの抜きカスのような硬い黒い丸いものが落ちていて何だろうと思っていたらガラケーの決定ボタンだった、という話を書きました。
捨てずに救われたもの、という感動的な記事です。

この記事が語るように、基本的に自分はあまり物を捨てません。
謎な物であればあるほど、今は分からないが何かすごく重要な部品のような気がして捨てられないのです。

ということで、長らく謎の部品が自分の机の上にあったのですが、今日ようやく分かりました。
ネコ柄エナージェルのクリップ部分の部品でした。
f0220714_22043596.jpg
細い紙袋に入れていたネコ柄エナージェルのあの部分が外れており、この部品は…!と以前拾ったものの何か分からず取っておいていた部品と頭の中でつながりました。

0.3と0.5のペン先を見分けるための印なのでしょうが、こんなに高確率で外れたらあかんわ。
でも長年の謎が解けたので許す。

by mukei_font | 2019-06-05 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(1)

続・太軸のゲルインクボールペンを求めて(お礼)。

前回の記事にたくさんのコメントありがとうございます。

どの情報もそれぞれにありがたく、とても勉強になりました。
中でもfugajiさんが教えてくださった「コクヨのエラベルノの太軸」というのが一番安くかつ簡単に解決しそうに思えました。

田舎のイオンでも売っているので入手も難しくはなさそうだし、価格も安い。
今度から太軸のゲルインクボールペンについて聞かれたらエラベルノの太めグリップをすすめてみることにします。

Kさんがおっしゃっているように、サラサクリップのJF芯やシグノRT1のUMR-8x芯はジェットストリーム(単色)の替芯であるSXR芯と互換性があります。

自分もそれを利用してジェットストリームの軸にUMR-83を入れるなどして楽しんでいるわけですが、まれにSXR芯が入っている軸にJF芯やUMR-8x芯が入らない場合もあるんですよね。

例えばジェットストリームプライム・ノック式シングルにはUMR-8xは入らなかったように思います(展示会の時に試させてもらった記憶)。

なので、実際に@@の中に@@の芯を入れて使っているよ、とか@@の芯は@@の中には入らなかったよ、という生の互換情報が本当にありがたいのでした。

ということで、非公開コメントさんもご満足いただけたのなら幸いです。

by mukei_font | 2019-04-09 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(6)

続・太軸のゲルインクボールペンを求めて。

先日非公開コメントで、以下のご質問をいただきました。
サラサクリップとシグノRT1が入る太軸の本体を探しています。
ドクターグリップや万年筆くらい太いとベストですが、サラサクリップやシグノより太ければそれを教えていただきたいです。
太軸のゲルインクボールペンについては以前記事を書いたことがあります。

今回ご質問をいただいた方とはリクエストが少し違うのですが、Dr.グリップの軸にこだわるのであれば、上記記事中の「解決策その2」をご参照いただくのもありかなと思いました。

ちなみに「解決策その2」とは、

・Dr.グリップ(油性ボールペン)の中にバネ止めの突起をテープ等で自作した三菱のスタイルフィット芯、またはZEBRAのプレフィール芯などのゲルインクリフィルを入れる
・Dr.グリップ4+1の中に三菱のスタイルフィット芯を詰め込む(4本とも全部黒のゲルを入れるなどして単色ボールペン感を出す)

ですが、いずれも芯が高くつくのと書き心地がよくない気がします。

さて、今回のリクエストはサラサクリップの替芯であるJF芯やシグノRT1の替芯であるUMR-8x芯(UMR-85NやUMR-83)をお使いになりたいとのこと。

猫町がパッと思いついたのは、ジェットストリーム・アルファゲルグリップ
アルファゲルのもちもち感が嫌でなければJF芯やUMR-8x芯がそのまま入ったはず…だと思います(手元にないので確認できませんが)。

あるいは木軸が嫌でなければ三菱のピュアモルトも太めの軸ではないでしょうか。

もしこれら2つよりももっとずっと安くすませたいのであれば、JF芯やUMR-8x芯ではなくなってしまいますが、サクラクレパスのグロッソなどは太めの軸ですよね(こちらも以前の記事からの引用になりますが)。

その他ということになるとどうでしょう。
ここは知恵者に力をお借りするしかなさそうです。

ということで、サラサクリップやシグノよりも太い軸でJF芯やUMR-8xシリーズの芯が入る軸について何かおすすめがあればコメント欄に書き込んでください。
実際にやったことのあるカスタマイズなどの正確な情報がありがたいです。

どうぞよろしくお願いいたします。

by mukei_font | 2019-04-08 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(10)

猫町、サクラFESTIVALではじける。

前回の記事を読み、ああ、猫町は先日ブログに書いていたイオンのサクラFESTIVALでまたいろいろ買ってしまったんだろう、と思った読者の方がいらっしゃるかもしれません。

書きましたよね。
サクラFESTIVALにそそられていると。
なんと文房具全品15%オフのセールですよ。

でも違うんです。
前回書いたのはなんと数ヶ月前の話でした。

猫町の周りには常に誘惑がいっぱいなのです。
まさにこんな感じの気軽さで誘惑が潜んでいるのです(下はうさむし(@usamusi_works)の消しゴムはんこ)。
f0220714_18155248.jpg
で、あらためてサクラFESTIVALの話なんですが、それはそれで相当はじけてしまいました。

イオンの術中にここまでたやすくはまるのは猫町だけでは?と思うくらいまんまと新学期のムードにのせられて、あれやこれやあれやこれやと買ってしまいました。

あれやこれやの中身には前回の記事でふれたワゴンセールのものも含まれており、なんとサクラFESTIVALの最中にワゴンセールのものも合わせて買い、さらにさらにお得にゲットするという大技…

さらに「お客さま感謝デー」というイオンの民が熱狂する全品5%OFFになるサービスも通常通り加味されたため、ワゴンセールのものにいたってはいったい定価から何円安く手に入れられたことか…

これにはさすがにびっくりであり、こういう割引セール中はさらに割引などされないと思っていたし、ワゴンセールの商品に関しては割引の対象外かもとさえ思っていたので、帰宅後にレシートを見てまさに小躍り。

でかした。
でかしたぞ猫町。

しかし、冷静になるとあれやこれや買ってしまったことは間違いなく、ワゴンセールの商品に関しても真顔になった大天使猫町に肩を強くつかまれ、ガクガクを揺さぶられるほど今必要でないものも含まれており、全体的には「やっちまった感」にあふれています。

で、現実から目をそらすため、買ってきたもののいくつかはとりあえず見えない所に隠しました。
ほとぼり冷めた頃(謎)、使い始めることにします。

でも、買ったからには使わないと。
使って元を取るぞ、と今まさに使わんとしているのがこちら。
f0220714_08430952.jpg
ねこまっつぁん、何買うてはりますのん…
あんさん、もうゲルインクボールペンは…(続く)

by mukei_font | 2019-03-30 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

エナージェルフィログラフィの落とし穴、あるいは猫町のやらかし。

久しぶりにエナージェルフィログラフィについて書きます。
f0220714_15545286.jpg
年明けから使い始めたぺんてるのエナージェルフィログラフィ限定版ですが、以前「落とし穴」として以下の2点について書きました。

・とにかく冷たい
・回転繰り出し式が非常に面倒くさい

前者については春も近くなり、ずいぶんといい感じになってきました。
後者についてもこのペン特有の優雅な雰囲気なんだと慣れてきました。

が、まだありました落とし穴。

まず1つめは浅めの落とし穴ですが、高級軸に圧倒され、芯のインクの減り具合をチェックするために軸を開けるのをためらっているうちに芯を1本使い切ってしまいました。

別にいいのでは?普通のことでは?
などと思われるかもしれませんが、全然よくありません。

猫町の小さなゼイタク、UMR-83ラスト数ミリバンク計画(仮称)が…
UMR-83を寸止めでストックする計画が…
使い切っている場合ではないのです。

あ、もしかしてこれってインクの残り…と思って中をあらためると芯の寿命が尽きていた時のショック。
高級軸に気圧されてしまった情けない猫町。
プラスチックの安い軸を使っていた時のようにもっと積極的に中をチェックしないといけませんでした。

でもまあこれは猫町だけの落とし穴と言えましょう。
他の誰も困らなさそうです。

が、次の落とし穴は駄目です。
まったくしゃれにならず、誰もが立ち直れないことでしょう。

不肖猫町、エナージェルフィログラフィ限定版の美しい軸に傷をつけてしまいました。
これは立ち直れません。

一緒にペンケースに入れていた他のペンのクリップ部分でエナージェルフィログラフィに傷をつけ、塗装をはがしてしまいました。
傷は2ミリほとですが引っ掻いたようにしっかりはがれており、キラリと金色に光ってしまっています。
これは…これはいただけません…

ちなみにペンケースはデルデではなく、持ち歩き用の簡易なものに入れている時に傷をつけてしまったと思われます。
普段傷をつけたら困るような高級な筆記具を持ち歩かないのでこのざまですよ。

猫町にしては超高級軸なだけにがっかりしましたが、傷がついたぶんぐっと身近になり、今後も仲良くやっていく予定です(空元気)。

by mukei_font | 2019-03-12 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

ZEBRA・サラサクリップビンテージカラー新色。

先日の大阪文具旅で見たものについて書いておきます。

文具旅の後半はさすがに疲れが出てしまい、せっかく念願のシモジマに行ったのに必要なものを買うだけで精一杯だったのですが、それでもちゃっかりZEBRAのサラサクリップビンテージカラーの新色は試しました。

色はそれぞれに魅力的でよかったです。
1本1本がどうというよりも、ずらりと並ぶ軸色を眺めているだけでわくわくしてくるんですよね。

しかしそこは冷静になった猫町。
ペン立てで番長化している初代ビンテージカラーたちのことを思うと衝動買いしている場合ではないなと思いました。

どんなに色が素敵でも0.5という使い慣れないボール径のせいでどうしても一軍の選手になれない現実があるのです。
試筆したビンテージカラーの新色たちのインクの出が良かっただけに、使い道がないと申し訳なく感じました。

そうです。
色よりもインクの出の良さが猫町にはうらやましかったです。

何と比べて?
そりゃユニボールシグノ極細シリーズのプルシアンブルーとダークグレーに比べてです。

あいつらほんま…(指をバキバキならす)

同じくシグノに苛々しているグレー好きのうさむしにも教えてあげようかしら。
うさむしの好みよりも青みが強いグレーだし、ペン先も0.5だと太いかもしれないけれど。

しかしだからといってZEBRAを盲目的に信じているわけではないのです。

現にサラサクリップ(の替芯であるJF-0.5)には何度も痛い目にあっていますし、単色と多色の違いはあれど、最近だとプレフィール(現サラサセレクト)のリフィルとのバトルはまさに怒髪天を衝くものです。

まあ何が言いたいかというと、少なくとも試筆したサラサクリップビンテージカラーの新色はいい感じだったということと、ずらりと並んだ軸色はとても感じがよかったということです。

こうした秋~冬の服を思わせる色が本当に好きで、ユニクロのチラシもパステルカラーの服が多くなってきた今日この頃、早くも秋が待ち遠しい猫町です。

by mukei_font | 2019-03-08 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

文具トーク@ふたり展~シグノ、ノック式消しゴム篇~

雑な文具トークの続きです。

続いて話題になったのはゲルインクボールペン。
ひょんなことからうさむしもキャップ式のシグノ0.38(ユニボールシグノ極細シリーズ)のインクの出に苦しんでいたことが分かったのです。

猫町の調教もむなしく一向にガサガサした書き心地が改善されないプルシアンブルーと同時期に発売されたグレー系のボールペンをうさむしは購入したのですが、同じように苦戦している様子。

シグノRT1が出た時に替芯のUMR-83がエッジレスチップになって改良されたのに比べ、ユニボールシグノ極細シリーズのチップは従来のままである可能性があります。

大昔、まだPILOTのHI-TEC-Cが幅をきかせていた頃に出会ったシグノはとても使いやすく優秀に思えましたが、改良後のUMR-83に骨抜きにされてしまった猫町にはかつての盟友ユニボールシグノ極細シリーズも色あせて見えるのかも。

あまりにもインクが出ないので逆さま向けにペン立てに立てているとか、それでも駄目とか、猫町とまったく同じ状況…

たった数本のデータでいちゃもんをつけるわけではないですが、あのシリーズ、順調なんでしょうか。
せっかくの素敵な色展開がもったいなすぎます。

一方、ノック式消しゴムの話というのは以下の通り。

自分の記憶ではうさむしはトンボのMONOzeroを愛していたはずですが、うさむし曰くいつの間にかそれが「砂消し」のようになっているとのこと。

古くなったわけではなく(むしろ古いものは問題なかった?)、本体ごと買い直したら「砂消し化」していたとかで、

安い方の太め円柱ピンポイント消しゴムも、平たい高い方のシャキーンなやつも砂消しや

とのこと(前者がMONOノック38、後者がMONOzero)。
f0220714_23255093.jpg
あまり状況が理解できないでいると、「フミチャンまた送るわ」。

そんな話聞いた後にいらんし!!!!!

by mukei_font | 2019-03-05 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(0)

その後のエナージェルフィログラフィ限定版。

昨年まんまと購入し、年明けから使っているぺんてるのエナージェルフィログラフィ限定版
今日はこのペンについての現時点での感想を書いてみたいと思います。
f0220714_18454302.jpg
といっても前回の記事と重複してしまうのですが、

とにかく冷たい

ということをまず声を大にして言いたいです。

昨秋に発売されたようですが、まさに秋に使い始めるべきペンであり、一年で一番寒い季節に使うペンではなさそうです。
手に取った瞬間から容赦なく冷たく、また軸に結構な重みがあるので書いている最中もぺとっと手にもたれかかってくる感じがあり、あー冷たい部分がずっと触れているーと思うのです。

「心頭滅却すれば火もまた涼し」の逆というか、小宇宙を高めて体温を上げていけばいいのかもしれませんが、なぜゲルインクボールペンを使うためだけに小宇宙を高めにゃならんのか…
もっともこれらの問題は春になると解決するのかもしれません。

さてもう1つの問題は、

回転繰り出し式が非常に面倒くさい

ということです。

回転繰り出し式のボールペンでUMR-83(猫町の大好きなゲルインクボールペンの替芯)を使えるなんて、と嬉々として購入したのですが、いざ使うとなると繰り出す時はまだいいとして、使い終わった時にペン先を戻すのをよく忘れます。

もちろんペン先を出したままにしたくらいではペン先が乾いてしまったりはしないと思うのですが、(またペン先をしまい忘れてる)(また忘れてる)(また出しっぱなし)というのをえんえん繰り返していると自分が出来の悪い子みたいでしょんぼりしてしまうのです。

もともと回転繰り出し式の筆記具というのは「大人の余裕」を感じさせるアイテムだと思うのですが、大人になりきれない猫町にはややハードルの高い筆記具だったか…

それでも中の芯を優秀なUMR-83にしたのが大きく、冷たいし面倒くさいと思いながらも手に取らない日はないエナージェルフィログラフィです。

by mukei_font | 2019-01-18 23:59 | 筆記具・ゲルインク | Comments(2)